マンション売却前のリフォームは不要!効果的に売却価格をあげるには?



マンションを売りに出そうと思ったとき、室内のリフォームをするべきかどうか迷っていませんか?
もちろん、室内が「キレイ」であれば、高い値段で売却できるでしょう。
しかし、安易なリフォームは結果として損をしてしまうこともあり、慎重な判断が必要です。

今回は、売却前のリフォームを慎重に検討した方が良い理由と、他の方法で物件を「キレイ」に見せて高く売却する方法について解説いたします。

目次




1. 売却前のリフォームは基本的に不要!

マンションの売却を考えたとき、物件や設備が古いと、「リフォームした方が高く売れるのかな?」と悩む方が多くいます。
リフォームしてキレイにした物件は買い手への印象は良いですが、個人でマンションを売り出す場合、基本的にリフォームはしない方がよいでしょう。
なぜでしょうか? 以下より、その理由を説明します。

1.1 売り出し前にリフォームが不要な理由

中古マンションを売却するとき、リフォームが不要な理由は大きく分けてふたつあります。
ひとつ目は、近隣の相場を考慮するとリフォーム価格を物件価格に上乗せできないリスクが大きい点。
ふたつ目は、買い手のニーズに合わないリフォームによって、見込み客の選択肢から外されてしまうリスクがあることです。

自己判断で安易にフルリフォームをしてしまうと、売り出し時にふたつのリスクを抱えてしまいます。
まずは、このふたつのリスクについて解説します。

1) 売却価格の上乗せできない

マンションの1世帯をフルリフォームすると、数百万円の費用がかかります。
しかし、フルリフォーム費用を物件価格に上乗せした価格での売却は難しいでしょう。
リフォーム済みとそうでない物件が同じ価格で並んだ場合、リフォーム済みが有利に働くことはありますが、リフォームをしても中古物件であることや築年数は変えられないので、近隣の競合物件より数百万円も高くなってしまうと売れにくくなってしまいます。
実際にリフォームにかかった値段以上かつ相場より高く売れないと、結局損をしてしまうのです。

2) 買い手のニーズに合わない

売り出し前にマンションをリフォームすることは、買い手にとって「余計なお節介」になるケースがあります。
中古マンション購入を検討している人の中には、購入後にリフォームを検討している人もいるからです。
リフォーム前提で購入を考えている人は、「ただキレイにしたい」のではなく、こだわりを持った理想の内装にしたいと考えていることも多いです。
このようなこだわりを持った人にとって、理想に合わないリフォームがされている物件は、検討対象から外されてしまいます。

「もう住まない人」にお金を払ってリフォームされるより、自分たち好みのリフォームができるように少しでも安く物件を手に入れられる方が、買い手にとってはありがたいと言えるでしょう。

1.2 リフォームが効果的な場合

売り出し前のリフォームは基本的にNGですが、すべてのリフォームがNGなわけではありません。内見時の印象を少しでも良くするために、リフォームが効果的な場合もあります。
では、どんなリフォームが早期売却や売却価格の上昇に効果的なのでしょうか。

1) 安価にできて、人によるこだわりが少ない部分のリフォーム

高額なリフォームは費用の回収が難しいですが、少しの費用で物件が美しく見えるようなリフォームであれば、内見時の印象をアップできるため、効果的と言えます。
生活感が出やすいフローリングやカーペット、畳、壁紙などは比較的安価で新しくでき、かつ見た目の印象を大幅にアップさせられるのでおすすめです。
金銭的な余裕がある場合は、トイレのリフォームや電気のスイッチプレートの交換を検討してみてください。
どちらも生活感が出やすい場所であり、キッチンやお風呂場に比べて人によるこだわりが少ないため、リフォームが好まれる傾向にあります。
こうしたプチリフォームであれば、ライバル物件に差をつけることができます。

2) 傷や汚れは補修しよう

全くリフォームしない場合でも、壁紙やフローリングの目立つ汚れや傷は、補修しておいた方が良いでしょう。
傷のある部屋は、丁寧に住んでいた印象が薄く、他にも何か不具合があるのではないかと思われてしまうからです。
補修はホームセンターで購入できる道具などで簡単に行えますので、売却前に済ませておきましょう。

3) 不動産会社と相談して決める

リフォームを考えるときに最も重要なのは、自己判断で行わないことです。
どの箇所にどのくらいのリフォームをすると効果的なのかは買い手次第です。
売り出しの状況を見ながら、必要に応じてリフォームのアドバイスをしてくれる、信頼できる不動産会社と相談して決めていくのが良いでしょう。



2. リフォーム、リノベーション、クリーニングの違いと効果

物件をキレイに見せる方法は、リフォームの他にリノベーションやハウスクリーニングもあります。
リフォームは老朽化した設備を新築の状態程度に戻すこと、リノベーションは間取りなどを大幅に変更して新しい価値を生み出す工事、ハウスクリーニングは業者に依頼してプロの手で大規模な清掃をしてもらうことです。

次からは、それぞれの違いと効果について解説します。

2.1 リフォームの種類と費用について

リフォームには、マンション物件全体をリフォームする『フルリフォーム』の他に、キッチンや浴室、トイレなどの『水回りリフォーム』、壁紙やフローリングをはりかえる『内装リフォーム』などがあります。
マンションの購入を検討している方が最も気にするポイントが水回りです。
水回りは設備の進化が激しく、新築との差が最も出る部分なので、リフォームすることで物件のグレードを高く見せられる可能性があります。
ただ、新しくするだけでは買い手のニーズに沿っているかはわからないので、安易なリフォームには注意しましょう。

1) リフォームの費用相場

討しましょう。

リフォームをする場合は、リフォームにかかる費用と売り出し価格を比較しながら、リフォーム箇所を検場所ごとにかかるリフォーム費用の相場は以下の通りです。


  • フルリフォーム…100万円~300万円
  • キッチン…50万円~200万円
  • 浴室…20万円~150万円
  • トイレ…15万円~40万円
  • フローリングのはりかえ…20万円~80万円
  • 壁紙クロスのはりかえ…5万円~50万円

上記価格は目安です。リフォームの規模や条件、リフォーム業者によって異なるので、詳細な費用は各社から見積もりを取ってみてください。

2) リノベーションについて

リノベーションでは、既存物件に大規模な工事を行います。
老朽化したものを元に戻すリフォームに対し、機能を向上させたり価値を高めたりすることがリノベーションです。
買い手にとって魅力的に見えるリノベーションですが、売り手の判断で行うのは絶対にNGです。
中古マンションの購入を検討している層は、物件を安く購入して自らリノベーションしようと考えている人が多いため、買い手にとって嬉しいリノベーションにならないケースがあるからです。

2.2 ハウスクリーニングについて

売却前のリフォームは慎重に進める必要がありますが、ハウスクリーニングはできるだけ実施しましょう。

1) ハウスクリーニングを行うべき理由

ハウスクリーニングを行った方が良い理由は、内覧時のイメージが良くなるからです。
中古物件の購入は、内覧時のイメージが鍵を握ります。
汚いよりもキレイな部屋の方が、買い手に良い印象を与えられます。
ハウスクリーニングはリフォームよりも費用を抑えつつ気になる箇所をキレイに見せることができるので効果的です。

2) ハウスクリーニングを効果的に行う方法

費用を抑え、効率よくハウスクリーニングを行うには、水回りに絞って依頼すると良いでしょう。
キッチンや浴室、トイレなどの水回りは、購入検討者が気になる部分である上、プロと素人で掃除の質に差が出やすい場所です。
生活感をなるべく取り除き、清潔感を出すためには、プロの手を借りましょう。
また、家の入口である玄関も、部屋の第一印象を決めるため、費用に余裕があればお願いすると良いでしょう。
無駄な出費を抑えるためには、ハウスクリーニングも不動産会社のアドバイスを受けながら進めていくことをおすすめします。




3. まずは信頼できる不動産会社を探そう

中古マンションの売却を成功させるためには、信頼できる不動産会社との協力が欠かせません。
専門的な知識や物件周辺のニーズなどを個人で把握するのは非常に難しく、競合より買い手に魅力を感じてもらうには、様々な工夫と戦略が必要になります。

では、信頼できる不動産会社を見つけるにはどうしたらいいのでしょうか?

3.1 複数の不動産会社に査定を依頼するのがマスト!

不動産会社を探すときは、1社をピンポイントで決めるのではなく、必ず複数の業者と接触した上で選定することをおすすめします。
査定価格についても、1社だけでは判断しにくいので、複数社を比べて相場感を掴む必要があります。
極端に高かったり安かったりする業者は要注意です。
信用できない不動産会社に委託してしまうと、全く売れなかったり、予想より低い値段でしか買い手がつかなかったりすることになりかねません。

また実際に担当者とやり取りすることで、選ぶ上で重要となる事柄が見えてきます。

1) 不動産会社の質は千差万別

不動産会社は世の中に数多くあり、サービスの質はそれぞれ異なります。
多くの人にとってマンション売却は不慣れです。
不動産会社の担当者が、売り手の疑問や不安に寄り添いながら、より早く、より高く売るためのアドバイスを親身に行ってくれるかどうかを見極める必要があります。
連絡方法が親切か、担当者の印象はどうか、強引に進めてこないかなどを、実際のやり取りの中で確かめていきましょう。

2) 不動産会社にも得意・不得意ジャンルがある

不動産業界にはさまざまなジャンルがあり、ひとくちに「不動産会社」と言っても、得意な分野には差があります。
中古マンションの売却をお願いする場合は、中古マンション販売に強く、地元の顧客が多い業者を選ぶのがおすすめです。
大手業者などとも比較しつつ、担当者レベルでもリフォームの必要性をアドバイスしてくれたり、売却戦略を相談できたりする会社を選ぶのが良いでしょう。
経験豊富で力のある担当者からは、リフォームや修繕以外にも効果的な施策を教えてもらえる場合があります。
複数の不動産会社、さまざまな担当者に出会って、信頼できるパートナーを見つけましょう。

3.2 複数の不動産会社へ依頼するのは簡単!

複数の不動産会社に1件1件連絡して査定を依頼するのは手間がかかります。
しかし、無料一括サイトを利用すれば、基本的な情報を入力するだけで、手軽に複数社からの査定を受けることが可能です。
詳細な査定のためには、個別にやり取りをしなければならない場合もありますが、電話やメールで簡単な査定結果だけを送ってもらえる会社もあります。
何より、売り手から連絡して複数社に情報を伝える手間が省けます。 マンション売却を検討している場合は、無料一括査定からスタートしましょう。




4. まとめ

マンションを売却する際、「キレイで新しい方が早く、高く売れるだろう」という発想で、安易にリフォームをしてしまうのは危険です。
自己判断で高額なリフォームを行っても、買い手の理想に合わず敬遠されたり、売却価格には反映できなかったりする可能性があるからです。
買い手の要望を正確に掴み、的確なアドバイスをくれる不動産会社に相談の上、プチリフォームやハウスクリーニングを含めたさまざまな方法で、マンション売却を成功させましょう。


関連記事

マンション売却で失敗しがちな注意点とは?マンション売却を成功させるための2つのコツ

多くの人にとってマンションの売却は初めて。この記事では、”失敗しないマンション売却”をテーマに、どんなことに注意すべきか、マンション売却の流れに沿ってチェックポイントを解説していきます。

マンション査定は不動産会社選びが肝心! 査定方法や流れ、査定のポイントを解説!

マンション査定の方法や流れ、マンション査定時のポイントなどを解説していきます。 売りたいマンションが「どれくらいの価格で売れるのか」。おおよその資産価値を把握するにはまず、マンションの査定を依頼しなければなりません。

マンションを相続したら売却?賃貸? 相続税の仕組みと流れとともに解説!

家族が亡くなったとき、誰もが直面するのが相続という問題。しかし、相続は法律が絡む複雑な問題で、不安をかかえる方は多いでしょう。 そこでここでは、マンションの相続から運用・売却までの流れを、相続税の仕組みとともに解説していきます。

ローン残債がある場合のマンション売却のポイント

転勤が決まった、家族が増えたなど、人生の節目には、マンションなど所有する不動産を売却して、新しい住まいへの住み替えを検討する機会があります。 今回は、ローン残債がある場合のマンション売却のポイントを、さまざまな視点から解説していきます。

マンション売却時の減価償却とは?確定申告に必須!

マンション売却において特に複雑なのが税金の処理です。 税金処理を正しく行うために、避けては通れないのが減価償却。 今回は、マンション売却時の減価償却について、税金に詳しくない人にもわかりやすく解説します。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ