80坪の土地を有効活用するには|土地活用法の種類と注意点を解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります
石川 龍明
監修者:石川 龍明(いしかわ りゅうめい)
アパートメントクリエーター 賃貸経営リスクコンサルタント
神奈川県に拠点を置く建設会社で土地活用プレイングマネージャーとして陣頭指揮を執る。その後、コンサルティング会社RCマンションのFC本部の役員として多くのクライアントの悩みや問題点を解決する。(444案件)
その経験を活かし、現在は横濱快適住環境研究所 代表取締役として全国でセミナーを開催し地主・家主・資産家から寄せられる多くの相談に乗っている。

所有する土地が余っている場合は、何らかの方法で活用することがおすすめです。土地は所有しているだけでもコストがかかり、活用せずに放置していると金銭的なマイナスが発生してしまいます。
ただし、適した活用方法は土地によって異なり、どのやり方が合っているかは土地の大きさや形状、エリアなどによって変わります。80坪の土地活用ではどのような点に気をつけるべきかを知り、余っている土地を無駄なく有効利用しましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用について詳しく知らない方は、まずは土地活用方法ごとの特徴や、土地活用で見るべきポイントについて先に確認するのもおすすめです。

土地活用する前に知っておきたいこと

80坪の土地活用
実際に土地活用をする前には、知っておきたいことがいくつかあります。詳細なポイントは多数ありますが、大きく考えると次の2つについての理解を深めておくことが大切です。


  • 土地の用途地域について
  • 土地活用に使用できる予算について

これらのポイントを把握して、土地活用の前段階の準備を進めていきましょう。

土地の用途地域について

所有している土地は、個人の自由でどのような方法でも活用できるわけではなく、エリアによって利用可能な方法が定められています。 これは用途地域と呼ばれるものであり、所有する土地が何に該当するかを把握しておくことが大切です。用途地域とはどのような種類があるのか、それぞれでいかなる決まりがあるのかを知っておきましょう。

用途地域とは

エリアによって定められている用途地域とは、その地域にどのような建築物を建てられるのかを定めたものです。用途地域は法令によって定められており、この規定に違反する建築物は建てることができません。
住居系、商業系、工業系の大きく3つにわけられる用途地域ですが、さらに詳細に見ると、次の13個があります。


  • 第一種低層住居専用地域
  • 第二種低層住居専用地域
  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 第一種住居地域
  • 第二種住居地域
  • 準住居地域
  • 田園住居地域
  • 近隣商業地域
  • 商業地域
  • 準工業地域
  • 工業地域
  • 工業専用地域

住居系のものは住宅や小規模な店舗、商業系のものは大規模な商業施設、工業系は工場などの建築が可能と考えましょう。どの用途地域の土地を持っているかによって、行える土地活用の方法は違ってきます。

用途地域によって容積率が変わる

住宅や商業施設、工場など、どのような建築物が建てられるかは用途地域によって違いますが、それだけではなく容積率も異なることは理解しておきましょう。

そのため、同じ住居系の用途地域であっても、エリアによって認められている容積率は異なり、建築できる建物の規模は違ってきます。
該当するエリアでは、どのような広さと高さで建築が可能なのかを事前に確認しておくことが大切です。容積率についての定めも正しく理解して、所有する用途地域への理解を深めておきましょう。

土地活用に使用できる予算について

土地活用をすることで収益化を図ることができ、利益が得られるケースは少なくありません。しかし、実際に土地活用をする際には、初期費用がかかるため、どれくらいの予算がかけられるのかも考えておきましょう。

方法次第でどれくらいの初期費用がかかるかは異なりますが、場合によっては数百万円から数千万円程度といった、高額なコストがかかることも少なくありません。また、土地活用をしてからもランニングコストがかかるため、これも頭に入れておきましょう。

初期費用とランニングコストそれぞれにいくらかけられるのか、予算を正しく把握しておくことが大切です。もし行いたい土地活用の方法で予算が足りない場合は、融資を受けることも検討しておくことがおすすめです。

場所別でみる80坪の土地活用法

80坪の土地活用を場所別で

同じ80坪の土地でも、場所によってどのような活用方法が適しているかは異なります。用途地域の確認も必要ですが、それだけではなく、土地が地方にあるのか都市部にあるのかによっても、活用方法は変わってきます。
場所別でどのような違いがあるのかを知り、その土地に合った活用方法を考えましょう。

地方や田舎の土地活用法

所有している土地が地方や田舎などにある場合は、次の方法での土地活用がおすすめです。


  • トランクルームの設置
  • 資材置き場の設置
  • 太陽光発電システムの設置
  • 道路沿いならコンビニ経営

これらのうち、所有している土地の周辺需要を確認しながら、どの活用方法がベストなのかを考えていきましょう。

トランクルームの設置

周辺に住宅地やオフィスなどがあるなら、トランクルームの設置がおすすめです。トランクルームは、コンテナを設置するだけで簡単にできる土地活用の方法であり、初期費用もそれほどかかりません。

また、管理に手間がかからず、時間をかけずに行える土地活用の方法としても魅力的です。正方形など整った形の土地でなくても活用できる点もメリットであり、所有する土地が変形地なら、トランクルームを検討してみてもよいでしょう。
トランクルームの管理は業者に委託することも可能であり、さらに手間を省きたい人は、管理業者の利用も検討してみるとよいでしょう。

資材置き場の設置

コストを抑えて土地活用をしたいなら、資材置き場として活用することもおすすめです。資材置き場なら土地の整備だけで初期投資が完了することも多く、コストをかけずに運営できます。
初期費用が安いことはもちろん、管理の手間やコストも少なくて済むため、低コストでの活用を考えている人に向いています。建設会社や土木系の事業者が多いエリアでは、資材置き場の需要も高く、変形地などでも活用は可能です。

太陽光発電システムの設置

周囲に高い建物がない地域なら、太陽光発電システムを設置することもおすすめです。太陽光発電システムは、設置に費用がかかるものの、ほとんど管理に手間がかからないため、時間をかけずに活用したい人に向いています。
日当たりのよい土地なら発電効率もよく、電気を電気会社に売却することで利益が得られます。台風や地震などの自然災害によって設備が故障するというリスクはありますが、天気がよければ発電自体が滞ることはないため、比較的低リスクで行える土地活用といえます。

太陽光発電システムは、設置する台数が多いほど効率的に発電ができるため、土地が広すぎて持て余しているという場合にも適した活用方法といえるでしょう。

道路沿いならコンビニ経営

道路沿いにある土地で人通りが多い場合は、コンビニ経営など、店舗経営で活用することもおすすめです。個人でお店を出すことはもちろん、フランチャイズ契約で大手チェーンに加盟することもできます。
自身がオーナーとして出資し、実際の店舗の運営は社員やアルバイトに任せることも可能であり、店舗が繁盛すると高い収益を見込めることも少なくありません。

実際にどれくらいの利益が出るかは、集客率や売り上げによって異なるため、コンビニなどの店舗経営を考える場合には、そのエリアにどれくらいの需要があるかを確認しておくことが大切です。

都心部での土地活用法

地方や田舎ではなく、都心部での土地活用なら、次の5つがおすすめです。


  • コインパーキングの経営
  • アパートやマンションの経営
  • 医療施設の誘致
  • 収益性の高いオフィスや貸店舗
  • 都心近くの貸農園

都心の場合も、実際にどの活用方法が適しているかはエリアによって異なります。それぞれの具体的な方法を知り、どの活用方法が合っているかを判断しましょう。

コインパーキングの経営

住宅地や駅の近くなら、コインパーキングの経営がおすすめです。時間貸しのコインパーキングなら、利用者が多いほど高い収益を獲得できます。

また、駐車場経営をした後も、別の活用方法に転用がしやすく、直近での活用に悩む場合は、コインパーキングを経営してみることもおすすめです。
コインパーキング以外では、月極の駐車場経営も選択肢であり、これは住宅地の近くで固定の利用者が見込める場合に向いています。
固定客が多い場合は月極に、利用者の流動性が高い場合は時間貸しのコインパーキングがおすすめです。どちらにするかはその土地の需要次第で決めましょう。

アパートやマンションの経営

土地活用に十分な予算を割くことができるなら、アパートやマンション経営をしてみることもおすすめです。土地のみ所有している場合は、建物の建築に高額な費用がかかりますが、入居者が集まるなら高い収益性が見込めます。

仮に、全戸数が20部屋で家賃を7万円に設定すると、最高で月に140万円の収入が得られます。もちろん、入居者が集まるかどうかは物件の魅力やエリアの需要によって異なるため、事前の情報収集は徹底して行うことが大切です。

また、賃貸経営では物件の管理も必要ですが、これは業者に委託することも可能です。管理会社に管理業務を委託するなら、手間をかけずに土地活用ができるため、本業が忙しくて時間が取りづらい人にもおすすめです。

医療施設の誘致

高齢化が進行している日本では、医療施設の需要が高いです。そのため、80坪と広い土地が余っているなら、医療施設の誘致も土地活用の方法です。医療施設の誘致は収益化が望めるだけではなく、社会貢献もできるため、その両方をかなえたい人に向いているでしょう。都心部なら医療需要も高いため、スムーズに誘致できる可能性があります。

ただし、エリアごとにどれくらいの需要があるかは異なるため、この点は事前に確認しておくことが大切です。また、交通アクセスのよい場所のほうが需要が見込みやすいため、これもチェックしておきましょう。

収益性の高いオフィスや貸店舗

収益性の高さを求めるなら、オフィスや貸店舗などでの土地活用をする方法もあります。オフィスや店舗として貸し出すなら、管理はほとんど不要であり、手間をかけずに土地活用が可能です。

都心部なら家賃を高く設定しやすく、一度テナントが入ると数年は退去の心配がない点も魅力です。また、店舗と住宅などの組み合わせも収益性を高めやすいため、方法次第で高い利益が得られることもあります。

都心近くの貸農園

広い土地が少ない都心部では、80坪の土地を生かして貸農園をするという方法もあります。貸農園は、土地の簡単な整備だけで始められるため、初期費用が安い点が魅力です。
都心近くでは貸農園の需要が高く、都市部にいながら農業を楽しみたいという人は少なくありません。アクセスのよさも重要であり、住宅地からでも足を運びやすいエリアなら、より多くの顧客を得られるでしょう。

土地活用をする際の注意点について

80坪の土地活用をする際の注意点
実際に土地活用を考えるなら、注意点も把握しておくことが大切です。注意すべきポイントとしては、次の2つがあげられます。


  • 自分たちの希望をまとめておく
  • 自分に合った業者を探す

これらを頭に入れておくことで、リスクを上手に回避して土地活用を行えるようになります。

自分たちの希望をまとめておく

土地活用をするにあたって、どのような希望があるのか事前にまとめておくことが大切です。どれくらいの収益を求めるのか、また予算としていくらまで用意できるのかなどは、必ずまとめておきましょう。

ほかにも、活用方法の希望や手間をかけられる範囲なども確認して、情報を整理しておくことが大切です。土地活用では、業者と相談しながらプランを決めていくことが多いため、希望条件をスムーズに伝えられるように準備しておきましょう。

自分に合った業者を探す

土地活用を成功させるには、自分に合った業者を探すことも大切です。業者選びで失敗すると、土地活用も上手くいかずに、場合によっては損失を抱えてしまうことも少なくありません。

業者によって得意分野が異なり、賃貸経営が得意な業者もあれば、駐車場経営の提案などに強みを持っている業者もあります。どの業者を利用するかによって土地活用の成功が左右されるため、自分の目的に合った業者を探すことが大切です。

業者を選ぶ際には、複数社で比較して、目的や予算が合っているかを確認することがおすすめです。80坪の土地活用をを成功させるには、イエウール土地活用をおすすめします。こちらは、多くの企業から土地活用プランを一括資料請求できる、日本有数の土地活用比較サイトです。
一括資料請求サービスの提供とともに、土地活用に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。

信頼できる業者と土地活用を進めよう

80坪の土地活用は信頼できる企業で

80坪の土地活用を考えているなら、どのような方法がよいのか自分で考えるだけではなく、土地活用業者と相談しながらプランを決めることが大切です。
土地によってどのような活用方法が合っているかは異なるため、プロと相談して、最適なプランを見つけることがおすすめです。業者選びも慎重に行い、信頼できる業者に相談することで、80坪の土地活用の成功を目指しましょう。

80坪の土地活用を成功させるには、イエウール土地活用をおすすめします。一括資料請求サービスの提供とともに、土地活用に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しているので、ぜひ利用してみてください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
土地活用前に確認すべきことはある?
土地活用を行う前には、用途地域や自身の予算について検討しておくことをおすすめします。詳しくは、土地活用する前に知っておきたいことをご覧ください
80坪の土地におすすめの活用方法は?
立地にもよりますが、アパートやマンション経営、トランクルーム経営などがおすすめです。より詳しい土地活用方法は、場所別でみる80坪の土地活用法をご覧ください。
土地活用を相談する会社はどうやって選ぶの?
まずは、実績を確認し目的に合った実績があるかを確認する必要があります。詳しくは、土地活用会社の選び方についてをご覧ください。
信頼できる業者の見つけ方とは?
土地活用を成功させるためには、土地活用比較サイトがおすすめです。詳しくは、信頼できる業者と土地活用を進めようをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?