分譲マンションの管理費を徹底分析|相場から抑えるコツまで

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

分譲マンションに住むにあたり、住宅ローンの返済とは別に、月々かかる諸費用を考慮に入れる必要があります。月々の管理費や修繕積立金などの費用がいくらかかるか把握していますか?
1カ月あたり2~3万円でも、長期で見ればかなりまとまった金額になるもの。初期費用の頭金や住宅ローンだけを視野に入れた計画を立てている人は、見直しが必要な場合もあります。今回は、特に分譲マンションの管理費とその相場、そして出費を賢く抑えるマンション選びの注意点について見てみましょう。

先読み!この記事の結論
  • 管理費は安ければいいというわけではない
  • 一般的な分譲マンションの管理費相場は月額1万5,000円程度

毎年変化する不動産価格。今、おうちがいくらかご存知ですか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で現在のおうちの価格が分かります。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずはマンション売却の基礎知識を知りたい」という方は、マンション売却の記事マンションを売る記事をご覧ください。

分譲マンションの管理費とは

分譲マンションを購入すると、購入費のローンのほかに、管理費と修繕積立金がかかります。これらはマンションを維持するために使われるお金です。マンションの管理費は具体的にどんなことに使われているのか、修繕積立金との違いは何かについて考えてみましょう。

管理費は日常管理に充てられる費用

管理費は、日常の生活を快適・安全に過ごすために必要な、共用部分の管理に使われる費用です。具体的には、共用廊下やエントランスホール、ゴミ置き場などの清掃業務、共用部分の電気代、エレベーターや自動ドアの電気代やメンテナンス費用、植栽の水やりや手入れ、電気・給排水設備の保守点検費が含まれます。
また、プールやフィットネスジム、宅配ロッカーといった共用施設がある物件では、その運営や維持、保守点検も含まれます。そのほかにも、管理員やコンシェルジュの人件費、巡回警備員や防犯カメラにかかる費用、共用部分の火災保険・地震保険料が含まれます。
セキュリティが充実しているマンションでは、警備会社と提携し、各部屋の非常ボタンを押せば警備会社が駆けつけてくれるというシステムが導入されていることも多いです。この費用も通常、管理費から支出されています。

修繕積立金との違いは?

管理費が日常の管理に使用されるのに対し、修繕積立金は定期的に必要となる建物の修理工事費用として蓄えられるものです。
それぞれのマンションには、建物劣化診断を含む長期修繕計画が立てられており、それに基づいて小規模なものから大規模なものまで修繕が実施されていきます。具体的には、外壁や屋上などの塗り替えや防水、給排水などの配管設備の維持管理、消防・防災用設備の取替修繕、通信設備の取替修繕などが含まれます。
管理費は、どのマンションでも同じくらいかかるわけではなく、マンションによってその金額は異なります。特に、分譲マンションの種類によって違ってくることが多いため、続く部分を通してその違いを把握しておきましょう。
  • 管理費と修繕積立金
  • 管理費は日常管理
  • 修繕積立金は修理工事

マンションの売却を少しでも検討しているのであれば、「自分のマンションがいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分のマンションに適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

分譲マンションの種類で見る管理費の違い

管理費は、マンションのグレードや建てられた年代によっても異なってきます。管理費の違いを生む2つの要素について取り上げてみましょう。

タワーマンションの管理費は高め

タワーマンションとは、一般的に20階建て以上のマンションを指します。5~20階未満の一般的なマンションの管理費が1㎡当たり200円前後であるのに対し、20階以上40階未満では240~248円で約2割増し、40階以上になると281円となり、実に4割も高くなります。
タワーマンションの管理費が高くなる原因は何でしょうか。主な原因として、大規模タワーマンションはハイグレード物件が多く、共用施設やサービスも豪華だということが挙げられます。
24時間警備、豪華な中庭、プールやフィットネスジムなどのスポーツ施設、プライベート感の強いエレベーター、常駐のコンシェルジュが荷物の預かりやクリーニングの手配をしてくれるなど、普通のマンションとは管理レベルが異なり、コストが高くなります。
とはいえ、タワーマンションの住人は、少し余分に払ってでも充実した施設やサービス、万全のセキュリティを求めている層であり、需要と供給がかみ合っているので、管理費が割高であることが問題視されることはほとんどありません。

バブル期のマンションの管理費は高め

同じような分譲マンションでも、新築時の価格が高いほど、管理費も高くなる傾向があります。そのため、1990年以前に建てられたバブル期のマンションの管理費単価は非常に高くなっています。また、リーマンショック前のマンション価格高騰期についても同様のことが言えます。
もちろん、管理費が異常に高い物件については後にかなり是正されているものの、やはり新築価格の安いマンションのほうが、耐震基準や設備水準が高いわりに管理費が安いといえるでしょう。1998~2006年の間に新築されたマンションの管理費が相対的に低いようです。
では、管理費は安ければ安いほど良いのでしょうか?答えはノーです。その理由について、続く部分でご一緒に考えてみましょう。
  • グレードや年代
  • タワーマンション
  • バブル期マンション
 class=

管理費は安ければいいというわけではない

管理費は、日常生活を快適・清潔・安全に過ごすためにかかる費用をまかなうものです。そのため、安ければ安いほど良いというものではなく、適正なコストで自分の求める必要十分なレベルの管理がなされているかを考慮する必要があります。
相場と比して管理費が安すぎる場合には、どんな管理上の落とし穴のあることが考えられるでしょうか。現実的に考察してみましょう。

マンションは「管理を買う」

管理費が相場より安い場合、どこかで管理にかかる費用を削っていることが大いに考えられます。最もよくみられる方法は、管理員の勤務形態を簡素化することです。
つまり、通常は常駐管理員の勤務時間は平日9:00~17:00であるのに対し、管理費を安くしているマンションでは9:00~12:00までの勤務であったり、週2日の出勤であったりということも。このような方法で管理のレベルを下げ、人件費を削って、管理費が安いように見せているわけです。
一般に、マンションは「管理を買う」ともいわれており、管理のレベルがあまりに下がってしまえばマンションに住むこと自体の価値も大幅に低減します。管理費の安さだけに誘われるのではなく、マンションの販売業者に管理の形態やレベルをしっかり確認するのがおすすめです。

もし管理費・修繕積立金が0円のマンションがあるとしたら

もし仮に管理費・修繕積立金が0円のマンションが存在すると仮定しましょう。どんなマンションになるのか、想像してみてください。
オートロックシステムがなく、建物に誰でも自由に出入りが可能です。不審者の出入りを見張る人もシステムもありません。郵便ポストが勧誘チラシであふれ、訪問販売のセールスマンなどが頻繁に玄関ドアの前までやって来ます。
エントランスや廊下などの共用部分にゴミや砂ぼこりがたまり、ゴミ置き場からも異臭が。マンションの共用部分の電灯が切れても交換が行われずに暗いままで、薄気味悪い建物になってしまいます。エレベーターはなく、階段での上り下り。その階段も暗くて汚く、不審者に注意しながら使用します。
建物に不具合が見つかった場合はどうなるでしょうか。世帯別に、まとまった金額の修繕費用が必要となります。もし費用を出す意志がなく、修繕しないままにしておくと、外観がボロボロになるのはもちろん、給排水などの配管も傷んで使えなくなっていくため、生活自体が困難になるでしょう。
快適・安全な生活のためには、適正な管理費が必要であることがお分かりいただけたでしょうか。続いて、一般的な分譲マンションの管理費はどれくらいなのか、その相場について理解しましょう。
  • 管理を買う
  • 安いのには理由が
  • 適正な管理費が必要
 class=

分譲マンションの管理費の相場

マンションによって、管理費の額は異なりますが、大体の相場を理解しておきましょう。

一般的な分譲マンションの管理費相場はどのくらい?

管理費の平均は月額1万5,000円程度の物件が多いです。修繕積立金の平均月額が6,500円ですから、合計すると毎月2万円強から3万円というのが平均的な金額だと考えられます。
同じマンションでも隣家と管理費が違う場合がありますが、これは管理費が面積に応じて課せられるため。管理費単価、つまり1㎡当たりの管理費に専有面積をかけて算出します。つまり、部屋が大きいほど多くの管理費を負担するシステムになっています。
一般的なマンション(5階以上20階未満)の場合、平均的な管理費の相場は1㎡当たり200円前後です。前述のように、タワーマンションなどのグレードの高い物件ではこれより2割あるいは4割高くなります。

古くなるにつれて値上がりや値下がりはあるのか?

修繕積立金は、建物が古くなり修繕の必要が大きくなるにつれて上がっていく傾向がありますが、管理費については値上がりや値下がりの可能性は高くありません
とはいえ、消費税の増税や人件費の高騰、光熱費の高騰などの要素により、やむを得ず管理費を上げることはあるかもしれません。
また、セキュリティの強化やサービスの拡充に伴う支出が増大することも考えられます。例えば、管理員の常駐を24時間にしたり、共用のフィットネスジムやシアタールーム、キッズルームなどの運営時間を変更するといった場合です。
では、実際に分譲マンションの購入を検討するにあたり、どんな物件を選べば、管理費の支出を抑えることができるでしょうか。続いて、管理費を抑えるマンション選びのコツを見てみましょう。
  • 月額1万5千円程度
  • 面積により計算
  • 値上げはあまりない
 class=

管理費を抑えるための分譲マンション選びのコツ

分譲マンションを選ぶ際には、自分の求めるサービスとのバランスを考えること、そして管理費に影響を与える要因を把握することが大切です。

必要十分なサービスを見極めよう

管理費の用途を考えれば当然ですが、共用施設やサービスがシンプルな物件ほど、管理費は安くなります。分譲マンションを選ぶにあたっては、管理費の金額が妥当かどうか、今あるサービスの中で不要と思われるものはないかどうか、客観的に検討しましょう。

水を使った設備に注意

共用施設が充実しているマンションでは、フィットネスジムやキッズルーム、ラウンジバーや温泉施設、シアタールームなど、近年ますます多様化しています。あなたやご家族は、本当にそれらの施設を頻繁に利用しますか。利用しない場合でも、管理費としてそれらの設備にお金を払い続けることになります。
中でも注意したいのが、水を使った設備。具体的には、プールやスパ、庭の噴水や池、館内に水を流す演出などです。水を使うものは、水道代に加え、古くなるにつれてメンテナンス費用も高くなる傾向があるため、特に維持費がかさみやすい設備といえます。
多くのマンションでは、当初このような施設を備えていたものの、コストがかさんで維持できなくなり、後に廃止するという現象がみられます。初めから、水を使用する設備のあるマンションは選ばないのが賢明でしょう。

「駐車場0円」に注意

また、駐車場0円をうたっているマンションがありますが、これにも注意が必要です。駐車場の整備、清掃、安全管理、電気代など、費用がかかっていないわけではないのです。駐車場代が0円であれば、どこからこれらの費用が捻出されるのでしょうか。
答えは「実はその分が管理費に上乗せされているケースが多い」です。つまり、本来は管理費15,000円・駐車場代5,000円のところ、管理費を20,000円にして駐車場代を0円にしているわけです。
このようにして「駐車場0円」のキャッチコピーになるセールスポイントを作り出していますが、実質は安いわけでもなんでもなく、逆に車を持っていない人は損になります。車を持っている人も、駐車場0円に惑わされることなく、管理費+駐車場代の合計額で比較検討するのが正解です。

階数や戸数との相関関係に注意しよう

管理費の単価は、マンションの階数や戸数と相関関係があります。一般に、戸数が多いほど、一戸当たりの管理費は安くなる傾向がみられます。なぜなら、戸数が多くても少なくても、ひとつのマンションに配置される管理人の人件費は同じだからです。
同じ費用を、30戸で分担するのと100戸で分担するのとを比べてみると、当然戸数の多いマンションの管理費が安くなるというわけです。階数が多ければ戸数も多くなるため、負担が少なくなる傾向にあります。ただし、大規模なタワーマンションは共用施設やサービスが豪華になるため、逆に管理費がかさみます。
実際のデータからすると、管理費の負担が少ないマンションは、

  • 戸数:101~150戸
  • 階数:10~19階建て

の物件です。中規模・中層のマンションの管理費が安く、共用施設やサービスがシンプルであるほど負担が少なくなります。逆に、管理費の負担が高くつくマンションは、

  • 20戸を切る小規模マンション
  • 500戸以上のタワーマンション
  • 3階建て以下の低層マンション
  • 20階建て以上の超高層マンション

となります。では続いて、分譲マンションへの賢い住み替えのコツをご一緒に見てみましょう。

  • 水を使う施設に注意
  • 駐車場0円に注意
  • 階数や戸数との関係
 class=

分譲マンションへの住み替えを検討するなら

納得のいく分譲マンションを見極めるポイント

分譲マンションを選びは、後悔のないよう、納得のいく物件を購入したいもの。しかし、モデルルームや広告の豪華でおしゃれな部屋に圧倒され、現実的にどんなことを検討して見極めたらよいのかわからないという人も少なくありません。購入後公開するリスクを回避するためのポイントを知っておきましょう。

自分がマンションに求めるものを整理しておこう

マンションを購入する前には、ライフスタイルや予算を踏まえ、希望条件を整理しておくことが大切です。例えば、間取りとライフスタイルには密接な関係があります。自分と家族の暮らし方をイメージすることで、子ども部屋の位置やキッチンの形態など、自分の求める間取りがわかってきます。
また、自分の希望を100%満たすマンションは見つからないことが多いため、希望条件に優先順位をつけておきましょう。このように自分の条件と優先順位をはっきりさせておくことは、予算内で満足度のより高い物件を選ぶ助けになります。

相場感を養おう

不動産情報サイトや広告などを普段からチェックしておきましょう。多くの情報に接することで、大体どのエリアでどんな間取りならどれくらいの価格、という感覚がつかめてきます。相場感を養うことで、希望に沿う物件を予算内で探しやすくなり、割高な物件を気に入って衝動買いするリスクも回避できます。

住環境をチェックしよう

マンション自体だけでなく、周囲の環境も大切なポイントです。物件を見に行くのは日中が多いですが、夜の雰囲気が日中とは全く違い、治安が良くないという場合もあり得ます。また、通勤・通学の時間帯に車が多く、子どもの通学が心配だというケースもあります。
ですから、自分と家族の実際の暮らしを想像しつつ、周辺環境を異なる時間に見に行くことをおすすめします。今は子どもやペットがいなくても、将来的に考えているのであれば、そのことも含めて納得できる環境かどうか慎重にチェックしてください。

購入資金に当てられるよう今の家はできる限り高く売る

住み替えを検討している場合、今の家が高く売れればそれだけ予算の幅が広がり、納得のいく分譲マンションを購入できる可能性が高まります。家を高く売るには、どんなことを心がければよいでしょうか。

複数の不動産会社に査定してもらう

家を売るときには、1社だけではなく複数の不動産会社に査定してもらうことをおすすめします。なぜなら、不動産会社によって査定額が異なるからです。納得のいく査定額で、なおかつ信頼できる不動産会社を見つけるには、まず窓口を広げて複数の不動産会社に査定依頼する必要があります。
この時に便利なのが、不動産一括査定サイト。物件の所在地・築年数・間取りなどを入力すると、売りたい物件に適した不動産会社が複数ヒットします。不動産一括査定サイトは多数ありますが、中でもおすすめなのが無料一括査定サイト「イエウール」1分の入力で、最大6社からの査定をとることができます。

基本的な知識を身に着けておく

売りたい家の適正価格を大体把握しておきましょう。住宅サイトなどで、近隣エリアの中古一戸建てがどれくらいの価格で売りに出ているかを調べます。築年月・間取り・建物面積・土地面積・価格がわかるようになっているため、売りたい家と似たような条件の家の価格をチェックしてみましょう。
また、不動産会社を決めてからも、すべてを丸投げするのではなく、諸費用や税金についてある程度の知識を身につけるようにしましょう。簡単に知っておくだけでも、損をしない助けになります。

  • 希望条件を整理
  • 住環境をチェック
  • 複数会社に査定依頼
 class=

分譲マンションを選ぶときは管理費にも注目しよう

分譲マンション購入の予算検討の際、見過ごされてしまいがちな管理費。ランニングコストとして確実にかかってくるため、初めから計算に入れて検討するのが賢明です。住み替えの際には、管理費を含め様々な要素を慎重に考慮して判断しましょう。

住み替えの相談は厳選された不動産会社が揃うイエウールへ

一括無料見積もりサイト「イエウール」は、今の家をできるだけ高く売って住み替えを有利に進めたい人におすすめのツール。不動産の情報を1分程度で入力するだけで、全国の優良不動産会社1,600社から選択した複数の不動産会社(最大6社)に一括査定依頼ができます。
評判の悪い業者はサイト側が排除しているため、悪徳業者に引っかかる心配もなく安心。あなたの売りたい家の現在の価格がわかるとともに、信頼できそうな不動産業者探しにも大いに役立ってくれることでしょう。
ストレスは最小、利益は最大になるように売却のお手伝いをしてくれる「イエウール」ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?