60坪の土地活用方法を目的別に紹介|向いている土地やメリットデメリットも解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

せっかく土地を保有していたとしても、有効に活用できなければ土地を保有していること自体が負担になってくるでしょう。土地活用には様々な方法がありますが、具体的にどのような方法があり、それぞれどのようなメリットがあるのか気になるところです。

また、60坪の土地を保有していた場合、60坪の土地を有効利用するためには具体的にどのような活用方法がよいのでしょうか。ここでは、土地活用のメリットや注意点、60坪の土地の有効的な活用方法について詳しく解説していきます。

土地活用についてはこちらの記事もおすすめです。

60坪におすすめの土地活用方法

土地60坪の有効活用

通常の注文住宅を建設する場合、平均的な広さは35〜40坪ほどだと言われています。60坪の土地を保有していた場合には、戸建て住宅の2倍弱ほどの広さの土地を活用することが可能となります。

しかし土地活用の方法は、戸建て住宅を建てるだけではありません。比較的広いと言える60坪の土地を保有していた場合、どのような土地活用の方法があるのでしょうか。ここからは、60坪の土地の主な有効活用方法について具体的に解説していきます。

初期投資を抑えられる土地活用方法

アパート経営やマンション経営のように土地に建物を建てる土地活用は、初期費用が大きいためローンなどの借り入れを行う必要があります。アパマン経営では、多額の初期費用を掛けても回収するまでに数十年がかかってしまう可能性があります。

土地活用によって損失を抱えるリスクを避けたいなら、初期費用を抑えた土地活用方法を選ぶことをおすすめします。土地活用をするにあたっては、少なからず初期費用がかかりますが、方法次第ではこのコストを安く抑えられます。

特に初期投資を抑えて始められるのは、次の4つの活用方法です。

  • 駐車場経営
  • 資材置き場
  • トランクルーム経営
  • 貸農園

それぞれの違いについて確認していきましょう。

駐車場経営

駐車場を設置する際は1台当たり4坪ほどの広さが必要になることから、60坪の土地であれば15台前後の車を駐車できるようになるでしょう。

駐車場経営には、コインパーキング式と月極式の2つの経営方法があります。コインパーキング式の場合は専用の機器を設置する必要があるため設備費が高くなりやすい一方で、稼働率を上げる事ができれば、高い収益性を上げることができます。駐車場が少ない繁華街や都心部に土地を持っている場合にはおすすめです。コインパーキング式でネックになりやすい初期費用ですが、業者によっては全額負担してくれる場合もあります。

一方で、月極駐車場は、整地や駐車線を引く程度で始めることができます。そのため、初期費用が少なく、収益化するまでに時間がかかりません。しかし、収益額は小さく、無断駐車対策など管理の手間が必要になるというデメリットがあります。住宅街やオフィス街など、日常的に一定時間車を停めたいニーズがある土地にはおすすめです。

一般的に、駐車場経営は、収益性としてはそこまで期待することが出来ません。しかし、更地の状態からでもすぐに始められるため、初期費用を抑えて、収益化までの時間を短くしたい方にはおすすめの土地活用方法です。

資材置き場

土地を資材置き場とし、業者に賃貸する活用方法もあります。建設現場の近くや開発エリアなどでは多くの資材を利用するため、資材を保管する資材置き場の需要は高いと言えます。

資材置き場の最大のメリットは、特別な整地が必要ない点です。駐車場のようにアスファルトにする必要がなく、特別な機械を設置する必要もないことから、状態の悪い土地でも資材置き場として利用することが可能となります。

しかし、付近で工事がない場合には収入が発生せず、ただの更地となってしまいます。また、資材置き場を探している会社を見つけるのに手間もかかります。

資材置き場は工事や運搬で頻繁に使うため、道路沿いで間口が広い土地に向いています。初期投資をできるだけ抑えたい方や、本格的な活用方法を決めるまで間を埋める活用方法を考えている方におすすめです。

トランクルーム経営

様々な荷物の保管庫を賃貸するトランクルーム経営も、60坪の土地におすすめの活用方法です。トランクルーム経営とは、屋外の土地にコンテナを設置し、鍵をつけてトランクリルームをレンタルするという土地活用方法です。

レンタルルーム経営の最大のメリットは、周りの環境に影響されにくく管理がしやしすい点です。一度コンテナを設置すればあとは面倒な管理はほとんどありません。定期的な巡回や契約、入金管理などを行えば足りることから初心者でも取り組みやすいという特徴があります。

一方でデメリットととしては、トランクルームは日本での認知度が低いため、利用者の獲得が難しいという点が挙げられます。また、収益の大きさでは1人あたり月1万円以下なので、そこまで大きな額を期待することが出来ません。

手間の少ない土地活用をしたい方や、少額でも安定した収益を得たい方にはおすすめの土地活用方法です。

貸農園

郊外に土地を有しているのであれば、土地を貸農園として活用する方法もおすすめです。近年では、平日は都市部で働き、子育てや趣味の一環として、週末に農作業をする方が増えています。特に都市部の郊外でニーズが高いため、人気の土地活用方法となりつつあります。

貸し農園のメリットとしては、活用までのスピードが早いという点が挙げられます。農園として土地を整備すれば手軽に賃貸することが可能です。そのため、アパート経営や駐車場経営を比較して素早く始めることが可能です。また、周辺環境の変化に合わせて土地を転用しやすいという点も、貸し農園の大きな特徴といえます。

一方で、デメリットとしては、近隣や利用者間でトラブルが発生する可能性がある点です。複数人で農地を分けていると、個人の区画に侵入してしまうことや農薬の使用などのトラブルが発生する可能性があります。また、利用者が雑草の処理などが出来ていないと近隣からクレームが発生することがあります。

都心部に近い郊外に土地を持っている方には、おすすめの土地活用方法です。

税金対策に強い土地活用方法

土地活用は単に収益を上げるだけではなく、節税としての効果が見込める点もポイントです。60坪の土地では、固定資産税や都市計画税なども決して少ない額にはなりません。また、更地を相続する際には、被相続人に相続税の納税が必要になります。

加えて、税金以外にも、水道ガス電気の基本料金や、土壌の保全費用などの必要になります。

土地は所有しているだけでも、コストがかかります。そのため、収益化することはもちろん、まずは節税効果の高さを狙うというのもポイントになります。

節税が見込みやすい活用方法としては、次の2つがあげられます。

  • アパマン経営
  • 戸建賃貸経営

それぞれの活用方法について確認しておきましょう。

アパマン経営

60坪の土地の主な有効活用法のひとつとして、アパマン経営があげられます。アパマン経営をすることで、小規模宅地の特例や住宅宅地の特例などを活用することができます。これらによって固定資産税を1/6、都市計画税は1/3まで減額することができます。

また、相続税対策効果についても、ローンの借り入れ分だけ相続税評価額を減額することができます。さらに、貸家建付地評価による小規模宅地の特例を適用することによって、相続税評価額の減額も可能になります

アパートやマンション経営は、一度入居者が決まれば数年間は安定して収益が発生します。安定した家賃収入を得ながら、税金対策も行えるという点では非常に魅力的な土地活用方法です。

一方で、アパマン経営は、初期費用が大きく様々なリスクがあります。物件を建てる前には、入念な事業計画の作成や収支シミュレーションが必要です。実際に家賃収入が発生するまでの時間が長く、物件ができたあとも入居者つけやクレーム対応などが必要になります。

アパマン経営はリターンも大きいですが、手間もかかるため土地活用にまとまった時間を取れる方におすすめです。

戸建賃貸経営

アパマン経営よりも規模が小さい賃貸経営として、戸建て賃貸経営があります。

60坪の土地は集合住宅を建てるにしては、少し小さめの土地になります。しかし、一戸建ての物件であれば、十分な広さのある物件を建てることができます。コンパクトな戸建てであれば2戸建設することも可能なため、収益性の高い土地活用が期待できます。

アパートやマンション経営と異なり、戸建て住宅の場合は一度入居すると長期的に賃貸するケースが多いです。入居者が決まれば安定した収入が見込めるメリットがあります。また、入居者トラブルなどもないため、アパマン経営に比べて管理の手間がかかりません。

一方で、戸建賃貸経営は1戸のみなので、空室時のリスクが高く、アパマン経営ほど多くの収益を望むことが出来ないというデメリットがあります。

家賃収入の大きさよりも、節税効果と初期費用の手軽さを優先したい方には、おすすめの土地活用方法です。

収益性が高い土地活用方法

土地活用には、節税効果や初期費用の少なさ以外に、収益性の高さも活用方法選びの重要なポイントとなります。60坪は、アパマン経営などの集合住宅をするにはやや小さい土地の大きさです。

60坪の土地の大きさで、収益性の高い土地活用としておすすめなのは小規模店舗経営です。

小規模店舗経営

小規模店舗経営とは、美容院やコンビニ、薬局やクリーニング店などへのテナント賃貸を行う土地活用方法です。

テナント賃貸経営は、もし収益性の高いテナントが入居すれば集客効果が期待でき、入居希望者も多くなることから空室リスクを削減することが可能です。また、店舗はまとまった売上が上がれば、数年間は入居が保証され家賃収入も安定して得ることができます。

一方で、ただし店舗の売り上げが思わしくなく上手く経営ができなければ、早期撤退の可能性もあることから注意が必要です。また、店舗経営の場合には立地が重要になります。自身の土地の立地や特徴などをもとに、どのような店舗に入居してもらうべきか、しっかりと戦略を立てる必要があります。

土地の近くに飲食店などがあるなど、テナントニーズがすでに確認できる場合にはおすすめしたい土地活用方法です。

60坪の土地活用を選ぶ注意点

土地活用前の注意点
ここまで有効な土地活用方法について紹介してきましたが、必ずしも土地活用が成功するとは限りません適切な活用方法を選択していない場合や土地活用の目的が曖昧であった場合には、土地活用を失敗する可能性もあるため注意が必要です。

初心者の方がこれから土地活用をする場合には、具体的にどのような点に意識して土地活用に取り組む必要があるのでしょうか。ここからは、土地活用の前に押さえておくべき具体的な注意点について解説します。

土地の状況を確認する

土地活用をおこなう前に、まずは自分が保有している土地の状況を確認することをおすすめします。

地域によっては建設できる建物に制限がある場合や、土地活用の用途自体に制限がある場合があります。また市街化調整区域の場合には、土地に建物を建てる場合に役所の許可が必要になるため、事前に確認する必要があるでしょう。

土地活用方法の選択を効率的に行えるように、まずは用途地域から確認してみましょう。

土地活用の目的を明確にする

土地活用をおこなう際は、実際に取り組む前になぜ土地活用をするのかその目的を明確にすることが大切です。安定的な収益を長期的に確保したい、あるいは効果的な節税対策をしたいなど、土地活用の目的は多岐に渡ります。

できる限り目的を具体的に設定することによって、どのような土地活用方法を選べば良いのか明確にすることができるでしょう。

リスクがあることを把握する

どんなに綿密な計画を立てて土地活用をおこなったとしても、何らかのリスクは発生します。したがって土地活用の際は、想定外の金利変動や突発的な自然災害など、土地活用にはどんなリスクがあるのかを把握しておくことを心がけましょう。

想定できるリスクをあらかじめ知っておくことで、状況に応じた柔軟な対処が可能となります。大きな損害を避けることも可能となるため、まずは土地活用方法ごとのリスクを明確にして、できる限り事前に対応できるよう準備することをおすすめします。

60坪の土地活用のメリット・デメリット

土地活用で期待できるメリット

土地活用のメリット

土地活用を行うことによって、大きく3つのメリットが期待できます。


  • 節税効果
  • 長期的な収益
  • 地域の活性化

ここからは、それぞれのメリットの中身について具体的に解説していきます。

相続税などの節税効果

土地を所有している場合、ただ空き地の状態にしておくよりも、土地の上にアパートやマンションなどの建物を建て賃貸経営した方が、税制優遇などの節税効果が得られます

具体的には、土地を空き地の状態で相続するよりも、マンションやアパートなどを建設して他人に賃貸している不動産を相続するほうが、相続税を安く抑えることが可能です。

相続する更地に賃貸住宅を建てることによってその土地は「貸家建付地」と評価され、土地所有者は自由に土地を利用できなくなります。その結果、土地建物の評価額が時価の1/2に圧縮されるため、相続税を節税することができるようになります。

もともと空き地など評価額の高い土地を所有している方の中には、土地の上にアパートやマンションを建てて賃貸経営を行い、その結果節税対策をおこなっている方も多くいるのです。

長期的な収益が出る

土地を所有していたとしても、ただ所有しているだけでは何ら収益は見込めません。土地の上に賃貸物件を建設して他人に貸しに出したり、駐車場として整備して有料で利用してもらったりすることで、長期的に利益を出すことが可能となります。

特にアパートやマンション経営などは、入居率が高ければ一定の収入を安定的に確保することも可能です。土地活用する方の中には、長期的な収益を期待して年金以外の老後の収入を確保したい方や、副業として土地の活用を行なうサラリーマンも多いようです。

地域の活性化につながる

土地活用は、活用の仕方を考慮して地域の需要に沿った活用をすることにより、自分が住んでいる地域の貢献へと繋げることが可能となります。

例えば、学生が多いけれど一人暮らし用のアパートやマンションが少ない地域にアパートやマンションを建設して賃貸することも、地域貢献の一環と言えるでしょう。さらに郊外の土地を農地として貸し出すことも、農業に興味がある人の役に立つ土地活用方だと言えます。

地域貢献に根ざした様々な土地活用を行うことは、地域社会に役立つだけでなく自ら収入を確保できるため、互いにメリットのある良い活用方法だと言えます。

土地活用のデメリット

土地活用を行うことによって、大きく2つのデメリットがあります。


  • 初期費用が必要
  • 不労所得は難しい

ここからは、それぞれのデメリットの中身について具体的に解説していきます。

初期費用が必要

土地活用を行う際には、多かれ少なかれ必ず初期費用が必要になります。できるだけ初期費用が少ない駐車場経営や資材置き場といった活用方法を選択しても、整地費用などは必要になります。

また、アパート経営やマンション経営を行う際には、銀行からの融資をもとに初期費用を用意することが一般的です。アパート経営初心者の方は実績がないため、返済が可能かどうかなどは、準備できる頭金が判断材料になりやすいです。

また、多くの初期投資をしても、立地やタイミングが悪いと、ほとんど収益が発生せずランニングコストが追加で必要になることもあります。どんな土地活用方法を選んでも、多かれ少なかれ初期投資が必要であることは、心づもりしておきましょう。

不労所得は難しい

アパート経営や駐車場経営の広告では、不労所得を謳うものも少なくありません。土地活用は土地や建物を人に貸すという収益モデルですが、完全に不労所得というの困難です。

十分な収益が発生していなければ、管理会社に委託せずに自分で清掃や修繕作業をすることもあります。また、修繕やクレーム対応など定期的なやり取りも日常的に発生します。

イメージしてしまいがちな、建物を建てて、あとはほったらかしというのは難しいという点は抑えておきましょう。

信頼できる土地活用パートナーを探すには

土地活用で信頼できる業者に相談

土地活用は手続きが煩雑であり分かりにくいことも多いことから、初めて土地活用をおこなうのであれば、信頼できる業者に相談することをおすすめします。

土地活用に関するアドバイスを行う業者は大手から中小まで様々ですが、業者の中にはほとんど実績がなく、有益なアドバイスを受けることが期待できない業者もあるため注意が必要です。

信頼できる業者を探すためにはどのような点に気をつけると良いのでしょうか。ここでは、土地活用に関して信頼できる業者を探すためのコツやポイントについて解説します。

活用法に合った業者を探す

土地活用に関するサポートをおこなう業者は、土地活用の方法ごとに存在します。それぞれの業者ごとに持っているノウハウや強みが異なることから、自分の土地活用の方向性とは違う活用法を専門に取り扱っている業者に相談しても、期待した結果を得ることはできないでしょう。

例えばアパート経営をするのであれば、実際にアパート経営に関する相談や取引を長年おこなってきた専門の不動産業者に相談すれば、これまで蓄積してきたノウハウを有しているため効率的に手続きを進めることができるでしょう。

土地活用を成功させるためには、自分の目的に合った業者を選ぶことがとても重要になります。

口コミや実績からサポート力を調べる

土地活用を始めてもすぐに結果が出るわけではありません。土地活用業務の中には、土地の整備や必要な機械の設置、集客や管理など様々な作業があるのです。

一般的に土地活用は長期戦になることから、信頼できる業者のサポート力は重要になります。業者を調べる際は信頼できる口コミや評判、業者のこれまでの実績などを総合的に判断して、業者のサポート力を調べることをおすすめします。

複数の業者で比較検討する

土地活用に関して初心者の方は、複数の業者を比較するのではなく、最初に相談した業者の話を信頼し、そのままその業者に仕事を依頼する傾向があります。

しかしながら、最初にアプローチした一社の提案が最善であるとは限りません。業者を選ぶ際には、複数の業者から見積もりやプラン提案を受けて比較検討した方がより信頼できる業者に出会える確率が高まります。

複数の業者の提案を比較検討する際は、土地活用比較サイトを利用することをおすすめします。数ある比較サイトの中でも、イエカレであれば、一度必要な情報を入力して検索するだけで複数の業者に査定を依頼することが可能です。効率的に作業を進めるためにも、ぜひイエカレを活用してみてはいかがでしょうか。

目的に合った土地活用法を選ぼう

60坪の土地活用
今回の記事で紹介したように、土地活用の方法には様々なものがあり、いずれの方法もメリットだけでなく注意しなければならない点が存在します。

特に土地活用に関して経験がない方であれば分からない点が多いことから、目的を曖昧にしたまま手続きを進めることは非効率であまりおすすめできません。
土地活用を考える際はまずは自らの目的を明確にして、その目的に合った活用法を選択することが重要です。

また、全ての手続きを自分一人でおこなおうとするのではなく、信頼できる業者を見つけて一緒に手続きを進めることが大切です。経験豊富な業者であればノウハウが蓄積されているため、効率的に作業を進めることができるでしょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
60坪の土地におすすめの活用方法は?
立地にもよりますが、アパートやマンション経営、トランクルーム経営などがおすすめです。より詳しい土地活用方法は、場所別でみる80坪の土地活用法をご覧ください。
土地活用方法を選ぶ前にすべきことは?
まずは土地活用の目的や予算について明確にしておきましょう。詳しくは、60坪の土地活用を選ぶ注意点をご覧ください。
土地活用を相談する会社はどうやって選ぶの?
まずは、実績を確認し目的に合った実績があるかを確認する必要があります。詳しくは、60坪の土地活用のメリット・デメリットをご覧ください。
信頼できる業者の見つけ方とは?
土地活用を成功させるためには、土地活用比較サイトがおすすめです。詳しくは、信頼できる土地活用パートナーを探すにはをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?