アパートの工法で建物性能が決まる!基礎知識や決め方とは

アパートの工法で建物性能が決まる!基礎知識や決め方とは
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

アパート建築を検討している方のなかでには、どの工法や構造、材料を選んだらよいのか疑問に思われている方も多いかと思います。

この記事では、アパート建築を検討している段階の方から建築プランを取り寄せている段階の方まで、アパート経営やその建築を行う上で知っておきたい工法の種類や決め方について詳しくご紹介しています。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アパートの工法って何?

アパートの工法って何?

アパートを建てるときには、どの工法で建築を行うのかによって建物性能に大きな差が出てきます
ここではアパート建築に用いられる在来工法とプレハブ工法、そしてプレハブ工法に分類される3つの工法について詳しくご紹介しています。

アパート建築費の相場や建築費用の内訳について詳しく知りたい方は、まずはこちらの記事を参考にしてください。

昔ながらの在来工法

在来工法は、木造の注文住宅で採用されることが多く、基礎を作りから支柱、壁や床、屋根などを職人が一つずつ取りつけることが特徴です。
そのため、間取りや建築プランの自由度が高いことがメリットです。建築会社や職人と相談しながら、細かい部分までこだわって建築を進められます。

また、建築後のリフォームも比較的容易可能であり、建築時だけではなく建築後の自由度が高い点も、在来工法ならではといえるでしょう。

一方、在来工法は住宅など小規模な建築物に適した対応する工法であり、大規模建築には不向きです。
職人の手作業で行う工事が多いため、他の工法よりも工期が長くなる傾向にあります。さらに依頼する職人の人数や拘束時間によっては、高額な費用が発生する可能性もあります。

在来工法のイメージとしては、社寺建築に用いられる完全に木組みの工法である(伝統工法)に金物や制震機器などを組み込んでより大量生産と安全性を可能にした形とイメージしていただくと分かりやすいです。

主流のプレハブ工法

プレハブ工法は現在のアパート建築において主流な工法です。工業化工法ともいわれ、建築に使われるパーツや構成部品を工場で仕上げてから現場にて組み立てます。

木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造と全ての材料に対応しており、建築コストの高い鉄筋コンクリート造でも比較的コストを抑えた建築が可能です。
プレハブ工法は工場で規格統一されたパーツを生産します。そのため、スピーディーな資材納入を行うことができ工期を短縮しつつ優れた品質を実現できます。

しかし、プレハブ工法はご紹介した通り大規模な工場での生産や設計が必要です。そのため、大規模生産を可能にする資金力、技術力のあるハウスメーカーのみが行うことができる工法です。

各ハウスメーカーからバラエティー豊かなアパートがラインアップされており、人気も高いため口コミが多く参考となる情報が多いです。
自分で自由に建物デザインを変更することは難しいですが、各社が工夫を凝らしているため競争力のある物件が多いというメリットがあります。

コスト面においては在来工法よりプレハブ工法の方が安価であるため、「コストを抑えてできるだけ品質の良いアパートを建てたい」とお考えの方は大手ハウスメーカーに建築を依頼することになります。

プレハブ工法は、材料によって主に木造のツーバイフォー鉄骨造のパネル工法鉄筋コンクリートの壁式PCと3つに分けられます。

プレハブ工法のイメージとしては、段ボールが分かりやすいでしょう。段ボールは、ある程度強度のある紙で四方を囲むことによって自立し最後に天面を閉じますが、プレハブ工法も同じようにまずは面で建物を支えてから、最後に屋根を取り付けます。

ツーバイフォー

ツーバイフォーは木造でのプレハブ工法で用いられます。1974年に三井ホームによりアメリカからもたらされ、その後洋風住宅建築において人気を博しました。
ちなみに、ツーバイフォーの由来は資材の断面が2インチ×4インチ(約50cm×約100cm)であるということからきています。

日本では木造枠組み工法とも呼ばれ、いくつかの木材を重ねて張り合わせたもの(構造用合板)を打ち付け、耐力壁として面でパネルで壁や床を支えます。
建物を支えている壁(面)を耐力壁といいます。

ツーバイフォーは現在木造アパート工法の主流となっており、各ハウスメーカーがラインアップしているアパートにも使われています。

ハリケーンの多いアメリカで誕生したツーバイフォーには耐風性があり、台風が発生する日本においてもこの点はメリットです。
また、燃えにくい素材を用いることや、壁の気密性を高める(ファイヤーストップ構造)ことによる耐火性、壁で建物を支えることによってできる柔軟性から耐震性にも優れています

一方、気密性の高さからカビや結露が発生する可能性が高く、通気性をどのように確保しているのかは確認しておくとよいです。また、木材を使用していることから状況によってはシロアリ対策も必要になります。
加えて、面で支える分間取りの変更は非常に難しいです。将来的に大規模なリフォーム等を検討しているのであれば、どの程度間取りを変更可能かをあらかじめチェックしておきましょう。

パネル工法

パネル工法は、主に鉄骨造にて用いられるプレハブ工法の一つです。パネル工法は木質パネル、鉄骨パネル、コンクリートパネルと3つの材料に対応していますがここでは主流な鉄骨系パネルについてご紹介します。
鉄骨系パネル工法は、鉄骨で作る骨組みで構成された耐力壁をもとに建物を建築します。

鉄骨パネルも工場にて耐力壁が生産されるため品質のブレが少なく、現地で組み立てるという流れであるため余分なコストが発生する可能性も低いです。工期も短いため人件費が安くコストパフォーマンスに優れているといえます。
ツーバイフォー同様、面で建物を支えることで地震や強風による衝撃を吸収しやすくなるため耐震・耐風性があります。

鉄骨は同質量であれば木造よりも頑丈であるため、木造よりも少ない材料で建築ができます。そのため、ツーバイフォーや木質パネル工法よりも間取りの変更に余裕ができるという特徴があります。
しかし、間取りの変更度合は依然として軸組・ラーメン構造に比べ劣ります。間取りに対する明確なイメージがあるのであれば、どの程度変更できるのかを確認しておきましょう。

壁式PC

壁式PCは、鉄筋コンクリートを材料とするプレハブ工法の一つです。主に5階建て前後のアパートや大規模なマンション建築において用いられる工法になります。

壁式PCの一番の特徴は建物の耐久性能です。例えば鉄骨であれば火災による骨組みの変形などの恐れがありますが、壁式PCであれば構造体への影響はほとんどありません
また、雨水などが材料内部に浸みこまないため、サビなどの腐食や虫害に強いです。衝撃による損傷などの心配もないでしょう。

同じく鉄筋コンクリートを用いるラーメン構造と比べると柱がない分一部屋当たりに無駄なスペースがなく、ワンルームマンションでは戸数を多く確保しやすいという特徴があります。

プレハブ工法のデメリットである間取りの自由度が低い点はツーバイフォーとパネル工法と同様ですが、その他に壁式PCは建築費が最も高いというデメリットがあります。

壁式PCによるアパート建築では、建築可能な大きさが、地上5階建てまで、軒高は16m以下とされています。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アパート建築でのハウスメーカー独自の工法

ハウスメーカーによっては、各社独自の工法でアパートを建築していることもあります。

  • ミサワホームのMJWood
  • 大和ハウスのセジュールウィット
  • 積水ハウスのシャーメゾン
  • 積水化学工業住宅カンパニーのセキスイハイム
  • 旭化成ホームズのへーベルメゾン
  • パナソニックホームズのユアメゾン

それぞれの工法の違いを知り、アパート建築をする際の参考にしてみましょう。
なお、アパートメーカーについて詳しく知りたい方は、以下の記事が参考になります。

ミサワホームのMJWood

在来工法に独自の技術を用いて、耐震性能を高めていることが、ミサワホームのMJWoodの特徴です。MJWoodではフリーモジュール設計を採用しており、変形した敷地にも対応していることが魅力です。
従来の規格型のアパートよりも自由度が高く、入居者のターゲットに合わせた間取りの組み合わせもでき、その他の工法よりも自由度は高いでしょう。

大和ハウスのセジュールウィット

大和ハウスのセジュールウィットは、鉄骨系の従来工法を採用していることが特徴です。耐久性だけではなく、気候変動にも耐えられる耐候性を追及しており、安心して暮らせるアパートを建築できます。
頑丈な造りになっているため、建物のメンテナンス費用を削減することができ、資産価値の減少幅を減らすことができる点は大きなメリットです。

積水ハウスのシャーメゾン

耐震性の高さを求めるなら、積水ハウスのシャーメゾンがおすすめです。シャーメゾンではカーテンウォール工法を採用しています。
カーテンウォール工法によって、外壁が揺れに追従するため、外壁落下による被害が防ぎやすい点が特徴です。耐震性が高いだけではなく、地震が起きた際の被害も軽減できるため、安心して住めるアパートを建築できます。

積水化学工業住宅カンパニーのセキスイハイム

降雪地帯やコロナ禍でのニーズなど、状況や時代に即したアパートの提案に強みがあるのがセキスイハイムです。

また、内装などについても入居者が自由に選ぶことができるなどカスタマイズ性が高く、セキスイハイム全体の入居率は約97%となっています。
おしゃれなデザインで人気があるため、入居希望は多くあり空室による収益性の低下を招きにくいのが特徴です。

旭化成ホームズのへーベルメゾン

防災関連の設備やペットと一緒に住めるアパートのパッケージ商品など根強い需要に対するアパートを展開しているのが旭化成ホームズのへーベルメゾンです。
2~8階建ての建物がラインナップされています。

駅のホーム等にも採用されている防音壁を用いているため、非常に遮音性が高く防音にこだわりたいオーナーにおすすめのブランドといるでしょう。

また、よりグレードの高いアパートであるPREMIUM EDITIONもあります。幅広い予算に応じてアパートのラインナップを選べる点が魅力的です。

パナソニックホームズのユアメゾン

ユアメゾン

は、家電メーカーであるパナソニックの住宅部門であるパナソニックホームズからでているブランドです。

アパート建築でも家電技術を生かしたものが多く、例えばloTを用いて遠隔での家電操作や荷受けの確認などを行うことができます。
加えて、スマートフォン上で鍵をシェアする機能があるため、入退去対応の際にもスムーズな鍵の受け渡しが可能です。

アパートの構造と材料

アパートの構造と材料

アパート建築には、工法の他にも建物を支える方法である構造と、構造に用いる材料があります。
構造と材料はいくつか種類があり、特徴も大きくことなりますのでそれぞれ詳しくご紹介します。

軸組構造・ラーメン構造

建物を主に柱と梁で支える構造

が軸組構造やラーメン構造と呼ばれます。

木造は軸組構造鉄骨や鉄筋コンクリート造はラーメン構造と呼び分けられていますが、呼び名が変わるだけで仕組みは変わりません
2つの構造はどちらも在来工法にて用いられます。

軸組構造は、主に戸建て住宅など建物規模が大きくない建築場面で使われ、ラーメン構造は、建物の耐久性が必要な場面や高層建築において使われます。

自由な建物設計が可能になるというメリットがありますが、耐久性がある構造のため建物自重があります。土地の状況によっては大規模な基礎工事を行う必要があるでしょう。

壁構造

壁構造は、壁や床などの平面(板)をパーツとして組み合わせて建物を支えていく構造です。

主に低層から中層(5階建て以下)の建物を建築する際に用いられます。

プレハブ工法で組み立てられるため、軸組構造・ラーメン構造よりも建築費を抑えられるというメリットがあります。
また、柱を組む必要がないため空間を最大限に確保することができ、一部屋当たりのスペースを広くとることができます。

一方、リフォームなどで部屋の設計を後から変更することは非常に難しいです。
平面の組み合わせで建物を支えているため、大幅な間取り変更を行うと建物自体の耐久性に問題が出てきてしまいます。

木造

木造は、主に低層アパート(1~2階建て)で用いられることが多いです。

日本古来から主要な建築資材として扱われてきた歴史があるため豊富なノウハウを生かした柔軟な設計ができるでしょう。

木造アパートは、通気性や断熱性に優れているためコストを抑えつつ居住性を高めることが可能であり、資材の豊富さからアパート建築に用いられる材料のなかで最も建築費を抑えることができる点がメリットです。

一方、耐久性に乏しいため火災シロアリ建物の変形には注意する必要があります。このように、木造アパートは年数を経るにつれて多くの問題が出てくるため、定期的なメンテナンスを怠らないようにすべきです。

鉄骨造

今日のアパート建築における主流となっているものが、この鉄骨造です。

鉄骨造は、鉄骨の厚みが6mm以下の軽量鉄骨6mm以上の重量鉄骨に分かれています。建築会社はアパート設計によってどちらを扱うのかを決めているようです。

鉄骨造のメリットは、木造より建物の耐久性を高くできる点です。
加えて、鉄骨造に使われる部材は工場にて均一的な生産を行いやすく、環境要因に左右されることがないため建物の品質が安定しています。

鉄骨造のデメリットは、熱による変形が起こりやすい点、断熱性に乏しい点です。

鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造は、超高層建築建物の耐久性が非常に重要な場面で使われることが多いです。
鉄筋の靭性と、コンクリートの圧縮力の掛け合わせによって、非常に強度の高い建物を建築することが可能になります。

アパート建築に用いられる材料のなかでは最も建物の耐久性を高められる点がメリットでるため、特に地震や台風が多い地域でのアパート建築で検討する機会が多いかと思います。
耐火性に関しても、鉄骨とは違い熱による変形もしづらいです。

鉄筋コンクリート造のデメリットは、建築費高額になる点です。土地の広さや建物規模にもよりますが、建築費で数億円かかることも珍しくありません。

アパート建築にはどの工法を選んだらいい?

アパート建築にはどの工法を選んだらいい?

アパート建築にはご紹介した通りいくつかの工法がありますが、そのなかからどのような基準をもとに選べばよいのでしょうか。
アパートの工法を決めるための3つの基準をご紹介します。

アパートに何を求めるのか

イメージするアパート像があるのであれば、どの工法や材料が最適であるのか決めやすいです。
例えば、「とにかく災害に強いアパートを建てたい」とお考えなのであれば、プレハブ工法の壁式PCがいいでしょう。また、「ニーズの変化に対応できるよう間取りの変更を行いたい」とお考えであれば在来工法がおススメです。

自分で設計士と相談して一から建物のデザインを決める場合は、外観や間取りの自由度が高い在来工法の軸組もしくはラーメン構造をおススメします。

ハウスメーカーにアパート建築を委託する場合は、多くの場合メーカーが用意しているラインアップから選択することになります。間取りや設備変更が行えない場合もありますので、疑問点があれば都度担当者に確認しながら話を進めてください。

工法や材料などによってコストに大きな差がありますので、資金面も考慮しながら希望を最大限叶えることのできる工法はどれなのかを検討することが重要です。

どのような立地にあるのか

沖縄地方や、崖、河川が近くにあるエリアは台風などの自然災害の影響が大きくなりやすく、毎年建物への被害が大きいです。そのため、安全性の観点からアパートにおいても耐久性能の高さが要求されます。

あわせて、土地の地盤状況や周辺にはどのようなニーズがあるのかを確認しておくとよいです。重量負荷が多くかかるラーメン構造や壁式PCでは、地盤状況によって地盤強化工事が必要になるケースがあります。
また、ファミリータイプの物件が多いのであれば遮音性が高い鉄骨や鉄筋コンクリートを用いた工法がおススメです。

工法を決める際には、建築予定地がどのような環境下にあるのか、そして周辺エリアに存在するニーズを満たせるような工法を選択する必要があります。

どのくらいの資金を用意できるのか

どの材料を使うのかは工法の決定にも関係してきますが、例えば木造と鉄筋コンクリートには2倍近く値段が異なる場合もあります。そのため、どの建築材料でどの工法を選ぶのかは資金面でも左右されることになります。

木造、鉄骨、鉄筋コンクリート造それぞれの全国的な坪単価の平均は以下の通りです。

構造 坪単価
木造 60万
鉄骨像 80万円前後
鉄筋コンクリート造 100万円前後

「コストを抑えたい」という方は、プレハブ工法にてアパート建築ができるハウスメーカーと契約を検討するのがよいでしょう。

理想のアパートを実現できる工法を選択しよう

理想とするアパートを建築するには、工法選びが重要です。工法によってどのようなアパートが建築できるかは異なります。工法を間違えてしまうと、理想を実現できないだけではなく、入居者が見込めず、経営に失敗する可能性もあるため、注意が必要です。
工法によって特徴が違うだけではなく、メリットとデメリットも異なります。工法ごとの特徴の違いを正しく理解し、理想的なアパートの建築を目指しましょう。

アパートの建築費用は、建てるアパートの工法や規模によって異なります。また、相談する会社によっても異なります。
イエウール土地活用なら、複数の企業にまとめて建築費用の見積もりを出すことができるため、適正な建築費用を見定めることができます。
始めてアパート経営を考えている方は、一度イエウール土地活用で建築費用を見積もってみてはいかがでしょうか。

それでは、みなさまのアパート建築が無事に進むことを祈っています。

【完全無料】アパートの建築費、いくらかかる?