狭い土地の活用方法と手放す方法 | 活用する上でのコツも解説

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

一般的な土地活用とは違い、20坪以下の土地は狭い土地としてその活用方法や注意点も若干変わってきます。

土地活用を検討されている方の中には、「アパートを建てられるほどのスペースはないが、何かしらの活用法で収益化を行いたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、20坪以下の狭い土地を所有している方向けに、その活用方法や売却以外で土地を手放す方法、また活用を進めていく上でのコツ等を詳しくご紹介しています。

この記事が、狭い土地での有効な活用方法の糸口となれば幸いです。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地には様々な活用方法があります。以下の記事では、20種類以上の土地活用方法を紹介しているので参考にしてみてください。

狭い土地で収益化を目指す活用法16選

狭い土地でおススメな土地活用法22選

ここからは、狭い土地において収益化を目指す活用方法をご紹介します。

それぞれの活用方法のメリットやデメリット、適した土地などを解説しているので、所有している狭小地に合わせた活用法を見つける参考となれば幸いです。

駐車場経営

狭小地の土地活用の中でも比較的収益をあげやすく、収益率が高いと言われているのが駐車場としての活用です。
経営を始めるにあたっての設置物がほとんど必要ないため初期費用が少なくて済む上、準備期間にかかる時間も少ないため始めやすい土地活用の一つといえます

仮に、車1台分しか入らないくらいの狭い土地であっても、月極駐車場として利用すればコンスタントに収入が見込めます。
もう少し準備に時間をかけて行うのであれば、精算機やロック板などを設置してコインパーキングとして活用することもできます。

観光地にある土地で駐車場経営を行うのであれば、回転率や稼働率の高いコインパーキングがおススメです。

バイク置き場

バイクパーキングとして土地を貸し出す方法です。

駐車場経営と同様に、月極方式またはコインパーキング方式があります。
都市部では需要が高いため、どちらの経営方式でも収益が見込めるといえます。また、次にご紹介する自転車置き場と並列して設備を整えることもおススメです。

バイクの場合は駐輪スペースが広い分、ロック等の設備に多少のコストがかかります。
バイク一台分は約2m×1mほどの広さがあれば留めることができます。

そのため、狭小地でも1坪から経営を始めることも可能です。

自転車置き場

駅近や繁華街に土地を所有しているオーナーには駐輪場としての土地活用もおすすめです。
駐輪場は設置物が少なく、短期間で事業を開始できるため初期投資も抑えられます。

駅の周辺や繁華街などでは、駐輪スペースが足りていないケースも多くあり、放置自転車が問題になることあります。
そのような場所では需要が高いため、収益を望めるだけではなく社会貢献にも繋がります

トランクルーム経営

トランクルーム経営とは、コンテナを設置し物品の保管場所を提供する土地活用法です。

アパートやマンション経営ほどの大きな場所を必要とせず、初期費用も安いことから人気が高まっています。
また、都心部やオフィス街などでは収納・保管の需要が高く、これらのエリアであれば収益化を行うことは難しいことではありません。

田舎にある土地など、人の往来の少ない地域では安定的な利用者を取り込めるのかをよく確認しておきましょう。

トランクルーム経営は、全国的にその市場が拡大しています。

自動販売機

狭小地の活用方法として有名なのが、自動販売機の設置です。自動販売機は、建物と建物の隙間スペースといった、一見デッドスペースにも思える広さでも十分活用できることが大きなメリットです。幅100cm、奥行き70cm程度のスペースさえあれば、一般的な大きさの自動販売機を設置することができます。

自動販売機の設置は、メーカーが設置してくれ、リース代や機材代などが一切かからないため、初期費用が発生しません。ランニングコストも電気代のみの負担で、月額にすると約1ヶ月2,000~3,000円と安価です。

管理しやすく手間もかかりにくいので、狭い土地の活用方法にピッタリです。

コインロッカー

コインロッカーを設置し、その収益の数割をもらうという土地活用法です。

一般的なコインロッカーの大きさは190cm×80cmですので、狭小地、さらにその土地の形状に関わらず有効活用することが可能です。

需要の強い地域を見極め設置することが収益確保へのカギになります。
具体的には、観光地や駅、バスターミナルや、テーマパークが近い土地であると高いニーズがあります。

看板用地

広告や看板を設置し、企業にそのスペースを貸し出すことで利益を生み出す方法もあります。

この土地活用の最大のポイントは、極端に狭かったり、使いにくい形だったりする土地であっても活用が可能なことです。
さらに、設置物は空の看板だけのため、初期費用や準備にかかる時間がかなり抑えられ、相対効果が高いといえます。

広告を継続的に設置していけば、コンスタントな収入が見込めます。

移動販売車

最近、新しい土地活用の方法として話題となっているのが、キッチンカーなど、移動販売者の出店スペースとして土地を貸し出すという方法です。空いているスペースにキッチンカーが止まり、そこでビジネスを行い、その収益の数パーセントをもらうという収益モデルです。
建築物やリノベーションなどの必要がなく、仮にむき出しの土地であっても、車を止められるスペースさえあれば運営可能なため、初期費用が安く抑えられるのが最大のメリットです。

特定のキッチンカーは、会社と契約をしてからビジネスのスタートとなるため、コストの回収も早いと言われています。

レンタル・コワーキングスペース

レンタルスペースやコワーキングスペースというのは、仮オフィスのようなもので、仕事をするためのスペースを借りられる場所のことです。企業でも一般の人でも借りることができ、月額の会員制であることが多くあります。

2020年に新型コロナウイルスが大流行してから、出社せずに仕事をする人が増加しました。
そのため、自宅に作業スペースがない人や自宅のインターネット環境が整っていない人によるレンタルスペースの利用が増えています。

月額制であることや利用者が増えていることを考えると十分に収益を見込める土地活用法です。しかし、高速通信回線の引き込み、コピー機やロッカー、郵便受けなどオフィスに不可欠な設備を整える必要がありますので、初期費用は高くなることが予想されます。長期的な土地活用を考えている方におすすめです。

宝くじ販売所

建物などが建てられないような狭い土地であっても活用できる方法として宝くじ販売所があげられます。特に、ショッピングモールの近くや駅の周辺など、人通りが多い立地にある場合は特におすすめです。

狭い場所でも利用できるのはメリットですが、初期費用として安くなるとは言えません。販売員として人が常駐する建物ですので、冷暖房を完備したり安全性を確保できたりする作りにするのは必須条件です。

証明写真機

土地が130センチメートル×75センチメートル以上ある場合、証明写真機の設置が可能です。
携帯電話での写真機能の向上などにより、写真店が少なくなっている昨今、簡単に正式な写真を撮ることができる証明写真機の利用者は増えています。

特に、学校や会社、公的施設の近くなどにある土地の場合は利用者が多くなることが見込めるのでおすすめです。
電気の引き込みが必要ですが、収益は自動販売機よりも多くなる傾向にあります。

資材置き場

狭い土地は、建設等に使う資材置き場としても有効活用できます。

常に根強い需要がある訳ではありませんが、付近で工事がある際には長期契約を結ぶことが可能です。
近くで工事やその予定がある場合は、積極的に検討することをおススメします。

工事期間によっては長期契約になる可能性もあるため、「一定の期間のみ収益化を行いたい」とお考えの方にも選択肢として入ってくると思います

管理費用などの維持費はかからないため、少ないコストで安定した収益を見込めます。

太陽光発電

付近に太陽光を遮るものがなく、1日を通して日当たりのよい狭小地であれば太陽光発電による土地活用も可能です。

収益化目的ではなく、自宅の電力確保先としても有効活用を行うことができます。

太陽光発電には固定価格買取制度(FIT制度)があり、10年もしくは20年の間は固定価格で電力を事業者が買い取ってくれます。
しかし、この買取価格の相場は年々下がり続けているため注意が必要です。

また、光の反射や発電装置の音に起因した近隣トラブルにも気を付ける必要があります。

店舗開業

資金に余裕があり「お店を経営していみたい」とお思いの方は、狭小地でも店舗開業も検討することができます。

狭い土地にある飲食店などは、設備投資を抑えるためにメニューを少なくしたり、席をカウンター席のみにすることでスペースを最大限に使う工夫が見られます。

このようなお店はおしゃれなお店として認知されることも多く、上手に経営すれば非常に収益性の高い土地活用になるでしょう。

貸し店舗

貸し店舗による土地活用とは、建物を建設しテナント誘致を行う方法です。

狭小地であっても、特に繁華街などでは様々な業種からの需要が見込めます。

長期契約になりやすい点に加え、建築費や設備投資を最小限に抑えることで収益率の向上が期待でき安定した経営を行うことができます。

貸し農園

貸し農園は、土地を畑として整備し、区画ごとに農園を貸す土地活用法です。

区画を作るロープや、水道設備は必要となりますが、その他に特別な設備や整備は必要ないため、初期費用も安く抑えることができる点がメリットです。
土地の広さとしても、5坪程度であれば経営を始められます。

また、維持管理を運営会社に任せることも可能です。

狭い土地を活用する以外の方法

狭い土地を活用する以外の方法

狭い土地を活用する以外には、寄付・譲渡、放棄する方法があります。

寄付(譲渡)する

土地の寄付先としては、自治体個人法人の3択になります。

このうち、狭い土地の場合は個人への寄付が現実的になります。

自治体の場合、よほど収益を見込める土地でない限りは寄付として受け付けてくれるケースは少ないでしょう。それは、土地所有者にかかる税金は貴重な税収となることから明らかです。
また、法人への寄付もその土地の活用における収益性という観点を重要視します。そのため、寄付によって土地を手放すことができるかは、自治体と同様に土地の状況に大きく左右されます。

隣地への寄付(譲渡)

狭い土地の寄付先としておススメな方法としては、隣の土地の所有者に寄付をすることです。
これは、「寄付をする側の土地を手放すことができる」というメリットと、土地をもらう側の「少しでも土地を広くすることができる」というメリットがうまくかみ合うためです。

しかし、個人の寄付には寄付される側に贈与税がかかります。

贈与税額は、土地の評価額よりの年間基礎控除額である110万円を適用して算出されます。

放棄する

活用や寄付が難しいのであれば、土地の放棄も検討することができますが、それは土地の相続放棄をするケースのみに限られます。
相続放棄以外で土地を放棄することは基本的にできませんので注意が必要です。

なお、相続放棄を行うと土地にかかる税金などは支払わずに済みますが、土地以外の財産についてもその所有権を失うことになります。

土地の放棄に関する新制度

登記手続きが行われていない所有者不明の土地が全国的に増加している背景から、登記の義務化や土地の放棄などが新たに検討されています。
現在の法律では土地の放棄に関する規定がなかったものが、今後土地を放棄することが認められるようになるかもしれません。

詳しい情報は公にはされていませんので、土地の放棄に関しては情報の開示を待つのみとなります。

土地を有効活用するコツ

土地を有効活用するコツ

土地を活用する上で、成功するためのコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、狭い土地を活用する上で以下3つのコツをあげた上でそれぞれ詳しく解説していきます。

  • 需要のある活用を行う
  • 収支計画を綿密に立てる
  • 複数の会社に相談する

需要のある活用を行う

狭い土地に限らず、土地活用において収益化を行う際に大切なことは需要とマッチした土地活用を行うことです。
ニーズに合わせた活用を選ぶことで収益化を行いやすくなり、結果として安定した経営を行うことができます。

どの活用法を行えばよいのかお悩みの方は、一度所有している土地周辺のエリアの市場調査を行うのがよいでしょう。
市場調査に関しては、まずは地域の不動産関連会社土地活用サイトにて相談することをおススメします。

その地域に特化した情報を基に、それぞれの状況に合う最適な活用方法を提案してくれます。

収支計画を綿密に立てる

収支計画をしっかりと立てることは、健全な経営を行うために不可欠です。

活用方法によっては、自己資金の準備が必要であったり、ローンを組む場合もあるかと思います。
そのため、支出や活用法の収益性を確認し無理のない範囲でコスト管理を行う必要があります。

活用することによって逆に負担が増えてしまわないよう、収支計画には余裕をもっておきましょう。

複数の会社に相談する

土地活用を行う前には資料やプラン請求を行うことになると思いますが、こうした初期段階においては必ず複数の会社にプラン作成や見積もりを依頼しておきましょう。
複数のプランを比較検討を行うことによって、より自分に適した活用方法を選択することができます。

また、特に会社に直接足を運ぶ時間の無い方や、すぐにプラン請求を行いたい方には、一括で複数社にプラン・資料請求ができる土地活用比較サイトの利用をおススメします。

土地活用を行う際の注意点

土地活用を行う際の注意点

狭い土地で土地活用を行う際の注意点としては主に以下の2点をあげることができます。

  • 土地の形状
  • 用途地域の制限

これらの注意点を理解した上で、上手に狭小地を活用しましょう。

土地の形状

所有している土地の形状によっては、希望している土地活用ができない可能性もあります。

そのため、事前に土地の形状を把握しておく必要があります。
土地の形状は主に以下の3つに分けられます。

  • 四角形の土地
  • 旗竿地
  • 三角地

例えば正方形や長方形など、比較的整っているといえる土地の形状においては、これといった注意点はありません。

しかし、三角地や、「P」や「q」のような形をした旗竿地などは土地をスペースを最大限に生かした活用を行うことが難しくなります。

そのため、これらの形をした狭小地での活用をお考えの方には、周辺状況などによって活用方法を考える必要があります。
特に狭小三角地での土地活用では、看板用地貸し農園など建物を建てる必要のない活用方法を検討するのもおススメです。

用途地域の制限

所有している土地が都市計画区域にあるのであれば、13に分けられた用途地域のどれかに当てはまっているはずです。

用途地域にはそれぞれ建てられる建物に制限があり、例えば工業専用地域では住宅系の建物は建てることができません

用途地域のどれに属しているのかは、各自治体のホームページにて確認できます。

自分に合った土地活用法を探そう

狭い土地活用方法
狭い土地だと、本当に収益化が見込めるのか、うまい活用法はあるのかと悩んでしまうオーナーが多いです。しかし狭小地であっても、有効に活用すれば、長期的に利益を生んでくれる資産となります。

すぐに売却してしまうのではなく、メリットやデメリットを理解した上で、土地に合った有効活用法を見つけましょう。

狭い土地の土地活用を考えた場合、イエウール土地活用の利用をおすすめします。一括資料請求サービスの提供とともに、賃貸経営に関する不安やお悩みを解決できるような情報も充実しているため、ぜひ利用してみてください。

【完全無料】最適な土地活用って?