住みながら売却のポイントを解説!家に住みながら不動産売却はできる!

住みながら家を売ることはできるのだろうか?そんな疑問を感じたことはあるでしょうか。
家のローンを返済するため新居を購入する前に家を売りたい...でも、家に住みながらどうやって内覧するんだろう..

そんな悩みを抱えたあなたに朗報です。

記事の初めに一つだけ断言できることは、住みながら売却は可能だということです。

実際、新しく住む家と今住んでいる家の両方のコストがかかってしまうため、多くの方が住みながら売却を希望するのが一般的です。

今回の記事では、住みながら売却の要である、住みながらの内覧を中心に、住みながら売却のコツを紹介していきたいと思います。

こんな悩みの人にピッタリ
  • 住みながら売却するか迷っている人
先読み!この記事の結論
  • 内覧さえうまくいけば住みながら売却は可能

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

住みながら売却のメリット・デメリット

メリットは「コストがかからないこと」

住みながら売却のメリットとして、コストがかからないことがあげられます。

新居の購入を先にする場合、新居の購入費と今の家のローンの返済というダブルのコストがかかってしまいますが、住みながら売却はコスト面での不安を小さくするでしょう。「ダブルでコストがかからない」ということは、新居を先に買って家を売却するよりも安く済ませることができます。

住みながら売却は、売却で得た資金を次の物件の購入資金や引っ越し代に充てることができます。

デメリットは「生活感が売却をしにくくすること」

一方、住みながら売却のデメリットとして、生活感が売却を遠ざける可能性があるということがあげられます。

住みながら売却する場合カギとなるのは、内覧時いかに生活感を打ち消し、ポジティブな印象を与えていくのかということです。

あなたが住宅を購入しようと内覧するとき、何を重視しているでしょうか。

私が内覧するとき目を向けているポイントの一つとして、全体的に雰囲気はいいかということがあります。すごくふわっとしたポイントなのですが、より詳しくいえば「パッと見て不快に感じないか」ということを見ています。

住みながら売却するとなると、どうしても生活感は出てしまいます。生活している以上家具を売り払うことはできないですし、片付けをするにも限界があります。このことから限界はあれど、いかにきれいな状態で内覧するかが売却をスムーズにするポイントになります。

このように住みながら売却は、溢れる生活感によって売却しにくいというデメリットがあります。

住みながら売却成功のポイントとコツ

上記で述べたように、住みながら売却のポイントは、いかに内覧を成功させるかということにあります。

住みながら売却は、きれいな状態で行う内覧と違い自然と生活感は出てしまうものです。

しかし、逆に言えばここさえクリアすれば一気に売却を成功させることができます。

ここでは、住みながら売却のポイントである「内覧」を中心にポイントとコツを紹介します。

内覧を成功させるには、質×量が近道です。

ここで言う質とは、内覧に向けての準備や内覧当日の応対の質をあげていくということ。

また、量とは単純に売りたい家を取り扱う不動産会社の数を絞ることなく増やしていくということです。

下記では、質と量の二つに分けて大まかに内覧のポイントを解説します。

内覧の質をあげる

内覧の質をあげていくうえで、売却する家の印象を良くしていくことは最小限必要なことです。
新築物件やモデルルームのようにとはいかなくても、最低限の掃除をする必要があります。内覧にきたお客様が、生活用品が転がっていたり、水回りが不潔な状態であるのを目の当たりにすれば、売却のチャンスが遠のくのは容易に想像できると思います。

また、意外に気づかない部屋のにおいも対策が必要かもしれません。消臭剤や芳香剤などでニオイ対策をしておくと、よりモデルルームに近づけることができるでしょう。

また、内覧の準備とともに大事なことが、内覧時の応対です。のちに詳しく紹介しますが、当日にも内覧する上での準備が必要です。せっかく内覧できるよう掃除をしたり、生活用品を片付けておいても、当日の一押しがなければ売却成功は遠のいてしまいます。

ゆっくりと物件が内覧できる環境を整え、気負うことなく気楽に対応することが売却の近い道になるでしょう。

内覧数を稼ぐ

ただ、質だけあげていても売却が決まるわけではありません。

内覧は購入希望者にとって購入前の下見ではなく、数ある購入候補の一つでしかないことを忘れてはいけません。内覧時は好感触だったにもかかわらず、購入を見送られる。そういったことはざらにあるので、内覧の申し込みの時点で喜んでしまうのは時期尚早だといえます。

購入が決まればラッキーという前提の話において、売却成功のチャンスをつかむ取り組みに数を増やすという方法があります。

この数を増やすとは、窓口を増やすという意味であり、窓口が増えれば購入希望者が売りたい家の情報にありつける可能性も増すことを意味します。

内覧数を増やす方法としては、多くの不動産会社への依頼という手段があり、そのツールとしてインターネットの一括査定サイトを使うとより簡単に複数の不動産会社に依頼することができます。

内覧の具体策

内覧時に必要な具体策として以下の3つがあげられます。この章では以下の3つについて説明したいと思います。

”[3つの具体策
  • ” format=”3″]
  • 掃除・片付け
  • 当日の応対
  • 売却を依頼する不動産会社を増やす

掃除・片付け

まず、内覧の準備として家の掃除があげられます。

具体的には、物を捨てるか、片づけるのかのいずれかになります。生活するうえで必要なものは残さざるをえないですが、内覧の印象をよくするには単純に見た目をモデルルームに寄せることが近道です。

自分が内覧したとき生活用品が下に転がっている状態であれば、さすがにここに住みたい!とポジティブな反応をする人は少ないのではないでしょうか。いずれ売りに出す家です。必要なものと必要ではないものに分け、引っ越し前の片づけを早めにしていると思って物の量を減らすことをお勧めします。

いらないものを捨てる、必要なものを一旦見えないところに片づけるなどの作業が終われば、次は家の掃除です。汚かった部屋の片づけをすると意外な場所にホコリがたまっていた…そんな経験はないでしょうか。

物が雑多だと気付かない汚れは意外と多いです。片付け→掃除の順でやるとよりモデルルームに寄せられるのではないでしょうか。

また、掃除の段階で入念にきれいすべきなのが、水回りです。キッチンやトイレ、洗面所に風呂場など水回りが汚いだけで印象が一気にがた落ちしてしまうこともあります。

片付けや物を捨てるのも重要ですが、水回りをきれいにすることはそれ以上に重要であることを忘れないでください。

当日の応対

家の片づけ・掃除が終われば、いざ内覧の準備です。

内覧当日は、内覧する人数分のスリッパを用意する、ベッドや布団は整理しておく、部屋の電気をすべてつけておくなど最低限の準備をしましょう。

内覧は週末が多いため、住みながら売却するには週末を空けておくことをお勧めします。また、当日も近隣に関する質問や住環境に関する質問がくることも予想されます。

購入者に物件の良さをアピールすることも大事かもしれませんが、どんと構えていたほうがうまくいくでしょう。

売却を依頼する不動産会社を増やす

そして、最後にあげられるのが内覧の件数を増やしていくことです。

前述したように、住みながらの売却は購入が決まればラッキーです。こうした前提において、内覧の質をあげていっても限界があります。そこで、内覧の件数を増やしていくことが重要になってきます。内覧の件数を増やすには、掲載してもらう不動産会社を増やす必要があります。
大手から街の不動産屋さんまで幅広く仲介してもらうことによって、物件が目に付く機会も増えていくことでしょう。

まとめ

このように、住みながら売却は内覧をいかに成功させるかがカギとなります。

内覧には、片付けや応対をよくするなど自助努力でどうにかなる部分と、内覧数を増やすためいかに不動産会社に仲介を依頼できるかという専門家の助けがいる部分があります。

一度に複数の不動産会社に仲介を依頼できるツールとしておすすめなのが、一括査定サイトです。

数ある一括査定サービスのなかでもおススメするのが、「イエウール」です。
提携している不動産会社が1,500社と、他のサイトと比べ突出しており、大手有名不動産会社だけではなく、地域密着型の不動産会社を見つけることができます。

インターネットの一括査定サービスを利用することによって、簡単に複数の不動産会社に依頼することができるので、一度「イエウール」で売却したいお家の査定を受けてみるのはいかがでしょうか。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?