不動産売却成功ガイド

あなたの不動産売却・不動産査定を
成功に導くためのノウハウをご紹介します!


不動産売却ガイド

不動産の売却は通常数ヶ月に渡ることも多く、全体の流れとそれぞれのポイントについて知っておくことが大切です。ステップごとに重要なコラムをおさえておきましょう。

不動産売却査定までのステップ

不動産の売却には、査定を一括で複数社に依頼して、各査定結果を比較することが重要です。査定を依頼するまでの手順は、主に下記の4ステップです。

不動産売却査定後から売却・引き渡しまでのステップ

不動産の査定を依頼してからは、不動産会社と媒介契約を結び、実際に不動産を売り出していくプロセスに入ります。
6
マンションの売出し・交渉
7
物件情報の開示
8
売買契約

地域に密着した不動産の売却情報

あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。
Map bg

不動産売却コラム

不動産売却の動向やトレンドに関するコラムです。知っておいて損のない情報をわかりやすくまとめています。不動産売却市場の動向やトレンドをおさえておきましょう。

不動産人気コラム

登記事項証明書の申請書は法務局で!取得方法と書き方を解説
登記事項証明書の取得は、決して難しいことではありません。今回は、登記事項証明書を取得するための申請書を入手する場所や、申請書の記入に関...
登記事項証明書を取得するには?確定申告で住宅ローン控除を申請する方法
住宅を購入した方は、「住宅ローン控除」制度を活用すると課税額を減らせるか可能性があります。この制度を活用するためには、税務署で確定申告...
登記事項証明書と登記簿謄本の違いは?「登記」の解説と不動産売却のコツ
不動産を売るとき、「登記簿謄本」「全部事項証明書」「登記簿抄本」などを聞くことがあります。登記の目的や証明書の違いを理解して、スムーズ...
住宅ローン完済時に行う抵当権抹消登記の必要書類や費用について
住宅ローンを返済することで、金融機関に担保として付せられていた「抵当権」も同時に消滅します。しかし抵当権を正当に抹消するためには、抵当...
もっと見る

不動産新着コラム

【不動産売却にかかる費用を知ろう】費用内訳から節税対策まで
初めて不動産売却をされる方にとっては馴染みにくい売却にかかる手数料や税金などの費用の内訳についてご紹介していきます。
【不動産売却にかかる譲渡所得税はいくら?】計算方法と節税対策
不動産の売却は大きな金額が動くだけに売却により得た利益にかかる税金の額が大きくなってしまうことも少なくありません。そのため、事前に不動...
売却活動の手引き!不動産売買をスムーズにするための手順・方法とは?
能力のある不動産会社を自分の目で見極められれば、査定額・評価額の多寡に惑わされることなく、自分にとって理想的な業者を正しい判断で選ぶこ...
不動産売却における登記とは?表示登記費用の相場と計算方法
しかし、そもそも登記とはどういったものなのでしょうか? 普段何気なく使っている登記という言葉や制度について、実はよく知らないという人も...
もっと見る

その他のコラムカテゴリー

不動産売却のよくある質問

不動産の売却は、多くの人にとって初めての経験で悩みも尽きません。売却の疑問は一人で抱え込まず、まずはよくある質問と回答をチェックし、クリアにしておきましょう。

はじめに
あなたが事業者ではなく個人であれば、不動産の売却そのものには消費税は課税されません。
ただし、仲介業者への仲介手数料については、消費税が課税されます。
少しややこしいので整理して説明します。
土地と建物、また個人と事業者に分けて考えると理解しやすいです。...
さらに読む

はじめに
賃借人がいる状態でも、不動産を売ることはできます。
購入者が居住するのであれば空き室でないと困りますが、投資目的なら、賃借人がいることですぐに家賃収入が見込めるため、かえってメリットになることもあります。
このような物件は、オーナーだけが代わることから、オーナーチェンジ物件と呼ばれたりします。...
さらに読む

はじめに
インターネットの一括査定サイトを利用すれば、家族に内緒で不動産のおおまかな査定額を知ることができます。
一括査定サイトでは、地域や専有面積、間取り、建築年などの情報を入力して送信するだけで複数社の査定が受けられます。
査定結果はメールや電話で教えてもらえます。また、査定の際に物件の内部を見せる必要はありません。
無料の一括査定サイトを上手に使おう...
さらに読む

いつか不動産を売りたい、売るかも?売却の背景や流れ、方法を解説!


こんにちは、イエウールコラム編集部です。
不動産を売ろうと考えていても、売るときタイミングや手続きなどのことを考えると、なかなか売るまでに至らない人も多いと思います。
不動産を売ろうと考えている方は、「せっかく売るなら1円でも高く納得のいく価格で買ってもらいたい!」 と考えていらっしゃると思います。また、不動産を売りつつ、いい家に住み替えたい という方もいます。

ですが、不動産の価格は建物のグレード、立地条件、売りに出す時期などにより常に変動していきますし、すぐに売れても損していることもあるかもしれません。つまり、コツを押さえないと、上手な不動産売却というのは難しい というのが現状です。
不動産売却の際に覚えておきたい手順や売却時の注意点

先読み!この記事の要点
  • 不動産は今が売り時!
  • 不動産を高く売ってくれる不動産会社を、不動産一括査定で見つけよう

もくじ

  • 1. 不動産を売却するさまざまな理由
    • 1.1. 家族の増減により住み替えを検討する例
    • 1.2. 転勤により住み替えを検討する例
    • 1.3. 親などから相続した例
    • 1.4. 住宅ローンの返済が難しくなった
    • 1.5. 離婚
    • 1.6. その他の理由
  • 2. 不動産の相場は今がピーク?不動産の売り時は「今」!
  • 3. 不動産売却の流れを把握しよう
    • 3.1. 不動産会社に査定してもらう
    • 3.2. 媒介契約
    • 3.3. 売出し開始
    • 3.4. 内覧
  • 4. 不動産会社を介さずに売却する方法
    • 4.1. 任意売却
    • 4.2. 競売
    • 4.3. 個人間売買
  • 5. 契約後の流れについて
    • 5.1. 不動産会社への提出書類
    • 5.2. 重要事項説明書
    • 5.3. 登記済権利書または登記識別情報
    • 5.4. 固定資産税納税通知書および固定資産税評価証明書
    • 5.5. 物件の図面と設備の仕様書
    • 5.6. 不動産の管理規約、使用細則、維持費関連書類
    • 5.7. #契約時に用意しておく書類
  • 6. 契約時に発生する諸費用について
  • 7. まとめ
続きを読む

あなた不動産の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3
step4
あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!
あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!