コインランドリー経営の費用はいくら? 開業にかかる機器代と儲かる方法

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

コインランドリー経営は儲かると近年話題になったことから、所有している土地の活用でコインランドリー経営を始める方もいます。

コインランドリー経営は、ある程度人が住んでいる住宅街であれば、年齢層を問わず一定の需要が見込めるものです。そのため、店舗数が年々増加しており、多くの事業者や個人がコインランドリー経営を始めているようです。

ここでは、コインランドリー経営とはどのようなビジネスなのか、どんなメリットやデメリットがあるのか、実際にどのくらいの費用がかかるのかを解説します。

三原 淳
監修者:三原 淳(みはら じゅん)
株式会社エムアイエス 代表取締役
2000年に起業しエコランドリーマンマチャオをFC展開する。2010年に業界初の電子マネーランドリーや環境配慮型コインランドリーのエコランドリーを開発展開。2018年に全国マンマチャオ店舗数500店舗を達成。著書多数。
最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

コインランドリー経営の初期費用はいくらかかる?

コインランドリー経営の費用

コインランドリー経営を開業する際、初期費用はいくらかかるのでしょうか。
経営を始めるときに必要な初期費用と、運営していくための維持費用について解説します。

コインランドリー経営の初期費用がいくらかかるか小型店舗と大型店舗で異なってきますが、以下のような費用がかかってきます。

小型店舗 大型店舗
機器代 約1700万円~
洗濯乾燥機2~3台、乾燥機5~7台、洗濯機1~2台
約2300万円
洗濯機7~8台、乾燥機9~10台
内装設備工事 800万円~ 1,000万円~
基礎工事 500万円~ 500万円~

初期費用

コインランドリー経営には一定の初期費用がかかります
具体的には、更地から始めると、3~4,000万円ほどの初期費用がかかると言われています。一般的に、初期費用の30~40%を自己資金で、残りを融資によって資金調達する投資家が多いようです。

装置産業である以上、始めるときに設備を揃えなくてはなりません。業務用の洗濯機や乾燥機はもちろん、店舗の内外装や駐車場の整備などにも資金が必要です。

洗濯・乾燥機器代

コインランドリー経営の初期費用において、1番費用がかかってくるのは洗濯機と乾燥機、そして洗濯乾燥機など機器代です。

大型のドラム缶型の洗濯乾燥機などは、1台で結構な費用がかかってきます。具体的には1台において以下の費用がかかってきます。


  • 洗濯機(縦型の渦巻式):15万~30万円
  • 洗濯機(横型のドラム式):50万~200万円ほど
  • 乾燥機:80万~100万円ほど
  • 洗濯乾燥機:200~300万円ほど

各機器の台数やレイアウトは専門の業者やフランチャイズ本部と良く相談するようにしましょう。

設備工事・内装工事

これらの費用にいくらかかるかは依頼する業者にもよりますが、500万~1000万円ほどで考えておくと良いでしょう。


  • 電気工事
  • 給排水工事
  • ダクト工事
  • 看板など外装工事
  • 内装工事
  • そのほか駐車場な整地費用

自分だけではコインランドリー経営に適した土地を見定めるのは難しく、ましてや安定してどのくらいの収益となりそうか、現実的な利回りを計算するのはかなり難しいことでしょう。そのようなときにおすすめしたいのは、イエウールの土地活用比較サイトです。

建設予定地など簡単な情報の入力をするだけで、相談に適した企業を絞り込んでくれますし、それら複数の企業から一括で資料を取り寄せられます。
企業と契約するまでは無料で利用できますし、企業によっては建設予定地の実地調査をした上で、儲かる土地か他にも最適な土地活用はないか提案してくれるでしょう。
まずは、チャットで簡単な入力を済ませて無料で土地活用プランを取り寄せましょう。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順
最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

コインランドリー経営の維持にかかる費用と収入

コインランドリー経営は、初期費用だけではなく維持費用としてランニングコストがかかってきます。

収益は、店舗に訪れた人が利用した分だけ入るため、広告などを上手く使い利用者を増やすと良いかもしれません。

収入は機器代を何年で返済するか、ローンを利用した場合はどのように組んだかで異なってきますが、以下のようなキャッシュフローとなります。

小型店舗 大型店舗
キャッシュフロー(収入) 15~55万円 30~100万円
売上(月) 40~80万円ほど 60~150万円ほど
水道光熱費 売上の20~25% 売上の20~25%
家賃(固定資産税) 物件による 物件による
人件費 3~5万円ほど 3~5万円ほど
雑費 1~2万円 2~3万円

ランニングコストがいくらかかるか、また収入はどのくらいになるのかご説明します。

維持費用(ランニングコスト)は店舗の坪数で変わる

一般的に、コインランドリーの維持費は、売り上げの20~25%程度といわれています。
水道光熱費や保険料、固定資産税などが代表的な出費です。洗濯機などの設備を、ローンで購入した場合やリースにしている場合は、追加で月々の費用がかかります。

また、フランチャイズの店舗を経営する場合は、フランチャイズ料が発生する場合もあります。コインランドリービジネスを検討している方は、初期費用だけでなく、維持費用のことも考えて計画を立てましょう。

コインランドリー経営にかかる費用は、小型店舗か大型店舗か店舗の坪数によって異なりますので、坪数によって見積もっておくことをおすすめします。

コインランドリー経営で儲かる方法

コインランドリー経営は儲かるか
コインランドリー経営を考えた際に気になるのは、コインランドリー経営って儲かるのかではありませんか?
実態はどうなのか、最近は性能の良い乾燥機付き洗濯機もあるし、需要がないのではと思われるかもしれません。

実は、コインランドリービジネスは時代のニーズに合った注目すべきビジネスと言われています。女性の社会進出で負担になった家事の軽減や布団など寝具類の洗濯需要の増加が主な理由です。

とは言っても、コインランドリー経営を始めて必ず儲かるとは言えませんが、準備を怠らずにしっかり計画を立てて始めれば儲かることは可能です。

近年の儲かるコインランドリー経営として、以下が挙げられるでしょう。


  • キャッシュフローをしっかり計算する
  • 儲かる需要のある土地を見極める
  • コスパの良い機械を利用する
  • 利用者のニーズに合わせた併設店舗づくりをする

キャッシュフローをしっかり計算する

コインランドリーを開業する際には、キャッシュフローの計算をしておく必要があります。

店舗の規模にもよりますが、収入の平均は40~80万円ほどであり、郊外の利用者の多いエリアにある大型店舗では150万円を超えるケースもあるようです。

他の活用と比較して利益率を見る際には、利回りで見ると良いかもしれません。
コインランドリー経営の利回りはおよそ8%と考えておきましょう。全国的な利回りの平均は8~10%で、大繁盛している店舗では15~20%もあります。

利回りは、以下のように計算できます。


利回り(%):(年間収入 – ランニングコスト) / (購入価格 + 購入経費) × 100


最近の実態として、コインランドリー経営は人気の土地活用であり、気づいたら近くに競合店ができているなんてことはよくあるようです。
どのくらい儲かりそうか利回りを計算した上で、もし競合店ができて利用者が減ったらどうするか、機械が壊れたらどうするかなど、具体的に業者へ相談しておきましょう。

儲かる需要のある土地を見極める

コインランドリー経営で儲かるためには需要のある土地の見極めが必要です。

立地を間違わなければ安定した収益を得られますし、洗浄力や乾燥力の高い壊れにくい機械を利用することで、効率よく収益を上げられるでしょう。

コインランドリー経営をして儲かりやすい土地は、利用者が多く見込める以下の土地です。


  • 住宅街にある土地
  • 小中学校、高校が近くにある土地
  • タワマンが多く立ち並ぶ土地

基本的には、共稼ぎ世帯が多いエリアを見定めると良いでしょう。

コスパの良い機械を利用する

コインランドリー経営は、十分な装置や設備を備えれば、人件費などのコストがかからないため、一定の利益を見込める装置産業でもあります。

無人でも問題なくまわる性能が良くコスパも良い機械を見極めて導入できると良いでしょう。質の良い中古機であればコスパは言うまでもありません。

利用者のニーズに合わせた併設店舗づくりをする

最近のコインランドリーは、待ち時間も有意義に使えるように工夫された店舗が増えています。
利用者にとって、居心地のよい環境を整備することで、リピーターを確保できます。例えば、人気の店舗は以下のようなサービスを提供しています。

  • 無料Wi-Fiの設置
  • 大型テレビの設置
  • 外国語の案内を用意
  • カフェや美容室、スポーツジム、コンビニ、スーパーなどの併設

他の店舗にないような付加価値を付けることで、競合店よりも人気を獲得できるのではないでしょうか。競合しやすい業界のため、オーナーには革新的なアイデアが求められます。

コインランドリー経営の始め方

コインランドリー経営を始めるための準備について解説します。お金以外にも考えなくてはならないことがいくつかありますが、どれもコインランドリー開業に向けて重要なことですので確認しておきましょう。

コインランドリー会社やフランチャイズ本部に相談する

コインランドリー経営を始める際には、コインランドリー機器の購入や立地の調査、経営プランの作成など様々な作業が必要です。

コインランドリー機器の購入などは自分でもできなくはありませんが、多くの方はコインランドリー企業やフランチャイズ本部に相談して始められています。まずは、土地活用企業やコインランドリー企業、フランチャイズ本部に相談して見ると良いでしょう。

適切に相談できる企業を費用も手間もかけずに見つけたい方には、土地活用比較サイトの利用をおすすめします。企業に相談しながら、次はどのような経営方法がいいのか決めていきます。

経営業態を決める

コインランドリーの経営にはいくつかの業態があります。
代表的な経営業態は以下です。


  • 自分で店舗を経営する方法
  • フランチャイズの店舗を経営する方法
  • 土地をコインランドリー事業者に貸す方法

自分で店舗を経営する方法

1つ目は自分で店舗を経営する方法です。土地や建物を準備して、設備を導入すれば始められます。
収益は、客が利用した分だけ入るので、たくさんの利用客が来るように、立地や設備を工夫しなくてはなりません。また、はじめから知名度があるわけではないので、宣伝広告も積極的に行う必要があります。

フランチャイズの店舗を経営する方法

2つ目は、フランチャイズの店舗を経営する方法です。こちらは、本部へのロイヤリティなどの維持費用はかかる場合もありますが、スーパーバイザーからアドバイスを受けられるので、経営が軌道に乗りやすいというメリットがあります。またロイヤリティのないフランチャイズもあります。
また、市場調査や事業計画などの経営に関わることや、清掃や集金などの店舗の維持に関することを、本部にお任せすることもできるので、安定した経営が可能です。

土地をコインランドリー事業者に貸す方法

3つ目は、土地をコインランドリー事業者に貸す方法ですが、経営というよりも不動産投資に近くなります。この方法は、コインランドリー事業が成功しているか否かにかかわらず、一定の賃料を得られることがメリットです。
家族世帯が多く住む住宅街や商業施設の近くの土地は、この方法だと安定した収益を見込めるでしょう。

市場調査をする

利用者層が変化しつつあるコインランドリーのため、昔と同じような立地ではうまく経営していくことはできません。かつては単身者の利用客をかき集めるために、学生の多いエリアや、銭湯の近くに店を構えることが推奨されていました。
ただし昨今は、主婦をはじめとしたファミリー層を主なターゲットにしたほうが、利用者の増加につながります。

そのため、働く世代が多く住む住宅街や、ついでに買い物ができる商業施設の近くが最適でしょう。さらに、車で来店する利用客が多いと想定されますので、右左折しにくい、大きな道路沿いは避けると良いでしょう。
土地に目星を付けたら実際に現地へ赴き、周辺の住宅の様子や車の流れを確認するなどの現地調査も忘れずに行いましょう

店舗の準備

コインランドリー経営は立地が命といわれているため、市場調査は徹底的に行い、多くの利用者を見込める場所に店舗を構えましょう。

所有している土地があれば建物の建設からになりますし、土地の購入からであれば以下のようなコインランドリー経営に向いている土地を探すことをおすすめします。

具体的に、コインランドリー経営に向いているのは以下のような土地です。

アパートやマンションが多い

アパートやマンションが多く建っているエリアは、それだけ世帯数が多いということになります。
最近のコインランドリーはファミリー層の利用が多いため、単身者用のアパートやマンションにこだわる必要はありません。

近くに時間を潰せる施設がある

スーパーマーケットやコンビニ、書店など、洗濯中に時間を潰せる施設が近くにあると、利用されやすくなります。
最近は、大型商業施設の駐車場の一角に店舗を構えているコインランドリーも多くなっています。

駐車場を確保できるスペースがある

布団やカーペットなどの大きなものを洗濯するために、車で来店する人が多くなります。そのため、駐車スペースがないと、利用しにくいと感じられてしまいます。
近くに競合するコインランドリーがなく、遠くからの利用客も見込める場合などは、駐車場を広く確保できる土地を探すとよいでしょう。

駐車スペースを取る

郊外に店を構えるコインランドリーには、駐車場が必須です。
布団やカーペットなどの大きな洗濯物を持ち込む人や、少し離れたところから来店する人に親切な設計にしましょう。

新しく土地を探してコインランドリー経営を始めようと考えている人は、店舗と駐車場を併設できる、広めの土地を選ぶことをおすすめします。
もし、広い土地が見つからなかった場合は、店舗の前に一時駐車しやすい場所を選ぶとよいでしょう。

保健所へ届け出る

店を開業する際には、保健所へ届け出る必要があります。コインランドリーの場合は「コインオペレーションクリーニング営業施設開設届け」という書類を提出しますが、その他に「構造設備の概要」や「洗濯機などの配置図」などの書類も必要です。届け出はコインランドリー会社やフランチャイズ本部に委託することもできます。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

コインランドリー経営のメリット・デメリット

コインランドリー経営のメリットとデメリットについてご説明します。

コインランドリー経営のメリット

コインランドリー経営におけるメリットは、以下のようなものが挙げられます。


  • 節税効果がある
  • 現金ビジネスである
  • 土地の形にこだわらない
  • リスクの種類が少ない
  • ランニングコストの低さ
  • 景気の影響が少ない
  • 利回りがよい

それでは、一つずつ見ていきましょう。

節税効果がある

土地をコインランドリーとして利用した場合は、相続税の支払いを減らすことができます。「小規模宅地などの特例」という制度が適用され、400㎡までに限り、その土地を相続したときに発生する相続税が70~80%減額されます。
更地のまま相続するよりも圧倒的に節税できるので、コインランドリー経営は節税対策として効果的といえるでしょう。

現金ビジネスである

コインランドリーの洗濯機は、コインを投入しなければ作動しないため、利用客は必ず現金を支払うことになります。そのため、料金未回収になるリスクが大幅に下がり、安定した収益が期待できます。

また、利用と収入の時間差が少ないため、すぐに利益になることもオーナーにとってうれしい点でしょう。

土地の形にこだわらない

狭い土地や、地形が変形した土地でも、コインランドリー経営はできます。ニーズの高い立地なら、土地の質の良し悪しに関係なく、高い収益が見込めるでしょう。

リスクの種類が少ない

コインランドリービジネスは、ほかの不動産経営よりも、リスクの種類が少ないといえます。アパートやマンションのように、空室が発生することはありません。

また、抱える在庫といえば洗剤類くらいなので、物販店や飲食店のように在庫による損害が少ないことも利点です。

ランニングコストの低さ

コインランドリーのランニングコストは、ほかの業態の店を経営するよりも安く済むことが多いです。従業員を雇わなくてもよいため、人件費がかかりません。

土地の賃料を除けば、かかる費用は水道光熱費くらいです。

景気の影響が少ない

景気が悪くなったからといって、洗濯をする人が減るわけではありません。
洗濯という消費者の生活と密接に関係したビジネスであるため、景気に左右されず、安定的に利用してもらうことができます。

利回りがよい

コインランドリーの利回りはおよそ8~10%です。この利回りは、ほかの不動産投資と比べて高く、一般的に10年以内には初期費用が回収できるといわれています。

また、コインランドリーの大きなメリットの一つとして、粗利率の高さが挙げられます。ランニングコストが低いので原価が抑えられ、高い収益性を確保できます。
その粗利率はおよそ70~80%といわれ、ほかの不動産投資よりも早く費用を回収できるでしょう。

コインランドリー経営のデメリット

一方、コインランドリー経営にはデメリットもあります。ここで挙げるデメリットをあらかじめ把握しておくことで、リスクを回避しつつコインランドリー経営を始めることが可能です。


  • 初期費用の高さ
  • 防犯上の問題がある
  • 転用や移転が難しい
  • 同業他社の出店での競争

初期費用の高さ

コインランドリー経営の懸念事項として、最も大きなものが初期費用の高さで、2,000万円~5,000万円はかかるとされています。

土地や建物の確保に加え、洗濯機や乾燥機などの機械への設備投資が必要になるためですが、ランニングコストも含め、入念な資金計画を立てることが大切です。

防犯上の問題がある

コインランドリーは無人経営なので、防犯上のリスクが付きまといます。

洗濯機に投入された貨幣や、両替機内に貯まった現金が常に店舗に保管されることになるので、盗難の被害にある可能性も十分に考えられます。盗難にあうと警察や損害保険会社との相談でかなりの時間がとられて厄介です。

転用や移転が難しい

コインランドリーは、洗濯機などの設備を店舗に合わせて設置するため、一度店の場所を決めると移転することが困難になります。

また、特殊な構造により、他の業態への転用が難しい点にも注意が必要です。そのため、開業の際に長期的に収益が見込めるエリアかどうかをしっかりと吟味しておきましょう。

同業他社の出店での競争

コインランドリービジネスには、さまざまなメリットがあるうえに、新規参入が容易なビジネスです。

そのため、住宅街などの人気エリアでは新しい業者の参入により、競争が激化するリスクがあります。最近のコインランドリーは進化を続けているため、利用客確保のために、自分の店舗のサービスも常に改善し続けなくてはなりません。

コインランドリーは立地で儲かるか決まる

コインランドリー経営

コインランドリー経営は初期費用が高額であるため、開業しにくいと感じられるかもしれません。
しかし、ランニングコストが安く抑えられるため、利用客を確保できれば安定した収益基盤を築くことができます。

たくさんの人に利用してもらうためには、ターゲットであるファミリー層が多く住んでいるエリアに店舗を構えることが重要です。
また、広告宣伝に力を入れ店内を居心地のよい環境に整えることで、リピーターになる利用者が増えて、安定した経営ができます。

土地を活用してコインランドリー経営を考えたら、メリットとデメリットを確認して立地をしっかり調査して始めましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村
初心者でもわかる!
記事のおさらい
コインランドリー経営は儲かる?
儲かる立地と機器を見極めることで儲かることは可能です。詳しくはこちらでご説明しています。
コインランドリー経営にかかる費用はいくら?
初期費用は約2000万円ほど、ランニングコストは売り上げの25%ほどかかります。詳しくはこちらでご確認ください。
コインランドリー経営の始め方は?
まずはコインランドリー会社に相談します。詳しくは、こちらをご確認ください。

土地をコインランドリー経営で活用したい方は、土地活用プランを無料で取り寄せられる「イエウール土地活用」を利用して、コインランドリー経営プランを相談できる不動産会社を探してみましょう。

イエウール土地活用では、複数の土地活用プランを不動産会社から取り寄せることが可能です。契約するまでは無料で複数の会社のプランを一括で取り寄せて比較できるため、最適なプランを見つけられるでしょう。
まずは、複数の企業から無料で土地活用プランを取り寄せてみることをおすすめします。

【完全無料】最適な土地活用って?