70坪ならではの土地活用方法を12個紹介!目的に合った土地活用方法を見つけよう

70坪ならではの土地活用方法を12個紹介!目的に合った土地活用方法を見つけよう

70坪の土地を持て余しているなら、何らかの方法で活用することをおすすめします。70坪の土地活用の方法は様々あり、どのようなやり方が合っているかは目的やその土地によって異なります。

つまり、土地の性質や目的に合わせて活用方法を考えることが、損失なく有効利用するために重要となってきます。

ここでは、「70坪の土地を持ってはいるが、自分にあった活用方法がわからない。」といった方のために、70坪ならではの目的別の活用法やメリットを紹介したいと思います。

\最適な土地活用プランって?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

土地活用方法でお悩みの際は土地活用ランキングの記事もご覧ください。

土地活用ランキング!立地条件別におすすめの土地活用を紹介

【目的別】70坪の土地活用方法


70坪ならではの土地活用方法としては、以下のような12個の事業があげられます。

①月極駐車場経営    ②コインパーキング経営
③トランクルーム経営  ④アパート経営
⑤戸建て賃貸経営    ⑥店舗経営
⑦都心でのオフィス経営 ⑧シェアハウス経営
⑨医療施設経営     ⑩コンビニ経営
⑪太陽光発電用地    ⑫コインランドリー経営

実際に土地活用をする際には、用途地域によって実際にどれくらいの広さが取れるのか、それに対していかなる方法で活用できるのかを考えておくことが大切です。

70坪の土地であれば、さまざまな方法で活用が可能ですが、目的によってどのやり方が適しているかは異なります。

人によって土地活用に求めるものは違い、初期費用を抑えたい人もいれば、節税効果の高さを求める人もいます。

ここでは目的別の土地活用方法を紹介していきます。

それぞれどのような活用方法があるのかを知り、自身の希望を満たせるやり方を見つけましょう。

初期費用を抑えたい人向けの土地活用方法

70坪の土地活用を低コストで始めたいという人には、月極駐車場経営・コインパーキング経営・トランクルーム経営をおすすめします。

月極駐車場経営

所有する土地の周辺で車を利用する人が多いなら、月極の駐車場経営をするという方法があります。

・メリット

月極の駐車場の場合は土地を整備して、車を停められるように区分けするだけでよいため、初期費用は比較的少額で済みます。

また、経営開始までにかかるコストも低く、低リスクで始められる点は魅力です。

会社や自宅など、定期的に訪れるような施設の近くだと、入庫に期待ができます。看板等を設置しておくことで、利用希望者を募ることができます。

月極の駐車場の場合は、駐車可能台数と月々の駐車料金次第で得られる利益は異なりますが、基本的には長期で安定して、ローリターンが期待できます。

・デメリット

デメリットとしては、おおよそ1~2万円ほどが駐車場1台当たりの収益になるため、賃貸経営などに比べると収益が少なくなってしまうという点です。

また、駐車場経営は始めやすいため近くの土地で競合が始めることもあります。その際価格競争になり入庫率を上げるために値下げをし、結果収益が減ってしまうこともあります。

コインパーキング経営

ハイリターンを期待するなら、時間貸しのコインパーキングにすることも1つの方法です。

・メリット

コインパーキング経営は、時間ごとの利用料金が収益になり、多くの車が止まるほど高収益に期待ができます。

観光客が多い、短時間での駐車場利用が多いといった地域では、コインパーキングのほうが収益性は高くなります。

・デメリット

近くに商業施設などの一時的に立ち寄る場所がなければ利用者は見込めないため、収益が立地に左右されるという点があります。

また、税制の計算上は更地扱いになるため、節税効果が期待できないという点もあげられます。

トランクルーム経営

土地活用開始から管理の手間をかけたくないなら、トランクルームの経営がおすすめです。

・メリット

土地の整備費やコンテナ、トランクルームの設置費はかかりますが、これも少額なコストで済むため、他の活用方法よりも初期費用は抑えやすいです。

周辺に住宅やオフィスがあるなど、倉庫の需要が多いエリアなら、収益化を期待しやすいです。

トランクルームはリターンがそれほど大きくありませんが、低コストで開始できるため、ローリスクローリターンで安全に土地活用をしたい人に向いています。

・デメリット

月々数千円~1万円前後の賃料であるトランクルーム経営では、費用をかけすぎると投資回収が一気に難しくなってしまいます。

また、盗難が発生すると信頼性を失い利用者が離れていくため、リスク管理を怠らずにしなければなりません。

税金対策をしたい人向けの土地活用方法

70坪の土地活用で税金対策をしたいという人には、アパート経営・戸建て賃貸経営をおすすめします。

アパート経営

所有している土地にアパートを建てて経営していると、相続税対策ができます。

・メリット

相続税は、土地そのものの購入金額ではなく、評価額という基準を用いて税額を算出します。

この評価額は、土地のみの場合だと高く計算されますが、土地の上に建物があることで評価額は下がるため、これによって節税が可能です。

加えて、建物があることで固定資産税の評価額も下がり、相続時だけではなく、毎年の税負担を軽減できる点も魅力です。

アパート経営は、入居者を集められるなら収益性の高い土地活用方法であり、節税をしながら、大きな利益が得られます。

人通りのあるエリアや、駅から近いエリア、近くに住宅街が多いエリアなどでおすすめの活用方法です。

・デメリット

アパート経営のデメリットとしては、初期補用が高い・空室対策が必要・大規模修繕が必要といった点があげられます。

アパート経営をする際は最初にしっかりと計画をたてなければなりません。

戸建て賃貸経営

土地のみと、土地と建物のセットでは、土地と建物の両方があるほうが固定資産税や相続税は安くなります。

そのため、アパート経営と同じ理由で、戸建住宅を建てている場合も節税効果が見込めます。

・メリット

アパートのように戸数が多くはないため、管理の手間がかかりづらい点が魅力です。

同じ70坪なら、利益は戸数が多いアパートのほうが高くなりやすいですが、設備の充実度やエリアでの需要などによっては、戸建住宅でも家賃を高めに設定し、収益性を高くすることは可能です。

また、入居者が退去した後には、そのまま自分の家族や親族が住むことも可能であり、アパートよりも生活拠点として使いやすい点は、戸建住宅ならではの魅力といえます。

節税効果はもちろん、収益性自体も高いため、入居者を獲得できるなら、さまざまなメリットを生みやすい活用方法です。

・デメリット

戸数が少なく管理がしやすい分、空室・家賃滞納があると収入が入らない点に注意が必要です。

また、家賃収入で安定するものの収入自体の額はそこまで大きくないため、ローンの金利が上昇した場合は手元に残る金額が少なくなります。

戸建て経営では、居住期間が長いため部屋の汚れや傷、破損などが積みあがっていきます。

そのため、メンテナンスやリフォームに高額の費用が掛かります。

収益性の高さを求めたい人向けの土地活用方法

70坪土地活用で高い収益債を求めるなら、店舗経営・都心でのオフィス賃貸経営・シェアハウス経営がおすすめです。

店舗経営

ある程度人通りの多い土地やロードサイドの土地であれば、店舗を建築して経営するという土地活用方法もあります。

これは、自分で店舗を建築してオーナーとして経営するパターンと、土地を貸し出して賃料収入を得るパターンの2つがあります。

さまざまな店舗形態が考えられますが、その地域でニーズを見込めそうな店舗を出店して収益を上げるというビジネス感覚に自信がある方は、この店舗経営で土地活用をしてみると良いかもしれません。

・メリット

ロードサイドの土地であればファミリー層の来客を見込め、安定した収益が発生します。

また、土地を貸し出し、かつ路面店であり集客力が高ければ賃料を高く設定することが可能になります。

・デメリット

ロードサイド型である場合、車を持っている人がメインの利用者になるため、客層が限られることです。

土地を貸し出している場合、店舗の経営状態次第で賃料収入が不安定になることもデメリットです。

都心部でのオフィス賃貸経営

所有する土地が都心部にあるなら、その土地を生かしてオフィス賃貸経営をすることもおすすめです。

・メリット

都心部ではオフィス需要が高く、土地を探している企業は少なくありません。

そのため、所有している土地にオフィスを建築し、賃貸物件として貸し出すことで需要は獲得しやすいです。

オフィスなら、住宅よりも家賃を高めに設定しやすいため、収益性はさらに高くなります

加えて、オフィス賃貸の場合は入れ替わりが頻繁に起きることは少ないため、一度契約してしまえば空室リスクも少ないといえます。

賃貸物件の場合は、エリアによっては入居者が頻繁に入れ替わるということもありますが、オフィスの場合はこの頻度が少ない点が魅力といえるでしょう。

・デメリット

初心者には経営が難しいと言われています。

複数のテナントと関係しているため、そのテナントのビジネスの影響を受けます。

また、大きな建築物に加え、設備やネットの環境を整える必要があるため初期費用が高額になります。

シェアハウス経営

シェアハウスは学生街や都心部の土地など、若者が多く集まるエリアに土地を持っている方におすすめです。

テレビや雑誌で取り上げられていることも多く、若者からの注目度が高い住居スタイルとなっています。

・メリット

シェアハウス経営は満室時の収益性が高く、空室リスクを分散することができます。

また、シェアハウスとして入居者が見込めない場合も、そのまま賃貸経営へと転用しやすい点もメリットです。

・デメリット

特殊なつくりをしているため物件がすぐに見つからないことがあること、入居者間でトラブルが発生する可能性があること、初期費用やランニングコストがかさんでしまうことがあるという点がデメリットです。

安定した収入を得たい人向けの土地活用方法

70坪の土地活用で安定した収入を得たいという人には、医療施設経営・アパート経営・コンビニ経営・太陽光発電用地・戸建て賃貸経営・コインランドリー経営がおすすめです。

医療施設経営

診療所やクリニック、病院などといった医療施設を経営する事業者に土地を貸し、経営するという土地活用もあります。

収益源は医療費です。医療費の一部を受け取り、そこから建築費のローン支払いや人件費などの資金管理を行います。

・メリット

高齢化社会に伴って医療施設への需要は高まっており、最低限の立地さえ満たせば安定した収益を得られます。

医療施設は地域住民にとってなくてはならないものです。

一度建築すると、地域の人々にとって必要不可欠なものになるので、地域社会の人々の役に立つ土地活用方法です。

・デメリット

医療施設は簡単に廃業することはなく、定期借地の契約では10年以上は自己都合で簡単に解約できません。そのため、別の土地に転用するのは難しいです。

医療施設経営を継続するためには集客が必要不可欠なため、車がない人でも通えるようなアクセスの良い土地でないといけません。

コンビニ経営

コンビニ経営は大通り沿いの土地や住宅街の近くの土地など、ある程度の利用者が見込める土地がおすすめです。

・メリット

コンビニ経営は、多くの場合フランチャイズ型で始めることになります。その場合、本部のノウハウを活用して手堅い経営をすることができます。

1店舗目でうまくいった場合、その成功事例を生かして複数店舗のオーナーとして経営することも可能です。

そのため、長く安定した収入を得ることが出来ます。

・デメリット

コンビニ経営のデメリットは、本社の業績に左右される・節税対策を見込めない・土地の条件が限られているといったところです。

業績の悪化で契約途中で撤退される可能性があること、節税対策のための土地活用としては適さないこと、限られた条件の土地でしか成功しないことを頭に入れておきましょう。

太陽光発電用地

日の当たる土地や、広大な土地を田舎に持っている場合は、太陽光発電を設置して放置しておくという活用法がおすすめです。

これは、土地にソーラーパネルを設置して、生産した電力を電力会社に買い取ってもらうことで収益を得られる土地活用方法です。

特に、200㎡以上の広さで日当たりの良い土地は、太陽光発電用として活用するのに適した土地として人気です。

・メリット

郊外や田舎にある土地など人通りの少ない地域でも、利用者を必要とせず太陽光さえあればよいため安定した収益化が可能です。

また、維持管理においては基本的に設備点検にかかる費用のみであるため、経営開始後からは低コストで済むのが良いところです。

・デメリット

安定した収入を得られる一方、大きな収入ではないため初期費用を回収するのに時間がかかります。

また、天候や土地の周辺の環境変化によっては発電量が下がるため収入が減ります。

建物を建てない太陽光発電では節税効果が期待できないという点もデメリットの1つです。

コインランドリー経営

都心部で、かつ近くに住宅街やマンションが建っている場合は、コインランドリー経営も候補の1つに入れていいでしょう。

コインランドリーは、近くに住宅街やマンションなど集合住宅がある土地だと、固定利用客がついてくれるためおすすめです。

・メリット

収入源はコインランドリーの利用料金の一部であり、地域住民から継続的に利用してもらうことで、安定した収益を望めます。

ほかには、節税効果があること、現金ビジネスであること、低コスト・低ランニングコストであること、利回りが良いことなどがあげられます。

・デメリット

洗濯機や乾燥機、そしてそれらの機器を設置するための建物を建築する必要があるため、ある程度の初期費用が必要になります。

防犯上の問題、転用・移転が難しい、他社との競争が激化する恐れがある、などがデメリットです。

なお、ほかの広さで土地活用をする際は、以下の記事を参考にしてみてください。

土地の活用方法に迷ったときは土地活用プランの一括請求サービスを使うことをお勧めします。日本最大級の比較サイトイエウール土地活用なら、お持ちの土地に適した土地活用方法を探すことができます。

\最適な土地活用プランって?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

70坪の土地活用のメリット

まずは、70坪の土地活用にどのようなメリットがあるのかを知っておきましょう。

土地の広さゆえの様々な方法で活用が可能

70坪の土地では、様々な土地活用が可能です。

1坪が約3.3㎡のため、70坪の大きさは約230㎡ということになります。

このくらいの土地の広さであれば、様々な土地活用方法が選択肢としてあげられるでしょう。

地域貢献につながる土地活用が可能

収益はもちろんですが、地域貢献につながる土地活用がしたいという方にも、70坪の土地活用はおすすめです。

例えば、介護賃貸併用住宅の建築、クリニックの建築、テナント経営などです。土地の場所次第では地域の方々に貢献できる土地活用が可能です。

固定資産税対策になる

固定資産税は、活用法によりますが土地活用を始めることで大きく減らすことができます。

賃貸アパートなどの住宅用の建物を建築することで、固定資産税の評価額が1/6まで軽減され、都市計画税がかかる地域では1/3まで軽減されることになっています。

相続税対策になる

相続税は財産によって評価の仕方が変わり、不動産の場合は不動産の固定資産税評価額で評価されます。

この固定資産税評価額は、時価よりも低くなることが多く、土地活用を始めることでさらに評価額を減らすことが可能です。

また、賃貸アパートなどの貸付事業用の土地になっていた場合は相続に小規模宅地等の特例が適用され、一定の面積までの評価額を50~80%まで軽減することができるようになっています。

そして、土地活用として建築した賃貸物件の賃貸割合によっては、建物の評価額を最大で3割減らすことが可能です。

所得税対策になる

土地活用を始めると個人事業主になるため、経営で発生した費用を必要経費として計上することができます。

これにより様々な費用を収入から経費といて差し引くことができるため、所得の圧縮になります。

たとえばアパート経営を始めた場合、関係者との接待交際費や情報収集のために購入した書籍代などは経費として計上できます。また、アパートを取得するためにかかった費用も減価償却費として経費になるため、所得税の対策につながります。

収益を見込みやすい

アパート経営などの賃貸経営では、相続税の節税をすることができます。

そして、70坪の土地があれば部屋数もしっかり確保することができるので、収益を見込みやすくなります。

周囲の環境や状況を考慮し活用法を選ぶことにより、収益を上げることが出来ます。

最適な土地活用方法は土地の立地や広さ、周辺の需要によって変わります。土地活用を検討しているなら日本最大級の比較サイトイエウール土地活用で複数企業から土地活用プランを取り寄せましょう。将来の収益性の高い土地活用方法を見つけることができます。

\最適な土地活用プランって?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目
土地活用を始めたいと思っても、どの方法が良いのかわからず悩んでしまう、ということもあるでしょう。この診断では3つの質問に答えるだけで、あなたの土地に合わせた活用方法をランキング形式で紹介します。

\どの土地活用方法がおすすめ?/30秒でカンタン、最適土地活用診断!

土地活用をする際の注意点を知っておこう

実際に土地活用をするにあたっては、注意点を把握しておくことが大切です。
土地活用を始める前に知っておきたい注意点としては、次の2つがあげられます。

  • 自分の活用目的を明確化する
  • 信頼できる業者を選ぶ

これら2点を把握し、失敗のないやり方で土地の賢い活用方法を見つけていきましょう。

自分の活用目的を明確化する

まずは所有している土地を、どのような目的で活用したいのかを明確にすることが大切です。

土地を使って収益化を図りたいのか、それとも将来売却するまでの間、少しでも有効活用したいのかなど、人によって目的は異なります。

どのような目的で利用するかに決まった正解はないため、家族とも話し合いながら、土地活用の目的は明確にしておく必要があります

目的を明らかにしておくと、その土地や自身の状況に合わせた、最適な土地活用の方法を見つけやすくなるでしょう。

信頼できる業者を選ぶ

土地活用は個人で方法を決めずに、土地活用業者と相談しながら、プランを決めていくことがおすすめです。そのため、失敗なく土地活用を行うには、いかに信頼できる業者を見つけるかが重要といえるでしょう。

業者の信頼度によって、土地活用が成功するかどうかが異なるため、この点にも注意しなければなりません。

実績をもとに業者を選ぶ

業者選びの際には、実績を参考にすることがおすすめです。

ホームページなどで過去の実績を見たり、口コミでの評判や意見を参考にしたりするとよいでしょう。

業者によって土地活用の得意分野は異なることが多いため、この点も確認しておく必要があります。

単に実績があるか、評判がよいかだけではなく、自分が目指したい土地活用の分野に強みがあるかどうかも、実績の詳細からチェックしておきましょう。

複数の業者を比較する

土地活用について相談できる業者は多数あるため、複数社から見積もりや提案をもらい、その内容を比較して土地活用のパートナーを決めましょう。

最初の1社だけで決めてしまうと、見積もりが相場よりも高かったり、その土地に合った提案でなかったりして、損や失敗をすることも少なくありません。

複数社で比較しておくことで、どのような活用方法の選択肢があるか、実際の運営にいくらかかるのかなどの、相場が判断しやすくなります。

土地活用を成功させるには、イエウール土地活用をおすすめします。

一括資料請求サービスの提供とともに、土地活用に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。

お持ちの土地に最適な土地活用方法を見つけるためには選択肢を広げて複数のプランを検討してみることをおすすめします。日本最大級の比較サイトイエウール土地活用なら、チャットの質問に答えるだけで土地活用プランを取り寄せることができます。

\最適な土地活用プランって?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

自分に合った活用法を探そう

70坪の土地の活用方法には明確な正解がありません。土地の詳細な性質や所在地、自身がどのような方法で活用したいかによって、最適なやり方は異なります。

そのため、まずは自分がどのような方法で活用したいのか、目的を明確にしておくことが大切です。業者とも相談しながら最適なプランを考え、その土地に最も合う方法での有効活用を目指しましょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

70坪の土地活用方法の種類はどれくらいある?
本記事では12個紹介しています。詳しくは、【目的別】70坪の土地活用方法をご覧ください。

70坪の土地活用のメリットって何?
広さの面、税金の面などいくつかのメリットがあります。詳しくは70坪の土地活用のメリットをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?