土地活用初心者必見!広さ別に土地活用のアイデアをご紹介

土地活用初心者必見!広さ別に土地活用のアイデアをご紹介

所有している土地は、上手な活用方法を考えることで、収益を得られる可能性があります。土地を所有していれば固定資産税や都市計画税などの費用がかかりますが、収益を得ることで、税金を含めた維持費用が捻出され、さらに利益が出る可能性も高まります

土地活用のアイデアはさまざまありますが、土地によってどのような方法が適しているかは異なります。土地の広さ別で行える活用方法を知り、所有する土地を収益化するアイデアを知っていきましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

狭い土地の活用アイデア

money-in-bottle

狭い土地でも、アイデア次第で活用することは可能です。狭い土地を有効活用するアイデアとしては、次のものがあげられます。

  • 自動販売機置き場
  • トランクルーム経営
  • 野立て看板の設置
  • 移動販売車置き場
  • ロッカー付きのバイク置き場

上手く行えば、とても狭い土地でも、十分な収益を上げることもできます。

自動販売機置き場

自動販売機を設置することで、販売機の売上の一部を土地の所有者が収入として得られます。自動販売機の設置費用などは、飲料メーカーが負担してくれるため、初期費用がかからない点が魅力です。

自動販売機を稼働させるための電気代などは土地の所有者が負担しなければなりませんが、少ない維持管理費用で土地活用をできる点はメリットといえます。

トランクルーム経営

初期費用を抑え、さらに管理の手間もかけたくない場合は、トランクルームの経営がおすすめです。トランクルームは、利用者から賃料を受け取り、これが収入となります。トランクルームはコンテナの設置など、簡単な作業で経営を始めることができ、初期費用は安いです。

また、定期的に清掃は必要ですが、管理において面倒な点はほとんどありません。こまめに清掃するだけで経営を続けられるため、土地活用にあまり時間をかけられない場合でも、トランクルームの経営はおすすめです。

野立て看板の設置

土地の上に看板を設置することで、看板設置料や広告収入料などの名目で、収入を得ることは可能です。野立て看板で収入を得るには、広告を出したい人を見つけるだけではなく、所有している土地に看板を設置して、宣伝効果が期待できなければなりません。

看板は人に見てもらってこそ広告効果を発揮するため、交通量の多い、主要な道路に面した土地や人通りの多いエリアの土地などは、野立て看板の設置に向いています。

移動販売車置き場

周辺で移動販売車を出している人がいるなら、その車置き場として、土地を提供することも収益化の方法の1つです。オフィス街にある土地や、ビジネスビルの周辺にある土地の場合は、ランチ需要が高くなるため、移動販売者置き場の土地として適しています。

また、大学の近くなど、人通りが多いエリアにも適しており、人が多くランチ需要の高い土地であるなら、移動販売車置き場としての需要は獲得しやすいでしょう。

ロッカー付きのバイク置き場

狭い土地はバイク置き場として貸し出し、収益化を図ることができます。より高い収益性を求めるなら、バイク置き場に例えばロッカーを付けて貸し出すことがおすすめです。ロッカー付きになっていることで、利用者はバイクだけではなく、その他荷物も保管できます。

バイクの部品や付属品などをロッカーに預けられて便利で、また他のバイク置き場との差別化も図れます。ロッカーの設置やバイク置き場として使用するための整備にはほとんど費用がかからないため、少ない初期費用で経営を開始できる点も魅力的なポイントです。

広い土地の活用アイデア

アパート経営のための自己資金の目安

ある程度の広さがある土地なら、狭い土地ではできない活用方法を考えてみましょう

  • マンション経営
  • シェアハウス経営
  • 駐車場経営
  • 太陽光発電
  • 貸し農園

広い土地に適した活用のアイデアを知り、広大な土地を有効活用して収益化を図りましょう。

マンション経営

立地がよければ、マンション経営をして収入を得ることもおすすめです。賃貸需要を獲得できる地域なら、マンションを建てても空室リスクが少なく、入居者の数に応じた収入が得られます。

例えば1部屋5万円の賃料を設定した場合で30室あるならば、月に最大150万円の家賃収入が得られます。部屋数が増え、賃料が高くなるほど、家賃収入は高くなりますが、マンション建設には莫大な費用がかかる点には注意が必要です。

初期費用が高額になるため、費用の回収に時間がかかることもあります。マンションの経営は管理会社に委託することもでき、この場合は管理委託料を支払うことで、管理の手間を省くことも可能です。

シェアハウス経営

マンションよりも規模を小さくして賃貸経営をするなら、シェアハウスの経営がおすすめです。シェアハウスは比較的安い賃料で住めることから、若い世代に人気があります。

建物の建築から始める場合は初期費用が高くなりますが、マンションよりも建築物の規模が小さいため、よりコストを抑えて経営を開始できる点が魅力です。大学の近くなど、若年層が多いエリアなら、シェアハウス経営でも、入居者需要を獲得しやすくなります。

駐車場経営

初期費用を抑えて土地活用をするなら、駐車場経営がおすすめです。駐車場経営は、契約者のみ利用できる月極駐車場と、誰でも利用できるコインパーキングの2つがあります。

初期費用は月極駐車場のほうが安く、土地を整備したり、駐車スペースの区分けをしたりするだけで、すぐにでも経営を開始できる点が魅力です。

コインパーキングは駐車場設備の導入が必要ですが、マンション経営などよりは初期費用は安く済みます。住宅地やオフィス街など、固定で駐車場利用者が見込める場合は、月極駐車場がおすすめです。

駅の近くや商業地、観光地などの場合は、利用者が増えるほど利益が増大する、コインパーキングを選ぶとより高い利益を得やすくなるでしょう。

太陽光発電

周辺に遮蔽物のない広い土地の場合は、太陽光発電システムを設置し、発電した電力を売却することで利益が得られます。売電価格は20年間固定(現行制度下。制度は変わる可能性があります)されるため、安定した収入が得られる点が魅力です。

また、設備の管理に手間もかからず、設置後は労力をかけずに収入が得られる点もおすすめのポイントといえます。人口の少ない過疎地域の場合は、マンションや駐車場経営などでは需要が獲得しづらいため、太陽光発電での土地活用がおすすめです。

貸し農園

周辺人口が少ないエリアでも、貸し農園を経営することで、収入を得ることは可能です。趣味で利用できる農園の場合は、貸し農園にする際に農業委員会の承認は不要であるため、手間をかけずに経営を開始できます。

郊外に広い土地を持っている場合は、貸し農園を経営し、体験型の農園を開設することで、土地活用により収入を得られるでしょう。

土地活用の方法を選ぶときのポイント

ひとくちに土地活用といっても、活用方法はさまざまあり、どれが適しているかは土地によって異なります。そのため、土地活用を考えているなら、どのアイデアが自身に合っているのかを、考えてから行うことが大切です。

  • 土地に適した活用方法を選ぶ
  • 建てることのできる建物で選ぶ
  • プロにアドバイスをもらう

3つのポイントを参考にして、所有する土地に合った活用方法を選びましょう。

土地に適した活用方法を選ぶ

土地によってどのような活用方法が適しているかは異なるため、周辺環境を事前に調査しておくことが大切です。例えば世帯数が多く賃貸需要の多いエリアなら、マンションやシェアハウスの経営が、駐車場利用の多いエリアなら、駐車場経営がおすすめです。

また、上記の需要が獲得できない場合は、トランクルームや看板の設置、土地の貸し出しや太陽光発電システムの設置などが向いているといえます。土地の周辺環境をしっかりと調査しておくことで、どのような活用方法での需要が見込めるかが、判断しやすくなります。

建てることのできる建物で選ぶ

エリアによって用途地域が定められており、建てられる建物の大きさや種類が制限される場合があります。高層の建物が建築できないエリアでは、大規模なマンション経営ができないことが多くなります。

そのため、所有する土地がどの用途地域に定められているかを確認しておき、どのような規模の建物なら建築可能なのかを事前に調べておきましょう。

プロにアドバイスをもらう

土地活用を失敗なく行うには、プロからアドバイスをもらうことがおすすめです。土地活用のプロに相談することで、所有する土地に合った活用プランを提示してもらえます。

同じ土地でも、相談先によって、どのようなプランを提示されるかは異なる場合が多いようです。そのため、より最適な土地活用プランを見つけるためにも、複数の業者からアドバイスをもらい、各社が提示する意見を比較してから決めるとよいでしょう。

土地活用に関するQ&A

土地活用を行うにあたっては、事前に以下のような不安点を解消しておくことが大切です。

  • 資金がない場合は?
  • 田舎の土地でも売却できる?
  • 土地活用を行うデメリットは?

よくある疑問とその回答を参考にして、土地活用に関する不安を解消しておきましょう。

資金がない場合は?

土地活用にかけられる資金がない場合は、次の方法での活用を検討することがおすすめです。

  • 土地の貸し出し
  • 土地信託

借地として貸し出すだけなら、初期費用はかかりません。借主から賃料を得ることができ、それが土地活用の収入となります。また、信託会社の土地信託サービスを利用することでも、資金をかけずに土地活用が行えます。

土地信託の場合は、信託会社が土地を運用し、利益が出た場合に収入が得られます。駐車場やトランクルームの経営など、低コストで始められる土地活用もありますが、資金をまったくかけられない、あるいはかけたくない場合は、上記の方法での活用を考えるとよいでしょう。

田舎の土地でも売却できる?

活用方法が見つからない田舎の土地の場合は、売却を検討することも検討するとよいでしょう。田舎の土地でも購入希望者がいれば、売却は可能です。

土地の売却を考えているなら、不動産一括査定サイトを利用するとよいでしょう。一括査定に出すことで、複数の不動産会社から同時に査定を受けることができます。

各社の査定結果を比較することで、好条件を提示する不動産会社を見つけることができ、スムーズな売却を実現しやすいです。

土地活用を行うデメリットは?

土地活用を行う際には、例えば、以下のようなデメリットもあります。

  • 空室が多いと損失が増える
  • 税負担が増える
  • 土地の利用が制限される

マンションやシェアハウスの経営をしている場合は、空室が多いと家賃収入が減ってしまいます。家賃収入が減少しても、建物の管理にかかる費用はそのままかかり続けるため、土地活用によって損失が発生してしまう可能性がある点はデメリットです。

土地活用をして収入が減っても、税金はかかり続けるため、土地活用のコストと税金の負担を考えると、出費が増えてしまうこともあるかもしれません。

どのような活用方法でも、活用している間は土地の利用が制限されます。いうまでもありませんが、自身で土地を利用したい場合でも、土地の上に建物や設備があったり、誰かに貸し出したりしていると、自由に使えなくなってしまうことはおさえておきましょう。

土地活用のアイデアを参考にして土地に合った活用方法を見つけよう

土地活用を検討しているなら、どのようなアイデアがあるのかを幅広く知り、土地に合ったやり方を見つけることが大切です。土地の所在地や広さ、周辺環境によって適する土地活用のアイデアは異なります。

所有する土地に合わない方法で活用を始めると、経営に失敗して損失がでることもあるため、注意しなければなりません。土地活用で収益化を図るためにも、様々な方法を知り、所有する土地に合った方法での失敗のない活用を目指しましょう。

【完全無料】最適な土地活用って?