駐車場経営に必要な坪数はどのくらい?駐車場経営の成功ポイントとは

駐車場経営に必要な坪数はどのくらい?駐車場経営の成功ポイントとは
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

土地活用の方法のひとつに駐車場経営があります。一言で駐車場といっても、たとえば、コインパーキング、月極駐車場などがあります

自分が所有している土地を有効に活用するにはどうすればよいか迷っている人もいるでしょう。そこでこの記事では、駐車場経営に必要な坪数や経営の方法について解説します。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

駐車場経営をもっと詳しく知りたいという方には、こちらの記事がおすすめです。

車を駐車するのに必要な坪数を知ろう

駐車場を経営するに当たって、自分が所有する土地に何台くらいの車が駐車できるのかを計算しておくことは重要です。できるだけ多くの車を駐車できるようにしたほうが、利益も多くなるため効率的な土地の活用方法についても考えてみましょう。

1台につき約4坪

まずは、車1台あたりに必要な坪数についてみていきましょう。車にはさまざまなサイズがありますが、おおよそ1台あたりのサイズは、次の通りです。

5メートル×2.5メートル=12.5平方メートル

1坪=3.3平方メートル

つまり1台あたり4坪が必要ということになります。コインパーキングにする場合は、精算機を置くスペースがおよそ1坪ほど必要になります。2台の駐車スペースを確保するなら最低10坪あればコインパーキングの経営をスタートできる計算になります。

100坪で約14台

土地を有効に利用するには、どのような形の駐車場にするかをしっかり検討する必要があります。1台でも多く駐車スペースを確保できれば、それだけ収益もあがります。10坪で2台の駐車スペースということは、単純計算して3台で13坪、4台で17坪が必要になる計算になります。ただし、これは道路から直接入庫できる地形で考えた場合です。

道路に接した面が広いほうが、駐車スペースを最大限に利用できます。

もしも奥行きの深い土地を所有している場合は、少し計算が異なってきます。奥行きが深いと、対面式の駐車場にすることが可能です。対面式にする場合は、幅員5mの走路を設ける必要があります。台数ごとの坪数は次の通りです。

台数 坪数
3台 22坪(75平方メートル)
5台 34坪(112平方メートル)
7台 45坪(150平方メートル)
10台 75坪(250平方メートル)
14台 100坪(330平方メートル)

つまり100坪の土地を所有していたら、14台の駐車スペースを作ることができるということです。

利用者ファーストで考える

駐車場を経営するために必要な土地の坪数について考えてきました。できるだけ多くの台数を駐車したいからといって、車の導線を考えずに駐車場にしてしまうと利用しにくい駐車場のイメージがついてしまう恐れがあります。

台数を増やしても、利用しにくいという印象が強くなると利用者が減少してしまい稼働率が下がります。そうなると当然、利益も減ることになります。つまり、台数を少なくしたとしても、利用者にとって駐車しやすいスペースに作り上げることが稼働率アップにつながります。

駐車区画の整理の仕方にも関係する

利用しやすい駐車場を作るには、駐車区画の整理の仕方をしっかり計画することが大切です。駐車スペースをどう区画するかは所有者の自由ではありますが、できる限りプロの視点から区画を作成してもらったほうが長期的に安定した収益を見込めます。

駐車場の経営方法と立地も考える

駐車場経営には、コインパーキングと月極めタイプの駐車場の2種類があります。所有している土地の近隣ニーズや隣接する建物の種類によって経営方法を選択することもひとつの方法です。また、立地を考えることも駐車場経営には重要なポイントとなります。

コインパーキング式の場合

コインパーキング経営は、コインパーキングの利用料が自分の収益になります。初期費用が少なくてすむため費用をかけずに土地活用をしたい人には人気の土地活用方法です。

コインパーキングの場合、短時間での使用を目的としているため、エリアとしてはオフィス街や繁華街など人が集中する場所がおすすめです。

月極駐車場タイプの場合

月極め駐車場を経営する場合は、安定した収益が得られる点が特徴です。利用者と契約を結ぶことで一定期間駐車場を貸す代わりに契約した金額を毎月支払ってもらう経営方法になります。

コインパーキングの場合は、整地を行う必要があるケースが大半ですが、月極め駐車場の場合は砂利地でも経営が可能です。

月極め駐車場は、コインパーキングよりも初期費用が少なくてすむ点が魅力です。一定期間同じ人に駐車スペースを貸すため、住宅が多いエリアや駅の近くなどがおすすめです。

駅前なら有利

コインパーキング経営なら駅前が有利です。駅前は、長時間の利用者、短時間の利用者の両方の利用が見込まれるからです。

公共施設や商業施設周辺も見込みあり

公共施設や商業施設周辺も利益率が高くなる見込みがあります。役所や学校の資格、施設の訪問者の利用率が高いからです。また、人気の商業施設や外食チェーンの近隣も駐車場経営に向いているといえます。短時間利用で回転数を増やして利益を得ることができる可能性が高いためです。

住宅地は穴場

住宅地は、駐車場経営の穴場ともいわれています。具体的には、近隣居住者による利用、来客や工事業者による長時間の利用が見込まれるエリアになる可能性があるからです。
人口が多いエリアほど利用者は多くなる傾向があります。すでに経営している賃貸アパート・マンションの駐車場をコインパーキングにする事例も増えています。

駐車場を整備する前には、近隣の駐車場の様子をチェックしておくとよいでしょう。月極め駐車場なら満車になる時間帯があるかどうかをチェックしましょう。満車になることがないのであれば、すでに駐車場が飽和状態にあると考えることができます。

駐車場経営を考えるなら

駐車場経営は、初期費用が少なくてすむこともあり、土地活用の方法としては比較的人気が高くなっています。ただ、区画をしっかりと行わないと失敗してしまうこともあります。そのため、経営のポイントをしっかりと押さえておくことが必要です。

土地活用サイトを利用する

土地活用の方法で迷っている場合は、土地活用サイトの利用がおすすめです。土地活用サイトでは、所有している土地を有効に利用する方法を検索、相談することが可能です。
イエウール土地活用は、日本有数の不動産情報サイトです。不動産に関する相談ごとであれば幅広く対応しています。土地の活用方法についても調べることが可能です。イエウール土地活用は、独自の基準で悪徳業者を排除しているため優良な会社のみと出会うことができる点が魅力です。

所有している土地の住所などの情報を入力するだけで、無料で適切な相談先を紹介してもらうことができます。電話による悩み相談も行なっているため、迷っている場合にはまずは電話相談を利用するのもよいでしょう。

プロの意見を聞く

使わない土地を所有しているけれど、税金ばかりがかかって仕方ないと悩んでいる人もいるでしょう。土地を活用したいけれど、誰にどんな風に相談すればよいかわからない人も多いでしょう。

困ったときは、信頼できる人から土地の活用方法を聞くこともひとつの方法です。土地活用の実績がある人ならなおよいでしょう。

駐車場経営以外にも、有効的な土地活用の方法がみつかる可能性もあります。プロの意見に耳を傾けることで、よりスムーズに土地活用の計画を立てることができます。

駐車場経営の希望は伝える

土地活用についてプロに相談する場合、自分がどのような経営を行いたいかを伝えることが大切です。親切な企業であれば、オーナーの希望や要望をヒアリングしてくれるでしょう。

ただ、残念なことに不動産会社のなかには一方的に経営方針を押し売りするようなところもあります。

話をしてみて合わないと感じた場合には、違う不動産会社に切り替えることも大切です。オーナーとして要望したほうがよい内容について次に参考例をあげておきます。

  • 長期的な土地活用をしたい

  • どのくらいの収益を希望しているか

  • 初期投資を抑えたい

  • 相続税の節税対策をしたい

  • 管理に手間をかけたくない

  • 将来的に土地活用の方法を変更したい

このように土地活用に対する自分の希望や要望は、相談する前にしっかりと明確化しておきましょう。

複数の会社から聞くこと

相談先を行う場合には、1社だけでなく複数社にさまざまな提案をしてもらうことが大切です。自分が所有している土地の情報やどの程度の収益を希望しているのかなど、希望や要望を明確化したら、できるだけ多くの不動産会社に相談してみましょう。

忙しい、面倒だからという理由で、1社の提案のみで経営方針を決定してしまうと、後々トラブルやリスクを抱える原因にもなります。駐車場経営と一言でいっても方法は複数あるため、自分にあった活用法を選ぶためにも複数社からの意見を参考にすることは大切です。

土地活用サイトを利用する理由

土地を所有しているけれど放置している場合、費用ばかりがかかってしまいマイナス資産になってしまいます。費用がかかるだけでなく、管理を怠ると近隣とのトラブルに発展するケースもあります。訴訟になるケースも考えられるため、定期的に管理を行うことが求められます。

とはいえ、自分で土地活用の方法を考えて実行に移すことは難しい作業です。そこでおすすめなのが土地活用サイトです。

土地活用サイトでは、さまざまな土地活用の方法についての情報を得ることができます。さらに、適切な相談窓口を紹介してもらうことも可能です。忙しい人ほど、土地活用サイトを利用して土地活用に向けてスムーズに計画を進めていきましょう。

適切な窓口となってくれる

駐車場経営を行う場合、しっかりしたビジョンと計画を持って進めていくことが大切です。ただ、専門的な知識については理解が難しい点も多くあります。

土地活用サイトを利用することで、自分の希望や要望を実現に導いてくれる適切な窓口をみつけることができます。住所や建築地・相談内容などをもとに最適な会社を結びつけてくれるのが土地活用サイトです。

手間や時間が省ける

土地活用を行うには、それなりの手間と時間が必要となります。

駐車場経営をしたいと考えていても、忙しくてなかなか実現に向けて前に進むことができないという人もいるでしょう。いざ、実行に移すとなっても複数の不動産会社に足を運んで色々な相談をすることになるため、かなりの労力を使うことになります。

土地活用サイトでは、こうした手間を省くことが可能です。インターネットで自分が活用したい土地の情報を一度入力するだけで、複数社にまとめて相談できるため、手間や時間が省けます。忙しい人ほど、土地活用サイトの利用をおすすめします。

おすすめはイエウール土地活用

駐車場経営を検討している場合は、1社だけで決めてしまうと思ったように収益をあげられない、トラブルが起きるなどのリスクを抱えることもあります。そのため、できるだけ複数社を比較してから決めるようにしましょう。

イエウール土地活用は、日本有数の土地活用比較サイトです。不動産の幅広い活用方法についても調べることが可能です。独自の基準で悪徳業者を排除しているため優良な会社のみと出会うことができる点が魅力です。

インターネットで、土地を所有している都道府県を選択すると、建築予定地や敷地面積、賃貸経営予定の物件種別などの情報を入力するフォーマットが表示されます。フォーマットにそって情報を入力するだけで結果を表示することが可能です。所用時間はおよそ60秒の手軽さです。

土地活用プランだけでなく、見積もり、収支計画書、マーケット分析までしてもらえるため土地活用を検討している際にはイエウール土地活用の利用をおすすめします。

まずはイエウール土地活用にアクセスしよう

駐車場経営を行うためには、自分の土地がどのような状態でどの程度の価値があるのかを理解しておくことが大切です。さらには、周辺地域のニーズや競合の駐車場の状況などを調べて、経営方針を決定する必要もあります。

このような計画やビジョンを初心者が1人で考えて、実行に移すことはかなりの時間と手間を必要とします。さらには、専門知識、地元に関する情報収集なども必要となってきます。これだけ頑張っても、本当に自分の計画で収益をあげることができるかどうかは、やってみないとわからないという不安も残ります。

このような状況を一気に打開してくれるのが、土地活用一括比較サイトです。専門知識や地元のニーズ、情報をしっかりと保有している不動産会社を複数社一度に紹介してもらうことが可能です。

なかでもイエウール土地活用は、駐車場経営以外の土地活用についても幅広く取り扱っており、全国の優良企業と提携しています。駐車場経営で迷ったら、まずはイエウール土地活用にアクセスしてみましょう。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
車を駐車するのにはどのぐらいの広さが必要なの?
車を駐車するには、一台あたり12平米、4坪ほどの面積が必要です。詳しくは、車を駐車するのに必要な坪数を知ろうをご覧ください。
駐車場経営をする際の注意点は?
駐車場経営で特に注意すべきは、経営方法と立地を見極めることです。詳しくは、駐車場の経営方法と立地も考えるをご覧ください。
駐車場経営を考えたら何から始める?
駐車場経営を始める際には、土地活用比較サイトを使って複数企業の経営プランを比較してみましょう。詳しくは、駐車場経営を考えるならをご覧ください。
土地活用サイトは結局何がいいの?
土地活用サイトを使うことで、様々な土地活用の方法についての情報を得ることができます。詳しくは、土地活用サイトを利用する理由をご覧ください。
土地の管理が面倒? 駐車場経営で手軽に活用