不動産売却の5つのコツを解説|失敗しないために知っておくべきこととは

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

不動産売却では専門的な知識が必要になるもの。事前の情報収集でコツを抑えて失敗なく不動産売却を終えたい、と思っている方も多いでしょう。

こんな悩みの人にピッタリ
  • 初めて不動産売却をするので、何から始めていいのか分からない
  • 不動産売却で失敗したくない
  • 不動産を売却する際のコツを知りたい

この記事では、不動産を高く、そして失敗せずに売却する方法をご紹介します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却の流れ

まずは不動産売却の大まかな流れを図で確認しましょう。
property-selling-process

不動産売却を検討した際は、まず信頼できる不動産会社を探して相談をしましょう。不動産会社が、あなたの不動産を買いたい!という購入希望者を探し、売却完了までサポートします。

基本的には売却完了まで不動産会社があなたをサポートするので、一人で悩む必要はありません。そのことをまず頭に入れておいてください。

コツ①|価格査定を失敗しないことが重要

不動産会社に相談する時、まずあなたの売りたい不動産の価格を査定してもらうことからスタートです。そして、不動産を高く売却をするためには、査定が一番重要です。

なぜなら査定結果が、実際の不動産の売却価格に影響することがあり、場合によっては、安く査定され、数百万円単位で損をすることが多いです。一方で、高い査定を受けることができれば、相場以上の価格で売却することができるのです。

  1. どうすれば高い価格で査定してもらうことができるんだろう?

訪問査定で正確に査定額を把握する

不動産価格の査定方法には訪問査定と机上査定の2種類があります。

訪問査定では、不動産会社の担当者が直接あなたの物件に訪問し査定を行います。訪問査定をしてもらうとデータだけでは分からない物件のオススメポイントをプロの視点で見つけることができるので、正確に査定結果を知ることができます。

机上査定では、住所や間取りなど査定依頼の際に入力する最低限の情報から査定をします。基本的にはメールのみでやり取りができるというメリットがある反面、訪問査定に比べると、情報が限られている分実際の査定結果がずれてしまうこともあります。

ちなみに、もし訪問査定をしてもらい納得の査定結果がでなければ、その会社と契約しなくても大丈夫なので、迷ったら正確に査定をしてもらえる訪問査定をオススメします。

複数の不動産会社から査定をうける

高い価格で査定を受けるためには、複数の不動産会社に査定依頼し、各不動産会社からの査定結果を比較しましょう。

なぜなら不動産会社によって会社の「強み」や「得意とするエリア」が異なるので査定結果に差が出ます。査定結果が出そろった中で提案を比較することで、より高い査定額の提案を選ぶことができるのです。

例えば大手不動産会社の場合、手持ちの物件情報や顧客リストが豊富にあるのに対して地域密着型の中小不動産会社は、大手にはない地元ならではの顧客販売網を持っています。なので会社ごとにアプローチ方法が異なり、各社の査定結果に差が出るのです。

  1. 高い買い物をする時に他の商品と比較するように、不動産会社も比較して選ぶべきなんだね!
  2. 査定価格は数百万円の差が出るので、絶対に比較検討すべきだよ
  3. でも複数の不動産会社に査定依頼するってめんどくさそう・・・

査定依頼の際に活用すべきサービス

そんな時にオススメしたいのが不動産一括査定サービスです。不動産一括査定サービスを使うと、わざわざ1社1社不動産会社を探す必要がなく、一度に複数の不動産会社に査定依頼ができます。査定依頼はもちろん無料です。

 width=

しかも、インターネットで一回査定依頼するだけで自動であなたの売却したいエリアを得意とする不動産会社を選んでくれるので自分で不動産会社を探すよりも手間なく、高い価格で売却してくれる不動産会社を見つけることができます。

  1. これで複数の不動産会社に査定依頼が簡単にできるんだね!
  2. しかも無料でできるから、使わない理由はないよ!
  3. 確かに!具体的にオススメの不動産一括査定サービスを教えてほしいな!

オススメは実績No1のイエウール

 width=
一括で不動産の査定依頼をしたいという方には利用者実績No1のイエウールをオススメします。

オススメする一番の理由は、提携している不動産会社が1700社と業界No.1なので、「大手」「中手」の不動産会社だけでなく「地域密着」の不動産会社にも査定依頼を出すことができるからです。

一回の査定でより多くの不動産会社と比較した方が、売却の成功確率も高くなります。

また、イエウールで査定依頼ができる不動産会社は優良企業ばかりで安心して利用できます。なぜなら不動産会社に直接足を運んで面談し厳重な審査を行っており、仮にクレームが多い会社は提携解除ができる仕組みになっています。
不動産査定の依頼数は業界1位(2018年7月時点・TSR調べ)と、実績十分で安心して利用できるサービスなので自信をもってオススメします。

「すぐに不動産の査定結果を知りたい!」という方は利用者数が1,000万人超の不動産一括査定サービスのイエウールを使って査定結果を調べてみましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産一括査定について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

コツ②|余裕を持った売却スケジュールを

余裕を持った売却スケジュールを

不動産の売却では、余裕を持った売却スケジュールを立てましょう。

不動産売却に関するアンケートを行った100人に『不動産を売却した際に後悔したことは?』と聞いてみたところ、99名が回答。不動産売却時、多くの方に後悔する点があったことがわかりました。

後悔した理由で最も多かったのは『余裕のある売却スケジュールを立てればよかった』という結果になりました。

  • 新しいマンションの契約等と売却が重なり忙しくなってしまった。(40代 女性)
  • 余裕がなく、急いで売ってしまった。(50代 男性)
  • 思ったより売却が長引いた。(40代 男性)

特に売却する理由が住み替えの場合は、不動産の売却と購入でやるべきことが重なることで忙しくなり売却価格を妥協してしまうこともあります。

また、予定していたより売却に時間がかかることもあります。売却にかかる平均の期間である3ヶ月~6ヶ月は必要な期間として見積もっておきましょう。

コツ③|優良不動産会社の見極め方を知る

不動産売却を失敗しないために、売却のサポートをしてくれる不動産会社の選定は非常に重要です。

優良な不動産会社を見つける事ができれば、売却の成功確率がグッと高まります。そこで次に優良不動産会社の見極め方について解説していきます。

査定額の根拠を聞こう

不動産会社によって査定結果が違うように、その結果に至る理由も異なるためなぜその価格なのかという裏側まで理解することが重要です。査定結果の理由が明確だと、実際に売却を進めてもその結果からブレることが少なくなります。

逆に査定結果の根拠が薄い提案は、ブレる可能性が高いので、想定よりも安く売却してしまうことがあります。

  1. どんな質問をすれば査定額の根拠が分かるのかなぁ?

査定額の根拠を聞く際には築年数、間取り、土地の相場感、家の状態、近隣施設の有無という5つの視点で査定額の根拠を聞きましょう。

販売戦略を明確に聞こう

不動産会社によって持っている販売網や得意な宣伝方法が異なります。なので、あなたが売りたい不動産をどのように売却成立までサポートしてくれるのか、納得がいくまで担当者に聞いてください。

売却成立を100%保証してくれる不動産会社はいませんが、売却までのサポート体制がしっかりしている不動産会社の方が売れやすいので、「どのような販売戦略」なのかは必ず聞いてください。逆この質問に対してあいまいに答えている不動産会社とは契約しない方が良いです。

コツ④|内覧希望には丁寧に対応する

購入希望者にとっては内覧で感じた部屋の印象が購入判断に大きく影響します。「ここに住みたい」「こんな生活をしてみたい」というイメージ持ってもらえれば売却は成功したも同然です。

そこで内覧時には2つのことを意識しておきましょう。

綺麗に掃除・片付けをおこなう

見た目のキレイさや、メンテナンスが行き届いた備品などの第一印象は、内覧時の印象に大きく影響を与えます。よって内覧者を迎える準備として部屋の掃除は必ずしましょう。

特に念入りに掃除すべき場所は玄関、リビング、水回り、バルコニーです。
購入希望者にとっては、水回りに水垢があったり、キッチンが油で汚れていると、その物件の価値は一気に下がるので注意しましょう。

掃除の方法について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

内覧の対応でのコツ

内覧者の不安を解消し、不動さんやあなた自身に不信感を持たれないように振る舞いましょう。

例えば、内覧の案内は不動産会社任せだからと自分はテレビを見たいたり、他のことをしている売主がいますが、感じが悪く映り、物件そのものにも悪い印象を与えかねません。

購入者が知りたい周辺の環境や買い物の便などを積極的に説明するぐらいの方が、好印象を持たれていい成果につながるでしょう。

下の表にコツをまとめたので参考にしてください。

内覧のコツと目的

目的 コツ
不信感を持たせない 営業トークは不動産会社に任せる
質問攻めにしない
急かさない
買い手の不安を解消する 買い手が気になる点は答えられるように整理しておく
(周辺環境や家自体への質問)

コツ⑤|契約完了まで気を抜かない

値引き交渉されることもある

実は、物件の売主と買主の間では「価格交渉」が行われるのが一般的。

不動産取引の場では、扱う品物が「高価かつ規模の大きいもの」である以上、数パーセントでも値引きすることができれば、買主側は数百万円単位のコスト削減が可能です。

しかし、値引き交渉をされたという理由だけで購入の希望を断ってしまうと、売却の期間が延びてしまうことがあります。最終的に高く売却するためには、少し高めに売り出し価格を設定することと、交渉にも建設的に対応することをお勧めします。

実際、公益財団法人東日本不動産流通機構が2020年2月に発表した「築年数から見た首都圏の不動産流通市場(2019年)」によると、中古戸建て住宅の場合、築20年までの住宅であれば売出価格から15%ほど値引きされ、成約に至ることが多いようです。

売り主には契約不適合責任がある

不動産売却では、売り主には不動産を売ってからも自分が売却した不動産に対して責任をもつ必要があります。契約時に伝えていなかったことが契約後に発覚すると、その責任が問われます。

売却する不動産の損傷や汚れなど、伝えておくべき事は契約の前に伝えておくことが自分の身を守ることに繋がります。

※2020年11月追記

「瑕疵担保責任」から「契約不適合責任」に変更になりました。それによって、「隠れた瑕疵」がある場合ではなく、契約時に伝えていた内容と違う場合に買主は損害賠償や代金減額の請求ができるという規定になっております。

契約不適合責任について、詳しくは法務省の説明資料をご確認ください。

参考:民法(債権関係)の改正に関する説明資料(法務省民事局)

まとめ

この記事では不動産を高く、そして失敗せずに売却するポイントを解説しました。不動産を売却するか迷っている方は、まずイエウールを使って一括査定してみてください。

今回の記事のポイント
  • 不動産売却を成功するために査定結果を比較することが重要
  • 一括査定サービスを使えば無料で査定額を比較できる
  • 査定結果を比較するなら利用者数実績No1のイエウールがオススメ

また、具体的に査定したい物件が決まっている方は、物件種別ごとの売却のコツを把握しておきましょう。

不動産を一括査定することについて気になる方は「不動産一括査定を解説!サイトの選び方や利用時の注意点を知ろう」も参考にしてみてください。

初心者でもわかる!記事のおさらい

不動産の査定や売却に関してよくある質問をピックアップしました。

不動産を高く売るためのコツは?

不動産会社に高く査定してもらうことです。なぜなら、査定額が実際の売却価格に影響することが多いからです。

査定に失敗しないための方法を知りたい方は不動産売却の流れと高く売るためのコツで解説しています。

良い不動産会社の見極め方ってあるの?

大きく2つの方法があります。

  1. 査定額の根拠を聞く
  2. どのような販売戦略があるのか聞く

良い不動産会社であれば、これらの質問に対して真摯に答えてくれるはずです。どのように聞けばいいか知りたい方は優良不動産会社の見極め方をご覧ください。

不動産の査定は無料でできる?

はい、査定は完全無料で利用できます。複数の不動産会社にまとめて査定依頼ができる、不動産一括査定サイトの利用がおすすめです。

不動産一括査定については査定依頼の際に活用すべきサービスで説明しています。

査定ってどうやって行われるの?

物件の住所や間取りのデータをもとにおおよその価格を算出する「机上査定」と、実際に家を訪問して行う「訪問査定」があります。

もしどちらにするか迷ったら、より正確な査定価格を知れる訪問査定をおすすめします。詳しくは訪問査定で正確に査定額を把握
をご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、売ったら いくら?

1
2
3
4
5
戻る
物件種別
都道府県
市区町村
町名
字・丁目
1
物件種別
2
都道府県
3
市区町村
4
町名
5
字・丁目