新築の木造アパート建築費はいくら?|総費用の目安を解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

アパートの建築を検討しているなら木造がおすすめです。アパートを建てる人はアパートの種類を知る必要がありますが、主なアパートの種類には木造・鉄骨造・RC造があります。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、最近注目を浴びているのが木造アパートです。 以下では木造アパートのメリットとデメリットそして木造アパートの建築費用について解説しています。
また、アパート経営を成功させるポイントについても解説しています。ポイントをしっかり押さえることでアパート経営に成功する可能性が高くなります。

こんな悩みの人にピッタリ
  • 木造アパートを建築する際の費用が知りたい
  • できるだけ初期費用を抑えてアパート経営を始めたい
  • 余った土地を活用して収益を得たい

アパート経営について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

木造アパートを建築するメリット

 class=

木造アパートをおすすめするのはメリットがあるからですが、以下では木造アパートを建てるメリットを詳しく解説しています。

メンテナンスの費用が安く済む

建築物には老朽化という宿命があり、アパートも例外ではありません。老朽化したアパートは魅力がなくなり、入居率が悪くなりがちです。
入居率をよくするにはアパートを定期的にメンテナンスする必要がありますが、木造アパートはメンテナンスがしやすいのが特徴です。
木造アパートがメンテナンスしやすい理由は、メンテナンス費用が安いからです。また木造アパートは材質が木なので切断と接続が簡単です。
切断と接続の簡易さは作業時間の短縮に繋がり、結果的にメンテナンス費用が安くなります。
建築物はメンテナンスが命で、定期的にメンテナンスをすることで美観を保つことができます。美観を保つことができれば、売却するときや入居者を募る時に有利になります。

多く減価償却できるので税務上有利になる

木造アパートは税務上も有利で、確定申告時に多くの還付金が期待できます。有利な理由は、減価償却の額が多くなりやすいからです。
減価償却の額が多くなりやすいのは、木造アパートの法定耐用年数が関係しています。木造アパートの法定耐用年数は22年、鉄骨造は34年、RC造は47年です。
基本的に減価償却費は1年ごと経費として計上できますが、減価償却費の額は以下の計算式で求めることができます。
  • (法定耐用年数 - 経過年数)+ 経過年数 × 20%
この計算式によると建築費用が同額の場合は、法定耐用年数が短い木造アパートの方が減価償却額は多くなります。木造アパートは22年を過ぎると減価償却の対象外になりますが、早い時期から多くの減価償却処理ができるのは魅力的です。
早い時期から多くの減価償却処理ができれば、リフォームをするときの資金繰りも楽になります。リフォーム費用は定期的に必要ですが、減価償却処理をすることでリフォーム費用の一部が捻出できます。
減価償却処理は国税局が認可しており、国税局が提供しているPDFファイルにも記入できます。国税局が提供しているPDFファイルには多くの記入欄がありますが、漏れのないように記入してください。

建築にかかるコストが安い

木造アパートを建築するメリットには建築費用の安さがありますが、建築費用が安いのは材料費と工期の短さが関係しています
木造アパートの坪単価は50~60万円程度、鉄骨造アパートの坪単価は80万~85万円程度といわれています。
1坪あたり20万円以上違えば、トータルではかなりの差になります。アパートの坪数が多い場合は、100万円以上変わることもあります
1坪は約3.3057平米ですが、3階建てのアパートだったら100坪以上の材料費が必要になることは珍しくありません。
工法によって異なりますが、一般的に2階建ての木造アパートの工期は3~4カ月程度といわれています。鉄骨造アパートの場合は、プラス3カ月の工期が必要です。工期が短い方が、人件費を抑えることができるのは当然のことでしょう。
建築費用が安くなれば家賃に反映させることができますが、安いアパートが魅力的なのは昔も今も同じです。
アパート選びの第一条件に家賃を挙げる人は多いため、家賃が安いアパートは経営を有利に進めることができます

新築の木造アパートを建てることを考えたら、建築にかかる費用はいくらか企業からプランを取り寄せることをおすすめします。
複数の企業からプランを取り寄せることができると、相場がいくらかどのプランが自分に合うかわかるため、より良いアパート経営ができるでしょう。

企業からプランを取り寄せる際には、チャットでカンタンな質問に答えるだけで無料でプランを取り寄せられる一括資料請求サイトの利用がおすすめです。

複数の企業からまとめてプランを取り寄せられますので、比較してより良いプランを考えていけるでしょう。

木造アパートを建築するデメリット

 class=
メリットが多い木造アパートですが、木造アパートにもデメリットはあります。以下では一般的な木造アパートのデメリットを解説しています。
なお解説するデメリットは一般的なもので、木材または工法によっては、当てはまらないケースがあります。

入居者にあまり良いイメージを持たれない

木造アパートにはメリットも多いですが、入居者からあまり良いイメージは持たれていません。入居者のイメージがあまり良くないのは、遮音性と耐震性の問題があるからです。 これらの問題は、快適性と安全性に大きな影響を与えます。
遮音性が悪ければ隣のテレビの音や会話が聞こえやすく、耐震性が悪ければ大きな地震が来たときに倒壊する可能性があります。昨今は大型地震も多少起こっており、木造アパートを敬遠する人は一定数います

劣化するのが早い

木造アパートは鉄骨造と比較して劣化しやすいです。劣化しやすいのは木材を使用しているからですが、一般の木材は光や雨に弱いです。
木材に光や雨が当たれば腐敗しやすくなりますが、腐敗すれば穴が空く原因になります。
木材には光や雨に弱いという問題があるため、木造の建築物は外壁塗装するのが一般的です。外壁塗装である程度は劣化を防ぐことはできますが、外壁塗装の塗膜を長時間維持することは難しいです。
木造アパートは雨に弱いこともあり、木造アパートによっては防水工事をしています。とはいえ、防水工事だけですべての雨を遮断するのは難しいでしょう。

火災保険料が高い

アパートを建てたあとは火災保険に入るのが一般的ですが、木造アパートの火災保険料は高めです。木造アパートの火災保険料が高めになるのは、引火の心配があるからです。一箇所だけの引火で済めばいいですが、一箇所の引火が原因で木造アパートが全焼した例はあります。
木造アパートにはこのようなリスクがあるため、保険会社は木造アパートに対しては保険料を高めにしています。割高になる火災保険料ですが、火災の被害を考えたら外すわけにはいきません。
保険会社は建物構造を基本に保険額を算出しています。建物構造はM構造、T構造、H構造に分かれており、木造アパートはH構造に分類されています。M構造、T構造、H構造の順に保険額は上がります。

木造アパートの新築にかかる費用

 class=

木造アパートを建てる人は、費用について調べなければいけません。発生する費用は建築費用だけではないので、多方面から確認することが大切です。
以下では新築の木造アパートを建てるときの費用を、総合的に解説しています。

なお、アパート経営に興味があり、具体的な建築費用やコストダウンする方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

アパート本体の工事費

アパート本体の工事費用は、アパート経営にかかわる総費用のおよそ70%から80%を占めるといわれています。本体工事費には共用部分、各部屋の設備、アパート全体の基礎工事費などが含まれています。
2~3階建ての木造アパートの場合は1坪あたり50万円前後が相場といわれていますが、建築業者によっては工事費が50万円を大きく超えることがあります。
一般的に大手の建築業者の工事費は高いですが、安心という点では大手が一番です。
できる限り本体の工事費を安く済ませたい人は、中小の建築業者に依頼することをおすすめします。信頼の置ける中小の建築業者を見つけるときは、親しいアパート経営の先輩に聞くのがよいでしょう。
親しいアパート経営の先輩がいない場合は、関連する業界に勤めている友人に聞くのがよいです。
不動産業界は関連業者との繋がりが強く、関連業界であっても多くの情報を持っています。建築会社の関連業者には、不動産屋、工務店、リフォーム会社などがあります。

ライフラインの整備にかかる付帯工事費 

新築の木造アパートを建てるときは、付帯工事費も考慮しなければいけません。
付帯工事費とはガス、電気、水道などに必要な整備費用ですが、地域によって大きく異なります。地域によって費用が大きく異なるのは、インフラ環境が違うからです。
地域によっては給排水のインフラが整っていない可能性がありますが、インフラが整っていない場合は引き込み工事が必要です。 場合によっては引き込み工事だけで、100万円を超えることは珍しくありません。引き込みコストの心配は都心部にアパートを建てる場合は不要ですが、郊外にアパートを建てる場合は見積もり段階でしっかり業者に確認することが大切です。
給排水の引き込み工事費用は水道本管の位置、深さ、道路状況によって異なるので、業者は即答できないかもしれません。
業者が即答できない場合は待つしかありませんが、付帯工事費用の根幹に関わることなので焦らずに待ってください。

本体工事費以外の諸経費

新築の木造アパートを建てるときは、本体工事費以外の諸経費も考慮に入れなければいけません。本体工事費以外の諸経費には、アパートローン手数料、登記費用、火災保険費用、不動産取得税などがあります。
アパートローンの手数料はローン会社によって異なりますが、三井住友のアパートローンでは新規の融資時に11万円が必要です。
アパートローンを提供しているローン会社は多く、金利や初期費用などそれぞれ特徴が異なるので、アパートローンを利用するときはじっくり比較することをおすすめします。
不動産取得税は土地や建物を買ったときにかかる税金のことですが、建築後に自治体から納税通知書が送られてきます。
不動産所得税の算出方法は下記の計算式です。
  • 不動産所得税 = 固定資産税評価額 × 4%

木造アパートの建築費用がいくらかかるかは、企業からプランを取り寄せる方法をおすすめします。アパートを建てるプロに建築費を見積もってもらうことで、いくらかかるか具体でわかるでしょう。
また、1社だけの見積もりでは妥当な金額かわかりませんので、複数の企業からプランを取り寄せて比較することをおすすめします。比較することで相場がわかりますし、どの企業が自分に合うかプランは適切かわかるはずです。

まずは、チャットでカンタンな質問に答えて、複数の企業から無料でプランを取り寄せてみましょう。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

木造アパートの新築費用を抑えるには

 class=

木造アパートの新築費用は極力抑えたいものですが、抑えるためにはコツを知る必要があります。
以下では、木造アパートの新築費用を抑えるポイントを詳しく解説しています。木造アパートを新築する人は参考にしてください。

規格住宅で注文する

木造アパートの新築費用を抑えるには、規格住宅をおすすめします。規格住宅で注文すると新築費用が安くなるのは、設計費用が少しで抑えられるからです。
注文住宅の場合は設計する時間が必要ですが、費やした時間は設計代金に加算されてしまいます。
注文住宅は材料費も割高になりがちです。規格住宅の場合は大量に材料を注文するので、材料の単価を安くすることができますが、注文住宅の場合は大量に注文するわけにはいきません。
規格住宅を注文するときは、大手の建築業者に依頼することをおすすめします。
大手の建築業者は多くの規格住宅を扱っているので種類も多く、好みの規格住宅が見つかりやすいでしょう。

木造アパートの建築が得意な建築会社を選ぶ

木造アパートの新築費用を抑えるには、木造アパートの建築が得意な建築会社を選ぶことが大切です。
その理由は、木造アパートには独自の建築方法があるからです。ほかの建築様式のアパートと建築方法が異なるため、慣れていない建築会社が建てれば工程に無駄ができ余分な人件費が必要になり、当然ながら建築費用に加算されます。
木造アパートの建築が得意な建築会社は口コミで選ぶのが一番ですが、口コミがない場合は建築実績を見ることをおすすめします。 建築実績は、ホームページや会社のパンフレットから調べることができます。

シンプルな形状のデザインを選ぶ

木造アパートの新築費用を抑えるには、シンプルな形状のデザインを選ぶことが大切です。
木造アパートは材質が木材なので自由な形状にしやすいですが、形状が複雑になれば手間はかかり工程は長く結果的に建築費用は高くなります。
シンプルな形状のデザインを選ぶポイントは、妥協したくないことの優先順位を明確にすることです。
メモとペンを用意し箇条書きすれば、優先順位は明確化します。木造アパートは自由度が高いためデザインにこだわる人がいますが、コスト優先の人はどこかで妥協するしかありません。
そのため、「どこなら妥協できてどこなら妥協できないのか」をきちんと自分の中で整理しておくようにしましょう。
シンプルな形状のデザインだからといって入居者が来ないことはありません。むしろ、シンプルな形状のデザインを好む入居者は案外多いです。
シンプルな形状のデザインの木造アパートは、物が置きやすかったり、飽きが来づらいので安定して入居してくれるといったメリットがあります。

アパート経営を成功させるためのポイント

 class=

ここでは、実際にアパート建築をしようと思い立ってから、実際の経営に入るまでの過程で重要なポイントを解説します。
収支計画や事業計画など、計画団体で凝ったものを作っておくことで、アパート経営が始まってからも余裕をもって対応することができるでしょう。

収益物件のプロに相談する

不動産関係のプロは多いですが、収益を第一に考えるのであれば収益物件のプロに相談するのが一番です。収益物件のプロは多くの相談を受けているため、相談者が悩んでいることを察するのが上手です。
相談者の悩んでいることを察してくれることも多く、相談はスムーズに進みます。
信頼の置けるプロを見つける方法には口コミ、ホームページ、不動産屋の情報などがありますが、口コミをおすすめします。
口コミを得るには同じアパート経営をしている友達を作るのがよいですが、友達がいない人は信頼の置ける不動産屋に相談することをおすすめします。
不動産屋のスタッフは交友関係が広く、付き合い次第では優秀な収益物件のプロを教えてくれるでしょう。
身近に相談できる人がいない人はホームページで探すことをおすすめしますが、ホームページで探すときはプロフィール欄と実績をよく読むことが大切です。
また講演会を実施していたら一度参加しましょう。講演会は間近で話が聞けるので、講師の人間性と経験値をしっかり確認できます。

複数の会社の土地活用プランを比較する

アパート経営を成功させるためには、さまざまな会社が提供している土地活用プランを確認することが大切です。
そのため、土地活用プランの内容を検討するときは一社だけで検討するのではなく、複数の会社の土地活用プランを比較し検討することが大切です。
土地の活用にはさまざまな方法があり、一つの会社がすべての方法を発案することは不可能です。そのため可能な限り、多くの土地活用プランを知ることが大切です。
今はインターネットで資料が請求できるので、資料集めの手間はかかりません。
複数の会社の土地活用プランを比較するときは、こだわりの条件を明確にすることをおすすめします。こだわりの条件を明確にすることで、最適な土地活用プランに出会える可能性が高くなります。
また、資料を請求して不明点があれば遠慮なく聞くことが大切です。多くの会社は相談用の電話とメールアドレスを用意しているので、気楽に聞くことができます。
ただ業者によっては強引に売り込んでくる可能性があるので、不要な場合はきっぱり断りましょう。

魅力の多い新築木造アパートで賃貸経営を始めよう

 class=

今の時代は素人であっても、新築木造アパートで賃貸経営ができる時代です。素人でも賃貸経営ができるのは、ノウハウが広く公開されているからです。 ノウハウを読んだからといってすべてが解決できるわけではありませんが、ノウハウを読むことで素人であっても賃貸経営のスタートを切ることはできます。
新築木造アパートの賃貸経営は魅力が多く、昨今は挑戦する人が増えています
木造アパートの賃貸経営で一番大切なことは計画的に物事を進めることですが、計画に必要な情報はインターネットやセミナーで取得できます。

土地活用プランの比較にはイエカレがおすすめ 

土地活用プランの比較は、土地活用に強い一括相談サイトであるイエカレをおすすめします。
その理由は情報量の多さで、自分好みの土地活用プランに出会える可能性が高くなります。 イエカレは完全無料のポータルサイトであり、使うときに会員登録は必要なく、必要事項を選択したり記入したりだけです。
必要事項の選択と記入が終わった後は、情報を送る送信ボタンを押すだけです。もちろん無料で利用できます

イエカレは土地活用プランの比較ができるだけではなく、木造アパートの管理会社を探したり家を売ったり家を探したりすることもできます。イエカレは不動産業界のワンストップサービスで、不動産に関心のある人は利用する価値があるでしょう。
イエカレにはフリーダイヤルがあり、土地活用プランの相談にも乗ってくれます。フリーダイヤルなので電話代の心配は不要です。いち早く情報が欲しい人は、フリーダイヤルを利用して相談することをおすすめします。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
新築で木造アパートを建てるメリットは?
メンテナンスの費用が安いことや、税務上有利になったりなど、様々なメリットがあります。詳しくは木造アパートを建築するメリットをご覧ください。
木造アパートを建てるのにかかる費用は?
建築費、付帯工事費、その他諸経費がかかってきます。詳しい内訳や予算感は木造アパートの新築にかかる費用でご説明しています。
新築費用を安く抑えるコツはある?
4つのコツを抑えておけば、質を落とさず費用を抑えることが可能です。詳しくは木造アパートの新築費用を抑えるにはをご覧ください。