パナホームの賃貸住宅の評判は?口コミのメリットとデメリットを解説

パナホームの賃貸住宅の評判は?口コミのメリットとデメリットを解説

パナホームで賃貸住宅の経営を検討しているなら、物件についての評判を知っておくことが大切です。口コミから評判を知ることで、物件にどのようなメリットとデメリットがあるのかがわかります。

パナホームは大手企業であるパナソニックの完全子会社であるため、信頼度は高いです。パナホームならではの魅力を知り、賃貸経営に役立てましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

パナホームの賃貸住宅の特徴

パナホームの賃貸住宅の特徴

賃貸経営を考えているなら、パナホームの賃貸住宅にはどのような特徴があるのかについて、基本的な理解を深めておくことが大切です。

  • 3種類の構造を採用している
  • 高い断熱性能と気密性能
  • 低層から高層まで幅広い物件に対応している
  • アフターケアが充実している

パナホームの賃貸住宅とはどのようなものなのか、特徴を参考にし知っていきましょう。

3種類の構造を採用している

パナホームは、3種類の住宅構造を採用している点が特徴です。

  • 制震鉄骨軸組構造
  • 重量鉄骨ラーメン構造
  • 大型パネル構造

構造ごとにさまざまな特徴がありますが、耐震性能が高い点は共通しています。そのため、地震リスクを軽減でき、入居者が安心して暮らせるのは大きな魅力でしょう。

高い断熱性能と気密性能

断熱性能と気密性能が高く、経年劣化に強いことはパナホームの魅力です。パナホームの賃貸住宅は、「外壁ダブルウォール」を採用しているため、外壁の断熱性能が高く、建物の劣化を防げます。

劣化しづらいことで入居者が長く快適に暮らしやすいだけではなく、住宅の所有者は不動産の資産価値が目減りしづらい点も、パナホームならではの特徴です。

低層から高層まで幅広い物件に対応している

パナホームは1~9階建てまでの幅広い物件に対応しており、低層から高層まで、さまざまな住宅の建築が可能です。一軒家やマンションはもちろん、特定のコンセプトを用いたマンションや、サービス付き高齢者向け住宅なども建築できます。

所有する土地に合った物件を建築できるため、希望する条件での土地活用がしやすく、賃貸経営も成功に導きやすいです。

アフターケアが充実している

パナホームはアフターケアが充実しており、建築から35年間の長期保証がつけられます。防水部分の保証は20年までですが、建物の主要部分については35年間の保証が受けられるため、入居者も所有者にとってもメリットは大きいです。

また、長期保証延長システムやメンテナンスサポートのサービスを追加すると、最長60年までの長期保証が受けられることも大きな特徴といえるでしょう。

長期的なサポートがある土地活用方法を探している方はこちらの記事がおすすめです。

パナホームの賃貸住宅のよい評判

パナホームの賃貸住宅のよい評判

パナホームで賃貸住宅の建築を考えているなら、評判からメリットを知っていきましょう。

  • 入居者の住み心地に配慮できた
  • 完成後すぐに満室になった
  • 室内がおしゃれ
  • 大手メーカーにしては割安

よい評判を知っておくことで、パナホームの魅力について、理解を深められます。

入居者の住み心地に配慮できた

細かくこだわった設計によって、入居者の住み心地に配慮できたという評判は多いです。パナホームでは、共用廊下や階段を屋内に設けたり、騒音がしないように静かなカーペットを敷いていたりと、入居者に配慮した設計が多数あります。

また、希望すると宅配ポストを設置してもらえるなど、細やかな配慮もしてもらえるため、理想とする賃貸物件を作ってもらえる点は大きなメリットです。

完成後すぐに満室になった

賃貸住宅が完成した後、すぐに満室になったという口コミもあります。口コミによっては繁忙期から外れており、かつ家賃も高めに設定していた場合でも、2週間ほどで満室になったという意見もあります。

賃貸住宅は周囲の需要によって入居者を獲得できるかどうかが異なりますが、魅力的な物件ほど、入居者は入りやすいです。すぐに満室になるということは、それだけ魅力的な物件を建築してもらえたという証拠であり、賃貸経営でも収益化を図りやすいでしょう。

室内がおしゃれ

室内がおしゃれという口コミも多く、内装に関する評判は高いです。お風呂や照明がおしゃれという意見も多く、パナソニックの家電にもマッチしやすい内装です。

パナソニックの家電が好きな人なら、特に満足度が高くなりやすいため、おしゃれな室内を求める人は、パナホームが向いているでしょう。

大手メーカーにしては割安

大手メーカーにしては割安という意見も多く、納得できる金額で建築できたという口コミも多数あります。初期費用が大幅に安いわけではありませんが、大手メーカーにしては割安である点は魅力です。

建築費が安価ながらも、入居者からの評判のよい仕様で物件を建築できるのは、パナホームならではのメリットといえるでしょう。

パナホームの賃貸住宅の悪い評判

パナホームの賃貸住宅の悪い評判

パナホームで賃貸住宅の建築を考えているなら、悪い評判も知っておくことが大切です。

  • 管理会社の対応が悪い
  • 騒音対策がイマイチ
  • 修繕費用が高くついた
  • 予算オーバーになってしまった

悪い評判も把握しておくことで、パナホームを利用するデメリットについても、正しく理解できます。

管理会社の対応が悪い

管理会社の対応が悪いという口コミもあり、担当者によっては評判が悪いこともあります。口コミによっては10ヶ月近く未払いを放置しているということもあり、資金繰りに困ってしまうこともあるため、注意しなければなりません。

滞納が長期化してしまうと、解決の目途が立たなくなってしまい、トラブルが悪化することもあるため、この点は大きなデメリットです。

騒音対策がイマイチ

軽量鉄骨造だと、騒音対策がいまいちで、木造とほとんど変わらないという意見もあります。隣人だけではなく、上下階の住人の足音や生活音まで聞こえるという口コミもあるため、賃貸住宅を建築するなら騒音対策を念入りにしておく必要があります。

修繕費用が高くついた

パナホームに修繕を依頼すると、親会社のパナソニックのメーカー品を提示されることがあります。メーカーの純正品だと、修繕費用が高くなりやすいため、ランニングコストが増えるという評判は覚えておきましょう。

賃貸経営を行うには、修繕費用は必ず必要であるため、見積もりの依頼先によってはコストが高額になってしまう可能性があることは理解しておかなければなりません。

予算オーバーになってしまった

住宅の質の高さはパナホームの魅力ですが、高品質で自身の希望をすべて叶えた住宅を建築しようと思うと、予算オーバーになりやすいです。

パナホームは大手の中では割安ではあるものの、希望を増やすとコストがあがり、予算オーバーになって資金繰りが苦しくなることもあるため、注意しなければなりません。

パナホームの賃貸経営に関するQ&A

パナホームの賃貸経営に関するQ&A

パナホームの住宅で賃貸経営をするなら、細かい疑問点も解消しておくことが大切です。

  • 坪単価は?
  • 土地活用の流れは?
  • 管理方法は?
  • おすすめの人は?

よくある疑問と回答を参考にして、パナホームの住宅での賃貸経営について、さらに理解を深めていきましょう。

坪単価は?

どの賃貸物件を選ぶかによって、坪単価は異なります。例えば最大9階建ての住宅なら、坪単価は90万円以上となりますが、階層がさらに増えると100万円を超えることもあります。

商品によって坪単価は変動するため、建築前にどれくらいのコストがかかるのか、見積もりを取って確認しておくことが大切です。

土地活用の流れは?

パナホームで土地活用をする場合の大まかな流れは、次の通りです。

  1. 資料請求
  2. 業者への相談
  3. 敷地調査・市場調査
  4. 業者から提案をもらう
  5. 検討と交渉をする
  6. 業者を決定して契約する
  7. 詳細な仕様の打ち合わせをする
  8. 建築工事を開始する
  9. 経営・管理を行う
  10. アフターサービスを受ける

パナホームに連絡して資料請求をし、業者と相談しながら土地活用のプランを決めていきます。敷地や市場の調査をしてもらうことで、所有する土地に合った活用プランを提示してもらえるでしょう。

業者が提示するプランを検討し、細かい条件などを交渉して契約するかどうかを決めます。契約後は物件についての詳細な仕様の打ち合わせを行い、建築工事を開始します。

建築が完了した後は経営開始となり、物件管理を行いましょう。その後必要に応じて、アフターフォローを受けることも可能です。

管理方法は?

パナホームでの賃貸住宅の管理方法は、一般管理と一括借り上げの2つがあります。一般管理は次の管理をパナホームが請け負います。

  • 建物管理
  • 家賃管理
  • 契約管理
  • 緊急対応業務

対して一括借り上げは、パナホームが賃貸物件自体を借り上げ、オーナーは得られた利益に対して賃料を受けるという方式です。一括借り上げには家賃保証が付属しており、万が一空室ができたり、入居者が家賃を滞納したりしても、毎月一定額の収入が得られます。

空室リスクに備えるなら一括借り上げが、多少のリスクを負ってでも家賃収入を少しでも高めたいなら一般管理を依頼することがおすすめです。

おすすめの人は?

パナホームの物件で賃貸経営をするのがおすすめなのは、次の特徴に当てはまる人です。

  • 幅広い種類の物件を建築したい人
  • 医療・介護系施設を建築したい人
  • コストを抑えて土地活用がしたい人
  • 信頼度の高い業者に総合的に任せたい人
  • 一括借り上げを利用したい人

パナホームは低層から高層までさまざまな商品展開があるため、幅広い物件の建築を検討している人におすすめです。また、サービス付き高齢者向け住宅の建築も可能であるため、医療や介護系の施設を建築したい人にも向いているでしょう。

大手の中では安価で利用できるため、コストを抑えて土地活用をしたい人にもおすすめです。信頼度も高いため、総合的に土地活用や賃貸経営を行いたい人も、パナホームが適しています。

パナホームでは一括借り上げが利用できるため、空室時の家賃保証を受けたい人も、おすすめといえるでしょう。

評判を確認してからパナホームの賃貸物件を建てよう

評判を確認してからパナホームの賃貸物件を建てよう

パナホームで賃貸物件を建築するなら、事前に評判を確認しておくことが大切です。評判を参考にすることで、パナホームのメリットとデメリットの両方が把握できます。

特徴を正しく知ることで、パナホームでの賃貸住宅の経営が自身に向いているかを判断しやすくなります。口コミの評判をチェックし、自身に合っているかを見極めてから、パナホームを利用するかどうか決めましょう。

【完全無料】アパート経営したら収益いくら?