不動産を高く売るための方法 |不動産をよりよく見せる工夫とは

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

子供が増えて現在の住まいが手狭になったり、親から不動産を相続したり。さまざまな状況下で不動産の売却という問題に直面します。小さくない売却金額を今後の生活の資産計画に使用するため、より高く売却したいのが本音でしょう。高額で不動産を売却するためにできることを解説します。

先読み!この記事の結論
  • 高く売るためには、自分で適正価格を把握することが重要
  • 一括査定で信頼できる不動産会社を探そう

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

JASDAQスタンダード市場に上場している(株)Speeeが運営しているサービスなので安心してご利用いただけます。

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。


「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

 class=

【1分でおさらい】不動産を売却する流れ

不動産売却のコツだけ知っても、実際に活かせない人はたくさんいます。

それは、売却の流れにそってコツを理解しないからです。

いつ、何をするべきなのかを理解するために、まずは売却の流れをさらっと振り返りましょう。

手順 やること
売り出し前 Step1 複数の不動産会社を探して、査定してもらう

【ここが一番大切です!】
Step2 売却をサポートしてくれる不動産会社を選ぶ
Step3 売却の方針(集客方法や売却開始時期)を決める
売り出し中 Step4 売却活動を開始(場合によって売主との交渉も発生)
売り出し後 Step5 売買契約を交わし、マンションを引き渡す

この中で一番大切なのは、やはり不動産を売り出す前の段階です。

ここで成功すれば後の売却がうまくいくし、失敗すると売却の成功は難しくなります。

では、それぞれのステップでのコツを見ていきましょう。
 class=

査定の依頼でできる「4つ」のコツ(Step1)

では、不動産を高く売るために一番大切な、「売り出す前」のタイミングでできるコツをご紹介していきます!

【コツ1】「査定」で得られる情報を知り尽くす

不動産を売るときには、その不動産がいくらで売れるかを不動産会社に診断してもらいます。

これを「査定」といいます。
ぱっと聞いただけだと、査定で得られる情報は、「いくらで売れるか」だけです。でも、売却に成功する人は、査定のなかで、こんな情報も集めています。
  • その不動産がいくらで売れるか(ここまでは普通の査定で聞けます)
  • 地元で売却すべきタイミングはいつ頃か、買い手が多いのは何月か
  • 査定をしてくれた不動産会社に、売却を任せて大丈夫か(販売実績や知識があるか)
査定を「ただ価格を調べてもらう」だけと思わず、上の3つの情報を全て査定の中で確認するようにしましょう。

【コツ2】複数の不動産会社に査定してもらう

よくある不動産選びの失敗は、近場の不動産へ駆け込み、言われるまま専任媒介契約を結んでしまうというものです。

査定額は、業者によって差があります。駆け込んだ不動産会社の査定額が高すぎたり、安すぎることはざらにあります。

その結果、査定額が適正価格から高すぎて売れなかったり、相場よりも安く売ってしまい大損してしまうのです。
また、周辺の不動産価格は、不動産売却サイトで調べることができますが、あくまで売り出し価格であって成約価格ではありません。

成約価格はもっと低い値段になることが多く、どの金額で成約するかを調べることは難しいでしょう。
そこでおすすめなのが、複数の不動産会社に査定してもらうことです。

複数の不動産会社に査定してもらえれば、査定額がおおむねどの範囲におさまるか把握できます。

【コツ3】不動産一括査定サービスを使う

いくら複数の不動産会社に査定をしてもらったところで、売却が苦手な会社を集めても何の意味もありません。

不動産会社の「質」「能力」も大切なのです。
一方で、質や能力の高い不動産会社を探し出すのはとても大変です。

まず、不動産会社自体が売却が苦手、または売却をやっていないことはかなりあります。

例えば賃貸住宅の仲介で儲けていて、売却の仲介は積極的にはしない会社はいくつもあります。

加えて難しいのが、あなたの不動産には、立地・敷地面積・敷地形状・建物の種類など、他の不動産とは違う個性があります。

そんなあなたの不動産に対して、売却が得意かどうかを調べるのは容易ではありません。

仮に「こんな不動産を売りたいんですけど、あなたの会社は売却は得意ですか?」と聞いても、正直に答えてくれるかは分かりません。

したがって、あなたの不動産の売却が得意な不動産会社を自分で見つけてくるのは、かなり大変だということをしっかり理解して下さい。
でもご安心ください。解決策があります。それは、「不動産一括査定サービスを使う」ということです。

「不動産一括査定サービス」の仕組みとメリットは?

不動産一括査定サービスは、不動産情報を入力すると、提携先の不動産会社の中から、その物件を売りたいという会社を探してきてくれるサービスです。

自分で探すよりも、よい不動産会社を探し出すことができます。
しかも、手早く簡単・無料という三拍子そろったサービスです。
  • 自分で探すと何日もかかる作業を、たった数分で終わらせることができる
  • 不動産情報は一回しか入力する必要がありません(自分で不動産会社を探すと、毎回住所や面積を伝えなければいかず、かなりストレス)
  • 24時間いつでも受け付けているので、スマホやパソコンを使って、都合のよい時間・場所から査定を依頼すればよい

【コツ4】不動産一括査定サービスの中でもイエウールを使う

不動産一括査定サービスはいくつか存在していますが、選ぶ基準は「取引先会社数の多さ」です。

いくら複数の会社に査定を依頼するとしても、会社の選択肢が少なければ意味がありません。

その点、イエウールは業界最大手で、取引先の不動産会社数は1,700社に達しており、これまでの利用者数は1,000万人以上です。

もし不動産を高く売りたいと考えているなら、この機会に査定を依頼しましょう。

 class=

不動産会社を選んで売り出すまでにできる、2つのコツ(Step2~3)

【コツ1】不動産会社を正しく選ぶ

査定では、「査定をしてくれた不動産会社に、売却を任せて大丈夫か(販売実績や知識があるか)」も確認するのが大切とお伝えしました。

では、不動産会社はどうやって選べばいいのでしょうか?

細かいポイントを挙げればキリがありませんが、最低限このようなポイントは確認するようにしましょう。

  • 査定額や売り時を、具体的な事例を根拠に説明してくれる
  • その不動産会社や担当者に、地元で不動産の売却実績がある(最近のものが多いとなおよい)
  • 連絡がつきやすい、質問への返信が早い
  • 話していて好感が持てる
なお、不動産会社は1社に絞る必要はありません。
売却を任せる不動産会社とは媒介契約という契約を結ぶのですが、「一般媒介契約」という契約であれば、複数の会社に売却を任せることができます。

専任媒介契約には、不動産会社の報告を受けることができるものの一社のみに絞って活動しなければならないという制約がついています。

不動産会社選びに自信がなければ、一般媒介契約を結ぶのがおすすめです。

【コツ2】査定結果を聞いてから、売却の計画を立てる

何事も、先に計画をたてておいたほうがうまくいくものです。

粗くても、仮の計画でも構いません。

最低限、売却金額(いくらで売り出すか~いくらまでの値下げなら受け入れるか)と、いつまでに売却するかという期限は決めておきましょう。

売り出し価格の正しい決め方

不動産は生ものです。最初にネット掲載をしたときが旬。売り時です。売却期限にゆとりがあってもあまり長い間売れないと、「売れ残り」として買いたたかれる事があるので注意してください。そうならないためにも値下げのめどを立てておきましょう。しかし値下げのタイミングや金額については、特に担当者に伝える必要はありません。
なお、値下げのタイミングの目安としては、希望価格で売り出すのは開始から3ヶ月程度まで。適正価格で3~5カ月。値下げ価格で5~7カ月といったところです。売れないまま時が過ぎてしまった場合に買主からは「なにか問題があるのでは?」と疑問視され、「売れ残り」として安く買いたたかれる危険性があるため、反応の多さに応じて柔軟に値下げも考えましょう。

高く売れるタイミングを見極める

「住宅ローンを早く終わらせたい」「親から相続した空き家のランニングコストが負担」など、不動産売却を急ぐ理由は人それぞれです。しかし焦りは禁物。不動産は価格が変動するので、売り急ぐと損することが多いのです。売り急いだために路線価の半分以下程度で売却してしまい、後日後悔したというのはよく聞く話です。
不動産価格は変動するため、高く売るにはタイミングが重要。高く売れる波を逃してしまうと、売却自体が難しくなることがあります。

特に2020年はオリンピックが開催前後は不動産価格が変動するので要注意です。駅周辺やホテル街、繁華街などの観光客の需要があるエリアであれば、開催直前に地価がピークとなることが予想されます。開催直前までに売却できない場合には、価格が下落する可能性があるでしょう。
また、以下の条件の際にも価格が変動することが多いです。

条件 特記事項
再開発予定の地域 地価が上昇する傾向あり
季節 2~3月にかけて最も高く売れる
築年数 戸建の場合は築15年まで、マンションの場合は築6から15年の間が売り時

大切なのは適正価格をしっかりと見極め、タイミングを見計らって高値の時に売却することです。

売り出し中(内覧期間中)にできる5つのコツ(Step4)

購入してもらいたいマイホームをどれだけ高く買いたいと思ってくれるか。それは売主の工夫一つで売却を成功に導くことも可能です。買主が「こんな家に住んでみたい」と思ってもらえるようにすれば良いのです。さて、どのようなことをすべきか解説します。

【コツ1】部屋は清潔に保っておく

買主にとってはこれから購入しようと考える中古マンションは「商品」です。売主はその商品がどれだけ魅力的で価値があるかをアピールしなければなりません。
中古マンションの魅力は価格の安さ。物件を安く買ってリフォームにお金をかけたいと人も増えているのでリフォームの必要はありませんが、内覧前には印象を良くするためにきちんと掃除をしておきましょう。 ポイントは自分が購入する立場だったらという逆転の発想で部屋全体を見渡すこと。部屋全体の汚れはもちろんのこと、クローゼットの使いやすさや、バスルーム、トイレ、キッチンといった水回りも買主は確認したいと思うかもしれません。「ちょっと、そこは見せられません」と言われたら、購入希望者は「なにか不具合があるのでは」と疑ってしまいます。すべてを見せられるように準備を整えてください。

【コツ2】日当たりを確認しておく

住まいを選ぶ際に、日当たりを重要視する人は数多くいます。明るいほうが買い手に印象が良いので、部屋はできるだけ明るく見せるように工夫してください。ホコリの溜まりやすいカーテンも1度洗濯しておきましょう。
住み慣れた場所だとその明るさに慣れてしまっています。普通だと思っていても、他の人からすると暗い場合も。トイレの印象の重要ポイントの1つです。窓が少なく他の部屋より格段に小さいトイレは、家の中で明るいイメージを持たない場所と言えるかもしれません。光が入らない浴室とトイレは、電球を明るめのものに変えておくだけでも印象が大きく変わります。
また内覧の際には、玄関、廊下、部屋のすべての照明をつけて、カーテンを開けて明るくしましょう。

【コツ3】臭いの対処は入念に

異臭は嫌悪感の元となりやすいので注意が必要です。長いこと住んでいると気づかない臭いも、他人からするととても気になるもの。中には非常に敏感な人もいるので、臭いの対処は入念にしなければなりません。
まずは常に換気を心がけ、排水溝や下駄箱を重点的に消臭してください。消臭剤や観葉植物など置く他、カーテンを洗濯したりエアコンを掃除することも臭い対策につながります。また内覧日には天気にもよりますが、できれば窓を開け放しておくと良いです。

【コツ4】家のまわりもきれいに

購入してほしいのは家なので家の中に集中しがちですが、一戸建ての場合は庭やベランダなどの外回りにも注意深く片付けをしておきましょう。草が生えたまま、庭木が伸びたままの状態は厳禁です。倉庫に物が乱雑に置いてあったり、門扉が壊れているままだと、家のイメージアップにもつながりません。
外から見てみると、窓の汚れや雨どいの壊れなど中からでは分からないものの出てきます。家のまわりを一周しながら、気になる点はないかを探してみましょう。

【コツ5】 ハウスクリーニングにお願いしてみる

高く購入してもらうためには、とにかく家の中も外も「明るくきれい」が必須条件です。長く生活をしていくと、お風呂やキッチン周りは特に汚れが落ちにくいのが現実。こういうときは、プロのハウスクリーニングに依頼してみてはいかがでしょうか。掃除技術も洗剤も含めて掃除プロなので、頑固な汚れもきれいにしてくれます。
今さら住むわけではないのに、お金をかけてハウスクリーニング?と思いがちですが、家の販売金額から考えると高額ではありません。むしろ、ハウスクリーニングの技術で高く査定額になる可能性は大きいです。ハウスクリーニングによって、軽度な故障や修理にも対応してくれる場合あります。
高く売れるためが最大の目的ですが、長年、生活をしてきた家に感謝を込めて、ハウスクリーニングを利用してきれいにしてみるのもおすすめです。
 class=

ご参考:急いで売るなら、「買取」も検討する

不動産を売る方法は、不動産会社の仲介による売却以外に、「不動産会社の直接買取」もあります。それぞれにメリット・デメリットがあるので、下記の表を確認し自分に合った売却方法を見つけてください。

直接買取 仲介による売却
説明 ・即資金回収できる
・仲介手数料不要
・リフォーム費用不要
・自分で価格を設定するため高額な売却が見込める
デメリット まとめ:不動産を高く売るためには、イエウールを使って複数の不動産会社に査定を依頼しよう 不動産を高く売るには、売り出す前の準備が一番大切です。

これから不動産を売ろうとする方も、もう売っている方も、この記事でご紹介したステップをもう一度確認して、売却を成功させていきましょう!
特に、不動産会社選びに失敗したと感じている方がいれば、イエウールの厳選された1,700社から、不動産会社を探してみてはいかがでしょうか?


  1. あわせて、こちらの記事もお読みください!
  2. 家や土地・マンション売却に必要な知識とコツを、かんたんに学べるぞ!

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?