土地活用の相談はどこにすればいい?自分に合った相談先が必ず見つかる!

土地を活用したいと思っても、「誰に相談すればいいのか分からない」「どうやって相談を進めればいいのかわからない」と頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか?

本記事では、土地活用の相談はどこにするべきなのか、土地活用について相談する前にどんな準備をしておくべきなのかを紹介します。

こんな悩みの人にピッタリ
  • 土地を活用したいが、どこに相談するのが良いのかが分からない人
  • 土地活用の相談の進め方を知りたい人
  • 土地活用の相談に行きたいが不安に感じている人

土地活用にはどんな方法があるのか知らない方は、まず活用方法を知ることから始めましょう。

土地活用はどこに相談すればいい?


土地活用をしたいときにどこに相談すればいいのかわからない方も多いでしょう。

ここでは、土地活用方法が決まっていない場合の相談先と、興味のある土地活用方法が決まっている場合の相談先をそれぞれ紹介していくので参考にしてみてください。

土地活用方法が決まっている場合の相談先

ここでは、土地活用を始めるにあたり、自分の土地に合った土地活用方法を知るためにおすすめの相談先を紹介します。
これから土地活用を始めようと検討している方は参考にしてみてください。

相談先 特徴 費用
ファイナンシャルプランナー 資金計画や収支に関しての相談ができる 有料(一部無料)
土地活用コンサルタント 土地に合った土地活用方法が何か相談ができる 有料
土地活用比較サイト さまざまな土地活用方法のプランや収支を相談できる 無料

1.1.1. ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、資産運用に関するプロです。
そのため、土地活用を始めるにあたってどのくらいの収益が見込めるのか受け取ったプランは現実的なのかどうかを相談することができます。

ハウスメーカーや工務店と資金計画を相談したとしても、その計画が現実的かどうかはわかりません。というのも、ハウスメーカー側は建物を建てることで収益が上がるため、できるだけ建築してもらおうと考えているためです。

場合によっては、現実的でない資金計画をたてていることもあるため、一度ファイナンシャルプランナーに相談して資金計画を見てもらうようにしましょう。

ファイナンシャルプランナーに相談すべき人

  • 土地活用を検討しており、収益や費用を第三者に見積もってほしい人
  • その土地で土地活用をするとどのくらい儲かるのか、ある程度目星をつけたい人

ファイナンシャルプランナーは、収益や費用などから、収支額に関する相談をすることができます。
土地活用を考えているけれどお金周りの悩みがある、という人はぜひ一度ファイナンシャルプランナーに収支計画の相談をしてみましょう。

ファイナンシャルプランナーへの相談方法

ここでは、ファイナンシャルプランナーに相談する方法を紹介します。
ファイナンシャルプランナーへの相談は、知人や家族経由の相談が多く、不動産会社にいるファインシャルプランナーを紹介してもらったり、知人経由で紹介してもらったりなどさまざまな方法があります。

ただ、もしどこにも相談する当てがないという方は、日本FP協会のホームページから相談してみてもよいでしょう。
日本FP協会のホームページでは、「CFP®認定者検索システム」というページから不動産活用に関して知見のあるプロに相談することができます。

費用は1時間当たり数千円~3万円ほどであり、担当者の実績や対応範囲によって異なります。

また、同サイトの別のページでは無料相談を受け付けているところもあります。
ただ、無料相談の場合はそれほど詳しい収益や費用の話はできないので、軽く相談したい人だとおすすめです。

1.1.2. 土地活用コンサルタント

土地活用コンサルタントは、土地活用に関する専門家であり、資金や収益、税金、法務、マーケティングといった幅広い視点から土地活用に関するアドバイスをしてくれます。

具体的には、土地周辺に住んでいる人の構成、割合や立地条件、土地の特徴など、土地に関する情報など、土地に関する市場調査を入念に行い、その後豊富なデータや実績をもとに、「その土地に合った土地活用方法」を提案してくれます。

その際、実例や収益例も一緒に紹介してくれることもあるため、より精度の高い土地活用プランを確認することができます。

土地活用コンサルタントへの相談方法

土地活用コンサルタントは、コンサルティング会社や不動産会社にいる場合が多いです。
土地活用を専門に行うコンサルティング会社だと、社員の多くが土地活用コンサルタントの資格を取っている人なので、より専門的なアドバイスを受けることができます。

ただ、プロの専門家に相談する分、費用はかかってしまいます。
1時間1万円ほどが相場であり、決して安い金額ではありません。有意義に相談の時間を使うためにも、ある程度土地活用をすることは前提で話を進めるとよいでしょう。

土地活用コンサルタントに相談すべき人

  • 幅広い土地活用方法に興味がある人
  • 自分に合った土地活用方法を知りたい人
  • 土地活用を本格的に検討している人

土地活用コンサルタントに相談する際には、少なからず費用が発生します。
そのため、前向きに土地活用を検討している人にお勧めです。

「土地活用をしようか迷っている」という方は、まずファイナンシャルプランナーや土地活用比較サイトで相談して、土地活用の目星をつけておく方がよりよいでしょう。

土地活用コンサルタントは、土地活用コンサルティング会社や不動産会社などにいることが多いです。

ただ、相談するために費用がかかったり、土地活用を始めることを前提に相談してくれたりするケースが多いので、「土地活用を前向きに考えていて、しっかり相談したい」という方におすすめの相談先です。

1.1.3. 土地活用プラン比較サイト

土地活用プラン比較サイトは、さまざまな土地活用関連企業にまとめて相談できるサービスです。

一度個人情報を入力するだけで興味のある企業複数社にまとめて相談することができ、選んだ企業から、その土地おすすめの土地活用プランや収益、費用などの資金計画、そしてその土地の市場調査結果が届きます。

そのため、これから土地活用をしようと考えている人がまず予算感やプランの概要をつかむために利用されることが多くなっています。

また、土地活用比較サイトでは、アパート経営や戸建て賃貸経営といった住宅建築の土地活用から、駐車場経営、コインランドリー経営といったさまざまな土地活用方法までまとめて相談することができます。
したがって、土地活用をしたいけれど、どの方法がいいか迷っている」という方にちょうどよいサービスです。

なお、土地活用プラン比較サイトは無料で利用できます。着工契約を結ぶまで費用は掛からないので、安心して土地活用の相談をすることができます。

土地活用比較サイトの相談方法

土地活用比較サイトへの相談はインターネット上で、かつ無料で完結します。

「無料診断スタート」リンク先のフォームから、下記質問内容を答えていくことで、まとめて相談できる相談先を選ぶことができます。

質問項目 質問内容
土地の有無 土地のあり/なし
建設予定地 土地活用を始める予定の土地
敷地面積 保有する土地の面積
物件種別 興味のある土地活用方法
賃貸経営の理由 土地活用に興味を持った理由
各種個人情報 名前、電話番号、メールアドレスなど

上記質問を答え終えたら、次に興味のある企業を選んであとは連絡を待ちます。

選んだ企業から連絡が届くと、土地に関するヒアリングを受けます。
そしてヒアリングを受け終わり、数週間ほど待つと、土地に関する調査結果と土地活用プランが届きます。

土地活用プラン比較サイトで相談すべき人

  • 幅広い土地活用方法に興味がある人
  • 自分に合った土地活用方法を知りたい人
  • 土地活用についての情報収集をし始めたばかりの人

土地活用プラン比較サイトは、さまざまな土地活用方法の中から自分に合ったものを選ぶことができます。

そのため、まだ本格的に土地活用に関する情報収集をしておらず、「どの活用方法がいいかわかっていない」という方におすすめの相談先です。

おすすめの土地活用プラン比較サイトはイエカレ

イエウール編集部がおすすめする土地活用プラン比較サイトはイエカレです。

イエカレは、イクス株式会社が運営する日本最大級の土地活用プラン比較サイトであり、対応企業数も多く、最大8社まで選んでまとめて相談することができます。

また、専用の電話対応窓口もあり、土地活用プランが届いてから断りづらい場合には、その窓口に電話をすることで代わりにキャンセルの連絡をしてくれます。

初めて土地活用をする人でも使いやすいサービスなので、土地活用をしようと考えている初心者の方は一度利用してみることがおすすめです。

土地活用方法が決まっていない場合の相談先


ここでは、土地活用方法が決まっている場合の相談先を紹介します。
土地活用の種類ごとの相談先を下の表にまとめているので、参考にしてみてください。

ハウスメーカー 不動産会社 ゼネコン 工務店 専門業者
アパート経営/td>

マンション経営
戸建賃貸経営
賃貸併用住宅経営
駐車場経営
トランクルーム経営
コインランドリー経営
高齢者施設
太陽光発電
売却

1.2.1. 賃貸アパート経営

賃貸アパート経営を行いたい人は、アパート建築を主軸としているハウスメーカーに相談してみると良いでしょう。
その他にも大規模な建築物を主軸としているゼネコンや注文住宅建造を主軸にしている工務店に相談してみるのもおすすめです。

費用を抑えたい場合はハウスメーカーに、大規模アパートを建築したい場合はゼネコンに、オリジナルのおしゃれな物件を建築したい場合は工務店に相談するようにしましょう。

1.2.2. 賃貸マンション経営

賃貸マンション経営を行いたい人は、鉄筋コンクリートのマンションやビルといった大規模な建築を主軸にしているゼネコンに相談してみるのがおすすめです。
ただ、初めて土地活用をされる方が直接ゼネコンに相談するのは現実的に厳しいことが多いので、不動産会社経由で紹介してもらうのがおすすめです。

また、小規模なマンションであれば、アパート建築を主軸にしているハウスメーカーや、注文住宅建造を主軸にしている工務店に相談してみるのも良いでしょう。

1.2.3. 戸建賃貸経営

一戸建ての家を貸し出して経営する戸建賃貸経営をしたい場合は、ハウスメーカーや工務店に相談するのがおすすめです。

どんな一戸建てを建築するべきか、どうやって集客すればいいのかなど、一戸建て賃貸経営に関するさまざまな質問ができます。
もし、今後自分がその家に住むことも考えている場合は、そのことも相談しておくようにしましょう。

賃貸併用住宅経営

戸建一軒家やアパートに自分が住み、一部を第三者に貸し出す賃貸併用住宅経営を考えている場合は、ハウスメーカーや工務店に相談しましょう。
どんな建物を建てるべきか、自分が住む部屋はどのくらいの広さにしたいのか、といった相談をすることができます。

1.2.4. 駐車場経営

駐車場経営を行いたい人は、駐車場経営の専門会社に相談してみると良いでしょう。
全国チェーンの駐車場会社や、近くのコインパーキング経営会社のホームページを確認すると、随時駐車場オーナーを募集しているので、そこから相談の申し込みができます。

駐車場経営に関する専門会社に相談することで、駐車場経営の進め方やおすすめの立地、料金設定など、詳しい話を聞くことができます。
もちろん、駐車場経営を通じてどのくらいの収益がでそうか、駐車場経営プランを確認することも可能です。

駐車場経営について詳しく知っておきたい方は以下の記事にまとめているので参考にしてみてください。

1.2.5. トランクルーム経営

トランクルーム経営を行いたい人は、トランクルーム経営関連の専門会社に相談するのが良いでしょう。
トランクルームチェーンを展開している会社だと、ホームページにオーナー募集の案内が記載されています。

トランクルームだと、駅から遠くても問題ありませんし、初期費用も少額。賃貸経営のような「日当たりが悪い」という理由で、収益に影響を受けることもありません。
利回りも良く、別の投資プランに変更しやすいこともメリットです。

1.2.6. コインランドリー経営

コインランドリー経営に興味がある場合は、コインランドリー経営関連の専門会社に相談するようにしましょう。
コインランドリーを展開しているチェーン会社などのホームページから、オーナー募集の申し込みをすることが可能です。

コインランドリー経営はほかの土地活用方法と異なり、必要機材や初期設備など、特殊な準備が必要になることもあるため、専門的な知見を持っている専門会社に相談することがおすすめです。

1.2.7. 高齢者施設経営

高齢者施設を建てたいと考えている人は、ゼネコンか介護事業者に相談するのが良いでしょう。
自分で高齢者施設を経営する場合は、老人ホームやサ高住の建設に強いゼネコンに相談して、施設の建築だけお願いしてみると良いでしょう。

自分で経営するつもりはなく、土地だけ貸して経営したいと考えている場合は、老人ホームやサ高住を展開している介護事業者に相談してみましょう。高齢者施設経営に関するノウハウをいろいろ聞くことが可能です。

1.2.8. 太陽光発電

太陽光発電に興味がある人は、太陽光発電に関する専門会社に相談するのが良いでしょう。
どのくらいの日が当たっていて、どの程度の電力が発電できそうかなど、具体的な収入を高い精度で見積もることが可能です。
太陽光発電設備を提供している会社のホームページに、オーナー募集の知らせが記載されていることが多いです。

自分で探すのが面倒な場合や、悪徳会社にひっかかるリスクを避けたい場合は、一括相談サイトでまとめて相談するのがおすすめです。
太陽光のナコウドというサイトでは、複数の太陽光発電専門店に一括で見積もり依頼することが可能です。
太陽光発電について詳しく知りたい方は、以下の記事にて解説していますのでご覧ください。

1.2.9. 売却

土地を売却する場合は不動産会社に相談します。売却価格の査定を出してもらい、その価格に納得すれば売却成立です。
土地を売却すると土地の保有権がなくなるので、土地にかかる固定資産税等の税金を支払う必要はありませんし、売却金で他の土地を買って新しく土地活用を行うこともできます。

土地を持っているが、活用方法について悩んでいる場合は、売却するのも一つの手だと言えます。

1.2.10. 土地を貸して賃料収入を得たい場合

特に活用方法は決まっていないけど、土地を貸して賃料収入を得たい」と考えている方も中にはいらっしゃるでしょう。
ただ、そういった方はいきなり相談に行くのはおすすめできません
というのも、何も決まっていない場合はどれもが魅力的に思えてしまい、場合によっては高い初期費用や契約料を払って土地活用を始めてしまうことにもつながりません。

そのため、特に何も決まっていない場合は、以下のような点を整理したうえで、「これは嫌だ」という土地活用方法を明確にすることから始めましょう。

  • 今後その土地の売却を考えているか
  • いつでも自分の手元に戻せる状態にしておきたいか、ずっと貸し出して放置しておいてもよいか
  • どの程度の初期費用なら払えるか
  • その土地の上に建物が建設されても問題ないか

例えば、2つめに関して「いつでも自分の手元に戻せる状態にしたい」と考えている場合は、アパート経営やマンション経営といった土地活用方法は向いていないでしょう。
また、4つめで「その土地の上に建物が建ってほしくない」と考えているような場合だと、駐車場経営が向いています。

これらの点をあらかじめ整理しておくことで、相談先の会社でもスムーズに話を進めることが可能です。
この際、イエカレのような一括相談サービスを活用して自分に合った土地活用方法を絞るのがおすすめです。

土地活用を相談する流れ


土地活用の相談に行こうと思っても、どうやって進むのかわからない状態でいくのは不安ですよね。
ここでは、土地活用に関する相談はどうやって進むのか、相談の流れを紹介します。

STEP やること 目安期間
1 相談先を決める 0日~1週間
2 必要書類を用意する 1週間
3 相談開始・市場調査が始まる 2週間~1か月
4 プランの提案を受ける 約1~2週間
5 契約
6 準備開始

【STEP1】相談先を決める

まずはどこに相談に行くのかを決めましょう。どんな土地活用をしたいのか、何を目的として土地活用をしようと考えているのかによって相談に行くべき場所は異なります

【STEP2】必要種類を用意する

どこに相談するかが決まったら、次は相談をスムーズに進めるうえで必要な書類や資料を用意します。

ここでは、「自分の土地はどんな土地なのか」を示す書類を用意し、相談の際に提示できるようにします。
以下のような書類を用意できていると良いでしょう。

  • 登録事項証明書
  • 登記済権利証または登記識別情報
  • 固定資産税納付書
  • 身分証明書

【STEP3】相談開始・市場調査が始まる

相談が始まったら、次は相談先の会社が2週間~1か月ほどかけて、周辺地域の市場調査をしてくれます。

持っている土地はどんな土地なのか、どういった建築物なら建てられそうか、周辺地域にどんな人が住んでいてどういった需要がありそうかといったことを一通り調査してまとめてくれます。

【STEP4】プランの提案を受ける

一通り市場調査が終わったら、相談先の会社から土地活用プランの提案を受けます。
この土地活用プランには、「どんな土地活用をするのがよいか」「どれくらいの収益が見込めそうか」「初期費用はどのくらいかかるか」といった内容が盛り込まれています。

現実的なプランかどうか、都合の良いプランになっていないかなどを確認しつつ、その土地活用プランで始めるかどうかを判断します。
ここで提案されたプランが不安な場合は、ファイナンシャルプランナーや税理士などに確認してみるのも良いでしょう。

【STEP5】契約

土地活用プランが決まったら、次はその相談先の会社や施工業者、管理会社などと契約を結びます。
ここで契約を結んだ会社は、これから土地活用を一緒に進めていくパートナーになります。気になる点や不安な点があれば、ここで解消しておくようにしましょう。

【STEP6】準備開始

契約を結んだら、次に建物の建築や設備の設置などの工事が始まり、土地活用を始めるための準備が始まります。
準備が始まってからは、パートナー会社と集客や料金設定に関する相談を進めていきます。

土地活用を相談する際の注意点

初めての土地活用でも、安心して相談するためには注意しておきたいポイントがあります。
実際に相談に行く前に、ここで紹介した3つのポイントを押さえておきましょう。

丸腰で相談に行かないようにする

「何もわからないからとりあえず相談にいこう」と丸腰で相談に行くのはNGです。
最低限自分の土地について把握してからでないと、相手もどんな土地活用方法を提案すればいいかわかりません。

また、土地の特徴について把握しない相談相手が、自分の土地には合っていない土地活用を提案してしまうリスクにもつながります。
そのため、土地活用の相談に行く前に、どこにある土地なのか、どの程度の広さなのか、どういった性質・特徴・区分の土地なのかは最低限把握しておくようにしましょう。

相談する会社の実績や評判を確認する

土地活用の相談に行く際には、その相談先の実績や評判を確認するようにしましょう。
対応が良かったり調査が綿密だったりするからと言って、土地活用が成功するとは限りません。やはり大事なのは実績です。

これまでどんな実績があるのかをチェックし、机上の空論でプランを出していないかを確認する必要があります。
また、相談先の会社の評判も確認するようにしましょう。

最初の相談の時は対応がよかったけれど、実際に契約したら全然連絡が取れず相談しづらくなったなんてケースもしばしばあります。
そのため、口コミサイトやSNSを確認して、相談する会社の評判を確認しておきましょう。

複数社に相談しておく

初めて土地活用をする方は、複数社に相談するようにしましょう。というのも、1社にしか相談していない場合だと、そのプランが妥当なものかどうか判断できないためです。

ハウスメーカーは家を建てることで売上を上げ、コインランドリー業者はコインランドリーを作るとその分収益が出ます。
そのため、相談先によっては「何とかして契約をとろう」と現実味のない提案をしてくることもあるのです。

適正なプランや現実的な収益を判断するためには、複数社に相談してプランを比較することが大切です。
手軽に複数社のプランを比較できるうえでおすすめなのが「土地活用比較サイト」です。

一度個人情報を入力するだけで、複数社の会社にまとめて相談する事ができ、複数のプランを比較することが可能です。もちろん無料で利用することができるので、効率よく進めるうえで利用しない手はないでしょう。

土地活用を始める前には念入りに相談しておこう

実際に土地活用を始める前に、きちんと相談すべき会社に相談しておくようにしましょう。

実際に土地活用を始めてから「思っていたのと全然違う」「実際は全然収益が見込めない」「赤字経営になった」といった例も多くあります。

こういった事態を未然に防ぐには、できる限りのリスク対策を最初のうちからしておくことが重要です。

どんなリスクがあるのか、どこにリスクが眠っているのかを把握するためにも、豊富な実績と前例をもった専門家に相談しておくようにしましょう。

土地活用会社にまとめて相談するならイエカレ

「複数社に問い合わせるのが面倒」「数多くの選択肢の中から、自分に合ったものを効率よく選びたい」という方は、1度個人情報を入力するだけでまとめて土地活用プランを比較することができるイエカレがおすすめです。

プランを一括請求し、その中から自分に合ったものを選ぶことで、スムーズかつ効率的に土地活用を始めることができるため、時間のない方やできるだけ早く土地活用を始めたい方にはおすすめの方法です。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】最適な土地活用って?