60坪の土地でのアパート建築費はいくらかかる?|収益例もご紹介します

60坪の土地でのアパート建築費はいくらかかる?|収益例もご紹介します
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

60坪の土地を購入予定、もしくは所有している方であれば、60坪の土地でアパートの建築費はどのくらいかるのか気になっている方も多いかと思います。

そこで、本記事では、60坪の土地にアパートを建てた場合の建築費の総額から、収益性を詳しく解説しています。
また、60坪でできるアパート経営以外の土地活用について4つご紹介しています。

60坪の土地でアパート経営を検討されている方の参考となれば幸いです

アパートの建築費について詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

60坪の土地に建てるアパートの建築費用

60坪の土地に建てるアパートの建築費用

60坪の土地でアパートを建てるとなると、どのくらいの建築費用となるのでしょうか。
本章では、60坪の土地でのアパート建築費について詳しくご紹介したいと思います。

建築費用

60坪の土地において、平均的な2階建て~3階建てのアパートを建てる想定としたときの、構造別ごとのアパート建築費と諸費用、その総額は以下の通りです。

坪数 木造 鉄骨造 RC造 SRC造
60坪 5,360~7,100万円 7,140~8,900万円 9,700~13,000万円 12,100~15,300万円

また、土地調査費不動産取得税など建築費以外の諸費用は、建築費のおよそ1割を予算としてみておくと良いです。

アパートの建築費用は、ハウスメーカー建築プランによって異なります。そのため、上記費用は目安として参考にしていただきたいと思います。

60坪以外の坪数別のアパート建築費用はこちらご覧ください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

60坪の土地ではどのようなアパートを建てられるのか

60坪の土地ではどのようなアパートを建てられるのか

60坪の土地ではどのような規模のアパートを建てることができるのでしょうか。また、その収益性や駐車場スペースについても詳しくご紹介します。

60坪の土地に建つアパートの戸数は?

60坪の土地でもアパートを建てることは可能です。
しかし、相続税対策や収益性等の観点からどの程度の戸数を確保できるアパートを建てることができるのかは事前に知っておきたいところです。

相続税対策では、賃貸割合が多い建物ほど相続税評価額が少なくなるため、相続税にかかる負担を減らすことができます。

アパート経営では、これら相続税対策や収益性を考慮するとワンルーム(1K)タイプの間取りがおススメです。
建ぺい率50%積率が100%である60坪の土地で確保できるワンルームの戸数は10戸前後となります。

ワンルームタイプの部屋は、1LDKなどと比べ賃貸需要も強いため、賃貸住宅経営にとって最大のリスクである空室リスクを回避しながら安定した経営が可能です。

収益性

建築費が3706万円の木造2階建て、総戸数10で家賃が7万円のアパートの収益性をご紹介します。

以上のような条件の場合、満室経営では年間の家賃収入が840万円となり、表面利回りは約22%となります。
空室率を20%とすると年間の家賃収入は672万円となり、表面利回りは約18%となります。

不動産投資における収益性は、最終的に維持管理費やローンの支払いなどの支出を考慮した実質利回りで判断することになります。
実質利回りは、アパート経営前に算出することは困難です。そのため、提示される表面利回りよりも収益性が低下するということを念頭におく必要があります。

アパートを安定して経営するためのポイント

アパートを安定して経営するためのポイント

アパート経営を行うにあたり、損失を出さずに経営をしていくにはどのようなことに注意すべきでしょうか。

不動産投資は、投資額が大きい分慎重にならざるをえません。
そこで、本章ではアパート経営を安定して経営していくためのポイントを4つご紹介します。

自己資金比率をあげる

アパートを建てるにあたりローンを組む方も多いかと思いますが、借入額が増えるほどアパート経営の収支計画に影響がでます。

アパート経営を安定させるためには、まず初期投資の段階で自己資金の割合を建築費の3割以上にしておくと安心です。
一般的には、自己資金の目安は建築費の1割以上とされていますが、可能であれば3割以上を準備しておくことで余裕をもった収支計画を組むことができます。

初期費用をすべてローンで充てるフルローンでアパートを建てることもできますが、収益性が低くなってしまうためおススメしません。

ニーズを汲んだ間取りや設備投資をする

アパートの競争力は、間取りや設備によって大きく変わります。

例えば、昨今のリモートワークの増加により、共働き世代でもそれぞれ仕事に集中できるスペースが必要とされる状況が続いています。
実際にハウスメーカーでも、リモートワークに最適な間取りを提案しているところもあります。

また、繁華街など人出の多い場所にあるアパートではオートロック付物件の人気が高いです。

このように社会状況や立地によってアパートに求められるものが異なります。そのため、アパートを建てる際には事前に情報収集を行い、ハウスメーカーなどの担当者と相談しながら建築プランを仕上げましょう

建築会社・管理会社は比較検討する

アパートを建てるには、建築会社に相談することになるかと思いますが、どこの建築会社と契約を結ぶかはアパート経営において非常に重要です。

建築会社によって建築費や提案される建築プランや収支プランが異なるため、より自分に合ったプランを選べるよう必ず複数の会社に相談し比較検討することが望ましいで。

建築会社と同様、アパートを経営していくにあたり管理会社選びも重要です。

建物の清掃や入居者対応は入居率に関わりますので、しっかりと管理を任せられる会社を選ぶ必要があります。そのため、管理費だけで選ばずに過去どのような管理を行ってきたかなどの実績をもとに管理会社を決めると良いです。


アパート建築を検討されている方のなかには、複数の建築会社や管理会社に足を運ぶのが難しい方もいらっしゃるかと思います。
そこでおススメな方法が、スマホ一台でプランの一括請求で無料で可能な土地活用比較サイトです。

土地活用比較サイトのなかでも、日本最大級のイエウール土地活用では、悪質営業やクレームの少ない全国の優良建築会社のみと提携しているため安全にお使いいただけます。
画面したがって土地に関する情報などを入力するだけで、最短10分ほどでプラン請求が終わります。

アパート経営や土地活用に関して相談する時間が取れないない方や、一度に複数のプランを比較検討したい方はぜひイエウール土地活用を使ってみてください。

立地の良い土地を選ぶ

アパート経営をはじめとした住宅経営における入居率や収益性は、ある程度立地に左右されます

特に、アパートを建てるにあたり土地から購入を考えている方は、どのような立地にあるのか、そのエリアにはどのような特徴があるのかをチェックするようにします。
アパート経営に向いている土地を下記にまとめましたので、参考にしてください

  • 駅から徒歩10分圏内
  • スーパーなどの生活必需品が手に入るお店が付近にある
  • オフィス街や大学が付近にある
  • 災害リスクが少ない

以上のような特徴をもつ土地は、賃貸需要も強いです。

60坪でできるアパート経営以外の土地活用

60坪でできるアパート以外の土地活用

60坪の土地があれば、アパート経営だけでなく他にも様々な土地活用ができます。
本章では、アパート経営以外で人気な土地活用を4つご紹介します。

戸建て賃貸経営

戸建て賃貸経営は、一戸建てを貸すことで家賃料収入を得る土地活用です。

アパート経営ほど初期費用もかからず、管理が簡単といったメリットがあげられます。
加えて、入居者へ物件を売却できる場合もあり出口戦略に長けています。

戸建て賃貸経営をしている土地もアパートと同じく相続税評価額を20%減らすことができるため、相続税対策として土地活用をお考えの方にもおススメな土地活用となります。

ただし、戸建て賃貸経営は1戸からしか家賃収入を得ることができないため、収益性に欠けるといったデメリットがあります。

賃貸併用住宅経営

賃貸併用住宅経営は、自分の家と同じ建物内にある居住スペースを賃貸し家賃収入を得る土地活用です。

通常、不動産投資としてアパートなどを建てる場合にはアパートローンを組みますが、賃貸併用住宅では自分が居住するスペースが建物全体の50%を超えている場合、住宅ローンを利用可能です。
アパートローンと比べ金利が数%低いため自己資金に不安のある方でも検討しやすいです。
また、賃貸用とするだけでなく二世帯住宅や趣味の部屋として活用するなど幅広く有効活用できる点が賃貸併用住宅の魅力です。

デメリットとしては、入居者の確保や売却が難しい点です。
入居者と顔を合わせる機会も多いため、コミュニケーションや賃貸契約などからトラブルへ発展することもあるため注意が必要です。

駐車場経営

駐車場経営は、月極方式やコインパーキング方式での収入を得る土地活用です。

月極方式は、ひと月あたりで契約をするため、駅やオフィス街など長期契約を見込める利用者が多い場所での経営が適しています。
しかし、エリアごとに決まった相場があるので収益性を高めることは難しいです。

一方のコインパーキング方式は、時間単位で料金設定がなされるため、観光地や商業施設の近くなど車の回転率のよい場所が適しています。
しかし、同一エリア内でも駐車料金相場は時期などにより変動するため、競合となる駐車場の料金をこまめにチェックし利用者を見込める工夫をし続ける必要があります。

駐車場経営は、貸家建付地ではないため相続税対策は行えませんので、相続税対策として土地活用をお考えの方は注意してください。

トランクルーム経営

トランクルーム経営は、コンテナを設置しひと月当たりの契約料によって収入を得る土地活用です。

コンテナ一基当たりの相場は100万円

と初期費用をかけずに経営を始めることができます。また、アパート経営や駐車場経営と比較し収益性が立地に左右されにくいため人通りの少ないエリアでも始めやすいです。
撤収作業も短期間で終わることから、新たな土地活用を見つけるまでのつなぎや「更地を有効活用して少しでも収益を上げたい」とお考えの方におススメです。

トランクルーム経営のデメリットは、月単位での賃料は1万円もいかない場合がほとんどのため収益性が低いです。また、駐車場経営と同じく相続税対策とならないため注意が必要です。

まとめ

60坪の土地でのアパート建築費やアパートの建物規模について詳しくご紹介しました。

アパート建築の際は、あらかじめ情報収集を行い費用感を掴むことやどのくらい収益が見込めそうかを把握しておくことで、アパート経営に失敗する確率が各段に減ります
本記事も参考としていただきながら、様々な情報をもとに最適な方法でアパート経営やその他の土地活用を始めるようにしましょう。

【完全無料】アパート経営したら収益いくら?