地域に合わせた方法で土地活用しよう|名古屋での有効な土地活用方法

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

日本の三大都市のひとつである名古屋市は、地価が上昇傾向にあるため土地活用に成功すれば安定した収入が見込める地域です。

地域と自分に合った土地活用を探すには、不動産のプロである不動産会社と協力するのも欠かせません。ここでは名古屋市という地域の特性について知り、どのような土地活用方法があるのかを解説します。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用について詳しく知らない方は、まずは土地活用方法ごとの特徴や、土地活用で見るべきポイントについて先に確認するのもおすすめです。

名古屋地域の状況について

名古屋で土地活用を検討している場合、名古屋地域の状況について把握しておくことが大切です。人口の多い都市は全国にもいくつかありますが、人口の多い都市の一つである名古屋市はどのような状況なのかみてみましょう。

名古屋の土地価格

名古屋地域の土地価格は近年上昇している傾向にあります。(※:国土交通省「住宅地の変動率上位順位表」)

国土交通省の発表によると、名古屋市の住宅地、商業地ともに全区で上昇傾向に転じていると言われています。

特に名古屋市中心部のエリアにおいては、交通の利便性が高いエリアでもあり、高級住宅地として地下鉄などの駅まで徒歩圏内の場所では常に堅調を示しています。

名古屋市の中でも最も地価が高いエリアは名古屋駅周辺です。オフィスや店舗の需要拡大だけでなく、ホテル用地としての需要も高まっています。

港区では大型の商業施設などが建設されたこともあり、地価が上昇したと考えられています。

ただし、場所や情勢次第では今後下落する可能性もあるので、国土交通省や愛知県などが発表する地価に注目しておくと安心でしょう。

名古屋の交通事情

名古屋市内には地下鉄はもちろん、JRや名鉄など、多くの鉄道が走っているため、中心部へ出向くのに困ることはありません。土地活用する上で、中心部へ出向く交通手段は何があるのかといった点にも注目して情報を集めておくことが大切です。

自動車の保有率が高い

愛知県には豊田市に世界を代表する企業トヨタがあるため、全国の中でも自動車保有率が高いエリアです。(あいち環境学習プラザ)

東京や大阪などの似たような都市と比較すると、保有台数が多いことも特徴として挙げられます。交通網が発展しているエリアでは1人1台、1家族に1台程度の保有になりますが、愛知県では1人でも複数台保有するケースも珍しくありません。

これは、道路網が発展していて、自動車での移動がとても便利な土地であることが関係していると言えるでしょう。

そのため、名古屋市で土地活用を検討する際は、駐車場の設置も合わせて検討しておくことがおすすめです。愛知県が駐車場の確保に関する条例を出しているので、事前に確認しておくと安心でしょう。

東海地方最大のターミナル駅

愛知県だけでなく中部地方という大きな括りで見ても、名古屋駅というのは大きなターミナル駅になっていることは周知の事実ではないでしょうか。

そのため会社や多くの人が集まる場所でもあります。また、今後予定されているリニア中央新幹線の開通に合わせて、さまざまな周辺の構想が膨らんでいるのも事実です。

ますます人の往来が増え、愛知県だけでなく東海地方、中部地方を代表する駅として発展していくことが見込めるでしょう。

名古屋での土地活用例について

名古屋市で土地活用を検討するなら、どのような方法が最適なのでしょうか。おすすめの土地活用例を3つ紹介します。所有している土地の大きさや目的などと照らし合わせ、自分に合った土地活用方法を検討してみましょう

収益性の高いアパート経営

不動産の土地活用方法と聞くとマンション・アパート経営を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。アパート経営とはどのようなものなのか、メリットやデメリットも合わせて確認しておきましょう

アパートの経営方法

アパートの経営方法には一括借り上げ、管理委託、自己管理方式の3種類があります。

一括借り上げとは、所有している物件を丸ごと不動産会社に借り上げしてもらい、入居者募集から設備などの管理、家賃の回収など全ての業務を一括して依頼する方法です。

アパート経営に時間を割けない場合や初心者の場合には、不動産会社に任せられるので手間がかからずおすすめですが、不動産会社に手数料を支払う必要があるため、家賃収入を100%手にできないというデメリットがあります。

管理委託とは、入居募集や物件の管理など一部の業務を不動産会社に依頼して行う方法です。煩雑な業務を不動産会社に依頼できるので経営する負担を軽減することが可能です。一括借り上げよりは安いですが、手数料が発生します。

自己管理方式とは、文字通り自分で業務のほとんどを行う方法です。入居者の募集のみは不動産会社に依頼することができます。物件設備の設置や点検といった専門的な知識を要する業務も自分で行う必要がありますが、家賃収入は全て自分の手元に残ることが特徴です。

アパート経営のメリット

土地を所有していると固定資産税などさまざまな税金の支払いが発生します。しかし、賃貸物件を建築すると、その広さなどの規模によって減税措置が適用されることがあります。

減税額については建築するアパートの規模によって異なりますが、1/3~1/2までカットされることがあるので、不動産会社などに確認してみると良いでしょう。

アパート経営を行う際には、支払う税金を少しでも少なくし、安定した家賃収入を得ることが失敗しないコツと言えます。

アパート経営のデメリット

アパート経営ではデメリットについてもしっかりと理解しておかないと、失敗して多大な負債を負う可能性もあるので注意が必要です。

アパート経営の最大のリスクは空室のリスクです。空き室の状態が続くと家賃収入が減ることが考えられます。また、アパートの規模にもよりますが、アパートを建築するための初期費用が発生することも忘れてはいけません。

初期費用をしっかりと家賃収入などで補い、安定したアパート経営を続けるためにも、アパート経営のノウハウだけでなく土地の状況についてもきちんと理解しておくことが大切です。

商業施設の経営

名古屋市では商業施設の建設もあちこちで行われています。商業施設があれば人の往来があり、施設を拠点に街が活性化することもあります。所有している土地に商業施設を建築した場合についてみてみましょう

資金準備の方法

商業施設といってもその規模にはコンビニエンスストアのような小型施設からショッピングモールのような大型施設までさまざまなものがあります。

商業施設を建築したいと場合は、資金を準備することから始めましょう。資金の調達方法には賃貸、リースバック、事業用定期借地方式の3種類があります。

賃貸とは、土地の所有者が金融機関から商業施設の建設費用を借り入れ、施設に入るテナントに賃貸するという方式です。どのようなテナントに入ってほしいかという点が先行して決められ、そのテナント店舗に合わせた建築仕様にする流れが一般的です。

リースバックとは、建設協力金方式とも言われています。施設の建築費用は、土地を探している企業から無利子で借り入れます。所有者名義で建物を建築し、企業に賃貸しますが毎月の賃料の中から借り入れた金額を返済していくという方法です。

事業用定期借地方式とは、一定期間土地を貸して土地代として所有者に納める方法です。借りる側が建物を建築しますが、一定期間を過ぎても契約の更新はないのが一般的です。

商業施設経営のメリット

一般的にテナント料は家賃よりも高く設定しやすいです。そのため、短期間で利益を上げやすくなるので、初期費用の回収期間を短くすることも可能になります

建物に入ったテナントの売り上げなどの動向によっては、安定した収入を見込めるだけでなく、テナントが好調であれば高収入を得ることにも期待ができます。

また建築した施設を中心に地域の活性化につながることもあります。社会へ大きな貢献ができるという点でも魅力を感じることは多いでしょう。

商業施設経営のデメリット

商業施設は住居用の建物とは異なるため、建築費用が高額になることが多いです。建築費用を安くしようとすると、陳腐な仕上がりになってしまい集客や売上などに影響を及ぼす可能性があるため、建物の完成度にはなるべくこだわりたいところです。

また賃貸やリースバックの場合、建物の固定資産税は土地の所有者が負担しなければなりません。規模の大きな施設を建築すると、その分固定資産税も高額になることがあるので注意が必要です。

テナントからの安定した収入があれば、高額な固定資産税の支払いに充てることも可能です。

手間がかかりにくい駐車場経営

最近では土地活用の方法として人気を集めているのが駐車場経営です。よく見かけるコインパーキングや月極駐車場などがその例に該当しています。

駐車場の種類

駐車場にはコインパーキングと月極駐車場の2種類があります。

コインパーキングは時間によって料金が設定されており、特定の人が利用するのではなく色々な人が利用できる駐車場です。

最近ではあちこちに設置されていることもあり、周辺地域の価格相場をしっかりと把握して価格設定を行わないと利用者が増えていきません。

また、利用時間に応じて駐車料金を支払うシステムなので、駐車場内には精算機やロックバーなどを設置する必要があり、初期費用についても念頭に置いておかなければなりません。

月極駐車場は、1カ月単位などで特定の人と契約を結ぶ仕組みです。そのため、ひと月の駐車場料金を設定します。精算機などの設置が必要なく、車止めなどを置いておく程度でも経営することは可能です。

自分でも管理しやすいですが、管理委託や一括借り上げなどの選択をすることも可能です。不動産会社に依頼しておくと、駐車場内や近隣住民とのトラブルや料金滞納などにも対応してもらえるので安心でしょう。

駐車場経営のメリット

月極駐車場の場合、精算機やロックバーなどの設置が必要ないため、初期費用が少なくて済む点がメリットとして挙げられます。

コンクリートなどに整備し、1台ごとに白線を引いて経営することもできますが、砂利にロープを張ってスペースを分けるだけでも経営することは可能です。

土地にあまり手を加えずに経営することができるので、他の活用方法に転用したいと思ったときに、比較的すぐに着手しやすい点もメリットと言えるでしょう。

駐車場経営のデメリット

駐車場経営では建物を建築するわけではないので、税金対策をすることができません。そのため、発生する税金などはすべて自分で負担しなければならず、収益性はあまり高くないと感じてしまうこともあるでしょう。

空きスペースがあると収益や自己負担に直結しやすい点もデメリットと言えます。周辺施設や近隣住民が契約することが多いため、中長期的な契約が見込めますが、契約者が見つからない場合は新たな契約者が見つかりにくいという点もデメリットとして挙げられます。

名古屋で土地活用する際の注意点

地価が市内全区で上昇傾向にある名古屋市で土地活用する場合、失敗しないためにはどのような点に注意すればよいのでしょうか。

地域の情報に強い業者を選ぶ

アパート経営であっても駐車場経営であっても、土地に合った活用方法でなければ失敗してしまうリスクは高まってしまいます。

そのため、土地のある地域の情報に詳しく、さらに実績もある業者を探すことが大切です。長年にわたって培われたノウハウは、土地活用をしていく上でとても大切なポイントです。

まずは複数の業者に相談をしてみてから、自分のやりたい土地活用方法を得意としている業者とタッグを組めるよう探してみるのがおすすめです。

業者は比較検討して決める

不動産会社は、同じ相談内容でも提示する内容や見積もりが異なります。そのため、最初から1社に絞って相談せず、複数の業者に相談を持ちかけましょう。

複数の業者から提示された提案内容や見積もりを比較検討してから決めるのがおすすめです。手間がかかると不安な場合は、一括見積もり依頼ができるサイトを活用するのが良いでしょう。

自分に合った信頼できる業者を探そう

名古屋市は人口も多く、住宅地、商業地ともに全区で上昇傾向のため、土地を所有している人は土地活用することで収益を得られる可能性が高いといえます。

土地活用では土地活用会社に相談しながら進めていくのが失敗しないためのポイントです。そのため、自分に合った不動産会社を見つけることが重要です。

イエウール土地活用のサイトを利用して信頼できる不動産会社を見つけ、安定した不動産収入を得られるようにしっかりと検討しましょう。

【完全無料】最適な土地活用って?