駐車場経営で遊休地を活用しよう|メリットとデメリットを知ろう

持て余している遊休地を使って利益を出したい。そう考えている人は多いですよね。駐車場経営なら初期投資が少なく、経営がうまくいかなかった時にはすぐにやめることができます。転用性が高いのであまりお金をかけたくない人や転用性・流動性を確保したまま土地を活用したい人にはお勧めです。ここでは駐車場経営の仕方やメリットデメリットを知って駐車場経営を成功させて遊休地の活用に役立てて下さい。

先読み!この記事の結論
  • 遊休地を使った駐車場経営は可能
  • トラブルや空室など、デメリットも多いので注意

駐車場経営について一通り知りたい方は以下の記事をご覧ください。


 class=

遊休地所有者におすすめの駐車場の運営方法

駐車場経営は初期費用も少なく転用性も高いので遊休地の活用にお勧めです。駐車場経営には月極駐車場とコインパーキングがあります。

駐車場の経営は大きく分けて2種類

駐車場経営には月単位で貸し出す月極駐車場と時間単位で貸し出すコインパーキングがあります。

月極駐車場

月極駐車場の経営方式には管理委託方式一括借上方式の2種類あります。一括借上方式とは駐車場を駐車場管理会社に貸し出し、毎月一定の金額を賃料から受け取る方式です。また、管理委託方式とは募集や管理、運営などの業務を委託して駐車場管理会社にその委託料を支払う方式です。

管理委託方式 一括借上方式
初期投資 自分 自分
募集 不動産会社 不動産会社
管理・運営 不動産会社 不動産会社

経営方法や業者によって収入は変わりますが、管理委託方式だと賃料の約5~10%を委託料金として支払うところが多いようです。また、一括借上方式だと約15%~20%の賃料を管理会社から毎月受け取る方法です。

コインパーキング

コインパーキングの経営方式は土地賃貸方式自己経営方式の2種類あります。土地賃貸方式は土地を貸して、コインパキング業者が初期投資をして駐車場を整備し運営、管理する方式です。そして、毎月一定の金額を受け取ることになります。自己経営方式は自分で駐車場を整備し、募集、管理、運営を委託し委託料金を払う方式です。

土地賃貸方式 自己経営方式
初期投資 コインパーキング業者 自分
募集 コインパーキング業者 コインパーキング業者
管理・運営 コインパーキング業者 コインパーキング業者
  • 駐車場の需要を確認
  • 月極か時間貸
  • 運営方法を決める

駐車場経営は土地活用のプロに相談!
遊休地を駐車場経営として活用する場合には、まずは土地活用の会社に相談すると良いでしょう。土地活用の会社に相談する際には、イエカレの利用がおすすめです。

イエカレを利用すると、簡単な情報の入力だけで複数の会社から経営プランを取り寄せられ、収益プランを比較することで活用して収益を得られるかわかるでしょう。契約するまでは無料で相談できますし、企業によっては実地調査をした上で収益プランを試算し、他にも良い活用を提案してくれます。まずは、簡単な情報を入力して無料で資料を取り寄せてみましょう。


 class=

駐車場の経営を始めるまでの流れ

駐車場を経営する前に確認すべきことはたくさんあります。上記のことを確認して、利益がでるか試算してみましょう。固定資産税よりも収益を高くだせるか確認しましょう。

駐車場経営に向いている土地かの確認をする

駐車場経営を始めるにはまず、自分の土地が駐車場経営に向いているかどうかを確認しましょう。確認しなければならないのは以下のようなことです。
・車が駐車できるか
・道路と接しているか(できれば幅員4m以上の道路)
・障害物がないか(歩道、街路樹、ガードレール、道路標識、電柱等)
・敷地の形状(何台駐車スペースをとれるか)
地域によっては駐車場の区画割に規制がある場合があるので役所に確認が必要です。
  • 駐車区画の大きさは車種によって基準が違う
  • 一般的に幅 2.5m × 長さ 5.0mほどの大きさであることが多い
  • 車イスの利用スペースでは更に幅をとる必要がある

駐車場の需要と供給状況を調べる

自分の土地の半径1km以内に何か所、コインパーキングや月極駐車場があるか確認しましょう。極端に多いと稼働率が悪くなり、極端に少ない場合は需要がないと考えられます。

周辺の駐車場の料金の相場を調べる

駐車場経営を行う時、設定料金はその駐車場の形態や場所にもよりますが周辺の駐車場の料金設定とかけ離れた金額だと稼働率が悪くなります。また、料金相場は定期的にチェックしましょう。周りに格安の駐車場ができたりすると、急に稼働率が悪くなる場合があります。

駐車場の形態を決める

駐車場は平置きの駐車場、立体駐車場、砂利敷きの駐車場、アスファルト敷きの駐車場などがあります。砂利敷きの駐車場だと初期投資をほとんどかけずに始めることができます。

運営方法を決める

運営方法は月極駐車場にするかコインパーキングにするかでも変わります。月極駐車場の場合は管理委託方式か一括借上方式。コインパーキングの場合は土地賃貸方式か自己経営方式になります。毎月の稼働率が収入に影響するかや初期投資をするかなどを考えて選ぶとよいでしょう。

委託先を決める

駐車場経営をする時、自分ですべての業務を行って経営することもできます。しかし、駐車場経営が素人なら区画計画もできませんし、料金設定や駐車場設備を整えるのにも費用がかかるので管理会社に委託するのが良いでしょう。委託先は複数社に区画割りを依頼して、良い区画割りをする委託会社に頼みましょう。区画割りはその後の収益に影響します。
  • 駐車場経営できるか
  • 需要と供給を調査
  • 運営方法を決める
土地活用の始め方
土地活用の始め方

 class=

駐車場経営のメリットとデメリット

駐車場経営にはメリットもデメリットもあります。そのどちらもきちんと理解して駐車場経営を始めましょう。

駐車場経営のメリット

駐車場経営のメリットは少ない資金で経営を始められることです。そして、駐車場を整地し設備を整えるのも短期間でできるためすぐに経営を始めることができます。

初期投資があまりかからない

駐車場経営はアパート経営などに比べて、建物を建てたりしないので初期投資額は少額ですみます。また、土地を駐車場を運営している会社に貸し出して、駐車場設備を整えることや管理、運営をすべて委託することで初期投資をゼロで始められることもあります。以下が駐車場を始める際の整地、舗装などにかかる費用の相場です。

未舗装(砂利敷き) 3,000円/平方メートル 
アスファルト舗装 5,000円/平方メートル 
コンクリート舗装 8,000円/平方メートル 
ライン引き 5台 60,000円 
駐車場番号表記 1枚 700円 
車止めブロック 1個 3,500円 
区画用ロープ 40円/m
盛土、切土費用 50万円 

これらの費用はおおよその金額です。必ずしもこの金額でできるわけではありません。

事業をすぐに始められる

アパートの経営を始めるとなれば、どのような建物にするか決めたり、施行会社を選んで建築を始めても数カ月はかかります。もともとある建物でもリフォームやリノベーションをしたりとそれなりの準備期間が必要になります。しかし、駐車場経営だと空地を整地し設備を整えても1カ月もあれば始めることができます。

駐車場経営のデメリット

駐車場経営の収入は立地条件が影響します。また、駐車場経営には節税効果はありません

立地条件によって収入が異なる

駐車場はその立地に収入が大きく影響されます。月極駐車場なら周りに住宅地があるか、コインパーキングならば周辺に商業施設や病院などがあるか等の駐車場の需要があるかどうかで稼働率が大きく変わり収入に影響します。また、平面駐車場の場合、土地面積当たりの収入は低くなります。駐車場経営は初期投資も少なく手軽に始めることができる分リターンが少ない投資になります。

税金の負担額が多い

駐車場は住宅用地ではないので固定資産税や都市計画税の軽減はありません。その上、平面駐車場は更地の扱いになるため、減価償却できないので所得税が課税される額も大きくなり節税することはできません。また、相続税がかかる場合も相続税評価は更地と同じ扱いになるため、「小規模宅地等の特例」の対象にはならず相続税の節税対策にはなりません。駐車場経営は節税効果のない投資といえます。
  • 立地が重要
  • 節税はできない
  • 低リターン
 class=

駐車場経営のリスク

駐車場経営をしているとさまざまなリスクがあります。駐車場でトラブルが起きたり、近隣に競合が現れたり、災害で経営を続けることができなくなることもあります。

駐車場利用者とのトラブル

駐車場でのトラブルには事故や不正使用、盗難、賃料の滞納などがあります。

駐車場内での事故

駐車場内での事故は2台以上の駐車スペースのある駐車場を経営している場合起こる可能性があります。駐車場での事故に対して責任を負わない旨の看板を立てたり、契約の時に記載しておくこともできます。しかし、駐車場の区画割りが通常必要な面積より小さかったり、車路が狭かったり、出入り口の見通しが悪かったりする場合、経営者側で改善しないと過失があるとみなされ責任が生じることがあります。事故が起こりにくい駐車場を作るのも管理者の仕事です

不正利用や盗難

駐車場内で車上荒らしや不正利用、盗難などが起こることもあります。直接は管理責任は発生しませんが、日々の巡回などをしてしっかりと駐車場を管理しておかなければなりません。また、空きスペースに勝手に駐車する不正利用を防ぐには余分なスペースを空けておかないということも重要です。車上荒らしや盗難が起きると契約者が減り収入に影響します。

賃料の滞納

アパート経営にも言えることですが、駐車場経営においても賃料を滞納する人はいます。これは保証人を立ててもらったり、保証会社と契約してもらうことでリスクを下げることができます。また、管理会社に賃料の回収を任せる滞納保障一括借上方式で運営するのも1つの案です。

競合が現れるリスク

駐車場経営は初期投資が少ないことから、土地を持っている人の投資としては手軽に始められる分、競合する駐車場も現れやすいです。特に駅前や商業施設など需要のある場所では大手の企業が設備の整った大きな駐車場を作ってしまうと、そちらに全部取られてしまい稼働率が悪くなることもあります。コインパーキングなどっでは100円でも安い駐車場を探して駐車するため、顧客の流動性は高く常に周辺の駐車場の料金を調べる必要があります。また、管理会社に委託している場合でも、賃料の引き下げを言ってくることもあります。

災害のリスク

昨今の日本では、地震や集中豪雨、洪水、高潮、土砂崩れなどの自然災害が頻繁に起こっています。自分の所有する土地で起こりうる災害をハザードマップで確認しましょう。そして、契約時に予測される自然災害がどのようなものがあるのか契約者に伝えておきましょう。契約書には「災害による被害の責任をオーナーは負わない」ということを明記しておくと良いでしょう。また、災害保険に加入しておくと安心です。
  • トラブル回避する
  • 価格競争に負けない
  • 災害に備える

遊休地はそのままにしておかないほうが良い

所有している土地は放棄することができません。それがどのように活用してよいかわからずに放置されている遊休地であっても毎年、固定資産税や場所によっては都市計画税も支払わなければなりません。このように税金の支払いもあり管理するコストもかかります。また、遊休地が遠隔地にあり自分自身が管理することができない人もいると思います。雑草の手入れをしたり見回りをしたりできないからと放置していると、土地は荒れ放題になり、不法投棄害虫が発生したり近隣住民からクレームを受けることになります。
このように土地を使わないで放置しておくとトラブルの元になるとともに損失が出続けます。どうしても活用する方法が見つけられないのなら売却するのも1つの方法です。土地の売却ならイエウールが便利です。一括査定最大6社まで依頼できます。全国にある1,600社もの厳選された不動産会社があなたの土地をより高く売れる不動産会社を紹介します。インターネットがあれば60秒の簡単な入力で依頼できます。土地の売却を考えているのなら、イエウール一括査定してみてはいかがでしょうか。
  • 放置は損失あり
  • 放置はトラブルの元
  • 放置するなら売却
 class=

駐車場経営はリスクも理解して行おう

駐車場経営は初期投資も少なく手軽に始めることができますが収益はさほどよくありません。また、駐車場経営にはリスクもあります。そのリスクをきちんと理解して経営を始めましょう。駐車場経営なら建物などがないので途中でやめて他の活用をすることもできます。また、売却することもできます。

駐車場経営の相談ならイエカレ!

駐車場経営は需要があれば利益を出すことができますが、供給過多になると利益をだすことが難しくなります。そのため、事前に「どのくらいの利益が出るか」「中長期的にどのくらい儲かるか」という見立てを精度高く建てる必要があります。
精度の高い見積もりを立てる際には、駐車場経営に関する専門家と一緒に進めるのがおすすめです。駐車場経営の専門家に相談する際には、イエカレを活用してみましょう。複数の業者にまとめて相談しつつ、その中から自分に合った会社に相談する事が可能です。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】最適な土地活用って?