不動産担保ローンは組むべき?強制売却などどのようなリスクがあるのかについて解説

不動産担保ローンは組むべき?強制売却などどのようなリスクがあるのかについて解説
「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

資金が必要なときには金融機関とローン契約を結んでお金を借りますが、この際に不動産を担保にすることがあります。不動産担保ローンを組むことで、多額の資金を借りることができ、資金計画も立てやすくなるでしょう。

ただし、不動産担保ローンならではのリスクや注意点があるので、これも把握したうえで利用することが大切です。不動産担保ローンがどのようなものなのかを知り、損なく上手に活用しましょう。

毎年変化する不動産価格。今、おうちがいくらかご存知ですか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で現在のおうちの価格が分かります。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは家を売る基礎知識を知りたい」という方は、家を売る記事をご覧ください。

不動産担保ローンとは

 

まずは不動産担保ローンがどのようなものなのか、基本的な知識を身につけておきましょう。利用するシーンや条件、金利などの基本情報は事前に把握しておきたいことを解説します。

保有している不動産を担保にできる

自分が所有している不動産を担保にしてお金を借りられることが、不動産担保ローンの大きな特徴です。

不動産担保ローンでは、その名の通り不動産を担保にする、つまり対象の不動産の価値に応じた金額を融資してもらえるというものです。そのため、担保に設定する不動産の価値が高ければ高いほど、融資額の上限も上がりやすいと考えましょう。

無担保ローンと比べると金利が低い

ローン商品の中には担保なしで融資を受けられる無担保ローンというものがあり、これと比較すると不動産担保ローンは無担保ローンよりも低金利で借りられます。不動産担保ローンの場合は、不動産を担保として、家や土地などに抵当権を設定します。

抵当権は、万が一返済が滞った場合に、権利を行使して金融機関が売却できるというものであり、担保があることで金融機関は返済が受けられないというリスクを回避できるのです。つまり、金融機関にとってもリスクの少ない方法で融資ができることから、不動産担保ローンは低金利の好条件で借りやすいといえます。

幅広い資金使途に対応している

借り入れたお金の使用用途が豊富に選べる点も、不動産担保ローンの特徴です。ローン商品によっては特定の用途でしか借り入れ金を使えないということもありますが、不動産担保ローンではこの制限はありません。

そのため、子供の教育費や住宅のリフォーム費用、さらには投資などの用途でもお金が使えます。資金用途が限定されておらず、お金の使い道の自由度が高いことは、不動産担保ローンならではの特徴です。

 

家の売却を少しでも検討しているのであれば、「自分の家がいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分の家に適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産担保ローンのリスク

低金利で借りられて資金用途の定めがないなど、不動産担保ローンにはさまざまなメリットがあります。しかし、魅力ばかりではなく、ローンを利用するリスクがあることも把握しておかなければなりません。

  • 持ち家や土地を売却させられる可能性がある
  • 融資を受けるための諸費用が必要である
  • 担保にしていることが銀行に知られる

これら3つのリスクは正しく把握しておき、損や失敗のないようにローンを活用しましょう。

持ち家や土地を売却させられる可能性がある

ローンを組む際に担保に入れた持ち家や土地は、ローンの支払い状況次第で金融機関に売却させられる可能性があります。担保に設定されている不動産は、もしローンが返済できなくなった場合には売却し、売却価格によって得た資金でローンを返済することが求められます。

また、担保に設定したもの以外に不動産を持っている場合は、これを売却するように打診されることもあるでしょう。支払い状況次第では不動産を失うリスクがあります。

無視すると強制売却になる

ローンを滞納するなど、支払いに問題がある場合は、不動産の売却を打診されますが、これは必ずしも応じる必要はありません。もし不動産の売却をしなくても返済ができるなら、他の方法で補填して返済を目指す方法もあります。

ただし、金融機関からの打診を無視し続け、かつローンの返済もしていないと、担保に設定している不動産は強制的に売却されることもあるので注意が必要です。これは担保に設定された不動産に抵当権がついており、この権利を金融機関が実行することで、売却が可能となります。

その家や土地に住んでいるのは自分でも、不動産処分の権限はローンを完済しない限りローン先の金融機関にあるので、条件次第では強制売却のリスクがあることも知っておきましょう。

融資を受けるための諸費用が必要

不動産担保ローンを利用して融資を受けるには、さまざまな費用がかかります。ローンによって融資を受けられますが、別途費用はかかります

  • ローン事務手数料
  • 抵当権設定の登記費用
  • 司法書士への報酬
  • 印紙税

これらの費用がいくらかかるかは、金融機関ごとのローン商品や借り入れ額などによって異なります。初期費用だけで30万円程度かかることもあるので、これも頭に入れておきましょう。

担保にしていることが銀行に知られる

不動産担保ローンを組んで不動産を担保に設定すると、そのことを別の銀行に知られる可能性があります。これは抵当権が設定された不動産は情報が公開されているからであり、銀行がこの情報をキャッチするからと考えましょう。

抵当権が設定されていることを銀行に知られると、追加融資などの際に融資が受けづらくなることがあります。融資が受けづらくなるのは、担保にしている不動産があることで他社でも借り入れがあると判断されて、支払いが滞るリスクが高いと思われることが理由です。

抵当権のついた不動産はこれを外さないと売却ができず、いつまでもその情報が残ります。

不動産担保ローンに関するQ&A

不動産担保ローンについての理解を深めるには、よくある質問を参考にして、疑問点を解消しておきましょう。

  • 住宅ローンの残っている自宅を担保にできる?
  • 申し込みに必要な書類は?
  • 税金を滞納していても融資を受けることはできる?

Q&Aを参考にすることで、不動産担保ローンとはどのようなものなのか、より詳細まで把握できるでしょう。

住宅ローンの残っている自宅を担保にできる?

現在住宅ローンを組んでいて担保に設定されている自宅も、新たなローンの担保に設定することは可能です。ただし、担保を二重に設定するには返済がある程度進んでいる必要があります。

不動産を担保にすると、これに抵当権が設定されます。抵当権には順位があり、最初に設定されたものが第1順位となり、さらにローンを組む場合は第2順位に抵当権が設定されると考えましょう。

しかし、第2順位以降の融資は、返済が確実でなければ設定できないケースも多いです。担保を二重に設定してローンを組めるケースはあるものの、基本的にはローンを完済して担保を外してから、新たにローンを組むと考えましょう。

申し込みに必要な書類は?

不動産担保ローンを申し込むには、次の書類が必要です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 住民票
  • ローン残高残高証明書やローン返済予定表

現在ローンを組んでいない不動産なら、残高証明書や返済予定表などは不要です。契約時には印鑑登録証明書や実印、銀行の届け出印や登記済権利証などが必要なケースもあります。

金融機関によって必要な書類が異なることもあるので、申し込み時に何が必要かを確認しておくと良いでしょう。

税金を滞納していても融資を受けることはできる?

税金を滞納していても、融資は受けられます。ローンによって融資を受け、そのお金で滞納した税金を納付することも可能です。ただし、税金を滞納しすぎていて信用がないと判断されると、融資の審査が通らない可能性もあるので、この点には注意しましょう。

不動産担保ローンの返済が難しくなった場合は

もし不動産担保ローンを契約していて支払いが難しくなった場合は、次の2つの方法で対処を検討してみましょう。

  • 借り換えを検討する
  • 任意売却を選択する

これらの方法を駆使することで、ローンの支払いをしやすくなります。

借り換えを検討する

最初に組んだ不動産担保ローンの支払い条件が厳しいなら、別のローンへの借り換えを検討してみましょう。ローンを借り換えることで、より低金利で融資を受けられたり、返済期間を長くして月々の支払額を減らしたりできる場合があります。

借り換えを検討する場合は、現在のローンと他社のローン商品を比較して、どちらのほうが条件が良いのかを見比べることが大切です。同じ不動産担保ローンでも金融機関によって条件は異なるので、複数社で比較して、楽に返済しやすいものへの変更を検討しましょう。

任意売却を選択する

もしローンを滞納していて、不動産を売却しても完済が目指せない場合は、任意売却を選択することも方法の1つです。ローンを滞納し続けると、強制的に売却する競売にかけられてしまい、相場よりも売却価格は安くなります。

しかし、競売にかけられる前に任意売却をすることで、より市場相場に近い金額で売却しやすくなり、不動産を手放した後の返済もしやすくなるでしょう。任意売却をするには金融機関に相談して、売却の承諾をもらう必要があります。

また、任意売却は一定期間のみ可能であり、時間が経過すると競売にかけられるので注意しなければなりません。競売にかけられる前に売却を成立させるためにも、早めに行動を開始しておきましょう。

担保の不動産を売却するときのポイント

担保に設定している不動産を売却する場合は、いかに高値で売るかが重要です。高値で売却することでローンが完済できる、あるいはローンが残ったとしても残債は減らせます。高額売却を目指すにはいくつかポイントがあるので、これを把握して少しでも担保の不動産を好条件で売りましょう。

不動産会社に査定を依頼する

担保となる不動産を売るには、まずは不動産会社に査定を依頼します。査定を依頼することで、対象となる不動産がいくらで売れるのか、大体の価格がわかります。売却できる金額を把握できることで、ローン残債がいくらになるか、完済できる場合は自己資金がいくら手元に残るのかなどがわかrでしょう。

そのため、資金計画を立てやすくなり、売却後どのようにお金を使うかも考えやすくなります。

査定のみを受け、別の不動産会社に売却を依頼しても良いので、複数社の条件を比較しておくことがおすすめです。不動産会社によって提示する査定結果は異なるので、最低3社を目安に比較をして、少しでも高額での売却を目指しましょう。

一括査定サービスを利用する

売却する不動産の査定をする際には、一括査定サービスの利用がおすすめです。一括査定サービスはネット上で利用できるサービスであり、サイトに不動産の情報を登録することで、一度に複数社から査定を受けることができます。

不動産会社1社ずつに査定を出さなくても良いので、効率的に提示する条件を比較できるでしょう。不動産会社1社ずつ回って連絡をしなくても良く、売却活動をスムーズに行えるのは大きなメリットです。

不動産の売却には時間がかかることも多く、少しでも早く売却するには、一括査定サービスを利用して、平日の時間も有効活用することがおすすめです。

一括査定サービスはイエウールがおすすめ

一括査定サービスにはさまざまな種類がありますが、その中でもイエウールがおすすめです。イエウールは一度に最大6社から査定を受けられるので、不動産会社ごとに査定結果を比較できます。

また、全国1,600社以上と提携していて、業者の選択肢が多く、幅広いエリアで利用できる点もイエウールの強みです。全国にある不動産会社からより条件の良い業者を選べるので、理想とする売却を実現させやすいでしょう。

提携している不動産会社の信頼度の高さも魅力であり、優良業者を選んで売却を依頼できることも、イエウールのメリットです。イエウールは利用者からクレームの多い不動産会社とは、提携を解除しています。そのため、悪徳業者に引っかかる心配がなく、初めて不動産売却を行う人でも安心して利用できるでしょう。

余裕のある返済計画で不動産担保ローンを組もう

資産運用

不動産担保ローンを利用したいなら、余裕持って返済計画を立てることが大切です。無理のないプランでローンを組むことによって返済もしやすくなり、ローンを滞納するリスクも回避できます。

もしローンを滞納してしまった場合でも、ローンの借り換えや任意売却などの方法を考えることで、対処はできます。しかし、基本的にはローンは滞納しないように注意し、無理なく返済できることが大切です。

不動産担保ローンを上手に活用して、無理のないプランでローンの計画を立て、不動産の購入やその他用途で上手に資金を活用しましょう。
他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?