「こんな空き地でも使える..?」使いづらい空き地の活用方法10選

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

空き地の活用を考えたものの、売れなかった土地をどう活用しよう…
活用方法はどうやって決めたらいい…と思われている方もいらっしゃるでしょう。

空き地の活用方法には、様々な種類があります。活用方法を決める際には、土地の特徴や活用の収益性などを把握して、活用の目的に沿った活用方法を選ぶことが重要です。

ここでは、空き地活用を考えたらしておきたいことを踏まえて、土地に合う収益性の高い空き地活用の方法と、空き地活用の前に知っておきたい土地の特徴をご説明します。

空き地活用を考えている方へ
  • 空き地活用は複数のプランや会社を比較して自分にあった会社を見つける!
  • 空き地の活用方法は土地の特徴に合った活用方法を選ぶことが大切!
  • 空き地の活用前には土地の特徴を確認!

なお、土地活用をお考えの方は、以下の記事もおすすめです。

空き地は活用すべき?空き地を放置するデメリット

空き地

「空き地を相続したけれど使い方がわからない」という方も多いのではないでしょうか。
空き地は、持っているだけでは費用や手間がかかるばかりです。

ここでは、空き地を活用せず放置したままにしておくデメリットを紹介します。

税金がかかる

空き地は持っているだけで毎年固定資産税がかかります。
固定資産税は土地を持っている限りかかってくる税金であり、4月~6月に届く納税通知書を見て固定資産税を思い出すという方も多いのではないでしょうか。

固定資産税は固定資産税評価額×税率で計算することができ、固定資産税評価額は地価公示価格の70%程度が基準になります。
空き地を持っているだけだと、毎年この固定資産税がかかってきます。

そのため、持っているだけで放置していると、毎年税金支出が垂れ流しになってしまいます。

管理の手間がかかる

「空き地は放置しておけばいい」という方もいらっしゃいますが、多少の管理の手間はかける必要があります。
というのも、自転車や家電機器などの粗大ごみが放置されたり、雑草や草木が生い茂ったりなど、どんどん土地が荒れていってしまうためです。

土地が荒れないようにするためには、定期的な管理が必要です。
敷地を清掃する手間をかけたり、場合によっては費用をかけて清掃・整備をしたりする必要があり、その分の手間や費用がかかってしまいます。
空き地は放置しておけばよいというわけではなく、管理する必要があり、そのための手間がかかってしまうのです。

近所トラブルが発生する可能性がある

空き地を放置していると、ごみが捨てられて近隣住民の迷惑になったり、場合によってはその空き地が勝手に使われたりなど、近隣住民とのトラブルを引き起こす恐れがあります。

近隣住民とのトラブルが発生し、自分に非があると認められた場合は、損害賠償費用を請求されることもあります
空き地を放置し続けるということは、常にこういうリスクと隣り合わせになっているのです。

田舎の空き地活用方法

様々にある空き地の活用方法から、収益性の高い空き地活用方法をベースに田舎の空き地を活用する方法をご紹介します。

空き地活用の前に活用する目的を決めて、どの活用方法であれば高い収益性を保てるか検討していきましょう。

初期費用が結構かかってきても大幅に収益性を高めたい方には、高齢者施設や太陽光発電をおすすめします。
理由としては、人の生活にかかわる住まいや電気の需要はなくならないためです。

ここでは、田舎の空き地を有効活用したい方は、以下の記事をご確認ください。

太陽光発電

空き地に太陽光発電システムであるソーラーパネルを設置して、電気を売る対価である売電収入を得る方法です。

基本的に土地活用方法は誰かに利用してもらうなど集客が必要ですが、太陽光発電は日当たりさえよければどのような土地でも活用でき、山林や農地など活用しにくい土地でも収益を得られます

ただ、太陽光発電システムであるソーラーパネルが高額なケースもあり、初期費用が結構かかってくるかもしれない点には注意が必要です。地域によっては電気が余っており、そこまで収益性はよくないかもしれませんが、安定して収益を得られるでしょう。

初期費用としてソーラーパネルに800万円かけて、月5万円の売電収入を得る場合、収益は以下のように計算します。


年間の収益:5万 × 12カ月 = 60万円
利回り:60万 / 800万 = 7.5%


また、太陽光発電は経済産業省の定める固定価格取引制度(FIT制度)を適用することで、一定価格の電力を一定期間(20年間)買い取ってもらえます。
長期間にわたり安定した収益を得られる点から、トータルで収益性は高いと言えるでしょう。

メリット

  • 非常に安定して収益を得る
  • 山林や農地など活用しにくい土地でも活用できる

太陽光発電は、広大な日当たりの良い土地に向いているため、都心で高い建物が立ち並ぶ場所よりも田舎の方が向いています。田舎の土地であれば、1度は検討しておきたい活用方法です。

デメリット

  • 初期費用が高い
  • 天候や立地条件によって収益が左右される
初期費用が高いことや、日当たりの良い場所でないと収益が出にくいため、天候や立地条件によって収益が左右されることなどがあげられます。

向いている土地

  • 山林や農地など日当たりの良い土地
  • 広大な土地
  • 使い道のない田舎の土地

高齢者施設

田舎に広い空き地を持っている場合は、サービス付き高齢者向け住宅や介護施設、老人ホームなどの高齢者施設を経営するのがおすすめです。
空き地に高齢者向け施設を建てて入居者を募り、収益を得ることができます。入居時の一時金と月額料が収益となるため、アパート経営やマンション経営などと同じような運用方法となります。

また、施設自体を利用する人が多いため周りにコンビニがないスーパーがといった立地条件の悪い土地であっても十分経営できるでしょう。
高齢者住宅は、大規模な建物を1度建ててしまうと、他の土地活用方法に移ることが難しくなったり、土地が不要になったりしたとき、なかなか譲渡先が見つからないケースもあります。

アパート経営と同じように、1室10万円で全20室の施設を1億5,000万円かけて建てた場合、稼働率80%とした際の収益と利回りは以下のようになります。


年間の収益:10万円 × 20室 × 12カ月 × 80% = 1,920万円
実質利回り:10万円 × 20室 × 12カ月 × 80% / 1.5億円 = 12.8%


これに、一時金を含めて、固定資産税や働く人の人件費や施設管理費などを差し引くと、さらに具体的な数字となるでしょう。

メリット

  • 田舎で立地が悪くても経営できる
  • 賃貸住宅よりも収益性が高い
利用者と保険会社が高額な利用料金を支払ってくれるため、賃貸住宅よりも収益性が高いことがあげられます。

デメリット

  • 投資コストは大きい
  • 転用性が低いこと
高齢者施設を経営していくには、大規模な施設を作る必要があるため、投資コストは大きいものでしょう。
長期的視点に立てば収益は高く元は取れますが、初期コストが高いためなかなか手を出しづらいことが難点です。

また他のデメリットとしては、転用性が低いこともあげられます。

向いている土地

  • 田舎の広い土地
  • 建築制限があり低い建物しか建てられない土地

戸建て賃貸経営

戸建て賃貸は、足音や子どもの声など騒音を原因としたご近所問題によりを背景に、近年はファミリー層から非常に需要が高まっています。
都心部だと家賃を高く設定しないと収益が合わないため、田舎や地方の空き地で始めることで、ある程度採算の合う賃貸経営ができます。

戸建賃貸経営は、アパートやマンションの建築と比較して、建築費を抑えることができる上に、売却しようと思った際には売れやすくもあります
活用して収入を得るだけでなく、売却で手放すことを考えると非常に活用しやすいものでしょう。

メリット

  • 高い賃料を期待できる
  • 節税効果が高い
  • 売却しやすい

都心であれば需要はなくならないため、安定して収入を得られるでしょう。また、節税をしつつ収益を得るならたい方には、この活用方法が1番お得かもしれません。

デメリット

  • 立地を間違えると借主が見つかりにくい
  • 賃料の設定が難しい

需要が高まっているとは言えど、戸建て賃貸物件はまだ少ないため、賃料の設定が難しい点が考えられます。また、エリアによっては全く借り手がつかないこともあるため注意が必要です。

向いている土地

  • 駅から遠くても周辺環境の良い土地
  • 利便性が悪すぎない土地
  • 駐車場を併設できるほどスペースに余裕のある土地

貸農園

放置している空き地を、農地として誰かに貸して収益を得る方法です。

そもそも放置している空き地が農地で、遊休地や耕作放棄地になっているのであれば、積極的な検討をおすすめします。
アパートやマンション、コインランドリーの施設などを建てての活用もありますが、農地は建物を建てるために農地転用をしなければならず、農地転用するためには農業委員会などに農地を転用していいか許可が必要です。場合によっては、許可が下りない可能性もあります。

その手間を考えると、農地転用して空き地活用をするよりは、農地のまま誰かに貸して収益を得た方が収益は見込めます。

または、いちご農園やりんご農園などとして、観光客向けの農園としてもよいかもしれません。出荷して収入を得つつ、観光客にも利用してもらうことで収益性を高められるでしょう。

メリット

  • 農地でも活用できる
  • 貸すだけで活用しやすい

田舎の農地で転用が難しく、他の活用ができない場合でも、貸し農園であれば活用はしやすいでしょう。

デメリット

  • 収益性は低い
  • 他の活用は難しい

基本的に農地は活用が難しく、転用が難しい点には注意しておきましょう。

向いている土地

  • 田舎の農地
  • 制限のかけられた土地

空き地にどんな制限があるのか、どんな土地活用方法があるのかを自分で調べるのは大変です。
役所へ問い合わせたり、専門家に問い合わせりなど、時間や工数がかかってしまいます。

効率よく空き地の制限や活用方法を知りたい方は、土地活用比較サイトで相談することがおすすめです。
土地活用比較サイトで相談することで、どんな土地活用方法をするのかがわかるだけでなく、土地活用をした場合の収益や費用も見積もることができるので、どの土地活用方法にすべきかも同時に考えることができます。

利用は以下のバナーから無料ででき、相談したからと言って必ず土地活用を始めなければいけないわけではありません。
空き地を活用したいと考えている方は、利用してみるとよいでしょう。

狭小地・傾斜地など使いづらい空き地の活用方法

せっかく空き地を持っているが、土地が極度に狭かったり傾斜地にある土地であったりして、活用しづらい場合もあるでしょう。
ここでは、そんな使いづらい空き地でも活用できる方法を紹介します。

駐車場経営

駐車場経営には月極駐車場とコインパーキングがあり、都心に近くても需要のなくならない土地活用方法です。空き地の状態などに左右されず、建設制限などがあっても活用しやすいでしょう。

収益性はかなり高いとまではいきませんが、都心などで大型店舗や駅周辺であれば需要は高く、田舎でも場所を選べば需要はあります。

初期費用は低額で済み、空き地の広さや形にとらわれず、車2台以上を止められるスペースさえあれば始められるため、どうにも活用が難しい土地であれば考えてみても良いでしょう。

メリット

  • 大掛かりな初期投資が不要
  • 土地の状態や制限に左右されにくい
駐車場としての機能を果たす簡単な設備を設置するだけでいいので、すぐに経営を始めたい人向けです。

デメリット

  • 税制上の優遇処置がほとんどない
  • 競合が現れやすい
ただ設備を整えるだけなので、建物を土地に立てることで得られる税制上の優遇処置がほとんどないことが挙げられます。

向いている土地

  • 狭くて不整形な空き地
  • 建設の難しい土地
駐車場経営について知りたいという方は以下の記事に詳しく解説してあります。

トランクルーム経営

トランクルーム経営とは、つまり物置用のコンテナや部屋などを用意して貸し出す方法です。

近年、単身者が増えたことからトランクルームの需要は高まっています。そのため、借り手を見つけるのにはさほど苦労しないでしょう。

空き地に建物を建ててセキュリティを固くしたトランクルームや、更地にコンテナを置いただけの簡素なトランクルームなど、様々なトランクルームがあります。

土地の広さや形にとらわれることなく、コンテナを設置すれば始められるため、どんな空き地でも始めやすい活用方法です。

なお収入に関しては、スポットや月極で貸すことができ、幅広い収入形態が考えられるでしょう。
ここでは、5000万円かけて40室あるトランクルーム設備を建て、1室を月5,000円で貸し出して稼働率80%とします。その際には、収入や利回りは以下のように計算できるでしょう。


年間の収益:5,000円 × 40室 × 12カ月 × 80% = 192万円
利回り:192万 / 5000万 = 3.84%


どのような空き地にどのくらいの室数で建てて、いくら貸すかで変動しますし、ここから固定資産税なども惹かれますので、一つの参考と考えておきましょう。

メリット

  • 初期費用が安い
  • 手間もかからない
コンテナの設置数にもよりますが、比較的初期費用が安いこと。コンテナの構造が簡単で、頑丈にできているため管理費も安く、手間もかからないこと。などがあげられます。
(1台コンテナを設置するのに必要な費用は大体80~100万円ですので、事務関連費、看板代なども含めて全体的に300~600万円程です。)

デメリット

  • サービスの認知度が低い
  • 借り手がつくまでの期間が長い
  • 担保価値がない
  • 税制優遇措置がない
サービスの認知度が低いことやマンション・アパートのような広告サイトが存在しないことから、借り手がつくまでの期間が長いことがあげられます。

その他に担保価値がないため、トランクルームを担保に融資を得ることができないこと、住宅ではないため、税制優遇措置がないことなどがあげられます。

向いている土地

  • ちょっとした狭い土地
  • どの活用も難しい土地

コインランドリー経営

コインランドリー経営は、建物を建てて洗濯用機械であるコインランドリーを設置し、利用される度に収益の発生する活用方法です。

土地の広さや構造にかかわらず、最低限の設備や機器を設置すればよいため、土地の条件をそれほど気にすることなく始めることができます。

コインランドリー経営は、特に住宅地の近くにある土地だと需要が高いでしょう。また、都心でタワーマンションの立ち並ぶ土地は、ベランダなどに洗濯物を干せないため、需要があると考えられます。

メリット

  • 人件費が全くかからない
  • 近隣住民など固定利用客がつきやすい
  • ランニングコストがかからないこと
特に、空き地活用にあまり時間を取られたくない人におすすめの活用方法です。

デメリット

  • 数千万の初期費用が必要
  • 高い収入は見込めない
  • 他店との差別化が難しい
機械を揃えるために数千万の初期費用が必要であること。賃貸マンションアパート経営のように、高い収入を得ることはできない。周りに住宅が多い、駅に近いなど立地条件に左右されるので他店との差別化が難しいことがあげられます。

向いている土地

  • 住宅地やタワーマンションの立ち並ぶ土地
  • コインランドリーの見当たらない土地

規制がある空き地の活用方法

建てられる建物の種類や上限建ぺい率など、土地によっては規制が敷かれているところもあります。
ここでは、規制のある土地でもできる空き地の活用方法を紹介します。

規制内容や条件によっては、ここで挙げたもの以外もできる可能性があるので、詳しくは空き地を活用する前に確認したい規制・制限を参考にしてみてください。

資材置き場

資材置き場は、工場用の資材や部品を置くようの土地としてただ土地を貸すだけのため、土地の制限や規制に引っかかることはほとんどありません。

初期費用もかからず面積や立地など土地の特徴に左右されないで収益を得られるでしょう。
貸す相手は、山林や農地で事業を行う事業者や、企業の工場などです。長期間にわたって利用してもらえる可能性が高く、年間を通しての収益は高くなくても長期的に見ると結構な額となります。

メリット

  • 土地の特徴に左右されない
  • 売却など柔軟に対応できる
  • 転用性が高い
他にも貸している間に次の活用方法を考えることができる、売却など柔軟に対応できる等、転用性が高いことがあげられます。

デメリット

  • 高い収益を見込めない
  • 一切の税負担の軽減措置が受けられない
長期的な収益を見込めるが、あまり高い収益を見込めないこと、資材をおく場所を求める人の数が限られていることがあげられます。

また一番気を付けたい節税において、一切の税負担の軽減措置が受けられないことがあげられます。

向いている土地

  • 活用の難しい土地
  • 立地が悪かったり制限が多かったりなど、使い勝手の悪い土地
  • 山林や農地、工場などに近い土地

事業用の土地として貸す

「事業用定期借地権」で事業用の土地として、店舗や企業に土地を貸す方法もあります。契約期間は10~50年で設定して、借地契約を結んで収入を得る方法です。
建てられる建物の制限や規制が多くても、条件を満たす事業者に貸し出すことができます。

工場用の土地であれば工場事業主に貸したり、商業施設の建築ができる土地であれば、商業施設の建築事業主に貸し出したりするとよいでしょう。

メリット

  • 長期契約のため安定した収入を得られる
  • 初期費用がかからない
  • 立地さえよければ借り手が見つかりやすい

土地をそのまま貸すだけですので、ただの空き地の方が都合が良い上に、事業用の定期借地契約であれば長期の安定した収入を得られます。

デメリット

  • 合致する借り手が見つかりにくい
  • 土地の所有権を失う可能性もある

立地や地形によっては全く需要がない場合もあります。周辺のニーズからずれていると借り手が見つかりづらく、企業側も借りたいと思わないので、ある程度条件の良い立地である必要があります。

向いている土地

  • 規制や制限が多く、使い勝手の悪い土地
  • 駅や繁華街、道路に近い土地

空き地を売却

空き地の活用は難しいと感じた場合には、売却を考えてみましょう。空き地を売却することで、まとまった収益を得ることも可能です。

売却する際には、いくらで売れるか大体の価格を把握して、土地活用をする際の収入と比較して判断すると良いかもしれません。

空き地がいくらで売れるか知りたい方には、不動産一括査定の利用がおすすめです。物件情報など簡単な情報の入力だけで価格がわかりますので、まずは利用してみると良いでしょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

空き地を活用する前に確認したい規制・制限

空き地活用を始める際には、空き地において有効な活用方法が何かを考える必要があります。

土地は法により制限をかけられていることが多く 建物を建てる活用を考えたものの、実は建物を建てられない土地もあるからです。
この土地にかけられた制限や種類は、登記簿謄本などを取り寄せて確認できます。

ここでは、空き地活用を始める前に確認しておきたい空き地の特徴をご紹介します。

特徴①:市街化調整区域による規制

市街化調整区域とは、市街化を抑制するべく住宅や商業施設など建物を建てることを法で規制している区域です。
農地や自然環境の保護を目的としており、活用がかなり制限されています。

インフラ整備がされていない故に土地の価格が安く、活用しにくいものです。また、建物を建てにくいように制限がかけられている点も活用の難しい要因でしょう。

市街化調整区域にある空き地の活用を考えたら、開発許可を得て活用をする、また農地であれば農地を転用する許可を受けるなど、様々な手続きが必要です。そのため、売却も難しい点にはご注意ください。

特徴②:用途地域による規制

用途地域は、土地計画法による地域地区のひとつで、建てられる建物など以下の制限がかかります。

  • 建物の種類
  • 建ぺい率
  • 容積率
  • 高さ制限
  • 前面道路の幅員
  • 道路斜線
  • 隣地斜線
  • 日影規制
用途地域は、大きく分けて「住居地域」「商業地域」「工業地域」の3種類に分かれ、細かく分けると13種類に分かれます。
下記では、それぞれの用途地域種別に合わせてどんな制限があるのかを解説します。

住居地域の規制とできる活用方法

低層住居専用 中高層住居専用 住居 田園住居
第1種 第2種 第1種 第2種 第1種 第2種 準住居
住居
公共施設 学校・病院・教習所以外 教習所以外 学校・病院・教習所以外
店舗 物品販売店舗など ×
飲食店など × 農業関連のみ
その他 × × ×
娯楽 ボウリング場など × × × × ×
カラオケ・パチンコなど ×
映画館・ナイトクラブなど × ×
キャバレーなど × × ×
ホテル・旅館 × × × × ×
事務所 × × × ×
工業 自家用倉庫 × × × 農業関連のみ
倉庫業倉庫 × × × × × ×
工場 × × × 農業関連のみ
危険物の貯蔵・処理 × × ×

商業地域の規制とできる活用方法

近隣商業 商業
住居
公共施設
店舗 物品販売店舗など
飲食店など
その他
娯楽 ボウリング場など
カラオケ・パチンコなど
映画館・ナイトクラブなど
キャバレーなど ×
ホテル・旅館
事務所
工業 自家用倉庫
倉庫業倉庫
工場
危険物の貯蔵・処理

工業地域の規制とできる活用方法

準工業 工業 工業専用
住居 ×
公共施設 学校・病院・老人ホーム以外
店舗 物品販売店舗など × ×
飲食店など × ×
その他
娯楽 ボウリング場など ×
カラオケ・パチンコなど カラオケのみ
映画館・ナイトクラブなど ×
キャバレーなど × ×
ホテル・旅館 × ×
事務所
工業 自家用倉庫
倉庫業倉庫
工場
危険物の貯蔵・処理

特徴③:農地法による規制

農地には、農地法で活用に制限がかけられています。そのため、農地以外の活用をする際には許可を得なければならず、また売却をする際には農家にしか売却できません。 それにより、活用も売却も難しく耕作放棄地や遊休地として放置されがちです。空き地の活用を考える際には、所有している土地が農地法で活用を制限されていないか確認しておきましょう。

特徴④:地形による制限

空き地の有効活用をしたいと考えるのであれば、地形など土地の特徴を把握しておきましょう。
例えば、アパートやマンションなどを建てて活用したいと考えていても、狭い土地や不整形地では難しいものです。土地に合わない活用方法をしてしまうと、ただ費用をかけただけで無駄になってしまう可能性もあります。
空き地の活用を考えたら、土地の地形など特徴に合う活用方法か注意しておくことをおすすめします。

地形から土地活用は可能か確認したい方は、不動産会社や土地活用会社に相談してみると良いでしょう。

空き地を活用するまでの流れ

空地を活用するまでの流れは以下のようなステップで進みます。
それぞれどんなことをするのかを解説していきます。


  1. 相談
  2. 市場調査
  3. プラン設計
  4. 契約
  5. 施工
  6. 引き渡し

相談

不動産会社やハウスメーカーなどに訪問して土地活用の相談を行います。スムーズに相談を進めたい方は、土地活用におけるある程度の要望や目的をあらかじめ決めておきましょう。

市場調査

土地活用の方向性が決まったら目的に沿って活用できるかを確認するため、不動産会社やハウスメーカーなどに依頼して、周辺情報の市場調査を行います。
空き地の状態によっては、希望する土地活用ができない場合もありますので、あらかじめ頭に入れておきましょう。

プラン設計

市場調査を行った後、実際にどの土地活用方法が適しているかなど具体的なプランを提案してもらえます。
この時点で、提案してもらったプランを実践した場合の収益や税効果がある程度分かるようになります。うまく運用していくことができるかを再確認しましょう。

契約

施工会社と契約を結びます。サポートが充実している、施工費用が妥当であるなど、納得のいく施工会社と契約を結びましょう。

施工

契約が完了したら、建物の建築が始まります。
賃貸経営の場合は完成後、すぐに収益を得られるよう早めに入居者を募集しておくと良いでしょう。

引き渡し

建物が完成したら、引き渡しを受けて建物管理へと移っていきます。
管理が面倒だという方は、管理会社に任せることもできますし、施工を依頼した会社が管理業を行っている場合もありますので、施工会社に依頼するのも良いでしょう。

空き地の活用を考えることが面倒だと感じている方は、記事を読み進める前に簡単な入力を済ませて、複数の土地活用の会社から空き地に合う活用方法を取り寄せてみましょう。複数のプランを比較することで、より空き地に合う最適なプランがわかりますし、相場もわかるはずです。

契約するまでは無料で利用できますし、企業によっては実際の土地を確認して最適なプランを提案してくれます。まずは、物件情報などの入力を済ませて、空き地の活用方法を無料で取り寄せてみましょう。

空き地活用を考えたら比較サイトがおすすめ

空き地活用を考えたら、まずは土地活用比較サイトの利用をおすすめします。

土地活用比較サイトは、物件情報や資産状況など簡単な情報の入力を済ませるだけで、おすすめの土地活用会社からプランを取り寄せられるサービスです。

イエウールが提携しているイエカレを始めとして、様々な土地活用比較サイトが存在します。

土地活用比較サイトの利用をおすすめする理由として、以下の3つが挙げられます。


  • 手間と時間がかからない<
  • 希望の空き地活用から考えてくれる
  • 始めるまでサポートしてくれる会社が見つかる

おすすめの理由① 手間と時間がかからない

土地活用会社に相談する際には、会社を調べて営業時間内に電話やメールで依頼する必要があります。ですが、土地活用比較サイトはインターネット上で24時間いつでも利用することができ、かつ相談料や電話代などがかからずに無料での利用が可能です。

また、1社だけの活用プランでは適切な価格か、妥当な活用か判断は難しいものです。そのため、複数の会社からプランを取り寄せることをおすすめしていますが、自分だけでは1社1社に連絡をとるなど、多くの時間と労力を割かなければなりません。

売れなくて固定資産税がかかってくるだけの空き地をどうにかしたい…と空き地活用を考え始めた方にとっては、手軽に儲かる活用を自分で探して決めるのも大変な作業でしょう。

土地活用比較サイトを利用すれば、自分の希望条件を入力するだけで自分の希望条件にあった複数の会社から一括でプランを取り寄せられますので、手間がかかりません。手間と時間、面倒な作業の省略には、土地活用比較サイトの利用が有効でしょう。

おすすめの理由② 希望の空き地活用から考えてくれる

空き地の活用は土地に合う活用でなければ収益は出にくく、その活用を見極めるのも素人にとって難しいものです。

とは言え、希望している空き地もあり活用プランを比較したいことでしょう。

土地活用比較サイトを利用して土地活用会社から活用プランを取り寄せる際には、一括で複数の会社からプランを取り寄せることができます。また、契約するまでは無料で相談が可能です。
取り寄せた複数の活用プランを比較することで、儲かる空き地活用プランか良い企業か判断できるでしょう。

企業によっては実地調査をした上で、希望のプランとその他の複数プランを提示しながら相談に乗ってくれます。面倒な活用プランの作成や市場調査は任せられる点もおすすめのポイントです。

土地活用についてどこに相談すればいいか分からない人は、まずは一括比較サイトを活用しましょう。

おすすめの理由③ 始めるまでサポートしてくれる会社が見つかる

土地活用比較サイトを利用する方法は、以下のバナーからサイトに飛び、スタートボタンから入力を進めていきます。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

実際に土地活用比較サイトを使ってみた経験をご紹介していますので、詳しい利用方法はこちらをご確認ください。

まとめ

空き地など何もない状態の土地を持つことは、土地オーナーにとって税制的に大きな負担となります。土地売却や借地事業、土地活用を行って負担額を減らすことが、唯一の対処法です。

土地売却・借地事業・土地活用のメリット・デメリットを把握して、自分にあった土地の使い方を見つけましょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
空き地を活用する方法には何がある?
賃貸経営や太陽光発電、駐車場経営など、様々な方法があります。詳しくはこちらをご確認ください。
空き地の活用方法はどうやって決める?
空き地の制限や規制を把握し、できる土地活用方法を絞っていくことから始めましょう。知っておきたい空き地の規制や制限について、詳しくはこちらでご説明しています。
手間と時間をかけずに活用したいときはどうしたらいい?
土地活用の比較サイトを利用して、活用プランを取り寄せることをおすすめします。詳しくはこちらでご説明しています。

また土地活用においては、土地活用会社との相談は必要不可欠になってきます。
必ず複数社と相談してそれぞれの土地活用のメリットと自分の土地がその土地活用に向いているかを法律面や資産面、自分の土地の特徴といった様々な側面から把握し、円滑に土地活用を進めましょう。

【完全無料】固定資産税は土地活用で節税できる?