アイフルホームの賃貸住宅の評判は?メリットとデメリットを解説

アイフルホームの賃貸住宅の評判は?メリットとデメリットを解説

アイフルホームは、LIXILが展開している賃貸住宅メーカーです。アイフルホームで賃貸住宅の建築を検討しているなら、物件の特徴や評判などを知っておくことが大切です。

評判を参考にすることで、どのようなメリットやデメリットがあるのかが判断できます。自分に合った物件を建て、理想的な賃貸経営を行うためにも、アイフルホームについての理解を深めておきましょう。

アイフルホームを中心にその他のアパートメーカーやアパート経営についてもっと知りたい場合には、こちらの記事もおすすめ

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アイフルホームの賃貸住宅の特徴

アイフルホームが提供している賃貸住宅の特徴は、次の通りです。

  • 高品質でローコストな賃貸住宅を建てられる

  • 間取りや設備の自由度が高い

  • 耐久性と耐震性が高い

  • 省エネ性能に優れている

どのような特徴があるのかを知り、アイフルホームについて詳しく知っていきましょう。

高品質でローコストな賃貸住宅を建てられる

ローコストでありながら、高品質な賃貸住宅を建築できることは、アイフルホームの特徴です。地元の会社が施工を担当することで、ローコスト化が図れています。

また、施工を請け負う会社は技術力が高いため、高品質での建築も実現できています。低コストでありながら高品質な賃貸住宅を建築できるため、コストを抑えて賃貸経営を始めやすい点は大きな魅力です。

間取りや設備の自由度が高い

建築時には入居者のこだわりを反映させるため、間取りや設備を自由に選ぶことができます。設計の自由度が高いため、入居者にも満足してもらいやすく、空室リスクを回避しやすいです。

細かい点までこだわって賃貸住宅を建築できるため、入居者だけではなくオーナーも納得した物件を建てやすいことが特徴です。

耐久性と耐震性が高い

独自の工法やシステムを採用することで、高い耐久性と耐震性を誇る点も、アイフルホームの特徴です。グランドスラム工法や次世代制震システムEVASなどにより、頑丈で地震に強い賃貸住宅を建築できます。

また、耐火性が高く、火災にも強いため、災害リスクを回避しやすい点も、アイフルホームならではの魅力でしょう。

省エネ性能に優れている

省エネ性能の高さも、アイフルホームの特徴の1つです。自然エネルギーを取り込む家づくりを提案しており、環境に配慮したエコな賃貸住宅を建築できます。

また、省エネ基準をクリアするために、性能の高い断熱材の導入や節水トイレ、LED照明なども取り入れています。長期間の持続が可能なエコ住宅であるため、中長期的に賃貸経営を行える点もポイントです。

アイフルホームの賃貸住宅のよい評判・メリット

アイフルホームの魅力について深く知るには、よい評判を参考にすることがおすすめです。

  • 設備を安く導入できた

  • おしゃれなアレンジが実現できた

  • 狭小地でも納得できる賃貸住宅ができた

  • 戸建て感覚で暮らすことができる

よい評判から、どのようなメリットがあるのかを把握していきましょう。

設備を安く導入できた

住宅設備を安く導入できたという評判は多く、初期費用を抑えて賃貸住宅を建築できます。アイフルホームの運営会社は住宅設備の販売に強いLIXILであるため、LIXILのキッチンや内装設備などを、お得に導入できます。

賃貸住宅で戸数が多いと、住宅設備の導入だけでも費用が高額になる場合は多いです。アイフルホームなら安価で高品質の設備を導入できるため、コストを削減して賃貸経営を始めやすい点は魅力でしょう。

おしゃれなアレンジが実現できた

さまざまなアレンジによって、デザイン性の高い住宅を実現できたという評判もあります。ステンドガラスを取り入れるなど、おしゃれなアレンジが可能であり、外観や内装にこだわって建築が可能です。

口コミの中には建築途中で入居者が決まったという意見もあり、デザイン性を重視したい人には、アレンジが可能なアイフルホームはメリットが大きいでしょう。

狭小地でも納得できる賃貸住宅ができた

豊富なアイデアを提案してもらえるアイフルホームでは、狭小地でも納得できる賃貸住宅を建築できたという口コミもあります。間口が狭い土地でも、天窓から採光するなど、工夫次第で家を広く見せたり、明るさを実現したりすることが可能です。

提案力の高さが魅力であり、土地の広さを有効活用した賃貸住宅を建築しやすい点は、アイフルホームのメリットです。

戸建て感覚で暮らすことができる

集合住宅でも、住居ごとに玄関がわかれているため、戸建て感覚で暮らせるという口コミもあります。戸建てのように広々とした作りになっているだけではなく、内部にも仕切りがあることで、プライバシーを守れます。

1~2階を1世帯で利用できるため、アパートでも戸建ての感覚で暮らすことができ、満足度が高いという居住者は多いです。世帯ごとの空間が広く取れるため、隣人とのトラブルにも発展しづらいでしょう。

アイフルホームの賃貸住宅の悪い評判・デメリット

マンションの買い替え時はいつ

アイフルホームの賃貸住宅には、悪い評判やデメリットもあります。

  • 点検に来てくれない

  • 建設中の対応が悪かった

  • 予算をオーバーしてしまった

どのようなデメリットがあるのかを把握して、アイフルホームに賃貸住宅の建築を依頼すべきか考えてみましょう。

点検に来てくれない

アイフルホームでは点検プランのアフターサービスがありますが、なかなか点検に来てくれないという評判もあります。場合によっては建築してから一度も点検に来たことがないという意見もあるため、アフターサービスがきちんと受けられるかは事前に確認が必要です。

フランチャイズ展開しているため、工務店によって対応の差が出る場合があります。そのため、点検をしてもらえるよう、定期的に業者に問い合わせておくことも大切です。

建設中の対応が悪かった

建設中の対応が悪いとの意見もあり、現場に立つ人次第ではトラブルが起きてしまうこともあります。現場監督の対応が悪く、不具合が見つかっても工務店で解決せず、メーカーに任せきりといった評判もあります。

建設中の対応が悪いと、近隣住民からの印象が悪くなったり、トラブルに発展したりする可能性があるため、注意が必要です。工事を依頼してから任せきりにせず、こまめに様子を見に行くことも大切です。

予算をオーバーしてしまった

相談時に提示された見積もりと、実際に工事を行う前の見積もりが大幅に変更されており、予算オーバーになったという意見もあります。相談時の見積もりは仮決めであり、追加でリクエストをすると金額が上がることは多いです。

予算をオーバーしないためにも、あらかじめ出せる金額をメーカーに伝えておき、金額の範囲内で建築可能なプランを提示してもらえるようにすると、予算面での問題は起きづらくなります。

アイフルホームの賃貸経営に関するQ&A

賃貸経営を始めようと考えているなら、細かな疑問点を事前に解消しておくことが大切です。

  • 入居率は?

  • 坪単価は?

  • なぜ安く建てられるのか?

  • 契約方法は?

  • どんな人におすすめ?

賃貸経営に関するQ&Aを参考にして、アイフルホームを利用するかどうかの判断に役立てましょう。

入居率は?

アイフルホームの入居率は、90.5%と高水準です。入居率が高いため、空室による家賃収入の減少や損失などのリスクが少なく、安定して収入を得やすい点は魅力です。

アイフルホームでは入居率を高めるために、賃貸物件の経営を代行しています。賃貸経営のプロが空室対策を行うことで、高水準の入居率を維持できています。

坪単価は?

アイフルホームの賃貸住宅は、坪単価が30~50万円と低めに設定されています。低い坪単価で賃貸住宅を建築できるため、初期費用を抑えやすいです。

また、費用をかけられるなら、戸建ての注文住宅をアレンジして、賃貸物件にすることも可能です。予算に合わせた物件の建築ができるため、低コストで経営を始めたい人から、コストをかけてこだわった物件を建てたい人まで、幅広く対応しています。

なぜ安く建てられるのか?

アイフルホームは高品質の物件を安く建築できますが、これにはさまざまな理由があります。

  • 直接責任施工システムを採用

  • 資材を有効活用できるメーターモジュール工法

  • 作業の効率化を図るプレカット材を使用

  • 工期を短縮できる乾式工法

  • 資材の大量一括購入と流通経路の短縮

  • 建築費用を明瞭にする価格明示システム

  • 提案をスムーズにするCADシステム

直接責任施工システムを採用することで、下請け業者に施工を委託せずに建築を行います。下請けの下請けなど、関係する業者が多いほどマージンが発生するため費用は高くなりますが、アイフルホームではこれがないためコストの削減が可能です。

また、メーターモジュール工法を採用することによって、資材のロスなく有効活用できる点からも、コストカットが実現できています。

プレカット材という組み立てのしやすい資材を使うことで、現場作業の効率化が図れます。また、乾式工法を採用することで、素早く建築を終えられるため、工期短縮による人件費の削減も可能です。

アイフルホームでは資材を大量に購入しているため、安価で資材を集められます。建築費用を明確にした価格明示システムや、スムーズな提案を行うCADシステムの活用によって、費用を正しく把握し、建築に臨める点も魅力です。

契約方法は?

アイフルホームでは、一括借り上げ方式での管理を委託できます。一括借り上げ方式では、空室があっても安定した家賃収入を得られるため、空室リスクを回避しやすいです。

管理料は家賃収入の10%とやや高額ですが、管理を委託し、空室時の損失を出したくないなら、アイフルホームの利用がおすすめでしょう。

どんな人におすすめ?

アイフルホームの賃貸経営は、次の特徴に当てはまる人におすすめです。

  • 高品質で低コストな賃貸経営をしたい人

  • 自由度の高い賃貸住宅を建築したい人

  • 入居率を高く維持したい人

低コストで高品質な物件を建築できるため、コストを抑えて性能の高い住宅で賃貸経営をしたい人に、アイフルホームは向いています。また、アレンジの自由度も高いため、デザイン性を高めて賃貸住宅を建築したい人にも適しているでしょう。

アイフルホームは入居率が90%以上と高く、高水準で入居率を維持できます。空室リスクを回避し、安定した家賃収入を得たいなら、アイフルホームでの賃貸住宅の建築がおすすめです。

評判を確認してからアイフルホームの賃貸の土地活用を検討しよう

アイフルホームで賃貸の土地活用を考えているなら、評判を確認して理解を深めておくことが大切です。評判にはよいものと悪いものの両方があり、それぞれを把握することで特徴をより理解できます。

どのメーカーに建築を依頼するかによって、完成する建物の特徴や魅力は異なります。自分に合っているかどうかを判断するためにも、評判をチェックして魅力を知り、アイフルホームでの土地活用を検討しましょう。

【完全無料】アパート経営したら収益いくら?