人気な土地活用ランキング11選!|活用の決め方も詳しく解説

へーベルハウスの賃貸の評判は?メリットとデメリットを解説
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

土地活用をご検討されている方の中には、「土地活用をしたいが種類がたくさんあってどれに決めたらよいか分からない」とお悩みの方もいるでしょう。
特に、初めて土地活用を行う方にとっては全てのステップが複雑にみえてしまいます。

考えることが多い土地活用ですが、一旦活用法やステップを整理してしまえば意外と簡単に行えてしまうものです。

この記事では、人気な土地活用方法を11選としてランキング付けを行うと同時に、活用方法を決めるためのポイントも詳しくご紹介しています。

始めて土地活用を検討している方や、人気な土地活用には何があるのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用については、以下の記事もおすすめです。

土地活用人気ランキング11選

土地活用人気ランキング11選

土地活用にはたくさんの方法があり、どれを選んだらよいのか悩んでしまうことも多いです。

そこで、ここでは11の活用方法をランキング形式でご紹介しています。
ランキングを作成するにあたり、その活用方法が検索されている数(キーワードボリューム)が多い順に上から並べています。

人気な土地活用方法はどれなのかを知りたい方は、こちらのランキングを参考にしてください。

アパート経営

土地活用における代表各として人気な活用法がアパート経営です。

30坪ほどの土地であれば建築可能であり、また収益性も高く税金対策もできることからバランスのよい土地活用といえるでしょう。

アパート経営を成功させるコツは、いかに空室率を抑えるかです。
特に立地や建物設備に関しては、納得のいくまでパートナー会社と相談を重ねることをおススメします。

等価交換

等価交換とは、ディベロッパーに土地を提供して、建てられた建築物と土地を出資割合に応じて所有する、空地の活用方法です。
等価交換は立地のよい土地でないと、契約相手が見つかりにくいというデメリットがあります。
しかし相手が見つかりオフィスビルを建てれば賃料の一部が、分譲マンションなら売却益の一部が自身のものとなります。
借入金が0円で建物の所有権の一部を得られるので、ディベロッパーから事業の提案を持ちかけられたら、空地活用の一つとして検討してみましょう。

賃貸併用住宅

賃貸併用住宅は、同じ土地にある建物が住居用と賃貸用とで居住スペースで分かれている住宅のことです。

土地オーナにとっては、住宅として活用ができると同時に賃料収入を得ることができます。
また、自宅部分の面積が建物比50%以上であれば、不動産投資ローンなどと比べ金利の低い住宅ローンを組むことができる点もメリットといえるでしょう。

マンション経営

土地活用において、高収益を狙うなら検討したい土地活用法がマンション経営です。

収益性が高い分、初期費用や維持管理費用が他の土地活用と比べ高くなる傾向にあります。
そのため、高収益を得つつ安定した経営を行うにはどれほど、空室率を抑えるかにかかっています。

マンション経営の収支計画については、パートナー会社とよく相談した上で決定しましょう。
加えて、常に満室稼働で経営できるよう、建築プランの段階から人気物件となるための施策を考えることをおすすめします。

駐車場経営

駐車場経営は狭い土地でも始められ、専門の業者に委託をすれば、自身での初期投資は0円から始められる空地活用方法です。立地によって2パターンの経営方法があります。
月極駐車場は、空地に舗装や区画分けをするだけで、契約者から固定収入を毎月得られます。需要があるのは住宅街やオフィス街で、2台目の駐車スペースのためや通勤のために使われます。
コインパーキングは、機械の購入が必要になりますが、月極駐車場よりは収益を高くすることができます。繁華街や商業施設が近くにあれば、それらの施設を利用するためにコインパーキングの需要が生まれます。駐車場経営は空地の立地条件によって、経営方針を決めてください。

コインランドリー経営

最近では、土地活用としてコインランドリー経営を行う方も増えてきています。

一人暮らしの学生や社会人層だけでなく、主婦や外国人観光客などの新たなターゲットを見込めるようになってきています。
また、地域に根差したビジネスであるため、固定利用客がつきやすく堅実な運営を目指すにはうってつけの活用といえることもできます。

事業用定期借地

空地に自身で建物を建てて経営するほど資金がないなら、定期借地で貸し出して地代だけをもらうという方法があります。定期借地は事業者に一定期間土地を貸し、毎月安定して地代が得られます。
定期借地は種類によって、契約期間が10年以上50年未満・30年以上・50年以上となっています。一度契約できれば、自身の子の世代まで収益が続きます
定期借地では、空地に建物が建つことになるので更地より、土地の評価を30~40%程度下げられます。節税効果があり、管理の手間もかからないので、長期で収益を挙げたい人にはおすすめです。

トランクルーム経営

比較的広い土地を所有している場合、高い利回りを期待できるトランクルームとしての活用もおすすめです。
コンテナを利用した屋外型なら初期投資、維持管理費用も抑えることができ、費用対効果が高いです。

初期費用が安いため利回りは10%以上が期待できます。オーナーが直接管理をしてしまえば、15~30%の利回りになる場合もありますが、それほど収益性は高くありません
トランクルームは通常の建物より撤去が簡単なので、本格的な空地活用を始める前の中継ぎとして、挑戦してみるのもよいでしょう。

戸建て賃貸経営

土地活用で賃貸住宅経営を考えているのであれば、戸建て賃貸経営もおすすめです。

戸建て経営では、多くの利用者を集める集客は必要はなく、競合も少ないため田舎での土地活用においては一番収益につながる賃貸住宅経営です。

また、住宅用地の特例を適用させることができるため、更地での管理よりも固定資産税を最大1/6にすることができます。
「安定した収益と、節税対策をしたい」とお考えの方であれば、戸建て賃貸経営は土地活用方法の選択肢に入ってくるでしょう。

土地信託

空地をうまく活用する自信がないなら、配当金で資産を増やす土地信託を利用しプロに活用を任せるという方法もあります。土地信託では信託会社に土地を預け、運用益から配当金を貰います。 土地の所有権を失わず、空地活用の手間なしで収益が得られる反面、自身で活用するより運用を委託する分だけ、収益が少なくなることは覚悟しておきましょう。
土地信託では、契約終了後に建物付きで土地を返却される場合があります。土地信託を利用するなら、契約終了後に土地をどうしたいのかも検討しておいてください。

太陽光発電

太陽光発電は、日当たりさえよりければ立地や土地の形に影響されないで、収益を期待できます。初期投資は産業用の太陽光発電をする場合1,000万円以上で、利回りは10%程度となっています。
2009年から実施されていた、再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、固定の電力会社に売電できていました。しかし2019年からこの制度が終了し、売電する電力会社を自由に選べるようになりました。
各地の主要電力会社や新電力会社の買取プランを比較し、好条件の電力会社と契約しましょう。設置した太陽光パネルは20年以上発電が可能です。長期の運用で利益が出るかで判断できます。

土地活用における太陽光発電について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

土地活用方法はランキングから3つに分類できる

土地活用における3分類

土地活用には、大きく分けて3つの類型があり、それは以下の通りです。

  • 賃貸住宅経営
  • 設置方式
  • 借地系

例えば、賃貸住宅経営であればアパート経営といったように大まかなカテゴリー頭に入れておくことでどの活用を行えばいいのか迷ったときの判断がつきやすくなります
非常に種類のある土地活用ですが、いくつか似たような活用法もありますので混乱しないようにある程度頭の中で分類ごとに分けるとよいでしょう。

ここでは、賃貸住宅経営、設置方式、借地系それぞれの特徴やこれらに分類される土地活用方法をご紹介します。

賃貸住宅経営

賃貸住宅経営は、賃料収入を得ることを目的として住居空間のある建物を建てる土地活用法です。

賃貸住宅経営のメリットとしては、概して収益性の高い活用法であるという点があげられます。
特に、戸数を多く確保できるマンション経営の収益性は、数ある土地活用法のなかでもトップクラスです。

住居用の建物の建築にはある程度の広さが必要ですので、所有している土地の広さや建てたい建物がどの程度の大きさであるのかを事前に確認しておきましょう。

賃貸住宅経営に分類される土地活用法

賃貸住宅経営に分類される主な土地活用法は以下の通りです。

  • アパート経営
  • マンション経営
  • 戸建て賃貸経営
  • 賃貸併用住宅経営
  • ガレージハウス経営
  • サービス付き高齢者向け住宅経営など

ランキング内でご紹介している活用方法だけでなく、建物規模の大きいサービス付き高齢者向け住宅経営(サ高住経営)もあります。

賃貸住宅経営では、アパート経営を始めとして人気な土地活用として上位にランクインしていることが多いマンション経営、戸建て賃貸経営などをあげることができます。
また、ニッチながら高い需要があるガレージハウス経営も近年人気な土地活用です。

賃貸住宅経営は、設置方式や貸借方式にくらべコストがかかります
そのため、立地自己資金をもとにどの土地活用をするのかを慎重に判断する必要があるでしょう。

設置方式

設置方式は、駐車場経営や、トランクルーム経営など経営に必要な設備を整備して行う土地活用法です。

賃貸住宅経営に比べてコストを抑えることができるため、自己資金の面で不安な方でも始めやすい土地活用方式といえます。

さらに、設置方式では広いスペースを必要とする活用法が少なく、例えば駐車場経営は車一台分のスペースを確保することができれば経営を始めることができます。
そのため、比較的狭い土地(30坪以下)を所有している方にもおすすめです。

設置方式に分類される土地活用法

設置方式に分類される主な土地活用法は以下の通りです。

  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営
  • 太陽光発電
  • 資材置き場など

設置方式は、主に低コストで始めることのできる活用法があげられます。
特に資材置き場は、更地でも活用を行うことのできるケースがあります。この場合、自己資金は0円で始めることが可能です。

設置方式は、低コストな分収益性は賃貸住宅経営と比べると劣る場合が多いです。
ひと月あたり数千円~数万円程度に収まることが多いので、この点には注意が必要です。

貸借方式

貸借方式は、所有している土地を貸したり一部を譲渡する土地活用法です。

事業用定期借地土地信託などがこれにあたります。
いずれの活用法も基本的には自己資金が必要なく、ローリスクローリターンでありながらも安定した収益を確保できる点がメリットです。

貸借方式に分類される土地活用法

貸借方式に分類される主な土地活用法は以下の通りです。

  • 事業用定期借地
  • 土地信託
  • 等価交換など

事業用定期借地や土地信託に関しては、事業者が契約期間の間土地を運用し、その地代が収入となります。
土地活用のプロに安心して任せることができる点や、契約期間終了後は土地が返還される点がメリットとなります。

一方、等価交換は土地の一部もしくは全てを事業者に譲渡する形になります。
そのため、土地をあまり手放したくない方にとってはおススメできる方法ではありません。

ご紹介した3つの貸借方式は、いずれも契約期間内においては事業者が主導で土地活用を進めていくことになります。
土地のオーナーが活用法の決定やその後の経営に対し裁量権が与えらることは基本的にありませんので、注意が必要です。

納得のいく土地活用を行うには

土地活用方法を決める時に確認したいポイン

たくさんの種類の中から自分に最適な土地活用を決める際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

確認すべきポイントが分かると、活用法を絞ることができます。

ここでは、土地活用を決めるときに知っておくべきポイントを3つにまとめましたので、参考にしてください。
主なポイントは以下の通りです。

  • 立地
  • 収益性
  • 自己資金の割合
  • 建築のしやすさ
  • リスク
  • 税金対策

それぞれ詳しく解説していきます。

立地

立地は土地活用を、行うにあたって非常に重要な要素となります。

それぞれの土地活用法には、それぞれに最適な立地があります。
土地周辺の状況ニーズによって収益性など経営の行いやすさに大きな差が出てくるので、まずは所有している土地がどのような立地にあるのかを確認しておきましょう。

特に賃貸住宅経営の場合は、都心部にある土地や、駅・繁華街から徒歩10分圏内にある土地など生活する上で利便性の高いエリアでの経営を強くおススメします。

加えて、都市計画区域内にある土地の場合は用途地域の制限があります。
用途地域の制限がある場合、建てられる建物の種類が限られてしまうため思い通りに経営を行うことが難しいケースもありますので、あらかじめ所有している土地が都市計画区域内にあるか否かを確認しておきましょう。

収益性

土地活用を行うからには、高収益を上げたいとお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。

そこで、各活用の収益性についても重要な判断ポイントとなります。

先にご紹介したな3分類のなかで、一番収益性に期待がもてるものは多くの場合賃貸住宅経営です。
特に、戸数を確保できるアパート・マンション経営はトップクラスの収益性を誇ります。

しかし、収益性の高い活用方法は同時に資金面などのコストもかかります。
そのため、収益性の観点から活用方法を決定する際は、現実的な収支計画を組んだ上で慎重に判断する必要があるといえるでしょう。

自己資金の割合

土地活用を始める際は、多くの場合ローンを組むことになるかと思います。

ローンにも審査があるため、確実に資金調達ができるよう過去のクレジットカードなどの支払い歴等を確認しておくとよいでしょう。
過去に延滞歴などがあると最悪の場合融資が下りない可能性もあります。
加えて、土地活用を始めるにあたってかかる全体費用の1~2割は自己資金として準備しておいてください。
ローン審査の際にも自己資金があまりにも不足しているとマイナスに響くためです。

経営資金を全てローンで賄うフルローンで土地活用を行うことも可能ですが、収支計画の面からおススメできません。

建築のしやすさ

どの土地活用を行うかは、建物や建てやすさや設備の設置のしやすさも関係します。

例えば、駐車場経営は5坪ほどの土地から経営は可能ですが、アパート経営においては可能であれば60坪からの経営が建てやすさや収支計画の点で優れています。

また、土地それぞれの建ぺい率容積率によっても建築可能な建物の規模が変わるので注意が必要です。

建ぺい率と容積率とは

建ぺい率は、土地の面積に対しての建築面積の割合です。
建ぺい率が高ければ高いほど、土地の広さをより生かして建物を建てることができるため、余裕のあるスペースを使って居住空間や設備に対して投資を行いやすいといえます。

容積率は、土地の面積に対しての延床目席の割合です。
容積率が高いほど、床面積を広くとることができます。そのため、部屋の広さを確保しやすいといえるでしょう。

リスク

土地活用を行うには、当然何らかのリスクを背負うことになります。

土地活用を行う上で代表的なリスクは以下の通りです。

  • 空室リスク
  • 市場リスク
  • 災害リスク

賃貸住宅経営にあたっては、特に空室リスクをいかに抑えるかが大きな課題となります。
この点、立地や設備面で競争力を確保できるのであれば、空室リスクについてはそれほど頭を悩ますことはないでしょう。

市場リスクは、活用開始当初のニーズと、数十年先のニーズにギャップがあるために生まれるリスクです。
長期に渡って経営を行う必要のある活用方法では、周辺エリア状況や人口など環境変化によってニーズも変化します。
経営を行うにあたっての事前調査の段階では、所有している土地周辺は今後どのような変化が予測されるのかについても加味する必要があるでしょう。

税金対策

税金対策として土地活用を行うのであれば、その活用法は賃貸住宅経営に絞られます。

特に相続税対策においては、相続税評価額を下げることによって節税が可能となります。

したがって、相続税評価額を下げることができる貸家建付地、小規模宅地

固定資産税と都市計画税の節税として土地活用を行うのであれば、
なぜなら、住宅用地の特例が適用され、固定資産税、都市計画税それぞれ最大で1/61/3ほどに節税することができます。

土地活用は企業に相談するのがおススメ

土地活用は企業に相談するのがおススメ

空地のまま土地を所有し続けるのはあまりメリットがありません。空地は維持費以上の収益が出るように活用しましょう。方法によっては初期投資0円でも始められるますので、ハードルは決して高くありません。
空地活用の方法は、立地や利回り、自身が思っている収入になるかで絞り込んでください。一度運用を始めてしまえば、管理の手間がかからないものもあるので、将来の生活を安定させる収入源となる可能性が空地にはあります。


初めて土地活用をするなら比較サイトで企業に相談
初めて空地活用を考えている方は、土地活用のプロに相談して進めるようにしましょう。
契約の準備や初期機材の整備、各種申請など、自分だけではわからないことも多く、場合によっては払う必要のなかった費用やコストを支払っていることもあります。

土地活用のプロと言ってもさまざまな領域のプロがいます。駐車場経営のプロやアパート経営のプロなど、自分が検討している土地活用方法に合ったプロに出会う必要があります。
そんな時におすすめな方法は、土地活用の比較サイトを利用することです。土地活用一括相談サービスであり、必要事項を記入するだけで、自分に合った土地活用会社にまとめて相談する事が可能です。もちろん無料で利用できます。
初めて空地活用をする予定で、どこに相談すればいいかわからない場合は土地活用のプロに相談するようにしましょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

土地活用ランキングって何?
検索数の多い土地活用法をランキング順で紹介しています。詳しくは、土地活用ランキング11選をご覧ください。

最適な土地の活用方法はどうやって決めたらいい?
立地や収益性など、決める際にポイントを6つ紹介しています。詳しくは、納得のいく土地活用を行うにはをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?