土地活用を成功させるための相談先|相談時のポイントやパートナー選びのコツも紹介

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

土地を活用したいと思っても、「誰に相談すればいいのか分からない」「どうやって相談を進めればいいのかわからない」「ちゃんとした見積もりを出してくれるかわからない」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

本記事では、土地活用の相談だけしたい方に向けて、相談方法について解説していきます。

先読み!この記事の結論
  • 悩みや相談したいことに合わせて相談先を選ぼう
  • 土地活用の相談はこうやって進めよう
  • 相談先のパートナーはこう選ぼう
最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村
福谷 陽子
監修者:福谷 陽子(ふくたに ようこ)
ライター 元弁護士
弁護士として約10年間経験を積み、ライターへ転身。弁護士時代の実務経験を活かして、現在は主に不動産や法律の分野で精力的に執筆業に取り組んでいる。特に不動産については深い知識があり、売買、賃貸、マンション管理、隣人トラブル、投資などあらゆる問題に対応。

土地活用の相談先

ここでは、土地活用を始める前に相談しておくべき相談先を紹介します。
賃貸住宅経営を検討している場合は、ハウスメーカーや工務店に相談しておけると安心です。

相談先 相談できること
ハウスメーカー 賃貸住宅経営に関する相談
工務店 賃貸経営住宅に関する相談
デベロッパー 大規模な施設・高層アパートに関する相談
駐車場管理会社 駐車場経営に関する相談
専門会社 トランクルーム経営やコインランドリー経営など、特定の土地活用に興味がある人
不動産会社 土地の売却を検討している人

ハウスメーカー

こんな悩みの人にピッタリ
  • アパート経営・賃貸併用住宅・戸建賃貸経営に興味がある人
  • アパート・戸建物件の建築費がいくらか見積もりたい人
  • 収益はどのくらい見込めるのか知りたい人

アパート経営や賃貸併用住宅、戸建賃貸などの賃貸経営を行いたい人は、ハウスメーカーに相談してみると良いでしょう。
賃貸経営をした場合の収益や費用、利回りについて相談することができます。

ハウスメーカーに相談し、土地の立地や広さなどの情報を伝えると、物件の建築プランと収益イメージをハウスメーカー側が作ってくれます。
この際費用はかからず、建築プランと収益イメージを見てから「やっぱりやめる」ということもできます。
アパート経営に少しでも興味がある場合は、相談だけしてみても損はないでしょう。

工務店

こんな悩みの人にピッタリ
  • アパート経営・賃貸併用住宅・戸建賃貸経営に興味がある人
  • 自分好みの物件を建築したい人

ハウスメーカーはカタログに載っている建築プランを中心に建築してくれますが、工務店だと自分好みの物件をカスタマイズして検索することが可能です。
費用をかけて自分好みの物件を建てたい場合は、工務店に相談してみるのもおすすめです。

費用を抑えたい場合はハウスメーカーに、オリジナルのおしゃれな物件を建築したい場合は工務店に相談するようにしましょう。

デベロッパー

こんな悩みの人にピッタリ
  • マンション経営に興味がある人
  • マンションの建築費用や収益を見積もりたい人
  • 立地上マンション経営をして儲かるのか気になる人

賃貸マンション経営を行いたい人は、鉄筋コンクリートのマンションやビルといった大規模な建築を主軸にしているデベロッパーに相談してみるのがおすすめです。

大規模なマンションならではの工法や建築体制など、デベロッパーにしかないノウハウがあるため、一度相談しておくようにしましょう。
ただ、そもそも立地の悪い土地ではマンションを建てても入居が見込めないので、デベロッパー側が相談に乗ってくれないこともあります。

デベロッパーに土地の情報を伝え、数週間ほど待てばマンションの建築プランや収支計画イメージを確認することができます。

駐車場管理会社


相談できること

  • 駐車場経営をする際の費用やコストについて
  • 近隣地域の調査と駐車場経営に適しているかどうか
  • 駐車場経営をした場合の収支について

こんな悩みの人にピッタリ
  • 駐車場・コインパーキング経営に興味がある人
  • 費用をかけずに土地活用をしたいと考えている人
  • 狭小地や傾斜地など、条件の悪い土地を持っている人

駐車場経営を行いたい人は、駐車場経営の管理会社に相談してみると良いでしょう。
全国チェーンの駐車場会社や、近くのコインパーキング経営会社のホームページには、随時駐車場オーナーを募集しているので、そこから相談の申し込みができます。

駐車場管理会社に相談することで、駐車場経営の進め方やおすすめの立地、料金設定など、詳しい話を聞くことができます。
駐車場経営をするときには、どのくらいの収益がでそうか、駐車場経営プランの内容や書類なども確認すべきです。

駐車場経営について詳しく知っておきたい方は以下の記事にまとめているので参考にしてみてください。

専門会社

こんな悩みの人にピッタリ
  • 興味のある土地活用方法が定まっている人
  • かかる費用や収益を見積もりたい人

トランクルーム経営やコインランドリー経営、介護施設経営など、土地活用には様々な方法があります。
これらの専門的な土地活用を検討している場合は、それぞれの土地活用に強い専門会社に相談することがおすすめです。

例えば、トランクルーム経営を行いたい人は、トランクルーム経営関連の専門会社に相談するのが良いでしょう。
トランクルームチェーンを展開しているのホームページには、オーナー募集の案内が記載されています。

基本的にホームページ内にオーナー募集の記載がかかれていることが多いので、そこから応募するとよいでしょう。
かかる費用や収益のプランを確認することができ、同時に近隣地域の状況も加味した収益予想も聞くことができます。

不動産会社

こんな悩みの人にピッタリ
  • 土地の売却を検討している人
  • 売却する場合の金額を見積もりたい人
土地を売却する場合は不動産会社に相談します。売却価格の査定を出してもらい、その価格に納得すれば売却成立です。

土地を売却すると土地の所有権がなくなるので、土地にかかる固定資産税等の税金を支払う必要はありませんし、売却金で他の土地を買って新しく土地活用を行うこともできます。
土地を持っているが、活用方法について悩んでいる場合は、売却するのも一つの手となるでしょう。

ハウスメーカーやデベロッパー、工務店に相談したい方は、土地活用比較サイトのイエウールがおすすめです。
チャット形式のカンタンな質問に答えるだけでよく、気軽に土地活用プランを取り寄せることができます。
ご利用は以下のバナーからできます。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用の相談先・パートナーはこう選べ!


土地活用の相談に行きたいものの、どんな相談先がいいのか、どの企業とパートナー契約を結ぶべきか不安に思うこともありますよね。
ここでは、相談先やパートナーを決める際のポイントを開設するので、参考にしてみてください。

担当者は長年寄り添うことになるので慎重に選ぼう

土地活用を相談先を決めるためには、プランの妥当性だけでなく担当者との相性も大切です。

通常、土地活用は数十年単位で進めていくことになります。そのため、担当者の愛想が悪かったり、何でも相談できる間柄でなかったりすると、上手くいったはずの土地活用も失敗してしまう可能性が高くなります。

したがって、プランを受け取ってお話をした担当者の人柄や愛想にも注目し、自分の性格と合うかどうかも重視しておくようにしましょう。

相談先の実績や評判を確認する

土地活用の相談に行く際には、その相談先の実績や評判を確認するようにしましょう。担当者の対応が良かったり調査が綿密だったりするからと言って、土地活用が成功するとは限りません。やはり大事なのは実績です。

実績が豊富な企業は、ホームページ内で前例や実績を記載しているものです。興味のある土地活用プランがあれば、そのプランを作成してくれた企業のホームページに一度目を通しておきましょう。

大手だけにこだわらない

土地活用を相談する際に、大手企業だけに絞っている方も多くいらっしゃいますが、必ずしも大手企業が信頼できるパートナーになるとは限りません。地域密着型の企業の方が地域ごとの特性や特徴を良く把握しており、その土地に合った土地活用プランを提案してくれることもあります。

そのため、相談するパートナーを選ぶ際は、大手と地域密着型企業両方に相談しておき、より親身になってくれるパートナーを選ぶとよいでしょう。

複数社に相談しておこう

相談先を見つけたものの、その相談先が親身になって妥当な調査をしてくれるとは限りません。ましてや、初めて土地活用をする方が調査結果の妥当性を自分で判断することはほぼ不可能です。

そのため、初めて土地活用をしようと考えている方は複数社に相談するようにしましょう。複数社に相談して得られた調査結果をもとに、どのくらいの費用や収益が妥当なのかを判断します。

相談先によっては「何とかして契約をとろう」と現実味のない提案をしてくることもあります。適正なプランや現実的な収益を判断するためには、複数社に相談してプランを比較することが大切です。

土地活用比較サイトを活用する

土地活用に興味があるとはいえ、「まだ活用方法が定まっていない」という方や、「いきなりハウスメーカーに相談に行くのは怖い..」という方も多いでしょう。
そのため、インターネット上でプランを取り寄せられる「土地活用比較サイト」を活用することがおすすめです。

土地活用比較サイトは、一度土地の情報と個人情報を入力するだけで、無料で複数社に土地活用のプラン請求をすることができ、土地活用プランやその予算感、収益イメージだけを先に聞くことができます
複数の活用方法に興味があれば、「アパート経営・賃貸併用住宅経営・トランクルーム経営のプランを受け取る」といった形で、複数の活用方法を選んでプラン取り寄せすることも可能です。

また、相談した企業に断りを入れづらいといった場合には、土地活用比較サイトに断りの連絡を入れてもらうということも可能です。そのため、始めて相談する方でも安心して相談しやすいのが土地活用比較サイトです。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用の相談前に準備しておくべきこと

ここでは、土地活用を相談して詳しい話を聞くためにあらかじめ伝えておきたいポイントを紹介します。
相談した時間を無駄にしないためにも、ここで紹介するポイントを参考にしてみてください。

できるだけ個人情報は開示する

土地活用の相談をする際には、できるだけ土地の情報や個人情報は先方に伝えておきましょう。
できるだけ個人情報を渡したくない気持ちも分かりますが、企業側が手にする情報が少ないほど見積もってもらうプランや収益試算の精度も低くなってしまいます。

相談して詳細な見積もりを出してもらうためには、その分綿密に調査してもらうため情報も伝えておく必要があります。
土地の広さや立地、名義など、土地に関する情報は正確に伝えておきましょう。

また、自己資金や年収についても伝えておくことでローン借り入れ可否まで検討することができ、さらに正確なプランも見積もることが可能です。

用意しておくべき書類

土地活用の相談をする際には、土地の特徴を示す証明書や身分証明書などを用意しておけると、スムーズに相談を進めることが可能です。
例えば以下のような書類を用意できていると良いでしょう。

  • 登録事項証明書
  • 登記済権利証または登記識別情報
  • 固定資産税納付書
  • 身分証明書

目的や優先順位を伝えておく

プランや収益を見積もる相談をする際には、要望や実現したいことの優先順位を伝えておきましょう。
例えば、費用をかけてもいいのでおしゃれなデザインにしたいのか、シンプルなデザインでいいので費用は押さえたいのかなど、オーナー様によって優先順位は異なるでしょう。

優先順位を伝えず相談してしまうと、思っていたのと違うプランが届き、何度も電話やメールのやり取りが発生してしまいます。
そのため、土地活用をするにあたっての優先順位を伝えておくことで、見積もってもらえるプランがかなり現実的なものになります。

また合わせて、土地活用をした目的も伝えておくようにしましょう。
節税目的なのか老後の資産形成を目的としているのかなどによって、建てるアパートの構造やデザインも異なってきます。
そのため、相談する際には土地活用をしようと考えている背景や目的も合わせて伝えておくことが大切です。

希望の連絡方法を伝えておく

仕事中に電話がかかってきたり、個人のメールアドレスにメールが来たりして、都合の悪いタイミングで連絡が来て、面倒なことがあるかもしれません。
土地活用の相談をする際には、あらかじめ先方に電話なのかメールなのか、どの手段で連絡してほしいのか伝えるようにしましょう。

通常、多くの相談先は、相談の過程で電話やメールで状況確認をしてきます。この状況確認は何も悪いわけではなく、正確な調査をするために必要なヒアリングが目的です。

ただ、そのヒアリングに対応する必要がある分、時間が取られてしまうことも事実です。
そのため、電話対応が嫌な方はメールでの連絡依頼をしておき、メールが何度も届くのが嫌な方は、電話で連絡してもらう旨を伝えておくことで、自分の都合の良いコミュニケーションを取ることができます。

専門家に相談してセカンドオピニオンをもらおう

ハウスメーカーや工務店に相談したはいいものの、「相談した内容が正確かわからない」「本当に相談した内容通りになるのかわからない」と不安に思う方も多くいらっしゃいます。
相談した内容に不安や疑問点がある場合は、専門家にセカンドオピニオンをもらうという手もあります。

ここでは、セカンドオピニオンをもらえる専門家や相談先を紹介します。

相談内容 相談先
土地活用方法の検討・融資に関する相談 金融機関
資金計画に関する相談 ファイナンシャルプランナー
節税・税金対策に関する相談 税理士

 

金融機関

信託銀行などの金融機関は、土地運用・管理、あるいは処分など、土地開発に関わるコンサルティングを行っています。
信託銀行は第三者的立場から、その土地の有効活用方法について調査し、どんな土地活用方法がいいのかを一緒に考えてくれます。
もしあなたが土地活用をしようと思った場合、信託銀行から土地活用関連企業を紹介してもらうことも可能です。

また、銀行に相談することで、実際に土地活用を始める際にそのまま融資の相談までしやすいというメリットもあります。
そのため、始めて相談する相談先としておすすめです。

ファイナンシャルプランナー

すでに相談した土地活用プランの内容を基に、そのプランが現実的なのかどうか相談することができます。

ハウスメーカーや工務店と資金計画を相談したとしても、その計画が現実的かどうかはわかりません。というのも、ハウスメーカー側は建物を建てることで収益が上がるため、できるだけ建築してもらおうと考えて場合もあるためです。

場合によっては、現実的でない資金計画をたてていることもあります。
そのため、一度ファイナンシャルプランナーに相談して資金計画を見てもらうことが大切です。

税理士

土地にかかる相続税や固定資産税の節税に興味がある人は、税理士に一度相談しておきましょう。
どんな土地活用をするとどの程度節税できるのか、今と比べてどのくらい税金が安くなるのかを確認することが可能です。

土地活用関連会社も多少の節税効果を試算してくれますが、節税条件を満たすための建築条件や活用条件の細かい部分は、税の専門家である税理士に相談して確認しなければわかりません。
土地活用を始めてから「節税できていない」という事態を防ぐためにも、一度税理士に相談しておくと安全でしょう。

また、得に節税対策を意識していない方でも税理士に相談しておけると安心です。土地活用をした結果税金はどのくらいに安くなるのか、もっと節税できる方法ないのか、といったことを相談することができます。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用は事前準備が大切!細かく相談しておいて損はなし

土地活用は、始める前の立地調査や資金計画立案など、事前準備が鍵を握ります。「とりあえず土地を相続したからアパートを建てよう」「営業かけられて良さそうだったので、賃貸経営をしよう」と事前準備がままならない状態で始めた結果、赤字経営になってしまったという事例も多くあります。

そのため、土地活用を始める前には、必ず専門家やプロに相談してきちんと事前調査をしておくことが大切です。いきなり相談に行くのが不安な方は、インターネット上で相談できる「土地活用比較サイト」を活用することがおすすめです。

初めて土地活用をしようと考えている方や活用方法を決めかねているあなた。一度土地活用比較サイトを利用してみて自分の土地に合った土地活用方法を知るところから始めてみてはいかがでしょうか?

初心者でもわかる!
記事のおさらい
土地活用の相談はどこにすればいい?
ハウスメーカーや工務店、不動産会社、デベロッパーなど様々な相談先があります。持っている土地の立地や興味のある土地活用方法によって相談すべき相手は異なるので、詳しくはこちらで相談先を探してみてください。
相談先・パートナー選びのコツは?
土地活用プランだけでなく、担当者の愛想や態度もきちんと見ておきましょう。担当者と良い関係を築けない限り土地活用は成功しません。パートナー選びの段階では、見ておきたいポイントはこちらで詳しく解説しています。
相談の際には何を伝えればいい?
より正確に土地活用プランを見積もってもらうためには、相談時に伝えておくべき内容をきちんと伝えておく必要があります。詳しくはこちらで相談前に伝えておくべき3つのポイントを紹介しています。
【完全無料】最適な土地活用って?