アパート経営とは?

アパート経営とは、アパート一棟を所有して部屋を貸し出し、賃料収入を得る不動産投資・土地活用の一種です。毎月安定した賃料収入を得られるため収入のばらつきがなく、初心者でも始めやすいのが特徴的です。経営方法は大きく分けて2種類あり、持っている土地の上にアパートを建築して経営するか、中古のアパートを購入して経営するかのいずれかです。資格などは必要なく、管理や運営は管理会社に任せることができるため、専門知識がなくても始められる点も魅力の1つです。>アパート経営について詳しく見る

アパート経営のメリット

アパート経営には様々なメリットがあります。賃料収入や節税対策など、様々なメリットがあるので順番に見ていきましょう。>アパート経営のメリットについて詳しく知る

安定した収入を得られる

アパート経営の最大の魅力は、毎月安定した賃料収入を得られる点です。入居者からの賃料や敷金、更新料などが収入源となり、家賃滞納などがない限り毎月安定して収入が入ってきます。その上、一度住み手が見つかると中長期的に居住してくれる可能性が高く、収入の変動が少ない点もメリットとして挙げられます。>アパート経営の収入について詳しく知る

節税対策になる

アパート経営は、節税対策として人気な不動産投資・土地活用方法です。所得税や住民税など、さまざまな税金を節税することができ、特に固定資産税・相続税の節税はアパート経営ならではのメリットです。固定資産税に関しては、住宅用地の特例という制度を利用することで、課税評価額を6分の1にすることができます。また相続税に関しては、貸家建付地という評価を受けることで、最大約60%ほど課税評価額を押し下げることが可能です。そのため、土地にかかる税金に悩まされている方にとっては魅力的な不動産投資・土地活用方法です。>アパート経営の節税について詳しく知る

インフレに強い

株や債券などの投資をしていると、インフレが起こった際に実質の資産価値が減少し、損失が発生してしまうというケースがしばしば発生します。一方、アパートや戸建てなど不動産の場合だと資産価値が減少しづらく、インフレが起こった時でも資産が目減りしないというメリットがあります。そのため、経済動向に左右されずに自分の資産を守りたいと考えている方に人気なのがアパート経営です。

多額の資金を用意しなくても始められる

アパート経営を建築・購入する際には多額の費用が必要になりますが、この費用を全額自己資金から捻出する必要はありません。というのも、ローンを借り入れて経営することができ、賃料収入からローンを返済していくことが可能なためです。多少の自己資金の用意は必要にはなりますが、ローンを借り入れることでレバレッジを聞かせた投資をすることができます。>アパートローンについて詳しく知る

生命保険代わりになる

アパート経営を始めるうえでローンを借りる際、銀行側から団体信用生命保険に加入するよう指定されます。この保険に入ることで、アパートオーナーに万が一の事が起こっても残りのローン残額は生命保険から支払うことができます。結果として、資産としてのアパートだけが残る形になり、子や孫の世代に不安を残さない形でアパートを経営することが可能です。

アパート経営のデメリット

空室リスクがある

アパートを経営するうえでさまざまなリスクがありますが、その中でも一番大きいのは空室リスクです。空室リスクとは、入居者が入らず空室になり、賃料収入を得られないリスクのことを指します。空室があるとその分の家賃収入が入らないため、全体の収益が押し下がり、結果として赤字になる可能性もあります。そのため、空室が発生しないよう、入居者が住みやすいアパートづくりをすることが必要になります。>アパート経営の他のリスクについて詳しく見る

建物が老朽化していき、中長期的に修繕費用が多く発生する

アパートは数十年と経営することになるため、いずれ老朽化していきます。古く老朽化したアパートは入居者が集まりづらいため、老朽箇所を改善するための修繕費用やリフォームための費用が必要になります。特に、築年数が経つほど修繕箇所が多くなるため、修繕費用は徐々に増えていきます。また、設備やインフラの修繕をまとめて改修するために、20~30年に一度は大規模修繕が必要です。これら修繕の費用を毎月積み立てておく必要があります。>アパートの修繕費について詳しく知る

売却しづらく、出口戦略を作りづらい

数年間アパートを経営し、いずれ売却することで売却益を得ようと考えている方もいるかもしれませんが、中古のアパートは買い手が少なく、売却しづらいという点もデメリットとして挙げられます。特に、築古の一棟アパートとなると、ある程度立地や条件が良くないと買い手が見つかりづらいです。そのためアパート経営を検討する際には、どういう出口戦略を組むのか、という視点も必要になります。>一棟アパートを売却する方法について詳しく知る

金利の上昇によって支払額が増える可能性がある

アパート経営を始める前にローンを借り入れることになりますが、このローンの金利には固定金利と変動金利の2種類があります。変動金利で借りている場合、経済動向によっては金利が上昇し、ローンの返済総額が多くなってしまうこともあります。特に、元本が多いほど金利上昇による返済総額の上昇幅も多くなってしまうため、注意が必要です。一方、固定金利は金利が一定ですが少し割高になってしまうという特徴があり、一概にどちらが良いと言えません。>アパートローンの金利について詳しく知る

入居者同士のトラブル対応が必要

アパート経営をしていると、入居者同士のトラブルがしばしば発生します。特に多いのが、隣の部屋・上下の部屋間の騒音に関する問題や、ゴミ出しに関する問題です。トラブル対応を適切に行えないと、近隣住民同士のトラブルから裁判に発展したり、その結果アパートに悪評がたったりする可能性もあります。そのため、面倒なトラブルでも管理会社と一緒に素早く対処する必要があります。>アパート経営でよくあるトラブルについて詳しく知る

アパート経営の対応企業一覧

  • 株式会社ユニホー
    株式会社ユニホー
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    no_image.png
    豊かな暮らしと住み良い環境づくりを追求
    当社は愛知県名古屋市に拠点を置く、土地活用・アパート・マンション建築で多数の実績を誇り、数多くのお客様からの支持をいただいています。 豊かな暮らしと住み良い環境づくりを追求し、住空間の創造に係わる総…
  • ミサワホーム株式会社
    ミサワホーム株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    勝ち<価値>残る賃貸住宅経営をミサワホームと
    ”未来基準”のご提案で、安定経営をサポートします。マンション・アパートをはじめ、商業施設、医療介護、保育などの事業のご提案も可能です。 土地活用には、「いま選ばれる」ことだけでなく、「将来も選ばれ続…
  • パナソニックホームズ株式会社
    パナソニックホームズ株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    将来にわたって価値が続く「パナソニックの土地活用」
    人びとの暮らしを見つめ、その暮らしの向上を探求してきた、パナソニックの100年。 パナソニック ホームズは創業者 松下幸之助の強い使命感から生まれて以来、土地活用事業においても多くのオーナーさまの長…
  • 朝日建設株式会社
    朝日建設株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    高い入居率・高性能・省エネの鉄筋コンクリート造を建設。選ばれる理由はここにあります。
    東京・神奈川をエリアとして、高性能・省エネの賃貸マンションをはじめ、多様な建物を設計、施工をしている建設会社です。賃貸マンション専用のショールーム、工事途中を見る事が出来る「構造見学会」、お引渡し直前…
  • 東建コーポレーション株式会社
    東建コーポレーション株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    アパート・賃貸住宅経営は土地活用のパイオニア『東建コーポレーション』へ!
    ライフスタイルや価値観が変化している昨今、「土地活用」は社会的な関心事となっています。 東建は、節税効果に優れつつ、35年もの長期に渡って安定した収益を得ることができ、かつ次代への資産承継にも適した「…

土地活用プラン一括請求

アパート経営
プラン請求したい方はこちら!
※対応エリア外により、プラン請求ができない可能性もございます。

完全無料
STEP1

現在、土地をお持ちですか?

STEP2

活用したい土地のエリアを入力してください