20坪の土地におすすめの活用方法は?稼ぐポイントや注意点を解説

20坪の土地におすすめの活用方法は?稼ぐポイントや注意点を解説

土地を所有しているけれど狭小土地であるためどのように活用すればよいか迷っているという人もいるでしょう。20坪以下の土地をうまく活用する方法は思いのほか多くあります。そのためこれから土地を購入して土地活用をしたいと考えている人にも有効な情報となるでしょう。

この記事では20坪の土地を活用するのにおすすめの方法について解説します。狭小土地で上手に稼ぐポイントと注意点についても紹介しますので参考にしてください。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

様々な土地活用方法を知りたいという方にはこちらの記事もおすすめです。

20坪の狭い土地を活用するメリット

新築 一棟 アパート

20坪程度の狭い土地を狭小土地と呼びます。狭小土地は一見すると使い道がないように思われがちです。ただ、うまく活用すればメリットも多いため、上手な活用方法を検討してみましょう。ここでは20坪程度の狭い土地を活用するメリットについて解説します。

安く購入できる

20坪程度の狭い土地の最大のメリットは安く手に入れることができるという点です。すでに狭小土地を持っている場合には資産価値が低いためデメリットしかないように感じるかもしれません。ただ、これから購入を検討している人にとっては手頃な価格で購入して活用できるためメリットは大きいでしょう。

すでに土地を所有している人も資産価値としてみるとあまり価値がないように思われますが、土地活用をすると考えると手頃なサイズで無理のない活用方法が多くあるため資産を生み出してくれる土地として捉えることもできるでしょう。

固定資産税が低い

土地を所有していると固定資産税が課税されます。固定資産税は土地の広さで算出されるため狭小土地であれば固定資産税の納税額を安くすませることが可能です。土地活用をするうえでも税額が少ないというのは大きなメリットです。

税金は維持費として考える必要があるため維持費は少なければ少ないほどよいといえるでしょう。納税額が低いため、もしも土地活用の収益が思うようにあげられなくても赤字になりにくいという点もメリットのひとつです。

20坪以下の土地におすすめの活用方法

では具体的に20坪以下の狭小土地をどのように活用すればよいのかについて考えてみましょう。ここではとくにおすすめの活用方法について8つ解説します。自分にあった活用方法を探してみましょう。

自動販売機の設置

自動販売機は置いておくだけで人件費もかからない不労所得を得るには適した土地活用の方法です。土地の面積にあわせて設置する自動販売機の台数を変えることができるため柔軟性が高い方法ともいえるでしょう。

自動販売機のサイズについてはメーカーによって多少異なります。ただ目安としては1,000mm(W)×750mm(D)×1,830mm(H)と考えておくとよいでしょう。メーカーによっては薄型タイプや箱型タイプなども用意されています。

自動販売機の設置に向いているのはとくに人口密集エリアといえるでしょう。メーカーによってはリース代や保証金、設置工事費などが必要になるケースもあります。これらが必要ないケースもあるため複数のメーカーに見積もりを依頼してみるとよいでしょう。

自分で見積もり依頼が難しい場合には土地活用をサポートしてくれる不動産会社に相談してみることをおすすめします。自分で自動販売機を設置して活用する方法もありますが、土地を自動販売機の事業者にリースするという方法もあります。

自分で設置する場合には安定的な収入を得ることが難しい場合もありますが、土地のリースの場合は毎月安定した収入が得られる点がメリットとなるでしょう。

看板の設置

自動販売機の設置よりも手間がかからず手軽にできる活用方法として看板の設置があります。自動販売機と同様に面積にあった看板を設置することで利益を得ることが可能です。看板のサイズは面積にあわせて変えることができるため柔軟性の高い土地活用の方法になります。

人件費がかからず放置していても収益が入るため手間をかけたくない人におすすめの方法といえるでしょう。とくに交通量の多い道路に面しているような土地に向いている土地活用の方法です。人目につきやすい立地の土地であれば賃料を高めに設定してもよいでしょう。

自動販売機と同様に大きな収入にはつながりにくいですが、人件費や手間がかからず事業形態がとてもシンプルであるため土地活用がはじめてという人でもチャレンジしやすいといえます。

駐輪場経営

自動販売機や看板の設置よりももう少し収益がほしいという場合には、駐輪場を経営してみるのもひとつの方法です。土地がきれいに整地されている状態であればすぐにでもはじめることができる点はメリットといえるでしょう。

コンクリート加工の工事程度は必要になるかもしれませんがシンプルな形式にするのであればコインパーキングのような特殊な機材は必要ありません。経営者の方針次第ではコンクリート加工もなしで経営をスタートしても構わないでしょう。

ただし、駅前や駅近などの土地であれば舗装、屋根付きなどにしたほうが需要が高く料金も高めに設定できるという点はポイントになります。自転車の利用が多いエリアや駅前、駅近の土地であれば多少の初期投資をしても需要が見込めるためセキュリティ的に安心できる設備に整えるほうがよいこともあるでしょう。

20坪で考えるとおおよそ50台程度の規模で経営できます。月極めにする場合であれば1台あたり4,000円ほどが相場です。つまり50台と契約すれば単純計算で月に20万円ほどの売り上げが見込めるということになります。

バイクを含む場合には台数は減りますが月額を少し高く設定できるためうまく活用計画を立ててみましょう。利用者との契約は数カ月?数年単位で行うことが可能です。そのためほかに土地活用を検討しているけれどそれまでの間、とくに利用する予定がないという場合の活用方法としてもおすすめです。

さらに管理が大変と感じる場合には管理業者に委託もできるためコストはかかりますが手間をかけずに土地活用を行うことも可能になります。

トランクルーム経営

トランクルームの経営も20坪ほどの土地があれば可能です。トランクルームの場合は、屋外にコンテナを設置するケースと屋内施設に貸し出しスペースを設置するケースの2パターンを考えることができます。

屋外対応の場合には20坪で考えるとおおよそ2基のコンテナを設置することが可能です。トランクルームの場合は荷物を車で運んでくることを考えて駐車スペースを確保する必要があります。

土地めいっぱいを利用してトランクルームを設置すると利用者からすると荷物の積み下ろしに困ると感じて利用者の獲得が難しくなるケースもあることを理解しておきましょう。

エリア的に大きなコンテナよりもミニマムなタイプの収納スペースが好まれそうな場合にはコンテナを仕切って貸し出すという方法も検討できます。1基を4つに仕切るなどしてうまく活用すればその分、賃料を複数から得ることが可能です。おおよその目安で2畳分で月5,000円ほどが相場になります。

屋外タイプのほうが設置が簡単でスタートしやすいという点がメリットです。コスト的にはコンテナ代と初期設備費用を含めて250万円ほどを考えておきましょう。コンテナを2段積みにするなどした場合にはその分、コストがかかるということになります。

屋内タイプの場合はパーテーションなどを活用してスペースを区切るパターンとしっかりと壁で仕切るパターンが考えられます。個人の荷物を扱うという面ではセキュリティ面を重視するユーザーが多いためしっかりと区切られた空間を求める人が多いという点は理解しておきましょう。

屋内の場合は新たに建物を建築する必要があるため屋外タイプよりもコストがかかる点が異なります。どのような建物を建てるかによってコストが大きく変動するため専門業者に相談することをおすすめします。

戸建ての貸家経営

20坪の土地というと活用方法がないように感じる人もいるでしょう。ただ、20坪あれば戸建てを建てることは可能です。場合によってはアパートを建築することもできます。

戸建てにする場合には家族向けの仕様にすると長期的に安定した家賃収入を見込むことができるためおすすめです。アパートの場合は単身向けでコンパクトに暮らしたいという人をターゲットにする方法もあります。またはシェアハウスとして貸し出すという方法もあるでしょう。

狭小土地でも形がしっかりと整っている土地であれば賃貸経営も視野に入れることができます。狭小だからと諦めるのではなく上下の空間もうまく活用して快適な生活空間を生み出すことは可能です。

ここまでに解説してきた方法よりも初期費用はかなり高額になりますが、安定的にしっかりとした収入を希望している場合には賃貸経営がおすすめです。

たとえば狭小土地に戸建てを建てる場合、初期費用として2,000万円ほどを目安に考えるとよいでしょう。初期費用がこれだけかかったとしてもエリアによっては家賃を15万円程度に設定できる場合もあるため副収入として考えればかなり大きな利益になるといえます。

アパート経営やシェアハウスにするとしても同程度の収入を得ることは可能と考えられます。シェアハウスのほうが利回りがよいともいえますが、居住する人が多ければ多いほどトラブルリスクの可能性も高くなるという点は理解しておきましょう。

小規模テナント経営

戸建てやアパート経営と同様に建物を建てて活用する方法のひとつとして小規模テナントの経営があります。オフィスやサロンなど小規模で展開できる事業向けのテナントを建築して賃貸として経営することで家賃収入を得ることができます。

事業用でなくてもワーキングスペースなどリモートワークで働く人の需要に応えるレンタルスペースなどとしての活用方法も検討できるでしょう。テナントやレンタルスペースとして活用するメリットは住宅建築よりも初期費用が抑えられる点にあります。

住宅よりも設備が少なくてすむためシンプルな構造で建築することが可能です。しっかりとした造りにする場合には20坪で1,000万?2,000万円が目安です。こだわるほどコストがかかるためできるだけシンプルな造りにすることもおすすめになります。

簡素なプレハブ的な建物で問題なければ400万円程度から建築可能です。得られる家賃収入は立地によって異なるため所有している土地または購入予定の土地にどのようなニーズがありそうかを専門家を交えて検討するとよいでしょう。

利回りについてしっかりと計画を立てておかないと借り手がみつからなければ利益を出すことができない点が小規模テナント経営のリスクとなります。この立地で事業経営が可能かどうかをきちんと見極めることが大切です。

コインランドリー経営

小規模テナントの具体的な例としても考えられるのがコインランドリーの経営です。コインランドリーの需要は年々増加傾向にあるため住宅街やロードサイドなどであれば需要は見込めます。建物も簡易的な造りで問題ないため建築費用は抑えることができるでしょう。

ただし洗濯機や乾燥機の設置には費用がかかります。おおよその目安として初期費用は2,000万円程度を見込んでおくとよいでしょう。コインランドリーの前や中に自動販売機を置いて同時に経営するという方法も考えられます。

売り上げの目安としては月に30万?50万円程度が相場です。とはいえコインランドリー需要の増加で競合が増えてきている点には注意が必要です。立地条件がよく利用客の獲得が強く見込める場合には検討してもよいですが、利用客の見込みが少ない場合にはほかの方法も視野に入れることをおすすめします。

自分だけで判断が難しい場合には専門家や業者に相談してエリアの情報収集などを行ってみるとよいでしょう。

コインロッカー経営

狭小土地でも駅前や商業施設の近くなどであればコインロッカーの経営もおすすめです。コインロッカーの標準サイズは1,900mm(H)×800mm(D)とされています。自動販売機と同様に一度設置すれば必要なのは電気代程度になるでしょう。

電気を使用しないタイプのコンロッカーなら引き込み工事も月々の電気代も必要ありません。不特定多数の人をターゲットにできる現金商売であるためキャッシュフローがよい点はメリットです。

ただし、利用者がいての売上になるうえ、100円単位での売り上げを積み上げていくタイプであるため大きな利益を見込むことは難しいと考えておいたほうがよいでしょう。

コインロッカー経営で安定した収入を得たいのであれば事業者に土地を貸し出して賃料として報酬を得るということも検討してみることをおすすめします。

20坪の土地活用で稼ぐためのポイント

8つの土地活用方法について解説しました。20坪の狭小土地でもさまざまな土地活用の方法があることがみえてきたでしょう。では20坪の狭小土地でより効率的に稼ぐためにはどのようなことに注目して活用方法を選択する必要があるのでしょうか。

ここからは20坪の土地活用で稼ぐためのポイントについて解説します。自分に向いている方法がどれなのかを考えながら参考にしてください。

土地の需要を調べる

土地の広さに関係なく土地活用で重要なのはその土地にどのような需要があるのかを知ることです。所有している土地またはこれから購入予定の土地がどのような立地にあるのかを客観的にみてみましょう。地域性について知ることも重要です。

極端な例をあげれば住宅のないエリアにコインランドリーを設置しても需要はないでしょう。自転車の利用者が少ないエリアに駐輪場を設置しても利用者はいないというのも同じです。

このようにその土地があるエリアにどのような層の人が住んでいて、どのようなお店があって、どのような地域性があるのかを十分に調べてから活用方法を選択することが必要となります。

土地活用の専門家に相談する

立地や地域性については自分が生活している圏内であればある程度は自分でも把握できるでしょう。ただ生活圏外である場合はあまり地域との関わりがないケースもあるでしょう。この場合には自分だけで地域を調査することは難しくなります。

こうした場合には土地活用の専門家に市場調査を依頼することがおすすめです。専門家の目からみてどのような需要があるのかを明確にしてもらうことで土地活用での失敗のリスクを減らすことができるでしょう。

売却も視野に入れる

土地活用を検討してみたけれど費用面や自分の生活状況などを考えて活用が難しいというケースもあるでしょう。この場合には土地を売却してしまうということも選択肢のひとつです。活用が難しい場合は売却することで資産を増やすというのも賢い選択といえるでしょう。

狭小土地を売却するメリットは次のとおりです。

  • 固定資産税の支払いがなくなる
  • 現金が手に入る
  • 月々の出費が減る
  • 現金化することで有効的にお金を利用できる

土地を売却することで月々の負担が軽減するだけでなく、まとまったお金が手元に入るため生活で抱えている負債の返済などに充てることも可能となる点はメリットといえるでしょう。

20坪の土地を活用する際の注意点

20坪の土地を活用するためのポイントについて理解したら次は活用の際に注意しなければならない点について把握しておきましょう。土地が狭いことで活用が難しくなったり狭小土地である程度の利益を上げるために初期費用が高額になったりするケースもあります。

ここでは20坪の土地を活用する際の注意点について解説します。

階数を多くすると建築費が高くなる

20坪の土地に建物を建築して収益を得ようと考えた場合、少しでも戸数を増やしたくて階数を高くすることを考えるケースもあるでしょう。土地が狭いため駐車スペースなども考えると高層階の建物を建てる以外に方法はありません。

ただこうなると床面積が増えるため建築費用が高額になります。さらに戸数が増えるということは駐車スペースもそれなりに必要になってくるということです。とくに車が必需品である地方都市などでは家族であれば人数分の駐車場が必要という家庭も少なくありません。

単身や学生であっても車を保有している確率は高くなります。駐車スペースが少なかったり狭かったり停めにくかったりする物件は敬遠される傾向があることを知っておきましょう。

建築費が高額になるだけでなくこうした問題にも注意が必要になるのが狭小土地でのアパート経営になります。

土地の形によっては活用するのが難しい

土地には活用しやすいものとしにくいものがあります。活用しにくい土地の代表的な例としては形が活用に向いていないということがあげられます。具体的には次のような土地が活用困難と考えられるでしょう。

  • 傾斜がある土地
  • 不均等な土地
  • 旗竿地

傾斜のある土地は活用するために造成工事を行う必要があります。こうなると最初からコストがかかってしまうため予算オーバーになる可能性も出てくるでしょう。

不均等な土地は建物を建築した場合にどうしても角が余ってしまうことがあります。こうなるとムダなエリアができてしまい思い通りの活用ができないこともあるでしょう。

旗竿地の場合は接道義務を果たしていない可能性があるため、場合によっては法律で建物の建築が認められないケースもあります。

もっとも理想的なのは正方形の土地です。正方形であればそのまま活用しても建物を建ててもムダがなく有効活用できるでしょう。これから土地の購入を検討している場合には土地の形状にも注意して選択することが大切なポイントです。

用途が制限されている場合もある

土地の場合には利用用途が定められているため、建物を建てる場合には制限がかかる可能性が高くなります。用途地域と呼ばれるこの制限についてはエリアによって次の3区画にわけられています。

  • 住居
  • 商業
  • 工業

原則としてこの用途地域の制限がある場合にはこれ以外の建物を建てることはできません。土地活用をはじめる前にしっかりと自分が所有している土地の用途地域を確認しておかなければ計画倒れになってしまうため注意が必要です。

20坪の土地を活用して収益をあげよう

さまざまな注意は必要ですが、そこをクリアすれば20坪の土地でもしっかりと活用することは可能です。活用方法はエリアの特徴や需要などをしっかりと見極めて決定することが大切になります。

自分がどの土地活用に向いているのかを判断する際には専門家の意見を聞くことも大切です。さらに土地活用が難しいと判断された場合には思い切って売却するという方法もあるということを覚えておきましょう。

無理に土地活用すると後々、負担になってしまうこともあります。土地活用で収益を得て不労所得や副収入を得ることは土地をそのままにしておくよりも有効的な資産運用です。

ただどうしても活用できず月々のコストばかりがかかってしまう場合には売却も検討してみましょう。売却を検討する際にはイエウールの一括見積もりサイトがおすすめです。全国の優良な不動産会社のみと提携しているため安心して利用することができます。

不動産会社に相談するなかでよい活用方法をみつけることができる可能性もゼロではないため専門家と出会うという意味でも有効的に活用することをおすすめします。

【完全無料】最適な土地活用って?