土地活用のアイデア10選!みんながやってる活用方法を紹介!

土地活用のアイデア10選!みんながやってる活用方法を紹介!

土地活用のアイデアに迷っている人は多いのではないでしょうか。特に、狭小地であったり田舎の土地であったり、活用するには難しそうな特徴を持つ土地だとなおさらです。

そこで本記事では、土地活用の王道アイデア10選を紹介します。また、アパート経営や駐車場経営などを始めるときのアイデアも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

土地活用の基本について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

土地活用の王道アイデア10選

ここでは土地活用の王道アイデア10選を紹介します。

土地活用のアイデア10選

  • アパート経営
  • マンション経営
  • 戸建賃貸経営
  • 駐車場経営
  • 店舗経営
  • 太陽光発電
  • トランクルーム経営
  • コインランドリー経営
  • 高齢者施設経営
  • 等価交換

アパート経営

アパート建築には広い土地が必要であるように思われますが、実は30坪ほどの土地や変形地でも建てることができます。
都市部ではそこまで部屋が広くなくても入居者が見込めるため、このような立地で狭小地の活用をお考えの方であればアパート経営もおすすめです。

ただ、狭小地や変形地にアパートを建築するとなると、多くのアパートメーカーが採用する比較的安価な「プレハブ工法」という構造で立てづらくなってしまいます。
そのため、狭小地・変形地用にアパートをカスタマイズして建築する必要があり、少し建築費用が高くなってしまうこともあります

マンション経営

アパートよりも規模が大きくなるマンション経営では、収益性が高いことが特徴です。
都市部や駅前など立地がいい場合、数千万円~数億円程かかる初期費用を差し引いても儲かる土地活用の一つといえます。

また、相続税は全戸数中、実際の賃貸戸数に応じて相続税評価額が変わるため、戸数が多いマンションは節税の点で有利といえるでしょう。
逆に、空室が目立つ場合は賃貸割合にカウントされませんので注意しましょう。

戸建賃貸経営

アパートやマンションなどの集合住宅でなく、戸建ての物件を建築して賃貸として貸し出す土地活用方法もあります。
1物件当たり1世帯だけにしか貸し出すことができませんが、ファミリー世代が借りることが多いため、一度借り手がつけば中長期的に賃料収入を得ることができるでしょう。

また、駐車場を併設できる広さがあれば立地はそこまで限定されません。
そのため、駅からそこまで近くないエリアに土地を持っている方は、一度戸建賃貸経営を検討してみると良いでしょう。

駐車場経営

車を2台ほど止められる広さがある場合は、駐車場経営というアイデアもあります。駐車場経営は、契約者のみ利用できる月極駐車場と、誰でも利用できるコインパーキングの2つがあります。

初期費用は月極駐車場のほうが安く、土地を整備したり、駐車スペースの区分けをしたりするだけで、すぐにでも経営を開始できる点が魅力です。

コインパーキングは駐車場設備の導入が必要ですが、マンション経営などよりは初期費用は安く済みます。住宅地やオフィス街など、固定で駐車場利用者が見込める場合は、月極駐車場がおすすめです。

駅の近くや商業地、観光地などの場合は、利用者が増えるほど利益が増大するコインパーキングを選ぶとより高い利益を得やすくなるでしょう。

店舗経営

カフェやショップなどの店舗を建てて経営するという土地活用方法も上げられます。
狭い土地や変形地でも開業することができますので、このような条件の下での土地活用でも検討できる活用アイデアです。

具体的には、少し入り組んだ立地にあるおしゃれなカフェや、小さな通り沿いにある雑貨店などをイメージすると良いでしょう。良いお店であれば、口コミや紹介を通じて立地問わず人が集まってくるので、変形地でも始めやすい土地活用方法です。

ただし、自営となりますので開業資金や経営ノウハウなどが必要になります。リスクは高い土地活用方法であるため注意が必要です。

土地の活用方法に迷ったときは土地活用プランの一括請求サービスを使うことをお勧めします。日本最大級の比較サイトイエウール土地活用なら、お持ちの土地に適した土地活用方法を探すことができます。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

太陽光発電

田舎や郊外に広大な土地を持っている場合は、太陽光発電がおすすめです。

太陽光発電は、土地に太陽光発電システムを設置し、発電した電力を売却することで利益が得る活用方法です。
売電価格は20年間固定(現行制度下。制度は変わる可能性があります)されるため、リスクが少なく安定した収入が得られる点が魅力です。

また、太陽光発電業者に土地を貸す方式であれば、設備の管理に手間もかからないところもおすすめのポイントといえます。人口の少ない過疎地域の場合は、マンションや駐車場経営などでは需要が獲得しづらいため、太陽光発電での土地活用がおすすめです。

トランクルーム経営

初期費用を抑え、さらに管理の手間もかけたくない場合は、トランクルームの経営がおすすめです。トランクルームは、利用者から賃料を受け取り、これが収入となります。トランクルームはコンテナの設置など、簡単な作業で経営を始めることができ、初期費用は安いです。

また、定期的に清掃は必要ですが、管理において面倒な点はほとんどありません。こまめに清掃するだけで経営を続けられるため、土地活用にあまり時間をかけられない場合でも、トランクルームの経営はおすすめです。

コインランドリー経営

高利回りの土地活用を始めたい場合は、コインランドリー経営を始めるとよいでしょう。

コインランドリー経営は、設置した洗濯機や乾燥機の利用料金が収入になる仕組みです。利用者は、その近くに住んでいる人がほとんどになるため、都心部かつ近くに住宅街やマンションが建っている土地が向いているといえます。

利用者を確保できれば、多くの収益を期待できる一方、洗濯機や乾燥機といった設備が高額なため、1,000万円ほどの初期費用がかかってしまいます。

そのため、コインランドリー経営は、初期費用と利回りをしっかりと計算してから始めることをおすすめします。

高齢者施設経営

300坪500坪といった広い土地を持っている場合は、老人ホームサ高住(サービス付き高齢者向け住宅)などの高齢者施設を経営するという手もあります。
経営といっても、通常は土地を介護・福祉事業者に貸す方法をとります。

高齢者施設だと、都心部よりも静かな地方の方が好まれる傾向にあるため、賃貸経営などよりも人口の少ない地域でも活用アイデアとして検討できるでしょう。
今後少子高齢化が進むことも考えると、ニーズの高まってくる土地活用方法の1つです。

主な収入源は地代収入です。土地を事業者に貸し出して高齢者施設を経営してもらい、土地の賃料を得ることで収入源になります。

等価交換

等価交換とは、自分の土地の権利を一部事業者に譲渡し、その代わりに、事業者が建築した物件の所有権を一部もらうことで交換するという土地活用方法です。
例えば、マンションデベロッパーと等価交換をする場合は、土地の権利を一部デベロッパーに譲渡する代わりに、マンションの区分所有権を得ることができます。

等価交換は、自分が建築費を負担する必要がない分リスクの少ない土地活用方法ですが、事業者側も「この土地で建築したい!」というニーズがないとできない土地活用なので、立地や土地の広さにある程度の制限があります。

アパート経営を成功させるアイデア

ここではアパート経営を成功させるためのアイデアを紹介します。

学生をターゲットに狭小アパートを建てる!

Aさん(40代・男性)は、学生の多い地域に114.8㎡(約35坪)に、木造3階建てのアパートを建築しました。

一般的に35坪という広さは、アパートを建てるには狭いことから、Aさんは部屋の広さよりも戸数を重視して、35坪の土地で12部屋も設けた用です。

また、学生が多い地域ということで、賃貸需要を見込める土地かつ、そのニーズに適した設計にしたため、狭い土地でのアパート経営であっても、入居者を集めることができています。

学生さんが多い地域なので、ファミリー層より学生さんや単身者さんをターゲットにアパートを建築しました。収益性も考え、狭い土地を有効に活用するべく、部屋の広さより、戸数を重視し、部屋を出来るだけコンパクトに、そして若者受けするようなお洒落な設計にしました。(Aさん 40代・男性)

収益性を追求した駅前のアパート!

Bさん(20代・男性)は、アパート経営の収益性に魅力を感じていたことから、駅前の330㎡(約100坪)の土地に木造2階建てアパートを建築しました。

アパート経営は高い収益を見込める土地活用なので、そのメリットを最大限に享受するため、駅前の土地にアパートを建てたことは正解でしょう。

また、木造アパートは建築費を抑えることができるため、収益性を高めたい方には向いている構造です。

実際、Bさんは5,000万円ほどでこのアパートを建てていることから、かなりの高利回りでアパート経営を始められます。

収益性の高い事業として魅力的だったので、できるだけ駅に近いところで、入居者を確保できるようにしました。(Bさん 20代・男性)

アクセスの悪い土地でも工夫して始めたアパート経営!

Cさん(30代・男性)は、260㎡(約80坪)の余らせていた土地を活用するために、鉄筋コンクリート造4階建てアパートを建築しました。

Cさんの所有する土地は、決してアクセスのよい土地とはいえなかったため、さまざまな工夫をしてアパートを建てたようです。

たとえば、車での移動が主な地域なので、駐車スペースを確保したり、設備や防犯対策を充実させ、他のアパートと差別化をはかっていました。

アパート経営では、立地だけでなく、競合物件との差別化も必須なので、Cさんの工夫は立地が悪いというデメリットを補っています。

決してアクセスが良い場所ではなかったので、駐車場スペースの確保と設備面、防犯面を充実させた仕様にしました。(Cさん 30代・男性)

最適な土地活用方法は土地の立地や広さ、周辺の需要によって変わります。土地活用を検討しているなら日本最大級の比較サイトイエウール土地活用で複数企業から土地活用プランを取り寄せましょう。将来の収益性の高い土地活用方法を見つけることができます。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

駐車場経営を成功させるアイデア

Dさん(30代・男性)は、できるだけ費用と手間をかけないことを意識して、165㎡(約50坪)の土地で駐車場経営を始めました。

Dさんの土地は田舎にある土地で、当時はまったく使っていない更地だったようです。

多少の空きがあり、絶好調というわけでありませんが、ほとんど費用をかけずに始めることができたため、今では資金的な余裕ができているそうです。

Dさんのように、田舎の土地を活用している方は、できるだけ費用と手間をかけずに始めることを心がけましょう。

まず、なるべくお金をかけないということを意識しました。どうせ何もしていない土地なので、収入が得られなくても大丈夫で、収入が得られればラッキーぐらいの気持ちで土地活用をしたかったので、精神的な負担をかけないということが一番工夫したことと言えます。また、お金以外にも手間もかけないということも工夫しています。ですので、駐車場の環境は決して良くはないとは思うので、その分価格をできるだけ抑えて使ってもらっています。このように田舎にある土地で頻繁に管理しに行けないという事情からお金や手間をかけないということが重要だと思います。(Dさん 30代・男性)

トランクルーム経営を成功させるアイデア

Eさん(50代・男性)は、田舎にある800㎡(約242坪)の余った土地を活用するために、トランクルーム経営を始めました。

Eさんが始めたトランクルーム経営は、貸し倉庫兼車庫として使いやすいように、各倉庫に車庫機能を持たせ、シャッターを取り付け鍵を閉められるように工夫したようです。

また、倉庫の高さも3mと余裕を持たせることで、多くの荷物を収納できたり、背の高い車も入庫できるようになっています。

このように、倉庫にもさまざまな工夫を施すことで、多くの利用者を見込めるようになります。

貸し倉庫兼車庫として使いやすいように、各倉庫に車庫機能を持たせシャッターを取り付け鍵を閉められるようにしています。高さは3mと余裕を持たせ、多くの荷物や背の高い車も余裕をもって入庫できるようにしました。夜間の照明はオートで点灯するようにしまして安全性にも配慮しています。内部には電化製品を使えるように簡易的ですがコンセントを取り付けまして少し作業するなどでも使いやすくしております。田舎では土地がある人が多いのですが皆がそうではなく倉庫や車庫のない方もおられますのでそういった方の需要もあると考えます。

空き地をそのまま有効利用するアイデア

Fさん(30代・男性)は、何らかの形で地元へ貢献したいという想いから、265㎡(約80坪)の土地を資材・重機置き場として活用しています。

土地活用というと、何か建物を建てて始めると思う方が多いですが、更地のまま活用するという方法もあります。

Fさんは田舎の土地を所有していたということで、活用が難しいことを理解してくれる人を探したようです。実際、土地活用を始めるうえで、信頼できるパートナーを見つけるのはとても重要になります。

そのため、どんな土地活用を始めようか悩んでいる場合は、まずFさんのように信頼できる土地活用の相談相手を見つけてみましょう。

理解がある人が限られる田舎の土地であったことから、信頼できる人を探す行動に重点を置きました。実際に重機や資材置場を提供している人を飲み屋で紹介してもらい、具体的な運用方法を学ぶ作業から徐々に始めていきました。それから新興住宅地では騒音問題が発生するであろう重機の取り扱いにさまざまな規制があるため、私が所有している田舎の土地は有力な候補のひとつになるとわかりました。地元の中小企業と交渉し、晴れて有効な土地活用にたどり着きました。田舎での土地活用で最も大切なことは、信頼できる人を自らの手で見つけることに限ります。

お持ちの土地に最適な土地活用方法を見つけるためには選択肢を広げて複数のプランを検討してみることをおすすめします。日本最大級の比較サイトイエウール土地活用なら、チャットの質問に答えるだけで土地活用プランを取り寄せることができます。

\建築費は?初期費用は?/

大手10社の収益プランを比較する
STEP1右矢印
土地の有無
STEP2右矢印
都道府県
STEP3右矢印
市区町村
STEP4右矢印
町名
STEP5右矢印
字・丁目

土地活用のアイデアはいろいろある!

土地活用を検討しているなら、どのようなアイデアがあるのかを幅広く知り、土地に合ったやり方を見つけることが大切です。ただ、土地活用は決まった方法でなくとも、その土地で儲かると判断する方法であればどんな方法でも構いません。

そのため、自分が持っている土地にどんな特徴があるのか、周辺にどんなニーズがあるのか、をしっかり汲み取り、土地に合わせた活用方法を検討することが重要になります。

所有する土地に合わない方法で活用を始めると、経営に失敗して損失がでることもあるため、注意しなければなりません。土地活用で収益化を図るためにも、様々な方法を知り、所有する土地に合った方法での失敗のない活用を目指しましょう。

土地活用はアイデア次第で様々な方法が考えられます。どのような土地活用方法が適しているかは、土地の広さや所在地、周辺環境によって異なります。広さ別の土地活用のアイデアや活用方法の選び方などを知り、土地を有効活用しましょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

土地活用にはどんなアイデアがありますか?
土地活用には、アパート経営やマンション経営だけでなく、駐車場経営や太陽光発電いった活用法があります。詳しくは、土地活用の王道アイデア10選をご覧ください。

アパート経営を上手に始めるアイデアはありますか?
アパート経営は、狭小地やアクセスの悪い土地でも、工夫さえすればアパート経営を成功させることができます。詳しくは、アパート経営を成功させるアイデアをご覧ください。

【完全無料】最適な土地活用って?