中古マンションの売却期間と価格|早く売却するためにできること

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

中古マンションを売る時には、どれくらいの期間で売れるのかどれくらいの価格になるのかは、とても気になりますよね。なかなか売れなかったり、大幅に売却金額が下がったりするのではないかなどの不安もあると思います。
この記事では、中古マンションをどうすれば早く、高値で売却できるのかを知って、あなたのマンションを売却する際の参考にして頂けたらと思います。

先読み!この記事の結論
  • 一番重要なことは「販売力のある不動産会社を見つける」事
  • ローン残債も考慮して期間を検討することが良い
  • おおよそ3ヶ月を目安に期間を見ておこう。

「イエウール」で価格を比較した方の2人に1人が、平均342.5万円高く売れています。不動産の売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

早く、高く売りたいなら一括査定をしよう!

  1. 早く、高く売るために重要なことを知りたいです!
  2. 一番大切なことだから最初に説明しよう!
早く、高くマンションを売却するためには販売力のある不動産会社に出会うことが一番重要です。
なぜかというと、マンション売却のフローはほとんど不動産会社があなたをサポートするのが一般的だからです。下の図はマンション売却の大まかな流れです。
 width=
マンション売却の流れを簡単に説明すると、不動産会社があなたのマンションを買いたい!という購入希望者を探し、売却完了までサポートしてくれるのです。
基本的には売却完了まで不動産会社があなたをサポートするので一人で悩む必要はありません
  1. つまりサポートしてくれる不動産会社によって、結果が変わってくるってことか!
  2. 力のない不動産会社を選ぶと、高く売れないだけでなく、買主を見つけられず売れ残ることもありえるぞ!
  3. だったら、販売力のある不動産会社を見つける方法を知りたいよ!
そんな時にオススメしたいのが不動産一括査定サービスです。
不動産一括査定サービスとは、インターネットから不動産会社に無料で査定依頼できるサービスです。
 width=
一括査定サービス 一括査定サービスを使えば、スキマ時間にたった1回マンションの情報を入力するだけで、複数の不動産会社に査定を依頼できます。
加えて、紹介される不動産会社は一括査定サービスが選び抜いた一流の会社ですので、自分で探してくるよりも信頼できる会社を選べます。
つまり一流の不動産会社の中から、あなたのマンションを一番高く売ってくれる不動産会社を比較しながら選ぶことができるのです。
仮にまだ売却する気がない方でも少なくとも、オリンピック前の今が一番マンションが高く売れやすい時期なので

今のうちにマンションの売却価格だけでも調べておくとよいでしょう。

  1. たしかに自分のマンションが、いくらの価値があるのかは気になるなぁ!
  2. 一括査定サービスはまだ売る気がない人でも、売却価格だけ知ることができるから便利なんじゃよ!
「マンションの売却価格を知りたい!」という方は利用者数が1,000万人超の不動産一括査定サービスのイエウールを使って売却価格を無料で調べてみましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

中古マンションの売却の大まかな流れ

マンションの売却の流れとしては、まずは不動産会社を選んで売却活動をし、買主が見つかったら売買契約を締結して引渡しになります。売却活動をスムーズに進めるためには、売却活動の流れを理解することや事前準備も大切です。

事前準備をしっかりとする

中古のマンションの売却活動を始める前に、現在の住宅のローンの残債を確認しましょう。マンションを売却するためには、ローンの残債がある場合、抵当権を抹消するために完済する必要があります。したがって、ローンの残債の金額をきちんと把握し、売却金額と売却にかかる費用を試算したうえで、売却活動を始めましょう。売却金額がこれらの費用を上回るように、売却することがポイントとなります。

中古マンションを売却する時には、売却によってローンの残債全てが返済できるように、計算する必要があります。しかし、築年数が経過していると、希望価格で売れない場合もあります。もし、ローンの残債額が売却金額を上回った場合は、住み替えローンを利用して新しい住み替え先の自宅に抵当権を設定しなおすこともできます。

マンション売却の際には、必要書類を前もって用意しておくことをおすすめします。売却活動をする際にも、必要になります。必要書類は以下のものがあります。ただし、不動産会社によって必要書類が変わるため、事前に確認が必要です。

  • 権利済証(登記情報識別通知)
  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • パンフレット
  • 住宅ローン支払い明細書

権利済証をなくした場合は、別途で手続きが必要になるので、不動産会社に相談すると良いでしょう。

不動産会社と契約する

マンションを売却する時には、不動産会社を選ぶ必要があります。しかし不動産会社を選ぶ前に、周辺地域の同じような物件の売却相場を確認しましょう。その後、不動産会社に査定を依頼することになります。不動産会社に査定を依頼するなら、一括査定が便利です。イエウールなら、全国1,600社の厳選された不動産会社から一括査定で、あなたの物件にあった不動産会社を見つけることができます。

マンション売却が得意な不動産会社を見つけたら、媒介契約をしましょう。媒介契約には、専任媒介契約と一般媒介契約があります。専任媒介契約は1社とのみ契約する方法で、契約期間は3カ月、2週間に1回の報告義務があります。また、レインズ(指定流通機構)への登録もしなければなりません。

一般媒介契約は、複数社と同時に契約ができる方法です。この方法だと、どの不動産会社が売買契約を成立させることができるかわからないため、売却活動にも影響します。売れ筋の好条件の物件が知りたい、時間がかかっても希望価格で売却したいという人におすすめです。早く確実に売却したい場合には、専任媒介契約がおすすめです。

売却活動を行う

媒介契約を不動産会社と結んだら、次は売却活動を始めます。インターネット上で広告を出したり、新聞折り込みチラシやポスティングで広告したり、レインズなどを活用したりして、広く売却活動を進めていきます。

チラシに掲載されている物件情報は、所在地や価格、築年数、広さ、間取りなどです。これらの広告を行って問い合わせが少ない場合は、売却価格が高すぎる場合があります。この場合は、不動産会社と値下げのタイミングや額を相談して決めましょう。

売却活動を始めると、物件に興味を持った買い手から問い合わせがあり、内覧の予約が入り始めます。内覧では、あなたのマンションの住み心地のよさを、アピールできる絶好の機会です。売却活動を始めたら、部屋の掃除をして壁や床、建具などに傷や汚れがある場合はきれいに直しておきましょう。できるだけ部屋の中の物を片付けて、すっきりさせておくことも部屋をきれいに見せるポイントになります。

買主と契約を結ぶ

マンションの内覧を終えて気に入った場合、売主は買い手からの買付(購入申込書)を、不動産会社経由で受け取ります。買付(購入申込書)を受け取ったら、すぐに価格の交渉や受け渡し日などの交渉をしましょう。合意に至ると、売買契約を結ぶことになります。売買契約は、買付(購入申込書)を受け取ってから、およそ1週間後くらいになります。

すると仲介の不動産会社から、売買契約の日の前日から2日前位までに、売買契約書が送られてきます。この売買契約書は、後のトラブルを避けるためにも、前もってきちんと読んで確認しておきましょう。そして、売買契約のときに、買い手から手付金を受け取ることになります。これは、キャンセルになったときの保証金になるので、引渡しが完了するまでは手を付けずにとっておきましょう

中古マンションの平均売却期間と予定の立て方

中古マンションの平均売却期間は、およそ3カ月です。売却期間が長引いたり、売却期間に余裕がなかったりした場合は、値下げしなければならない可能性があります。極端に売却期間が短い場合は、売出価格が低すぎる場合があります。

売却期間は平均で3カ月

マンションは早く売れたほうが、高く売ることができます。販売期間が長くなればなるほど、売却価格は下がっていきます。中古マンションの平均的な売却期間は、平均で3カ月です。売却活動を始めて、1カ月たっても誰も内覧に来ないのであれば、売却活動に問題がある可能性が考えられるので、一度確認しましょう。

例えば、広告の仕方が悪かったり、広告で物件の魅力がきちんと伝えられてなかったり、販売価格が周辺の相場と合っていなかったりすることもあります。また、仲介の不動産会社が囲い込みを行っている場合もあるので、その場合は他の不動産会社に相談すると良いでしょう。

広告の仕方を変えてみたり、広告に掲載されている写真を差し替えたり、キャッチコピーを変えたりなど、工夫をしてみましょう。それでも内覧に人が来ない場合は、そもそもその地域で需要がない場合があります。その場合は、不動産会社にマンションを買い取ってもらうことも検討してみましょう。

余裕を持った期間設定をしよう

マンションの売却活動をする時には、売主はできるだけ高値で売却したいものです。しかし、期間が限られていたり、急いでいる場合は、次の買主が現れるかどうか気になって、低めの売却価格で妥協したりすることになります。そのようなことにならないためにも、最低でも3カ月から6カ月の販売期間を確保して、余裕をもって売却活動をしましょう

買主はほとんどの場合、価格交渉をしてきます。期間が限られていると、値下げせざるを得ない可能性が高く、希望価格での売却が難しくなります。よりあなたの希望価格に近い価格で売却するためには、余裕をもって価格交渉ができるように、売却期間に余裕を持つようにしましょう。

  • 売却期間は3カ月
  • 余裕ある売却期間を
  • 早く売るのが高値

売却期間と売却価格の関係

マンションの売却は、販売期間が長くなればなるほど、売却価格が下がります。「売出・取引事例の価格かい離率」を調べると、売出から成約までの期間が長くなるほど、価格が下がっていることがわかります。多くの場合、かい離率は4カ月を超える頃から10%を超えており、売出価格よりも10%も値引きした値段での販売となっています。これらのことから、希望価格での売却を望むなら、より早く売却することがポイントとなります。

売却期間が長くなると、売却は難しくなってきます。なぜなら、買い手は売出中のマンションを、常にチェックしています。ずっと、同じ物件が掲載されていると、「何か問題があって売れ残っているのかもしれない」と考え、敬遠されるようになります。したがって、どうしても売却したい場合は、値引きのタイミングと価格を、不動産会社と相談して、逃さないこともポイントになります。

一般的に、マンションの売却期間は3カ月から6カ月を設定しているところが多いです。これは、媒介契約の契約期間が、3カ月だということも関係していると思われます。この期間で売却できなけば、大幅な値引きをせざるを得なくなる場合が多いからだと考えられます。もし、3カ月の間売却活動を行っても、売却先がみつけられないようであれば、広告活動の仕方や価格設定に、問題がある事も考えられるので、見直す必要があります。また、媒介契約が切れたときに、他の不動産会社に相談するのも1つの案です。

 width=

中古マンションをできるだけ短期間で売却するコツとは

中古マンションを売却するときに、最も気を付けたいことが不動産会社選びです。さらに、売却活動が始まったら、価格設定や値引きの対応など細かく打ち合わせしておきましょう。室内の清掃やオープンルームを行うことも、早く売却するポイントです。

不動産会社選びは慎重に

マンションを売却するときの不動産会社選びは、売却期間や売却価格に影響するので、慎重に行わなければなりません。いかにマンションの売却に強い不動産会社を見つけることができるかが、重要になってきます。そのためには、不動産会社の一括査定が便利です。イエウールなら全国の1,600社の厳選された不動産会社から、マンションの売却の得意な不動産会社を見つけることができます。

一括査定を受けたら、各不動産会社にマンションの販売実績や、売出から成約までの平均販売期間を確認しましょう。その時、担当者がどれだけマンションの販売に対する知見があるかや、人柄なども確認すると良いでしょう。これらのことを踏まえて、信頼できるマンション販売に強い不動産会社を選びましょう。

不動産会社と価格のすり合わせをしておく

マンションは早く売却しなければ、売却価格は下がっていきます。そのため、あなたのマンションに興味を持って、問い合わせをしてくれた買主を待たせることは得策ではありません。買い手はほとんどの場合、価格交渉をしてきます。その時、不動産会社と売主の間で連携が取れていないと、価格の値引き交渉のたびに、買い手を待たせることになります。買い手を待たせてしまうと、購買意欲をそぐことにもなりかねません。

したがって、価格交渉に対する値引き額を、ある程度は不動産会社と前もってすり合わせをしておくことも大切です。そうすることで急な問い合わせにも、不動産会社は素早く対応することができ、買い手を逃す確率も低くなります。マンションの売却において、誠実で素早い対応は早く売却するためのポイントになります。

マンションの内部はできるだけ綺麗にしておく

部屋の中は、買い手が内覧に来たときに、少しでも魅力的に映るようにきれいに掃除しておきましょう。とくに、水回りの掃除は重要です。また、フローリングに傷があったり、障子や襖が破れている場合は、補修しておきましょう。また、簡単なリフォームやクリーニングをするのもおすすめです。

加えて、部屋の匂いにも注意が必要です。ペットを飼っていたりすると、飼い主は気にならなくても家にペットの匂いが染みついている場合があります。消臭するか芳香剤を置くなどして、買い手に不快感を与えないようにしましょう。

さらに、中古マンションの購入者は、リフォームやリノベーションを行うことを前提としている人も多いので、大がかりなリフォームは避けましょう。費用をかけすぎると、その分を売却価格に上乗せしなければならなくなるので、お金をかけないように最小限のものにしておきましょう。

オープンルームを行う

オープンルームとは、特定の日にマンションを解放して、誰でも気軽に室内を見学できる方法です。予約を取って内覧するよりも、散歩などのついでに気軽に売主のいない場所で、部屋を見学することができます。オープンルームは通常、新築の家や不動産会社の持ち物件で行われます。中古マンションの仲介物件で行われることはほとんどありませんが、宣伝効果が高く集客力も高いので、おすすめの方法です。

実際、物件購入者は近所に住んでいる場合が多く、将来的にマンションの購入を考えている人に見てもらえることで、売却につなげることもできます。また、複数の人間が一度に内覧をできるため、お互いの購買意欲を刺激する結果となり、売却につなげやすくなります。

しかし、実際にはオープンルームを開催してくれる仲介業者は少ないです。なぜなら、オープンルームを開催するためには、営業担当者が一日常駐しなければならず、コストや手間がかかるからです。もし、オープンルームを開催したいのであれば、媒介契約時に確認しておくと良いでしょう。

  • 買主に素早い対応を
  • 室内は綺麗に保つ
  • オープンルームする

中古マンションを賢く短期間で売却しよう

中古マンションは、売却のスピードが価格に影響します。マンション売却のノウハウを持った、優れた不動産会社を選ぶことが重要です。マンション売却に強い不動産会社を探すなら、イエウールが便利です。

マンション売却に強い不動産会社探しはイエウールの一括査定で

マンションを売却するとき、不動産会社選びは売却価格にも影響するため、複数の不動産会社を比較して選ぶことをおすすめします。イエウール一括査定なら、全国1,600社の厳選された不動産会社の中から、マンションの売却に強い、あなたの物件に合った不動産会社を見つけることができます。インターネットがあれば、自宅にいて簡単な60秒の入力で、最大6社まで一括査定を依頼することができます。

マンションをより高値で早く売却したい場合は、イエウールの一括査定で、あなたのマンションの売却に合った、優れた不動産会社を探してみてはいかがでしょうか。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?