80坪の土地でのアパート建築費は?|実際に建てられるアパートを解説!

80坪の土地でのアパート建築費は?|実際に建てられるアパートを解説!
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

80坪の土地を所有していて、アパートを建築したいと考えている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、80坪の土地でアパート建築をすると建築費はいくらかかるのか、どんなアパートを建てられるのかを中心に紹介していきます。

また、アパートの収益性やアパート建築を依頼する施工会社の特徴や選び方まで解説しているので、是非アパート建築に役立てていただけたら幸いです。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アパート建築費についてより詳しく知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

80坪でのアパート建築費の相場

80坪の土地でアパートを建築する場合の建築費を解説していきます。

構造によって坪単価は異なる

アパート建築費は構造ごとに坪単価が大きく異なります

アパート建築に用いられる構造は、木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造(RC造)が主な構造であり、最近では技術の進歩により鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC造)のアパートも建てられるようになりました。

木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造(RC) 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
坪単価 56万円 76万円 94万円 120万円

坪単価は、木造のアパートが一番安くなり、鉄筋鉄骨コンクリート造が最も高くなります。

しかし、坪単価だけに注目してアパート建築を始めると、後になって後悔する可能性があります。アパートの構造によって特徴や収益性が異なるため、これらを理解したうえで構造を選択するほうがよいです。

アパートの構造に関しては、以下の記事をご覧ください。

構造別の建築費

80坪の土地でのアパート建築費は以下の通りです。

木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造(RC) 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)
建築費 4,480万円 6,080万円 7,520万円 9,600万円

坪単価で求めることができる建築費は、本体工事費のみとなっており、付帯工事費やその他の諸費用もかかることに注意が必要です。

また、実際に80坪の土地でアパート建築をやってみると、大体6,760万円かかるという(※)アンケート結果もあります。アパートの階数や間取りによって建築費は前後しますが、80坪の土地にアパートを建てるときの建築費として、参考にしてみてください。

(※)当社が2021年8月31日~9月4日に実施した、実際にアパートを建てたことがある人80人を対象にアンケート調査をもとに算出しています。

80坪以外の坪数別のアパート建築費用はこちらご覧ください。

80坪で建築可能なアパートの例

80坪で建築することができるアパートの実例を紹介していきます。

例①|木造2階建てアパート

  • 性別:女性
  • 年齢:30代
  • 建築費:4,800万円
  • 構造:木造
  • 階数:2階
  • 部屋数:8部屋
  • 目的:収益性の高い事業として魅力的だったから
  • こだわりのポイント:コストを抑えるためバルコニーを設置しなかったこと

30代女性のこの方は、木造2階建てのアパートを約4,800万円かけて建築することができたそうです。部屋数は8部屋となっています。施主のこだわりとして、できるだけ安くアパートを建てたいという想いから、木造建築を採用し、さらにバルコニーを設置しなかったそうです。

建築コストを抑えるという面では、構造を坪単価が一番低い木造にすることで本体工事費を抑えられます。また、バルコニーも需要がないと判断したのであれば、設置しなくてもよいでしょう。バルコニーを設置しないことで、バルコニーの分の工事が発生しないため、建築コストを抑えられています。

木造3階建てを検討している方はこちらを参考にしてみてください。

例②|鉄骨造4階建てアパート

  • 性別:男性
  • 年齢:40代
  • 建築費:6,400万円
  • 構造:鉄骨造
  • 階数:4階
  • 部屋数:11部屋
  • 目的:収益性の高い事業として魅力的だったから
  • こだわりのポイント:最上階は施主の親族が利用するため、部屋数を減らし、広めの間取りにしたこと

40代男性のこの方は、鉄骨造4階建てのアパートを約6,400万円かけて建築することができたそうです。部屋数は11部屋となっています。施主のこだわりとして、建築するアパートの一部を施主の親族で利用したいという想いから、最上階の部屋数を減らし、広めの間取りにしたそうです。

新築のアパートを賃貸併用住宅として利用することで、賃貸部分の家賃収入をローンの返済に当てられるため、負担を減らしつつマイホームを手に入れることができます。マイホームを望んでおり、賃貸経営を検討している人には、この事例が参考になります。

例③|鉄筋コンクリート造4階建てアパート

  • 性別:男性
  • 年齢:30代
  • 建築費:7,000万円
  • 構造:鉄筋コンクリート造(RC造)
  • 階数:2階
  • 部屋数:6部屋
  • 目的:使っていない土地を活用するため
  • こだわりのポイント:建築コストの削減より快適性を重視し、防音性の高い素材を採用したこと

30代男性のこの方は、鉄筋コンクリート造(RC造)2階建てのアパートを約7,000万円かけて建築することができたそうです。部屋数は6部屋となっています。施主のこだわりとして、建築コストを抑えるよりも入居者が快適に暮らしてほしいという想いから、防音性の高い素材を取り入れて建築したそうです。

入居者が快適に暮らせることで長く住んでもらえる可能性が高くなるため、空室のリスクも少なくなります。また、防音性が高いことは他のアパートとの差別化もできており、入居者が集まりやすいでしょう。

アパート建築費の相談はイエウール土地活用

80坪の土地ではある程度の大きさのアパートを建築することができます。そのため、しっかりとこだわりや目的を持ってアパート建築に望むことが大切です。

自分の建てたいアパート像をイメージでき、アパート建築を始めると決まったら、まずは土地活用比較サイトを利用して建築費を見積もりましょう。数ある土地活用比較サイトの中でおすすめなのが、イエウール土地活用です。イエウール土地活用では一度、土地などの情報を入力するだけで、複数社にプラン請求を行うことができます。アパート建築を考えたらイエウール土地活用をご利用ください。

収益性を意識したアパート建築を

アパート建築を始めるとき、他のアパートの差別化も意識する必要がありますが、同様に収益性も意識しましょう。収益性を考えるときは、利回りとキャッシュフローを用いると考えやすいです。

利回りは5%以上を心がけよう

アパート経営における利回りとは、アパート建築費に対して、どのくらいリターンがあるかの割合を表したものです。
利回りは

  • 利回り = 年間家賃収入 ÷ 物件購入価格 × 100(%)

で求められます。

アパート建築費を検討するときは利回りは5%を超えるようになるように心がけましょう。利回りが5%あれば、安心してアパート建築を始めてもよいでしょう。

また、最低でも利回りが3~3.5%になっているか確認しましょう。利回りが低いとリターンも少なくなってしまうため、投資額を回収しきれない可能性があるため、最低でも利回り3%は確保しましょう。

キャッシュフローを意識しよう

キャッシュフローとは手元に残るお金ことを指します。アパート経営では得た収入からアパートローンを差し引いても黒字になるような収支プランを作る必要があります。キャッシュフローが黒字でないと、修繕などの急な支出が発生したとき、ローンの返済に行き詰り、赤字経営になってしまう恐れがあるからです。

そのため収支プランはアパートの建築後に作るのではなく、アパート建築が始まる前に作成しましょう。アパート建築を始める前に、利回りや事業性のあるプランを比較して収支が黒字になれば、アパート経営を始めてもよいといえます。しっかりとプランを検討してからアパート建築を始めましょう。

アパート建築を依頼できる施工会社の選び方

最後にアパート建築を依頼することができる建築会社の特徴と選び方を解説していきます。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは自社で建物の生産設備を持ち、注文住宅の生産を全国規模で展開している会社のことです。

ハウスメーカーでは、設計や施工方法をあらかじめ統一しておくことで、アパート建築を簡略化しています。建築自体が簡略化されているため、短い建築期間でアパートを建てることが可能になってます。

また、アパートの部品も自社工場で統一されて作られているため、建築費を抑えることができます。ハウスメーカーは、建築費を抑えつつ、短い期間でアパートを建てたい人におすすめの施工会社だといえます。

工務店

工務店とは地域に密着した小さな建築屋のことです。

工務店では、施主とコミュニケーションを取りながら、アパートの間取りや外観のデザインを決めて建築していきます。柔軟な対応が可能になるため、施主のこだわりを多く取り入れることができます。

また入居者を募集するときに、多くの経費をかけないため、比較的コストを少なくアパートを建てることができます。工務店は、自分の建てたいアパート像が決まっていて、多くのこだわりを持っている人におすすめの施工会社だといえます。

建設会社

建設会社とはゼネコンとも呼ばれており、高層ビルや大規模な開発を中心に行う会社のことです。

基本的にはアパート建築を行うことは少ないですが、建築を依頼することもできます。建築を依頼すると、ハウスメーカーと同水準のサービスを受けることが可能です。建設会社は、ハウスメーカーと同様に、短い期間かつ低コストでアパートを建てたい人におすすめです。

アパート建築費や施工会社選びはイエウール土地活用

アパート建築は、これから始めるアパート経営に向けて大切なスタートダッシュになります。長く続くアパート経営で失敗しないように、建設費や施工会社は慎重に決める必要があります、しっかり検討するためにも、複数のプランを比較して建築費や施工会社を決定しましょう。

建築プランや施工会社を比較するならイエウール土地活用がおすすめです。一度、イエウール土地活用を利用してプラン請求を行い、アパート建築を成功させましょう。

【完全無料】アパートの建築費、いくらかかる?