住宅ローンが残っているけど引っ越したい場合の売却方法とは?

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える
住宅ローンを組んでいる家を売却したいと思ったとき、組んでいる住宅ローンはどうなるのでしょうか。売却したい場合や賃貸に出して財産として手元に残したいと思う人もいるでしょう。

ここでは、住宅ローンのある家に住み続けることが困難になった場合、住宅ローンがどうなるのかを解説します。住み続けることが困難になる理由によって、金融機関の対応が異なることが多いので、自分の状況に合った方法を選択することが大切です。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは家を売る基礎知識を知りたい」という方は、家を売る記事をご覧ください。

住宅ローンの決まりを再確認しよう

 

住宅ローンとは、家を購入する際に組むローンだということは、基本的な知識かもしれません。それを踏まえた上で、住宅ローンの決まりを確認していきましょう、

住宅ローンは住居用のもの

住宅ローンは、居住するための家を購入する際に利用するローンです。そのため、住宅ローン返済中はその家に住んでいなければなりません。

住宅ローン返済中の家があっても、転勤などの理由で長期間居住することが難しくなったとき、違う家に引っ越して古い家を賃貸に出したいと思う人もいるでしょう。

原則、住宅ローン返済中の家を賃貸に出すことはできません。自分が住むための家に銀行から融資を受けているので、銀行に断りなく勝手に賃貸に出してしまうと、銀行側からローンの一括返済を求められるケースがあることを覚えておきましょう。

売却するには住宅ローンを完済しよう

家を売却したいと思っていても、ローンを完済しないと抵当権を外すことができず、売却することができないので注意しましょう。

完済する方法には、預貯金などを使う、住み替えローンを利用する、任意売却をするという方法があります。

売却の検討を始めたときには、住宅ローンが残っていないか、残っているならどのようにして完済するのかも含めて考える必要があります。

住宅ローンの残高よりも売却金額の方が高くなるアンダーローンの場合は、売却金額を返済に充てることでローンを完済し、抵当権を外して売却することができます。抵当権とは万が一ローンが返済できなくなったときに金融機関が差し押さえられる権利のことで、ローンが残っている状態ではこの抵当権を外すことができず、他人に売却することもできません。

抵当権について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【抵当権とは】初心者でも分かる設定・抹消から売却時の疑問まで

 

 

家の売却を少しでも検討しているのであれば、「自分の家がいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分の家に適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

住宅ローンがあっても引っ越せるケースとは

住宅ローンは本人の居住が条件で組むことができるものです。しかし、仕事の都合上などで仕方なく引っ越しを余儀なくされることもあるでしょう。住宅ローンを抱えながら違う家に引っ越すことができるのは、どのようなケースなのでしょうか。

転勤で引っ越しが必要になった場合

転勤で引っ越さなければならなくなった場合、それはやむを得ない事情に該当します。新しい赴任先に家族そろって引っ越す場合に、銀行側も空き家になっているのに住宅ローンを払うよう強制してくることはありません。

まずは住宅ローンを組んでいる銀行に相談してみましょう。状況の説明や条件のすり合わせを銀行側と行い、銀行側に引っ越しはやむを得ないと判断をしてもらえれば、売却や賃貸を検討することもできます。

場合によっては、住宅ローン返済への条件が追加されることもあります。

家族の介護が必要な場合

家族に介護が必要になった場合も転勤と同様です。売却や賃貸を可能にするには銀行側の承諾が必要です。

介護の場合、親の実家に同居するケースが多くあります。そうすると、新たな家賃などの住居費が必要にならないこともあるため、住宅ローンの返済が滞ると判断する銀行は少ないと考えられます。

介護を理由に引っ越す場合は、銀行側からの承諾も得られやすいと言えます。承諾を得られたら、売却や賃貸に出すことを検討しましょう。

転勤や介護が理由ならまずは銀行に相談する

やむを得ない理由で住宅ローンを組んだ家に居住することが難しくなったら、勝手に判断せず、まずは銀行に相談しましょう。

銀行側が注目するポイントは、「引っ越し理由」「引っ越し先の住居費の有無」そして「ローンの残額」です。

引っ越しする理由は、上記で挙げたような転勤、介護であれば問題なく進むことが多いです。引っ越し先の住居費に関しては、引越し先の家賃の有無がポイントです。

引っ越し先で家賃が発生すると住居費が2重になり、住宅ローン返済が滞ってしまう可能性を考え、銀行側は承諾しないこともあります。社宅や実家に住み、家賃がない、または抑えられることが分かっている場合は銀行側にしっかりと伝えておきましょう。

ローンの残額によっては、住宅を売却してもローンが残ってしまうことがあります。その場合、売却価格でローンの一部を一括返済し、残ったローンを毎月支払っていくことになります。

賃貸に出すことを相談しても、承諾してくれる銀行は少ないです。銀行によっては、金利優遇の待遇を受けられなくなることや、事業用の不動産投資ローンに借り換えることを条件に賃貸を承諾してくれるところもあります。

賃貸に出すのであれば、物件の維持管理をどうするのかといった点も踏まえて検討することがおすすめです。

やむを得ない事情では住宅ローンはどうなるか

住宅ローンを組む人の多くが、住宅ローン控除を受けています。転勤などの理由で引っ越しをしなければならなくなったとき、住宅ローンや控除の利用はどうなるのでしょうか。

単身赴任なら引き続き住宅ローンが利用できる

転勤により住み続けることが困難になるケースも少なくありません。そのような場合、一定の要件を満たせば、住宅ローンを控除とともに利用し続けることができます。

特に、転勤で単身赴任になった場合、単身赴任はやむを得ない事情に該当し、一定の要件として残った家族が住み続けるという点が該当します。

単身赴任先が海外だった場合、2016年4月1日以降に住宅を購入した人に限られるので注意しましょう。

交渉次第で賃貸で貸し出すことも可能

住宅ローンの契約条件には、「賃貸中の物件についてはお取り扱いできません」という記載があるのが一般的です。そのため、ローン返済中の家を賃貸に出すことはできません。

ただし、住宅ローンを契約した後に転勤が決まった場合は、賃貸が可能になるケースもあるので、まずは住宅ローンを組んでいる銀行に相談しましょう。

金融機関によって対応や取り扱いは異なるため、必ず確認をすることがおすすめです。ローン返済中の家を勝手に賃貸に出してしまうと契約違反となり、ローン残債の一括返済を求められる可能性があるので注意が必要です。

空き家になる場合は銀行に相談

転勤や介護で、家族揃って別の家に引っ越し、空き家になる場合は、まず銀行側に報告することが大切です。

住宅ローンは住み続けることが条件になるので、誰も住まずに空き家になっていると一括完済を要求される可能性もあります。

引っ越す理由が転勤や介護などのやむを得ない理由であれば、銀行側も柔軟に対応してくれることが多いので、自分で判断せず銀行に相談するようにしましょう。

住宅ローンを完済できれば売却も可能

転勤や介護などのやむを得ない事情で引っ越さなければならない場合でも、住宅ローンを組んでいる家を売却するにはローンを完済しなければなりません。

売却を検討する際には、その家に戻ってくることができるのかという点も含めて考えましょう。転勤などで2~3年で戻ってくることができるのであれば、売却せずに残しておくことも選択肢の一つになります。

ただ、転勤が続く場合は売却も視野に入れて良いでしょう。売却した時点でローンを完済しなければなりませんが、売却価格をローン返済に充て、それでもローンが残った場合は預貯金などから支払う必要があります。

その他の理由で引っ越しをする方法

転勤や介護などの理由以外でも、住み続けることが困難になってくるケースも考えられます。家族が増えて購入した家では手狭になったなどの理由で引っ越しをしなければならなくなったとき、組んでいる住宅ローンはどうなるのでしょうか。

ダブルローンを組む

新たにローンを組んで新しく住む家の購入を検討する人もいるでしょう。しかし、住宅ローンは居住する家のみが対象となるため、複数軒の住宅ローンを組むことはできません。

住んでいた家のローンが残っているのに、新たにローンを組みたい場合、ダブルローンを組むというのが一つの方法です。

住宅ローンが残っていても、新しい家の住宅ローンを組めるのがダブルローンです。2軒分のローンを返済しなくてはならなくなるため、返済額に見合った収入が必要です。

通常の住宅ローン申請に比べて、返済額が大きくなることから、審査が厳しくもなります。収入はもちろん、就職先や勤続年数などもチェックされます。

他にも、年間のローン返済額が年収の30%ほどであることや、70~80歳までに住宅ローンを完済できるかどうかといった点も審査されます。

また、ダブルローンを利用するには、現在組んでいる金融機関からの承諾を得る必要があることも覚えておきましょう。

住み替えローンを組む

住み替えローンは、現在返済中のローンに新しい家のローンを上乗せして借りることができる仕組みとなっています。オーバーローンでもダブルローンに比べれば毎月の返済額を抑えてローンを組むことができます。

住み替えローンを利用することができれば、住んでいる家のローンが残っていても売却することが可能になります。本来、売却価格をローンの返済に充ててもローンが残る場合、売却をするには預貯金などから補填した上で完済しなければなりません。

住み替えローンなら、売却後、ローンが残っても新しい家のローンに加算して融資を受けることができるので、預貯金を減らさずにすみます。ただし、高額なローンとなるため審査は厳しく、誰でも利用できるローンではないことを覚えておきましょう。

住み替えローンについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

住み替えローンは使わない方がいい!理由とそれ以外の方法とは

ダブルローンのメリットとデメリット

ダブルローンのメリット・デメリットについて紹介します。高額な融資を受けるので、良い点悪い点をしっかりと理解して検討することが大切です。

【メリット】家の買い替えが余裕をもってできる

ダブルローンは、残っているローンとは別に新たなローンを組むことができる仕組みのため、不動産売却と購入のタイミングを自分で調整することができます。

例えば、新しい家への引っ越しが済んでから売却をするという流れも可能です。新しい家探しや引っ越しを焦ってする必要がありません。

また、売却から購入までのタイミングが合わず仮住まいに引っ越す手間もかかりません。借り住まいに必要な家賃などの費用も抑えることができます。

【デメリット】返済額が2倍になる

ダブルローンの最大のデメリットは、返済額が2倍になることです。住んでいた家のローンと、新しい家のローンの2つのローンの返済をしなければならなくなるため、返済額は2倍になり家計への負担が大きくなります。

また、住宅ローン控除は自分が居住している1つの家にしか適用されないため、今まで住んでいた家では住宅ローン控除を受けることができなくなります。そのため、今以上に返済が厳しくなることが想像できるでしょう。

住み替えローンのメリットとデメリット

ダブルローンと合わせて比較しておきたいのが、住み替えローンです。住宅ローンが残っていながら新しい家のローンを組むということは同じなので、自分にとってはどちらを選択するべきなのかじっくりと検討しましょう。

【メリット】月々の返済額が決められる

ダブルローンのように、2カ所の金融機関から融資を受けるわけではなく、今まで融資を受けていた金融機関でまとめて借りることができる仕組みなので、月々の返済額を決めることができます。

今までのローン残額に上乗せして新しい家のローンを組むため、二重の支払いになることがありません。

オーバーローンになることが多いため、通常の住宅ローン以上に厳しい審査を受けなければならず、誰でも利用できるローンでないことは念頭に置いておきましょう。

【デメリット】不動産売買のスケジュールがタイトになる

住み替えローンは、売買の決済を同じ日にする必要があるので、新しい家探しや引っ越しなどのスケジュールがタイトになる可能性があります。

住んでいた家の買い手が見つかれば、すぐに明け渡さなければならないため、新しい住まい探しが満足にできないことも考えておく必要があります。

もし、新しい家の住まい探しを満足のいくように行いたいのであれば、仮住まいを用意すると良いでしょう。仮住まいに必要な家賃や諸経費など余分な出費は増えますが、納得のいく住まい探しをすることができます。

まずは今住んでいる家の価値を調べる

ダブルローンや住み替えローンを検討する前に、住んでいる家がいくらで売却できるのを調べておくことは重要です。

家が高く売れれば、ローン残債の返済できる額を増やすことができ、売却価格をローンの返済に充ててこともできます。

まずは住んでいた家がいくらで売れるのかおおよその金額の目安をつけておきましょう。家の価値を調べるには無料一括査定サイトを利用するのが便利です。複数の不動産会社に一括で査定見積もりを依頼することができるので、手間をかけることなく自分にとって相性の良い不動産会社や担当者を見つけることが可能です。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

住宅ローンが残っていても状況によって引っ越すことは可能

結論としては、住宅ローンを返済中の家から引っ越しをすることは可能です。銀行側ときちんと相談すれば、売却や賃貸に出すことも可能になります。

ただし、勝手に自分の判断で進めてしまうと、一括返済を求められることがあるので注意しましょう。やむを得ない理由以外で住み続けることが難しい場合、一度不動産会社に査定をしてもらい、売却金額でローンの返済ができないかを確かめてみましょう。

ダブルローンや住み替えローンを使って新しい家の購入を検討するのもおすすめです。ただし、審査が厳しく、誰でも利用できるローンではないため、審査に通らないことも視野に入れておく必要があります。

やむを得ない理由で住み続けることができなくなった場合は、まず住宅ローンを組んでいる金融機関に相談するようにしましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?