賃貸併用住宅

自宅兼アパートにはどんな建て方がある?メリットや注意点を解説

広くて持て余している自宅は、住居部分と賃貸部分を両立した、自宅兼アパートでの活用を検討することがおすすめです。...

広くて持て余している自宅は、住居部分と賃貸部分を両立した、自宅兼アパートでの活用を検討することがおすすめです。自宅が広すぎて使用していない部分が多いと、その部分を無駄にすることになります。 自宅兼アパートにすることで、居住環境を失うことなく賃貸経営によって収入を得られます。自宅兼アパートの建て方やメリット、注意点などを知り、どのように不動産を活用するのかを知っていきましょう。 […]

賃貸併用住宅の失敗例から見る成功させるためのポイントとは

土地活用のひとつとして、賃貸併用住宅が注目されています。住宅ローンを軽減したい若い世代や子どもが独立して生活空...

土地活用のひとつとして、賃貸併用住宅が注目されています。住宅ローンを軽減したい若い世代や子どもが独立して生活空間に余裕ができたシニア層が利用するケースが増えています。この記事では、賃貸併用住宅で土地活用を行う際のポイントについて解説します。

賃貸併用住宅のデメリットとは?|経営成功の鍵を握る要素を紹介

自宅を居住スペースと賃貸部分に分け、入居者を募って賃貸経営をすることができます。これを賃貸併用住宅と呼び、経営...

自宅を居住スペースと賃貸部分に分け、入居者を募って賃貸経営をすることができます。これを賃貸併用住宅と呼び、経営にあたってはさまざまなデメリットがあります。賃貸併用住宅で賃貸経営を開始するなら、デメリットを正しく把握して成功を目指しましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
完全無料

賃貸併用住宅で後悔する人の理由とは?|成功させる秘訣を解説

賃貸併用住宅は、土地活用のひとつとして注目されています。貸主が自宅の数割を賃貸物件として貸し出すことで、家賃収...

賃貸併用住宅は、土地活用のひとつとして注目されています。貸主が自宅の数割を賃貸物件として貸し出すことで、家賃収入を得ることができる点がメリットです。賃貸併用住宅で土地活用を行う際に事前に把握しておきたいポイントについて解説します。

賃貸併用住宅は住宅ローンをフルで組むのがおすすめ! 条件や注意点を解説

住宅に賃貸用のスペースを設ける賃貸併用住宅では、条件を満たすことで住宅ローンが利用できます。しかし、この際には...

住宅に賃貸用のスペースを設ける賃貸併用住宅では、条件を満たすことで住宅ローンが利用できます。しかし、この際には注意点もあるので、各種ポイントは把握しておかなければなりません。メリットや注意点などを理解して、住宅ローンを賢く活用しましょう。

店舗兼住宅の間取りのヒント|住宅ローンの適用条件や法規制について解説

店舗兼住宅は、居住用スペースと店舗スペースが一つの建物の中に入ったものです。1つの物件でお店の営業と居住用スペ...

店舗兼住宅は、居住用スペースと店舗スペースが一つの建物の中に入ったものです。1つの物件でお店の営業と居住用スペースの確保の両方が実現できるため、自由に行き来することができ、店舗経営をしている方にとっては1つの夢でしょう。この記事では、店舗兼住宅の特徴や間取り、デメリットなどを紹介するので、これから検討している方は参考にしてみてください。

賃貸併用住宅とは? 間取りと住宅ローン適用について【専門家監修】

賃貸併用住宅とは、間取りと設計が居住用スペースと賃貸スペースを合わせた物件で、土地活用の手段として注目されてい...

賃貸併用住宅とは、間取りと設計が居住用スペースと賃貸スペースを合わせた物件で、土地活用の手段として注目されています。賃貸併用住宅とはどのような間取りや設計プランか、メリットデメリットを確認しておきましょう。また、賃貸併用住宅は失敗や後悔しない活用を踏まえて、失敗しないためのポイントをご説明します。

パナホームの賃貸住宅の評判は?口コミのメリットとデメリットを解説

賃貸併用住宅をローコストでも失敗せずに建てる7つの方法を解説|おすすめの相談先とは

賃貸併用住宅は、近年注目を集めている賃貸経営の1つです。一般的な賃貸物件の経営方法とは異なるので、基本的な知識...

賃貸併用住宅は、近年注目を集めている賃貸経営の1つです。一般的な賃貸物件の経営方法とは異なるので、基本的な知識を抑えておくことから始めましょう。メリットとデメリットも解説していくので、賃貸併用住宅に適している土地のかを判断してみてください。

【完全無料】建築費用はいくらかかる?