コインランドリー経営で失敗しないためにおさえるべきポイント

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

土地活用の方法には色々な種類がありますが、最近注目を集めているのがコインランドリーを経営する方法です。コインランドリーを経営するにはどのようなメリットデメリットがあるのでしょうか。
また、初心者でも取り組みやすい土地活用方法ではありますが、開業するならば失敗せずにきちんと売上を伸ばしたいものです。ここではコインランドリーの経営はもちろん、失敗しないポイントなどについても解説します。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

様々な土地活用方法を総まとめ。土地活用方法にお悩みの方には、こちらの記事がおすすめです。

コインランドリー経営に見られる失敗の原因


コインランドリーはその店舗の多さから、経営者が多いことも想像がつきます。しかし、全ての経営者が必ずしも成功しているわけではなく、失敗している経営者もいます。 その失敗の原因について探り、同じ失敗を繰り返さないように自分の経営に活かすことも大切です。

ずさんな収支計画

コインランドリーの経営は初心者でも始めやすいこともあり、最初から大きな収益が得られるような計画を立ててしまうと失敗につながることがあります。コインランドリーを開業してしばらくの間は、認知度も低く固定客も少ないため大きな収益は見込めないと考えておくと良いでしょう。

最初から大きな利益が得られると思って収支計画を立ててしまうと、予定通りの借入金の返済ができなくなってしまうなど、経営が厳しくなることが考えられるので注意しましょう。

出店する立地の選択ミス

コインランドリーは、周辺に競合店ができてしまうと、なかなか差別化が図りにくい業態ということもあり、新しくて大きなコインランドリーに固定客が流れてしまう可能性があります。

また、ニーズが少ないエリアに出店しても利益を確保することにつなげることは難しいでしょう。このように、競合店や顧客のニーズを踏まえた立地に出店することが望ましいです。

コインランドリーの立地としておすすめなのは、駐車場が整備できる場所です。主婦が自宅の洗濯機で洗えない大物の洗濯で利用する際は、車で来店することが予想されます。
主婦のニーズが増えてきたとは言え、まだまだ単身者の利用客もおおいに見込めます。単身者が多く住んでいるエリアであれば立地としては問題ないと言えるでしょう。

設備トラブルによる稼働率の減少

コインランドリーは洗濯機や乾燥機が問題なく稼働していれば無人でも経営することが可能な業態です。そのため、機械のトラブルが発生してしまうとなかなか自分で修理することは難しく、専門業者に依頼しなければならないケースが多いです。

そうなると修理代が高額になってしまうだけでなく、頻繁にトラブルを起こすような店舗では利用客からの信用も落ちてしまう可能性があり、経営に影響を与えることも考えておかなければなりません。最低限のメンテナンスを自分で行えるようにしておけば、修理代の節約にもつながるでしょう。

コインランドリー経営で失敗しないためのポイント


コインランドリー経営で失敗につながりやすい原因を理解したところで、成功するために抑えておきたいポイントもチェックしておきましょう。

リサーチやシミュレーションを徹底する

コインラインドリーを開業する前には、周辺に競合店が出店していないか、どんな住民が多いエリアなのか、リサーチを徹底的に行うことが大切です。そして、綿密な収支シミュレーションが経営を厳しくさせないためにも必要不可欠と言えるでしょう。

コインランドリーの売上は月に60~80万円程度が一般的で、100万円を超えるような売上を作る店舗は稀です。月々の返済がある場合は、その数字を踏まえて返済計画を検討すると大幅に狂うことが少なくなります。

開業しても放置は厳禁

無人経営が可能なコインランドリーではありますが、開業したからと言って放置してしまうことは厳禁です。衣類を洗濯する場なので、清潔感を維持することが鉄則と言えるでしょう。また、女性の利用客も増えていることから、安心感を与えられるような店作りも欠かせません。店舗内の清掃や機器メンテナンスは定期的に行う重要業務と捉えて取り組むのがおすすめです。

衛生面に関しては、各自治体で規定を設けていることがあります。例えば、1日1回の洗濯槽と乾燥機の清掃やゴミ箱の設置、ネズミや害虫が発生しない環境作りなどが挙げられます。予想以上にコインランドリーの衛生基準には細かく設定されていることが多いので、各自治体に事前に確認しておくと安心でしょう。

差別化を図る努力をする

自分が出店しているエリアに、競合店があとから出店してくる可能性もあります。そんなときは、他店との差別化を図ることが経営を厳しくしないポイントでもあります。
広告などに力を入れるのもおすすめです。折り込みチラシや駅貼りポスターなどさまざまな手法がありますが、特に注力したいのが看板です。

利用者がコインランドリーに求めるものは、どれだけ安く綺麗に洗えるか、アクセスしやすいかといった点です。さらに、ここにコインランドリーがある、ということが明確に分かる看板があれば十分に広告として役目を果たしていると言えるでしょう

防犯対策にも力を入れる

最近のコインランドリーは女性の利用客が増えています。女性の利用客が最も気にするポイントとしては、盗難などの被害を受けずに安心して来店できるという点です。防犯性を高めるために、可視性の高い窓を多く設置したり、防犯カメラを設置したりすることは必須と言えます。

おすすめは開閉式ではなくはめ込み式の窓を設置することです。もし盗難などの被害に遭った場合でも、犯人は出入り口から逃走するしか道がないため、犯人の人物特定をしやすくなるというメリットがあります。

また、24時間営業をしないことも一つの防犯対策です。酔っ払いやホームレスといった人が気軽に立ち寄れない工夫を施すことで、高齢者や女性の利用客でも安心して来店しやすい店造りを心がけましょう。

コインランドリー経営のメリット


土地活用の方法として注目を集めているのがコインランドリーです。どの世帯でも洗濯機を持っている時代ではありますが、自宅の洗濯機で洗えないものや洗濯から乾燥までの時間短縮のために利用する人が増えています。

そんな注目されているコインランドリーを経営するメリットについてみてみましょう。

利用料がそのまま収入となる

コインランドリーは、お金を入れて洗濯や乾燥を行う場所です。現代では、一人暮らしの人ばかりではなく、家事の時短を目指す主婦なども多く利用しています。コインランドリーを使用する理由として、家庭の洗濯機では洗濯できない大物や、自宅の洗濯機が不調であることなどが挙げられます。

お金を入れなければ稼働しない仕組みなので、賃貸のような滞納がなくきちんと収入を得ることができると言えます。このような背景から、近隣に住む固定客を囲い込みやすく、長期的な現金収入が見込めるというメリットが考えられます。

ランニングコストを抑えられる

コインランドリーは無人で経営することが可能な業態です。経費の中でも大きな割合を占めることが多い人件費が基本的に不要と考えて良いでしょう。洗濯機や乾燥機などの機械を設置するだけなので、機械が壊れたときには修繕費用などが発生しますが、定期的なメンテナンスを行っていれば必要最低限の出費で抑えることも可能です。

月々のランニングコストは、設置する洗濯機や乾燥機を一括購入するのかリースにするのかによっても変わってきます。コインランドリー経営で必要となるランニングコストは、機械代、水道代、メンテナンス代といった費用に加え税金が必要になってくると認識しておきましょう。

節税効果が期待できる

コインランドリーを経営する際には、初期費用として数千万円程度の費用が必要になります。初期費用がとても大きく感じられますが、小規模宅地等の特例が適用されれば、節税対策をすることも可能です。

他にも、中小企業促進税制などを利用することができれば、数年かけて設備費用を償却するところを、即時償却することもできます。特にコインランドリーの設備に関しては、初期投資費用の約70%の即時償却が可能になるので、大きな節税につながると言えるでしょう。

コインランドリー経営のデメリット


魅力あふれるコインランドリーという土地活用方法ですが、メリットばかりではありません。デメリットについてもきちんと理解して検討することが大切です。

土地活用としては初期費用が高額

コインランドリーに必要な洗濯機や乾燥機などの設備を揃えるのに、数千万円必要とも言われており、初期費用の高さがデメリットの一つと言えるでしょう。洗濯機や乾燥機を何台設置するのかによって費用は異なりますが、トランクルームや駐車場を経営するよりも高額なのは明確です。

高額な初期費用を払って開業しても、認知され固定客がつくまでは収入への不安は拭いきれません。経営が安定するまでの資金の確保をしておくことも大切です。

供給過多で経営が難しくなる可能性

コインランドリーは、簡素な造りの建物が多く、洗濯機や乾燥機が設置してあるだけという、どの店舗もあまり変わらない造りをしています。そのため、出店する立地が経営を安定させるかどうかを握っていると言えるでしょう。競合店の多い場所に出店しても、思い通りの収入が見込めないことも考えられます。

コインランドリーは出店増加傾向にありますが、他店との差別化が図りにくい業態でもあります。アクセスしやすい、周辺に競合他店がない、固定客がつきやすいという条件を満たす立地で経営するのが望ましいでしょう。

犯罪による利用客の減少

コインランドリーは無人経営ができるシステムです。それが人件費を抑えることになりメリットとしても挙げられますが、同時にデメリットとしても考えられます。多くのコインランドリーが小銭での現金利用を主としているため、両替機が設置してあります。その両替機が盗難の被害にあったり、洗濯や乾燥をしている利用客の下着などが盗まれたりというトラブルを招く可能性があります。

また、無人であることからホームレスが入り浸ってしまう可能性もあります。そのようなことが分かれば、固定客がつかない、利用客も二度と利用しなくなるという結果は容易に想像できるでしょう。そのようなトラブルを防ぐためにも、防犯カメラを設置したり、定期的な見回りを実施するなど、ある程度コストを掛けて防犯対策を講じる必要があります。

転用や売却が難しい

コインランドリーの初期費用は、その多くを設備費用が占めています。簡素な建物が多く、建物自体に資産価値が低い物件が多い特徴があります。高額な費用をかけて準備した設備も、支払った金額よりも安値でしか取引できないこともあり、売却は難しいものになるでしょう。

また、店舗の建物に合わせて洗濯機や乾燥機などの設備を準備するため、場所を変えて経営したいと思っても難しいケースがほとんどです。収入が低くても同じ場所で経営を続けなければならないため、検討している場所で長期的な経営ができるかどうかをしっかりと判断することが大切です。

コインランドリー以外の土地活用も検討しよう


土地活用の方法としてコインランドリー経営について解説してきました。しかし、土地活用の方法にはさまざまな方法があります。コインランドリー以外の方法も検討してじっくりと考えることが大切です。

興味のある土地活用の専門家に相談しよう

土地活用の種類にはさまざまなものがあるため、それぞれの分野で専門知識を有したプロに相談するのがおすすめです。土地活用の相談相手というと不動産会社などを考えることが多いですが、自分がどのような土地活用をしたいかが不明確のまま相談してしまうと、相手側にとって有利な土地活用方法をすすめられてしまう可能性があります。

まずは資金計画から実際の活用に関することまで専門家のアドバイスを受けるために、ファイナンシャルプランナーや税理士、金融機関などに相談をするのがおすすめです。具体的な土地活用方法が決まっていない状態でも、各専門家が経験をもとに収益が見込める土地活用方法についてアドバイスしてもらうことが期待できます。

土地活用の相談先や相談方法について知りたい方は、以下の記事が参考になります。

複数社に相談して比較検討しよう

土地活用方法が決まったら、過去に実績のある専門業者とタッグを組んで進めていくのがベストです。そのためには、複数の業者に相談を持ちかけるのが良いでしょう。各専門業者から土地活用方法の具体案を提案してもらい、自分に合ったものを選ぶのが理想的です。

特にコインランドリーの場合、大きな設備投資が必要になります。そのような経験のある専門業者であれば、設備の投資方法や、設置台数など細かな相談にものってくれるでしょう。

土地活用一括比較サイトを活用しよう

複数の専門業者に相談する場合、同じ相談を何度も説明する手間が省けるので土地活用一括比較サイトを利用すると便利です。1回の相談で複数社から提案内容を提示してもらえるので、時間をとらずにスムーズに進めることができます。

複数社の中から、提案内容はもちろんのこと、担当者の対応などをチェックして信頼できる専門業者を見つけるのが良いでしょう。

一括相談サイトならイエウール土地活用

一括相談サイトにはさまざまなものがありますが、土地活用比較サイトの中でもおすすめなのがイエウール土地活用です。全国規模の大手業者から地域密着型の業者まで幅広く優良企業が揃っているので、悪徳業者に引っかかる心配がありません。

また、約60秒間入力するだけで、複数社から提案内容を提示してもらえるので、時間をかけずに集めたい情報がしっかりと集まります。

デメリットやポイントを理解して開業を目指そう


初心者でも挑戦しやすい土地活用の方法がコインランドリーです。一度開業してしまえば、定期的な清掃やメンテナンスを行う必要はありますが、無人経営をすることも可能な業態です。

ただし、最初から大きな売上が期待できない、他店との差別化が図りにくい、初期費用が高額であるなどのデメリットにもきちんと注目して検討しなければなりません。資金計画を専門家に相談し、収益の見込める計画をもとにコインランドリーの開業を検討してみてはいかがでしょうか。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
コインランドリー経営はなぜ失敗してしまうの?
コインランドリー経営が失敗してしまう理由で最も多いのが、収支計画が寝られていないという点があげられます。詳しくは、コインランドリー経営に見られる失敗の原因をご覧ください。
コインランドリー経営の失敗対策とは?
コインランドリー経営で失敗しないためには、複数の収支シミュレーションを引くことです。詳しくは、コインランドリー経営で失敗しないためのポイントをご覧ください。
コインランドリーを開業するメリットはある?
コインランドリー経営では、人件費や高い節税効果を得ることができます。詳しくは、コインランドリーを経営するメリットをご覧ください。
コインランドリーを開業するデメリットは?
コインランドリー経営のデメリットは、初期費用が大きいという点があります。詳しくは、コインランドリー経営をするデメリットをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?