コインパーキング経営は本当に儲かる?儲かる仕組みと収入・利回りを紹介

土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

使っていない土地を何らかの形で活用したいと考えている方の中には、手軽に始められて安定した収益を見込めるコインパーキング経営について聞いたことがある方も多いでしょう。
結論から言うと、コインパーキング経営で手軽に儲かるかどうかは、今持っている土地や購入しようとしている土地によって左右されます。

コインパーキング経営は、誰でも儲かる土地活用方法ではありません
この記事では、コインパーキング経営とはどんな経営方法なのかを解説していきます。

自分ならコインパーキング経営がうまくいくかどうか、判断する際の参考にしてみてください。

コインパーキング経営だけでなく、月極駐車場も含めた駐車場経営全般について知りたい方は、まず以下の記事をご覧ください。

コインパーキング経営はどんな土地活用か

 class=

コインパーキング経営は、更地にコインパーキングを作って経営し、そのコインパーキングの利用料金が自分の収益になる土地活用方法です。
初期費用が少なく低コストでできるので、「費用をかけず土地活用をしたい」という人たちから人気を集めています。

なお、コインパーキング経営をするにあたって、清掃や集金、クレーム対応などといった業務をする必要があります。
これを自分でするか、委託してするかによって大きく3通りの経営方法に分かれます。それぞれ見ていきましょう。

管理委託

コインパーキング経営をされる方の多くは、管理業務を管理会社に委託して経営します。
多少の管理費は掛かりますが、その分手間をかけずにコインパーキング経営ができます。

このように、管理業務を委託してコインパーキング経営を進めるスタイルを、管理委託方式と呼びます。

土地賃貸

土地だけ貸して、コインパーキング経営を丸々委託するというパターンです。
この場合だと自分は地主として収入を得ることになり、月々の賃料が収益源になります。
この経営方式を、土地賃貸方式と呼びます。

自己経営

コインパーキング経営を進めるにあたり、機器の設置から日々の管理業務まで、すべてを自分で経営して進めることも可能です。
どこかに管理費用や手数料を支払う必要がないため、駐車料金として得られた収益がすべて自分の手元に残ります。

ただその分、最初の準備や日々の管理業務など、かなりの時間と工数をとられてしまうので、初めてコインパーキング経営をしようと考えている方にはできません。

1.3.1. 土地なしでコインパーキング経営をするなら

土地がない状態でコインパーキング経営をする場合は、まずは土地を手に入れる必要があります。
土地を購入しても良し、借りても良し、土地の貸し出しから請け負っている業者に相談するも良し。
いずれにせよ、土地なしの場合は土地に関する代金を支払う必要があるため、より多くの収益を得る必要があり、難易度が上がります。

土地なしの状態からコインパーキング経営をしたい場合は、以下の記事に詳しく解説しています。

コインパーキング経営は立地がカギを握る土地活用です。
どの形式でコインパーキングを始めるべきか、どのくらいの費用設定にすべきかを詳しく検討したい方は、一度土地活用プラン請求サービスでプランを取り寄せて考えることが大切です。
土地活用無料プラン請求サービスでは、コインパーキング経営に強い専門企業に相談することができ、地域周辺の調査や収益プラン、初期費用の見積もりを出してくれます。

プランの取り寄せは無料ででき、必ずコインパーキング経営を始めなければいけないというわけではありません。
少しでも興味のある方は、一度プランを取り寄せて収益を確認してみることがおすすめです。

土地活用の始め方
土地活用の始め方

どうしてコインパーキング経営は儲かる?

 class=

どうしてコインパーキング経営が儲かるのかをここでは紹介します。
コインパーキング経営が儲かる理由は、主に以下の4つのメリットによるものです。

コインパーキング経営のメリット
  • 初期費用が少ない
  • 手軽に始められる
  • 転用性が高い
  • 狭小地や複雑な土地でも始められる

初期費用が少ない

コインパーキング経営は初期費用が少ない点がメリットとして挙げられます。
アパート経営やマンション経営の場合だと、数千万円~数億円ほどの初期費用が掛かりますが、コインパーキング経営の場合だと、多くとも100万円程度で可能です。

100万円ほどだと、稼働率を担保できていれば初年度で回収することも可能です。
そのため、費用が少ない分、手取り金額で十分儲かる土地活用なのです。

手軽に始められる

コインパーキング経営は、必要機材や初期設備が少なく、最短1週間ほどで始められます。
そのため、始まるまでの半年~1年ほどかかるほかの土地活用と異なり、手軽に始めれる点がコインパーキング経営の魅力です。

転用性が高い

コインパーキングは、建物や大きな設備を設置する必要がありません。そのため、やめたいときにやめやすく、転用性の高い土地活用である点が魅力です。
転用性が高いと、儲からないからやめたい場合でもすぐに損切りでき、つぶしの利く土地活用方法としておすすめです。

狭小地や複雑な土地でも始められる

コインパーキングは、それほど広い土地でなくても始められます。
最低2,3台分のスペースを確保できれば良いため、狭い土地や形がいびつな土地でも、始められるという点がコインパーキング経営のメリットです。

したがって、「土地活用をしたいけれど、土地の使い勝手が悪い」と悩んでいる方でも儲けることができるのが、コインパーキング経営の魅力です。

コインパーキング経営の収入例

 class=

コインパーキング経営は手軽に儲かると言われている土地活用ですが、実際はどのくらい儲かるのか、イメージしづらい方も多いでしょう。
ここでは、コインパーキング経営で得られる収入例を紹介するので参考にしてみてください。

収益源は駐車料金

コインパーキング経営は、駐車料金が収入源となります。そのため、どのくらいの駐車料金を設定するかによって得られる収入が大きく異なります。

契約料や更新料といった収入もなく、稼働率が上がればそのまま売上高も増える、わかりやすい収益構造です。

料金相場は地域ごとによって異なる

駐車料金は地域や都市によって異なります。そのため、どこで駐車場経営を始めるかによっても、得られる収益は変わってくるのです。
ここでは、実際どのくらいの価格がコインパーキング経営の相場なのかを紹介するので参考にしてみてください。

東京都内 大阪 福岡 石川 高知
相場 700円/1時間 500円/1時間 300円/1時間 400円/1時間 200円/1時間

参考:小売物価統計調査(動向編)| 総務省

地域や時間帯によって異なりますが、基本的に上で挙げたような価格が平均相場です。この価格をもとに収益を予想すると良いでしょう。

また、都心部の方が相場が高く儲かりそう、と言われると必ずしもそうではありません。というのも、コインパーキング経営は参入容易なビジネスであるため、高収益を期待して都心部でコインパーキングを始める人も多いからです。
結果的にコインパーキング激戦区となってしまい、集客率が低下してしまうというのはよくある話です。

都心部のコインパーキング経営の収入例

実際に都市部でコインパーキングを始めた場合、どのくらいの収入が得られるのか計算してみましょう。
ここでは以下のようなコインパーキングを想定して収入を見積もってみます。

駐車場例
  • 場所:東京都内のコインパーキング(計算の際は東京の平均を使用する)
  • 車1台に必要な広さは約4坪(13.2m2)(1坪=3.3m2
  • 土地の広さ:50m2
  • 駐車スペース3台
  • 料金:700円/1時間
  • 稼働率:25%

稼働率は、ここでは1日24時間のうち、コインパーキングが稼働している時間の割合と考えましょう。
そうすると、この例では1日1台当たり6時間駐車されているとみなせます。
この場合、年間の収入は以下のようになります。

  • 6時間 × 700円 × 3台 × 365日 = 4,599,000円

この場合だと、年間でおよそ460万円の収入を得るという試算になります。
ここから、初期費用の金額、管理委託する場合の管理費用(約5%~10%)、年間でかかる税金が差し引かれた金額が手元に残ります。

少なく見積もっても、半分以上は手元に残ると考えてよいでしょう。
駐車場経営でかかる税金を詳しく計算したい方は以下の記事を参考にしてみてください。

地方部のコインパーキングの収入例

駐車料金相場の低い地方エリアでコインパーキングを始めた場合の収入例を紹介します。

地方の場合、駐車料金の相場はおおよそ1時間当たり200~500円ほどなので、ここでは間をとって400円と設定してみます。

駐車場例
  • 場所:地方エリアのコインパーキング
  • 車1台に必要な広さは約4坪(13.2m2)(1坪=3.3m2
  • 土地の広さ:50m2
  • 駐車スペース3台
  • 料金:400円/1時間
  • 稼働率:25%

駐車料金以外はすべて同じ条件です。この場合の年間の収入は以下のようになります。

  • 6時間 × 400円 × 3台 × 365日 = 2,628,000円
おおよそ260万円の収益になります。
都心部ほど多くの収益は得られませんが、その分価格競争も少ないです。
稼働率さえ担保できれば、この収益水準はある程度手堅く儲かることができるでしょう。

コインパーキング経営の収入は、立地や周辺駐車場の駐車料金設定によって変わります。
土地活用無料プラン請求サービスで相談することで、妥当な収益プランを見積もることができ、「この収益ならやめておこう」「これくらい儲かるなら始めよう」という判断をすることが可能です。

利用は以下のバナーから無料でできます。コインパーキング経営で儲かるかどうか知りたい方は、一度プラン請求をしてみることがおすすめです。

コインパーキング経営の利回り

 class=

コインパーキング経営はどのくらい儲かるのかイメージがつきましたか?
ただ、儲かるかどうかを判断する際は、額面上の収益だけでなく、投資した金額に対する収益を見る必要があります。

つまり、利回りを確認しておくことで、ほかの土地活用に比べてどのくらい儲かるのかを判断することができるようになります。

表面利回りで大まかに判断

コインパーキング経営が儲かっているか大まかに判断するには、表面利回りを確認しましょう。
表面利回りは、土地を手に入れるのにかかったお金に対する収益料で計算します。

表面利回り(%)= 年間賃料(満車時)÷ 土地価格 × 100

なお、土地をすでに持っている場合は土地価格がかからないため、表面利回りはかなり高くなります。
そのため、コインパーキング経営は土地を持っている人だと儲かりやすい土地活用なのです。

実質利回りで詳細に比較

詳細に利回りを比較したい場合は、実質利回りを求めます。
実質利回りは、初期費用やランニングコストなども加えて計算する利回りであり、すべての支出に対する収益の割合を計算します。

実質利回り(%)=(年間収益 - ランニングコスト )÷( 土地価格 + 初期費用 )× 100

なお、かかる初期費用やランニングコストはそれぞれ変わってきます。
下で詳しく初期費用とランニングコストについて解説します。

4.2.1. コインパーキング経営でかかる初期費用

コインパーキング経営を始める際には、更地の状態からコインパーキングの設備を整える必要があります。
敷地を整備したり機器を設置したりと多少の初期費用が掛かるので、ここで一度確認しておきましょう。

項目 費用
アスファルト舗装 4,500円/m2
ライン引き費 5,000円/台
車止めブロック費 6,000円/台
駐車場番号表記費 1,000円/台
精算機 50万円/台
ロック版 10万円/台
看板費用(設置費込み) 10万円
設備工事費 数十万円

もし自分で経営せずに管理を委託して進める場合は、ここでかかる費用を管理会社側が負担してくれたり、減免してくれたりする場合もあります。

そのため、最初から管理を委託することを考えている方は、コインパーキング経営の準備を始める前に一度管理業者に相談しておくようにしましょう。

4.2.2. コインパーキング経営でかかる管理費用

管理費用はそれぞれ異なります。
管理委託でコインパーキング経営をする場合は、満車時の収益のおおよそ5%~10%ほどがかかってきます。
満車時の月間収益が30万円の場合、会社によって1.5万円~3万円ほどの管理費用がかかります。

ただ、この管理費用は満車時の収益をもとに計算されます
そのため、空車率が増え、その月の収益が2,3万円ほどしかない場合でも、同じだけの管理費がかかる点には注意が必要です。

4.2.3. コインパーキング経営でかかる税金

コインパーキング経営でかかる税金は、その土地にかかる税金と同じ金額です。
アパート経営やマンション経営の場合だと、相続税や固定資産税が大幅に減額されることがありますが、コインパーキング経営はそうではありません。
土地にかかっていた税金がそのままかかってきます。

なお、具体的な金額は、立地や土地の広さによって変わってきます。
詳しく知りたい方は、毎年4、5月に届く「固定資産税・都市計画税納税通知書」を確認してみてください。

利回りの相場

ここでは、全国6都市の利回り相場を紹介します。
この相場は1つの基準になるため、コインパーキング経営を始めた以降も、1つの参考にしてみてください。
なお、土地購入からした場合の表面利回りを紹介しています。

都市名 表面利回り
東京都新宿区大久保 5.22%
名古屋市 15.26%
大阪市 11.71%
千葉市 12.38%
さいたま市 7.00%
川崎市 5.28%

土地の価格や設定できる料金の金額などによって地域ごとに差が出ています。
特に、土地がそれほど高くなく、かつ駐車料金の高いエリアの場合だと、より高い利回りを出すことができるでしょう。

より詳しい利回りや、具体的な算出方法について知りたい方は以下の記事をご覧ください。

コインパーキング経営の利回りは、立地や料金設定によって変わります。
立地は良くても、周りの駐車場の料金設定が低いと、収益が少なくなり利回りは下がってしまいます。
そのため、あらかじめ「その地域でコインパーキング経営をすると、どのくらいの利回りになるのか」をプランで確認しておくことが大切です。
コインパーキング経営の収益プランは、土地活用無料プラン請求サービスで取り寄せることが可能です。コインパーキング経営を始めたいと考えている方は、以下のバナーから確認してみることがおすすめです。

コインパーキング経営にはどんなリスクがある?

 class=

ここまでコインパーキング経営が儲かることを解説してきましたが、そうはいっても「自分は儲かるか不安」と考えている方も多いでしょう。
ここでは、コインパーキング経営の落とし穴を紹介するので、あらかじめ把握して対策しておきましょう。

立地によるリスク

コインパーキング経営は、立地の影響をかなり受ける土地活用です。
通常、コインパーキング経営の稼働率は20%~30%ほどだと良い方ですが、立地が悪い場合だと、稼働率が0%~10%ほどになってしまうこともあります。

そのため、始める前の立地調査が重要になります。
車どおりは多いのか、近くに車で訪れる施設はあるのかなど、駐車ニーズのある土地なのかをきちんと見定める必要があります。

パーキング内の事故や盗難リスク

コインパーキング内の事故や盗難、車上荒らしはよくあるトラブルです。
基本的には当事者同士の責任ではありますが、場合によってはコインパーキングオーナーの責任になることもあります。

そのため、防犯カメラを設置したり、事故がおきるような狭い構造にしないコインパーキングにするといった対策をしておくことが大切です。

競合参入リスク

コインパーキング経営は比較的容易に参入できる土地活用であるため、人気のあるエリアだとコインパーキング激戦区になりがちです。
もし近くにコインパーキングができた場合などは、価格以外での差別化が図りづらい以上、ほかのコインパーキングよりも集客効率を上げるために値段を下げて対応せざるを得なくなってしまいます

そしてよくあるのが、値段を下げすぎた結果、初期費用を回収できなかったり、管理費用で収益が圧迫されてしまったりするケースです。
もちろん、集客効率を上げるために値段を下げることはありますが、競合が参入したらいきなり料金を下げるのではなく、ターゲットに合わせて料金設定を改定していく必要があります。

儲かるコインパーキング経営にするためのポイント

 class=

コインパーキング経営は、しっかり対策をして準備をすれば、儲かることができます。
ここでは、儲かるコインパーキング経営にするために実践したい5つのコツを紹介します。

立地に徹底的にこだわる

コインパーキング経営は立地がカギを握ります。そのため、コインパーキング経営を始める前にそもそも立地条件が良いかを確認するようにしましょう。

立地条件を判断する際は、「その土地の近くにに車を利用して集まる施設・建物があるかどうか」を確認することがポイントです。
例えば、以下のような土地が立地条件の良い土地として挙げられます。

  • 近くにスーパーやデパートなど、日常生活で利用する施設の近くにある土地
  • 娯楽施設や温泉、観光地など、人が集まるエリアの近くにある土地
  • 駐車禁止エリアや停車禁止エリアにある土地
  • 再開発地域に指定されており、今後大きなニーズが見込める土地

こういった土地だと稼働率の向上が見込めるため、より儲かるコインパーキング経営を進めることができます。

競合の動向は常にチェックする

近くにあるコインパーキングの動向は常にチェックしておくようにしましょう。
コインパーキング経営は、初心者でも始めやすい土地活用であり、新しく参入するハードルがかなり低いです。

したがって、常に競合の動向をチェックしておかないと、気が付いたら稼働率が低下して収益が下がったなんてことになってしまいます。

どのくらいの距離にコインパーキングがあるのか、近くの建物や施設とコインパーキングとの距離はどのくらいか、近隣コインパーキングの料金はいくらか、稼働率はどのくらいか、などをチェックして置き、常に対策を打てるように動向をつかんでおくことが重要です。

6.2.1. 競合コインパーキングの料金相場を調べる

 class=

コインパーキング経営の料金相場を調べるには、タイムズの駐車場検索というホームページを活用しましょう。
コインパーキング大手タイムズが運営するホームページであり、各地域別の駐車料金を細かくチェックすることができます。

使い方は駐マップと似ています。自分の土地がある市区町村を探し、マップ上で近くにあるコインパーキングの駐車料金を洗い出していきます。
この際、1時間当たりの料金だけでなく、最大料金や夜間料金など、細かい価格まで把握しておくことがポイントです。

参考:タイムズの駐車場検索

場所に合った料金設定にする

コインパーキングにおいて重要なのは料金設定です。
稼働率が下がった際に慌てて料金を引き下げるオーナーさんもいらっしゃいますが、いきなり値下げに走るのは時期尚早です。

収益を取り戻すには、何も値下げをして稼働率を上げるだけが手ではありません。料金設定1つで収益が大幅に増加したり、はたまた低下することもあります。
具体的には、以下の4つの軸を確認しつつ、収益が変わらないように料金設定を調節することが重要です。

ポイント
単位時間 1時間500円or30分250円
単位時間の料金 1時間500円or1時間600円
深夜料金 昼間1時間500円、夜間1時間200円
最大料金 1時間500円、最大料金2,000円

 

また、特に重要なのは、その地域周辺に合わせた料金設定にすることです。
営業マンが社用車でそのまま家に帰るようなサラリーマン世帯が多いエリアは、深夜料金を設定して夜間の料金を引き下げたり、近くにスーパーがある場合は料金が発生する単位時間を15分~30分に引き下げたりと、そのコインパーキング周辺の人たちの生活に合わせて料金設定を変える必要があります。

そうすることで、安定した稼働率を担保でき、中長期的に儲かるコインパーキング経営をすることができます。

精算機の入庫データをチェックする

コインパーキング経営は、利用者のニーズに合わせて料金設定を変え、稼働率を上げることが重要です。
実は、コインパーキング経営では、利用者のニーズを掴む上で利用できる有用なデータがあります。

それは精算機に入っている、駐車履歴データです。
精算機の中に駐車履歴が入っており、その駐車履歴を確認することで、駐車料金や利用時間、曜日など、さまざまなデータを確認することができます。
このデータを眺めることで、利用者の特徴や傾向を推測し、その利用者の方が一番お得になる駐車料金を設定するようにしましょう。

複数の会社に見積もりを出して相談する

コインパーキング経営を始める前には、複数の会社に見積もりを出してプランの相談をするようにしましょう。
コインパーキング経営で儲かるためには、稼働率を上げるのと同時にランニングコストや初期費用を下げることが重要になります。

そのためには、できるだけ費用をかけないプランでコインパーキングを始める必要があります。
できるだけ費用をかけないプランにするためには、複数社に見積もりを出し、その中でも安いプランを選ぶべきです。

1社にしか相談していないと、そのプランで本当に儲かるのか、費用はできるだけ切り詰めたものなのか判断することができません。
したがって、複数社に相談しておくことで、提示されたプランが妥当なのかどうか、本当に儲かるのかどうかを確認することができるようになります、

(初心者おすすめ)まとめて相談するならイエカレ

複数社に相談するといっても、1つ1つの企業を探し、連絡をしてプランの請求をするとなるとかなりの時間と労力が必要になります。
そこでおすすめなのが、土地活用プラン一括請求サービスのイエカレです。

イエカレは、一度個人情報を入力するだけで最大20社の優良企業にまとめて相談できる一括請求サイトです。
複数社にプランの見積もりを出すのが面倒な場合は、イエカレを活用して相談する事で、まとめて複数の企業に相談をすることができるのでぜひ活用してみてください。

土地活用比較サイトの利用手順
土地活用比較サイトの利用手順

手軽に土地活用をするならコインパーキング経営がおすすめ

 class=

いらない土地を再活用したい、という方にはコインパーキング経営がおすすめです。コインパーキング経営であれば初期投資費用が比較的低く、需要も長期間にわたって安定しているため、初心者でも収支を黒字にしやすいためです。

また、コインパーキング経営で土地活用のビジネス感覚について学び、ある程度収益化のコツをつかんできたら、より高収益が見込めるアパート経営やマンション経営といった方法にシフトするという手もありでしょう。

もちろん、コインパーキング経営以外にもさまざまな土地活用方法があるので、興味のある方は一度確認してみることをお勧めします。

初心者でもわかる!
記事のおさらい
Qコインパーキング経営は儲かるの?
Aはい。十分儲かる土地活用です。初期費用が少なく、手軽に始められるため、収益が少なくても黒字化しやすいのが特徴です。詳しくはこちらをご覧ください。
Qコインパーキング経営はどのくらい儲かる?
A料金相場や空車率によって異なります。都市部でコインパーキング経営をした場合の収入例を紹介しているので、詳しくは記事をご覧ください。
Qコインパーキング経営の利回りはどのくらい?
A立地や土地の広さによって異なります。おおよそ5%~20%ほどの表面利回りが多いので、その水準を意識するとよいでしょう。記事内では利回りの計算方法や実際の利回り相場を紹介しているので、詳しくはこちらをご覧ください。
【完全無料】最適な土地活用って?