土地活用ランキングベスト10から活用方法を考える! 収益性で比較

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

現在暮らしている地域から遠方であったり、近くでも使う予定がなかったりする土地を放置していませんか。
土地は、活用しなければ固定資産税がかかり続けるだけで、放置すると近隣住民とのトラブルなどデメリットしかありません。

そこで土地活用を考えたものの、初めての土地活用で何をしたらいいか難しいと感じる方もいらっしゃることでしょう。

土地の活用方法を決める際に、土地活用ランキングから考える方法もあります。

この記事では、具体的に土地活用ランキングベスト10に沿って収益性の高い15の方法をご紹介します。ぜひ参考にして、土地活用をして収入を得ましょう。

土地活用については、以下の記事もおすすめです。

初期費用の少ない土地活用ランキング

初期費用の少ない土地活用ランキング

多くある土地活用方法の中から、ランキング形式で初期投資の負担が軽く始めやすいかつ収益性の良い活用ベスト10をご紹介します。


  1. 定期借地
  2. 駐車場経営
  3. 太陽光発電
  4. トランクルーム経営
  5. 貸し農園
  6. 土地信託
  7. 資材置き場
  8. 自販機の設置
  9. 等価交換
  10. 土地の売却

どの方法でも自身で空地を管理する手間から解放されると同時に、初期投資が0円で始められるものもあります。空地活用方法で迷ったら、まずはここから検討してみましょう。

定期借地

空地に自身で建物を建てて経営するほど資金がないなら、定期借地で貸し出して地代だけをもらうという方法があります。定期借地は事業者に一定期間土地を貸し、毎月安定して地代が得られます。
定期借地は種類によって、契約期間が10年以上50年未満・30年以上・50年以上となっています。一度契約できれば、自身の子の世代まで収益が続きます
定期借地では、空地に建物が建つことになるので更地より、土地の評価を30~40%程度下げられます。節税効果があり、管理の手間もかからないので、長期で収益を挙げたい人にはおすすめです。

駐車場経営

駐車場経営は狭い土地でも始められ、専門の業者に委託をすれば、自身での初期投資は0円から始められる空地活用方法です。立地によって2パターンの経営方法があります。
月極駐車場は、空地に舗装や区画分けをするだけで、契約者から固定収入を毎月得られます。需要があるのは住宅街やオフィス街で、2台目の駐車スペースのためや通勤のために使われます。
コインパーキングは、機械の購入が必要になりますが、月極駐車場よりは収益を高くすることができます。繁華街や商業施設が近くにあれば、それらの施設を利用するためにコインパーキングの需要が生まれます。駐車場経営は空地の立地条件によって、経営方針を決めてください。

太陽光発電

太陽光発電は、日当たりさえよりければ立地や土地の形に影響されないで、収益を期待できます。初期投資は産業用の太陽光発電をする場合1,000万円以上で、利回りは10%程度となっています。
2009年から実施されていた、再生可能エネルギーの固定価格買取制度では、固定の電力会社に売電できていました。しかし2019年からこの制度が終了し、売電する電力会社を自由に選べるようになりました。
各地の主要電力会社や新電力会社の買取プランを比較し、好条件の電力会社と契約しましょう。設置した太陽光パネルは20年以上発電が可能です。長期の運用で利益が出るかで判断できます。

トランクルーム経営

近隣に住宅があり交通アクセスがよい空地なら、高い利回りを期待できるトランクルームとしての活用が向いています。コンテナを利用した野外型なら初期投資もメンテ費用も抑えられます。
初期費用が安いため利回りは10%以上が期待できます。オーナーが直接管理をしてしまえば、15~30%の利回りになる場合もあります。しかしそれほど収益性は高くありません。トランクルームは通常の建物より撤去が簡単なので、本格的な空地活用を始める前の中継ぎとして、挑戦してみるのもよいでしょう。

貸し農園

貸し農園は、土いじりや野菜作りをしたいけれど、マンションや都市部の戸建てに住んでいて、庭園がない都市部に住むたちに需要があります。1区画当たり5,000~10,000円程度の収益が期待できます。
貸し農園を始めるには、特別な工事は必要なく、土のまま区画を分けるだけでできます。すべて自身でできるから、初期投資は少なくすぐに始められます。
貸し農園は資材置き場や駐車場と同様に、建物がないので支払う空地の税金は変わりません。区画に空きが出ないよう集客をして、税金以上の収入が得られるようにしましょう。

土地信託

空地をうまく活用する自信がないなら、配当金で資産を増やす土地信託を利用しプロに活用を任せるという方法もあります。土地信託では信託会社に土地を預け、運用益から配当金を貰います。 土地の所有権を失わず、空地活用の手間なしで収益が得られる反面、自身で活用するより運用を委託する分だけ、収益が少なくなることは覚悟しておきましょう。
土地信託では、契約終了後に建物付きで土地を返却される場合があります。土地信託を利用するなら、契約終了後に土地をどうしたいのかも検討しておいてください。

資材置き場

資材置き場は、近くで大規模な工事などがあれば業者と契約して賃料を定期的に得られる、更地のままできる空き地活用法です。
需要さえあれば、家を建てるには向かない土地の形や、人が住みにくい周辺環境でも挑戦できます。
資材置き場なので賃貸にするときは、整地をする必要がなく普段の空地の管理は業者が行ってくれます。さらに契約終了時はそのまま空地が返ってくるので、次の空地活用を検討しやすいです。
資材置き場としての活用には、税金や収益面でデメリットもあります。固定資産税や都市計画税の支払いは変わらず、住居用の賃貸などと比べると収益が小さいです。

自販機

空地が生活道路沿いで、人通りも多いなら自販機を設置して収入を得ることができます。自販機の設置や商品の補充、ゴミ回収まですべて飲料メーカーが請け負ってくれます。 収入は1台あたり月10,000~20,000円程度で、自販機を稼働させるために電気代が2,000~4,000円程度必要です。自販機の設置は広い土地である必要はないため、所有している空地が狭くよい活用方法がないなら、自販機を設置して不労所得を得る方法もあります。

等価交換

等価交換とは、ディベロッパーに土地を提供して、建てられた建築物と土地を出資割合に応じて所有する、空地の活用方法です。
等価交換は立地のよい土地でないと、契約相手が見つかりにくいというデメリットがあります。
しかし相手が見つかりオフィスビルを建てれば賃料の一部が、分譲マンションなら売却益の一部が自身のものとなります。
借入金が0円で建物の所有権の一部を得られるので、ディベロッパーから事業の提案を持ちかけられたら、空地活用の一つとして検討してみましょう。

土地活用を考えたら、まずは土地活用プランを無料で取り寄せることをおすすめします。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

土地活用は手間がかかるし難しそう…活用できる土地ではなさそう…と考えた方は、売却するのもひとつの手です。

売却

所有している空き地を今後自分で管理したくないなら、所有権を手放し現金化できる売却がおすすめです。まとまった現金が手に入り、税金の支払いがなくなります。 空地を少しでも高く売却したいなら、複数社の不動産会社で査定を受けて、査定額を比較してください。空地に定価はなく不動産会社によって数十万円の差が出ます。

投資して長期で稼ぐ土地活用ランキング

土地活用ランキング

次に投資資金はかかりますが、長期で収入が得られる6つの空地活用方法を紹介します。


  1. 賃貸経営
  2. コインランドリー経営
  3. テナント経営
  4. 医療系の施設経営
  5. コンビニ経営

いずれの空地活用方法も、一度始めてしまえば簡単に辞められませんが、長期で安定した収入が期待できます。初期投資が高額なので、融資を受けて挑戦してみてください。

賃貸経営

アパートの賃貸経営は、数千万の初期投資に対して平均で10%の利回りがあります。自身が所有している空き地を活用するなら、20%の利回りを狙うことも可能です。
賃貸経営で高い利回りを維持するには、空室リスクをなくす努力をしなければなりません。長期に住んでもらうため管理を徹底し、空室ができればすぐに次の入居者の募集をかけます。
空室リスクをなくすため、一括借上げ(サブリース)という制度があります。不動産会社がオーナーからアパートを丸ごと借上げ、入居者に賃貸に出すという方法です。これならオーナーは空室に関係なく、家賃収入を得られます。

マンション経営については以下の記事をご確認ください。

コインランドリー経営

コインランドリー経営は、初期投資として数千万円かかりますが、在庫のリスクや管理の手間がかからない、空き地活用の1つです。平均的な利回りは15%で、利用者はリピーターになりやすいから、安定した収益を出せます。
コインランドリー経営を続けるポイントは、ライバル店と差をつけにくいということです。導入している機器を最新にするのは費用がかかります。プリペイドカードの発行や洗濯の終了をメールで通知など、細やかなサービスでリピーターを確保し続けてください

テナント経営

オフィスビルを空地に建設しテナントとして経営をする場合、初期投資は数億円かかります。しかし賃料はアパートの数倍を設定しても借り手は見つかり、入居した企業の経営状態が上向きなら、賃料アップの交渉もできる余地があります。
また入居しているのは基本的に企業なので、アパートなどの個人との契約と違い、家賃滞納の心配をしなくてよいです。空室リスクは景気によって高まり、一度空室になってしまうと入居者を見つけるのは、難しいのです。

介護や医療など高齢者施設経営

2020年以降のこれからの高齢化社会を見据えるなら、広い空地を介護や医療系の施設経営に使う方法もありです。有料の老人ホームや自立支援グループホームは、需要はこれから益々増え、医療系施設の経営は社会貢献にもなってくれます。
どの活用方法でも空き地は200坪以上は必要になります。空地が広くてそのまま売却するのが難しいようなら、選択肢の一つとして検討してみるのもよいでしょう。

コンビニ経営

コンビニ経営はフランチャイズが基本です。マニュアルが完備されているため、短期間でプロのオーナーになることが可能です。
開店後でもサポートは続き、集客のための広告・宣伝を本部が行ってくれます。
空地活用としてコンビニ経営をする場合、副業で行うのは困難という欠点はあります。オーナーがシフトに入るのは当たり前で、バイトが集まらないと、自身は休みなく働くことになります。
コンビニ経営は利益が上がり慣れてくると、複数店舗の経営を1人で行うことは可能です。一度学んだノウハウはそのまま使えるので、人材育成に力を入れ、収益を伸ばしましょう。

ベストな土地活用の選び方

ベストな土地活用の選び方

ベストな土地活用方法を選択するときに、以下の3点について考えておきましょう。


  • 表面利回りにだまされない
  • 初期費用や収入面から考える
  • 売却できない空き地の寄付は困難

どの土地活用方法も大金が動くため、失敗してしまうと活用しない時より出費は増えてしまいます。1つ1つなぜ注意しなければならないのかを見ていきましょう。

利回りから考える

空地活用方法を検討するとき、利回りは指標の1つになります。しかし紹介されている利回りが、表面利回りか実質利回りかによって、実際の収入は大きく変わります。

例えばアパート経営の場合、表面利回りと実質利回りは以下のようになります。

表面利回り=(年間の家賃収入÷建物の価格)×100
実質利回り={(年間の家賃収入-ランニングコスト)÷(建物の価格-購入の費用)}×100

ランニングコストが年間の家賃収入の30%程度かかるなら、それだけ利回りも下がります。さらに家賃収入は満室を想定しているなら、空室により、実際の利回りはもっと下がってしまうでしょう。できるだけ現実に近い形で利回りを計算しましょう。

初期費用や収入面から考える

いくら実質利回りが高い空地活用方法を選んでも、初期投資の費用が小さければ、トータルの収入も少なくなってしまいます。たとえ利回りが同じ10%でも、駐車場経営なら数十万円、アパート経営なら数百万円となります。

また、初期費用がかなりかかりランニングコストがかかりすぎる活用方法では、高い収入は見込めません。田舎の空き地を活用する際には、特に人口減少なども考慮しておく必要があります。
空き地活用は、どの程度稼ぎたいのかや、投資資金をどの程度の期間で回収したいのかを含めて決めましょう。見通しが甘いと不労所得だけでの暮らしは、いつまでも実現できません。

用途地域など土地の法規制を確認する

土地活用を考えたら、土地にかけられた制限の確認が必要です。法で規制をかけられていることが多く、考えていた活用ができないなんてこともあります。

確認する際は、土地の登記簿謄本などを取り寄せると良いでしょう。ここでは、土地活用が制限される理由をご紹介します。

市街化調整区域

市街化調整区域とは、市街化を抑制するべく住宅や商業施設など建物を建てることを法で規制している区域です。
農地や自然環境の保護を目的としており、活用がかなり制限されています。

インフラ整備がされていない故に土地の価格が安く、活用しにくいものです。また、建物を建てにくいように制限がかけられている点も活用の難しい要因でしょう。

市街化調整区域にある空き地の活用を考えたら、開発許可を得て活用をする、また農地であれば農地を転用する許可を受けるなど、様々な手続きが必要です。そのため、売却も難しい点にはご注意ください。

用途地域

用途地域とは土地計画法による地域地区であり、以下のように建てられる建物に制限がかかります。
  • 建物の種類
  • 建ぺい率
  • 容積率
  • 高さ制限
  • 前面道路の幅員
  • 道路斜線
  • 隣地斜線
  • 日影規制
用途地域は13種類の制限に基づき、できる活用方法を定められています。

住居地域 商業地域 工業地域
低層住居専用 中高層住居専用 住居 田園住居 近隣商業 商業 準工業 工業 工業専用
第1種 第2種 第1種 第2種 第1種 第2種 準住居
住居 ×
公共施設 学校・病院・教習所以外 教習所以外 学校・病院・教習所以外 学校・病院・老人ホーム以外
店舗 物品販売店舗など × × ×
飲食店など × 農業関連のみ × ×
その他 × × ×
娯楽 ボウリング場など × × × × × ×
カラオケ・パチンコなど × カラオケのみ
映画館・ナイトクラブなど × × ×
キャバレーなど × × × × × ×
ホテル・旅館 × × × × × × ×
事務所 × × × ×
工業 自家用倉庫 × × × 農業関連のみ
倉庫業倉庫 × × × × × ×
工場 × × × 農業関連のみ
危険物の貯蔵・処理 × × ×

農地法

農地は、農地法により活用に制限がかけられています。農地ではない活用をする場合には許可が必要で、売却する際にも農家にしか売却できません。

結果的に、活用と売却どちらも厳しく遊休地や耕作放棄地として放置される傾向にあります。土地活用を考えたら、農地法で土地の活用を制限されていないか確認しておきましょう。

土地活用は企業に相談するのがおすすめ

田舎の空き地活用は立地や利回りから考える

空地のまま土地を所有し続けるのはあまりメリットがありません。空地は維持費以上の収益が出るように活用しましょう。方法によっては初期投資0円でも始められるますので、ハードルは決して高くありません。
空地活用の方法は、立地や利回り、自身が思っている収入になるかで絞り込んでください。一度運用を始めてしまえば、管理の手間がかからないものもあるので、将来の生活を安定させる収入源となる可能性が空地にはあります。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
土地活用のランキングから見るおすすめの活用方法は?
アパートやマンションなど賃貸経営です。15の活用方法を収益性の観点からランキングにしていますのでご一読ください。
土地活用で長期で稼ぐのにおすすめの方法は?
初期費用をどのくらいに収めてどのくらい稼ぎたいかで活用方法は異なってきます。詳しくはこちらでご確認ください。
ベストな土地活用を選ぶ方法は?
土地にかけられた法規制から考えて、初期費用と収益性から決めていくことをおすすめします。詳しくはこちらでご説明しています。

初めて土地活用をするならイエカレ

初めて空地活用を考えている方は、土地活用のプロに相談して進めるようにしましょう。
契約の準備や初期機材の整備、各種申請など、自分だけではわからないことも多く、場合によっては払う必要のなかった費用やコストを支払っている
こともあります。
土地活用のプロと言ってもさまざまな領域のプロがいます。駐車場経営のプロやアパート経営のプロなど、自分が検討している土地活用方法に合ったプロに出会う必要があります。
そんな時におすすめなのがイエカレです。イエカレは土地活用一括相談サービスであり、一度必要事項を記入するだけで、自分に合った土地活用会社にまとめて相談する事が可能です。もちろん無料で利用できます。
初めて空地活用をする予定で、どこに相談すればいいかわからないという場合はイエカレで相談するようにしましょう。

【完全無料】最適な土地活用って?