人気のシェアハウス経営の基礎知識|メリットやデメリットを紹介

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

不動産経営の選択肢は多数あります。戸建てやマンション、アパートの経営だけではなく、少し変わった賃貸の方式として、シェアハウス経営があげられます。

シェアハウス経営に興味を持ち、チャレンジしてみたいと思うのなら、経営方法のポイントを知っておくことが大切です。他の賃貸物件と比較した場合の違いやシェアハウスならではの特徴を知り、シェアハウス経営の成功を目指しましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

シェアハウス経営などの、賃貸経営や土地活用についてより詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです。

そもそもシェアハウスとは


シェアハウス経営とはどのようなものなのか、基本的な理解から深めていきましょう。シェアハウスという存在自体を正しく認識していないと、経営に乗り出す際につまずいてしまいます。

経営の形態から物件の種類などを知ることで、シェアハウスとはいかなるものなのかを把握しやすくなります。

シェアハウスの形態

1つの家にある部屋を利用して、複数人で居住する形態がシェアハウスです。例えば個室が3つある部屋なら、それぞれの部屋に入居可能で、1つの家に3人で住むことができます。

ルームシェアと混同されることも多いですが、ルームシェアは家族や友人などで1つの部屋を契約し、そこに同居することを指します。一方でシェアハウスは、部屋ごとに個人が契約し、家族や友人といった関係性のない人との同居生活を送ることが特徴です。

シェアハウスは個人に個室が用意されていますが、リビングやお風呂、キッチンなどは共有スペースとなっていることが多いです。居住者全員に個室が用意されていて、かつ共有スペースを他の人とシェアして利用する形態がシェアハウスと呼ばれます。

バラエティに富んだコンセプトのタイプ

シェアハウスにはさまざまなコンセプトのものがあり、生活空間の提供にプラスアルファした付加価値をつけているものもあります。例えば音楽や絵、小説など芸術に携わる人だけが入居可能のように、職業や将来の夢などで限定して入居者を募るシェアハウスもあります。

ただの生活空間としての個室とシェアする共有スペースがあるだけではなく、シェアハウスごとに特有のコンセプトが設定されていることも多いです。同じ趣味や目標を持った人と同居することで、より楽しく暮らしたり、高いモチベーションを持ったりできることから、コンセプト特化したシェアハウスは人気です。

他の賃貸と比べたシェアハウス経営のメリット


マンションやアパートなど、他の形態での賃貸経営と比較すると、シェアハウスの経営には次のメリットがあります。

  • 収益性が高められる

  • 空室リスクを分散できる

  • 通常賃貸とは異なる多様なニーズがある

収益性が高められる

住宅1軒で複数人の入居者を募れるシェアハウス経営は、他の賃貸経営よりも収益性を高めやすいです。例えば戸建て1軒を所有していて、通常の賃貸で貸した場合とシェアハウスにした場合で、収益性を比較してみましょう

通常の賃貸での家賃を10万円、シェアハウスの家賃を1室4万円に設定したとします。もし3室以上あり、満室になった場合は月に12万円以上の家賃収入が得られるため、一戸建てで賃貸経営をするよりは収益性が高いです。

また、シェアハウスで満室になるなら、ワンルームマンションを経営するよりも利回りが高いため、収益性の高さを求めるなら、シェアハウス経営がおすすめです。

空室リスクを分散できる

一戸建てで賃貸経営をする場合よりも、シェアハウスのほうが空室リスクを分散しやすいです。一戸建てで賃貸経営をする場合は、入居者がいない場合は収益は0になります。

家賃収入が100か0かになってしまい、空室リスクが高いです。しかし、シェアハウスの場合は、どこか1室でも入居者がいるなら、家賃収入は得られます。満室時の収益性が高いだけではなく、1室単位で貸し出せることから、空室リスクを分散して、リスクヘッジをした経営ができる点はシェアハウスの魅力です。

通常賃貸とは異なる多様なニーズがある

通常の賃貸物件にはない、多様なニーズがあることもシェアハウス経営をするメリットです。コンセプトを打ち出して入居者を募集するなら、特定のターゲットを狙うことができ、ファミリーから単身世帯、特殊な職業の人に入居してもらえます。

また、集団生活をしてみたい人や、一軒家に安い賃料で住みたい人など、さまざまな人のニーズを獲得できるため、入居者を募りやすい点もシェアハウス経営のメリットです。

シェアハウス経営のデメリット


さまざまなメリットのあるシェアハウス経営ですが、他の賃貸経営と比較するとデメリットもあります。

  • 特殊な造りなので物件を見つけにくい

  • トラブル対応や管理が大変

  • コストがかさんでしまう

これら3つのデメリットも把握して、シェアハウス経営ならではのポイントを理解していきましょう。

特殊な造りなので物件を見つけにくい

シェアハウスは通常の賃貸物件とは違い、特殊な造りです。一軒家で複数の部屋があるだけではなく、共有スペースが広かったり、場合によってはキッチンが2つ、トイレが複数といったように変わった構造をしていたりすることもあります。

特殊な造りをしていることから、シェアハウスに適した物件は数が少なく、物件選びでつまづいてしまうこともあります。物件がすぐに見つかるとは限らないことから、スムーズに経営をスタートできない可能性も視野に入れて準備を進めましょう。

トラブル対応や管理が大変

1つの住宅に複数人が住むシェアハウスでは、入居者間でトラブルが起きることもあります。トラブル対応に追われることもあり、心理的な負担が増える可能性があることはデメリットです。

また、入居者が快適に暮らせるように、共有スペースの管理もしなければなりません。管理がずさんだと入居者からクレームが入ったり、場合によっては退去されてしまうこともあります。

通常の賃貸物件よりも、1つの住宅に住む人数が多い分、管理が大変になりやすいです。

コストがかさんでしまう

シェアハウスは通常の賃貸よりも規模が大きくなりやすいことから、コストがかさみやすいです。共有スペースや個室の設備設置だけではなく、設備が故障した場合の修理も必要です。

初期費用が高くなるだけではなく、継続して経営する場合のランニングコストが高くなることもあります。また、経営管理を業者に委託した場合は、手数料として売上の20%程度を請求されることもあります。

自分で管理する場合は管理に手間がかかり、業者に委託した場合はコストが高くなる点はシェアハウス経営のデメリットです。

シェアハウスとして望ましい条件


通常の賃貸物件とは異なる点も多いシェアハウスでは、経営するにあたって望ましい条件があります。特に次の2つは、満たしているほうがスムーズに経営がしやすいです。

  • 個室はすぐ住めること

  • 共有スペースの整備を重視すること

個室はすぐ住めることがポイント

シェアハウスは個室にすぐ住めることがポイントであるため、入居しやすいように個室の設備は整えておきましょう。個室に必要な設備が整っていなかったり、部屋の掃除ができていなかったりすると、スムーズに入居してもらうことができません。

タイミングによっては入居希望者を逃してしまう可能性もあるため、空室を出さないためにも個室は整備しておくことが大切です。個室の広さは4畳半から広いと8畳程度のものが多いです。シェアハウスは安い家賃を理由に入居を決める人も多いことから、できるだけ家具は備え付けにしたほうがよいでしょう。

エアコンやベッド、クローゼットなどの設備が設置されているなら、すぐに入居を決めやすく、入居者を獲得しやすいです。また、防犯性を考えるなら、個室には鍵をつけておくことがおすすめです。個室に鍵がないとプライバシーを守ることが難しくなり、入居者も入りづらくなりやすいことは覚えておきましょう。

重視すべきは共有スペース

個室だけではなく、シェアハウスでは共有スペースの設備も重視することが大切です。個室が快適でも、共有スペースが使いづらいと入居希望者が現れづらくなってしまいます。重視したい部分としては、次のものがあげられます。

  • リビングダイニングやキッチン

  • 浴室やトイレ

  • その他の設備

これらの設備には特に気を配り、共有スペースも含めて快適に暮らせるようにしておきましょう。

リビングダイニングやキッチン

共有スペースで生活空間の中心となりやすいリビングダイニングは、テーブルや椅子、テレビやエアコンなどの設備があるとよいでしょう。快適に暮らしやすい物件にするためには、ゆっくり過ごせるようにソファを置くこともおすすめです。

また、個室だけではなく共有スペースでも使えるネット回線があると、物件の魅力として売り出しやすいです。キッチンは鍋や包丁といった調理器具に始まり、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などを揃えておくとよいでしょう。ガスコンロは2口以上あるほうがよく、人数が多いなら3口以上を目安に設置することもおすすめです。

また、料理器具や家電は人数が多いなら複数あったほうがよく、10人以上の大所帯になるなら2つ以上あることが望ましいです。

浴室やトイレについて

浴室やトイレは、入居者の人数次第では複数用意することがおすすめです。浴室はシャワールームだけではなく、浴槽もあったほうが入居者のニーズを満たしやすいです。

他にも追い炊き機能をつけたり、浴室乾燥機能があったりすると、付加価値としてアピールできます。トイレも入居者の数が多いなら、複数設置することが望ましいです。10人以上でトイレが1つだと、なかなか使用できずに不満が溜まってしまうこともあります。

また、入居者に合わせて数を設定するだけではなく、ウォッシュレット機能をつけるなど快適性を上げるのもポイントです。

その他の設備

シェアハウスでは洗面所や洗濯機などの設備も必要であり、これらも入居者の数や需要に合わせて数を増減させることが大切です。10人以上の大人数で暮らす場合は、洗面所や洗濯機が1つだけだと、利用しづらくなってしまいます。

また、男女で暮らす場合は洗面所や洗濯機は男性用、女性用と分けているほうが、入居者も利用しやすいです。入居者の数やニーズに合わせてどのような設備を揃えるかも考える必要があり、暮らしやすい環境を作ることが、シェアハウスの経営を成功させるには重要です。

シェアハウス経営のポイント


シェアハウスの経営を成功させるには、いくつかポイントがあります。

  • 明確なコンセプトを持つこと

  • 定期借家契約でリスクヘッジをすること

  • 入居者とコミュニケーションを取ること

これら3点を意識して、スムーズにシェアハウスの経営をしましょう。

一番大事なのは明確なコンセプト

シェアハウスは通常の賃貸経営とは異なる部分が多く、特にコンセプトが重視されます。経営計画の段階で、どのようなコンセプトで経営するのか、誰をターゲットにするのか明確にすることが大切です。

若年層をターゲットにするのか、特殊な職業や目標を持った人をターゲットにするのかでは、家賃の設定額や導入する設備などが異なります。

また、明確なコンセプトがあると、生活空間の提供以外にも付加価値をつけることができ、入居者を獲得しやすいです。周辺需要も確認しながらコンセプトを決め、ターゲットを絞り込んでおきましょう。

定期借家契約でリスクヘッジ

賃貸契約には普通借家契約と定期借家契約の2つがあり、それぞれで特徴が異なります。シェアハウスの経営をするなら、定期借家契約にしてリスクヘッジをすることがおすすめです。

定期借家契約とは

期間の定めをつけて賃貸借契約を結ぶことが、定期借家契約の特徴です。普通借家契約では通常1年から2年程度で契約をし、期間満了のタイミングで更新します。普通借家契約の場合は、入居者が退去の意思を示さない限り、基本的に更新し続けなければなりませんが、定期借家契約では期間満了時に更新しなくても構いません

入居者が退去したいと申し出る、あるいは契約違反がなければ普通借家契約は解約できませんが、定期借家契約なら期間満了のタイミングで退去してもらえることが特徴です。もちろん、定期借家契約でも双方の合意によって契約を更新できます。

問題のある入居者を退去させられる

定期借家契約なら、契約期間満了のタイミングで、問題のある入居者に退去してもらうことができます。普通借家契約では、重大な契約違反がない限り退去を迫ることはできませんが、定期借家契約なら契約期間で区切って入居者のコントロールができる点が魅力です。

問題のある入居者は、シェアハウスを経営する上で大きな障害となるため、リスクヘッジをしやすい点が定期借家契約を結ぶメリットです。

コミュニケーションも大事

問題なくシェアハウスを経営するには、入居者とのコミュニケーションも重要です。コミュニケーションを綿密に取り、入居者のケアをしておくことで、抱えている不満を解消できたり、入居者間トラブルを回避できたりします。

また、入居審査の際にも念入りにコミュニケーションを取っておくことが大切です。審査の時点で人となりを把握しておくことで、不適切と判断した人は審査で落とすことができます。

複数人が1つの家に住むシェアハウスは、人間関係のトラブルが起きることが多いです。対人トラブルを回避するためにも、入居希望者や入居者とはこまめにコミュニケーションを取っておきましょう。

シェアハウス経営の相談は専門家へ


シェアハウス経営についての相談をするなら、専門家に依頼することがおすすめです。専門家に相談しておくことで、どのような物件がよいのかを把握しやすくなったり、打ち出すコンセプトも決めやすくなったりします。

素人判断で経営を開始すると失敗することも多いため、リスクを回避して経営するためにも、専門家には相談しておきましょう。

複数社に相談して比較検討しよう

シェアハウス経営について相談できる専門家は多数あります。相談をするなら、複数社にアプローチして資料を請求しておくことがおすすめです。

同じ物件でも、専門家によってどのようなプランを提案するかは異なります。より自分に合った方法でシェアハウス経営をするためにも、複数社に相談して各社が提案する内容を比較検討しておきましょう。

一括相談サイトを活用しよう

複数社に相談する際には、一括相談サイトを活用することがおすすめです。一括相談サイトなら、物件情報を一度登録することで、複数社からまとめて資料を請求できます。

1社ずつ資料請求をするよりも効率的であるため、スムーズに自分に合った経営プランを見つけたいなら、一括相談サイトを有効活用しましょう。

一括相談サイトならイエウール土地活用

一括相談サイトは複数あり、どれを利用するかで迷うこともあるでしょう。利用するサイトで迷うなら、イエウール土地活用を利用することがおすすめです。

イイエウール土地活用は、日本でも有数の賃貸経営比較サイトです。複数社からの一括資料請求ができるだけではなく、賃貸経営についての不安や悩みを解決できる情報も提供しています。相談は無料でできるため、利用するサイトで迷った場合におすすめです。

シェアハウス経営は一風変わった賃貸経営である


賃貸経営の中でも、シェアハウス経営は一戸建てやアパートなどの賃貸経営とは一風変わっています。入居者のターゲット層が異なるだけではなく、メリットやデメリットの違いもあります。

シェアハウス経営を成功させるには、他の賃貸経営とは違う、シェアハウスならではのポイントを把握しておくことが大切です。シェアハウス経営をを成功させるには、イエウールのパートナーであるイエカレをおすすめします。こちらは、運営開始から10年以上続く、日本最大級の賃貸経営比較サイトです。

一括資料請求サービスの提供とともに、賃貸経営に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。

【完全無料】最適な土地活用って?