【家を査定】正しい「家の査定額」を知る方法!査定前の注意点や高額査定のコツ

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える
家の査定は、売却をする上で事前に行うことは知っていても「査定をしたいけど、どうやって依頼すれば良いかわからない」「査定するとき何を見ているの?」や「高額査定をもらう為にはどうやってアピールすれば良い?」と気になる方は多いと思います。

この記事では、家や住宅の売却査定でオススメの査定方法は何か、不動産会社が「何を見ているのか」「重要となるポイントはあるのか」など、家の査定に関する気になる事を初心者にもわかりやすく徹底的に解説します。

査定をする前の人も、査定をした人も、この記事を呼んで査定や売却を成功させましょう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

家査定・家売却の【流れ】を把握しましょう

この章では、家の査定の流れや家売却の流れを紹介していきます。

家査定の流れ

査定の全体像

ステップは主に5つあります。一つずつ見ていきましょう。

手順 やること
Step1 不動産会社に査定依頼をする
Step2 不動産会社に査定をしてもらうために訪問日時を決める
Step3 不動産会社に査定してほしい家に訪問してもらい現地調査をする
Step4 不動産売却に必要な書類を確認する
Step5 不動産会社から査定結果を報告してもらう
STEP1
不動産会社に査定依頼
まずは複数の不動産会社に、査定を依頼をしましょう。ここでのポイントは前述した通り、複数の不動産会社に査定依頼することです。
前述した通り不動産会社によって査定額に差がでるので正確な査定額を把握するためにも必ず複数の不動産会社の査定結果を比較しましょう。

STEP2
訪問日時の確定
査定してほしい家へ訪問をしてもらう日時を決めます。現在空き家であっても、その場で分からないことを確認するために立ち会いを求められることがあります。

STEP3
現地調査
査定依頼をした家の内外を調査してもらいます。さらに、調査後に不動産会社から質問に答えたり、あなたが査定依頼をした家について知っていることを答えていきます。あなたの回答が査定額に影響する場合もあるので、正直に質問に答えましょう。

STEP4
書類の確認
事前に用意しておきたい書類を確認してもらいます。家を売却しようとすると「登記簿謄本」や「売買契約書」などいくつもの書類が必要です。不動産会社に必要な書類について質問すると教えてくれます。

STEP5
査定結果の報告
多くの会社は事前に付近の家の相場をもとに、査定の結果踏まえて査定額を伝えてくれます。結果の報告を受ける際はその結果になった理由を聞きましょう。そうすることで、査定結果の妥当性や担当社の力量を判断でき仲介を依頼する不動産会社選びの参考になります。

家を売却する流れと期間

査定をした後はどのようになっているのでしょうか。家の売却全体の流れと期間も把握しておきましょう。全体像を把握することで売却の成功に1歩近づきます。
STEP
  • 不動産会社に査定依頼
  • 自分でも相場を調べる
  • 不動産会社を選び契約締結
  • 不動産を売り出す
  • 売却交渉・契約・引き渡し
  1. 全部で5つのステップがあるんだね!
  2. そうじゃな。それぞれのステップでどのくらいの期間がかかるかも大事じゃよ。
不動産は、売り出してから売却完了まで約6ヶ月かかると言われています。そのため、予め余裕を持って売却活動を行うことが肝心です。

以下にて、ステップ毎の目安期間を記載しておきます。

やること 目安期間
STEP1 査定依頼 約1~2ヶ月
STEP2 相場を調べる
STEP3 会社選び・媒介契約
STEP4 売り出し 約1~3ヶ月
STEP5 売却交渉・契約・引き渡し 約1ヶ月

売却に充てる期間に余裕が無い場合、買い手を見つけられたとしても、売主の交渉力が弱くなるため、希望より低い価格での売却になってしまう可能性があるので注意が必要です。

査定が終わった後から売却が完了するまでの流れを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

【簡単無料】家の査定でおすすめの方法

世の中には多くの家を査定するサービスがありますが、一番オススメできるのが無料で売却査定の依頼ができる、業界最大手「イエウール」です。オススメできる以下の理由について詳しく説明していきましょう。
イエウールが選ばれる理由
  • 不動産会社数が1,600社と業界最大規模
  • 参画している不動産会社の売却力が高い
  • 机上査定と訪問査定を選択できる

【おすすめの理由1】不動産会社数が1,600社!業界最大規模

高く査定してくれる会社を見つけるには、不動産会社の選択肢の多さは欠かせません。
たとえ「不動産売却の一括査定サービス」をうたっていても、紹介できる会社が少なければ、良い一括査定サービスとは言えません。

イエウールの提携先企業数は1,600社と業界No1、さらに大手不動産会社の提携者数やエリアカバー率も業界No1なので、販売力に優れた大手から見た価格と、地域のニーズを知り尽くした会社からみた査定額の両方を知ることができます。この実績は、イエウールの調査ではなく第三者の調査機関によるものなので、信頼ができます。

【おすすめの理由2】参画している不動産会社の売却力が高い

イエウールでは、クレームが多い会社は契約解除できるようになっています。つまり、イエウールで紹介される会社はそのようなフィルターを通った会社なので、安心して査定・売却を任せられる会社を探すことができます。

さらに参画している不動産会社が多いからこそ、競争原理が働きより提案力の高い不動産会社・営業マンがイエウールに残る仕組みになってます。

【おすすめの理由3】机上査定と訪問査定を選択できる

イエウールは住所や間取りなどのデータだけで査定する「机上査定」と、不動産会社に家を訪問してもらう「訪問査定」を選択できます。特にネットで気軽に査定依頼したいという方は机上査定が選べるのメリットでしょう。
 class=

【早く査定額を知りたいなら】机上査定

ご自宅の基本情報と過去の取引事例をもとにした査定です。
机上査定は不動産会社があなたの家に訪問して査定しなくても査定結果を知ることができます。「メールや電話で査定結果知れればいい」という方には、気軽に査定できるのでオススメです。

【正確に査定額を知りたいなら】訪問査定

依頼した不動産会社の担当者が現地へ赴き、対象となる物件や物件が建つ場所の周辺環境を細かく調査した上で、資産価値を算出する査定です。

物件の状態や周辺環境などは実際に目で見てみないとわからない部分でもあり、より正確な査定額を割り出すことが可能です。しかし机上査定に比べると査定額が出るまでに時間かかることが難点です。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産一括査定について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

【注意点】査定の前に準備するべき6つのこと

事前にやっておくべきことを6つまとめました。不動産会社に騙されずにすんだり、高い査定額を引き出すことや、無駄な時間をかけずにスムーズにすすめる事ができるように、抜け漏れなくやっておきましょう。
チェックリスト
  • 相場を確認しておくこと
  • 物件のアピールポイントを整理しておく
  • 売却に関する要望を整理しておく
  • 査定に必要な書類を確認しておく
  • 売り主が不利になるような点も整理しておく
  • ローン残高を確認しておく

①相場を確認しておくこと

まずは、事前に相場を調べておきましょう。不動産会社の出す査定額が適切かどうかを確かめる事ができます。簡単な調べ方は、このようにまとまります。
物件種別によって、不動産価格の計算方法は少し違いますが、

基本的には計算式は「面積 × 面積あたりの単価」

です。

建物の価格 土地の価格
マンション 取引価格を基準に計算
= 占有部分の面積×単価
(計算しない)
一戸建て 新築価格を基準に計算
= 延床面積 × 単価
取引価格を基準に計算
= 土地面積 × 単価
土地 (計算しない) 取引価格を基準に計算
= 土地面積 × 単価

②物件のアピールポイントを整理しておく

不動産会社もすべての地域の事を完璧に把握しているわけではないので、あなたもアピールポイントを整理しておく必要があります。あなたの家や家の周辺の良い所を一番知っているのは、あなただからです。

アピールポイントは色々あります。例えば、近くにあるスーパーは周辺の中でも一番安いので生活がラクになるとか、タクシーが良く通るので捕まえやすいとか、地元の方が交通安全パトロールをしているなどがあると思います。

他には周辺の環境以外にも、過去リフォームをしていたり、見えない部分で床暖房がついていたりするなどがあると思います。ご自宅の内部の事も含めて新しく住む方にとって良い点を整理しておきましょう。

③売却に関する要望を整理しておく

不動産会社のペースに乗せられないためにも必要です。例えば、何月までに売却したいのか、高く売れるなら時期は問わないのか、今すぐに現金にしたいのか、そもそもまだ査定額を知りたいだけなのかなどです。不動産会社の営業担当を前にするとうまく思っていたことが伝えられないかもしれないので、ご自身やご家族と共に事前に相談して整理しておくと良いでしょう。

④査定に必要な書類を確認しておく

マンション査定をスムーズに進めるために以下のような資料を揃えておきましょう。設備の良し悪しはどうしても業者の主観で決められるので、床や壁、トイレ、キッチンなどのメンテナンスの証明書があれば精緻な査定額が算出できます。特に、人が確認しずらい水道管などのメンテナンスしてれば査定額を上げるためにも準備しておくとよいでしょう。

あると良い書類

書類名称 入手場所
登記事項証明書 市区町村役所
間取り図と測量図 登記所
固定資産税納税通知書 市区町村役所
購入時の物件概要書 不動産会社
利用規約 管理者
メンテナンス証明書 (メンテナンス会社)

もし書類の入手方法を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

⑤売り主が不利になるような点も整理しておく

不動産会社に査定してらう際、正確にマンションの状況を報告しないとトラブルにつながります。例えば雨漏り、騒音など「実際に住んでみないと分からないこと」、事故歴など「他人から耳に入ったら忌避されること」は価格設定に非常に影響します。これらの情報を意図的に隠しておくと売主が「契約不適合責任」として裁判にも繋がりかねません。

契約不適合責任とは、契約内容に合わない場合に売主に求められる責任のこと。雨漏りや事故歴がないという内容で契約をしているので、実際に雨漏りなどがあった場合は契約内容と合っていないということになり、損害賠償や修理費用を売主が支払う場合があります。
売却後に瑕疵が発覚すると、購入者から賠償金の支払いを求められる大問題につながるので、査定時には不動産会社に正直にマンションの状況を伝えましょう。
査定時には不動産会社に正直にマンションの状況を伝えましょう。

以上が査定前に準備、確認すべきことです。意外と準備することは少ないので、肩ひじ張らず気軽に不動産会社に査定依頼をしてみましょう。

⑥ローン残高を確認しておく

査定してもらう家にローンが残っている場合は、査定前に残額を確認しておきましょう。ローン残債のある家の売却では、売却代金でローン残債を清算できることが条件です。売却代金をローンの返済に充てることができれば、家の抵当権が抹消されるためです。
抵当権(ていとうけん)とは
  • お金を貸した人(債権者)がお金を借りた人(債務者)に対して行使できる権利です。債務者が万が一お金を返せなくなった場合の保険として、債権者が債務者の土地・建物などを担保にすることを指します。
要はローンが残ったままだと家を売却できないので、査定額がローンの返済費用として十分か確認するために、ローン残高は把握しておきましょう。

【高額査定のコツ】一戸建ての査定箇所とアピールポイント

一戸建てを査定する時、不動産がどこを見るのかというご存知でしょうか。査定で見られるポイントの一覧と、それぞれのポイントをどのようにアピールすれば良いか解説していきます。マンションについて気になる方は、5章【高額査定のコツ】マンションの査定箇所とアピールポイントをご覧ください。

主要チェック箇所一覧

まず一戸建ての場合の主なチェック箇所は、以下の5つになります。

チェック箇所 詳細
間取り 家事動線や家具の配置がしやすいかをチェック
日当たり・通気性 近くに日光を遮る高い建物はないか、風通しは良好かをチェック
水回り 水回りの劣化や清潔度合いをチェック
雨漏りやシロアリ被害 雨漏りやシロアリの被害はないかをチェック
立地や周辺環境 生活しやすい立地や周辺環境にあるかをチェック

続いて、それぞれのチェック箇所について、具体的にはどのようなポイントが見られるのか、どのよう点が買い主視点でアピールポイントになるのかをお伝えしていきます。

その1:「間取り」のアピール方法

戸建てでは、部屋の数とそれぞれの部屋の広さ、生活するうえでの動線がスムーズであるかなどが重要なポイントになります。戸建ての場合、マンションとは異なりオーダーメイドで建てることもあるため、水回りの家事動線(キッチンと洗面所、トイレの移動が楽に行えるか)や間取りなど、実際に生活するとなった場合に万人にとって住みやすい家であるかが基準になります。

その2:「日当たり・通気性」のアピール方法

室内の日当たりが良い南向きの方角に窓があるか、近隣にマンションなどの高い建物がないかも重要な査定ポイントになります。また、風通しがよく湿気のこもりにくい住宅であるかも重要なポイント。通気性の高い住宅はカビが繁殖しにくいというメリットがあるので、風通しが良いことが事実である時は査定時にアピールしましょう。

その3:「水回り」

長年住んでいると、清潔な状態を保つことが難しくなってくる水回り。劣化や汚れは評価ダウンの対象となりやすいため、こまめな掃除やメンテナンスが重要なポイントになります。お風呂のカビや湯垢汚れ、トイレの黒ずみ、キッチンの油汚れなど目につきやすい汚れは早めの掃除で清潔に保ちましょう。

その4:「雨漏りやシロアリ被害」のアピール方法

戸建てでは、雨漏りやシロアリ被害を隠したまま売却を行った場合、隠れた欠陥があったとして売主側の契約不適合責任を問われることがあります。雨漏りやシロアリ被害の発見があれば、早めに修繕しておきましょう。また、過去にシロアリ被害があり修繕済みの場合にも申告する必要があります。

その5:「立地や周辺環境」

公共機関を利用する場合、最寄り駅や最寄りのバス停が近くにあるか、郊外で車移動が中心の場合は幹線道路までスムーズに出ることができるかが重要なポイントになります。また、周辺にスーパーなどの商業施設、小学校や中学校などの教育施設、銀行のATMや医療機関など生活利便施設があるかどうかも重要になります。

【高額査定のコツ】マンションの査定箇所とアピールポイント

マンションを査定する時、不動産がどこを見るのかというご存知でしょうか。査定で見られるポイントの一覧と、それぞれのポイントをどのようにアピールすれば良いか解説していきます。一戸建てについて気になる方は4章【高額査定のコツ】一戸建ての査定箇所とアピールポイントをご覧ください。

主要チェック箇所一覧

まずマンションの場合の主なチェック箇所は、以下の5つになります。

チェック箇所 詳細
立地や周辺環境 景観や利便性をチェック
耐震対策 新耐震構造か、旧耐震構造かをチェック
室内状況(玄関・水回り・収納) 大きな修繕が必要になるかをチェック
共用部分(エントランス・駐車場) 共有部分が清潔であるか、メンテナンスは行われているかをチェック
部屋の向きと階数 ベランダの方角、角部屋であるか、何階なのかをチェック

続いて、それぞれのチェック箇所について、具体的にはどのようなポイントが見られるのか、どのよう点が買い主視点でアピールポイントになるのかをお伝えしていきます。

その1:「立地や周辺環境」のアピール方法

マンションの売却では、景観や利便性といった立地や周辺環境は重要なポイントになります。景観が良く、周辺環境が住みやすい立地は買い手がつきやすくなるため、周囲にどのような施設があるか確認しておきましょう。また、周辺に街灯が多く夜間、暗い場所が少ない場合もアピールポイントになります。

その2:「耐震対策」のアピール方法

築年数から判断されることが多くなりますが、一般的に1982年までに建てられたマンションは旧耐震構造となっているため売却は難しくなります。ただし、旧耐震構造だったとしても立地が良ければ売却可能になることもあります。また、1982年までに建てられたマンションでも新耐震構造になっている場合もあるので確認しましょう。

その3:「室内状況(玄関・水回り・収納)」のアピール方法

マンション希望者の多くが気にする玄関・水回り・収納の3点を主に不動産会社は見ています。特に、水回りは汚れや劣化などが気になりやすい場所。マンションは一戸建てとは違い、建て直すことは容易にできないためリフォームは大きなアピールポイントになります。リフォームを行っている場合は「どこをどのようにリフォームしているか」を説明しましょう。

その4:「共用部分(エントランス・駐車場)」のアピール方法

マンション売却では、共有部分であるエントランスや駐車スペースの清潔が保たれているかも重要なポイントになります。共有部分は個人では対応できない場所なので、管理会社がしっかりとしているかで売却額は大きく変わってきます。共有部分の清掃状態やセキュリティなど問題がある時は、管理会社に連絡して早めの対策をお願いしましょう。

その5:「部屋の向きと階数」のアピール方法

角部屋・ベランダが南向き・階数が高いほど査定ポイントが上がります。ベランダが南向きでないとしても、日当たりや採光の良さ、風の通り具合、眺望、ベランダの広さなど良い点をアピールすることで査定ポイントをプラスすることができます。

家査定の【成功理由】5選

この章では査定で高額査定を得たり売却で損せず高く売って成功できるように、家の査定や家の売却で成功する理由を5つ紹介します。
売却で成功する理由
  1. 査定で一番重要な「業者の選び方」
  2. 複数の会社に査定を依頼する
  3. 相場を確認しておく
  4. 物件のアピールポイントを整理しておく
  5. 査定に必要な書類の確認

【成功理由1】査定で一番重要な「業者の選び方」

不動産仲介会社を決めようと思っても、マンションが得意な不動産会社や一戸建てに強い不動産会社など得意分野も異なり、得意とする対応エリアにも違いがあります。また、あなたにとって非常に大切な家を任せるパートナーになります。安心して任せるには、良い業者を選ぶ必要があります。

良い業者を選ぶにはコツがあります。また、そもそもあなたによって良い業者とは、家を売る力のある「売却力があること」と「人として信頼できること」の2軸があります。例えば、人として信頼できる業者を見きわめるには、査定の前後でとる「連絡」に注目しましょう。連絡をくれる頻度、タイミング、話す内容によって信頼できるかどうかがわかります。

他にも多くの観点で見きわめることが可能なので、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【成功理由2】複数の会社に査定を依頼する

家の査定は、比較をしないと大きく損をする可能性があります!損をしない為には複数の会社に査定を依頼する事が必要です。もちろん査定は無料ですし、契約は絶対にしなくても大丈夫です。複数の不動産会社に一括見積もりを依頼するならインターネットで一括査定がおすすめです。自分の売りたい物件に合う業者を自動的に選定し、無料で一括見積もりすることができるサイトがあります。

【成功理由3】相場を確認しておく

あなたがお持ちの家の相場はご存知でしょうか。相場は、家の種類や地域の他にも、時期トレンドにもよって変化します。相場を確認しておくと良い理由は、不動産会社の出す査定額が適切かどうかを確かめる事ができるからです。

不動産価格の計算方法は物件の種類により少し異なりますが、基本的には計算式は「面積 × 面積あたりの単価」です。

【成功理由4】物件のアピールポイントを整理しておく

2点目のアピールポイントの整理をしておくべき理由は、不動産会社もすべての地域の事を完璧に把握しているわけではないからです。例えば、駅からは遠くてもバスが便利であるとか、タクシーが良く通るので捕まえやすいとか、地元の方が交通安全パトロールをしているなどがあると思います。

また、見えない部分に関しては伝えなければわからない事もります。例えば、過去リフォームをしていたり床暖房がついていたりするなどがあると思います。ご自宅の内部の事も含めて、買い主にとって良い点を整理しておきましょう。

物件別のアピールポイントやアピール方法を知りたい方は、4章5章をご覧ください。

【成功理由5】査定に必要な書類の確認

査定に必要な書類の確認をした方が良い理由は、スムーズに業者とやり取りが出来るようになるからです。具体的には以下にまとめました。設備の良し悪しはどうしても業者の主観で決められるので、床や壁、トイレ、キッチンなどのメンテナンスの証明書があれば精緻な査定額が算出できます。

書類名称 入手場所
登記事項証明書 市区町村役所
間取り図と測量図 登記所
固定資産税納税通知書 市区町村役所
購入時の物件概要書 不動産会社
利用規約 管理者
メンテナンス証明書 (メンテナンス会社)

他にも査定をする前にしておくべき事はありますので、詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

まとめ

家の査定は、売却を考えている物件に強い不動産会社を選ぶことができるかで査定額は大きく異なります。愛着のある物件ほど、大切な取引を行いもの。勘や知名度で不動産会社を決めるのではなく、複数の見積もりを見比べて適切な会社を選びましょう。

家の査定は大きいと100万円以上の差が出ることもあり、複数の不動産会社を比較検討することが重要なことです。初めての売却で不安な人も安心の一括査定を行うことができるのがイエウール。国内の大手不動産会社はもちろんのこと、地元密着型の優良不動産会社など、全国の厳選された1,600社以上の中から最大6社を選出し、最適な査定価格を提案します。興味のある方はこちらから査定依頼をしてみてください。

家の売却について知りたい方は、【家を売る】損せず高く売却するコツや流れの記事をご覧ください。

よくある質問
家の査定は無料でお願いできますか?
査定は完全無料です。複数の不動産会社にまとめて査定依頼ができる、不動産一括査定の利用がおすすめです。
査定はどのようにして行われるのですか?
全部で5つの流れがあります。詳しくは家を査定するときの流れで解説をしています。

  1. 査定依頼をする
  2. 訪問日時を決める
  3. 現地調査
  4. 書類の確認
  5. 査定結果の報告
査定前に準備しておくことはありますか?
スムーズに査定を進めるために、次の6つのことを推奨しています。詳しくは査定の前に準備するべき6つのことで解説をしています。

  1. 相場を確認しておくこと
  2. 物件のアピールポイントを整理しておく
  3. 売却に関する要望を整理しておく
  4. 査定に必要な書類を確認しておく
  5. 売り主が不利になるような点も整理しておく
  6. ローン残高を確認しておく
家の査定をするときの方法には何がありますか?どれを選べば良いですか?
家を査定をしたい時は、「不動産会社に直接いく」「ネットで査定を申し込む」などの方法があります。簡単に、手間なく無料で依頼をするのであれば、一括査定がおすすめです。業界でNo.1のサイト「イエウール」は家の査定でおすすめの方法で紹介しています。

家の査定について気になる方は「家の査定を完全解説|はじめての査定を成功させるコツ」も参考になります。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?