【不動産の無料査定】使っても平気?失敗しない不動産会社の選び方

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

こんにちはイエウール編集部です。

不動産を売りたいと考えた時、始めの一歩となるのは査定です。家の価格を知ることで、家をどのように売れば良いのか、次はどのような家に住み替えるかなどが考えられます。

無料で査定をやってくれる不動産会社やサービスはたくさんありますが、どのサービスを選ぶかが重要です。

無料でもしっかりと査定をしてくれるところを選び、信頼できる査定額を手に入れましょう。

「イエウール」で価格を比較した方の2人に1人が、平均342.5万円高く売れています。不動産の売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産の査定で無料を使って平気?

多くの人がはじめてとなる不動産の売却活動。無料の査定を利用して大丈夫か不安に思うこともあるでしょう。結論から言うと無料査定で問題ありません。その理由や無料査定を使う際の注意点を詳しく解説します。

無料査定と有料査定の違い

不動産を売却する際に無料査定で問題ない理由は、無料査定と有料査定では適している目的が異なるからです。

有料査定は不動産鑑定士が国の定めた不動産鑑定評価基準を使って行う家の査定になり、家の現在の価値が分かります。裁判所などでも使える情報となり、兄弟でどのように相続するかなど話し合う際などに必要になります。

一方、無料査定は不動産会社が各社独自で行う査定で、不動産会社ごとに査定額が異なります。そのため、遺産分割など正確な査定額が必要な時には適しません。しかし、その代わりに市場価格に近い家の査定額が分かります。

つまり、家を売却する目的 で家の価格を知りたいのなら無料査定裁判所など公的な場所に提出するために知りたい のなら、有料査定でしょう。

無料査定を使う際の注意点

家を売却する際には無料査定が良いですが、利用する際には注意するべきことがあります。それは、1社だけに依頼しない です。

前段でも解説した通り、無料査定は不動産会社によって査定結果が異なります。同じ家や土地を査定しても200万円以上査定額に差が出ることも…。

ゆえに、1社に査定を依頼しただけでは、その査定結果が高いのか安いのか分かりませんし、相場価格も分からないのです。

無料査定を利用する際には、複数社 に無料査定を依頼し、不動産の相場価格を分かるようにしましょう。

無料査定でもしっかりチェック!不動産会社が見るポイント

不動産会社によって確認する箇所は異なりますが、不動産の無料査定を依頼した際、チェックされるポイントは以下になります。不動産会不動産の種類別に見てみましょう。

戸建ての査定ポイント

チェック箇所 詳細
間取り 家事動線や家具の配置がしやすいかをチェック
日当たり・通気性 近くに日光を遮る高い建物はないか、風通しは良好かをチェック
水回り 水回りの劣化や清潔度合いをチェック
雨漏りやシロアリ被害 雨漏りやシロアリの被害はないかをチェック
立地や周辺環境 生活しやすい立地や周辺環境にあるかをチェック

木造住宅が多い戸建ては、シロアリ被害や雨漏りなどのチェックが特徴的です。古い家だと隣家との境界が確定されているかを確認される場合もあるでしょう。

庭付きの場合は庭もチェック対象なので、植木屋さんを呼ぶまでもありませんが、少し剪定するなどして整えおくのも手です。場合によっては剪定で家への日当たりも良くなることもあるので、検討してみてください。

マンションの査定ポイント

チェック箇所 詳細
立地や周辺環境 景観や利便性をチェック
耐震対策 新耐震構造か、旧耐震構造かをチェック
室内状況(玄関・水回り・収納) 大きな修繕が必要になるかをチェック
共用部分(エントランス・駐車場) 共有部分が清潔であるか、メンテナンスは行われているかをチェック
部屋の向きと階数 ベランダの方角、角部屋であるか、何階なのかをチェック

マンションの場合、最も重視されるのは立地です。駅の近くであるか、ファミリータイプの場合は公園や学校が近くにあるかなども重要。有名小学校の学区域内であれば査定額が上がるポイントになるでしょう。

また、同じマンション内でも日当たりの良い南向きや角部屋、階数の高い部屋は査定額が上がりやすいです。内装に関しては収納や水回りなどもチェックの対象となりますが、査定に合わせて修理などを行う必要はありません。後に不動産会社と相談して決めると良いでしょう。

査定してくる不動産会社を探すならイエウール

前段で不動産会社に査定を依頼するのなら、複数社に依頼するべきだと解説しました。しかし、無料とはいえ、複数の不動産会社に査定を依頼するのは不動産会社の選定から申込みまで一苦労です。

そこで、利用したいサービスが一括査定サービスです。一括査定サービスを利用すれば、一度の申込みで複数の不動産会社を紹介し、査定してくれます。

一括査定サービスはいくつかありますが、中でもおすすめしたいのはイエウールです。いくつもあるサービスの中からイエウールがおすすめな理由は主に以下の3つです。

一括査定サービス、業界No1

一括査定サービスのサイトはいくつかありますが、東京商工リサーチ社が行った「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」(2018年7月調査)において利用者数・提携会社数・対応エリア数などすべての項目で1位となりました

提携会社数は1600社以上、多くの不動産会社と提携しているのでサービスが充実した大手不動産会社から地域に密着した中小の不動産会社までさまざまな不動産会社に査定してもらえる機会があります。最大6社まで同時査定してもらえるので、よりよい条件での売却が可能となるでしょう。

また、提携している不動産会社は一部地域に集中しているなどではなく、日本全国の不動産会社と提携しています。そのため、不動産会社が多く集まる都市部以外に所在する家や土地などの査定依頼でも対応可能に。田舎にある実家を売りたいといった場合でも利用できます。

このような理由から毎月利用者数が1万人以上 になり、最も多く利用されている一括査定サービスとなりました。

提携している不動産会社は安心・売却力が高い

「問い合わせをしたのに連絡がない」「最初の電話でいきなり売りましょうと言われる」など、利用者に適切な対応が行えない不動産会社には、連絡をし対応の改善を求めています。

イエウールでは改善が見られない、クレームが多い不動産会社は契約を解除する 運営を行っています。

そのため、利用者が出会える不動産会社は一定の質以上。個人で不動産会社を探し査定依頼をすると、「悪質な不動産会社に当たってしまった」「不動産会社を装った詐欺だった…」なんて可能性もありますが、イエウールなら安心して査定・売却を任せられる不動産会社に会うことができるのです。

また、提携している不動産会社が多いということは、利用者から見れば査定額や不動産会社を比較できるということですが、不動産会社から見ればライバルが多いということ。

最終的に1社しか選ばない利用者も多く、不動産会社はほかの不動産会社と売却力や営業力などを競わなくてはなりません。すると、自然的に提案力や売却力の高い不動産会社や担当者が残るので、利用者は家を売ってくれる不動産会社に出会える可能性が高まっていくのです。

入力フォームがカンタン

いくら無料とはいえ、不動産会社に家や土地の査定を依頼するとなると、記入項目が多くて何を書いて良いか分からないというイメージがある方もいるでしょう。

しかし、イエウールの入力フォームなら会話型フォーム。スマートフォンで会話しているかのように、必要項目を回答していけば良いだけので、査定依頼が初めての方でもカンタンに申し込むことが可能です。

手間がかからず入力できるので、申込みにかかる時間も短縮。平日、仕事で忙しい方でもお昼休みの間や夜帰宅した後などのちょっとした時間でも査定依頼を申し込むことが可能です。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

無料査定を依頼する不動産会社を選ぶコツ

一括査定に申し込みをすると不動産会社をいくつか紹介してくれます。不動産会社は何社選べばいいのか、どんな不動産会社を選べばより良いのか…悩ましいでしょう。

ここでは、一括査定で紹介された不動産会社を選ぶ際のコツを解説します。

不動産会社は最低3社

一括査定サービスによって異なりますが、イエウールの場合不動産会社は最大6社紹介されます。

不動産会社への査定依頼は最低3社以上 するようにしましょう。前段でも解説したとおり、不動産会社の査定額は不動産会社によって異なります。不動産価格の幅と相場を知るためには3社以上が必要になるのです。

査定依頼をする不動産会社は多ければ多いほど、相場感や価格の幅がより正確性が増すのでもちろん3社以上査定を依頼するのは問題ありません

むしろ、査定依頼を出した不動産会社には後々家を売る際に仲介販売などを依頼することも多いので、より多くの不動産会社を見て対応や知識量などを比較して良い不動産会社を探しておいた方が良いでしょう。

選ぶ不動産会社は大手と中小

不動産会社を選ぶ際に安心な大手か地域密着の中小か迷う方は多いでしょう。結論から言うとどちらにも査定依頼を出すべき です。

なぜなら、大手不動産会社なら家が売れない場合に買取保証をしてくれたり、家の状態によって行ってくれるサービスなどがあるからです。一方地域密着の不動産会社は売りたい不動産周辺の情報に詳しいですし、周辺で不動産を探している買主候補を知っている場合もあります。

どちらかを選ぶのではなく、バランス選ぶのが重要でしょう。

不動産会社の得意な物件を見極める

不動産会社にも扱う不動産に得意不得意があります。得意な不動産は売却のノウハウや購入を検討している顧客を抱えている可能性が高いので、不動産の売却活動がスムーズにいきやすいです。

不動産会社は扱っていないのならまだしも、不得意な不動産の場合は受け付けないということはないので、売主が注意して不動産会社を見極める必要があるでしょう。

不動産会社の得意ジャンルを見極める方法はいくつかありますが、主なものは2つ。不動産会社のサイトを確認担当者に聞くです。

多くの不動産会社のサイトには実績が掲載されています。この実績に多く掲載されている物件が不動産会社の得意分野です。扱っている物件はもちろんエリアなども確認して、なるべく売却したい不動産に近いものを選びましょう。

不動産会社を調べても分からなかった場合は、査定を依頼し担当者と対面した時 に得意分野を聞いてみましょう。なぜ得意なのかどのような実績があるかなども合わせて聞いて、しっかりと答えられるか確認しましょう。

無料査定なら机上査定と訪問査定どちらを選ぶ?

不動産会社に無料査定依頼を出す際、多くの場合は机上査定と訪問査定が選べます。机上査定と訪問査定はどのような違いがあるのでしょうか。違いを把握してどちらを選べがいいのか検討しましょう。

机上査定とは

机上査定とは実際に売却したい家や土地を見ずに価格を決める 方法。エリア情報や築年数、周辺の類似物件や過去の成約価格などを基におおよその査定額を算出します。

ざっくりした価格がすぐ分かることから簡易査定と呼ばれることもあります。机上査定は不動産会社の担当者が売却したい不動産を訪れないので、忙しくて不動産と予定の合わない方や引っ越し直前などで家を見せれないといった方が利用することがあります。

しかし、実際に家を見ることがないので、 あくまでも査定額はざっくりとした査定額です。さらに、同じデータを使ってだけの査定になるので、複数社に査定依頼をしてほぼ査定額が変わらない という状態になりやすいです。

そうなると、相場感も正確性の低い ものとなってしまいやすいでしょう。

机上査定の査定書の見方については、こちらの記事を参考にしてください。

訪問査定とは

訪問査定とは机上査定に加えて、不動産会社の担当者が査定対象となる不動産を訪問 し、建物の状況や日当たり、近くにスーパーがあるかなど周辺環境もチェックし査定額に反映させます。

そのため、より正確な査定額を算出することができ、市場価格に近い査定額 を出せます。訪問査定をする際に不動産会社の担当者と話すことができるので、不動産を売却する際に気になることや不動産会社の対応をチェックできます。不動産会社選びは売却の明雲を左右するので、訪問査定時に不動産会社の対応を比較できるのはメリットです。

しかし、訪問査定には手間がかかります。訪問日を決めるためにメールや電話で対応をしたり、当日の対応が何社かと発生するでしょう。また、当日訪問査定は30分以内で終了しますが、査定結果が出るのは数日後。結果が出るまでに少し時間がかかるでしょう。

机上査定と訪問査定どちらが良いか

結論から言うと訪問査定を選ぶとよいでしょう。前段でも解説しましたが、訪問査定を選ぶことで不動産の相場が分かります。

おおよその査定額では住み替え先の予算や売り方も決めきれないので、家の売却を真剣に検討している人は机上査定だけで先に進まないように気をつけましょう。

繁忙期の3月や4月などになると、不動産会社との予定がなかなか合わないということもあるかと思いますが、一括査定サービスに申し込みをしてから数日で訪問査定をしてもらわなくてはいけないというものではありません。

少し後ろ倒しになってしまっても訪問査定を選びましょう

まとめ

不動産の売却を検討している場合は、不動産会社の無料査定を利用するのが1番です。さらに複数社に依頼することで、自分の不動産の価格の幅を知ることができ相場が分かります。

不動産の相場額を知るなら、最低3社に査定してもらうと良いでしょう。

不動産の売却は不動産会社選びと最初の査定が大事です。無料査定をいくつか受けて査定額だけでなく、不動産会社や担当者も比較して、最終的に契約する会社を選びましょう。

不動産を一括査定することについて気になる方は「不動産一括査定を解説!サイトの選び方や利用時の注意点を知ろう」も参考になります。

家の査定について気になる方は「家の査定を完全解説|はじめての査定を成功させるコツ」も参考になります。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?