不動産売却しても良い?はじめて売る人向けの超基礎知識!

不動産売却しても良い?はじめて売る人向けの超基礎知識!
「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

はじめての不動産売却を少しでも検討しているすべての方に向けて、この記事では「不動産売却」の基礎知識を中心に解説していきます。

少しでも売却活動を始める手助けができるように、不動産売却の売却理由不動産売却を始める上での心構えもあわせてご紹介しています。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却でよくある売却理由【みんなはどうしてる?】

イエウールが不動産売却経験者100人を対象に行った「売却理由」に関するアンケートを実施したところ、不動産を売却した理由として最も多かったのは「住み替え」で全体の32.0%を占めました。

続いて「相続」「資産整理」「転職・転勤」が続きますが、「金銭的な理由」や「離婚」など、ネガティブな理由で家を手放すことになってしまった方も決して少なくはありません。

不動産の売却理由

そのほか、「今よりももっといい家に住みたくなった」や「ご近所トラブルのため」など様々な理由が考えられます。

なぜ売却するのかを明確にし、「いつまでに売却する必要があるのか」「高く売却したいか、早く売却したいのか」など売却条件を自分の中で設定しておくことをおすすめします。

ここでは、それぞれの売却理由ごとによくある売却状況意識しておきたい条件などを解説していきます。

また、不動産売却の口コミサイト「おうちの語り部」に寄せられた体験談を基に、それぞれの売却理由別に不動産売却の体験談を紹介しています。(引用:おうちの語り部)

住み替えを理由に不動産を売却

住み替えを理由に売却する方は、「売却」と「購入」を行う必要があるため通常の不動産売却に比べて価格調整やスケジュール調整の部分が難しくなる傾向にあります。

ただ、実際に最も多い売却理由であることからも、難しいながらもポイントを抑えれば問題なく売却し住み替えられます。

住み替えでは、特に家の売却と新居の購入のタイミングを可能な限り合わせられるよう意識しましょう。

住み替えを機に不動産を売却する主なケースは、以下のとおりです。

  • 通勤・通学に不便で、より快適な場所に引っ越すケース
  • 子どもの誕生や成長に伴い、家が手狭になったケース
  • 子どもの独立に伴い、家が広くなったケース
  • マンション↔一戸建て間で物件種を変えるケース
  • 地域は大きく変えずにより新しい物件に引っ越すケース

自分自身の状況と照らし合わせて、不動産を売却するか判断するための参考材料にしましょう。

住み替えを理由に不動産を売却した人の体験談

買い替えのため、不動産売却を検討しました。買い替えに必要な金額より2000万円以上の差額が出ると、今後の返済は厳しくなるので査定額がどうなるか不安でした。

査定に来た担当者と気が合い決めました。しかし、その後対応が悪く3カ月後に解約するつもりでクレームをいれました。その後の対応が早く別の担当者に代わり、早々に売却が決まりました。最初のストレスも最終的にはなくなりました。

少し高めに売却の値段を設定したので、値下げは致し方ないと思っていました。近隣の新築マンションとの兼ね合いもあり、相場の説明もしていただけました。こちらの要望を汲んだ金額で売り出してくれたので満足してます。

あまり急いではいなかったですが、予想より早く売却できたと思っています。もう少し時間がかかる思っていたので、十分満足しています。

  1. 不動産会社に任せきりにせずに、きちんと要望を伝えたことが成功の秘訣かもね!

相続を理由に不動産を売却

相続を理由に売却する方は、故人が所有していた権利を受け継ぐために「相続登記」が必要になるため、少しややこしく感じてしまうかもしれません。

ただ、相続登記をして自分名義の不動産にしてしまえば、そこからは通常の不動産売却と大差はありません。

はじめに行う相続登記が面倒で、ついつい後回しにしてしまいがちな相続ですが不動産は所有しているだけで固定資産税などの税金もかかってしまいます。特に、相続した不動産が土地であれば、多くの税金がかかってしまいます。

そのため、相続では相続人が複数いる場合はうまく意見をまとめ、可能な限り早く相続登記を済ませることを意識しましょう。

相続を機に不動産を売却する主なケースは、以下のとおりです。

  • 遠方に住んでいる親が亡くなり、実家が空き家になってしまったケース
  • 亡くなった親が所有していた山林や土地を相続したケース
  • 子がいない親戚が亡くなり、複数人に不動産の相続権があるケース

自分自身の状況と照らし合わせて、不動産を売却するか判断するための参考材料にしましょう。

相続を理由に不動産を売却した人の体験談

父が亡くなったことをきっかけに、早めに相続の手続きを完了させるために売却を考えました。いくらで売れるのか、相場はいくらなのか、仲介してくれる不動産屋さんをどう探したら良いのかなど不安がいっぱいでした。

土地柄、立地条件など参考に、相場も含めて詳しく説明

していただきました。うちの売却条件は他にはない複雑なものだったので、普通に売るよりも価格は低くなるのは仕方なかったのですが、それを踏まえてこんな金額で売れることはまずないと、納得することができました。

急ぐつもりはありませんでしたが、のんびりやるつもりもなく、いつどうなるか分からないという不安をかかえながら、動ける時に動きたいと思っていたので、途中少しのつまづきなどはあったものの年内に完了できて良かったです。

  1. 分からない事が多くても、早く手続きをすませたことが良かったのかもね!

資産整理を理由に不動産を売却

資産整理を理由に売却する方は、目的はいくつかありますが「不動産を現金化したい」という部分は共通していると思います。

そのため、理想としている金額が手元に入るのかどうか、出ていくお金と得られるお金をきちんと把握するように意識しましょう。

資産整理を機に不動産を売却する主なケースは、以下のとおりです。

  • 親が生きているうちに、相続対策で不動産を現金化して資産を分配しやすくするケース
  • 投資物件として保有している不動産を現金化するケース

自分自身の状況と照らし合わせて、不動産を売却するか判断するための参考材料にしましょう。

資産整理を理由に不動産を売却した人の体験談

高齢の母名義の土地を資産整理目的で売却。売却額よりも、母が安心して取引できる不動産会社を探すのに苦労しました。大手企業のほうが安心するかもと思いましたが、実際には地域密着型店舗の、親切な担当者がおられるところを気に入りました。

売却を希望している土地の周辺土地の売買経験のある担当者さんでした。近隣の土地の売却額と、その価格がついた理由についても丁寧に説明していただき、安心出来ました。

売却時期には特に希望はありませんでした。気長に行きましょう、と言われましたが、実際には購入希望者がすぐに見つかりました。販売価格については十分協議し、納得できるものでした。

  1. 良い担当者に資産価値をきちんと見積もってもらったのが良かったのかもね!

転勤・転職を理由に不動産を売却

転勤・転職を理由に売却する方は、他の売却理由に比べて緊急性が高い不動産売却になる傾向があります。

そのため、売却期限を見据えた売却計画を立てられるように意識しましょう。

また、今後住む可能性があるか・ないかを基に、賃貸として貸し出すという可能性はないか考えておくようにしましょう。

転勤・転職を機に不動産を売却する主なケースは、以下のとおりです。

  • 急遽転勤が決まり、遠方に移動する前にあわてて処理するケース
  • 転職によって別の地域で勤務する予定で、先んじて住居を手放すケース

自分自身の状況と照らし合わせて、不動産を売却するか判断するための参考材料にしましょう。

転勤・転職を理由に不動産を売却した人の体験談

転勤に伴い10年住んだマンションを売却しました。初めてのことで、何からしたら良いか分からずネット検索しました。1月に売却を決め、3月末には引っ越す予定だったので3ヶ月で買い手が見つかるか、契約完了まで出来るのか不安でした。

2月に売却スタートし、3月末までには引き渡しまでしたいという無理な希望を伝えました。お願いした翌日にはネットに掲載、2日後には内覧希望の方がいると連絡がありあまりのスピードに驚きました。

対応が早くとても助かりました。書類不備で最後はバタバタし、少しすれ違いがありましたがこまめに連絡をテキパキと段取りをして頂き、希望以上の売却が出来たので満足です。

  1. 売却希望期間を定め、不動産会社にしっかり伝えたことで売却に満足出来たのかもね!

金銭的な理由で不動産を売却

金銭的な理由で売却する方は、「住宅ローン」が大きな負担になっている可能性が高いです。

ローンが残っている不動産売却では、少ない初期費用で、手軽に収益化することができます。

そのため、「いくらくらいで不動産が売却できそうか」「住宅ローンはいくら残っているのか」を確実に把握しておくように意識しましょう。

金銭的な理由で不動産を売却する主なケースは、以下のとおりです。

  • 毎月のローンの返済が厳しくなってしまったケース
  • ローンの返済はかろうじて出来ているが、その分生活を切り詰めているケース
  • ローンの返済を既に滞納してしまい、強制的に売却されるのを防ぐケース

自分自身の状況と照らし合わせて、不動産を売却するか判断するための参考材料にしましょう。

金銭的な理由で不動産を売却した人の体験談

金銭的な理由で売却することを決意したのですが、田舎なので 売れないのではという事が心配でした。 また、初めての事で相談する人もいないし 不動産屋さんも多くて何処にお願いすればいいのかも全く分からずなかなか行動に移せませんでした。

見積もり書も価格以外にも詳しく書かれており わかりやすかったです。他の不動産屋さんでは 築年数からは査定ゼロと言われた物件も 査定つけてもらえたり、最終的に売れなければ価格は下がりますが 買取もしてもらえるという事で安心しました。

1年くらいを目安に売却出来なければ、買取を視野に入れていたので、田舎の方だし時間かかると思っていたら、あまりにも早く決まって驚きました。期間に関しては大満足です。

  1. とりあえず査定をしたことや買取という選択肢があったことが良かったのかもね!

離婚を理由に不動産を売却

離婚を理由に売却する方は、「財産分与」をするために売却する方が大多数だと思います。財産分与とは、結婚後夫婦2人で築きあげた財産を分配することです。

そのため、結婚後に不動産を購入した場合は財産分与の対象になります。

離婚を機に不動産を売却する主なケースは、以下のとおりです。

  • 一緒に住んでいた家を売却して、現金化するケース
  • 一方が他方に持分だけ売却して、一方のみの所有不動産とするケース

自分自身の状況と照らし合わせて、不動産を売却するか判断するための参考材料にしましょう。

離婚を理由に不動産を売却した人の体験談

離婚が決まり、広い家に一人じゃ寂しいし、ローンと養育費では大変になるため、売却を考えました。ローンが多く残ってしまうようなら、売却しないつもりでした。たくさんの人が家の見学に来るのも嫌だなあと思っていました。

離婚のため、はやく売却したかったのですが、一人目の見学で決まりました。1ヶ月くらいで決まったと思います。担当者の方には本当にお世話になりました。

近隣の売却金額を、詳しく教えてくれました。自分の家の状況に近い物件がいくらで出ているか具体例をもってきてくれました。最終的には、自分たちで金額を決める事が出来ました。ローン残債よりもかなり高い金額だった。

  1. 売却してローンが返済出来そうかを基準に売却するか決めてみても良いかもね!

不動産の売却を検討し始めたら、まずは査定

不動産を売ろうかな…と検討し始めたら、まずは不動産会社の査定を行いましょう。査定額を知ることで、不動産を売却するべきか住宅ローンは完済できるのかなどの検討をつけられます。

不動産の価格を知る方法はいくつかありますが、不動産会社の行う査定が最も売却相場に近く売却を検討する際にもっとも適しています。ただし、気をつけたいのは査定依頼は3社以上に依頼すること

実は不動産会社の査定には明確なルールがなく、不動産会社によって査定結果が異なります。つまり、1社だけではその査定額が高いのか安いのかはもちろん、売却相場であるのかも分からないということです。

複数社に査定を依頼するのであれば、一括査定サイトのイエウールを利用するのが便利。一度の申し込みで複数社に査定依頼を出すことができますし、完全無料でサービスを利用できるので、家の価格を知ってから検討したいといった方も利用できます。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産種別の売却理由

主な不動産種類である土地・マンション・一戸建てそれぞれの売却理由について、アンケート結果を基に詳しく見ていきましょう。(引用:おうちの語り部

自分がこれから売却しようとしている不動産が実際にどのような理由で売却されているのか、確認してみましょう。

土地の売却理由

まずは、土地の売却理由を確認していきましょう。

土地の売却理由

不動産全般の売却理由と比較して、「資産整理」「相続」目的での売却が目立つ結果になっています。

土地は、建物がなくても所有しているだけで税金がかかるうえに、土地の用途が住宅向けではない場合はなおさら高い税金を納める必要があります。

そのため、使用予定がない土地を売却して資産整理を行うというケースは少なくありません。

また、親が所有していた土地を相続によって受け継ぐタイミングで、使用予定もないため売却するというケースも考えられます。

マンションの売却理由

続いて、マンションの売却理由を確認していきましょう。

マンションの売却理由

 

不動産全般の売却理由と比較して、「住み替え」目的での売却が目立つ結果になっています。

マンションは、間取りが豊富であることやアクセスが良い都市部に多く存在することから、相対的に需要が下がりにくく資産価値が高い状態で売却しやすいです。

そのため、家族構成の変更に伴い手狭になった場合や別のエリアでの居住の必要がある場合などに、比較的スムーズに売却に動く人も少なくありません。

もともと、売却前提でマンションを購入している方も一定数いるでしょう。

一戸建ての売却理由

最後に、一戸建ての売却理由を確認していきましょう。

一戸建ての売却理由

土地やマンションに比べると目立って多い売却理由はありませんが、それでも「住み替え」での売却が最も多い結果になっています。

特に、一戸建ては一度購入したらずっと住み続けるものと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、いくら古くなっても一定の資産価値は残るため、築何年でも売却のチャンスはあります。

住み替え時の築年数

先程のイエウールのアンケートで、「住み替え」を理由に売却した方に対し、『住み替えをした際の築年数は何年でしたか?』と聞いたところ、最も多かったのは「6~10年」で24.5%・続いて「5年以内」が20.4%と、築10年以内に住み替えをしている人が半数近く占めていることが分かっています。

また、3番目に多かったのは「それ以上(30年超)」であることからも、築古になった実家を相続した後に一戸建てという形で、建物を解体せずとも売却出来ているといえそうです。

自分の所有している不動産種類ごとに適した査定を受ける事ができます。下のバナーをクリックしてから、約60秒で不動産の査定依頼が完了します。

不動産売却を始める前に身に着けておきたい心構え

不動産売却は知識さえつければ、うまくいくわけではありません。

実際に、イエウールが不動産売却経験者100人を対象に行った「不動産売却の後悔理由」に関するアンケートでは下図のように様々な売却時の後悔したことが寄せられました。

不動産売却で後悔したことランキング

不動産売却でよくある後悔を基に、不動産売却を始める前に身に着けておきたい心構えを確認していきましょう。

急がず焦らず売却に向き合おう

不動産を売却するにあたって、時間的にも・精神的にも「余裕をもつこと」はとても重要なことです。

実際に、「余裕のある売却スケジュールを立てなかったこと」が後悔したことの1位にランクインしています。

期限があるのに十分な売却期間を確保しなかったり、「とにかく早く売却しなきゃ」と焦って不動産売却以外のことを考えられない生活を送る必要はありません。

たしかに、不動産売却は難しく大変そうな印象を抱いてしまうものですが、一度始めたらじっくり落ち着いた気持ちで売却を進めるように心がけましょう。

売却する不動産に適切な自信を持とう

不動産売却では、売却する不動産を客観的に見て適切に自信を持つことも大切なことです。

実際に、「売出し価格を低めに設定してしまったこと」や「買主との価格交渉で、譲歩しすぎてしまったこと」が後悔したことの2位や4位にランクインしています。

売りたい!という価格と買いたい!という価格に折り合いがついて不動産売却は完了するものです。

「こんな不動産じゃ高く売れないんじゃないか」と悲観しすぎることなく、客観的な視点を持って自分の売却する不動産を評価しましょう。

自主的に不動産売却の知識を蓄えよう

不動産売却では、売主自ら進んで売却知識を蓄えていくという気持ちを持つ必要があります。

実際に、「念入りな情報収集を怠ったこと」が後悔したことの3位にランクインしています。

もちろん、最初は不動産売却について何がなんだか全くわからないことは当然のことです。だからといって、知識がある不動産会社任せではいけません。

きちんと売却を行うために、受け身にならずに必要最低限の知識で良いので知識を蓄えるように情報収集しましょう。

不動産会社は売却のパートナーと考えよう

不動産を売却するなら、売却にかかせないパートナーとして不動産会社を考えるようにしましょう。

実際に、「査定額だけで決めてしまい、依頼先を良く検討しなかったこと」が後悔したことの5位にランクインしています。

知識に格差があるのをいいことに、不動産会社はお客を騙す敵だ!と悪いイメージを抱いている方も少なくないと思います。しかし、不動産会社次第で売却の結果は良くもなります。

不動産会社は売却を成功に導くパートナーとして考え、慎重に検討して良い会社を選ぶ重要性が高いと考えましょう。

不動産会社を選ぶときは、おすすめ不動産会社の選び方の記事を参考にしてみてください。

不動産売却の基礎知識

実は「不動産売却」について何がなんだか分かっていないという方も少なくないと思います。

不動産売却の輪郭を掴むために知っておきたい、10つの基礎知識を図や表を使って分かりやすく解説していきます。

  • 不動産売却の流れと期間
  • 不動産売却で必要な準備
  • 不動産売却にかかる費用・税金
  • 不動産売却の方法
  • 不動産会社と結ぶ媒介契約の種類
  • 不動産売却のおすすめ相談先

不動産売却の流れと期間

まずは、不動産売却の流れを把握しましょう。流れを知ることで売却の全体像を掴むことが出来ます。
不動産売却の流れ

  1. 全部で5つのステップがあるんだね!
  2. そうじゃな。それぞれのステップでどのくらいの期間がかかるかも大事じゃよ。

不動産は、売り出してから売却完了まで約6ヶ月かかると言われています。そのため、予め余裕を持って売却活動を行うことが肝心です。

以下にて、ステップ毎の目安期間を記載しておきます。

やること 目安期間
STEP1 査定依頼 約1~2ヶ月
STEP2 相場を調べる
STEP3 会社選び・媒介契約
STEP4 売り出し 約1~3ヶ月
STEP5 売却交渉・契約・引き渡し 約1ヶ月

それぞれのステップごとに売主がやることや準備することを知りたい方は、不動産売却の流れの記事をご覧ください。

不動産売却で必要な準備

不動産売却を始めるにあたって、これだけは事前に準備して決めておきたいことが2つあります。

売却条件やスケジュールを決めること」と「売却する不動産の対象を定めること」の2つです。

理想的にいくらくらいで売りたいか・最低限いくらくらいで売りたいか、など価格に関する条件を決めたうえで、いつまでに売りたいか、といった売却期限を定めます。条件を決めることで、売却状況が良いのか悪いのか判断しやすくなります。

特に、売却代金を使って別の支払いを行う予定の人や、住み替える予定がある人は条件を決めて売却スケジュールを立てることが重要です。

また、不動産売却といってもどこまでが売却対象になるかは、人によって認識が異なります。

例えば、マンションや一戸建てであれば室内の設備の有無・破損や傷は売主が修繕するか/そのまま引き渡すか、土地であればどこまでが境界で売却対象となるのか、などです。買主とのトラブルのもとにもなるため、決めておく必要があります。

不動産売却の相場

不動産を売却する前に、自分自身で「いくらで売却できそうか」を知るには「売却相場」を調べる必要があります。

不動産売却の相場価格を調べるときは、主に2種類の方法があります。

  • 方法1:物件情報サイトで、売却したい不動産と似た条件の今売り出している不動産の価格を調べる
  • 方法2:レインズ等の公的サイトで、過去の不動産取引価格を調べる

詳しく知りたい方は、不動産の売却相場の記事をご覧ください。

不動産売却の査定

不動産が「いくらで売却できそうか」を客観的に判断するために不動産会社に不動産の価格を算出してもらうことを、査定といいます。

売却予定の不動産の情報を基に査定を行うため、相場を調べる以上に詳しく不動産の価格が分かります。

また、査定には下記の通り「机上査定」と「訪問査定」の2種類があり、訪問査定の方が詳しく査定価格が分かります。

  • 机上査定:物件は見ず限られたデータを基に、過去事例と比較して査定価格を求める査定方法
  • 訪問査定:不動産会社の担当者が家を訪れ、現地の状況を加味して査定結果を算出する方法

不動産売却をする時に必要な「査定」について詳しく知りたい方は、不動産査定の記事をご覧ください。

不動産売却の必要書類

大きな資産が動く不動産売却では、不動産自体・不動産の権利・不動産の売主について、それぞれ証明するための書類を用意する必要があります。

下記は、不動産売却で必須の書類です。

項目 目的
登記済権利証 登記名義人の変更
間取り図と測量図 物件情報の確認
身分証明書 売主本人の確認
建築確認済証、検査済証 建築基準を満たしてるかの確認
地積測量図、境界確認書 土地の大きさ等の確認
マンションの利用規約 マンション内のルールを確認
マンションの使用細則・維持費 マンション内のルールを確認
固定資産税納税通知書 負担する固定資産税の計算
実印、印鑑証明 書類への捺印と実印の証明
固定資産評価証明書 固定資産税の計算
銀行口座書類・通帳 金銭のやり取り

さらに詳しく知りたい方は、不動産売却必要書類の記事をご覧ください。

不動産売却にかかる費用・税金

不動産売却では、売却でお金が手に入るだけではなく手元から出て行くお金がある、ということも理解しておきましょう。

目安としては、不動産の売却価格の5~7%ほどの費用や税金が不動産売却をするとかかります。

それぞれの費用項目についても、不動産売却で共通してかかる費用や税金と、売却する不動産の種類ごとにプラスしてかかる可能性がある費用と分けて把握しておきましょう。

共通してかかる不動産売却の費用不動産売却の税金は以下のとおりです。

費用項目 費用詳細 費用目安
仲介手数料 成約時に仲介を依頼した不動産会社に支払う報酬費用 (売却額×3%)+ 6万円 + 消費税
印紙税 売買した契約書に印紙を添付することで納める税金 1,000円〜6万円 ※売却金額により異なる。
抵当権抹消費用 登記に必要な費用※売却時にローンが残っている場合にかかる
(登記する不動産にかかる税・司法書士への手続き委託費用をあわせて)
5,000~2万円
ローン一括返済手数料 一括返済にかかる金融機関への手数料
※売却時にローンが残っている場合にかかる
1~3万円
譲渡所得税
(所得税・住民税・復興特別所得税の総称)
不動産売却で得た利益に対してかかる 売却した年の1月1日での保有期間によって異なる
保有期間が5年以下なら譲渡所得の39.63%
保有期間が5年超なら譲渡所得の20.315%

続いて、売却する不動産の種類ごとにプラスしてかかる可能性がある費用は以下のとおりです。

費用項目 費用詳細 費用目安
土地の場合 測量費 専門家に依頼して測量をする際にかかる費用
※隣地との境界が不明瞭な場合にかかる
50万円前後※土地の大きさや測量方法によって変わる
解体費 建物を解体する際にかかる費用
※古い家付きの土地を更地にして売却する場合にかかる
100~300万円※建物構造や面積によって変わる
マンション・一戸建ての場合 クリーニング費用 内覧に備え専門家に依頼して本格的な掃除を行う際にかかる費用 5万円程度
リフォーム費用 内覧に備え大きな傷やダメージを補修する場合にかかる費用 10~30万円※リフォーム内容によって変わる
引渡し関連費用 引渡す前の引っ越しや家具などの処分にかかる費用
※居住中の家を売却する場合にかかる
10~20万円

ただ、不動産売却を完了するとかかる費用ばかりで、不動産売却を始めただけでは原則費用はかからないということを覚えておきましょう。

不動産売却の方法

基本的な不動産売却の方法として、不動産会社を通じ買主を探す「仲介」という方法があります。一方、不動産会社が直接不動産を購入する「買取」という方法もあります。

不動産買取と仲介

下記の表を基に、買取と仲介の違いを把握しましょう。

比較項目 買取 仲介
売却価格 相場価格より2~3割ほど安い 相場価格で売却しやすい
売却期間 短期間で売却可能 売却完了まで時間がかかる
仲介手数料 かからない かかる ※(売却価格×3%+6万円)+消費税
売主の内覧対応 不要 必要

一方で、不動産を売却するときに「不動産会社」に相談・依頼しなければいけないという明確なルールはありません。

そのため、一般的な方法ではありませんが、売主と買主が直接やり取りをする「不動産の個人間売買」という方法もあります。

不動産会社と結ぶ媒介契約の種類

不動産を「仲介」で売却する場合、売却活動を始める前に不動産会社との間で、売却活動方針などを定めた「媒介契約」を結ぶ必要があります。

媒介契約には、以下の3種類があり、何を選ぶかによって売却活動の不動産会社側の義務や

媒介契約種別 複数社との契約 売却活動の報告頻度 レインズへの登録 契約期間
一般媒介契約 なし 任意 無期限
(通常3ヶ月)
専属専任媒介契約 1週間に1回以上 媒介契約締結日
から5日以内
3ヶ月
専任媒介契約 2週間に1回以上 媒介契約締結日から
7日以内
3ヶ月

イエウールが不動産売却経験者100人を対象に行った「媒介契約」に関するアンケートでは、専属専任媒介契約が42%でもっとも多く次点が専任媒介契約で29%でした。

3種類の媒介契約の具体的な違いや選び方について詳しく知りたい方は、媒介契約についての記事をご覧ください。

不動産売却のおすすめ相談先

不動産売却では様々なことを行いますが、それぞれ適切な専門家に相談することが大切です。

相談内容 相談先
売却の流れややり方など、不動産売却全般 不動産会社
不動産売却でかかる税金や確定申告について 税理士
正確な不動産の資産価値について 不動産鑑定士
隣地との境界があいまいな場合の測量について 土地家屋調査士
登記変更などの手続きや不動産の権利関係について 司法書士
不動産の売買契約をめぐるトラブルについて 弁護士

それぞれの相談先について詳しく知りたい方は、不動産売却の相談に関する記事をご覧ください。詳しく不動産売却のコツを知りたい方は、不動産売却のコツに関する記事をご覧ください。

 

一括査定サイトのイエウールを使って複数の不動産会社を比較して、よい相談先を見つけましょう。査定は不動産会社の良し悪しを見極める絶好のチャンスです。

この記事を読んでみて、「そろそろ不動産の売却をはじめてみようかな」と感じたら、まずは下のボタンから売却したい不動産のある地域を選んで査定依頼を初めてみましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
初心者でもわかる!
記事のおさらい

一般的にどのような理由で不動産売却をするの?
不動産の売却理由として多いのは、①住み替え②相続③資産整理です。他にも売却理由を詳しく知りたい方は、みんなはどうしてる?不動産の売却理由をご覧ください。

「不動産売却」のことについて何を知っておけば良い?
不動産売却の流れと期間・費用や税金・売却方法などについて把握しましょう。詳しくは、不動産売却の基礎知識をご覧ください。

上手に不動産を売却出来るかとても不安…
後悔せずに不動産を売却するには、売主としての正しい考え方を身につける必要があります。詳しくは、不動産売却を始める前に身に着けておきたい心構えをご覧ください。

不動産売却で成功するための秘訣が知りたい!
不動産売却の成功の秘訣は、不動産の「売出し前」に売主がやることにつまっています。詳しくは、簡単に実践できる!不動産売却のコツをご覧ください。

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?