コインランドリービジネスの現実と仕組み|初期費用や成功するポイント!

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

コインランドリービジネスは、副業が流行っている昨今、特に注目度を高めています。

コインランドリービジネスには、自前の土地・建物を利用するケースとプレハブを利用するケースの2つがあり、それぞれにメリット・デメリット、トータルコストが異なります。

そもそもなぜ、コインランドリービジネスがここ数年で急速に人気になっているのでしょうか。そして、コインランドリービジネスにはどのような特性があるのでしょう。この記事では、コインランドリービジネスの基本的な仕組みや初期投資費用、トータルの利益率などについて具体的にお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

土地活用について詳しくは、以下の記事をご確認ください。

コインランドリービジネスとは

コインランドリービジネス

ここ数年、現役世代やシニア世代の副業として注目されているのが、コインランドリービジネスです。コインランドリービジネスは初期投資費用が比較的低く、開業後の維持管理の手間もさほどかかりません。そのため、本業が忙しかったり体力がなかったりする初心者でも、気軽に参入できる副業として評判が広がっています。
ここでは、コインランドリービジネスの基本的な仕組みや始め方、トータルでどの程度儲かるのかということについて実例とともに解説します。

コインランドリービジネスの現実と特徴

コインランドリーというと、ひと昔前までは単身世帯がメインターゲットとしてとらえられていました。しかし、最近ではコインランドリーのイメージそのものが大きく変わり、一人暮らしの若い女性や高齢者、ファミリー世帯にとっても便利な施設として浸透しています。
こうしたニーズの高まりに合わせ、コインランドリーの実店舗数も1996年から2020年現在まで、右肩上がりで上昇を続けており、その傾向は今後も継続していくだろうと見られています。コインランドリービジネスの大まかな特徴は、以下の3点に集約されます。
  • 1. 装置産業である
  • 2. 景気に左右されない
  • 3. 現金決済がメインである

装置産業とは、不動産投資のようにまとまった設備を最初に設置したうえで、長期的に運用していくビジネスのことです。装置産業は基本的に、「長期的なスパンで続けるほど利益率が上昇しやすい」という特徴があり、その意味でも副業には向いています。
景気に左右されないというのは、不景気に強いということです。洗濯は毎日のことで、不景気だからといって「しばらく洋服を洗わずにおこうか」ということにはなりません。むしろ、景気が後退すると専業主婦も家計を助けるために新たなパートを始めたりするため、コインランドリーを利用する機会が増えるといわれています。
このように、コインランドリー投資は時代のニーズに即したビジネスであり、変化に強い副業であるともいえるのです。また、現金決済を基本にしているコインランドリービジネスでは、キャッシュフローの流動性が保たれ、赤字のリスクを最小限に抑えることができます。

コインランドリービジネスの形態

コインランドリービジネスには、「自分自身で土地や建物をすべて用意する方法」と「専門業者に土地を貸し出し、賃料を毎月受け取る方法」の2つがあります。自分自身ですべてを用意すれば、店舗の規模や営業時間などを自由に決められますし、得られた利益のほとんどを受け取ることができるというメリットがあります。
一方、開業にあたっての初期投資費用がかかってしまい、利益が上がらない場合の赤字も、ほぼ自分で補填しなくてはならないというデメリットがあります。
初期投資費用をなるべくかけずに、コインランドリービジネスを始めたいという人には、フランチャイズ契約がおすすめです。フランチャイズ方式であれば、初期投資費用を格段に抑えることができ、大手のブランドがあるため初期の段階から、一定以上の集客率が見込めるというメリットがあります。
土地のみを業者に貸し出す方式なら、オーナー自身は自前の建物を用意する必要がなく何もしなくても毎月一定以上の賃料収入を受け取れます。その反面、営業時間などを自分で決めることはできません。
さらに、土地の利用期間についても業者側に決定権があるので、相続などで土地が必要になったとしても、返還を求めることができないというデメリットもあります。

コインランドリー開業の流れ

コインランドリービジネスを新規に始めるには、以下のようなプロセスが必要になります。
  • 1. 工事業者への問い合わせ
  • 2. 立地選定
  • 3. コストシミュレーション
  • 4. 契約
  • 5. 工事
  • 6. オープン

上記のプロセスのうち、最も重要なのが立地の選定です。コインランドリー投資は店舗型ビジネスなので、できるかぎり集客の見込めるエリアを選んで出店を行う必要があります。集客率の高いエリアを見きわめたうえで、開業後のコストシミュレーションを行います。
コインランドリービジネスのランニングコストとしては、水道光熱費、設備のメンテナンス費用などがあり、比較的算出しやすいといわれています。実際には、店舗工事からオープンまでの間に、オーナーやスタッフの研修を行う場合があります。オープン後も定期的にフォローを行ってくれる業者と契約することで、経営を早期に安定化させることが可能です。

コインランドリービジネスにかかる費用

コインランドリービジネスにかかる費用

コインランドリービジネスを新規に始める場合は、平均でどの程度のコストがかかるのでしょうか。初期費用とランニングコストに分けて見ていきましょう。

初期費用

コインランドリービジネスの初期費用としては、次のようなものがあります。
  • 設備購入費
  • 内装工事費
  • 給排水設備工事費
  • 電気工事費
  • 看板設置費用

上記のうち設備には洗濯機や乾燥機が含まれますが、総額1,000万円ほどかかると見積もっておいてよいでしょう。設備投資だけでもかなりのウエイトを占めることはお分かりいただけるかと思います。
ほかにも、諸工事費や看板設置費用など、それ以外のコストで500万円程度かかるといわれており、トータルでは平均で1,500万円前後必要になるとされています。

維持費用

コインランドリービジネスの基本的なランニングコストは以下の通りです。
  • 水光熱費
  • 家賃
  • 管理費
  • 消耗品購入費用

上記のうち、消耗品とは洗剤や電灯などが含まれ、費用については店舗、売上の規模によって異なります。コインランドリービジネスは人件費がかからないことが大きな特徴で、その分だけトータルコストを大きく削減することができます。
毎月の人件費がかからないだけでなく、スタッフの新規採用費用についても削減することができ、店舗型ビジネスの中では、ランニングコストが抑えられる業態といえるでしょう。また、家賃や管理費については、運営会社の方針によって大きく左右されます。
そのため、契約時に必ず詳細なコストについて確認し、できるかぎり低いコストで経営を始められるようにしましょう。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

コインランドリービジネスで失敗しないためのポイント

 class=

ビギナーがコインランドリービジネスで失敗しないためには、いくつかポイントを押さえる必要があります。コインランドリービジネスを、短期間で成功させるためのポイントについて見ていきましょう。

物件の立地が大事

コインランドリーは毎日通ってもらうための施設なので、立地が何よりも重要です。駅から遠いよりも近いほうが有利ですし、オフィス街よりも住宅街のほうが集客率が高いということは、感覚として理解できるのではないでしょうか。
ただし、駅から遠かったとしてもスーパーの近くであったり、スポーツジムの近くであったりすると、ベースの集客率が底上げされます。したがって、立地と同時に「そのエリアにはどのような付加価値があるのか」ということも合わせてチェックしましょう。

開業の時期を考える

コインランドリービジネスにも繁忙期と閑散期があり、繁忙期にかけて新規出店することで、早い段階からまとまった利益を確保することができます。一般的に、長雨の降りやすい9月から洗濯物が乾きにくい2月頃までが、コインランドリービジネスの繁忙期といわれており、これらの期間中は、利益率が10%程度引き上げられるとされています。
一方、閑散期は湿気が低くなる春先や夏場ですが、開業時期を調整できるのであれば、この時期は避けるべきでしょう。

利用しやすい工夫をする

コインランドリービジネスも広い意味では客商売なので、ユーザー目線に立った工夫が利益率アップにつながります。最近では、若い女性もコインランドリーを日常的に利用する時代になってきています。
そのため、女性が一人でも入りやすいように店舗を明るくしたり、壁紙をソフトな色にしたりするなどの工夫をするだけでも、集客率に反映されるでしょう。

コインランドリービジネスのメリット

 class=

コインランドリービジネスにはさまざまなメリットがありますが、不動産投資と比べると、次のような特徴が挙げられます。

コインランドリービジネス 不動産投資
初期費用 低い 高い
専門知識やノウハウ 不要 知識やノウハウが複雑
景気 不景気に左右されない 景気によって需要が左右される

以降で、オーナーから見たコインランドリービジネスのメリットについて、詳しく見ていきましょう。

在庫のリスクがない

小売業をはじめ、ほとんどのビジネスでネックとなるのが在庫リスクです。不動産投資でも物件が在庫となり、売れ残り期間が長くなるほど維持費がかさんでしまいます。その点、コインランドリー経営は、店舗型ビジネスでありながら在庫リスクがまったくなく、一度基本的な設備を設置してしまえば、あとは在庫を抱える心配もありません。
在庫リスクがないということは、在庫を保管しておくための設備も不要ということを意味します。
そのため、在庫自体の保管コストと在庫の余剰リスクという2つを回避でき、長期的にランニングコストをカットすることができます。

現金ですぐ収入が得られる

コインランドリービジネスは現金決済が基本で、お客さんが現金を投入してはじめてサービスが提供されます。そのため、オーナーから見ればキャッシュがすぐに手に入り、お金の流れもわかりやすくなるというメリットがあります。
ただし、最近ではSuicaなどの電子マネーによるキャッシュレス決済が普及しており、必ずしも現金決済ではない場合も増えています。よって、キャッシュフローについても運営会社に確認しておきましょう。

需要が高い

時代が変わっても、洗濯が毎日の作業であることに変わりありません。つまり、コインランドリービジネスは長期的に見ても需要が安定していると考えることができます。一度軌道に乗せることができれば、長いスパンで一定の収益をあげることができるでしょう。
ただし、どんなに需要が高くても店舗の立地が悪ければ、充分な収益が期待できません。
そのため、運営会社との契約の前に、あらかじめエリアごとの集客率についてもチェックしておきましょう。

専門知識なしでも開業ができる

どんなビジネスでも、ゼロから成功に導くためには専門知識とノウハウが求められます。しかし、コインランドリービジネスであれば、基本費用や契約方法など最低限の知識さえあれば、素人でも比較的手軽に事業に参入することができます。
とはいえ、すべてにおいて運営会社にまかせきりにすることは危険なので、トラブル時の対応など、オーナーとして必要な知識は開業後に少しずつ身につけていきましょう

コインランドリービジネスのデメリット

 class=

需要が安定していて、素人にとっての参入ハードルが低いなど、メリットが多いコインランドリービジネスですが、デメリットもいくつかあります。

初期費用が高い

コインランドリービジネスの大きな特徴として、初期費用の高さが挙げられます。コインランドリービジネスの初期費用は、店舗の規模やエリアによっても左右されますが、10~15平米の店舗の場合は建物と内装工事、設備投資を合わせて、1,500万円程度必要になるといわれています。
フランチャイズ方式やリース形式であれば、初期費用を大きく抑えられるので、「元手が少ないけどコインランドリービジネスを始めたい」という方は、そちらのほうもチェックしておきましょう。

店舗が無人のため起こるトラブルがある

スタッフの人件費を大幅に削減できる点が、コインランドリービジネスの大きなメリットですが、反面、店舗が無人になるがゆえのトラブルも起こり得ます。
特に、深夜営業の店舗では洗濯機や乾燥機の盗難、小銭の窃盗などが実際に発生しており、それにともなう補填についてもシミュレーションしておく必要があります。

同一エリアに競合が出店される場合がある

コインランドリービジネスは、新規参入のハードルが低い反面、競合が出現しやすいというリスクがあります。集客率をもとにして出店エリアを見きわめ、店舗を出店したとしても、開業後に新たなライバルが出現する可能性は大いにあります。
コインランドリービジネスは、サービスがシンプルな分だけ競合他社との差別化がはかりにくく、ライバルの出現後に撤退に追い込まれてしまうケースも決して低くはありません。

コインランドリービジネスは自己資金を貯めてから始めよう

コインランドリービジネスは自己資金を貯めて

コインランドリービジネスは専門知識なしで始めることができ、初心者にとってもハードルの低い副業のひとつです。
フランチャイズ方式やリース形式など、さまざまな形態がありますが、まとまった初期費用が必要になり、赤字が続くリスクもあります。そのため、まずは自己資金をしっかりと貯めることからスタートしましょう。

-1. 土地を活用するならイエカレがおすすめ

コインランドリービジネスは、余っている土地を有効活用するアプローチのひとつでもあります。不要な土地を活用したいという方にはイエカレがおすすめです。イエカレは土地活用プランを相談できる比較サイトであり、必要情報を入力するだけで無料で複数の土地活用プランを確認することができます。
コインランドリー経営について興味がある場合は、どんな設備を用意するべきなのか、どういった価格設定にするべきなのかなど、さまざまな悩みを相談する
事ができるので、一度相談してみてください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
コインランドリービジネスとは?
コインランドリービジネスには、自営方式とフランチャイズ方式があります。詳しくは、コインランドリービジネスの形態をご覧ください。
コインランドリービジネスはどのぐらい費用がかかる?
コインランドリーの初期費用は、平均でも1,500万円ほどかかると言われています。詳しくは、コインランドリービジネスにかかる費用をご覧ください。
コインランドリービジネスで失敗しないためには?
コインランドリービジネスは立地で成功するか否かが決まってしまいます。詳しくは、コインランドリービジネスで失敗しないためのポイントをご覧ください。
コインランドリーを開業するメリットは?
コインランドリー経営のメリットは、専門知識なしでも始められることです。詳しくは、コインランドリー経営のメリットをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?