家の売却にかかる手数料はいくら?諸費用をケース別に解説

家の売却にかかる手数料はいくら?諸費用をケース別に解説
「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

戸建を売る際は税金や手数料など支払いが必要な費用が数多くあります。

しっかりと理解をしておかないと「思いのほか費用がかさんでしまった」なんてことになりかねません。

今回は、戸建ての売却にかかる諸費用について解説しますので、スムーズな売却に役立ててください。

先読み!この記事の結論
  • 家の売却時の手数料は想像する以上の出費になることがほとんど
  • 不動産会社だけでなく、税理士や司法書士、測量などで都度手数料が発生
査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

「まずは家を売る基礎知識を知りたい」という方は、家を売る記事をご覧ください。

家を売るには多額の手数料が必要になる

家を売っても、売ったお金がそのまま自分のものになるわけではありません。いつ・誰に・いくら支払わなければならないかしっかりと把握しておくことが大切です。

戸建て売却に必要な手数料

戸建てを売却する場合、次のような手数料が必要になります。

売却時
  • 仲介手数料:「売却価格の3%+6万円+消費税」を不動産会社に支払う
  • 印紙税:売却金額に応じた印紙を契約書に貼る。郵便局等で購入可能
登記時
  • 抵当権抹消登記:不動産1つにつき1000円を法務局に支払う
  • 住所変更登記:不動産1つにつき1000円を法務局に支払う

このほか、必要に応じて廃棄物の処分費や敷地の測量費、ハウスクリーニング費などがかかります。

 

家の売却を少しでも検討しているのであれば、「自分の家がいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分の家に適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

売却金額を上げるのは重要。一括査定に申し込もう

 width=

多額の手数料を支払った後も多くの売却益を得るには、なるべく高額な査定を出してくれる業者と契約したいものです。
どんな業者を選んだらいいかわからない人は、一括査定に申し込んでみてはいかがでしょうか?

イエウールで簡単一括査定!

不動産一括査定サービスはいろいろありますが、特に利用者が多いのが「イエウール」です。イエウールは登録されている1600を超える不動産会社の中から、気になる不動産会社を複数選んで査定を依頼できます。

完全無料で、一度に最大6社まで一括査定を申し込むことができるうえ、わずらわしい営業電話がかかってくることもありません。

まずは気軽に依頼してみましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

会社選びは手数料の安さだけではない

手数料の安さだけで不動産会社を選ぶのは、おすすめできません。
大切なのは、きちんと家を売る努力をしてくれる会社を選ぶことです。仲介手数料の安さにひかれて何もしてくれない業者を選ぶと、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

仲介業者の選び方

仲介業者を選ぶ際、「大手なら安心」と安易に選んでしまう人がいます。

確かに大手は経営規模が大きいので、買い手が早く見つかるかもしれません。しかし、小さな不動産会社でも地元に密なネットワークを持っていたり、大手にはないきめ細やかな気遣いをしてくれたりするところがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、一概にどちらがいいとは言えません。ですから仲介業者を選ぶ際は、会社の規模よりも担当者に注目してみましょう。

成功の秘訣はいい担当者に出会えるかどうかです。信頼できる担当者に出会えたら、その会社に任せてみるのがいいでしょう。

知識や経験、査定額の根拠の確認を

戸建て売却の担当者は、不動産売却の知識や経験が豊富な人が安心できます。
また、見積もりをしてもらった際の査定額について、きちんと根拠を説明できる人を探しましょう。

高額査定を提示して、「頑張って売りますから大丈夫です」といった主張をするような担当者には、どのような販売計画があるのかということまで、細かく確認してください。

複数の業者に見積もりを依頼する

査定金額が高いのか安いのかは1つの業者だけではわからないので、見積もりは遠慮なく複数の業者に依頼しましょう

その際は大手だけに偏らず、小さな不動産会社など、異なるタイプの業者に依頼します。大手と中小規模の不動産会社では持っている情報が異なるので、査定結果にも違いがでることがあるのです。

一括査定で業者を簡単に比較できる

インターネットを活用すれば、多くの業者から一括で査定を受けて、簡単に比較することができます。

不動産一括査定サイトには、全国各地の不動産会社が登録しているので、信頼できる会社にも出会えるかもしれません。査定を依頼する方法は、一括査定サイトに住所や築年数などの物件情報を記入し、査定を依頼したい会社を選択するだけです。

次の項目では、売却にかかる手数料を細かく見ていきます。
各業者から受け取った査定額と必要な手数料を合わせて検討し、最適な売却プランを作成してください。

住み替えローンを利用する場合の手数料

 width=

現在住んでいる戸建てを売却して新居を購入する人の多くは、「住み替えローン」を利用しています。住み替えローンの利用条件や、かかる手数料を実例とともに紹介します。

利用するケースとは

「住み替えローン」は、住んでいる戸建てのローンが残っていながらも、新しい家の購入資金が必要な人に提供されます。

利用条件は、「現在の自宅の売却益がローン残債を下回る人」です。つまり、戸建てを売却してもローンの残りを払いきれない人が、住み替えローンを利用できます。

売却益でローンの清算はできないけれど、預貯金を足せばどうにか払いきることができるという人は、ローンを完済した後にどれほどの資金が手もとに残るかを考えてください。

手持ちの資金に余裕があるなら住み替えローンは不要ですが、資金に余裕がなくなる場合は、住み替えローンを検討してみてはいかがでしょうか。

みずほ銀行の例

住み替えローンの具体例として、みずほ銀行の「買い替えローン」という商品についてみてみましょう。

買い替えローンを申し込む際は、保証料と事務手数料(3万2400円)を保証会社に支払わなければなりません。
その際、保証料を一部前払いするか、保証料を借入金利に含めるかを選択します。保証料を借入金利に含めた場合は、前払いの場合の金利に年率0.2%を加算した金利が適用されます。

下記は一部前払いで1000万円借り入れた際の保証料例です。

元利均等返済を選んだ場合
  • 5年:4万5800円~16万290円
  • 10年:8万5440円~29万9090円
  • 20年:14万8340円~51万9280円
元金均等返済を選んだ場合
  • 5年:4万3060円~15万640円
  • 10年:7万6060円~26万6330円
  • 20年:12万2770円~42万9670円

登記にかかる税金や手数料

 width=

戸建て売却には登記の変更も必要です。
ここでは、登記にかかる税金や手数料について紹介します。

抵当権抹消や相続登記の登録免許税

住宅ローンを組んで購入した戸建ては、銀行が担保として押さえているため、「抵当権」が付けられています。

この抵当権を抹消するためには、「抵当権抹消登記申請書」や金融機関からの証明書などを揃えて、管轄の法務局に提出しなければなりません。

戸建てを売却する際は、抵当権が残ったままでは売却手続きを行うことができないので、速やかに抹消を行うようにしましょう。

抵当権抹消登記を行う際には、「登録免許税」として不動産1件につき1000円が徴収されます。戸建ての場合、建物と土地にそれぞれ課税されるので2000円かかるということになります。

また、戸建てを相続して名義を変更する際の登録免許税は、「不動産の評価額×0.4%」で計算します。

不動産評価額は「固定資産評価証明書」に記載されているので、市区町村の税務課で取得してください。

司法書士に依頼する場合の手数料は?

抵当権抹消の手続きを司法書士に依頼する場合、司法書士に対して手数料を支払わなければなりません。
報酬金額は現況や選んだ司法書士事務所によって異なりますが、1万円~3万円ほどかかると認識しておきましょう。

測量にかかる税金や手数料

 width=

戸建てを売却する場合、後々のトラブルを未然に防ぐため、測量が必要になる場合があります。
ここでは測量にかかる税金や手数料について紹介します。

測量が必要なケースとは

以前まで戸建てを売却する際は、「登記簿謄本」に記載されている数値をもとに契約を結びました。

しかし、登記簿が古すぎて不正確だったり、現状とあまりにもかけ離れていたりするパターンが多く、のちのトラブルにつながる恐れが増えてきました。

そこで現在は、売買契約を結ぶ前にきちんと測量を行うケースが一般的になってきたのです。

土地の状況はいろいろですが、以下のようなケースは測量が必要となります。

  • フェンスなどがなく境界が分からない土地
  • 境界杭がない土地
  • 人気エリアにある土地

境界を確認する際は、隣接する土地の関係者の立ち合いが必要になります。
また、境界杭を設置する際も関係者全員の承諾が必要になるので、関係者にはあらかじめお願いしておくとスムーズです。

土地家屋調査士に支払う手数料は?

土地の測量や境界の確認を行う際は、「土地家屋調査士」に依頼しなければなりません。

依頼した場合の手数料は、一般的には35万円~45万円ほどになりますが、土地の状況や調査にかかる手間によっては、料金の増減もあることを覚えておいてください。

測量業者は不動産会社の紹介、もしくは自分で探す

測量は前述のとおり、土地家屋調査士が行います。特に知り合いがいない場合は、不動産会社から紹介してもらえるでしょう。

また近年はインターネットで検索すれば、条件にかなう測量業者を自分で見つけることも簡単です。

測量費用を安く抑えたい場合は、数社に依頼して見積もりをとることをおすすめします。

税理士に相談や確定申告を依頼したときの費用

 width=

戸建てを売却した場合、忘れてはならないのが「確定申告」です。手続きが不安な人や、煩雑で嫌だという人は、税理士に相談する方法もあります。
相談したほうが良いケースや、かかる費用についてみていきましょう。

不動産を売ったときには確定申告を

戸建てを売却した場合の譲渡所得については、給与等の収入とは別に課税されます。この際、課税されるのは、以下の3つです。

  • 住民税
  • 復興特別所得税
  • 所得税

このうち、住民税は翌年分に課税されるので、確定申告が必要になるのは所得税についてです。

申告は、戸建てを売却した翌年の2月16日~3月15日までと定められているので、管轄区域の税務署で手続きしなければなりません。

確定申告は期間が短いうえ、窓口は例年大変混雑します。
「行く暇がない」「簡単に終わらせたい」という人は、税理士に相談することをおすすめします。

相続や値上がりした家の売却などは相談すべき?

確定申告を行う場合、自分のケースが「特別控除」に該当するかどうかを確認する必要があります。

例えば、以下の場合は特別控除の対象になります。

-相続した不動産を「相続開始日の翌日から、相続税申告書の提出期限の翌日以後3年以内」に譲渡した場合
-住んでいた家を売ることにより売却益があった場合

また、売却損失を被った場合も、損失の金額を給与所得などほかの所得から控除できる「損益通算」が可能です。
それぞれ税率の計算等が複雑になるので、プロの税理士に相談するのがベストでしょう。

税理士への手数料は?

戸建て売却後の確定申告を税理士に任せる場合、通常の確定申告をお願いするよりも手数料は高めになるケースが多く見られます。
というのも、不動産売買にかかる確定申告は揃える書類に手間がかかるうえ、申告の期限も決まっているため、税理士の負担が増えてしまうのです。依頼する税理士事務所や個人の状況にもよりますが、手数料は10万円~30万円と考えておきましょう。

仲介業者に依頼して売却する場合の手数料

 width=

戸建て売却を不動産会社に依頼する場合、売買が完了すれば「仲介手数料」を支払わなければなりません。
計算方法などを確認し、自分のケースに当てはめてみてください。

法律で決められた仲介手数料がかかる

仲介料が発生するのは、買い手が見つかって、売買契約を結んだ後です。
仲介料は法律で上限が定められているため、依頼する不動産会社によって大幅に異なるということはありません。
仲介料の計算方法は以下のとおりです。

  • 売買価格200万円以下の部分:取引額の5%以内
  • 売買価格200万~400万以下の部分:取引額の4%以内

ただし売買価格が400万円を超える場合は、以下の計算式を使用します。

  • 仲介手数料=売買価格×3%+6万+消費税

※ただし、平成30年1月1日の宅建業法一部改訂により、400万円以下の不動産売買の仲介手数料の上限が18万円となりました。
これらはあくまでも「上限」なので、実際は計算より少ないこともあり得ます。

最近は仲介手数料を低めに設定している会社もあるので、算出した手数料よりも少なく済ませることもできるかもしれません。

広告にかかる手数料を請求される場合は注意

不動産会社に仲介をお願いすれば、あらゆる手段で広告を打ってくれます。

こうした戸建て売却にかかる広告料は、すべて不動産会社が支払います。宅建業法によると、不動産会社は仲介手数料以外の報酬を受け取ってはならないという決まりがあります。
もしも広告等の手数料を請求されたら、その会社には要注意です。

余計なトラブルを防ぐ最善の方法は、事前の確認です。不動産会社と契約をする前に、広告料の負担について確認しておくことをおすすめします。

家の売却にかかる手数料・費用のシミュレーション

家の売却には仲介手数料をはじめ多くの費用がかかります。どのくらいの費用がかかるのかシミュレーションしてみましょう。

おおよその「売却価格」と家の「所有期間」と「取得費(取得時にかかった費用:購入価格)」と「諸経費」を入力すると、手取り金額が分かります。また、手取り金額の他にも、仲介手数料や印紙税・譲渡所得税などがそれぞれいくらかかるか分かります。

条件を入力する
万円
万円

未記入(不明)の場合は5%で自動試算

未記入(不明)の場合は5%で自動試算

万円
万円
シミュレーション結果
手取り金額0万円

売却価格

0万円

-

仲介手数料

0万円

+

諸経費

0万円

+

印紙税

0万円

-

譲渡税

0万円

=

手取り金額

0万円

※このシミュレーション結果はあくまでも概算になります。

売却価格 - 0万円
仲介手数料 - 0万円
諸経費 - 0万円
印紙税 - 0万円
譲渡税 - 0万円
手取り金額 0万円

※このシミュレーション結果はあくまでも概算になります。

その他 内訳

売却価格-(取得費+仲介手数料+諸経費+印紙税)=譲渡益(譲渡所得)

0-(0000)=0万円


(譲渡益-特別控除) ×税率 (所得税+住民税)=譲渡税

(0-0) × 0% [0%+0%]0万円

※上記所得税の税率には、復興特別所得税として所得税の2.1%相当が上乗せされています。

買い取り業者に依頼して売却する場合の手数料

 width=

戸建て売却までのタイムリミットが短い人や、すぐにお金が必要な人は、買取業者に依頼するとスムーズです。
この場合の手数料はどうなるのでしょうか。

仲介手数料はかからない

戸建てを購入してくれるのはたいていの場合、不動産会社です。
不動産会社を利用すると仲介手数料がかかるのでは?と考えてしまいますが、買い手が不動産会社の場合、仲介手数料は発生しません。

基本的には登記費用や印紙代など実費のみ

不動産会社に買い取ってもらった場合、かかる諸費用は以下のようになります。

  • 印紙代:不動産売買契約書に貼る
  • 登記費用:住所変更登記費用、抵当権抹消登記費用など

これは買取だから支払うというものではなく、他の売却方法でもかかる費用です。

買取は早く売りやすいが、価格のデメリットあり

買取を依頼した場合の最大のデメリットは「買取価格が相場よりも安い」ということです。買取を依頼した場合、戸建ての売却価格は、市場価格の60%~80%程度になってしまいます。
なるべく高く売りたい人は、買取を選択肢から外してしまうでしょう。

なぜこんなにも買取価格が低いかというと、買取業者の価格は、リフォームや人件費を踏まえているからです。
また、買取業者は購入後の「売れないリスク」も抱えているため、市場価格よりも安い査定を提示するのです。

手数料が思いのほか高かった!となる前に

 width=

不動産会社を通せば仲介手数料が発生しますし、司法書士や税理士に依頼しても報酬がかかります。

「手もとに残る金額が思いのほか少なかった」ということにならないよう、あらかじめ売却にかかる費用の見積もりを出しておくことをおすすめします。

売却の計画をきちんとたてておけば、売却前の想定と売却後の資金に大きな誤差がでにくくなり、慌てることもありません。

まとめ

家を売却しても、手数料や税金・諸費用でかなりのお金が必要になります。
家を売ったあとの生活を考えて、負担の少ない売却方法を選んでください。

また、いろいろなプロセスをスムーズに行うには、司法書士や税理士、不動産会社等の選び方が重要です。信頼できる業者を選び、ストレスなく売却を完了させましょう。

不動産売却の費用について気になる方は「不動産売却でかかる費用は?費用の一覧と節約する方法を解説!」も参考になります。
他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?