マンション経営とは?

マンション経営とは、建築または購入したマンションを貸し出し、家賃収入を得る不動産投資・土地活用の一種です。アパートとマンションに法的な違いはありませんが、一般的に木造2階建ての建物をアパート、鉄筋コンクリート造で3階建て以上の建物をマンションと呼びます。特にマンション経営では、マンションの1室を区分で購入することができるため、投資額を抑えて不動産投資を始めたい方におすすめできます。>マンション経営について詳しく見る

マンション経営のメリット

マンション経営は不動産投資初心者でも始めやすいだけでなく、様々なメリットがあります。ここでは、マンション経営のメリットを紹介します。

高額な副収入を得られる

マンション経営は、一度入居者を獲得すれば毎月多くの家賃収入を得ることができます。経営する部屋数や立地によっては、毎月100万円を超える収入を得ることも可能となり、他の副業と比べるとかなり高額なものになる点が魅力です。ただし、実際手元に残る利益は、管理費用や修繕費用など、各種コストを差し引いたものになる点には注意が必要です。>マンション経営の収入について詳しく知る

節税対策ができる

マンション経営は様々な税金を節税することができ、特に所得税の節税では大きな恩恵を受けることができます。仮に赤字経営になった際、不動産所得と給与所得を損益通算することができ、課税所得を減らすことができるためです。特にマンション経営を始める初年度は多くの費用が発生することから、自然と収支は赤字になり、所得税を大幅に下げることが可能になります。また同時に、マンション経営にかかった費用は経費計上することができ、所得税を抑えることも可能です。>マンション経営の節税について詳しく知る

資産の価値が安定する

人口の減らないエリアや交通の利便性のよいエリアでマンション経営を始めることで、資産の価値が安定するというメリットがあります。マンションにおける資産の価値とは、その不動産が売れる金額のことを表しており、つまりマンション経営をやめたいと思ったとき、所有しているマンションを高く売却しやすくなります。また、所有するマンションが高く売れることで、多くの資金を得られるため、別の投資に移行しやすくなるでしょう。

資産の価値が安定する

人口の減らないエリアや交通の利便性のよいエリアでマンション経営を始めることで、資産の価値が安定するというメリットがあります。マンションにおける資産の価値とは、その不動産が売れる金額のことを表しており、つまりマンション経営をやめたいと思ったとき、所有しているマンションを高く売却しやすくなります。また、所有するマンションが高く売れることで、多くの資金を得られるため、別の投資に移行しやすくなるでしょう。

将来、自分も居住できる

マンション経営をしていると、多くの方が空室の問題に突き当たります。空室が発生し、その間家賃収入を得られなくなってしまいます。こういったときに、マンションを賃貸として貸すのではなく、自分の住宅として利用することもできます。将来的に住むことのできる不動産があることは大きな安心材料であると言えるでしょう。

マンション経営のデメリット

空室が多いと多額の借金に追われることがある

マンション経営には様々なリスクがありますが、その中でも空室のリスクに注意しなければなりません。マンション経営は家賃収入が入って初めて利益が生まれるため、空室が増えてしまうと、最悪の場合、税金や管理費を差し引いて赤字になってしまうこともあります。また区分マンションでは、入居者がいなければ家賃収入は0円になってしまいます。そのため、入居者が快適に暮らせるマンションづくりをすることが必要になります。>マンション経営の他のリスクについて詳しく知る

家賃滞納に悩まされることがある

マンション経営をしていると家賃滞納に悩まされることがあります。もし家賃滞納が続いていてもすぐには強制撤去を命じることができず、新たな入居者を募集することもできません。そのため、場合によっては入居者がいるのに収支がマイナスになってしまうということもあります。したがって、あらかじめ入居者審査の段階でのしっかり見極めをしておくことが大切です。

老朽化すると修繕費が発生する

マンションは時が経つにつれて、外壁や屋根など様々な部分が劣化していきます。劣化した部分をそのままにしておくと、建物の安全性が損なわれるだけでなく、入居者にも不安を与えてしまいます。また、そもそもマンションの耐久性や安全性を担保するために、10〜20年に1度は大規模修繕が必要になります。そのため、大規模修繕に備えて毎月修繕費用を積み立てておくことが必要になります。>マンション経営の大規模修繕について詳しく知る

災害で建物が倒壊・破損してしまうリスクがある

マンション経営が上手くいっていたとしても、地震や台風などの災害によって建物が倒壊・破損してしまうリスクがあります。災害で被害を被る確率はそう高くはありませんが、現金や株式などと違い、災害によって資産価値が落ちるリスクがある点は不動産投資のデメリットです。そのため、あらかじめ火災保険や損害保険に加入したり、異なるエリアで物件を保有しておくなどしてリスクに備える必要があります。>マンション経営のほかのリスクについても詳しく知る

マンション経営の対応企業一覧

  • 株式会社ユニホー
    株式会社ユニホー
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    no_image.png
    豊かな暮らしと住み良い環境づくりを追求
    当社は愛知県名古屋市に拠点を置く、土地活用・アパート・マンション建築で多数の実績を誇り、数多くのお客様からの支持をいただいています。 豊かな暮らしと住み良い環境づくりを追求し、住空間の創造に係わる総…
  • ミサワホーム株式会社
    ミサワホーム株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    勝ち<価値>残る賃貸住宅経営をミサワホームと
    ”未来基準”のご提案で、安定経営をサポートします。マンション・アパートをはじめ、商業施設、医療介護、保育などの事業のご提案も可能です。 土地活用には、「いま選ばれる」ことだけでなく、「将来も選ばれ続…
  • パナソニックホームズ株式会社
    パナソニックホームズ株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    将来にわたって価値が続く「パナソニックの土地活用」
    人びとの暮らしを見つめ、その暮らしの向上を探求してきた、パナソニックの100年。 パナソニック ホームズは創業者 松下幸之助の強い使命感から生まれて以来、土地活用事業においても多くのオーナーさまの長…
  • 朝日建設株式会社
    朝日建設株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    高い入居率・高性能・省エネの鉄筋コンクリート造を建設。選ばれる理由はここにあります。
    東京・神奈川をエリアとして、高性能・省エネの賃貸マンションをはじめ、多様な建物を設計、施工をしている建設会社です。賃貸マンション専用のショールーム、工事途中を見る事が出来る「構造見学会」、お引渡し直前…
  • 東建コーポレーション株式会社
    東建コーポレーション株式会社
    アパートマンション賃貸併用住宅戸建賃貸商業施設大規模施設高齢者向け施設駐車場その他
    <
    >
    アパート・賃貸住宅経営は土地活用のパイオニア『東建コーポレーション』へ!
    ライフスタイルや価値観が変化している昨今、「土地活用」は社会的な関心事となっています。 東建は、節税効果に優れつつ、35年もの長期に渡って安定した収益を得ることができ、かつ次代への資産承継にも適した「…

土地活用プラン一括請求

マンション経営
プラン請求したい方はこちら!
※対応エリア外により、プラン請求ができない可能性もございます。

完全無料
STEP1

現在、土地をお持ちですか?

STEP2

活用したい土地のエリアを入力してください