10坪の狭い土地でも活用できる?狭小地におすすめの活用法を紹介

10坪の狭い土地でも活用できる?狭小地におすすめの活用法を紹介

10坪の土地を保有していても活用できずコストばかりがかかってしまっているという人もいるかもしれません。10坪というと家を建てるにも駐車場にするにも狭すぎるというイメージが強い人も多いでしょう。10坪というとイメージしにくいですが1坪が2畳と考えると10坪で20畳分の広さとなります。

こう考えると10坪でも活用できるのではと考えることができるでしょう。実際に10坪の土地でも活用方法はたくさんあります。

この記事では10坪の土地を活用する方法について解説します。かなり狭い土地でも効率的に利益を得る方法について紹介しますので参考にしてください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

狭小地の土地活用方法やより多くの土地活用方法を比べたい際にはこちらの記事もおすすめです。

10坪の狭い土地を活用するメリット

土地活用ランキングから気になる活用法がみつかったら

土地活用は広い土地があるほうが有利かというと実際はそうとは言い切れません。土地が広すぎて活用方法を選択することが難しいというケースもあります。さらに広い土地には高額の税金がかかるため維持費だけでもかなりのコストが必要になるということもあるでしょう。

ここでは10坪の狭い土地を活用するメリットについて解説します。

土地を安く取得することが可能

土地を購入するとなるとできるだけ広い土地を安く購入することを考える人が多いでしょう。広い土地をうまく活用するプランがすでにある人の場合は問題ありません。ただ、なにもプランがない状態でとりあえず広い土地を購入しようと考えているのであれば注意が必要です。

まずは自分が土地活用でどの程度の利益を得たいのか、どの程度の初期費用を投資できるのかを明確にしましょう。そのうえであえて10坪程度の土地を安い価格で購入するというのもひとつの方法です。

10坪の土地であれば基本的に低価格で取得することが可能であるため土地活用初心者でもチャレンジしやすい物件と言えるでしょう。たとえば坪単価50,000円であれば単純計算で500,000円で土地を購入することができるということになります。

固定資産税を安く抑えられる

土地には固定資産税が課税されます。10坪の土地であっても毎年固定資産税の納税通知が届きますので支払い金額に従って納税する義務を果たしましょう。とはいえ10坪の土地は資産価値も低くなるため課税額も比較的安めです。

土地活用をするうえでもコストが低いことは重要なポイントです。広い土地で大きく稼ぐこともよいですが、初心者に近ければ近いほどまずは狭小土地でコストを抑えて土地活用にチャレンジしてみることもおすすめです。

立地が良い可能性が高い

土地の購入でポイントとなるのが立地です。とくに土地活用を前提に購入する場合には立地は重要な要素となります。活用方法によって条件は異なりますが、狭小土地の場合には立地がよいのに狭いという理由で売れ残っている可能性が高い物件です。

立地がよければ狭くても活用方法によってはしっかりと稼ぐことができます。そのためお得によい土地を購入して土地活用をしたい人は、立地のよい狭小土地を探してみることもおすすめです。

10坪の狭い土地におすすめの活用法

10坪でなにができるのかと自分だけで考えていると可能性の範囲が狭まってしまうケースが大半です。ここでは10坪の狭い土地を有効的に活用する方法について解説します。自分が考えていた方法以外にも思いもよらない活用方法がみつかる可能性もあるでしょう。7つの活用方法を紹介しますので参考にして下さい。

アパート経営

無理なのではないかと考える人が多いであろう活用方法のひとつがアパート経営です。10坪でアパート経営というとなかなかイメージがわきにくいかもしれません。ただ、10坪あればアパート経営は十分に可能です。エリアによっては狭小土地のアパートの需要が高いケースもあります。

学生が多く居住するエリアや転勤の多い企業の近くなど単身でコンパクトに生活したい人が居住するエリアであれば10坪のアパートでもしっかり収益を得ることが可能です。土地活用のなかでは特に収益率が高いため安定した収入を得ることができるのもアパート経営のメリットになります。

自動販売機の設置

手軽に手間をかけずに土地を活用したい場合におすすめなのが自動販売機の設置です。自動販売機は設置しておくだけで人件費も必要なく、必要なのは電気代程度であるため維持費もさほどかかりません。土地の広さで設置する台数が柔軟に決定できる点はメリットです。

自分で管理することが難しい場合には土地を企業に貸し出して賃料をもらうことで利益を得るという安定収入確保の方法もあります。

人通りが多い場所にある土地であれば高額ではないけれどしっかりとした収益を見込むこともできるでしょう。

コインランドリー経営

アパート経営と同様に10坪に建物を建てるということに考えがおよばない人も多いでしょう。ただ、10坪あればアパートだけでなくコインランドリーの建設も可能です。コインランドリーを利用する人の数は右肩上がりの状況です。

そのためコインランドリーの需要がありそうな住宅街などの土地であれば狭小土地であっても利益を出すことができるでしょう。回転率のよさが利益にもつながるためリピーターがつきやすい経営方法を検討することも大切です。

コインランドリーの場合は、建物自体は簡易的でも問題ありませんが、設備投資には費用がかかります。洗濯機や乾燥機の設置にはある程度の費用が必要です。

さらに車が必需品であるエリアの場合は駐車場の確保も課題となります。10坪で建物と駐車スペースを確保できるのかを綿密に計画してみましょう。

店舗経営

10坪で店舗経営をするというのも土地活用のひとつの方法です。10坪となるとカウンター店舗などが手軽でよいでしょう。狭い面積でも売り上げを確保できるためよく検討してみましょう。

自分が店舗の経営をするパターンと賃貸物件として市場に出すというのもひとつの方法です。店舗にする場合にはエリアの需要を考えてどのような店舗が求められているのかを把握しておきましょう。自分だけで判断することが難しい場合には専門家や業者に相談することも検討することをおすすめします。

駐車場経営

10坪だと何台くらいの車が停められるでしょう。駐車場経営を行う場合、停められる台数が変動します。月極であれば機材が必要ないため2?4台が目安です。コインパーキングにする場合には機材を設置するスペースが必要となるためこれよりも少なく見積もっておく必要があります。

また、更地で月極にするのかコインパーキングにするのかで初期費用が異なるのも特徴です。更地での経営なら初期投資が少なくてすむため比較的短期間でスタートすることが可能になります。機材が必要なコインパーキングは工事をするためそれだけスタートまでに時間が必要となるでしょう。

このような点から考えて狭小土地の場合はコインパーキングよりも月極のほうが長く安定して収入を得ることができると考えられます。

コンテナハウスの設置

コンテナハウスの設置も10坪あれば可能です。鉄道や船舶で荷物の搬送に利用されているコンテナを利用するため建物を建てるよりも低コストで設置可能な点が特徴です。コンテナ自体がしっかりとした造りになっているため簡易的な倉庫としてのニーズがあると考えられます。

10坪であればコンテナ2基ほどが設置できるでしょう。2段積みにすればもう少し多く設置することも可能です。ただし、コンテナハウスを利用する人は荷物の積み下ろしに車を利用することが多いため駐車スペースの確保も考慮して計画を立てることが大切です。

周辺環境との調和を取るためにコンテナの外装にこだわるという人もいます。高級住宅街にコンテナハウスを建築すると近隣住民から嫌がられてしまう可能性もあるからです。エリアの情報をしっかり理解してから建築するようにしましょう。

看板の設置

交通量の多い道路に面した土地を所有している場合には看板の設置も土地活用の候補になるでしょう。看板は自動販売機と同じく土地面積にあわせてサイズを変更することが可能であるため柔軟性のある活用方法といえます。

交通量が多い道路沿いであれば看板の賃料も高めに設定することが可能です。毎月安定した収入が得られてさほど手間がかからないという点では忙しい人でもはじめられる土地活用と考えられるでしょう。

10坪の土地活用で稼ぐためのポイント

10坪の土地では頑張っても利益を得ることは難しいだろうと考えて土地を放置している人もいるでしょう。ただここまで解説してきたように10坪の土地でもさまざまな活用方法があります。

とはいえ活用方法を間違えてしまうと初期費用がムダになるだけなので自分が所有している土地に適した土地活用を選択することが大切です。ここでは10坪の土地活用で稼ぐためのポイントについて解説します。

土地の形状に合う活用法を選ぶ

土地活用で注目したいのは面積だけではありません。土地の広さも重要ですが実は土地の形状も注目ポイントとなります。たとえば土地に斜面があったり不均等であったりする場合には造成工事をしたりある程度土地を整えたりする必要があるでしょう。

そのまま活用するとなるとムダな部分が出てしまい実質的には10坪よりも狭い面積での土地活用となってしまいます。理想は正方形の土地です。正方形であれば建物を建ててもムダな部分が出にくいためアパート経営などが可能となります。

もしも不均等な土地であったり斜面があるような土地であったりする場合で工事なしの土地活用をしたいならば自動販売機や看板の設置などがおすすめです。

エリアの需要を見極める

土地活用では自分が行いたい活用方法を実践することも大切ですが、その前に土地があるエリアの需要を見極めることが重要になってきます。いくら自分がチャレンジしたい土地活用があったとしても需要がなければ初期費用がかかるだけで利益を得ることができない可能性が高いからです。

土地活用を開始する前には土地があるエリアの情報をしっかり収集しましょう。どのような層の人が利用することが多く、どのようなものにニーズが高いのかを理解することで顧客を獲得することが可能となります。

極端な例をあげると車の所有者が少ないエリアに駐車場を建築しても利用者が少なく利益が発生しにくいでしょう。住宅街のど真ん中にコインロッカーを設置しても利用者は少ないでしょう。

このようにエリアをよく利用する人のニーズに応えるものを設置することで利益を得ることができるのです。事前の情報収集が自分では難しい場合には専門家に相談するのもひとつの方法になります。

土地活用のプロに相談する

10坪程度の土地の場合、ムダなくうまく活用することが求められるでしょう。さまざまな活用方法がありますが、自分が所有している土地にどのような活用方法が適しているかを判断することは難しいケースもあります。

そこでおすすめなのが土地活用のプロへの相談です。活用が難しい狭小土地でも最高の活用方法をアドバイスしてもらうことができるでしょう。土地活用のプロは自分が考えてもいなかったアイデアを提案してくれることもあります。

土地は放置しているとコストはかかっても利益を生み出すことはありません。そのため狭小土地であってもうまく活用する方法をプロと一緒にしっかり検討してみましょう。

10坪の土地を活用するときの注意点

相続した土地の活用方法

10坪の土地を活用する方法についていくつか解説してきました。自分にあった活用方法をみつけたという人もいるかもしれません。ここからは10坪の土地を活用するときの注意点について解説します。狭小土地ならではの注意点もあるためよく把握して失敗のない土地活用ができるようにしましょう。

建築コストが高くなる可能性がある

狭小土地の活用で建物を建築する際の注意点です。たとえばアパートを建築する場合、横に広げることができないためついつい高層階のアパート建築を計画してしまいがちです。ここで注意が必要なのが土地は狭くても階層を多くしてしまうと床面積が増えてしまうという点になります。

床面積が増えると課税される税額が高くなるうえ、施工費用も高額になります。狭小土地でのアパート経営ではひと部屋に割ける面積も狭くなるため高額な家賃設定は難しくなるでしょう。そのため大きな収益を見込むことは期待できません。

そうなると高層階にして少しでも戸数を増やしたくなるでしょう。ただ、戸数が増えればそれだけ収入も増えるため問題ないと考える人もいるでしょう。入居者が増えるということはそれだけクレームやトラブルのリスクも増えるという点も理解しておく必要があります。

家賃の滞納や狭小ゆえに駐車スペース・駐輪スペースでのトラブルなども考慮しておきましょう。さらに狭くて建築しにくい土地の場合は工期が長くなったり人件費がかさんだりする可能性が高いことも把握しておく必要があります。

住宅ローンが組みにくい場合がある

土地活用で建物を建築する予定にしている場合は、住宅ローンを利用することを検討しているケースもあるでしょう。ここで注意しなければならないのはフラット35などの個人向けのローンなどが利用できないことがあるという点です。

フラット35などの個人向けの住宅ローンの場合は土地の敷地面積が10坪以上あることという条件が設定されていることがあります。そのため土地面積の条件がクリアできずに住宅ローンが利用できないという可能性があることを理解しておきましょう。

この場合は自己資金でできる範囲の土地活用を行うことが求められるため資金がどの程度用意できるのかきちんとした計画を立てておく必要があります。

売却する場合は適正価格を調べておく

土地を活用したくても住宅ローンが利用できなかったり自分ではうまく活用する自信がなかったりすることもあるでしょう。土地をただ所有しているだけではコストがかさむだけになってしまうため利用する予定がないのであれば売却することも検討してみるとよいでしょう。

手放すことに抵抗があるという人もいるかもしれませんが、月々のコストが軽減されてある程度まとまった金額の現金が手元に入ってくるためよく検討して計画を立ててみましょう。

土地の売却を行う場合にはまず所有している土地の適正価格を調べる必要があります。いわゆる相場です。同じ面積の土地でも形や用途地域、立地によって価格が大きく異なることはよくあることです。売却して損をしないためにも事前に適正価格を調べることが重要なポイントになります。

適正価格を調べる方法としては近隣の不動産会社の公式ホームページで似たような条件の土地情報を検索してみるのもひとつの方法です。おおよそどのくらいの金額で売りに出されているかを知ることで目安とすることができるでしょう。

もうひとつの方法としては不動産の無料一括査定サイトの利用です。無料一括査定サイトを利用すれば一度に複数の業者に土地価格の見積もりを依頼することができます。自分で1社1社足を運ぶ必要がない分、効率的に情報収集をすることが可能です。

さらに複数社にまとめて依頼することで査定額の比較をすることができるため売り出し価格での失敗を回避することもできるでしょう。

イエウールでは独自のルールに基づいて全国の不動産業者のなかでも優良な企業とのみ提携しているため安心して利用することができます。

10坪の土地の活用を成功させよう

新築アパート投資と他の不動産投資の比較

10坪の狭小土地の活用方法について解説してきました。土地が狭いからなににも活用できないと諦めるのではなく狭いながらの活用方法を検討してみることで利益を生み出す方法をみつけることができるでしょう。

狭小土地ならではの活用方法があれば、狭小土地ならではの注意点もあるため安易に決断せずにしっかりとした計画性を持って活用を進めていくことも大切なポイントになります。

とくに土地があるエリアの環境やニーズ、土地の形に注目してどのような活用方法がもっとも収益率が高いかを考えてみることも重要です。自分だけで判断することが難しい場合には土地活用の専門家の意見を取り入れることで失敗のリスクを軽減することもできるでしょう。

さまざまな方法を検討してみてもどうしても活用する方法がみえてこないというケースもあるでしょう。このような場合には思い切って売却するという方法もひとつの方法です。狭小土地は売れにくいのではないかと考える人もいるかもしれません。

もちろん高額での売却はあまり見込めませんが売り出し価格を間違えなければ、狭小土地で土地活用をして資産運用したいという人などからのニーズは見込めるでしょう。

売却に際しては土地の適正価格を把握することが重要なポイントです。不動産会社に相談して見積もりを依頼することで相場を知ることができます。1社だけでなく複数の不動産会社に見積もりを依頼して適切な売り出し価格の設定を行いましょう。

多忙で見積もりにあまり時間をかけられないという人には不動産の一括見積もりサイトの利用がおすすめです。イエウールでは独自の基準で全国の不動産会社の中から優良な企業とのみ提携しています。そのため安心して利用することができます。

土地活用と売却、どちらを検討する場合でも専門家の意見を取り入れることは大切です。

【完全無料】最適な土地活用って?