不動産一括査定の使い方とは?サイト選びのポイントや疑問を解決!

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果が比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

家を売るとき、まずやるべきは不動産会社に査定してもらうことです。査定を受ける際に便利なのが不動産一括査定サイトですが、利用したことがなく不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、不動産一括査定を利用して査定を行うまでの流れやサイトを選ぶ際のポイントなどを解説します。

「イエウール」で価格を比較した方の2人に1人が、平均342.5万円高く売れています。不動産の売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産一括査定は、「マンションや家を売りたい」方がインターネット上で全国の不動産会社にまとめて査定依頼ができるサービスです。

一度の申し込みで複数社に査定依頼が出せるので、時間や手間を省くことができます。さらに、一括査定の多くは無料で利用が可能。

査定を依頼するので、不動産会社から電話がかかってきたり、田舎の土地の場合は査定対象外となってしまうこともありますが、査定結果が各社異なる不動産会社の査定を比較することで損しない売却を行うことができます。

メリット デメリット
1度の申し込みで複数社に査定依頼できる 同時期に不動産会社の対応をしないといけない
24時間申し込み受け付け 査定依頼を出せるのは提携の不動産会社のみ
無料

査定は家の価格を知りたいだけでも利用が可能です。実際に不動産一括査定はどのように使うのか見ていきましょう。

不動産一括査定を使う際の流れ

不動産一括査定の流れ
不動産一括査定を使ってどのように家の価格がわかるのでしょうか。ここでは不動産一括査定で依頼してから家の価格がわかるまでの流れを解説します。

サービスによって異なりますが、主な流れは以下になります。

流れ
1 WEBから申し込む
2 査定を依頼したい物件情報を入力する
3 査定結果の連絡先を入力する
4 不動産会社を選択し、査定を申し込む
5 不動産会社と日程を調整する
6 不動産会社に査定してもらう
7 査定結果が届く

WEBから申し込む

不動産一括査定サービスは基本的にWEBサービスです。WEBでサービスを検索し応募フォームから査定依頼を出しましょう。

WEB上での申込みとなるので、不動産会社の営業時間に関係なく24時間査定依頼を出すことが可能。平日忙しいという方も好きな時間に申し込みが可能なので、貴重な休日の時間を使わずに済ますし、お昼休みや通勤などの移動中の隙間時間を使って申し込みが可能です。

査定を依頼したい物件情報を入力する

査定依頼時に入力する情報
  • 物件所在地
  • 物件と査定主の関係
  • 査定依頼理由
  • 築年数
  • 建物/土地面積
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号

不動産一括査定では、入力フォームに記載された情報をもとに不動産会社が査定額を算出します。当たり前ですが、入力した情報が間違っていると正しい査定結果は分かりません。

把握しておくべき情報は住所、土地面積、建物面積、築年数、間取りなど。登記簿謄本(全部事項証明書)を確認する必要があるので、もし手元に資料がない場合は最寄りの法務局で登記簿謄本を取得しましょう。

特に築年数は、査定額に大きく関係する重要な情報です。

査定結果の連絡先を入力する

不動産を査定するために必要な情報を入力したら、結果を知るために必要な連絡先を入力します。

一括査定サイト入力フォーム

査定結果の報告方法は不動産会社によって異なりメールや電話、郵送で知る場合もあります。複数の不動産会社から査定結果を受け取れるように、いずれの連絡さきも記入しておくのが賢明でしょう。

連絡先は査定したい不動産の住所や電話番号と違っても大丈夫です。相続で取得した空き家や遠方にある土地なども査定結果を知りたい人の連絡先を登録しておくと良いでしょう。

不動産会社を選択し、査定を申し込む

査定を受ける会社の選択

物件情報と個人情報の入力が完了すると、条件に当てはまる不動産会社が表示されます。査定をお願いしたい会社を、少なくとも2~3社選択しましょう。

表示される不動産会社の数はサイトや物件の地域によって異なりますが、提携している不動産会社が多いほど、査定依頼の選択肢も増えることになります。

不動産会社を選ぶ際は、中小と大手などなるべく似通うことのない会社を選んだ方が市場相場が分かりやすくなるでしょう。

不動産会社と日程を調整する

より正確な査定結果を知りたい場合は、不動産会社に不動産の状態や周辺環境を見てもらうために実際の不動産を見てもらいます。

査定依頼を出した後、メールや電話などで不動産会社から訪問可能な日程を確認されるので、日程を調整しましょう。

遠方にいて立ち会いが難しい場合はその旨を伝えましょう。不動産会社によっては担当者だけで査定を行うことも可能です。

この時、確認したいのは不動産会社の対応スピードです。一概には言えませんが、対応スピードが早い不動産会社はそれだけ査定したい不動産に対して優先順位が高いという意思の表れでもあります。

依頼後すぐに日程調整をしてくれる不動産会社はその後親身になってくれる可能性が高いでしょう。

査定してもう

不動産会社が訪問する日程が決まれば、次はいよいよ査定です。

当日、不動産会社が行う査定は30分程度。物件の中はもちろん、マンションならエントランスの状態なども確認します。

その場で査定結果を聞くをことは難しいですが、気になることがあれば担当者に質問をして確認してみると良いでしょう。査定のプラスになる部分やマイナスになる部分などを聞いておくと買主候補が内覧に来た時にアピールポイントとして伝えるなどができます。

また、質問をすることで担当者が優秀か確認することも可能。優秀な担当者であれば質問にその場で答えてくれたり、詳しく解説してくれるでしょう。

査定結果が届く

不動産会社の査定が終わったら、数日後には査定結果が届きます

査定結果を知らせる方法は不動産会社によってさまざま。メールや郵送などで査定結果を教えてもらえるでしょう。

複数社の査定結果が出揃ったら、査定額を見比べてみましょう。見比べることで価格の幅と平均である売却相場がわかります。

価格の幅を知っておけば販売価格を決める際に高すぎるということはありませんし、売却活動が本格化し買主に値下げ交渉をされた際にいくらまで下げてよいのかボーダーラインとして使うことができます。

査定結果は念のため、売却活動が終わるまで保管しておくと良いでしょう。

不動産一括査定には2種類ある

査定の種類
不動産一括査定で査定を依頼する際、多くのサービスでは机上査定と訪問査定の2種類から選択することができます。

それぞれに違いがあり、査定結果をどう使いたいかによって異なるので、違いを把握して選ぶと良いでしょう。

机上査定 訪問査定
期間 翌日~5日程度 不動産会社との日程調整による
査定結果 簡易 詳細
不動産会社と対面 なし あり
不動産会社からの連絡 あり あり

ざっくり価格を知りたいなら机上査定

不動産の価格をおおよそ知りたい場合は机上査定を選ぶと良いでしょう。

机上査定とは、実際に不動産を見るのではなく、立地や築年数などの条件と市場データに基づいて簡易的に査定する方法。「簡易査定」と呼ぶこともあります。

実際に不動産を見ないので不動産会社と訪問日の調整をする必要がなく、査定結果が早くて翌日にはもらうことができます。

しかし、実際に不動産を見てない分、査定結果はざっくりとしたものになります。売却を行うか、住み替えの際にいくらくらい売却額があてにできるのかなど、計画段階で使うには良いでしょう。

売却相場が分かる訪問査定

より正確に価格を知りたい場合は訪問査定です。

訪問査定はデータだけでなく実際に物件を訪問して間取りや日当たり、シロアリ被害はないかなどの個別事情をチェックをして査定を行います。

そのため、査定結果はより適正なものとなり、実際に不動産を売却する際には販売価格を決める参考となります。

不動産会社が訪問し行う査定は30分程度で終了しますが、日程調整などが発生します。また、日程調整、査定、結果の送付となるので、机上査定よりも時間がかかるでしょう。

失敗しない不動産一括査定の選び方

 class=

様々な不動産一括査定サイトがあるなかで、いったいどのサイトを選べば良いのか迷う方も多いのではないでしょうか? パッと見ただけでは違いが分かりにくいかもしれませんが、見るべき項目が分かると比較しやすくなります。

比較したい項目は以下となります。

対象エリアの広さ

まず見るべきポイントはそのサイトの対象エリアです。広いエリアをカバーできるなら、多くの不動産会社が加盟しているといえます。

首都圏の場合はもともと不動産会社が多いので問題ありませんが、それ以外の地域になると取り扱うエリアが限定されてしまい、自分の物件が対象外だった……なんてことも。加盟している不動産会社が少ないと、せっかくの一括査定でも1社しか不動産会社がマッチしない可能性が高くなるので、できるだけ全国の不動産会社が加盟しているサイトを選ぶようにしましょう。

提携している会社の数

提携している不動産会社の数についても同様です。加盟している会社の数が多ければ多いほど、あなたの物件と相性の良い不動産会社に巡り合いやすくなります。

一口に不動産会社といっても、マンションの売却が得意な会社、一戸建ての売却が得意な会社、首都圏に特化している会社などその特徴は様々です。知名度が高い不動産会社が加盟しているかどうかよりも、できるだけ多くの不動産会社と提携しているかどうかで判断することが、一括査定サイトを使いこなすためのコツと言えます。
ただし良質な不動産会社が選定されていなければ、不利益を受ける可能性も。やみくもに数だけ多ければよいものでもないので、注意しましょう。

同時に依頼できる会社の数

不動産一括査定サイトでは、複数の不動産会社から見積もりを取ることができるのが特徴ですが、同時に依頼できる不動産会社の数には、どのサイトにも上限があります。

「同時依頼件数が多い=良い」というわけではありませんが、平均の6社以上に依頼できるかどうかをチェックしておくと良いでしょう。

提携不動産会社のバランス

不動産会社の提携数が多いのと合わせて大切なのが提携している不動産のバランスです。

大手不動産会社や地域密着型の中小の不動産会社、いずればかりでは選択肢が多いようで少なくなってしまいます。

さまざまな査定結果や不動産会社を見比べるのなら、査定依頼を出す際に大手と中小の不動産会社いずれにも査定を依頼した方が良いでしょう。

その方がそれぞれの特徴などが分かりやすく、高く売ったり早く売ったりする際にはどこの不動産会社に依頼すれば良いのか分かりやすくなります。

対応している物件種別

不動産の一括査定といっても、物件種別はさまざま。戸建てやマンションなら多くの不動産一括査定サイトで扱っていますが、場合によっては対象外になってしまうことも。

農地や投資用の不動産(アパートや工場)などは不動産一括査定サイトによっては査定依頼を出せない場合があるの注意しましょう。

より多くの不動産を取り扱っている必要はありませんが、自分が査定を依頼したい不動産が査定依頼の対象となるような不動産一括査定サイトを選びましょう。

各サービスの概要ページや申込み時に選択できる不動産の種類などによって扱っている不動産が何か判断できます。

初心者ならイエウール

比較する点をいくつかご紹介しましたが、比べてもよく分からない今すぐ使いたいという場合はイエウールを選ぶと良いでしょう。

不動産一括査定サイト「イエウール」のトップ画像

イエウールは2020年7月、東京商工リサーチ社による「不動産一括査定サイトランキング調査」において、「利用者数」「提携会社数」「エリアカバー率」など3部門で1位を獲得しています。

最も提携会社数が多く幅広いエリアに対応しているので、査定依頼を出したにも関わらず対応できる不動産会社がいない…といったことが他の一括査定サイトより少ないです。

不動産会社の紹介数が最大6社というのも使いやすいポイント。他のサイトでは最大10社というところもありますが、初心者だと数が多すぎて選びづらいです。最低3社以上査定は受けたいですが、10社も受けてしまうと各不動産会社に対応するのが大変になってしまいます。

また、提携している不動産会社も大手ばかり地域密着系の中小ばかりと偏っていないので、査定結果がより比較しやすいというのも、査定書を見慣れていない初心者には良い点でしょう。

戸建てやマンションなど物件に特化しておらず、不動産会社もバランスが良いのでとりあえず一括査定を使ってみるなら、おすすめです。

ご相談が多い都道府県をピックアップ!

【疑問1】何社に査定依頼をすればいい?

一括査定サービスによって最大紹介社数は異なります。何社に査定を依頼するのが良いのでしょうか。

査定依頼は3社以上

不動産会社に出す査定依頼は3社以上に出すと良いでしょう。

多くの方は不動産会社の査定経験が少なく、査定額1つだけ見てもその査定結果が高いのか安いのか判断が難しいでしょう。

そのため、最安値と最高値、そして中間の価格が出る3社は査定結果を見たいとことです。査定結果は多ければ多いほど査定額の幅は細かくなるので、売却相場も判断しやすくなります。

不動産会社とのやり取りが多くなり手間ですが、受けられるのであれば紹介された不動産会社すべての査定を受けるのが望ましいでしょう。

不動産会社の選び方が分からない

複数社不動産会社を提示されてもどれを選べばいいか分からないという方も多いでしょう。迷った場合は大手不動産会社地域密着型中小の不動産会社を選ぶと良いでしょう。

大手の不動産会社は取引数も多く担当者も多いので、早く対応してもらえたり経験豊富な担当者に見てもらえることも多いです。

一方、中小の不動産会社の多くは地域に密着した不動産会社なので、地域の細かい情報にも強く、周辺環境などをより加味した査定結果を出してもらうことができるでしょう。

それぞれに強みがあるので、価格を知る際にはいずれに偏らずいずれにも査定依頼をした方がより売却相場に近い価格を知りやすくなるでしょう。

【疑問2】無料の不動産査定で平気?

大事な不動産を査定してもらうのに、無料の査定を利用して大丈夫なのでしょうか。ここでは有料の査定と無料の査定の違いなどを解説します。

不動産会社の無料査定を利用してOK

不動産会社の無料査定を利用して問題ありません

有料の不動産査定となると不動産鑑定士が行う鑑定になりますが、そもそも無料の不動産会社の査定とは調査するポイントも目的も異なります。

不動産鑑定士が行う鑑定は不動産の価値を調べるもので、不動産の鑑定評価に関する法律を基に土地や建物をチェックし、鑑定額を決めていきます。

一方、不動産会社の査定は不動産がいくらで売れそうなのかを調べるもの。不動産の資産価値を調べるのではなく、いくらぐらいで売れそうかを調べるものになります。

そのため、建物の状態などのほかに駅や学校の近くであるかなど、買い手に人気がある条件に当てはまるかなどを調査し、査定額に加味していきます。

つまり、売却相場を調べるには不動産会社の査定が最も適しているということ。不動産会社の査定は無料である場合がほとんど。有料と無料に大きな差異はなく、無料を利用して問題ありません。

不動産会社の査定はなぜ無料なのか

前段でも解説した通り、多くの不動産会社が無料で査定を行っています。

不動産会社が無料で査定を行ってくれる理由はただ1つ。不動産を売却する際には自社を利用して欲しいからです。

そのためには、売却を検討している売主になるべく早めに会い、自社で不動産の売却活動を行ってくれるようアピールしたいですし、売りやすそうな不動産を早めに見つけたい。

そのような理由があって、無料で査定を行うのです。

【疑問3】不動産会社に騙されないか

よく、不動産を売却する際、不動産会社に大切な家や土地を騙し取られるのではないか。安く買い叩かれるのではないかと不安に思われる方がいらっしゃいますが、事実はどのようなのでしょうか。

不動産会社が騙すことはない

よっぽど悪徳の不動産会社でない限り、不動産会社に売主が騙されることはありません。

不動産会社に査定を依頼する際、安く査定されるのではと不安に思われる方もいらっしゃいますが、不動産会社は安く見積もる必要がありません

中古物件を売却する際、最も多くの人が利用する売却方法は不動産会社に売却活動を手伝ってもらう仲介です。

仲介を利用した場合、不動産会社への支払いは発生するのは基本売却が完了した時。売却額の数パーセントを手数料として支払うこととなります。

つまり、不動産会社は物件を高く売った分だけ報酬も高くなるということ。不動産会社は早く高く売った分だけ利益が出たことになります。

売却活動において、不動産会社は警戒するべき相手ではなく、一緒に売却活動を進めていくパートナーなのです。

利用前に提携不動産会社を確認する

一括査定依頼を出してどんな不動産会社が紹介されるのか不安、依頼したい不動産会社が入っているか確認したいという場合は、査定企業一覧を確認すると良いでしょう。

一括査定サービスによっては一覧を公開していないサイトもありますが、掲載しているところもあります。例えば、イエウールの場合は大手と中小を分けて掲載していたり、地域別に査定企業の一覧を掲載しています。

どんな不動産会社から連絡が来るのか不安…という場合は一度物件の所在する地域の不動産会社を一覧から確認してみると安心でしょう。

【疑問4】不動産会社から連絡が来るのか

査定依頼をしたら、不動産会社から連絡が来るのでは…と面倒に思われる方も多いです。不動産会社から何度も電話は来るのでしょうか。

不動産会社から連絡は来る

不動産会社から連絡は来ます

訪問査定を選択したのであれば日程を調整する必要がありますし、机上査定の場合でも結果を伝える際に連絡が来ます。

査定依頼を出す時間帯にもよりますが、査定依頼後すぐに連絡が来るでしょう。すぐ連絡が来ることに威圧感を感じるかもしれませんが、連絡が早いのは良い不動産会社の証です。

申し込みを放置せず連絡をすぐできるということは、担当者にやる気があったり余裕があるということ。信頼できる不動産会社である可能性が高いです。逆に、査定依頼をしてから1週間以上も連絡がない場合は、対応できる人がいない、あまり積極的ではないということ。

不動産会社が積極的でないと、不動産もなかなか売れづらくなります。今後売却を検討しているなら、チェックした方が良いでしょう。

ちなみに、連絡方法は電話やメールなど不動産会社によってさまざま。連絡をする頻度も不動産会社によって異なりますが、査定後に連絡が来ることもあるでしょう。

電話が来るのが嫌なら

どうしても電話をかけてきてほしくない場合は、入力フォームの備考欄などに「メールでの結果通達を希望」など一言添えるようにすると良いでしょう。

査定サイトによっては、最初からメールのみでの結果通達を選択できる場合もあります。また、断ったにも関わらずしつこく営業電話をかけてくる場合は、不動産会社ではなく査定サイトの運営会社に連絡して止めてもらうというのも1つの手です。良質な不動産一括査定サイトは、登録業者への管理をしているので苦情を申し立てることができます。

不動産一括査定をより賢く使うための裏ワザ

一括査定を使う裏ワザ
不動産一括査定は家やマンション、土地などの価格を知るために使うものですが、他にも不動産の売却活動を行う上で便利な点があります。

ここではそのポイントを解説します。

不動産会社選びにも使う

不動産一括査定は不動産の価格を知るだけでなく、不動産会社を選ぶ際にも使えます。

不動産会社選びは売却活動を行う上で最重要事項と言っても過言ではありません。なぜなら、買主を探してくるのも最終的な価格交渉に対応するのも不動産会社だからです。

つまり、高く売るのも早く売るのも不動産会社次第。優秀な不動産会社を見つけられるか否かがカギになって来るのです。

しかし、初心者に不動産会社の良し悪しを見極めるのは難しいもの。そこで行いたいのが査定結果と同様、不動産会社の比較です。

1社だけを良いか悪いか判断するのは難しいですが、どちらが良い不動産会社だったか選ぶのは比較的容易です。一括査定サイトで査定結果を比較すると共に、不動産会社の対応を比較すると良いでしょう。

質問に対してその場で十分な回答をしてもらえるか、不動産会社への問い合わせのメールや電話に素早く回答してもらえるか。これらのポイントを見て、良い不動産会社を見つけ出すと良いでしょう。

断りづらい時は一括査定サイトを使う

一括査定サイトを利用すれば多くの場合、一括査定サイトから不動産会社に断りを入れてもらうことが可能です。

不動産を売却したくて査定を行った場合、本格的に売却活動を始める際には1社の不動産会社と契約を行うことが多いです。

そうなると困るのが、査定してもらった他の不動産会社。丁寧な対応をしてもらい査定結果をもらった場合「断りづらい…」と感じられる方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は一括査定サイトに連絡を入れ、契約を行わない他の不動産会社にお断りを入れてもらうのも可能です。

多くの一括査定サイトはユーザーからのメールを受け取ることが可能になっているので、メールなどから断りたい旨を書いて連絡すると良いでしょう。

まとめ

この記事では、不動産一括査定サイトを使うべき理由について解説したうえで、主要な一括査定サイトをご紹介してきました。一括査定サイトは無料で利用でき、しかも簡単に使うことができる
ので、家を売りたいと考えている方はぜひ上手に活用してみてください。

この記事をヒントにしていただき、不動産一括査定を利用して不動産売却を成功していただけることを願っています。

福谷 陽子
監修者:福谷 陽子(ふくたに ようこ)
ライター 元弁護士
弁護士として約10年間経験を積み、ライターへ転身。弁護士時代の実務経験を活かして、現在は主に不動産や法律の分野で精力的に執筆業に取り組んでいる。特に不動産については深い知識があり、売買、賃貸、マンション管理、隣人トラブル、投資などあらゆる問題に対応。
URL:元弁護士・法律ライター福谷陽子のblog
  1. あわせて、こちらの記事もお読みください!
  2. 不動産売却に必要な知識とコツを、かんたんに学べるぞ!

不動産を一括査定することについて気になる方は「不動産一括査定を解説!サイトの選び方や利用時の注意点を知ろう」も参考になります。

家の査定について気になる方は「家の査定を完全解説|はじめての査定を成功させるコツ」も参考になります。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
不動産一括査定とは?
不動産一括査定は、「マンションや家を売りたい」という方がインターネット上で全国の不動産会社にまとめて査定依頼ができるサービスです。詳しくはこちらをご覧ください。
不動産一括査定を使うメリットは?
メリットは以下の3点です。

  1. オンライン上で完全無料で利用できること
  2. 複数の不動産会社に査定依頼する手間が省けること
  3. 複数の査定結果を比較することで適正価格がわかること

詳しくはこちらを確認しましょう。

一括査定で失敗しないための注意点は?
正確な価格を算出できるため、不動産会社からかかってくる電話の対応が必要です。また、物件情報は査定額に関係するので正確に入力しましょう。その他の注意点についてはこちらで説明しています。

関連記事:不動産一括査定とは?デメリットや注意点、サイトの選び方まで紹介

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?