アパートの建築費が2000万円ならどんなアパートが建つ?

アパートの建築費が2000万円ならどんなアパートが建つ?
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

アパート建築を検討されている方の中には、2000万円という金額でアパートを建てることができるのか気になっている方もいらっしゃるかと思います。

本記事ではアパートの建築費が2000万円という条件に絞り、現実的にアパートを建てることができるのかといったところから、2000万円で立つアパートの事例などについて詳しく解説ています。
また、2000万円という予算から最適な建築会社を選ぶ方法についても詳しく解説していますので、参考となれば幸いです。

アパートの建築費については、以下の記事をご覧ください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アパート建築費を2000万円とした場合のアパート事例

アパート建築費を2000万円とした場合のアパート事例

本章では、予算を2000万円以下に抑えてアパートを建築した場合の事例を2つご紹介します。
2000万円でどのようなアパートが建つのかの参考となれば幸いです。

木造平屋アパート

2000万円の予算でアパートを建築する場合、以下のような木造平屋アパートを建てることができます。

  • 土地の広さ:30坪
  • 間取り : 1R
  • 部屋数:3~4部屋
  • 家賃 : 4~6万円
  • 年間収益 : 240万円 ※部屋数を4部屋、家賃を5万円とした場合

30坪ほどの土地の広さがあれば、4部屋ほどを確保できる木造平屋アパートを建てることができます。

都市部で建てる場合、家賃は6万円前後地方であれば5万円前後が目安となります。特に利便性の高い駅前や都心部にあるアパートの場合は、7万円以上が相場となります。
また、年間収益については満室経営の場合を想定していることに加え、維持管理費用やローンの返済も考慮していません

より詳しい建築費用や収益性については、建築会社から提案される建築プラン

を確認してみることをおススメします。

木造2階建て

2000万円の予算でアパートを建築する場合、以下のような木造2階建てアパートを建てることができます。

  • 土地の広さ:30坪
  • 間取り : 1R
  • 部屋数:6~8部屋
  • 家賃 : 4~6万円
  • 年間収益 : 576万円 ※部屋数を8部屋、家賃を6万円とした場合

2000万円の予算でも、2階建てのアパートを建築することができます。

2階建てアパートは、平屋よりも戸数を倍とることができるため収益性に期待できるといえます。
また、賃貸割合が多くなるほど相続税評価額が少なくなるため、相続税対策としてアパートの建築を検討している方にもおススメです。

ただし、平屋と同じく年間収益は経営にかかる諸費用などを考慮していません。加えて、2階建ての場合はインフラ設備の引き込み工事や整地費用などが高額となる可能性があります。建物規模や設備によっては、2000万円を超えてしまうこともありますので、注意が必要です。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

建築費が2000万円のアパートの収益例

建築費が2000万円のアパートの収益例

2000万円というローコストでアパートを建てたとしても、十分な収益が得られなければアパートが負債となってしまう可能性が高いです。

本章では、アパート建築を考えるときに欠かせない収益性の考え方や、1章でご紹介した2000万アパートの事例から具体的な収益シミュレーションを行ってみたいと思います。

アパートの収益性は利回りを確認しよう

アパートの収益性は、利回りとして表されます。
利回りを確認することで、投資額(建築費や諸経費)に対してどのくらいの割合でリターンが得られるのかを知ることができます。

アパートを建てるときには、この利回りを必ず確認すべきです。初期段階で収益性を確認することで、「アパートを建てたはいいが赤字となってしまった」という最悪の自体を避けることができます。
また、後に解説しますが、自己資金の割合を決めるときにも役立ちます。

利回りにはいくつか種類がありますが、表面利回り実質利回りだけ覚えておけば問題ありません。

次に、表面利回りと実質利回りがそれぞれどのような利回りなのかを詳しく解説します。

アパートの利回りについて詳しく知りたい方は、以下の記事がおすすめです。

表面利回り

表面利回りとは、初期投資額を収益性で割ったものです。計算式は以下のようになります。

  • 表面利回り = 年間家賃収入 ÷ 建築費 × 100

表面利回りは、アパート建築を行う前に確認することが多い利回りです。

空室率(通常は10%ほど)を想定に入れた収益性のため、大まかにどのくらいのリターンが得られそうかを比較するときに便利です。

しかし、表面利回りのデメリットは、後でご紹介する実質利回りと比べると経営中にかかる維持管理費用や、その他諸費用が考慮されていない点です。
また、建築会社によっては表面利回りと称して満室時の年間家賃収入をもとに計算した想定利回りを提示している場合があるので注意しましょう。

表面利回りは、あくまでも参考として確認しより詳しい収益性などは実質利回りを計算するべきです。

実質利回り

実質利回りは、アパートの経営中に確認する利回りです。計算式は以下の通りになります。

  • 実質利回り = (年間家賃収入 – 年間経費) ÷ (建築費 – 諸費用) × 100

実質利回りは、空室率だけでなく経営にかかる経費、建築時にかかる諸費用を含む利回りのため、より現実に近い収益性を確認することができます。

アパートを建てる前の段階で経営経費や最終的な建築費を想定することは難しいです。そのため、実質利回りはアパート経営をしていくなかで、収支計画を考えるために確認するといった意味が大きいといえます。

事例からみる2000万円アパートの収益性

1章でご紹介した建築費2000万円のアパートから、より詳しい条件を定めて具体的な収益性をシミュレーションしたいと思います。

土地やアパートの条件は以下通りです。

  • 土地の広さ:30坪
  • 構造 : 木造
  • 階数 : 2
  • 間取り : 1R
  • 部屋数 : 6
  • 家賃 : 5万円
  • 空室率 : 10%

建築費や資金についての条件は以下の通りです。

  • 建築費:2000万円
  • 自己資金 : 200万
  • 家賃収入に対する諸費用の割合 : 15%
  • 借入期間 : 20年
  • 金利 : 3%

このアパートの収益性は以下の通りになります。

金額
月の返済額 約10万円
満室時の年間家賃収入 360万円
年間の諸経費 90万円
1年あたりの手取り 約150万円
表面利回り 18%
実質利回り 13.5%

アパートの収益性については、自己資金割合や空室率、金利など様々な要因によって変わります。
このシミュレーションは一例ですので、あくまでも参考として活用してください。

アパート建築費を2000万円に抑える方法

アパート建築費を2000万円に抑える方法

アパートの建築費が2000万円であるというのは、建築費の相場からみてもローコストの部類に入ります。

本章ではできるだけコストを抑え、予算内でアパートを建築できるようにするための方法を詳しくご紹介しています。

デザインや設備にこだわらない

アパートの建築費を抑えるためには、外観や間取り、設備に対する投資を抑える必要があります。

例えば、デザイナーズアパートなど、おしゃれなデザインの建物はそれだけで競合物件と差別化ができ入居者も集まりやすいです。しかし、複雑なデザインをもつアパートは設計や施工にコストがかかりやすく、この場合2000万円という予算でアパートを建てることは現実的ではありません

ローコストアパートを専門に引き受けている建築会社であれば、あらかじめ設計されたアパートがラインナップされていますので、そのなかから選ぶことをおすすめします。

ローコストアパートについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

低コストアパートに強い建築会社に相談する

数ある建築会社のなかでも、比較的低コストでアパートの建築を請け負っている建築会社がいくつかあります
このような建築会社は、低コストアパートの相談実績や建築実績が豊富なため、大手ハウスメーカー等とは異なり予算にあった設備や収益例を提案してくれる確率が高いです。

土地や建物規模にもよりますが、1000万円以下で建てられるアパートもありますので、一度相談してみるとよいでしょう。

複数の建築会社に相談する

建築会社を決めるにあたっては、必ず複数の建築会社に相談するとよいです。

建築会社によって、提案する建築費や収支計画などが異なります。そのため、いくつかの建築会社から請求したプランを比較検討し、より良い条件のプランを見つけることが大切です

また、建築会社によってはアパートを建てた後のアフターフォローを行っているところもあり、アパート経営に関するセミナーが定期的に開催されるなどしています。
セミナーなどは、特にアパート経営が初めての心強いサポートとなりますので、アフターフォローの有無も重要な検討要素となり得ます。

ローコストアパートを建てるときの注意点

ローコストアパートを建てるときの注意点

2000万円という予算でアパートを建てようとすると、コストを抑える必要があるために注意しておくべきポイントがあります。

本章では、アパート建築費が2000万円である場合の注意点をいくつかご紹介します。

修繕費がかさむ可能性がある

アパートの建築費用が抑えられる理由にはいくつかありますが、その理由の一つに構造や建築方法があります。

アパートの建築費が2000万円~3000万円台では、坪単価が最も低い木造が使われることが多いです。そのため、腐食やシロアリなどによる被害が考えられます。

耐久性については充実した施工が施されていない可能性が高いので、修繕費が高額になり収益性を悪化させないよう注意すべきです。
特に、リフォームなどを行うと数十万円~数百万円ほどかかりますので、修繕にお金をかけないためには日々の建物管理をおろそかにしないことが重要です。

アパートのリフォーム費用については、以下の記事をご覧ください。

設備投資は節約しすぎない

アパートの収益性を左右する家賃や入居率を高く保つためには、設備投資が重要です。

一般的に、入居率が高く高収益を得やすいのは都心部や駅から徒歩圏内にあるアパートであり、これらの特徴を満たさないアパートの場合は設備投資によって競争力を確保することをおすすめします。

近年では、セキュリティ面や遮音性に対する需要が強いため、インターホンや振動が伝わりにくい素材を用いるのもよいでしょう。
過度な設備投資は、建築費を抑えることができますが、長期的な視点だと収益的にマイナスとなっています可能性が高いです。

アパート建築費を2000万円に抑えるのは難しい!

アパート建築費を2000万円という予算で行うのは、厳しいと言わざるを得ません。

土地の広さであれば、最大でも30坪が限界です。また、2000万円では設備投資を行う余裕がないケースが多く、高収益を得ることは難しいと考えるべきです

【完全無料】アパート経営したら収益いくら?