アパートローンの金利はどのくらい?基礎知識や相場を徹底解説

アパートを建築する際には、自身の居住用ではないため住宅ローンは利用できません。代わりにアパートローンを利用して融資を受けますが、住宅ローンよりも金利が高くなる場合があります。
金利が高いと最終的な返済額が大きくなり、ローン契約者の負担が増えます。そのため、お得にアパートを建築するには、低金利のアパートローンを見つけることが大切です。アパートローンの金利についての理解を深め、できるだけ低金利でお得に契約しましょう。

アパートローンについて詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

アパートローンの金利に関する基礎知識

アパートローンの金利に関する基礎知識

アパートローンの利用を検討しているなら、そもそも金利とはどのようなものなのか、基本的な理解を深めておくことが大切です。金利についての基礎知識を身につけておくことで、よりスムーズかつお得にローン契約をしやすくなります。

金利とは

そもそも金利とは、融資を受けた人が金融機関に支払う、利息の割合を指します。金利が高いほど、借入額に対して発生する利息は大きくなり、最終的な返済額が大きくなります。また、低金利であると、利息の割合が少なくなるため、返済額も少なくなってお得です。
金利には変動型と固定型の2つの種類があり、それぞれで特徴が異なります。アパートローンを組む際には、金利のパーセンテージだけではなく、変動と固定のどちらの型であるかも確認しておくことが大切です。

変動金利

市場での掲載状況の変動によって、ローンの金利が変わるものが変動金利です。変動金利の場合は、市場金利が上昇するとアパートローンの金利は上がり、市場金利が下がるとアパートローンの金利も下がります。
そのため、低金利状態になると借入額に対する利息が減るため、最終的な返済額は少なくなります。しかし、市場金利の上昇によって利息が増えることもあるため、市場の情勢を考慮して契約を決めることが大切です。

固定金利

市場金利の変動に関係なく、契約した時点の金利で完済時まで同じ利率で利息が発生するものが、固定金利です。固定金利はローンを完済するまで金利が変わらないため、どれくらい利息がかかるのかを把握しやすく、返済計画を練りやすい点がメリットです。
また、金利が上昇しても利息は変動しないため、途中で利息の支払いが増えない点も魅力でしょう。ただし、市場金利が低下しても、固定金利の場合は利息は変動しません。
そのため、変動金利だと利息が低くなった場合でも、固定金利だと契約時のそのままの金利で返済をすることになる点には注意が必要です。

金利の推移

日本における金利の推移を見ると、1990年代から下落傾向になり、高金利への推移は見受けられません。2008年のリーマンショックで金利はさらに下がり、低金利の傾向は強くなっているでしょう。
金利が下がっているため、変動金利でも利息が下がる可能性が高く、利息の支払い負担は軽減できる場合が多いです。もちろん、今後の経済動向次第では金利が高くなることもあるため、ローンを契約する際には将来的な変動も見越しておく必要があります。

アパートローンの金利相場

アパートローンの金利相場

アパートローンを利用するなら、どれくらいの金利が相場なのかを把握しておくことが大切です。相場を知っておくことで、金利がいくらくらいなら損なく借り入れができるのかが判断できます。借入先によって金利の相場は異なるため、それぞれの相場の違いを把握しておきましょう。

都市銀行(メガバンク)の場合

大手都市銀行のメガバンクでは、ローンの申請方法によって金利が変動します。金融機関の店頭で申し込む場合は、2%台が相場です。
契約者の条件次第では優遇金利が受けられることもあり、この場合は1%程度が相場となります。メガバンクのアパートローンの金利は低く、他の金融機関よりも好条件でローンを利用できる場合が多いです。

日本政策金融公庫の場合

日本政策金融公庫のアパートローンの金利は、1.2~2%程度が相場です。メガバンクと比較すると、やや金利は高くなっています。金利は返済期間中固定となっており、契約時の金利が完済までそのまま続くと考えましょう。

信用金庫や信用組合の場合

地域密着型の金融機関である信用金庫や信用組合は、2%程度が金利の相場です。これらの金融機関は、融資できるエリアが決まっています。信用金庫や信用組合は地域密着型であるため、基本的には近隣地域にのみ融資が可能であると考えましょう。

ノンバンクの場合

消費者金融やクレジットカード会社などの、ノンバンクでもアパートローンの融資は受けられます。ノンバンクは銀行のように預金業務を行わず、貸付業務のみを提供している金融機関を指します。
ノンバンクの金利は2.9~4.5%程度と非常に高いです。審査に通りやすいといったメリットはありますが、高金利で返済総額が大きくなってしまう点は覚えておかなければなりません。

地方銀行の場合

地方銀行のアパートローンの金利は、金融機関による幅が大きいです。相場は1.5~4%程度となっており、申し込み先によって金利は大幅に異なるため、複数の金融機関で確認しておくことがおすすめです。
アパートローンの融資に積極的な地方銀行だと、金利は低くなる傾向にあります。メガバンクと比較すると金利はやや高いですが、その分審査基準が緩くなっていることも多いです。

アパートローンを低金利で借りるためのコツ

アパートローンを低金利で借りるためのコツ

少しでも好条件で融資を受けるには、アパートローンを借りる際のコツがあります。

  • 実績が豊富な建築会社に依頼する
  • 複数の金融機関と相談する
  • 好条件の金融機関を回る
  • アパートではなくマンションにする

上手に融資を受けるコツを把握し、低金利でアパートローンを利用しましょう。

実績が豊富な建築会社に依頼する

アパートの建築は実績が豊富な建築会社に依頼することが大切です。実績豊富な建築会社に依頼することで、スムーズに理想とするアパートが建てられることはもちろん、融資実績が豊富な金融機関を紹介してくれることがあります。
建築会社と提携している金融機関なら、低金利でアパートローンを組めることも多いです。建築会社から紹介してもらうことで優遇を受けられることもあるため、建築の依頼先は実績や提携している金融機関の有無を確認して決めることがおすすめです。

複数の金融機関と相談する

金融機関によって同じ融資額でも設定される金利は異なるため、低金利でローンを組むには複数の金融機関と相談することが大切です。普段利用している金融機関以外にも、複数の金融機関と相談することで、より低金利でローンを利用できる可能性があります。

好条件の金融機関を回る

ネットで検索したり、実際に店頭で確認したりして、低金利で好条件なローンを提示している金融機関を回りましょう。金利の低い金融機関に相談し、融資をしてもらえないか依頼することで、低金利でアパートローンを組める場合があります。
また、地域密着型の金融機関は、低金利で融資をしてくれることも多いです。そのため、メガバンクからの融資が難しい場合は、地域密着型の金融機関に切り替えて、アパートローンの打診をしてみるとよいでしょう。

アパートローンの審査基準と審査期間について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

アパートではなくマンションにする

低金利でローンを組むなら、アパートではなくマンションを建築することもおすすめです。アパートよりもマンションのほうが低金利で融資を受けやすい理由は、次の通りです。

  • マンションのほうが駅から近いなど立地条件がよい
  • 賃料が安定している
  • マンションは中古市場でも売買が活発

アパートよりもマンションのほうが好立地に建っていることが多く、市場価値の高さや収益性の高さから、好条件で融資を受けやすいといえます。また、マンションのほうがアパートよりも高値で家賃を設定でき、賃料が安定し、返済が滞りづらいことも、好条件で融資を受けられるポイントです。
最終的に売却によってローンを返済するとなった場合でも、マンションの中古市場は活発であるため、素早く売却できます。アパートの中古市場はそれほど活発ではなく、売却が難しい場合もあります。
つまり、売却によってローンの完済が目指しやすいかどうかという点でもマンションのほうが優れており、好条件での融資を受けやすいです。

マンション経営について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

アパートローンの金利に関する注意点

アパートローンの金利に関する注意点

アパートローンを利用する際には、注意すべきポイントがあります。

  • 事前準備を怠らない
  • 融資期間はできるだけ長くする
  • 借り換えは避ける

注意点を正しく把握して、無理のない金額、金利で融資を受けましょう。

事前準備を怠らない

アパートローンの融資を受けるには、事前準備を徹底して行うことが大切です。例えばアパート経営を始めるにあたっての賃貸ニーズの確認や、同一エリアでの家賃相場の調査など、やっておくべきことは多数あります。
また、現在の収入や預貯金なども改めて確認しておき、念入りに資金計画を立て、事業計画を練っておくことが大切です。事前準備なしでアパート経営に取り組むと、空室が増えて損失が発生する可能性があります。
計画が綿密に練られていないと、そもそも審査で落ちてしまい、融資が受けられないこともあります。融資を確実に受けるためにも、金融機関が納得できる事業計画を事前に考えておきましょう。

融資期間はできるだけ長くする

融資期間はできるだけ長くしておいたほうが、月々の返済額の負担を減らしやすいです。融資期間が長いと、その分金利によって生まれる利息の支払い総額は増えます。
しかし、返済する総額は増えるものの、毎月の返済額を縮小できるため、キャッシュフローが安定しやすいです。無理に短期間での完済を目指そうとすると、もし空室ができて収入が得られなくなった場合に、自己資金を補填して返済しなければなりません。
月々の返済期間を増やすと返済が滞ってしまうリスクが高くなり、次に融資を受ける際にも悪影響を及ぼすため注意が必要です。

借り換えは避ける

より低金利の金融機関へ借り換えることで、利息の支払い分は減りますが、それ以上に大きなデメリットがあるため避けたほうが無難です。アパートローンの借り換えをしてしまうと、前に利用していた金融機関からの融資は、今後受けられなくなる可能性が高いです。
損失が発生し、キャッシュフローがマイナスになっていてどうしようもない場合は借り換えがおすすめですが、それ以外のケースでは基本的には借り換え以外の方法での対処を考えましょう。

アパートローンの融資を受けるときは金利を把握しておこう

アパートローンの融資を受けるときは金利を把握しておこう

アパートローンの融資を受ける際には、事前に金利を確認しておくことが大切です。利用する金融機関によって、設定されている金利は異なります。
できるだけ低金利でローンを利用できると、返済総額も少なくなり、利用者の負担は軽減できます。好条件でアパートローンを組み、金利による返済負担を縮小することで、有益なアパート経営を実現させましょう。
アパート経営の場合、イエウール土地活用をオススメします。こちらは日本の上場企業であるSpeeeが運営している、日本最大級の賃貸経営比較サイトです。
一括資料請求サービスの提供とともに、賃貸経営に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。ご利用は以下のバナーから無料で試すことができます。

【完全無料】最適な土地活用って?