不動産の個人売買は可能か|売買の流れや使えるサイトについて解説

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

不動産会社を通さずに不動産の売買をおこないたいけど、そもそも不動産の個人売買は可能なのか、不安に感じる方もいるでしょう。

結論からいうと、不動産の個人売買は可能です。

この記事では、不動産の個人売買の流れや手続きについてご紹介をしたいと思います。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は、不動産売却の記事をご覧ください。

不動産の個人売買は自分でできる?

 width=
不動産を売却する際の選択肢として、不動産会社に仲介を依頼せずに購入・売却を行う個人売買があります。

不動産の個人売買は法令には抵触しない

不動産を売買する場合、不動産会社の仲介でおこなう方法が一般的ですが、不動産の個人売買は可能です。法令にも抵触しません。

特に、買主の候補が親子や兄弟関係、親族、友人といった親しい関係性である場合は、不動産といった高額商品でも個人売買をしたいと考える方は多いでしょう。ぜひ個人売買に挑戦してみましょう。

しかし継続的に不動産の売買活動をおこなうとなると話は別です。継続的な不動産売買は経済活動とみなされ、宅地建物取引士としての資格が必要になります。

手続きは自分でおこなうことで仲介手数料を節約できる

不動産の売買では国土利用計画法、公有地の拡大の推進に関する法律、農地法、都市計画法といった法令で義務付けられている手続きや、禁止されていることがあります。これらを調べたうえで売買契約をおこなうように注意しましょう。

しかし、ポイントを抑えれば、不動産の売買でかかる費用のひとつである仲介手数料を節約することができます。売買価格が400万円以上の場合、以下の速算式で求めることができます。

仲介手数料 = ( 売買価格 × 3% + 6万円 ) + 消費税

不動産の売買ではなにかと費用がかかるもの。もっとも金額の大きい仲介手数料を節約するために個人売買をおこなうのもひとつの手段です。

媒介契約を結んでいても個人売買は可能?

「不動産会社と媒介契約を結んでいるが、なかなか売れそうにない…」といった場合、個人間での売買を検討することもあるでしょう。市場で取引すれば高く売れる可能性もあります。

結論としては、不動産会社と媒介契約を結んでいても、その契約の種類によっては個人売買は可能です。

媒介契約には「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3種類があり、「専属専任媒介契約」を結んでいる期間は個人売買はできないと考えて良いでしょう。

なぜなら、自己発見取引(自ら発見した相手方との契約の締結)が禁止されているためです。

「一般媒介契約」「専任媒介契約」の場合は個人売買の契約締結も可能ですが、それでも不動産会社に契約を締結した旨を伝える必要があります。報告を怠ると費用を請求される可能性があるので注意しましょう。

お持ちの不動産が一戸建てという方は、こちらの記事で空き家の個人売買について詳しく解説しているので参考にしてみてください。

できれば不動産会社に仲介手数料を支払いたくないという方は、不動産一括査定サイトを使って複数の不動産会社を比較することをお勧めします。仲介手数料は必ず発生するものではありません。思ったより仲介手数料を安くしてくれる不動産会社がいるかもしれません。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産の個人売買の流れ

個人売買で不動産を売却する場合の一般的な流れは下記のようなものになります。不動産の売買は売主と買主がいて成立するものですが、ここでは売主の目線で解説していきます。

STEP
  • 買主を見つける
  • 売買契約を締結する
  • 代金の入金を確認する
  • 物件の引き渡しをおこなう
  • 不動産の名義変更をおこなう

それぞれの段階についてここで簡単に解説します。

STEP1:買主を見つける

不動産を売却する際には、相場をしっかりと把握しておくと良いでしょう。不動産の相場価格を調べる方法は、「実勢価格」「公示地価/基準地価」「相続税評価額」など様々ありますが、まずは実際に世の中で売買された金額である、実勢価格を調べます。

実勢価格は「国土交通省の土地総合情報システム」で調べることがでます。不動産の売却相場を調べる方法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

調査した相場価格を参考にしながら「このくらいなら売れそうだ」という売り出し価格を設定します。少し強気な価格で設定されることも多いです。

売却価格を決めたら、買主の候補となる人に打診するか、個人売買で使えるサイトに不動産情報を掲載して購入希望者を募りましょう。使えるサイトについては、3章で紹介しています。

STEP3:売買契約を締結する

買主が見つかったら、売買契約を締結します。ここでは必要な書類を揃える必要があります。売主と買い主で合意がとれていたとしても、必要な書類がないと売買の手続きを進めることができません。

取引における資料は、特に決まった形式などは存在していませんが、抑えるべきポイントがあります。

例えば、売買物件の表示、売買代金・手付金当の額・支払期日、土地の実測及び土地代金の精算…などです。売買契約の段階では入念に調べながら契約書を作成しましょう。

STEP4:代金の入金を確認する

チラシを配ったり、不動産情報ポータルサイトに物件を掲載することで買い手を探します。不動産会社に仲介を依頼する場合、販売活動は基本的に担当者の方が進めてくれますが、ちゃんと販売活動が行われているか自分でもチェックすることが大切です。

また、買い手の候補の方が見つかった場合、物件の内覧をしてもらうことになります。家の中を清掃しておいたり、汚れや破損のある箇所は修繕をしておくようにしましょう。

STEP5:物件の引き渡しをおこなう

買主との条件が合えば、売買契約を締結します。売買契約書や重要事項説明書も自分自身で準備をする必要があります。

個人売買では、瑕疵担保責任や金銭的な問題などが後々問題になりやすいです。契約時に必ずしっかりと確認をして契約を締結するようにしましょう。

STEP6:不動産の名義変更をおこなう

買主から残金の支払いを受けた後は、物件の引き渡しと所有権移転登記申請を行います。また、引き渡す物件がローンの支払中であり抵当権が設定されている場合には、残債を返済し抵当権を抹消する必要があります。

引き渡しは所有権移転登記申請によって完了となり、晴れて売買が完了となります。また、売却した不動産で利益を得た場合には、確定申告が必要になりますので、注意しましょう。

  1. なるほど、個人売買はこんな風に進むんだね!

全体の流れを把握したうえで、個人売買ではなくプロに依頼したいという方もいらっしゃるでしょう。仲介を不動産会社に依頼するときは、まずは一括査定のイエウールで複数の不動産会社に対象の不動産を査定してもらうのが便利です。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産の個人売買のリスク

不動産会社に仲介を依頼せずに個人売買をおこなうかどうか、メリットと同時にリスクを知った上で安心して決めたいですよね。

不動産の個人売買の最大のメリットは不動産会社を間に挟まないことで仲介手数料を省略できることですが、リスクを把握しておくことで、ご自身の状況に合った判断ができます。ここでは個人売買での3つのリスクについてご紹介します。

トラブルがつきものである

通常、不動産会社に仲介を依頼する場合は、仲介者として売買のプロである不動産会社が間に入ってくれるため、あまりトラブルは発生しません。一方で、個人売買の場合、売主と買主ともに素人である場合が多いため、様々なトラブルが発生する可能性があります。

住宅ローンが通りづらい

一般的に、買い手側は住宅ローンを組んで不動産を購入することになる場合が多いでしょう。

個人売買の場合、買い手側がローンを使いたくても金融機関からNGが出て審査に通らない可能性があります。

個人売買は仲介とは違って宅建業法上必要な重要事項説明書などの書類を作らないことが多いです。信頼性が低い契約書では、金融機関としてはあまり積極的に融資をしたいとは思わないのです。

他にも不動産取引として不確定な要素が多く、個人売買に対しては住宅ローンの審査のハードルは上げざるを得ないのです。

とにかく手間がかかる

とにかく手間がかかり、手続きが煩雑であることは最大のデメリットとも言えるかもしれません。買い手を探し価格の交渉を行い、法令に基づいた契約書を作成して取引を完了させるという一連の流れを個人で行うことは容易ではありません。

不動産の個人売買には時間と手間がかかるため、しっかりと余裕を持って取り組んでいくことが絶対条件になります。

不動産の個人売買ができるサイト4選

サイト名 掲載物件数
ジモティー 250,000件
家いちば 380件
e-物件情報 240件
不動産直売所 60件

多くの人の目に留まる「ジモティー」

ジモティーサイトトップ

掲載物件数がダントツで多いのが「ジモティー」です。不動産以外の分野でも個人間の売買をサポートするサービスとして知名度も高く、サイトの名前を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。

買主を見つけるためには不動産を買いたい人・買いたいとは思っていない人、多くの人の目に触れることが大切です。不動産を購入することが決まっていない人であっても、あなたの広告を見て家を買いたいと思う可能性があるでしょう。

こんな家でも売れるの?「家いちば」

家いちばサイトトップ

不動産に特化した情報サイトの中でも物件掲載数が多いのが「家いちば」です。古民家やビル、別荘地・海・農家などのカテゴリーが用意されており、一戸建てやマンション以外の種別の不動産も多く掲載されています。

空き家や古ビルなど、訳アリ物件を自分で探したい人が閲覧するサイトでもあります。「こんな家でも売れるの?」というような家でも買いたい人を見つけられる可能性が高いです。

不動産のプロのサポートも受けられる「e-物件情報」

イー物件サイトトップ

「e-物件情報」の最大の特徴は、いざとなったら不動産取引のプロである宅地建物取引業者にエージェントとして助言・交渉をお願いできるところです。(費用は状況によって異なります)

不動産取引では、難解な専門知識を必要とします。個人売買では物件の調査や書類の作成も自分で行う必要がありますが、いざとなったらサポートを依頼できるのは心強いです。

買主と出会える「不動産直売所」

不動産直売所サイトトップ

「不動産直売所」も、その名の通り個人売買を直接おこなうことができるサイトです。掲載物件数はあまり多くないので、その分興味本位でサイトを眺める冷やかしのユーザーが少ないかもしれません。

また、引き取りサービスも同じサイトにあります。個人売買を検討する方の中には、市場では売れないもののどうしても手放したい山林や広大な土地をお持ちの方もいるでしょう。「不動産直売所」なら、木こりの方や不動産会社の方に引き取ってもらうことができます。

個人売買サイトの使い方

個人売買サイトを使って不動産情報を投稿・掲載する場合は、多くの場合がインターネットで完結します。

以下のような情報登録フォームに必要な物件情報を登録すれば、それが一般に公開され、買い主を募集し始めることができます。あなたの不動産を買いたいという問い合わせがくるので、サイトはこまめにチェックしましょう。

物件情報掲載フォーム

売れない不動産を売る方法とは

不動産の個人売買を検討する方の中には、売却の条件が悪く、買主が見つからないかもしれないという不安をお持ちの方もいらっしゃいます。

  1. この土地、なかなか売れないなあ

仲介を依頼する不動産会社を変える

不動産が売れないときは、仲介を依頼する不動産会社を変えることも検討しましょう。

不動産の売却がうまくいくかどうかは、担当者の売却活動の内容や営業力、その不動産会社の得意分野にも影響を受けます。

しかし、媒介契約の種類によって今すぐ不動産会社を変えられないこともあります。まずは仲介を依頼している不動産会社に契約内容を確認し、なかなか売れないので依頼する会社を変えるかもしれないと正直に伝えてみましょう。

不動産の価値を高める

商品である不動産の本当の価値がポータルサイトやチラシに掲載された情報では買主の候補となる人に伝わっていないことがあります。

売りに出している不動産の価値を高めることも必要です。

具体的には、「インスペクション」をおこなうことで中古住宅としての安全性を保証することや、売却活動で使われている広告の文言を変更する、などです。

実際に売却する不動産が変わらなくても買主が受ける印象は良くなるはずです。個人売買を検討しつつ、不動産会社に依頼して仲介で高く売る方法もあることを忘れないでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。個人売買はメリットもデメリットもある方法ですので、しっかりと事前に知識を得てから取り組むようにしましょう。

最後になりますが、実際に売却を考えている方に向けて、不動産一括査定サイト【イエウール】のご紹介をしたいと思います。

不動産一括査定とは

不動産一括査定とは、完全無料で利用ができ、全国の優良な大手・地場企業と複数出会うことができるサービスのことです。複数の不動産会社と出会うことで、査定価格を比較することができたり、信頼して売却を任せられる不動産会社と出会うことができます。
 width=

イエウールが選ばれる理由

イエウールは、月間の利用者数約1万人を誇る業界No1の不動産一括査定サイトです(2018年7月時点・TSR調べ)。

なぜ、これだけ多くの方々にご利用いただけているのかと言うと、最大の理由は、提携している不動産会社数が1,700社と業界No1であるためです。全国に展開する大手不動産会社だけでなく、地域密着の会社など、幅広い会社に査定依頼を出すことができます。

また、査定依頼ができる不動産会社は、私共が直接足を運んでお会いし、厳重な審査を行った会社ばかりとなっております。

家の売却について知りたい方は、【家を売る】損せず高く売却するコツや流れの記事をご覧ください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

不動産の個人売買は個人でもできますか?
不動産の個人売買は可能です。個人で不動産を売買することで仲介手数料を節約することができますが、手続きや禁止事項などをよく調べて行いましょう。詳しくは、不動産の個人売買は自分でできる?をご覧ください。

不動産の個人売買ができるサイトを教えてください
不動産の個人売買ができるサイトは、ジモティー、家いちば、e-物件情報、不動産直売所などがあります。詳しくは、不動産の個人売買ができるサイト4選をご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?