【田舎の土地を売りたい】売るための基礎とコツ|農地・山林はどう売る?

田舎の土地を所有している方向けの土地活用ランキングBEST5
「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

田舎の土地を持っているものの、使い道がなく売却したいと思っている。一度売却を近くの不動産会社に依頼したことがあるものの、結局売買が成立せず、今に至っている。

需要の比較的少ない田舎の土地においては上記のようなケースは少なくありません。

しかし、土地は所有しているだけで固定資産税や維持管理コストが発生するため、使わないのであればできるだけ早く売却するのが良いでしょう。

今回は、田舎の土地を所有している方に向けて、売却が難しい土地の売却のコツや、理想的な売却の相談先、土地売却ができない場合の活用法についてお伝えしていきます。


査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは土地売却の基礎知識を知りたい」という方は、土地売却の記事をご覧ください。

田舎の土地を売りたい

相続などで田舎の土地を取得。特にに使用する予定はなく固定資産税もかかるので手放したいと考えている方もいらっしゃるかと思います。

はたして、田舎の土地は売ることができるのでしょうか。

田舎の土地が売れない理由

田舎の土地は残念ながら売りづらいです。

都市部に比べて田舎の人口が少ないということは、需要が少ないということ。都市部に比較して交通の便が悪かったり商業施設や病院なども少ないことから、田舎に居住使用と思う人も少なく土地もなかなか売れなくなってしまうのです。

それに加え田舎の土地を売りたいと考えている人は多くおり、競争が起きていることも田舎の土地がなかなか売れない要因の1つでしょう。

いらない土地は国に返せる?

いらない田舎の土地、売却が面倒な土地は国に返すことができるのでしょうか?結論から言うと、残念ながら田舎の土地は基本、国に返せません

国に返すとなると、相続放棄寄付が主な返却方法となります。しかし、相続放棄は田舎の土地だけ放棄することはできず、相続財産すべてを放棄しなくてはなりません。

また、相続放棄をした場合、田舎の土地は次に相続権がある人に相続となります。つまり、田舎の土地を国に返すには親族全員で相続放棄をしなくてはならないということです。

寄付の場合も国に申請したところで、なかなか受け付けてはくれません。国が土地を購入するのは道路などつくる時や国立の病院などを設立する際、それ以外に必要ない土地を買うことも寄付を受け付けることもほぼありません。

固定資産税は国の貴重な財源なので固定資産税を国が支払うことはなるべく避けたいのです。

土地の放棄については以下の記事をご確認ください。

田舎の土地の需要とは

田舎の土地が売れづらいのは事実ですが、全く売れないというわけではありません。田舎の土地にも需要はあります。

主な需要は以下です。

  1. 移住や別荘としての利用に向けた住宅用途
  2. 古民家や太陽光発電用地としての事業用途
  3. 新型コロナウイルスによる地方移住の需要

住宅用途
都市部から田舎に住みたいと移住してくる層や、別荘地として検討している人による住宅用途です。

仕事を退職して、老後を静かに暮らしたい層だけでなく、インターネット環境が十分であれば、安いお金で過ごせる住居地として田舎に暮らしつつ仕事をするようなライフスタイルも若者から注目を集めています。

療養目的や子育てに適した環境を求める人にも一定の需要があるでしょう。

事業用途
体験宿泊施設や介護施設、飲食店、地域のコミュニティスペースなど、空き家を古民家として活用するケースが増えています。

自治体やNPO団体に空き家を貸し出すことが基本で、貸主の金銭的メリットは薄いですが、地域貢献に役立つことができるほか、管理の手間を省くことができます。

また、太陽光発電用地としての活用する手もあります。個人で発電を行うか、業者や個人に太陽光発電用地として売却しても良いでしょう。

地方移住
現在、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で地方移住への関心が高まっています

内閣府が今年の6月に公開した新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査によると、地方移住の関心が高まっている人はおり、中でも20代・30代が最も高いという結果になりました。

地方に不動産を持っているが売れずに売却活動をやめてしまった、相続をしてそのままにしている不動産があるという方はこの機会に売却活動をしてみるのも手でしょう。

 

所有している土地が遠方にあっても、インターネット経由で不動産会社からの査定を受けることが出来ます!いつでもどこでも無料で依頼出来て、売却を考えている不動産に適した不動産会社を紹介してくれるので初めて使う方も安心して利用できます。

まずは、物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう。査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒ほどで完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

田舎の土地を売る方法

田舎の土地を実際に売るとなれば方法は主に3つです。どのような選択肢があるのか解説します。

仲介で売る
不動産を売る際に最も一般的な方法が仲介です。

仲介とは、不動産会社に売主と買主の間に入ってもらい、売買い関するやり取りをやってもうこと。具体的には売主の代わりに買主を探してもらったり、売買契約書を作成してもらったりします。

仲介は土地の販売価格を売主が決められるので、土地を高く売りやすく、誰に売るかも自由です。

買取で売る
買取は不動産会社に土地を買ってもらう方法です。

簡単に言うと、仲介の買主が不動産会社になるということ。不動産会社に買ってもらえれば買主を探す必要がないので、早くて1ヶ月で田舎の土地を売ることが可能です。

また、仲介で土地を売る際は契約と土地の状態に不備がある時には契約不適合責任が発生しますが、不動産会社に土地を売った場合は責任を問われることはありません。

隣人に売る
自分が所有する土地に隣接するお隣さんに土地を買ってもらう手もあります。

ふたつの土地をひとつの土地にまとめることができれば、別々に購入するより高い資産価値を得られることになるため、近隣住民への売却も需要があります

特に、田舎においては同族が近くに住む傾向があるため、都心部に住んでいた子供が親の近くに引っ越してきて新築するようなケースも考えられるでしょう。

田舎の土地を売るコツ

需要が少なく、売れづらいと言われている田舎の土地を売るにはどすれば良いのでしょうか。ここでは、田舎の土地を売れやすくするためのコツを解説します。

【売るコツ1】土地を売る際の流れを知っておく

土地をスムーズに売却するために、土地のを売る際の手順の流れを把握しておきましょう。
流れを把握することで、次に何をするべきか分かるのであたふたすることがありません。

 class=

全体の流れとして、【売り出し前】、【売り出し中】、【売り出し後】と3つに分かれますが、

一番重要なのは【売り出し前】です。

どういうことかと言うと、土地の売却にあたって、手続きや交渉などなど、全て自分一人で行って売却するのは現実的に難しいため、不動産会社を通して売却することになります。

そのため、どの不動産会社に依頼して売却するかによって売却が上手くいくかどうか(高く売れるかどうか)が決まってくるのです。

また、上の図でもお分かりかとは思いますが、基本的には売却完了まで不動産会社が全てサポートするので一人で悩む必要はありません。そのことをまず頭に入れておいてください。

【売るコツ2】田舎の土地の売却に強い不動産会社を探す

不動産を売却する際、売却したい不動産に合った不動産会社を選ぶのは重要です。

都市部のマンション、田舎の戸建てなど不動産会社にはそれぞれ得意とする分野があります。得意とする分野ならば売却経験も豊富で、さまざまな田舎の土地に対応ができたり田舎の土地を探している買主候補を抱えている場合もあります。

より的確ば売却アドバイスなどももらえることが多いので、得意分野と売りたい土地の特徴が合った不動産会社を選ぶと良いでしょう。

売却をサポートしてもらう不動産会社は査定を依頼した会社の中から選ぶことが多く、査定は不動産会社を選ぶタイミングでもあります。

この時、田舎の土地の売買を得意とする不動産会社を探すのなら、一括査定サービスを利用するのがおすすめです。

一括査定サービスとは一度の申し込みで複数社に査定依頼を出せるサービスなのですが、査定依頼をする不動産会社を一括査定サービスが紹介してくれます。

一括査定サービスは売りたい不動産に合った不動産会社を紹介してくれるので、自分で探さずとも田舎の土地の売買に合った不動産会社が見つかるということ。

代表サイト「イエウール」なら、一度の情報入力で最大6社の不動産会社に査定依頼をすることが出来ます。

不動産会社を比較して、自分にあった信頼出来る不動産会社を見つけましょう。査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒ほどで完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

【売るコツ3】多少の価格の妥協はする

田舎の土地はどうしても売却して手放したいという場合は、売却額を対象妥協するということも重要でしょう。

一般的な土地でも売るには3ヶ月~6ヶ月かかると言われていますが、田舎の土地は需要も少なく、売却期間は一般的な期間より長期化することが想定できます。

もし、売却期間が予定以上に伸びてしまえば、周辺の土地を探している買主には「なかなか売れない土地」という印象を与えてしまい、敬遠されてしまう可能性があります。

売却活動が長期化すればするほど周辺の土地を探している買主候補には「なかなか売れない土地」という印象を与えてしまい、ますます売りづらい状況を作ってしまう恐れがあります。

よって、売却活動をあまり長期化させないためにも、田舎の土地は買主が現れたら多少値引きしても売ると考えていた方が良いでしょう。

【売るコツ3】かかる費用を抑える

田舎の土地を売却する際はかかる費用も抑えるように意識しましょう。

立地によって異なるので一概には言えませんが、前段でも解説したように、田舎の土地を売る際にはあまり売却額に期待はできません。

しかし、土地を売却すると税金が発生したり不動産会社に仲介手数料を支払う必要があるので、場合によっては売却額が手元にほとんど残らない、土地を売ったのに自己資金で補填しなくてはいけないといった恐れがあります。

売却額に左右されずに済むように、なるべく売却時にかかる費用は抑えるようにしましょう。

費用を抑える方法としては、古い家などが建っている場合は解体をしないようにする、なるべく不動産会社にまかせて現地へ行く回数を減らすといった工夫が可能です。

その他、不動産を売却する際の費用を抑える方法は以下の記事をご参考にしてください。

田舎の土地、空き家・農地・山林の売り方

田舎の土地を売りたいと考えられている方のなかには、普通の宅地とは異なる土地や特殊な条件を持った土地の方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、田舎の土地でよく見る特徴的な土地の売り方を解説します。

空き家

古家付き土地で売る

空き家は古家付き土地として売却をすると良いでしょう。

古家付き土地とは古い家はそのままに空き家として売るのではなく、土地に古い家が建っているという状態で土地をメインに売る方法です。

古家付き土地として売れば空き家を解体する必要がありませんし、土地を探している買主の他にリノベーション目的で古い家を探している買主の目に止まる可能性もあります。

空き家を売る際の注意点

空き家を売る際はまず市区町村の役所に相談しましょう。空き家が多い市区町村では独自の補助金を設けているところがありますし、売却中に特定空き家に指定される心配も少なくなります。

まずは市区町村の役所に空き家と土地を売却する旨を伝え、さまざまな情報を得ると良いでしょう。

役所への問い合わせや書類の請求などは電話でも対応してもらえます。

農地

農地として同業に売る

農地は勝手に別の用途で使用することができません。よって農地は農地として売るのが最も無難です。

農地は誰でも購入できるわけでなく、農地は農家にしか売却できません。知り合いの農家やご近所の農家の方が購入してくれるのなら、交渉してみると良いでしょう。もし、近隣に農家の方がいない場合は不動産会社に仲介を依頼することになります。

農地を扱っている不動産会社は少ないですが、ないわけではないので探してみましょう。

農地の売却の詳細に関しては、以下の記事も参考にしてください。

農地を売る際の注意点

農地を売る際には農業委員会から売却の許可をもらいましょう

農地は勝手に売却することも許されておらず、売却をする際は農業委員会に農地売却の申請を出し、許可を取る必要があります。

農業委員会は書く市区町村に設置しているので、土地を管轄している農業委員会に許可をもらいに行くと良いでしょう。

農地の売却に手慣れている不動産会社なら、許可申請も手慣れているので許可申請は不動産会社を見つけた後に行うと良いでしょう。

山林

山林売買サイトを利用する

山林を売却する場合は山林売買サイトを利用すると良いでしょう。

山林を購入したいと思う人は少なく、買主を見つけるのはなかなか困難です。そこで利用したいのが山林売買サイトです。山林売買サイトは山林に特化したサイトなので、山林購入を検討している買主に確実に情報を届けることが可能です。

山林サイトを利用している人は少ないですが、買主が見つかる確率は高くなるでしょう。

山林を売る際の注意点

山林を売る際には山林売買サイトだけでなく、不動産会社も併用するようにしましょう。

前段でも解説した通り山林売買サイトは買主が見に来ますが、その数は少ないです。不動産会社も合わせて利用することで、山林売買サイトとは違うところから買主を探していくのが賢明です。

不動産会社との媒介契約は一般的には3ヶ月ですが、3ヶ月不動産会社で売ってみてから山林売買サイトに登録をするとなると買主を逃してしまう恐れがあるので、売却開始時期は登録などで忙しくなりますが、平行して行った方が良いでしょう。

田舎の土地が売れない時の対処法

さまざまな売却方法を試してみても、なかなかご縁がなく売れないということもあるでしょう。田舎の土地が売れないと思った時は、以下の方法も検討してみてはいかがでしょうか。

相続放棄

そもそも田舎の土地を相続する前であれば相続放棄をするという選択も可能です。

相続放棄をすれば法律上そもそも相続権を持っていなかった人という認識になるので、土地の管理や固定資産税の支払い義務も無くなります。

ただし、田舎の土地だけ相続放棄をすることはできません。相続放棄を行うとその他の財産や思い出の品も相続できないので注意しましょう。また、相続放棄をした後、田舎の土地は相続する権利を持つ別の親族のところへいきます。

家族で相続放棄をしたい場合、全員で相続放棄をしなくてはならないので、手続きも膨大になるでしょう。相続放棄を行う場合は、「相続放棄申述書」を作成して家庭裁判所に提出します。

寄付

土地には寄付をするという手段もあります。

土地を寄付できれば税金の支払いはもちろん、売却で発生する仲介手数料なども支払う必要がありません。法人などに寄付をすれば、贈与税なども発生せず土地を手放すことができるでしょう。

しかし、地方自治体や多くのNPO法人などでは土地の寄付を受け付けていないところがほとんど。市区町村では土地に発生する固定資産税が大事な税収の1つとなっているため、よほど有益な土地でないかぎり寄付を受け付けてくれないのです。

土地の寄付先を探す場合は自治体やNPO法人の担当窓口に相談をするところから始めましょう。寄付を受け付けている団体は受け付けている寄付の一覧を公開しているところもあるので、WEBサイトを確認してみましょう。

土地の寄付に関してのより詳しい情報は以下の記事をご確認ください。

贈与

寄付以外にも贈与という方法もあります。

贈与とは個人や法人に無償で資産をあげること。土地に隣接する人や土地の周辺にある企業などに土地を譲渡すれば、自分の敷地を増やしたり企業の駐車場などに使えるので、もらってくれる場合もあるでしょう。

ただし、土地を無償で渡すとなると、贈与税が発生します。個人間の場合は渡す側には発生しませんが、受け取る側には贈与税が発生します。

法人に贈与する場合はたとえ無償で土地を渡していたとしても時価で土地を渡したとみなされ、所得税が発生します。また法人側も土地を受け取り利益を得たとして法人が発生するので注意しましょう。

贈与先を探すのであれば、隣家の人に聞いてみたりWEBサイトなどで土地周辺の企業を探してみると良いでしょう。

借地

土地がなかなか売却できない場合借地にして管理費を稼ぐという方法もあります。

借地とは土地の権利は所有したままで、別の人に土地の上に建物を建て住む権利を渡し、その代わりに地代をもらうというものです。

地代は固定資産税の3~5倍もらうのが一般的。地代があれば固定資産税を支払うことができますし、土地に誰か住んでもらえれば定期的な土地の見回りや雑草の整理などの管理を行う必要がなくなります。

ただし、地代をもらえるのは借主が住んでいる間だけ。もし、借主が引っ越しをしてしまえば次の借主と契約するまで、土地の持ち主が固定資産税を支払わなくてはなりません。また、土地を貸し出す期間はさまざまですが、木造の場合20年以上は土地を貸す約束をしなくてはなりません。

途中で土地を個人で利用しようと思っても、借地権を持っているユーザーの許可を得ないと立ち退いてもらうことはできないので注意しましょう。

田舎の土地を手放す方法をより詳しく知りたい。土地活用も検討してみたい方は、以下の記事をご覧ください。

まとめ

田舎の土地の売却は一般的な不動産の売却と比べて難しいことが少なくありません。

田舎の土地の売却が難しいのには、以下のような理由があります。

  • 生活に必要な公共施設がないので住みにくい
  • 生活上で必要なインフラ整備が遅れている
  • 管理されていない土地は開発コストがかかる
  • 市街化調整区域による制限で建物が建てられない土地も
  • 土地に柵や近所付き合いがあり面倒
  • 土地や家が広すぎる

しかし、田舎の土地にはや別荘としての利用に向けた住宅用途、古民家や太陽光発電用地としての事業用途、近隣住民によるニーズといった需要があります。

このような土地を所有したまま放置すると、管理費・維持費、固定資産税など無用なコストがかさむというデメリットがあります。

しかし、よほどの田舎で需要が少ない場合を除けば、適正相場以下で価格設定すれば、売却することができます。

そのためには、価格を設定するにあたって、まずは適正な相場を掴んでおく必要があります。

イエウールは豊富な提携会社数を持っていることが特徴で、田舎の不動産でも複数の不動産会社の紹介を受けられやすく、オススメです。

一括査定サイトを活用して適正な相場を把握したら不動産は持ち続けているだけでコストが発生するため、できるだけ早く売却することが得になると考えて、相場以下でもある程度許容して早く売ることが大切です。
田舎の土地・物件が得意な不動産会社を捜す際は一括査定サイトを使って複数の不動産会社の査定を受けたら、それぞれの不動産会社から査定価格の提示を受ける際に、最近、売却不動産の近隣エリアで売買が成約したケースがあるかどうかを確認すると良いでしょう。その数が多ければ多いほど、郊外での売買に力を入れて取り組んでいる不動産会社だと判断できます。

  1. あわせて、こちらの記事もお読みください!
  2. 売るか土地活用か迷っている方は、土地活用に関するノウハウを学べるぞ!

土地活用の相談先を参考にして、プロに相談してみるのもおすすめです。

【記事のおさらい】

初心者でもわかる!記事のおさらい

田舎の土地はどうやって売るの?

田舎の土地を売る方法は主に3つ。仲介・買取・隣人に売却です。それぞれの売却方法の解説やメリットなどは田舎の土地を売る方法をご確認ください。

 

田舎の土地を売る際の流れとは

田舎の土地を売る際にはまず査定を行います。その後、不動産会社と契約し売却活動をスタートさせます。そのほか、ざっくりと全体の流れを田舎の土地を売るコツで解説します。

 

田舎の土地に空き家がある場合はどうすればいいの?

売却したい田舎の土地に空き家がある場合は、古家付き土地として売却すると良いでしょう。古家付き土地なら家を解体しなくて良いので、費用を抑えられます。その他、農地や山林の場合の売却方法や注意点などは田舎の土地、空き家・農地・山林の売り方をご確認ください。

 

もし、田舎の土地が売れなかったら…

田舎の土地が売れなかった場合は、他の方法を試してみるのも手です。難しい場合もありますが、相続放棄や寄付などの選択肢もあります。そのほかの手段と詳細は田舎の土地が売れない時の対処法でご紹介します。

 

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】土地の価格いくら?