おすすめのアパートメーカー厳選7社を紹介!評判の良い人気メーカーはどこ?

おすすめのアパートメーカー厳選7社を紹介!評判の良い人気メーカーはどこ?

アパート経営が初めての方は、「アパートの建築はどこに依頼すればいいの」わからない方も多いのではないでしょうか。

アパートの建築は、ハウスメーカーや工務店が手がけています。

この記事では、アパートを建てられる建築メーカーの解説をしています。また、おすすめのアパートメーカーの紹介や、会社選びのポイントまで解説しています。

アパートメーカーの建築事例までご紹介しているので、是非ご覧になって、アパートを建てる企業選びのご参考にしてください。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

アパートメーカーとは?アパートを建てられる会社の種類

アパートの建築は、一般的に「ハウスメーカー」や「建築会社」、「工務店」が請け負っています。

建築業者の中では「ゼネコン(大手建設会社)」が有名ですが、ゼネコンは高層ビルや大型施設を主に手がけていて、個人がアパートの建築を依頼するケースは稀です。

なお、「設計会社」は建築図面の設計が専門で、アパートの設計を依頼すると、建物の施工は工務店や建築会社に任せることになります。

ここからは、アパートの建築を依頼できるハウスメーカー、建築会社、工務店について、それぞれの特徴を詳しく説明していきます。

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、戸建て住宅やアパートなど、住宅の建築に特化した企業のことです。特に、全国展開している企業を指すことが多いです。

大手のハウスメーカーであれば、全国に支店があるため、相談や依頼をしやすいでしょう。

ハウスメーカーのアパートは、設計から建築(施工)まで自社で一貫して行う「設計施工一貫方式」で建てられるのが一般的です。

大手のハウスメーカーの場合はグループ企業に管理会社があり、アフターフォローが手厚く、竣工後のアパートの管理業務まで任せられます

更に、建築費を抑えて工期を短縮するために、規格化されたアパートの建築プラン(ブランド)を持っているハウスメーカーも多いです。

アパートのデザインの自由度はやや下がりますが、安定した品質の住宅を安く、短い工期で建ててくれるという特長があります。

建築会社

建築会社とは、規模の大小を問わず、建物の建築を請け負う企業全般を表す名称です。

ハウスメーカーや工務店も、建築会社であるといえます。

アパートやマンションなどの住宅に特化している建築会社であれば、ハウスメーカーと同様に、自社に設計士が在籍していたり、管理業務まで任せることができます。

工務店

工務店とは、建物の施工を請け負う建築業者の中でも、比較的小規模であったり、地域に密着して営業している会社を指します。

対応しているエリア内で、戸建てやアパート、マンションだけでなく、倉庫や店舗・事務所など、様々な建築を請け負います。

工務店でのアパート建築は、設計から経営まで、自由度が高いのが特長です。

規模にもよりますが、設計は設計事務所に依頼して、建物の建築を工務店に依頼するケースが多いです。

また、管理会社やメンテナンス会社、入居者を客付けを行う不動産会社などは、オーナー自身で別途探して依頼することになります。

このため、オーナー自身の知識や経験によって、かかるコストは変わってきます。


気になるアパートの建築費用については、以下の記事をご覧ください。

【6月更新】アパートの建築費はいくらぐらい?相場の計算方法や安く建てるコツを解説

アパート建築が初めての方は、アパートローンの借入先として提携の金融機関を紹介してくれたり、資金計画のプランニングや竣工後のアパート管理までサポートしてくれるハウスメーカーでアパートを建てるのがおすすめです。

イエウール土地活用」の一括見積なら、複数の大手ハウスメーカーの建築プランの見積もりを1度にまとめて請求できます。様々なプランを比較して、あなたの理想のアパートを建てられる会社を見つけましょう。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

おすすめのアパートメーカー7選

この章では、アパート建築を請け負う企業の中でも、全国的に実績の高い会社を7社厳選してご紹介します。


  • 大和ハウス工業株式会社
  • 積水ハウス株式会社
  • へーベルハウス(旭化成ホームズ株式会社)
  • 東建コーポレーション株式会社
  • 住友林業株式会社
  • ミサワホーム株式会社
  • 三井ホーム株式会社

メーカーごとの特徴や強味を解説していますので、ぜひアパートメーカー選びの際のご参考にしてください。

大和ハウス

豊富な商品展開を誇る点が、大和ハウスの魅力です。大和ハウスでは2階建ての賃貸住宅から3階建て、RC造の賃貸マンションなど、幅広い商品展開があります。どのような賃貸経営をしたいかによって、商品を選ぶことができるため、より自身の理想に合う建築物を選びやすいです。

管理システムも充実しており、独自の「悠々サポート・DAPS」というサポートシステムによって、賃貸経営を行うオーナーを徹底的にサポートしてくれます。

例えば建物引渡し後、5年ごとに住宅の状態を診断するサービスや、お客様センターによる24時間対応の問い合わせサポートなどを提供しています。管理システムが充実しているため、初めての賃貸経営に不安がある人におすすめのハウスメーカーです。

>大和ハウス工業株式会社の詳細を見る

積水ハウス

高い実績と確かな入居者満足度を誇る点が、積水ハウスの魅力です。積水ハウスでは、「シャーメゾン」という賃貸住宅を提供しており、多くの入居者に支持されている居住性能の高さが特徴です。

積水ハウスは家づくりの実績が258万戸以上(2023年1月実績)と多く、多様な実績によって蓄積された家づくりの技術やノウハウが、賃貸住宅の「シャーメゾン」に反映されています。

また、建築技術や居住性能の高さだけではなく、賃貸住宅の建築や経営の豊富な実績によるプランニング力の高さも魅力です。入居者満足度の高さだけではなく、賃貸経営のオーナーの利益も考えたプランニングにより、スムーズな経営ができます。

積水ハウスでは希望のオーナーに一括借り上げ方式を提供しており、管理手数料を支払うことでアパート管理を一括して業者に委託できます。そのため、手間をかけずに賃貸経営をしたい人に、おすすめのハウスメーカーです。

▼積水ハウスのアパート建築事例

エリア三重県
土地面積(㎡)200.0㎡
延べ床面積(㎡)165.0㎡
工法木造
入居者の方が本当の意味で落ち着くことができる内装や設備になっている自慢のアパートです。
(積水ハウス株式会社の土地活用事例)

シャーメゾンの特徴5つ!口コミからわかるメリットとデメリットを解説

へーベルハウス(旭化成ホームズ)

スマートな外観で高いデザイン性を誇る商品展開が、ヘーベルハウスの魅力です。ヘーベルハウスでは、入居者の需要に合わせたさまざまな建築プランを提供しています。

例えばペットを飼いたい人に向けた、「ペット共生型賃貸住宅」や共働き夫婦に向けた賃貸住宅、子育て世帯や1人暮らしの女性向けの賃貸住宅など、ターゲットに合わせた賃貸住宅を建築できます。

また、高い耐火性によって安全性が高く、安心して暮らせる住居を提供できることも、ヘーベルハウスの特徴です。管理システムには30年間賃貸経営を任せられる一括借り上げ方式もあり、手間をかけずに賃貸経営をしたい人にも向いています。

ヘーベルハウスの賃貸の評判は?メリット・デメリットを解説

東建コーポレーション

東海エリアが地盤の自社でオリジナル商品を多数展開している東建コーポレーションは、さまざまな特徴のアパートを建築できます。例えば、オリジナル商品の「ユニヴァリィ」では、ユニバーサルデザインとバリアフリーの両方の特徴を採用しています。

そのため、高齢者から子どもまで安心して暮らすことができ、幅広い年齢層を入居者のターゲットにすることが可能です。

機能性だけではなく、デザイン性も高く、飽きのこない洗練されたデザインの建物が多い点も特徴です。商品展開の幅広さから、どのような建築物がよいか迷っている人におすすめのハウスメーカーといえます。

▼東建コーポレーションの建築事例

エリア埼玉県
土地面積(㎡) 974.0㎡
延べ床面積(㎡)
工法高耐震木造2×4工法
玄関、インナーテラス、室内まで段差を解消
(東建コーポレーション株式会社の土地活用事例)

>東建コーポレーション株式会社の詳細を見る

住友林業

住友林業は、デザイナーズ賃貸住宅の「フォレストメゾン」を提供しています。フォレストメゾンには3つのスタイルがあり、洗練されたデザインのものから、ボックス型のモダンなデザイン、木質感によって温かみのあるトラディショナルなデザインと特徴は異なります。

デザイン性の高さだけではなく、居住性能が優れている点も魅力です。注文住宅のノウハウを生かした家づくりによって、住みやすい家づくりが行われています。賃貸経営のサポート体制も整っており、事前のコンサルティングや事業プランニングから、経営マネジメントのサポートまで幅広く受けられます。

ハウスメーカーから徹底したサポートを受けて、不安なく賃貸経営を始めたい人に、住友林業はおすすめです。

▼住友林業株式会社の建築事例

木造住宅の可能性を追求し、美しい住み心地をかたちにした、住友林業のデザイナーズ賃貸住宅「フォレストメゾン・カレ」                              街並みに、美意識に共鳴し、日々を豊かに彩ります。
(住友林業株式会社の土地活用事例)

>住友林業株式会社の詳細を見る

ミサワホーム

建物の階数から建築する賃貸住宅を選べる点が、ミサワホームの特徴です。2階建てと3階建ての賃貸住宅の数が豊富であり、商品展開の広さから自身の理想とするアパートを見つけやすいです。

洗練されたデザインの建物から、シンプルでコンパクトな建物までさまざまあり、ターゲット層に合わせて建物を選ぶことができます。また、賃貸マンションや併用住宅の商品提供もあり、さまざまな建物の中から自分に合った建築物を選びたい人におすすめのハウスメーカーです。

▼ミサワホームのアパート建築事例

エリア愛知県
土地面積(㎡)293.0㎡
延べ床面積(㎡)480.0㎡
工法木質パネル接着
以前からアパート経営をされていたオーナー様。娘様ご夫婦が婿両親との二世帯住宅を検討中、オーナー様としては自宅近くに住んで欲しいというご要望から、娘様ご夫婦と婿両親の自宅を含めた賃貸住宅への建て替えを検討されました。課題は、当地では共同住宅は建築できないという条件での収益の最大化。
そこでミサワホームでは長屋建ての自宅併用アパートをご提案しました。アパート部分は水回りや収納の配置を工夫し、自宅部分には音楽室の設置や動線など、さまざまなご要望を反映。建築費の返済に家賃収入をあてながら、さらに収支上はプラスとなる収益の最大化を実現しました。
(ミサワホーム株式会社の土地活用事例)

>ミサワホーム株式会社の詳細を見る

三井ホーム

洗練されたデザインで、高い耐久性を誇ることが三井ホームの特徴です。独自の技術であるプレミアム・モノコック構法によって、高い耐震性を誇るだけではなく、特殊な耐火構造を取り入れることによって、耐火性も高められています。

また、遮音性の高さによって他の居住者の生活音が気になりにくい点も、入居者にとっては嬉しいポイントです。サポートシステムも充実しており、入居者が退居した後の原状回復や設備補修、10年ごとの建物診断のサービスなどを提供しています。

三井不動産グループと三井ホームグループによってサポートを受けることができ、総合力の高いハウスメーカーを選びたい人におすすめです。

>三井ホーム株式会社の詳細を見る


他にもアパートメーカーを比較したい方は、以下の記事をご参照ください。

アパート建築会社を総販売戸数をもとにランキングで紹介!建築会社の決め方も詳しく解説します

アパート経営を始めようか考えたとき、どのようにアパートを設計すればいいのか見当がつかないのではないでしょうか。

例えば2階建てにするか3階建てにするか、間取りの設計をどうするかについては土地の条件やアパート経営の目的によって変わります。

イエウール土地活用なら複数の大手ハウスメーカーからアパート経営プランの提案を受けることができます。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

アパートメーカーを選ぶポイント

アパートメーカーを選ぶポイント

アパートメーカーとはハウスメーカーや工務店のことを指します。アパート経営を成功させるためにも、アパートメーカー選びは重要になります。ここではアパートメーカーを選ぶ際のポイントを紹介します。アパートメーカーを選ぶ際は以下のポイントを意識して検討してみてください。

どんな建て方(工法)が得意か

建物の構造にはさまざまな種類がありますが、アパートメーカーによってどのような構造や工法の建築が得意かが異なります。そのため、アパートメーカーごとの得意分野を調べておき、自身が希望する構造や工法に強みを持つメーカーに依頼することがおすすめです。


  • 鉄筋コンクリート造
  • 壁式鉄筋コンクリート造
  • 重量鉄骨造
  • 軽量鉄骨造
  • 木造パネル工法
  • 木造2×4工法
  • 木造在来工法

工法によってかかる費用や建物の耐久性、性質などが違ってきます。工法ごとに特徴の違いはありますが、一概にどれがよいと決まっているわけではありません。そのため、自身が希望する工法を選び、その工法での建築に強みを持つアパートメーカーを選ぶことが大切です。また、工法により、アパート経営における経営計画で重要なポイントとなる減価償却の方法(年間の減価償却率や額)が変わってきますので、この点にも着目しましょう。

また、アパートを建てる流れについては以下の記事をご覧ください。

アパートを建てるなら知っておきたい基礎知識!メリットやリスクも解説

どんな管理システムを提案しているか

アパートメーカーはアパートを建てて終わりではなく、賃貸経営におけるサポートもしてくれます。サポート内容は賃貸経営における入居者の集客や対応や退去時の対応(これらをPM業務といいます)、また建物管理などがあげられ、メーカーごとに提供する管理システムは異なります。

そのため、アパートメーカーがどのような管理システムを提供しているかをチェックし、自身の希望に合うかを考えましょう。賃貸経営を行うにあたって、自身にメリットのある管理システムを提供するアパートメーカーを選ぶことが、経営の成功を目指すポイントです。

建築費用がいくらかかるか

アパート経営でよいキャッシュフローをつくるには、アパートの建築費用をできるだけ抑えることが大切です。建築費用が高すぎると、初期費用を回収するまでに時間がかかり、場合によっては損失が出ることもあるため、建築費用がどれくらいかは必ず確認しておきましょう。

もちろん、建築費用が安いからといって、それだけでアパートメーカーを決めるのはよくありません。あくまでも賃貸経営で費用を回収できることを念頭に置きながらも、入居者を獲得できる建物を建築することが大切です。

建築費用の安さだけで決めてしまい、建物や設備のグレードが低くなると、入居者が入らなくて収支が悪くなってしまいます。入居者需要が見込める建物や設備グレードで、かつ初期費用が高くなりすぎない金額を想定し、各社の建築費用を比較することが大切です。

また、以下の記事ではアパート建築費のシミュレーションやローコスト建てる方法を紹介しています。

アパート建築費のシミュレーション方法を紹介!費用と収益性を確認しよう

アパート建築をローコストにできる会社5選!企業の選び方や建築のコツも紹介

どんなデザインを採用しているか

アパートメーカーが建物外観にどのようなデザインを採用しているかも、建築の依頼先を選ぶときのポイントです。入居者を獲得するためには、アパートのデザインは重要です。

清潔感のないデザインや、奇抜すぎて人を選ぶようなデザインだと、入居者は獲得しにくくなります。見た目のよい外観ほど入居者を得やすいため、メーカーごとのデザイン案を比較して、万人受けするものを選びましょう。

担当者の質は高いか

担当者の知識レベルが高いかどうかも、アパートメーカーを選ぶ際には確認が必要です。担当者のレベルが低いと、希望通りのアパートを建築できなかったり、経営を開始してからも思うようにサポートを受けられなかったりすることがあります。

担当者とのコミュニケーションの問題によって、賃貸経営が失敗することもあるため、信頼度の確認は必須です。担当者がアパートの建築や経営に真面目に向き合ってくれるか、質問したことに対して素早く丁寧に回答してくれるかを確認しておきましょう。

自社の利益を求めるばかりで、依頼者の利益を無視した建築や経営プランを提示する場合は、担当替えを申し出るか、別のアパートメーカーを選ぶことがおすすめです。担当者の質や相性は賃貸経営を成功させるためには重要なポイントであるため、担当者を見て依頼するアパートメーカーを決めてもよいでしょう

アパート経営を始める可能性が出てきたら、複数の企業にプランを提案してもらうことをおすすめします。

なぜなら、アパート経営は建築費の見積もりや賃料設定など経営のプランによって将来の利回りも変わってきます。

建築費がいくらなら収益性の高いアパート経営ができるのか、利回りはどのくらいが適切なのか、気になるところを建築会社に相談してみましょう。

イエウール土地活用なら複数の大手ハウスメーカーのアパート経営プランを一括請求することができます。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

活用事例:地震への備えを考えた 木造3階建て賃貸住宅

エリア東京都
土地面積(㎡)256.2
延べ床面積(㎡)480.36
工法木造
複雑な権利関係を整理。収益性の高い賃貸住宅へ
東京都練馬区。新宿まで電車で20分という都心エリアに木造3階建ての賃貸住宅が完成しました。以前この土地には築20年を超えるミサワホームで建てた賃貸併用住宅と二世帯住宅がありました。都市計画道路ができるということで賃貸住宅の建て替え計画がスタートしました。
「以前の賃貸住宅は権利者が5人もいて、さらに兄弟間の相続も絡み合い、どう整理すればよいか分かりませんでした」。
そんな中、賃貸管理をしていた縁で、ミサワホームに相談がありました。
「ミサワホームの岡村さんには大変お世話になりました。賃貸住宅の建替えを考える上で、権利関係の整理から相続、融資に至るまで、岡村さんは親身になって対応してくれました」。
計画道路ができることで、土地の面積が狭くなります。また、築年数も経っていたことから、オーナーさまは、「建て替えるなら、より収益性の高いものを建てたい」とお考えでした。
(ミサワホーム株式会社の土地活用事例)

アパートメーカー選びの注意点

アパートメーカー選びの注意点
アパート経営を失敗しないために、アパートメーカーを選ぶ際にはいくつか注意しておきたいポイントがあります。ここではアパートメーカーを選ぶ際の注意点を紹介します。

ネットの評判を鵜吞みにしない

アパートメーカーを選ぶ際には信頼できる業者かどうかを判断することが大切ですが、ネットの評判を鵜呑みにするのはよくありません。口コミや評判がよくないからといって、必ずしも悪徳業者とは限らず、場合によっては優良業者である可能性もあります。

悪い口コミや評判は、あくまで個人の意見と考え、他の人の意見に流され過ぎないようにしましょう。もちろん、検索して悪評ばかりが出てくる業者は注意が必要です。

また、よい口コミばかりが表示されるケースでも、サクラを雇って自社の評判をよくしようとしている可能性もあります。ネットの評判だけでは本当の信頼度を確認することはできないため、実際に担当者と会ってみて、自身の目でチェックすることが大切です。

家賃保証システムはメーカーにもメリットがある

一括借り上げやサブリースと呼ばれる家賃保証システムは、賃貸経営を行うオーナーだけではなく、メーカー側のメリットがあります。家賃保証システムを利用することで、メーカーに賃貸経営を任せることができ、毎月一定額の収入は保証されます。

空室があっても最低限の収入が得られる点は魅力ですが、満室になった場合は本来得られる賃料を100%受け取ることができず、実際に手元に残る利益は減ってしまいます。

また、支払われる最低保証額は数年に一度見直しとなり、この際に保証額自体が減ってしまうことも時にはあります。そのため、長期間家賃保証システムを利用していると、年々得られる収入が少なくなり、損をするケースもあることは理解しておきましょう。

複数のメーカーを比較する

アパートメーカーを選ぶときは、複数のメーカーを比較することが大切です。建築費用や管理システム、物件デザインや機能性など、各社の建築や経営のプランを比較しておきましょう。

複数社で比較すると、どのアパートメーカーが自身の理想に合っているかが判断しやすくなります。また、複数社から見積もりをもらうことで、条件のよいメーカーを見つけられるだけではなく、値引き交渉の材料にもなるためお得です。

最初の1社だけで決めてしまうと、建築費や経営プランを比較できず、自分の理想に合わない可能性があるため、必ず見積もりは複数社から受けておきましょう。

設計の自由度を求めるなら工務店

建築物に設計の自由度を求めるなら、アパートメーカーではなく工務店をも選択肢に入れることもおすすめです。アパートメーカーは基本的には商品プランが決められています。パッケージ通りに大量生産することで、低コストかつ高品質で提供できるわけです

そのため、細かい設計の指定はできない場合が多く、自由度はそれほど高くありません。工務店はアパートメーカーよりも建築費はかかりやすいものの、さまざまな設計に柔軟に対応してくれるため、自由度は高くなります。

アパート建築の依頼先の選び方とは?工務店の特徴を解説!

アパート経営を始めるなら最初の情報収集が重要です。一括プラン比較サービスイエウール土地活用なら、土地所在地の入力だけでアパート経営のプランを取り寄せることができます。

優良なアパートメーカーを選んで賃貸経営を成功させよう

優良なアパートメーカーを選ぼう

賃貸経営を成功させるには、建築から経営のサポートまで行うアパートメーカーの選び方が重要です。どのアパートメーカーを選ぶかによって、経営が成功するかどうかが変わります。

アパートメーカーを選ぶ際に重要なのは、自身の希望に合っているかどうかです。経営にあたってなにを重視したいかを考えて、アパートメーカーを選ぶ必要があります。賃貸経営の条件や希望を自身で整理しておき、自分に合った優良なアパートメーカーを選んで賃貸経営の成功を目指しましょう。

アパート経営を考えたら、まずは無料でプランを取り寄せられるイエウール土地活用を利用して、複数の企業からプランを取り寄せることをおすすめします。

簡単な情報を入力するだけで、複数の企業から一括でプランを取り寄せられますし、プランを比較することで自分に合ったプランを見つけられるはずです。

企業によっては、実際の土地を確認してより良いプランを提案してくれるケースもあるため、まずは企業から無料でプランを取り寄せてみましょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

アパートメーカーはどうやって選べばいい?
アパートメーカーによって建てられる物件や間取りが異なったり、提供している管理体制も異なってきます。入居者にとって満足のいくアパート経営をするためにも、記事内で紹介している、アパートメーカーを選ぶ際の5つのポイントを参考にしてみてください。

おすすめのアパートメーカーは?
アパートメーカーごとに特徴やプランが異なるため、それぞれの企業に良さがあります。記事内では、イエウール土地活用がおすすめする7社のアパートメーカーを紹介しているので、参考にしてみてください。
【完全無料】アパートの建築費、いくらかかる?