70坪の土地活用のメリットと注意点|土地活用で収益を上げる方法

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

持てあましている土地があるなら、何らかの方法で活用することがおすすめです。土地活用の方法はさまざまあり、どのようなやり方が合っているかはその土地によって異なります。

そのため、土地の性質に合わせて活用方法を考えることが、損失なく有効利用するために重要となってきます。70坪の広さを持つ土地だとどのような活用方法があるのか、メリットやデメリット、活用時の注意点なども含めて知っておきましょう。

沖野 元
監修者:沖野 元(おきの げん)
公認不動産コンサルティングマスター、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、不動産実務検定講師
相続対策・土地活用・中古物件再生等不動産コンサルティング、仲介、管理を主な業務とする株式会社リーシングジャパン代表取締役。 著書「大家さんのための客付力」共著「最強の定期借家入門」。
最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用について詳しく知らない方は、まずは土地活用方法ごとの特徴や、土地活用で見るべきポイントについて先に確認するのもおすすめです。

土地活用のメリットとデメリット

土地活用を行う前に、まずはどのようなメリットとデメリットがあるのかを知っておきましょう。土地活用にはさまざまなメリットがある反面、デメリットもあるため注意しなければなりません。

メリットだけにひかれて土地活用をすると、思わぬところで失敗する可能性があることは理解しておきましょう。それぞれの特徴を正しく把握しておくことが、土地活用を成功させるためには重要です。

土地活用のメリットとは

広さに関係なく、土地活用をするメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • 収入を得られる

  • 税金対策ができる

これら2点のメリットを正しく把握して、土地活用にどのような魅力があるのかを深掘りしていきましょう。

収入を得られる

土地活用をすることのメリットとしては、活用によって収入を得られることがあげられます。収益化を図ることで、余っている土地からお金を生み出すことが可能です。活用せずに土地を余らせているだけだと、収入はなく、利益は得られません。

土地活用をすることで短期的にはもちろん、長期的に安定収入を得られることもあります。活用方法次第では、本業を続けながらでも可能であり、収入の柱が増える点は大きなメリットです。

税金対策ができる

土地を所有していると、それだけで固定資産税がかかりますが、土地活用をすることで税金対策が可能です。土地活用をしても固定資産税自体はかかりますが、収益化ができることでコストを相殺できます。

また、固定資産税を支払っても余った分は利益となるため、金銭的なメリットは大きいものです。固定資産税は更地(さらち)のままだと高くなりますが、土地の上に建物があることで要件を満たせば軽減措置の対象となり、税金は安くなります。

アパート経営などで活用するなら、固定資産税自体も安くできる上、相続税対策としても有効です。収益化を図る場合は、利益に対して課税されますが、土地活用にかかった費用は経費として(減価償却などとして)計上できるため、これによって所得税なども節税できます。

土地活用のデメリットとは

土地活用にはメリットだけではなく、デメリットもあるため、これも把握しておく必要があります。土地活用のデメリットは活用方法ごとによって異なります。

例えば、アパート経営をするなら、建築費用がかかることや、思うように入居者が決まらず空室によって家賃収入が減ることなどがリスクです。駐車場経営の場合は、土地のみの活用となるため、固定資産税の減額がなく、節税効果が弱いといった点がデメリットです。

また、どの方法でも確実に収益化ができるとは限らず、活用に失敗して損失を抱えてしまうこともあります。土地活用で失敗すると収益化が図れるどころか、金銭的なマイナスが出てしまう可能性があることは理解しておきましょう。

70坪の土地でできる土地活用法とは

実際に土地活用をする際には、用途地域によって実際にどれくらいの広さが取れるのか、それに対していかなる方法で活用できるのかを考えておくことが大切です。70坪という広さなら、さまざまな方法で活用が可能ですが、目的によってどのやり方が適しているかは異なります。

人によって土地活用に求めるものは違い、初期費用を抑えたい人もいれば、より高い収益性を見込みたい人、節税効果の高さを求める人もいます。

それぞれでどのような活用方法があるのかを知り、自身の希望を満たせるやり方を見つけましょう。

初期費用があまりかからない活用法について

土地活用によって損失を抱えるリスクを避けたいなら、できるだけ初期費用を安く抑えることが大切です。土地活用をするにあたっては、少なからず初期費用がかかりますが、方法次第ではこのコストを安く抑えられます

特に低コストで始められるのは、次の2つの活用方法です。

  • 月極の駐車場経営

  • トランクルームの経営

それぞれにどのような違いがあるのかを知り、所有する土地ではどの方法がよいのかを考えていきましょう。

月極の駐車場経営

所有する土地の周辺で車を利用する人が多いなら、月極の駐車場経営をするという方法があります。月極の駐車場の場合は、土地を整備して、車を停められるように区分けするだけでよいため、初期費用は比較的少額で済みます。

また、経営開始までにかかるコストも低く、低リスクで始められる点は魅力です。月極の駐車場の場合は、駐車可能台数と月々の駐車料金次第で得られる利益は異なりますが、基本的には長期で安定して、ローリターンが期待できます。

そのため、ハイリターンを期待するなら、同じ駐車場でも時間貸しのコインパーキングにすることも1つの方法です。観光客が多い、短時間での駐車場利用が多いといった地域では、コインパーキングのほうが収益性は高くなるものです。

同じ駐車場でも経営方式次第で得られる利益は異なるため、周辺需要を確認して、どちらがよいかを考えてみましょう。

トランクルームの経営

土地活用開始から管理の手間をかけたくないなら、トランクルームの経営がおすすめです。トランクルームの経営を開始するには、土地の簡単な整備やコンテナの設置が必要ですが、これらは比較的スムーズに行えるため、それほど手間はかかりません。

また、土地の整備費やコンテナ、トランクルームの設置費はかかりますが、これも少額なコストで済むため、他の活用方法よりも初期費用は抑えやすいです。

周辺に住宅やオフィスがあるなど、倉庫の需要が多いエリアなら、収益化を期待しやすいです。トランクルームはリターンがそれほど大きくありませんが、低コストで開始できるため、ローリスクローリターンで安全に土地活用をしたい人に向いています。

収益性が高い活用法とは

いざ土地活用をするなら、少しでも利益を多く得たいと考える人は少なくありません。そのため、利益重視での土地活用を考えるなら、収益性の高い方法としてはどのようなものがあるのかを知っておくことが大切です。

  • 小規模物件としてのテナント経営

  • 都心部でのオフィス賃貸経営

これら2つの土地活用なら、より収益性の高さを見込むことができ、ハイリターンが得られる場合も多くあるでしょう。

小規模物件としてのテナント経営

人通りが多いエリアや道路沿いなど、集客が見込みやすい場所に土地を持っているなら、テナント経営をすることがおすすめです。小規模物件でのテナント経営なら、管理にもそれほど手間はかかりません。

また、初期費用はかかるものの大規模な物件を建築するよりは安く、小規模でも十分なリターンを見込むことは可能です。

実際にどれくらいの利益が得られるかは、テナントの売上によって異なります。そのため、テナントが高い集客力を持ち、売上を伸ばせるほど収益性は高くなると考えましょう。

テナント経営は、自分でお店を開くだけではなく、大手チェーンとフランチャイズ契約をしたり、場所のみ貸し出してテナントを募集するという方法もあります。

必ずしも自身がお店に立つ必要はないため、オーナーとして土地活用をするのか、実際にテナントで働いて利益を上げるのかも考えておきましょう。

都心部でのオフィス賃貸経営

所有する土地が都心部にあるなら、その土地を生かしてオフィス賃貸経営をすることもおすすめです。都心部ではオフィス需要が高く、土地を探している企業は少なくありません。

そのため、所有している土地にオフィスを建築し、賃貸物件として貸し出すことで需要は獲得しやすいです。オフィスなら、住宅よりも家賃を高めに設定しやすいため、収益性はさらに高くなります

加えて、オフィス賃貸の場合は入れ替わりが頻繁に起きることは少ないため、一度契約してしまえば空室リスクも少ないといえます。

賃貸物件の場合は、エリアによっては入居者が頻繁に入れ替わるということもありますが、オフィスの場合はこの頻度が少ない点が魅力といえるでしょう。

節税が見込める活用法とは

土地活用は単に収益を上げるだけではなく、節税としての効果が見込める点もポイントです。そのため、収益化することはもちろん、節税効果の高さを狙って土地活用をしたいと考える人もいます。

節税が見込みやすい活用方法としては、次の2つがあげられます。

  • 相続税対策になるアパート経営

  • 戸建住宅の賃貸

それぞれどのような点から節税ができるのかを知り、いかなる点から金銭的なメリットとなるのかを理解していきましょう。

相続税対策になるアパート経営

所有していると土地にアパートを建てて経営していると、相続税対策ができます。相続税は、土地そのものの購入金額ではなく、評価額という基準を用いて税額を算出します。

この評価額は、土地のみの場合だと高く計算されますが、土地の上に建物があることで評価額は下がるため、これによって節税が可能です。

加えて、建物があることで固定資産税の評価額も下がり、相続時だけではなく、毎年の税負担を軽減できる点も魅力です。

アパート経営は、入居者を集められるなら収益性の高い土地活用方法であり、節税をしながら、大きな利益が得られるという可能性もあります。

戸建住宅の賃貸

土地のみと、土地と建物のセットでは、土地と建物の両方があるほうが、固定資産税や相続税は安くなります。そのため、アパート経営と同じ理由で、戸建住宅を建てている場合も節税効果が見込めます。

戸建の場合でも賃貸に出すことは可能であり、アパートのように戸数が多くはないため、管理の手間がかかりづらい点は魅力です。

同じ70坪という広さなら、利益は戸数が多いアパートのほうが高くなりやすいですが、設備の充実度やエリアでの需要などによっては、戸建住宅でも家賃を高めに設定し、収益性を高くすることは可能です。

また、入居者が退去した後には、そのまま自分の家族や親族が住むことも可能であり、アパートよりも生活拠点として使いやすい点は、戸建住宅ならではの魅力といえます。

節税効果はもちろん、収益性自体も高いため、入居者を獲得できるなら、さまざまなメリットを生みやすい活用方法です。

土地活用する際の注意点を知っておこう

実際に土地活用をするにあたっては、注意点を把握しておくことが大切です。土地活用を始める前に知っておきたい注意点としては、次の2つがあげられます。

  • 自分の活用目的を明確化する
  • 信頼できる業者を選ぶ

これら2点を把握し、失敗のないやり方で土地の賢い活用方法を見つけていきましょう。

自分の活用目的を明確化する

まずは所有している土地を、どのような目的で活用したいのかを明確にすることが大切です。土地を使って収益化を図りたいのか、それとも将来売却するまでの間、少しでも有効活用したいのかなど、人によって目的は異なります。

どのような目的で利用するかに決まった正解はないため、家族とも話し合いながら、土地活用の目的は明確にしておく必要があります

目的を明らかにしておくと、その土地や自身の状況に合わせた、最適な土地活用の方法を見つけやすくなるでしょう。

信頼できる業者を選ぶ

土地活用は個人で方法を決めずに、土地活用業者と相談しながら、プランを決めていくことがおすすめです。そのため、失敗なく土地活用を行うには、いかに信頼できる業者を見つけるかが重要といえるでしょう。

業者の信頼度によって、土地活用が成功するかどうかが異なるため、この点にも注意しなければなりません。

実績をもとに業者を選ぶ

業者選びの際には、実績を参考にすることがおすすめです。ホームページなどで過去の実績を見たり、口コミでの評判や意見を参考にしたりするとよいでしょう。

業者によって土地活用の得意分野は異なることが多いため、この点も確認しておく必要があります。

単に実績があるか、評判がよいかだけではなく、自分が目指したい土地活用の分野に強みがあるかどうかも、実績の詳細からチェックしておきましょう。

複数の業者を比較する

土地活用について相談できる業者は多数あるため、複数社から見積もりや提案をもらい、その内容を比較して土地活用のパートナーを決めましょう。

最初の1社だけで決めてしまうと、見積もりが相場よりも高かったり、その土地に合った提案でなかったりして、損や失敗をすることも少なくありません。

複数社で比較しておくことで、どのような活用方法の選択肢があるか、実際の運営にいくらかかるのかなどの、相場が判断しやすくなります。

土地活用を成功させるには、イエウール土地活用をおすすめします。一括資料請求サービスの提供とともに、土地活用に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しています。

自分に合った活用法を探そう

70坪の土地の活用方法には明確な正解がありません。土地の詳細な性質や所在地、自身がどのような方法で活用したいかによって、最適なやり方は異なります。

そのため、まずは自分がどのような方法で活用したいのか、目的を明確にしておくことが大切です。業者とも相談しながら最適なプランを考え、その土地に最も合う方法での有効活用を目指しましょう。

土地活用を成功させるには、イエウール土地活用をおすすめします。一括資料請求サービスの提供とともに、土地活用に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しているので、ぜひ利用してみてください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
土地活用するメリットは?
土地活用をするメリットとしては、収入を得られること、税金対策ができるという点が挙げられます。詳しくは、土地活用をするメリットをご覧ください
70坪の土地におすすめの活用方法は?
立地にもよりますが、小規模なアパート経営や戸建賃貸経営などがおすすめです。詳しくは、70坪の主な土地活用法とメリット・デメリットをご覧ください。
土地活用を相談する会社はどうやって選ぶの?
まずは、実績を確認し目的に合った実績があるかを確認する必要があります。詳しくは、土地活用会社の選び方についてをご覧ください。
信頼できる業者の見つけ方とは?
土地活用を成功させるためには、土地活用比較サイトがおすすめです。詳しくは、信頼できる業者と土地活用を進めようをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?