不動産売却の成功法
マンション売却の知識とコツ
家売却2つの鉄則
土地売却の注意点
不動産価格を無料で診断

【更新日】

戸建の売却に必要な期間はどのくらい? 売却成立までの期間と流れ



こんにちは、イエウールコラム編集部です。

家の売却に向けて計画を立てたい方、売れなくて困ってる方は多いのではないでしょうか。

戸建の売却が想定よりもスムーズにできるのであれば、今すぐにでも行動に移したいと考えている人もいます。

この記事では、家売却に必要な期間や、売却のスピードを上げるための注意点を解説していきます。

売却時に発生しがちなリスク等を事前に抑えておくことで、スムーズに売却ができるよう準備をしておきましょう。


先読み!この記事の要点
  • 希望期間までに売却が完了しなかった場合の対処法
  • 売却が完了するまでに必要なフローごとにかかる期間を解説



1. 戸建の売却の流れと、一般的な売却期間

戸建ての売却にかかる期間は、一般的に3か月から11か月と言われています。

しかし、条件や価格設定、居住年数さらには仲介業者の販売活動によるので一概には言えません。
広告を出して即売却できる人もいれば、成約までに1年以上かかってしまう人もいます。

タイミング やること 所要期間
売り出す前 査定 1日~数週間
不動産会社選び
売却プラン決定 1週間
売り出し中 売却活動 売れるまで
内覧対応
売り出し後 売買契約 1か月前後
引き渡し・決済



2. 油断は禁物!売却期間がかかりすぎて失敗するケース

家の売却で失敗するケースが、「なかなか売れない」「思った以上に売却に時間がかかってしまう」というケースです。
「売り急いでない」「売る予定はまだ先」と考えている方でも、なかなか売れずにあっという間に期限が来て困ることが多いです。

そこで、売却期間がかかりすぎて失敗するケースを見ていきましょう。

2.1. 【ケース1】売り出す条件が間違っている

不動産を売るときにの売却プランを間違っているケースです。間違いは2種類に分けられます。


  • 「いくらで売り出すか」という金額が、相場に比べて高すぎ/安すぎる
  • 地元で買い手が少ないタイミングで、不動産を売り出してしまう

この2つの条件を間違えてしまうと、期待ほど高く売れないか、安く売りすぎるというとても悲惨な結果になってしまいます。

一方で、地元の不動産の市況を正しく把握して売り出すには工夫が必要です。どんな工夫が必要かは、次の章で紹介します。

2.2. 【ケース2】不動産会社選びが間違っている

これもよくある失敗です。

不動産の売却を任せる不動産会社の販売力が低いと、家売却のあらゆるステップで苦労することになります。

不動産会社が売却の中でやることは「買い手を集める」「内覧に呼び込む」「価格交渉する」「売却手続きを進める」などがありますが、不動産会社選びに失敗するとこんな問題が起きてしまいます。


  • 買い手がつかない、引き合いがなかなか集まらない
  • 買い手が内覧まで来てくれても、買ってくれない
  • 価格交渉が下手で、売却が破談になる
  • 売却手続きがなかなかうまく進まない

これらは、家を売却するなかでよく起きる問題です。

くり返しになりますが、どんなに時間に余裕があっても、早く売れるよう工夫すべきと言えます。



3. 結局早く売れるようにするのが大切!じゃあ、どうすればいい?

さきほどの章では、「どんなに時間に余裕があっても、早く売れるよう工夫すべき」「地元の不動産市場を把握して、安売りは避けましょう」とご説明しました。
では、どうすればいいのでしょうか?

結論としては、次の3つを守ることが家売却成功の秘訣になります。


  • 複数の不動産会社に査定を依頼して、販売力の高い不動産会社を見つける
  • 複数の不動産会社に売却を依頼して、買い手との接点を増やす
  • 不動産一括査定サービスを使って、査定・不動産会社探しのスピードを上げる

3.1. 複数の不動産会社に査定を依頼すべき理由とは?

複数の不動産会社に査定を依頼する理由は2つあります。


  • 複数の会社に意見を聞けるので、いつ・いくらで売り出すとよいかが正確にわかる
  • 地元の不動産市場に精通した、販売力の高い不動産会社を見つけられる

複数の不動産会社に査定してもらう場合、1社にだけ依頼するよりも、はるかに大きなメリットがあるといえるでしょう。

3.2. 複数の不動産会社に売却を任せるべき理由とは?

ご存知ない方もいますが、実は複数の不動産会社に売却を任せることは可能です。
不動産会社と媒介契約を結ぶときに、契約の種類を「一般媒介契約」という契約にすればよいのです。

複数の不動産会社に売却を任せるメリットは、買い手との接点を増やせるので、買い手をたくさん集めることができるという点です。

買い手集めは、家売却でとても大切です。
いくらいい物件でも、いい条件で売っていても、買い手に知ってもらわなければ売れないからです。

そのため、家を買いたいと思っている人になるべく多く知ってもらえるように、買い手との接点を増やす必要があります。

3.3. 査定・不動産会社探しのスピードを上げる「不動産一括査定サービス」とは?

「複数の不動産会社を探して、査定してもらって、会社を選んで、売却を任せる」というステップは、自分の力だけで進めるとかなり大変です。

「不動産会社をネットなどで探し、売却の仲介をやっているか確認し、不動産情報を伝えて査定してもらう」という作業が発生するため、仕事をしながらですと1か月以上かかってしまうこともざらにあります。

このようにして、家売却のタイムリミットまでの時間を大きく減らしてしまうのです。

「不動産一括査定サービス」は、これらの問題を解決してくれるとても便利なサービスです。
不動産一括査定サービスにはこんなメリットがあります。


  • 自分の物件の特徴に合った不動産会社を探してきてくれる
  • すぐに不動産会社が見つかるので、売却活動をスピードアップできる
  • 査定依頼は無料

では、そんな不動産一括査定サービスでおすすめはどこでしょうか?
おすすめは、業界最大手の「イエウール」です。
イエウールのおすすめなポイントはこちらです。


  • 一番多くの会社から、不動産会社を探せる
    (イエウールの提携先は業界最多の1,700社)
  • 不動産会社の質が高い
    (クレームが多い会社は契約解除する仕組みがある)
  • 大手~地域密着の会社まで、さまざまな種類の会社を探してくれる
  • 査定依頼は、完全無料
  • 1,000万人以上が利用した、業界最大手の実績

ぜひ、不動産一括査定サービス「イエウールイエウール」をつかって、お得に売却を進めていきましょう。



4. 家売却の流れの詳細と、短期で売るためのコツ

短期売却をするためには、適切な価格設定や仲介業者選びができるかどうかがカギになります。

戸建て物件の売却から引き渡しまでの流れは、「仲介業者決定(不動産査定)」、「売却活動準備」、「売却活動」、「売買契約」、「引き渡し」の5つのステップに分かれます。 以下では、各ステップについてご説明していきます。

4.1. 仲介業者決定(不動産査定)

まずは仲介業者を決めるところから始めましょう。 家を個人間で売買することもできますが、面倒な手続きやトラブルを避けるために家の売却のエキスパートである不動産仲介業者に依頼するのが無難です。 良い仲介業者を選ぶ方法として最も有効なのは、不動産査定を依頼し

これにより、家の売却価格による比較ができるだけでなく、各会社やクライアントの対応の仕方、相性などを見極められます。 家の売却を任せ、長期間に渡って付き合っていくわけですから、仲介業者選びが重要なのは言うまでもありません。 各業者に1つずつ査定を出してもらっても良いですが、一括査定ができるサイトを利用すると便利です。


【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/https://ieul.jp/

1)仲介業者の契約方法にも種類がある」

仲介業者への依頼方法には、「専属選任媒介契約」、「専任媒介契約」、「一般媒介契約」と、大きく3つの種類があります。

専属専任媒介 専任媒介 一般媒介
複数会社との契約 不可 不可
売主自身が発見した相手との取引 不可
売主への業務報告義務 1週間に1回以上 2週間に1回以上 任意
契約期間の上限 3ヶ月 3ヶ月 制限なし(行政の指導では3ヶ月)

専属専任媒介契約や、専任媒介契約は、こまめな活動報告が得られますが、1社としか取引できません。
一方、一般媒介契約は、複数の仲介業者と契約を結ぶことができますが、各会社に活動報告の義務がないため、売り主が業者に対して主体的に働きかけていく必要があります。

専属専任媒介契約と、専任媒介契約はどちらも1社とのみ契約する形式ですが、その違いは、「報告の頻度」と「売主が見つけた相手と直接取引できるか否か」にあります。

専属専任媒介契約では週に1度の報告が得られますが、売主が見つけた相手と直接取引はできません。
専任媒介契約では報告の頻度は2週間に1度に減るものの、売主が見つけた相手でも直接取引することができます。
それぞれの特徴を加味したうえで、ご自身にあった契約を結ぶようにしてください。

4.2. 売却活動準備(1週間)

仲介不動産業者を決めて媒介契約をした後は、業者が家の売り出し価格を決めるなど、販売活動をするための準備を始めます。
問い合わせがあった際に、家の情報を正確に伝えるための情報収集期間と言ってもいいかもしれません。
売主側も、内覧に来たお客さんからの質問を想定して、家についての情報をまとめておきましょう。
よく聞かれるのは、以下のような情報です。

  • 設備、間取りなど、気に入っている点、不便な点
  • 日当たりや風通し
  • 周辺の音環境
  • 保育園(待機児童の有無など)小学校(教育方針など)の情報
  • 交通情報(バスの場合は本数など)
  • 転出時に残しておく物(エアコンなど)
  • 近隣住人についての簡単な情報



2) 見た目にはわからない欠陥の有無まで知りたければ、住宅診断を活用しよう」

また、住宅の劣化状況や欠陥の有無など、見た目にはわからない物件の情報を知りたいときは、住宅の健康診断「住宅診断(ホーム・インスペクション)」を活用するのも良いでしょう。
もちろん必須ではありませんが、素人にはわからない物件の情報を購入検討者に率直に伝えることで、売却がスムーズに進むケースも多くあります。
値段は広さにもよりますが、100㎡でおよそ5?6万円程度です。

4.3. 売却活動(1カ月~家の売却が決まるまで)

  • 売り出し
  • 内覧
  • 交渉
  • 購入希望者ローン仮審査

仲介業者が決まり、情報収集などの準備が整ったら、いよいよ売却活動の開始です。
具体的な売却活動とは、家を売りに出し、購入希望者の内覧や交渉への対応や、実際に購入者が決まったあとの購入希望者のローン仮審査などです。
この住宅ローンの仮審査を終えて、実際に契約するまでは1~3か月ほどかかります。

4.4. 売買契約(1~2週間)

  • 交渉
  • 手付金受取

購入者が決まり、ローンの仮審査も終了してようやく売買契約を結べます。
ここでは最後の値引き交渉に応じたり、引き渡し日を相談したりするため、1~2週間ほどの期間を要するのが一般的です。
また、契約書を交わす際に、購入者から手付金を受け取ります。

4.5. 引き渡し(1カ月)

  • 購入希望者ローン本審査
  • 残金決済
  • 引越し

売買契約が済んでからは、購入希望者はローン本審査を申請します。
その審査の結果を待って、残金の決済や引き渡しを行うので、1か月ほどの期間がかかるのが一般的です。
上記のように、戸建の売却準備から引き渡しまでは少なく見積もっても3か月、長いと6か月~1年以上かかってしまう理由がおわかりいただけたかと思います。

3) いちばん大切なのは、仲介業者選び!

スムーズな売却を決める要素には、下記のようなものがあります。

  • 家が適正価格かどうか
  • 物件の状態が良好か
  • 仲介業者が売却活動を積極的にしてくれるか


このすべてに共通する、スムーズな売却をするうえで最も重要なこと、それは仲介業者選びです。
家の適正価格については売主よりも仲介業者のほうが圧倒的に詳しいですし、物件の状態が良好かどうか判断し、専門的な観点からアドバイスをくれるのも仲介業者です。
また、仲介業者が積極的に売却活動してくれなければ買い手はつきません。

以下ではスムーズに売却できた方を仮にAさん、売却までに時間がかかってしまった方をBさんとし、それぞれの例を見ていきましょう。



5. スムーズに売却できたAさんの例

スムーズに売却できたAさんは不動産査定をし、最も対応が良かったABC社という仲介業者を選びました。 査定額はXYZ社の出した見積もりのほうが圧倒的に高かったのですが、返信が遅く、不信感が募ったため、査定額が低くてもABC社を選ぶことにしたのです。 条件が悪くなかったAさんの物件には売却活動を始めてからすぐに内覧予約が数件入りました。 しかし、なかなか売却には至りません。
「家の条件は悪くないにも関わらず、どうしたものか」とAさんが頭を抱えていると、ABC社の担当者から連絡が来て「内覧時はいつもよりもよくお部屋を片付けてください」といったことや「できるだけ親しみやすい接客を心がけてみてください」など、手厚いフィードバックをしてくれました。 それ以降も担当者からは連絡が来るたびに進捗の確認やフィードバックをしてくれました。 家を売却するのが初めてだったAさんも徐々に家の売却に詳しくなり、売却活動からおよそ1カ月で、購入見込客に出会い、3か月後には無事に家を引き渡すことができました。




6. 売却までに時間がかかってしまったBさんの例


家の売却をいち早く進めたかったBさんは、XYZ社という仲介業者にのみ査定を依頼し、伝えられた価格で売却活動に入りました。 思っていたよりも高めの価格設定でしたが、高く売れたほうが良いだろうとXYZ社にお願いすることにしたのです。 Bさんの物件には内覧予約が入らず、お客さんが来ても具体的な話をしないまま帰ってしまうことがほとんどでした。 焦る気持ちもありましたが、いつか良いご縁があるだろうと気長に待つことにしました。
それから10か月ほど経っても買い手がつかず、しびれを切らしたBさんはXYZ社に問い合わせをしてみました。 すると、XYZ社は自社の客に声をかけるだけで、ほとんど売却活動をしていないことがわかったのです。
おまけに、最初から高めの価格設定だったBさんの物件は10か月の期間を経て、実際の価値が相場の価格よりもはるかに下がってしまっていました。 XYZ社を信頼できなくなったBさんは仲介業者を新たに探し直すため、不動産の一括査定を依頼し始めたところです。

売却がスムーズに決まったAさんと、仲介業者探しをやり直さざるを得なかったBさんの例をご紹介しました。
上記のストーリーはフィクションですが、売却する際に気を付けてほしい事柄や、よく起きるトラブルを盛り込んでいます。
Bさんの売却が長引いた理由としては、適正価格よりも高く値付けをしてしまったことや、不誠実な仲介業者を選んでしまったこと、仲介業者と十分なコミュニケーションが取れていなかったことなどがありました。



7. 【困ったときは】なかなか家が売れない場合の対処法

なかなか家が売れない場合、いくつかの原因が考えられます。

ざっくりと言えば、売却で失敗する場合は、このどれかが起きています。それぞれのチェックポイントと、対処法をご説明いたします。


  • 不動産会社選びに失敗している
  • 売り出しの条件・タイミングが間違っている
  • 内覧で買い手を惹きつけることに失敗している

7.1. 不動産会社選びに失敗していませんか?

良い不動産会社は、目的や計画をしっかりたてて売却活動を進めてくれます。
また、ちゃんと連絡がついたり、定期的な報告があるものです。

一般媒介契約を結んだ場合は不動産会社の報告義務はありませんが、それでも報告をくれたほうが安心しますよね。
次のような点ができているか確認しましょう。


  • 不動産会社は、売却活動で計画をたてているか、どんな計画か
  • 売却活動が、計画通り進んでいるか
  • 1~2週間に1回は、電話でも雑談でもいいので、話せる機会を持ててるか

もしできていない点があれば、このような打ち手をとると良いでしょう。


  • 不動産会社に計画をたててもらう
  • 1~2週間に1度は連絡して、売却活動の進捗や問い合わせ件数を聞く
  • 媒介契約を結ぶ不動産会社を増やす

7.2. 売り出しの条件・タイミングが間違っていませんか?

家の売り出し条件が、間違っていることがあります

家が売れない理由として、物件と価格が釣り合っていないか、仲介業者の売却活動が適切でない可能性があります。
当初想定していた期間までに売却先が決まらない場合は、物件を再度査定に出し、価格や仲介業者の見直しをしてみましょう。


以下のような方法を検討しましょう。


  • 競合する物件を確認した上で、値段を下げてみる
  • 仲介業者を増やして、さらに買い手との接点を増やす
  • 別の会社に査定してもらい、売却
  • 買取保証制度のある会社を選ぶ

また、仲介業者自体を変えなくても、一般媒介契約をしていたうちの1社と(専属)専任媒介契約を結び直すなど、契約の仕方を変更する方法もあります。

設定した期間までに必ず売却したい場合は、買い手がつかなかったとしても、業者が買い取ってくれる「買取保証制度」を利用するのも方法の1つです。

ただし、買取保証制度の有無や、その内容は会社によって異なります。 また、通常の売却価格よりも安くはなってしまうので、納得したうえで契約するようにしてください。

家を売りやすいタイミングがあります

売却に最適な時期は、春の新学期や秋の人事異動シーズンです。 この時期はいつも以上に多くの人の目につきやすく、問い合わせが多くなる傾向にあります。 しかし、家探しをしている方は1年を通していますし、時間が経てば経つほど家の価値は下がっていってしまいます。 家の売却には何かと時間がかかるので、「売りたい」と思ったら、すぐに行動を起こすのがベストです。

7.3. 内覧で買い手を惹きつけることに失敗していませんか?

「内覧まで来てくれたらもう安心」と思っていませんか?

内覧は案外難しく、家だけでなく持ち主も見られているのです。

このような点をしっかり確認してみて下さい。


  • 内覧できる日や時間帯を、絞りすぎてないか
  • 内覧時の部屋はよく片付いているか
  • 内覧時に聞かれた質問に的確に答えられているか
  • 内覧時に、相手ににこやかに接しているか



8. 信頼できる不動産会社を選び、短い期間での売却が理想

戸建ての売却に重要なのは、売却価格と、価格を定める仲介業者です。
仲介業者選びをする方法として、実際に査定を依頼するのが最も良いことは冒頭でご説明をしました。

1社だけでなく、各社の売却価格と対応を一括で比較し、吟味することが、信頼できる仲介業者選びにつながります。
信頼できる仲介業者とタッグを組み、短期間での売却を目指していきましょう。

今回の記事のポイント
  • 戸建ての売却にかかる期間はおよそ3~11か月
  • 売却期限まで時間があっても油断は禁物
  • 不動産一括査定サービスを使って、複数の不動産会社に査定を依頼しよう

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/https://ieul.jp/


↑ ↑ ↑ 今ならこちらから査定を依頼できます! ↑ ↑ ↑


  1. あわせて、こちらの記事もお読みください!
  2. 家や土地・マンション売却に必要な知識とコツを、かんたんに学べるぞ!

関連記事この記事のあとによく読まれています

一戸建て売却の相場を知ると得をする!その理由とは?

不動産の相場は知れば知るほど戸建売却の際に得をします。誰しも戸建の売却は失敗したくありませんよね。この記事では、相場を知るための簡単な方法を紹介していきます。

【家売却:損せず高く売る「3つ」の鉄則】家売却の流れもご紹介!

家の売却で成功したいなら「3つの鉄則」を知りましょう。家売却の成功には不動産会社選びの成功が不可欠です。この記事では、家売却が得意な不動産会社の探し方など高値売却につながるコツや、売却の基礎知識をご紹介します。

戸建売却前のリフォームは必要?外壁やフローリングにかかる補修費用や期間

まずは補修と修繕の定義や、補修することで免れる可能性がある瑕疵担保責任について、そして補修が必要なケースをご紹介していきます。

家を高く売るために知っておきたい4つのこと

自宅の買い替えや不動産の購入用資金などのために自宅を売って資金を調達したい。 家を売りたいと思う事情は人それぞれですが、可能な限り自分の物件を高く売りたい人のために、物件を高く売っていくためのポイントを紹介していきます。

家の売却で失敗しない不動産会社選び。高く家を売るための不動産屋のキホン

戸建ての家を売却する際、せっかくならなるべく高く売りたいもの。 実際、選んだ不動産会社、営業マン次第で物件の値段が大きく変わるなんてこともあります。 家の売却で失敗しないための不動産会社の選び方を紹介します。

イエウールで「売る」あなたの不動産の売却に強い不動産会社をご紹介

不動産会社の所在地がある都道府県をクリックしてください。
イエウールでは、各都道府県の査定に強い不動産会社一覧をチェックすることができます。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1800社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!