土地活用方法の人気ランキング11選!ベストな活用方法の決め方も詳しく解説

土地活用方法の人気ランキング11選!ベストな活用方法の決め方も詳しく解説

土地活用をご検討されている方の中には、「土地活用をしたいが種類がたくさんあってどれに決めたらよいか分からない」とお悩みの方もいるでしょう。
特に、初めて土地活用を行う方にとっては全てのステップが複雑にみえてしまいます。

考えることが多い土地活用ですが、一旦活用法やステップを整理してしまえば意外と簡単に行えてしまうものです。

この記事では、人気な土地活用方法を11選としてランキング付けを行うと同時に、活用方法を決めるためのポイントも詳しくご紹介しています。
土地活用を始めようと検討している方や、人気な土地活用には何があるのか知りたい方はぜひ参考にしてください。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

土地活用については、以下の記事もおすすめです。

土地活用人気ランキング11選

土地活用人気ランキング11選

土地活用にはたくさんの方法があり、どれを選んだらよいのか悩んでしまうことも多いです。

そこで、ここでは11つの活用方法をランキング形式でご紹介します。

1位:アパート経営
2位:等価交換
3位:賃貸併用住宅経営
4位:マンション経営
5位:駐車場経営
6位:コインランドリー経営
7位:事業用定期借地
8位:トランクルーム経営
9位:戸建て賃貸経営
10位:土地信託
11位:太陽光発電

このランキングは、その活用方法の月間検索数が多いものから順位付けをしています。多く検索されているということは、それだけの人がその活用方法に興味を持っているということです。

1位:アパート経営

土地活用における代表格として人気な活用法がアパート経営です。

30坪ほどの土地であれば建築可能であり、また収益性も高く税金対策もできることからバランスのよい土地活用といえるでしょう。

アパート経営を成功させるコツは、いかに空室率を抑えるかです。
特に立地や建物設備に関しては、納得のいくまでパートナー会社と相談を重ねることをおススメします。

アパート経営が人気の理由

土地活用の定番の1つであるアパート経営の人気の理由として、比較的安定しながらも高収益を重ねられる点が挙げられます。

また、ローンを組んでアパート経営を始める際には、団体生命保険に加入することになるため、生命保険の役割を果たすところも人気の理由の一つでしょう。

アパート経営が人気の理由


  • 長期的で安定的な収入が得られる
  • 生命保険の代わりになる効果がある
  • 老後の資金不足を解消できる
  • インフレに強い

2位:等価交換

等価交換とは、ディベロッパーに土地を提供して、建てられた建築物と土地を出資割合に応じて所有する、空地の活用方法です。
等価交換は立地のよい土地でないと、契約相手が見つかりにくいというデメリットがあります。
しかし相手が見つかりオフィスビルを建てれば賃料の一部が、分譲マンションなら売却益の一部が自身のものとなります。

等価交換が人気の理由

等価交換が人気の理由として、以下の点が挙げられます。

借入金が0円で建物の所有権の一部を得られるためディベロッパーから事業の提案を持ちかけられたら、空地活用の一つとして検討してみましょう。

等価交換が人気の理由


  • 借入金を組まずに事業ができる
  • 知識がなくても土地活用ができる

3位:賃貸併用住宅経営

賃貸併用住宅は、同じ土地にある建物が住居用と賃貸用とで居住スペースで分かれている住宅のことです。

土地の広さや家族の構成、生活スタイルなど、さまざまな要望に合わせて最適な間取りで建てることができる点は魅力的です。

新しく家を住み替える予定の方や、賃貸収入を得つつ家を建てたいと考えている方におすすめの活用方法です。

賃貸併用住宅経営が人気の理由

賃貸併用住宅経営が人気の理由としては、低金利でローンを借りられる、節税対策に効果的なことが挙げられます。

自宅部分の面積が建物比50%以上であれば、不動産投資ローンなどと比べ金利の低い住宅ローンを組むことができる点も人気の理由といえるでしょう。

住み替える時に賃貸併用住宅経営を始めることで、節税をしつつ新しい家を確保できるメリットがあります

賃貸併用住宅経営が人気の理由


  • 住宅ローンを適用させることができる
  • ライフスタイルに合わせた運用が可能
  • 相続税対策になる

4位:マンション経営

土地活用において、高収益を狙うなら検討したい土地活用法がマンション経営です。

収益性が高い分、初期費用や維持管理費用が他の土地活用と比べ高くなる傾向にあります。

マンション経営の収支計画については、パートナー会社とよく相談した上で決定しましょう。
加えて、常に満室稼働で経営できるよう、建築プランの段階から人気物件となるための施策を考えることをおすすめします。

マンション経営が人気の理由

マンション経営が人気の理由としては、アパート経営同様に安定した収入が得られ、税対策に有利な点が挙げられるでしょう。

マンションはRC造や鉄骨造など耐久性の高い構造のものが多く、木造アパートなどと比べると経年劣化しにくい点が挙げられ、資産価値が安定しているのも人気の理由の一つです。

マンション経営が人気の理由


  • 安定した収入が得られる
  • 節税対策になる
  • 資産価値が安定している

5位:駐車場経営

駐車場経営は狭い土地でも始められ、専門の業者に委託をすれば、自身での初期投資は0円から始められる空地活用方法です。立地によって2パターンの経営方法があります。
月極駐車場は、空地に舗装や区画分けをするだけで、契約者から固定収入を毎月得られます。需要があるのは住宅街やオフィス街で、2台目の駐車スペースのためや通勤のために使われます。
コインパーキングは、機械の購入が必要になりますが、月極駐車場よりは収益を高くすることができます。繁華街や商業施設が近くにあれば、それらの施設を利用するためにコインパーキングの需要が生まれます。駐車場経営は空地の立地条件によって、経営方針を決めてください。

駐車場経営が人気の理由

駐車場経営が人気の理由としては、アパート経営を含む賃貸経営と比較して、初期費用が少なく済み、すぐに始められ点が挙げられます。

更に、他の活用が難しい狭小地や変形地でも1台以上駐車するスペースさえあれば経営することが可能であり、リスクを取りたくない方にはおススメの方法と言えます。

駐車場経営が人気の理由


  • 初期費用が少ない
  • 狭小地や変形地でも活用ができる
  • 他の業態への切り替えが容易

6位:コインランドリー経営

最近では、土地活用としてコインランドリー経営を行う方も増えてきています。

一人暮らしの学生や社会人層だけでなく、主婦や外国人観光客などの新たなターゲットを見込めるようになってきています。
また、地域に根差したビジネスであるため、固定利用客がつきやすく堅実な運営を目指すにはうってつけの活用といえることもできます。

コインランドリー経営が人気の理由

コインランドリー経営が人気の理由としては、設備導入後は、定期的に掃除する程度でアパート経営のように入居者募集のための手数料を支払う必要がない点が挙げられます。

また、コインランドリーの利用客はリピーターであることが多く、リピーターを増やすことが出来れば安定した収益を得ることが可能になる点もコインランドリー経営の利点と言えるでしょう。

コインランドリー経営が人気の理由


  • 人件費が不要
  • 固定利用客がつきやすい

7位:事業用定期借地

空地に自身で建物を建てて経営するほど資金がないなら、定期借地で貸し出して地代だけをもらうという方法があります。定期借地は事業者に一定期間土地を貸し、毎月安定して地代が得られます。
定期借地では、空地に建物が建つことになるので更地より、土地の評価を30~40%程度下げられます。節税効果があり、管理の手間もかからないので、長期で収益を挙げたい人にはおすすめです。

事業用定期借地が人気の理由

事業用定期借地が人気の理由としては、居住地より高い地代を狙える、長期で安定した収入が得られる、ライフプランにあった土地活用ができるなどが挙げられます。

定期借地は種類によって、契約期間が10年以上50年未満・30年以上・50年以上となっています。一度契約できれば、自身の子の世代まで収益が続くため、長く安定した収入が得られることが人気の理由の一つです。

事業用定期借地が人気の理由


  • 居住地より高い地代を狙える
  • 長期で安定した収入が得られる

8位:トランクルーム経営

比較的広い土地を所有している場合、高い利回りを期待できるトランクルームとしての活用もおすすめです。
コンテナを利用した屋外型なら初期投資、維持管理費用も抑えることができ、費用対効果が高いです。

トランクルームは通常の建物より撤去が簡単なので、本格的な空地活用を始める前の中継ぎとして、挑戦してみるのもよいでしょう。

トランクルーム経営が人気の理由

初期費用が安いため利回りは10%以上

が期待できます。オーナーが直接管理をしてしまえば、15~30%の利回りになる場合もあります。

また、トランクルームの利用者は基本的に車を使用しているため、日当たりや騒音など賃貸経営でも嫌煙される立地でも活用できる活用方法のため人気があります。

トランクルーム経営が人気の理由


  • 利回りが高い
  • 日当たりが悪く、騒音がひどい場所でも活用できる

9位:戸建て賃貸経営

土地活用で賃貸住宅経営を考えているのであれば、戸建て賃貸経営もおすすめです。

戸建て経営では、多くの利用者を集める集客は必要はなく、競合も少ないため田舎での土地活用においては一番収益につながる賃貸住宅経営です。

また、住宅用地の特例を適用させることができるため、更地での管理よりも固定資産税を最大1/6にすることができます。
「安定した収益と、節税対策をしたい」とお考えの方であれば、戸建て賃貸経営は土地活用方法の選択肢に入ってくるでしょう。

戸建て賃貸経営が人気の理由

戸建て賃貸経営が人気の理由としては、空室リスクが低い・利回りが高いという点が挙げられます。

戸建ての入居者の特徴としては、単身層と比較して入居期間が長いことが特徴です。そのため、空室リスクが低く、安定した経営ができることが人気の理由です。

戸建て賃貸経営が人気の理由


  • 空室リスクが低い
  • 賃貸経営の中でも利回りが高い

10位:土地信託

空地をうまく活用する自信がないなら、配当金で資産を増やす土地信託を利用しプロに活用を任せるという方法もあります。土地信託では信託会社に土地を預け、運用益から配当金を貰います。土地の所有権を失わず、空地活用の手間なしで収益が得られる反面、自身で活用するより運用を委託する分だけ、収益が少なくなることは覚悟しておきましょう。
土地信託では、契約終了後に建物付きで土地を返却される場合があります。土地信託を利用するなら、契約終了後に土地をどうしたいのかも検討しておいてください。

土地信託が人気の理由

土地信託が人気の理由としては、手間が少なく始めやすいという点が挙げられます。
土地信託は上述の通り、プロに活用を任せるため、自分で不動産投資について勉強せずとも始められるため忙しい土地オーナーにとっておすすめの活用方法と言えます。

土地信託が人気の理由


  • 不動産投資の知識が必要ない
  • 初期費用がなくとも始められる

11位:太陽光発電

太陽光発電は、日当たりさえよりければ立地や土地の形に影響されないで、収益を期待できます。初期投資は産業用の太陽光発電をする場合1,000万円以上で、利回りは10%程度となっています。
2009年から実施されていた、再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、固定の電力会社に売電できていました。しかし2019年からこの制度が終了し、売電する電力会社を自由に選べるようになりました。
各地の主要電力会社や新電力会社の買取プランを比較し、好条件の電力会社と契約しましょう。設置した太陽光パネルは20年以上発電が可能です。長期の運用で利益が出るかで判断できます。

太陽光発電が人気の理由

太陽光発電が人気の理由としては、利用者を集める必要がなく、日当たりさえよければ安定した収益を見込める点が挙げられます。

日当たりがよく広大な土地が必要になるため、郊外や田舎にある土地など人通りが多くない地域において、人気の活用方法と言えます。

太陽光発電が人気の理由


  • 利用者を集める必要がない
  • 安定した収益を手に入れられる

土地活用における太陽光発電について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。


土地活用方法には、今回ご紹介したランキング以外にもさまざまな方法があります。しかし、土地活用を選ぶ段階で大切なことは、立地や資金、土地活用の目的などいくつかのポイントを総合的に考えることです。
イエウール土地活用なら、お持ちの土地の情報などを基に複数の企業が作成した土地活用プランを比較することができます。プランには、活用方法はもちろん費用や収支予想なども記載されています。
土地活用ランキングと共に、プロが作成したプランを見ながら土地活用方法を決める際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

最適な土地活用を決めるために考慮すべき8つのポイント

土地活用方法を決める時に確認したいポイン

たくさんの種類の中から自分に最適な土地活用を決める際には、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

ここでは、土地活用を決めるときに知っておくべきポイントを8つご紹介します。
主なポイントは以下の通りです。

  • 立地
  • 初期費用
  • 収益性
  • 自己資金の割合
  • 建築のしやすさ
  • 管理のしやすさ
  • リスク
  • 税金対策

それぞれ詳しく解説していきます。

立地

立地は土地活用を、行うにあたって非常に重要な要素となります。

それぞれの土地活用法には、それぞれに最適な立地があります。
土地周辺の状況ニーズによって収益性など経営の行いやすさに大きな差が出てくるので、まずは所有している土地がどのような立地にあるのかを確認しておきましょう。

加えて、都市計画区域内にある土地の場合は用途地域の制限があります。
用途地域の制限がある場合、建てられる建物の種類が限られてしまうため思い通りに経営を行うことが難しいケースもありますので、あらかじめ所有している土地が都市計画区域内にあるか否かを確認しておきましょう。

初期費用

初期費用は土地活用を始めるにあたって、非常に重要な要素となります。

土地活用を始める際に、自分の自己資金に見合っていないほど投資額が大きくなると精神的な負担が多くなり、冷静な経営判断がしにくくなります。

自己資金に余裕が少ない方は、初期費用が高いマンション経営ではなく、駐車場経営や太陽光発電にするなど自己資金と初期費用のバランスを意識しましょう。

収益性

土地活用を行うからには、高収益を上げたいとお考えの方は多くいらっしゃるでしょう。

土地の活用方法の中で一番収益性に期待がもてるものは多くの場合賃貸住宅経営です。
特に、戸数を確保できるアパート・マンション経営はトップクラスの収益性を誇ります。

しかし、収益性の高い活用方法は同時に資金面などのコストもかかります。
そのため、収益性の観点から活用方法を決定する際は、現実的な収支計画を組んだ上で慎重に判断する必要があるといえるでしょう。

自己資金の割合

土地活用を始める際は、多くの場合ローンを組むことになるかと思います。

ローンにも審査があるため、確実に資金調達ができるよう過去のクレジットカードなどの支払い歴等を確認しておくとよいでしょう。

加えて、土地活用を始めるにあたってかかる全体費用の1~2割は自己資金として準備しておいてください。
ローン審査の際にも自己資金があまりにも不足しているとマイナスに響くためです。

建築のしやすさ

どの土地活用を行うかは、建物や建てやすさや設備の設置のしやすさも関係します。

例えば、駐車場経営は5坪ほどの土地から経営は可能ですが、アパート経営においては可能であれば60坪からの経営が建てやすさや収支計画の点で優れています。

また、土地それぞれの建ぺい率容積率によっても建築可能な建物の規模が変わるので注意が必要です。

建ぺい率と容積率とは

建ぺい率は、土地の面積に対しての建築面積の割合です。
建ぺい率が高ければ高いほど、土地の広さをより生かして建物を建てることができるため、余裕のあるスペースを使って居住空間や設備に対して投資を行いやすいといえます。

容積率は、土地の面積に対しての延床目席の割合です。
容積率が高いほど、床面積を広くとることができます。そのため、部屋の広さを確保しやすいといえるでしょう。

管理のしやすさ

オーナーの忙しさ次第で、どの土地活用を行うか検討する際に、管理のしやすさも関係します。

例えば、事業用定期借地として土地を活用する場合、管理の手間は一切かかりませんが、賃貸併用住宅は自宅部分と賃貸部分が隣接していることから管理の負担が大きくなります。

多くの方が、仕事をしながら土地を活用するため、ご自身の忙しさを考慮して活用方法を決定することをお勧めします。

リスク

土地活用を行うには、当然何らかのリスクを背負うことになります。

土地活用を行う上で代表的なリスクは以下の通りです。

  • 空室リスク
  • 市場リスク
  • 災害リスク

賃貸住宅経営にあたっては、特に空室リスクをいかに抑えるかが大きな課題となります。
この点、立地や設備面で競争力を確保できるのであれば、空室リスクについてはそれほど頭を悩ますことはないでしょう。

市場リスクは、活用開始当初のニーズと、数十年先のニーズにギャップがあるために生まれるリスクです。
長期に渡って経営を行う必要のある活用方法では、周辺エリア状況や人口など環境変化によってニーズも変化します。
経営を行うにあたっての事前調査の段階では、所有している土地周辺は今後どのような変化が予測されるのかについても加味する必要があるでしょう。

税金対策

税金対策として土地活用を行うのであれば、その活用法は賃貸住宅経営に絞られます。

特に相続税対策においては、相続税評価額を下げることによって節税が可能となります。

固定資産税と都市計画税の節税として土地活用を行うのであれば、賃貸経営がおすすめです。
なぜなら、住宅用地の特例が適用され、固定資産税、都市計画税それぞれ最大で1/61/3ほどに節税することができます。

土地活用を失敗させないための3つの方法

土地活用は企業に相談するのがおススメ

土地活用ランキングを通して、人気な活用方法をご紹介しましたが、最終的な活用方法を決めるのはオーナー様です。

土地活用により最大限のメリットを享受するためにも、土地活用を失敗しないために必要な考え方や行動をご紹介します。

不動産事業を始めるという意識を持つ

土地活用を「働かなくても儲かる」と思っているオーナー様も少なくはありません。

しかし、土地活用は自分で事業を始めるということです。アパート・マンション経営やコインランドリー経営・駐車場経営などでも、土地活用後は様々な管理が必要になります。

学ぶ意識を持たずに管理業者に丸投げすることも出きますが、自分の知恵を使って「土地活用という事業を成功させる」という意識をもって計画を進めましょう。

土地活用の目的を明確にする

土地活用をする目的は、リスクが少なく副収入が欲しい、節税がしたい、相続目的など、その土地を取り巻く状況によって異なります。

土地の活用方法によって、リスクの大きさや収益性・節税効果が大きく異なるため、活用することで得たい効果を見据えて、計画的な活用方法を選ぶことが大切です。

例えば、リスクを減らすために初期費用が少ない「駐車場経営」や「トランクルーム経営」を選択したり、節税効果を得るために「アパート・マンション経営」にするなど活用することで得たい効果から逆算して活用方法を選ぶようにしましょう。

複数の企業に相談して、一番いい企業を選ぶ

相談先を見つけたものの、その相談先が親身になって妥当な調査をしてくれるとは限りません。しかも、初めて土地活用をする方が調査結果の妥当性を自分で判断することはほぼ不可能です。

そのため、初めて土地活用をしようと考えている方は複数社に相談するようにしましょう。複数社に相談して得られた調査結果をもとに、どのくらいの費用や収益が妥当なのかを判断します。

相談先によっては自分の営業成果のために「何とかして契約をとろう」と現実味のない提案をしてくることもあります。適正なプランや現実的な収益を判断するためには、複数社に相談して比較検討することが大切です。

土地活用プランの一括請求サービスで複数社に相談する

土地活用に興味があるとはいえ、「まだ活用方法が定まっていない」という方や、「いきなりハウスメーカーに相談に行くのは怖い・・・」という方も多いでしょう。
そのため、インターネット上でプランを取り寄せられる「土地活用比較サイト」を活用することがおすすめです。

イエウール土地活用なら、複数のプランを比較して収益性の高い土地活用方法を見つけることができるので、土地活用方法を決める際の参考として活用することもできます。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目
初心者でもわかる!
記事のおさらい

土地活用ランキングって何?
検索数の多い土地活用法をランキング順で紹介しています。詳しくは、土地活用ランキング11選をご覧ください。

最適な土地の活用方法はどうやって決めたらいい?
立地や収益性など、決める際にポイントを8つ紹介しています。詳しくは、納得のいく土地活用を行うにはをご覧ください。

【完全無料】最適な土地活用って?