どんな土地活用が儲かる?収益性の高い土地の活用の方法を紹介

どんな土地活用が儲かる?収益性の高い土地の活用の方法を紹介

知識を持って土地活用に臨むことで、収益化を目指すことは可能です。儲かる土地活用をしたいと考えるなら、事前の準備を念入りに行う必要があります。

収益化できる土地活用の種類や基礎知識、土地活用を成功させるためのポイントなど、細かい点まで知っておくことが大切です。上手な土地活用の方法を知り、収益化を目指して利益を出しましょう。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

土地活用を始める前に知っておきたい基礎知識

土地活用を始める前には、知っておきたい基礎知識がいくつかあります。土地活用を行うメリットはもちろん、デメリットも併せて把握しておくことが大切です。

また、なぜ土地活用をしたほうがよいのか、活用せずに放置した場合に起きるリスクも知っておきましょう。基礎知識を身につけておくことで、失敗なく儲かる土地活用を行いやすくなります。

土地活用を行うメリット

所有している土地を活用するメリットとしては、次のものがあげられます。

  • 定期的な収入を得られる
  • 税金対策になる
  • 土地の管理ができる

土地活用によって収益化することで、定期的な収入が得られます。事業規模によっては、土地活用による収益だけで十分に暮らせるだけの収入となる可能性もゼロではありません。

また、土地を活用することで税金対策になる場合もあり、活用方法次第では固定資産税や都市計画税、相続税などの対策になる点もメリットです。

なんらかの土地活用をしていることで、土地の管理もできます。空き地のまま残していると、管理ができず土地が荒れ果ててしまうこともありますが、活用して収益化を目指すことで、こまめな管理もしやすくなるでしょう。

土地活用を行うデメリット

土地活用を行うデメリットとしては、次のものがあげられます。

  • 初期費用がかかる
  • 損失が出るがリスクがある

土地活用を始めるには費用がかかり、初期費用で数十万円から数百万円、場合によっては数千万円程度の費用が必要なこともあります。初期費用だけではなく、土地活用を開始してからのランニングコストもかかるため、費用負担が大きくなる可能性があることは理解しておきましょう。

また、土地活用を始めたからといって、必ずしも利益が出るとは限りません。収入は得られていても、ごくわずかであったり、費用のほうが多くて損失が発生したりするリスクはあります。

土地活用をしたからといって、すべての場合で儲かるわけではなく、事前準備を念入りに行い、無理のない方法で活用した場合に利益が出ることは覚えておきましょう。

土地活用をせずに放置するリスク

所有している土地を活用せずに放置していると、税金の負担が大きくなってしまいます。空き地のまま放置していると、建物がある場合に比べて固定資産税は最大6倍に跳ね上がってしまうため、税金コストが上がることは理解しておきましょう。

また、誰も使用していない土地は不法投棄や不法侵入などのターゲットになってしまい、犯罪に巻き込まれる危険性もあります。土地の放置にはコスト面でのマイナスと犯罪による被害のリスクがあるため、所有する土地は放置せずに活用することがおすすめです。

収益性が高く儲かる土地活用の方法

土地活用の中でも、収益性の高いものと低いものがあります。収益性が高く、儲かる土地活用の方法としては、次のものがあげられます。

  • 戸建て住宅の賃貸経営
  • 店舗の一棟貸し
  • 駐車場経営
  • トランクルーム経営
  • コインランドリー経営
  • アパートやマンションの賃貸経営

それぞれの特徴を知り、どの土地活用が自分に向いているのかを考えてみましょう。

土地活用方法について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

戸建て住宅の賃貸経営

十分な広さの土地があるなら、戸建て住宅を建てて、賃貸経営することがおすすめです。戸建ての賃貸は数が少ないため、需要は多く入居者を獲得しやすいです。また、戸建ての場合はマンションほど入れ替わりが多くないため、一度入居者が入ると、長期的に安定した収入が得やすい点も魅力でしょう。

住宅は建築コストが高いため、初期費用は高額になりやすいです。数千万円から場合によっては億を超える費用が必要な場合もありますが、建物の構造次第では初期費用を抑えられることもあります。

鉄骨や鉄筋コンクリート造などは費用が高いですが、木造は比較的安価で建築できるため、初期費用を抑えたい人は木造住宅での戸建て賃貸経営がおすすめです。

店舗の一棟貸し

店舗として利用できる建物を建築し、一棟まるまる貸し出すという方法もあります。店舗の一棟貸しの場合は、コンビニやドラッグストアに入ってもらえると、賃料を高額に設定しやすいためおすすめです。

一棟貸しの場合は、入っているテナントが建物を管理することになるため、管理の手間や費用がかかりません。修繕が必要になった場合も、テナント側が費用を負担するため、土地活用開始以降のランニングコストは抑えられます。

駐車場経営

素早く土地活用を行いたいなら、駐車場経営をすることがおすすめです。駐車場経営には契約者のみ利用できる月極と時間貸しで利用できるコインパーキングの2つがあります。

より高い収益性を求めるなら、コインパーキングの経営がおすすめです。月極駐車場の場合は契約者のみの利用となるため、「駐車可能な台数×契約金額」が毎月の収入となり、上限が決まっています。

コインパーキングの場合は、利用者が増えて回転率が上がると利益が増えるため、利益の上限はほぼありません。そのため、観光地などで需要が見込める土地なら、より儲かる可能性の高いコインパーキングの経営を検討することがおすすめです。

トランクルーム経営

初期費用を抑えて土地活用をしたいなら、トランクルームの経営がおすすめです。土地にトランクルームを設置するだけで収益が得られるため、手軽に土地活用を始められます。また、トランクルームの費用自体もそれほどかからないため、初期費用が安い点も魅力でしょう。

トランクルーム経営は管理会社に委託も可能ですが、自身でトランクルームを購入して経営したほうが、利益は得やすくなります。土地活用を始めやすいだけではなく、初期費用やランニングコストも抑えやすい点はトランクルーム経営のメリットです。

コインランドリー経営

住宅街の近くにある土地なら、コインランドリーの経営もおすすめです。人口の多い場所ならコインランドリーの需要は多く、安定した収入を得やすいです。

建物の建築や機材の導入などに費用はかかるものの、経営開始後のランニングコストはほとんどかかりません。機材を設置した後は管理の手間がほとんどないため、人件費を抑えて土地活用をしたい人におすすめです。

アパートやマンションの賃貸経営

住宅街に広い土地を所有しているなら、アパートやマンションの賃貸経営もおすすめです。駅から近い、周辺に生活に利用する施設が充実している好立地なら入居者を獲得しやすく、儲かる可能性も高いです。

同じ土地の広さでも、戸建てとアパートなどの集合住宅では、集合住宅のほうが利益は出やすいことも魅力でしょう。例えば戸建てで賃料を15万円に設定した場合に、アパートの家賃が1室4万円だったとします。

戸数が4部屋以上あるなら、満室時の月の収入は16万円以上となり、戸建てで賃貸経営するよりも収益性は高いです。

アパートやマンションの場合は、建物の規模が大きいため建築コストが高く、初期費用が高額になってしまう点は理解しておきましょう。土地活用で失敗しないためには、念入りに収支の計画を立てておく必要があります。

土地活用で儲けるためのポイント

儲かる土地活用をするためには、覚えておきたいポイントがあります。

  • 土地の状況を把握する
  • 複数のプランを比較する
  • 活用方法がない場合は売却する
  • 土地活用のプロに相談する

儲けるためのポイントを把握して、上手に土地活用を行いましょう。

土地の状況を把握する

土地によってどの活用方法が適しているかは異なるため、土地の状況を把握しておくことが大切です。例えば広い土地であっても、人が少ないエリアでは、賃貸住宅の経営には不向きです。

土地の広さだけで活用方法を考えてしまうと、実際に経営を開始してから需要が獲得できず、損失を抱えてしまう可能性があります。土地活用で失敗して損を出さないためにも、土地の広さや形状、周辺の環境や需要なども調査し、事前に状況を把握しておきましょう。

複数のプランを比較する

土地活用についての相談は、土地活用の専門業者からアドバイスをもらうことがおすすめです。このとき、複数業者に相談して、プランを比較しておくことが大切です。

同じ土地でもどのプランで活用するかによって、得られる収益性は異なります。また、同じ活用方法でも、業者のプラン次第で初期費用や得られる収益が変わることもあるため、注意しなければなりません。

最適なプランで儲かる土地活用をするためにも、複数業者に相談してプランを比較してからよりよいものを選びましょう。

活用方法がない場合は売却する

土地の広さや形状、立地などの問題で活用が難しい場合は、売却も検討しましょう。土地によっては無理に活用しても収入を得られず、損失ばかりが大きくなってしまうこともあります。

そのため、所有している土地を持て余しているからといって、無理に活用を考える必要はなく、売却したほうがよいこともあります。

土地は売却することでまとまった資金を得ることができ、管理の手間やコストなどを手放せる点もメリットです。売却も土地活用の手段の1つと考え、無理のない方法での土地活用を目指しましょう。

土地活用のプロに相談する

失敗せずに土地活用をするには、土地活用のプロに相談することがおすすめです。プロに相談することで、土地にあった適切な土地活用の方法をアドバイスしてもらえます。

土地によっては利用時の規制があったり、周辺環境次第で賃貸需要の有無が変わったりします。そのため、プロに相談してアドバイスを受けることで、より失敗のない土地活用を行いやすくなるでしょう。

土地活用で儲けたいときの注意点

儲かる土地活用をしたいなら、覚えておきたい注意点もあります。

  • 儲からないケースもある
  • 土地の規制に気をつける
  • 初期費用の予算を決めておく

注意点を正しく把握しておかないと、土地活用で失敗して損をすることもあります。

儲からないケースもある

土地活用をしたからといって、必ずしも儲かるとは限りません。土地の状況に合わない方法で活用をすると、儲からない可能性もあるため注意が必要です。

仮に収益が出たとしても、土地に合わない活用方法だと、収益が少なく、費用のほうが大きくなって損をすることもあります。土地活用で失敗しないためにも、土地の状況は念入りに調査し、本当に儲かるのかシミュレーションをしておくことが大切です。

土地の規制に気をつける

土地によっては規制がかけられていることもあり、やりたい土地活用ができない場合もあります。エリアによっては建物の建築そのものができなかったり、建築はできても規模に制限がかかったりすることもあるため、規制の有無は事前に調査しておきましょう。

特に田舎の土地は規制をかけられている場所が多いため、活用する際には注意しなければなりません。所有する土地にかけられている規制を把握し、可能な選択肢を絞り込んでおくことで、より最適な土地活用のプランは見つけやすくなります。

初期費用の予算を決めておく

土地活用を行うなら、初期費用をいくらまでかけるのか、予算を決めておくことが大切です。予算を決めずに土地活用を開始すると、膨大な費用がかかって資金計画が上手くいかなくなることがあります。

活用開始にあたってローンを組む場合は、いくら借りるかだけではなく、期間内に無理なく返済できるかもチェックしておくことが大切です。

万が一、返済できなくなった場合には、どのように残債を返済するのかもプランを考えておき、資金計画は無理のない範囲で立てておきましょう。もし初期費用が高すぎて予算をオーバーする場合は、活用方法を変えるか、売却を検討することがおすすめです。

儲けるためには土地に適した活用方法を見極めることが大切

土地活用で儲けるためには、所有する土地に合った活用方法を見極めることが大切です。土地によってどのような活用方法が適しているかは異なり、間違ったやり方で活用すると損失を抱えてしまう可能性があります。

土地活用は始めたからといって必ず儲かるとは限らず、少なからずリスクがあることは覚えておかなければなりません。儲かる土地活用をするためにも、土地の状況を事前に調査し、最適なプランでの活用を目指しましょう。

【完全無料】最適な土地活用って?