一戸建て売却成功のためのコツを7つ解説【初心者向け】

一戸建て売却成功のためのコツを7つ解説【初心者向け】
「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「一戸建てを売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

この記事では、売却の流れや相場・査定など一戸建て売却を成功させるために必要な一戸建て売却のコツを詳しく解説していきます。

  1. 何から始めると良いかわからない…そんなあなたはまず動画の解説で概要をつかみましょう。
査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったらいくら?

あなたの不動産、
売ったらいくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
もくじ

まず家の売却について知りたい方は、家を売る記事をご覧ください。

【コツ1】一戸建て売却の事前準備を行う

一戸建てを売却することになったら、売却活動を始める前に事前準備を行いましょう。

事前準備を念入りに行っておくことが一戸建て売却の成功へとつながります。

住宅ローンの残債額を確認する

一戸建ての売却をすることが決まった際に、住宅ローンの返済中の場合は、必ず住宅ローンの残債額を確認しましょう。

一戸建てに限らず不動産売却をする際は、住宅ローンを完済することができなければ、一戸建てを売却することができません。

住宅ローンを完済するためにはいくら以上で一戸建てを売却する必要があるのかを把握するためにも、まずは住宅ローンの残債額を調べましょう。

住宅ローン残債額は、残高証明書・返済予定表・金融機関のウェブサイトで確認することができます。

詳しくは、ローン中の家を売る記事をご覧ください。

必要書類を収集する

一戸建て売却の必要書類は、書類の種類だけではなく取得方法や使用するタイミングも併せて理解しておくと、売却がスムーズに進みます。

以下の表を参考に、戸建て売却ではどのような書類が必要なのか・なぜ必要なのか・どこで入手すればよいのかを把握しておきましょう。

書類内容取得先
身分証明書身分を証明するもの
印鑑登録証明書登録した実印を証明する書類市区町村の役場など
住民票個人や世帯についての情報市区町村の役場など
登記済権利証(登記識別情報通知書)登記が完了した際に発行される権利書類法務局(登記時に交付)
固定資産税納税通知書固定資産税の納税額を通知する書類毎年郵送される
重要事項説明書不動産の重要事項説明を行う書類不動産会社
確定測量図土地の測量図測量会社
建築図面建物を建築する際の図面建設会社

売却時に必要な書類について詳しく知りたい方は不動産売却の必要書類の記事をご覧ください。

土地の境界線が確定しているか確認する

一戸建ての売却をする際は、土地の境界線が確定しているか確認しましょう。

土地の境界線が確定していないと、売却時に隣人と土地の面積に関してトラブルが発生する可能性があり、売却活動が思うように進まない、トラブルを懸念して買主が見つからないといった事態に発展することが考えられます。

また、一戸建て売却時は土地の面積も売却価格に大きく影響します。境界線が曖昧なまま売却すると、実際の土地面積より狭い面積で査定されてしまい、本来の売却価格より低い価格で売却し損をしてしまう可能性もあります。

一戸建て売却時に損をしないためにも、土地の境界線が確定した状態で売却するようにしましょう。

一戸建てと土地の名義人を調べる

一戸建てを売却することが決まったら、売却する一戸建てとその土地の名義人を確認しましょう。

不動産を売却することができるのはその不動産の名義人のみです。不動産の名義が売主以外になっていた場合は名義変更の手続きから行いましょう。

親から相続した土地に建てた一戸建てを売却する場合、建物部分は子ども名義、土地部分は親の名義になっているケースもあります。必ず一戸建てと土地両方の名義を確認しましょう。

一戸建ての売却スケジュールを立てる

一戸建ての売却活動を始める前に、一戸建ての売却スケジュールを立てましょう。

一戸建ての売却にかかる期間は、一般的に3~11か月と言われています。一戸建ての売却活動を始めてすぐに売れるものではないため、いつまでに売却しなければならないのか、あらかじめ確認して計画的に売却活動をスタートしましょう。

特に転勤相続が理由で一戸建てを売却する場合は、売り切らなければならない期限が決まっている場合があるため、いつまでに売却する必要があるのか、売却期限が迫ってきた際に売り切る方法を確認しておきましょう。

 

一戸建て売却の事前準備が完了したら、さっそく不動産会社に査定依頼をしてみましょう。

査定依頼をする際は、不動産一括査定サイト「イエウール」の利用がおすすめ。

イエウールは厳選された全国2000社以上の優良不動産会社と提携しているため、都市部の一戸建てから地方や田舎にある一戸建てをお持ちの方まで査定依頼をすることができます。

あなたの不動産、
売ったらいくら?

あなたの不動産、
売ったらいくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

【コツ2】一戸建て売却の流れを把握する

一戸建て売却の流れ

まずは一戸建て売却の全体像を把握しましょう。いつ何をどのような流れでやれば良いのかを知ることで、売却成功に一歩近づきます。

一戸建て売却の流れの全体像は、下の表のように約6Stepとなります。

売却段階内容
売り出し前Step1一戸建て売却の事前準備を行う
Step2不動産会社に依頼し一戸建てを査定してもらう
Step3不動産会社と媒介契約を結ぶ
売り出し中Step4一戸建ての売却活動を行う
売り出し後Step5買主と売買契約を結び、一戸建てを引き渡す
Step6確定申告を行う

一戸建ての売却段階は大きく分けて、「売り出し前」「売り出し中」「売り出し後」の3段階です。上の表で示した一戸建て売却の流れを頭に入れて、記事を読み進めていきましょう。

Step1:一戸建て売却の事前準備を行う

一戸建ての売却が決まったら、1章で前述したようにまずは売却の事前準備を行います。

事前準備で確認すべきことは以下の5つです。

  • 住宅ローンの残債額
  • 一戸建て売却に必要な書類
  • 境界線の確定
  • 不動産の名義人
  • 一戸建ての売却スケジュール

その中でも住宅ローン残債の確認必要書類の収集は必ず行いましょう。

Step2:不動産会社に依頼し一戸建てを査定してもらう

一戸建ての売却活動を始める前に必要な「一戸建ての査定」に関しても、知識を入れておきましょう。

不動産会社に査定を依頼する具体的な流れは以下の2ステップです。

step1:依頼に必要な情報を入力
step2:依頼先の不動産会社を選択

step1:依頼に必要な情報を入力

一戸建ての査定依頼に必要な情報は下記のとおりです。

査定依頼時に入力する情報
  • 物件所在地
  • 物件と査定主の関係
  • 査定依頼理由
  • 築年数
  • 建物/土地面積
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • メールアドレス
  • 電話番号

多くの一括査定サイトでは、チャット形式で順番に査定依頼に必要な情報を入力していくため簡単に査定依頼ができます。

step2:依頼先の不動産会社を選択

入力情報を基にあなたが売りたい一戸建てに適した不動産会社を一括査定サイト側が自動的にマッチングして表示してくれます。

査定依頼をする不動産会社を選択して、最後に査定をスタートするボタンを押したら査定依頼は完了です。

査定依頼に必要な情報は約60秒で入力出来ます。下のボタンを押していますぐに査定依頼を申し込んでみましょう。

あなたの不動産、
売ったらいくら?

あなたの不動産、
売ったらいくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

査定についてさらに詳しく知りたい方は家の査定不動産査定の記事もご覧ください。

Step3:不動産会社と媒介契約を結ぶ

仲介を依頼する不動産会社を決めたら媒介契約を結びます。

媒介契約は「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があり、どの種類にするかは売主が自由に決めることができます。

専任媒介契約専属専任媒介契約一般媒介契約
複数業者との契約××
他社への通知義務××
※明示型の場合
自己発見取引×
契約の有効期限3か月以内3か月以内指定なし
指定流通機構への登録7日以内に登録5日以内に登録任意
業務状況の報告義務2週間に1回以上1週間に1回以上任意

媒介契約の大きな違いは、複数業者と契約をすることができるかどうかです。一般媒介契約では複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことができますが、専任媒介契約と専属専任媒介契約では1社しか媒介契約を結ぶことができません。

3種類の媒介契約の違いや選ぶ際の注意点は「【専任媒介とは】囲い込みには注意?不動産売却時の媒介契約3つの選択肢と選び方」で詳しく解説しています。

Step4:一戸建ての売却活動を行う

売却活動中は主に内覧対応を行います。内覧対応は売却活動の中でも特に重要で、内覧対応によって家の成約が決まると考えてよいでしょう。

成約までに行われる内覧回数は一般的に5~10件と言われています。一戸建ての売り出しが始まったら内覧に対応できるように土曜日と日曜日は日程を空けておきましょう。

内覧時には以下の3点に注意して対応しましょう。

  1. 部屋の隅々まで掃除する
  2. 住民目線でのアピールポイントを伝える
  3. 積極的にアピールしすぎない

一戸建ての内覧を行うことになったら必ず家の掃除を行いましょう。

家の中が散らかっていることで内覧者の購入意欲が下がるだけでなく、値段交渉の原因にもなります。

注意して掃除をすべき点は水回り・リビング・玄関・バルコニーです。この中でも特に重要なのは水回りです。

一戸建てのアピールをする場合は、一戸建てに住んだからこそ分かるアピールポイントを伝えましょう。

実際に住んでみた感想を伝えることができるのは売主のみです。ぜひ日常の些細なことからアピールポイントを探して伝えてみましょう。

しかし、聞かれていないことまで何でも積極的にアピールすることはおすすめしません。

内覧者からすると押し売りされているような気分になりかえってマイナス評価になってしまいます。物件のアピールは質問されたことに答える程度にして後は内覧者が自由に内覧できる環境を作るとよいでしょう。

内覧の対策についてさらに詳しく知りたい方は「家を売る際の内覧成功のコツは?居住中の家の内覧対策を解説」という記事もご覧ください。

Step5:買主と売買契約を結び一戸建てを引き渡す

内覧後に購入希望者が一戸建てを気に入れば条件交渉を行います。条件交渉では売却価格や引き渡し日を話し合います。

この条件交渉で売主・買主の双方の納得できる条件にまとまれば売買契約を締結します。

売買契約締結時には、売買契約書の内容を隅々まで目を通しましょう。

売買契約書で交わした内容を後から変更するのは難しく、場合によっては違約金が発生します。売却価格や引き渡し日など事前に交渉したものと少しでも違う部分があればその場で指摘しましょう。

Step6:確定申告を行う

一戸建てを売却して譲渡所得(利益)が発生した場合は、確定申告して譲渡所得税を納める必要があります。

確定申告を行うのは、一戸建てを売却した翌年の2月16日~3月15日までの間です。売却後すぐに行うものではないため、忘れないように注意しましょう。

一戸建てを売却して損失があった場合、原則として確定申告をする必要はありませんが、損益通算をすることで税金対策を行うことができるため、積極的に確定申告をすることをおすすめします。

 

以上が大まかな一戸建て売却の流れです。さらに詳しく知りたい方は不動産売却の流れについての記事をご覧ください。

【コツ3】一戸建て売却にかかる費用・税金を確認する

一戸建てを売却する時には、いくつかの費用・手数料・税金がかかります。

売却前に、どのような費用がいくらくらいかかるのか・どうすれば安く抑えられるかを把握しておくことで、支出をおさえ売却成功に近づくことでしょう。

売却時にかかる費用の一覧は、下記の表のとおりです。一戸建て売却では、売却価格の約5%前後の費用や税金がかかります。例えば、売却価格が3,000万円であれば150万円ほどの費用がかかるということになります。

項目費用の目安
仲介手数料( 売却額 × 3% + 6万円 )+ 消費税
印紙税1,000円〜6万円 ※売却金額により異なる
抵当権抹消費用司法書士へ依頼するとして5,000円~2万円程
ローンを一括返済するための費用一括繰上返済にかかる金融機関への手数料1~3万円
譲渡所得税(所得税及び復興特別所得税・住民税)
売却した年の1月1日での保有期間によって異なる
保有期間が5年以下なら譲渡所得の39.63%
保有期間が5年超なら譲渡所得の20.315%
その他費用※費用項目より異なる

このなかでも、売却したことで利益が出た場合は「譲渡所得税」が、それ以外では不動産会社に対して支払う「仲介手数料」が費用の大部分を占めています。

また、印紙税や抵当権抹消費用・ローンを一括返済するための費用などの、必須でかかる費用だけでなく、一戸建て売却ならではの費用がかかるケースもあります。

具体的には、「測量費用」・「解体費用」・「ホームインスペクション費用」がかかる可能性があります。

解体費用は、建物部分を壊して土地として売却するときにかかる費用で、木造なら1坪あたり5万円、延床30坪なら150万円以上かかります。交渉次第では解体費用は買主負担で売却することもあります。

ホームインスペクション費用は、専門家による住宅診断をするときにかかる費用で、5~10万円が費用相場です。

 

ここでは、売却でかかる費用のなかでも特に重要な費用について詳しく解説していきます。

仲介手数料

仲介手数料とは、不動産会社に売却仲介を依頼して売主と買主の契約が成立したときに、売却活動の対価として支払う成功報酬のことです。

そのため、複数の不動産会社と媒介契約を結んだとしても、仲介手数料を支払う必要があるのは買主を見つけてきた一社だけになります。

仲介手数料の金額は、売却額によって異なります。おおよその相場を以下の表をもとに確認してみましょう。

売却価格消費税10%の場合
100万円
55,000円
200万円
110,000円
300万円
154,000円
400万円
198,000円
500万円
231,000円
600万円
264,000円
700万円
297,000円
800万円
330,000円
900万円
363,000円
1,000万円
396,000円
2,000万円
726,000円
3,000万円
1,056,000円
4,000万円
1,386,000円
5,000万円
1,716,000円
6,000万円
2,046,000円
7,000万円
2,376,000円
8,000万円
2,706,000円
9,000万円
3,036,000円
10,000万円
3,366,000円

詳しく知りたい方は、仲介手数料の記事をご覧ください。

譲渡所得税

一戸建てを売却して得た利益に対してかかる税金のことを、譲渡所得税と言います。

具体的には、所得税・復興特別所得税・住民税をあわせて譲渡所得税と呼びます。

一戸建てを所有していた期間により短期譲渡所得長期譲渡所得に分けられ、長期譲渡所得の方が税率が安くなります。具体的には、以下の通りです。

項目
所有期間
所得税
住民税
復興特別所得税
合計
短期譲渡所得
5年以下
の場合
30%
9%
0.63%
39.63%
長期譲渡所得
5年超
の場合
15%
5%
0.315%
20.315%

なお、譲渡所得に用いる所有期間は、売却した年の1月1日時点を判断基準とすることが特徴であり、その点に注意して計算しなければなりません。例えば、平成25年4月1日に購入した一戸建てを平成30年4月1日に売却した場合、平成30年1月1日時点の所有期間は4年なので短期譲渡所得となります。短期と長期では、税額が倍程変わりますので、注意して売却時期を見定めるようにしましょう。

印紙税

印紙税とは、買主との間で交わす不動産売買契約書に対し、その売買価格に応じた印紙を貼ることで納める税金のことです。

仲介手数料と同様に売却価格によって金額が変わります。軽減税率(令和4年3月31日まで)を受けた際の印紙税は以下のようになっています。

記載された契約金額
税額
10万円を超え 50万円以下
200円
50万円を超え 100万円以下
500円
100万円を超え 500万円以下
1千円
500万円を超え 1,000万円以下
5千円
1,000万円を超え 5,000万円以下
1万円
5,000万円を超え 1億円以下
3万円
1億円を超え 5億円以下
6万円
5億円を超え 10億円以下
16万円
10億円を超え 50億円以下
32万円
50億円を超えるもの
48万円

詳しく知りたい方は印紙税についての記事もご覧ください。

抵当権抹消費用

住宅ローン中の一戸建てを売却した場合は、抵当権抹消手続きを必ずしなければなりません。

抵当権抹消の手続きは法務局に書類を提出することで行うことができます。

抵当権抹消の手続きは自分で行うこともできますが、法務局は平日しか開いていないため自分で行うことが難しい、書類の作成や手続きが面倒だと感じる方は司法書士に依頼するという方法もあります。

自分で手続きを行う場合は、2000円前後の費用で済ませることができます。一方、司法書士に依頼する場合は、平均で1.5万円~2万円ほどの費用が必要です。

さらに詳しく知りたい方は抵当権抹消の手続きの記事をご覧ください。

住宅ローン一括返済にかかる費用

一戸建てを売却するために、住宅ローンを一括返済する場合は、手数料が必要となります。

一括返済にかかる手数料は、金融機関によって異なるため、事前に問い合わせておきましょう。

3大メガバンクと呼ばれるみずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の住宅ローン一括返済にかかる手数料は以下のようになっています。

申し込み方法手数料
みずほ銀行銀行窓口33,000万円(テレビ電話利用の場合は22,000万円)
三菱UFJ銀行銀行窓口・インターネットバンキングインターネットバンキング:16,500円
銀行窓口:33,000円
三井住友銀行銀行窓口・インターネットバンキングインターネットバンキング:5,500円
銀行窓口:22,000円

測量費

測量費用は、土地部分を正確に測定するためにかかる費用のことです。

一戸建ての売却では土地も重要な要素となり、土地の面積で売却金額が大きく変わります。損をせず正しい売却価格で売却するためには、正確に土地の面積を把握しておかなければなりません。

また、土地の境界線を確定しないまま売却した後に、購入者からクレームが来る可能性があるため、必ず確定測量図を作成してから売却するようにしましょう。

測量費の相場は60万円前後です。土地が広大であったり、土地の所有者が多いと費用が高額になる場合があるため注意しましょう。

さらに詳しく知りたい方は確定測量の記事をご覧ください。

売却時にかかる費用について更に詳しく知りたい方は、不動産売却の費用に関する記事家売却時の税金に関する記事をご覧ください。

【コツ4】一戸建て売却時には一括査定を利用する

一戸建てに限ら、ず不動産を売却する際には不動産会社の査定を受ける必要があります。不動産の査定とは、不動産会社に不動産が売却できそうな価格を算出してもらうことをいい、必ず査定価格で売却できるという保証はありません。

一戸建て売却を成功させるためには、不動産一括査定を利用することが重要です。この章では不動産一括査定や一戸建て売却時の査定について解説します。

不動産一括査定とは

不動産一括査定とは、一度の申し込みで複数の不動産会社に査定依頼をすることができるサービスのことです。

算出される査定価格は不動産会社によって異なるため、1社だけの査定価格では売却相場に適した査定価格なのか判断することが難しいです。つまり、正しい査定価格かどうか確認するためには複数の不動産会社の査定を受ける必要があるのです。

しかし、1社ずつ査定依頼をしていると、査定依頼が完了するまでに時間がかかってしまいます。不動産一括査定を利用することで、査定依頼が1度で完了するため手間をかけずに査定依頼ができるのです。

不動産一括査定を利用することで、査定価格だけでなく、担当者の対応も比較することができるため、自分にあった不動産会社であるか見極める際にも利用できます。一戸建て売却の成功には優良で親切な不動産会社の協力が必要不可欠です。最低でも3社以上の不動産会社に査定依頼を行い、優良な不動産会社であるか比較しましょう。

不動産一括査定の中でも、おすすめは「イエウール」です。イエウールは一度の申し込みで最大6社まで同時に査定依頼ができる不動産一括査定サイトです。全国約2000社の不動産会社と提携しており、都心部にある一戸建てから田舎にある一戸建てを売却したい方までご利用いただけます。

提携している不動産会社は厳選された優良不動産会社のみ。クレームの多い悪徳業者は排除する運営を行っているため不動産一括査定に関するトラブルを避けて売却することができます。

あなたの不動産、
売ったらいくら?

あなたの不動産、
売ったらいくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

査定時に見られるポイント

一戸建ての査定額は、様々な要因に影響を受けて価格が決定されます。

編集部がマンション売却経験者向けに独自でアンケートを行い、どのようなポイントを基に一戸建てがプラス/マイナスに査定されたのか回答してもらいました。

プラス評価マイナス評価
評価ポイント回答割合評価ポイント回答割合
日当たりや風通し15.97%築年数23.61%
住宅環境(住宅地として整備されているかなど)14.29%最寄り駅への近さや駅の利便性16.67%
最寄り駅への近さや駅の利便性10.08%維持管理状態(定期的な修繕が行われているか、修繕履歴があるか)12.50%
商業施設への近さや商業施設の利便性10.08%給湯設備や冷暖房の対応状況9.72%
接している道路の状況(道路幅の広さや整備状況や接している方位や道路との高低差など)10.08%接している道路の状況(道路幅の広さや整備状況や接している方位や道路との高低差など)6.94%
眺望や景観5.88%その他6.94%
築年数5.88%公共施設への近さや公共施設の利便性5.56%

【コツ5】最新の一戸建ての市況を確認する

一戸建ての売却相場は絶えず変動しています。そのため、現在の正確な相場価格を把握するためには、出来るだけ最新のデータを確認する必要があります。

国土交通省が毎月公表している不動産市場価格の動向を表す不動産価格指数を元に最新の不動産市場を確認していきましょう。

不動産価格指数

出典:不動産価格指数 国土交通省(令和4年1月31日公表)

一戸建て売却の価格動向を示す青の線を見てみると、一戸建ての売却相場は緩やかに上昇していると言えるでしょう。

しかし、一戸建て売却相場を調べる際には、売却価格に大きく影響する要素である築年数別の売却相場も必ず確認することが重要です。

この章ではレインズの発表しているデータをもとに、一戸建ての売却相場を築年数別に分けて詳しく解説します。

築1~5年の一戸建て売却相場

価格(万円)土地面積(㎡)建物面積(㎡)
2017年3,889118.3497.57
2018年4,149115.7697.51
2019年4,171118.1098.35
2020年4,146118.6898.20
2021年4,557112.8997.35

築1年~5年の一戸建て売却相場は、数年前まで4000万円前後で推移していたものの、2021年には4500万円まで売却相場が上昇しています。2017年と2021年の売却相場を比較すると、約670万円も相場が上昇しており、他の築年数帯と比べて上昇率が高いと言えるでしょう。

コロナ禍である2020年には、売却相場がわずかに下落していますが、長期的に相場を見てみると、築1年~5年の一戸建て売却相場は緩やかに上昇していると言えるでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、買ったばかりの家を売る記事築5年一戸建て売却の記事もご覧ください。

築6~10年の一戸建て売却相場

価格(万円)土地面積(㎡)建物面積(㎡)
2017年3,833126.63100.65
2018年3,915122.10100.49
2019年3,984121.3199.46
2020年3,957121.3699.03
2021年4,1551181398.87

築6~10年の一戸建て売却相場も、数年間3900万円前後で推移していたものの、2021年には4100万円まで相場が上昇しています。

しかし、築1年~5年の一戸建て売却相場と比較すると、相場の上昇率は低いことが確認できます。

さらに詳しく知りたい方は築10年の一戸建て売却についての記事をご覧ください。

築11~15年の一戸建て売却相場

価格(万円)土地面積(㎡)建物面積(㎡)
2017年3,638132.20103.71
2018年3,689131,38104.07
2019年3,745134.13104.90
2020年3,768133.35104.83
2021年3,955138.56103.32

築11~15年の一戸建て売却相場も同様に、3700万円前後で推移していたものが、2021年には3900万円程度まで売却相場が上昇しています。

しかし、築浅である築1年~5年の一戸建て売却相場と比較すると、売却相場の上昇率は低いといえます。

築16~20年の一戸建て売却相場

価格(万円)土地面積(㎡)建物面積(㎡)
2017年3,400141.35111.33
2018年3,555140.11109.67
2019年3,485140.25108.23
2020年3,457140.24106.66
2021年3,810137.61105.84

築16~20年の一戸建て売却相場も、不動産市場の動向に伴って、2021年に売却相場が上昇しています。

しかし、築浅の一戸建ての売却相場と比べると、売却相場は3800万円にとどまっており、築1年~5年の売却相場と比較すると、売却相場には約750万円もの開きがあります。

さらに詳しく知りたい方は築20年の一戸建て売却の記事もご覧ください。

築21~25年の一戸建て売却相場

価格(万円)土地面積(㎡)建物面積(㎡)
2017年2,789150.61113.88
2018年2,963150.34133.14
2019年3,023152.03113.38
2020年3,099149.71144.07
2021年3,421141.25111.37

築21~25年の一戸建て売却相場は、不動産市場の上昇に伴い、2021年には相場が3400万円程度となっています。築16~20年の一戸建て売却相場と比べると、約400万円も売却相場が違うことが分かります。

築6年~20年までの間は、築年数によって大きく売却相場が下がることはありませんでしたが、築21年を過ぎてしまうと急激に売却価格が下がってしまうため、一戸建ての売却を考えている方は、築20年以内に売却するとよいでしょう。

築26~30年の一戸建て売却相場

価格(万円)土地面積(㎡)建物面積(㎡)
2017年2,634174.65119.83
2018年2,605173.84121.98
2019年2,453173.06116.91
2020年2,586168.29118.26
2021年2,917156.59116.15

築26~30年の一戸建て売却相場は3000万円以下で推移しており、築浅の一戸建て売却相場と比べると、かなり売却相場が低い結果となりました。

木造一戸建ての耐用年数は20年から22年とされていることから、築20年以上経過した一戸建ての価値はほとんどゼロとなり、土地の価格が価値を大きく占めることとなります。

さらに詳しく知りたい方は築30年一戸建て売却の記事をご覧ください。

築31年以降の一戸建て売却相場

価格(万円)土地面積(㎡)建物面積(㎡)
2017年2,197167.1397.62
2018年2,177165.2998.54
2019年2,062165.0397.88
2020年2,018172.23100.06
2021年2,355171.48101.71

直近5年間の築31年以降の一戸建て売却相場は、2000万円前後で推移していることが分かります。

築31年を過ぎてしまうと、一戸建ての建物の部分の価値はほとんどなく、「一戸建て付きの土地」として、土地のみの価格で取引されるのが通例となっています。

さらに詳しく知りたい方は築40年一戸建て売却の記事築50年一戸建て売却の記事もご覧ください。

 

以上が築年数別の一戸建て売却相場です。

一戸建てに関わらず、不動産は築年数が浅い物件ほど高く売却することができます。特に一戸建てに関しては、木造の建物の耐用年数が20年程度ということから、築20年を過ぎると売却相場が大幅に下落してしまいます。

もし一戸建てを少しでも高く売却したい方は、築年数の浅いうちに売却することをおすすめします。

あなたの不動産、
売ったらいくら?

あなたの不動産、
売ったらいくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

【コツ6】一戸建て売却相場を自分で調べておく

不動産市場は常に変動しています。最新の一戸建て売却相場を把握するためには、自分で売却相場をこまめに確認しましょう。

この章では、一戸建て売却相場を調べる方法を4つご紹介します。

不動産取引価格情報検索

不動産取引価格情報検索とは、国道交通省が運営している、過去の不動産売買の情報を閲覧することができるサイトです。

不動産取引価格情報検索に掲載されている情報は、国土交通省が不動産を購入した買主にアンケートを行い調査した価格です。そのためより実際の売買価格に近い価格を知ることができるのです。

土地総合情報システムのTOPページ

画面左側にある時期・不動産種別・地域を設定し、「この条件で検索」をクリックすることでその地域の過去の売買情報を知ることができます。

しかし、確認できるのはアンケート回答がある地域のみ。アンケート回答のない一戸建ては売買情報を閲覧することができません。また、一戸建ての売買が活発でない地域では古い情報しかヒットしない場合もあるので注意しましょう。

レインズマーケットインフォメーション

レインズマーケットインフォメーションとは、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営している不動産取引価格の情報提供サイトです。実際に取り引きされた価格に基づいた売却参考価格を確認することができます。

レインズマーケットインフォメーション

サイトにアクセスして、「一戸建て」の都道府県・地域を選択して検索するをクリックします。

その後、「追加検索条件」から条件を絞り込み、より適切な相場を検索しましょう。地域詳細・駅からの距離・面積・間取り・築年数を絞り込むことで、より実際の売却相場に近い価格を知ることができます。

国土交通省地価公示・都道府県地価調査

国土交通省地価公示・都道府県地価調査とは、国土交通省が運営しているサイトで、全国の公示地価や基準地価を閲覧することができます。

公示地価とは、一般の人が土地の売買や資産評価をする際に、土地の適正な価格を判断するための客観的な目安として活用される価格のことです。公示地価は国土交通省が公表、基準地価は各都道府県が公表しています。

一戸建ての売却では、建物だけでなく土地も一緒に売却するため、土地の売却相場を調べることも重要です。

国土交通省地価公示・都道府県地価調査トップ

公示地価のみを調べるのであれば対象の項目を地価公示のみ、基準地価のみを調べるなら都道府県地価調査のみ、地価公示も基準地価も調べたいのであれば、1番右の地価公示・都道府県地価調査の両方を選択します。

一戸建ての最新売却相場や相場の調べ方について詳しく知りたい方は、家の売却相場についての記事をご覧ください。

また、買った時の値段を基に知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

【コツ7】一戸建て売却でよくある失敗を知る

実際のところ、売却を後悔している売却経験者はいるといえますが、売却の基本を抑えれば後悔なく一戸建ては売却できます。

イエウールが不動産売却経験者100人を対象に行った「不動産売却の後悔理由」に関するアンケートでは下図のように様々な売却時の後悔したことが寄せられました。

不動産売却で後悔したことランキング

この章では、売却経験者の後悔をもとに、一戸建てを損せず売却するための対策を解説します。

1位:余裕のある売却スケジュールを立てなかった

不動産売却経験者が売却時に後悔したことで最も多かったのは、余裕のある売却スケジュールを立てなかったことという結果になりました。

売却活動の期限が迫ってくると、売り出し価格の値下げを行ったり、買主の値下げ交渉に応じなければならないなど、売却希望額で売却することが難しくなってしまいます。

【対策】一戸建て売却にかかる期間を把握しておく

余裕のある売却スケジュールを立てるためにも、まずは一戸建ての売却にかかる期間を把握しておきましょう。

一戸建ての売却にかかる期間は、一般的に3か月から11か月と言われています。

売却段階所要期間
売り出し前1~2週間
売り出し中1か月~売れるまで
売り出し後1か月前後

一戸建て売却期間で1番時間がかかるのが売り出し期間です。

一戸建ての売り出し期間は、買主が見つかるまで続きます。つまり、買主が見つからなければ1年以上売り出し期間が続くこともあるということです。

都心や人気のエリアにある一戸建ては、購入希望者が多く集まるため、比較的短期間で売却できる傾向にありますが、駅から遠く離れた一戸建てや田舎にある一戸建てなど、需要が低い一戸建ては売却にかかる期間が長くなると言えるでしょう。

一戸建ての売却にかかる期間を短くしたい場合は、積極的に内覧対応を行ったり、ホームステージングを利用するなど工夫をしておくとよいでしょう。

一戸建ての売却にかかる詳しい期間については、一戸建て売却でかかる期間についての記事をご覧ください。

一戸建て売却では、全体的な流れと売却にかかる期間が把握できれば売却計画を立て始めることが出来ます。あなたの一戸建てを不動産の専門家である不動産会社に査定してもらい、売却の準備をスタートさせましょう!

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったらいくら?

あなたの不動産、
売ったらいくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

2位:売り出し価格を低めに設定してしまった

不動産売却をした際に後悔したこと2位は売り出し価格を低めに設定してしまったという結果になりました。

無事に売却することができたものの、後から「もっと高く売却することができたのではないか」「売却にかかる費用や手数料のことも考えて売り出し価格を決めるべきだった」と後悔している方は多くいらっしゃいます。

【対策】自分で売却相場を調べる

売り出し価格を決める際には、不動産会社の査定結果も重要ですが、自分で売却相場を調べて、周辺の一戸建てがどのくらいの価格で売買されているのか把握しておきましょう。

不動産会社の査定価格は「このくらいの価格で売却できそう」という目安の価格のため、必ず査定価格と同じくらいの価格で売り出さなければならないわけではありません。

築年数が同じ一戸建てはいくらで売れたのか、一戸建てのある地域の売却相場はどう変動しているかという部分にまで着目して売り出し価格を決めましょう。

自分で売却相場を調べるためには、コツ6で詳しく解説する、不動産取引価格情報検索・レインズマーケットインフォメーションなどを利用しましょう。

3位:念入りな情報収集を怠った

一戸建て売却をスムーズに、後悔せずに進めるためには、事前に情報収集を行っておきましょう。

2位の「売り出し価格を低めに設定してしまった」にも共通していますが、「もっと高く売却したかった」「期限までに売却できそうにない」など、念入りに情報収集を行っておくことで、事前に防げる失敗は多くあります。

【対策】売却の事前準備を把握する

一戸建てを売却することが決まったら、事前準備として行っておきたいことは以下の3点です。

  1. 住宅ローン残債額を調べて売却によって住宅ローンが返済できるかどうか確認する
  2. 一戸建ての売却に必要な書類を準備する
  3. 一戸建ての売却相場を調べる

この中でも特に重要なのは、住宅ローンの残債額の確認です。繰り返しにはなりますが、住宅ローンを完済することができなければ一戸建てを売却することはできません。一戸建て売却を成功させるためにも、住宅ローンを完済するためにはいくら以上で一戸建てを売却する必要があるのか把握しておきましょう。

4位:買主との価格交渉で譲歩しすぎてしまった

内覧が終わり、買主と条件交渉をを行う際に「値下げをしてもらえませんか?」と交渉されることはよくあります。

できれば少しでも高く売却したいと思う反面、せっかく購入希望者が見つかったのだから契約のために値下げ交渉に応じたいと迷われる方もいるでしょう。

【対策】売り出し価格を高めに設定しておく

買主から値下げ交渉をされても対応できるように、売り出し価格は売却希望額よりも少し高めに設定しておきましょう。

例えば、3000万円で売却したい一戸建てを3000万円で売りに出した場合、買主の値下げ交渉を受け入れてしまうと、売却希望額よりも低い価格でしか売却できないことになります。

しかし、3000万円で売却したい一戸建てを3500万円で売りに出すと、最高500万円まで買主の値下げ交渉に対応する余裕がありますし、値下げ交渉されなかった場合は、売却希望額より高く売却することができるのです。

売却相場より高すぎる売り出し価格を設定してしまうと、購入希望者が現れず売却期間が長引く可能性もあるため、売り出し価格を設定する際は不動産会社に相談しましょう。

5位:査定額だけで決めてしまい依頼先をよく検討しなかった

不動産会社を選ぶ際に、高く売却するために査定価格が1番高い不動産会社と契約する方もいますが、査定価格が高いからといってその価格で売却できる保証はありません。

一戸建ての売却において、不動産会社選びはとても重要です。査定価格だけにとらわれず、その他の要素も考慮して選びましょう。

【対策】担当者の対応や相性を比較して選ぶ

一戸建てを売却するにあたり、担当者との相性が良いかどうか重視して選ぶことも重要です。

初めて一戸建てを売却する方は、売却活動を進めるにあたって不安や疑問がたくさんあるでしょう。そこで相性の良い担当者がいる不動産会社と契約していれば不安や疑問がある場合も気軽に相談することができ、売却活動をスムーズ進めることができます。

担当者とは一戸建ての売却活動中である約6か月以上も連絡を取り合うことになります。査定価格の高さだけでなく、連絡の取りやすさ話しやすさで担当者を決めることも重要です。

  1. 良く分からないまま売却が進むと不満がたまるよね…
  2. 表面的に不動産会社を判断したらだめじゃな。
  3. そうだね、熱意や連絡が取りやすいかなど見極めないとね!

ここまで一戸建ての売却について解説しました。

まずは、一戸建てを査定するのなら、一括査定のイエウールを利用すると良いでしょう。WEBでの申込みになるので、不動産会社に行く必要がなく自宅で24時間申込み可能ですし、無料で利用できます。

不動産会社も1600社以上の中から合った不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

あなたの不動産、
売ったらいくら?

あなたの不動産、
売ったらいくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

一戸建て売却時に事前準備でしておくべきことは何ですか?
一戸建て売却時の事前準備として、①住宅ローン残債額の確認、②必要書類の収集、③土地と一戸建ての名義人を調べる、④売却スケジュールを立てる、以上の4つを行いましょう。それぞれの詳しい内容は【コツ1】一戸建て売却の事前準備を行うをご確認ください。一戸建て売却の事前準備が終わり次第、不動産一括査定サイト「イエウール」を利用して、次のステップの不動産会社への査定依頼に進みましょう。

一戸建て売却はどのような流れで進みますか?
一戸建てを売却するために、まずは事前準備を行い、その後不動産会社に一戸建ての査定を依頼し家がいくらで売れるのか把握しましょう。詳しい一戸建て売却の流れは【コツ2】一戸建て売却の流れを把握するにてご確認ください。また不動産一括査定サイト「イエウール」を利用することで不動産会社に対して査定依頼が出来ます。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料

売りたい価格で売れる買主がわかる

条件入力だけで、
自動で買主が見つかる
STEP1
STEP2
STEP3
STEP4
【完全無料】うちの価格いくら?