お金がないときに家を売るなら買取と仲介どちらで売却すればいい?

お金がないときに家を売るなら買取と仲介どちらで売却すればいい?
「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

どうしてもお金が必要な時、家を売ろうと考えている人もいるのではないでしょうか。

家の売却には数か月かかると言われていますが、売り方を変えるだけで1か月以内に家を売り現金を手にすることもできるのです。

この記事では家を売り早く現金化する方法と高く家を売りたくさんのお金を得る方法を解説しました。

毎年変化する不動産価格。今、おうちがいくらかご存知ですか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で現在のおうちの価格が分かります。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは家を売る基礎知識を知りたい」という方は、家を売る記事をご覧ください。

すぐにお金が必要なら買取で家を売ろう

できるだけ早く家を売却して現金が必要なら買取という方法を使用して家を売却しましょう。

買取では一般的に売却でよく仲介という売却方法を比べて短期間で家を売却することができるのです。しかし買取では仲介という売却方法を比べて売却価格で劣る一面があります。買取の長所と短所をよく理解して売却するようにしましょう。

買取とは

不動産売却における買取とは、不動産会社に家を直接買い取ってもらう売却方法のことを言います。不動産売却でよく聞く仲介という売却方法は売主と買主を不動産会社に仲介してもらい売却する方法ですが、買取では不動産会社が買主となり家を買い取ってくれるのです。

不動産買取の魅力は仲介と比べて家の売却が短期間で終わり早急に現金ができることです。今すぐにお金が必要で家を売却したいと考えている人に適した売却方法だと言えるでしょう。

買取では約1か月で現金が手に入る

不動産の買取方法には「買取保証」「即時買取」の2種類があります。

買取保証とは仲介として売り出している家が一定期間売れなかった際に、あらかじめ取り決めていた価格で不動産会社が買い取るという売却方法です。

この買取保証という売却方法では、最初は仲介として家を売りに出し売却相場に近い価格で売却できる可能性を待ちつつ、一定の期間が過ぎれば不動産会社に買い取ってもらうという仲介と買取のいいとこどりをした販売方法になります。

一方即時買取では不動産会社に家をすぐに買い取ってもらう売却方法で、売却活動を行わないため不動産会社によっては1週間~1か月で家の売却が完了します。

早急に現金が必要な方は即時買取が可能な不動産会社を探して買取してもらうとよいでしょう。

費用を節約できる

不動産買取では仲介手数料という費用を払わずに売却することができます。仲介手数料

とは、不動産会社に売買の仲介を依頼して売主と買主の契約が成立したときに売り主が支払う成功報酬のことです。

仲介手数料は家を1000万円で売った場合では39.6万円かかるなどかなり高額な費用となっています。しかし買取では不動産会社に売主を仲介てもらわずに家を売るため仲介手数料を支払わずに売却することができるのです。

買取では売却相場の約7割の価格で売却する

不動産買取では売却相場の約7割で取り引きされることが多く、高値での売却は難しいと言えるでしょう。仲介では1000万円で売れる家でも買取では700万円ほどの価格で取り引きされてしまうということです。

不動産買取だと売却価格が低くなってしまう理由は、売却価格から様々な費用が引かれているからです。

不動産会社は売主から買い取った不動産にリフォームやリノベーションを行ってから家を販売します。このリフォーム費用やリノベーション費用が売却価格から差し引かれるため相場の約7割の価格での販売となります。不動産会社も販売する時の価格と自社の利益を考慮して金額を設定しますので、通常の販売価格よりも安くなります。

家を売って高いお金を手元に得たい方には次でご紹介する仲介という売却方法を使って家を売ることをおすすめします。

不動産買取について詳しく知りたい方は「【不動産買取を徹底解説】仲介との違いは?買取のメリットデメリットとは?」という記事もご覧ください。

 

家の売却を少しでも検討しているのであれば、「自分の家がいくらで売却出来そうか」を把握しておきましょう。

そのためには、不動産会社から査定を受ける必要があります。「イエウール」なら不動産会社に行かずとも自宅で24時間申し込みが可能です。自分の家に適した不動産会社を紹介してくれるので、膨大な不動産会社の中から選ぶ手間も省くことができます。

まずは、自分の物件種別を選択してから査定依頼をスタートしてみましょう!査定依頼に必要な情報入力はわずか60秒で完了します。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

たくさんお金が必要なら仲介で家を売ろう

なるべく家を高額で売ってたくさんのお金を手に入れたいと考えているならば仲介という売却方法で家を売却しましょう。

仲介では買取と比べて買主を見つけるための売却活動を行う必要があり家を売り現金化できるまでに時間はかかりますが、その一方で買取と比べると家を高く売ることができるという長所があります。

仲介とは

不動産売却における仲介とはよく一般的に使われる売却方法で、不動産会社が代わりに買主を探して売主と買主を不動産会社に仲介してもらい売却する方法のことを言います。

仲介では買主を探すため売却活動期間が長くなってしまいますが、相場と同じくらいの価格で売却できるため、そこまで急ぎではないが高額なお金が必要な方におすすめの売却方法です。

仲介では売却相場くらいの価格で売却することができる

仲介では売却価格を売主が決めることができるため、売却相場と同じかそれ以上の価格で家を売りに出すことができます。最終的には売主と買主が納得する価格で売却されるため、買取よりも高く家を売ることができます。

買主から支払われる売却価格はそのまま売主に支払われるため家の売却価格をすべて現金化することができます。

仲介では売却期間が約4か月かかる

しかし仲介では買主が見つかるまで売却が終わらないことからいつ現金が手に入るか予想することが難しいです。仲介で売却する場合には一般的に3か月から6ヶ月の売却期間がかかると言われています。

時期 期間
売り出し前 数週間~1か月
売り出し中 1日~売れるまで
売り出し後 1か月前後

上の表から分かるようにまず家を売りに出すまでに約1か月ほどかかり、家の売却は買主が見つかるまで続きます。

売りに出してからすぐに買主が見つかることもありますが場合によっては半年以上売却活動を続けることになるかもしれません。

このように仲介では時間がかかってでも家を高く売ってお金が得たい人には適した売却方法だと言えるでしょう。反対に、売りたい期限までに売る保証はないため、なるべくはやく手元に現金が欲しい人にとっては適した売却方法とは言えません。

自分の状況ではどちらの家の売り方が適しているかよく考えて売却しましょう。

不動産売却について詳しく知りたい方は「不動産売却してもいい?はじめて売る人向けの超基礎知識!」という記事もご覧ください。

家を高く売るコツ

買取でも仲介でもできるだけ高く家を売りたいと思っている方がほとんどだと思います。

ここからは家を少しでも高く売るコツを解説していきます。

正しく高く査定してもらう

家を高く売却するためまずは正しく高く査定をしてもらう必要があります。

そのためにも正しい相場を把握している不動産会社の担当者に査定をしてもらいましょう。

不動産会社の担当者が正しい売却相場を把握しているか確認するためには、送付されてきたら査定結果の根拠を聞くようにしましょう。

売却相場と同じくらいの査定結果を算出した不動産会社であっても、査定の根拠を答えられずなんとなくの価格を提示している不動産会社もあります。

これは正しく査定をしてもらうだけでなく優秀な不動産会社(担当者)を選ぶ際にも重要なことです。査定価格だけに注目せずに査定の根拠を説明できる担当者に出会うことで高く売却することもできるでしょう。

複数社に査定依頼をする

査定をする際は必ず複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。不動産会社の査定には決められたルールがないため、不動産会社によって査定結果が異なります。そのため1社のみの査定結果だけではその査定結果が正しいのか判断することができません。

査定結果が正しいのか判断するためにも、売却相場を知るためにも3社以上に査定依頼をするとよいでしょう。

複数社に査定依頼をする際は不動産一括査定サイトを利用するとよいでしょう。一括査定サイトとは一度の申し込みで複数の不動産会社に査定を依頼できるというものです。

数多くの一括査定サイトの中でもおすすめはイエウール。簡単な必要事項を入力するだけで24時間いつでも無料で査定依頼を受け付けています。提携している不動産会社はイエウールが審査しているため一定の質以上の不動産会社の中から査定依頼をする不動産会社を選ぶことができます。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

早めに売却に取り掛かる

家を高く売りたいと考えたらすぐ売ることをおすすめします。

家の価値は築年数が経過すればするほど低くなってしまうため、高く売ることが難しくなってしまうのです。

▼中古戸建住宅成約状況(万円、㎡)

築年数 価格 面積 ㎡単価
築0~5年 4,146 118.68 98.20
築6~10年 3,957 121.36 99.03
築11~15年 3,768 133.35 104.83
築16~20年 3,457 140.24 106.66
築21~25年 3,099 149.71 114.07
築26~30年 2,586 168.29 118.26
築31年~ 2,018 172.23 100.06

▼中古マンション成約状況(万円、㎡)

築年数 価格 面積 ㎡単価
築0~5年 5,883 66.73 88.16
築6~10年 5,071 67.37 75.28
築11~15年 4,484 71.34 62.86
築16~20年 4,174 72.65 57.46
築21~25年 3,202 68.22 46.93
築26~30年 1,884 60.58 31.09
築31年~ 1,904 57.14 33.33

出典:築年数から見た首都圏の不動産流通市場(2020年)|東日本不動産流通機構

このように築年数が経過するごとに売却価格は大きく下落しています。いずれ家を売り現金を手に入れたいと考えているならば築年数が経過する前に売却するとよいでしょう。

家を売るのにかかる費用

家を売ることで現金を手に入れることができますが、家を売るためにも費用がかかります。家の売却価格から費用を差し引いた額が手元に残る額ということです。

ここからは家を売る際にかかる費用について解説していきます。あらかじめ家の売却にかかる費用を把握してお金がいくらくらい手元に残るのか考えておきましょう。

仲介手数料

仲介手数料とは不動産の仲介を不動産会社に依頼する際にかかる費用です。不動産買取で家を売る場合は仲介手数料を支払う必要はありません。

仲介手数料にほ法律で定められた上限があり、下限は決められていません。仲介手数料の相場は上限いっぱいの金額を適用している不動産会社が多くなっています。

売却価格 仲介手数料の上限
200万円以下の場合 売却価格×5%+消費税10%
200万円を超えて400万円以下の場合 (売却価格×4%+2万円)+消費税10%
400万円を超える場合 (売却価格×3%+6万円)+消費税10%

仲介手数料は家を売る際に負担の大きい費用となります。仲介で家を売る方は売却価格の他にいくら費用がかかるのか意識して売り出し価格を決めるとよいでしょう。

仲介手数料について詳しく知りたい方は「【不動産売却の仲介手数料とは】相場や上限の計算方法を解説します」という記事もご覧ください。

印紙税

印紙税

とは不動産売却する際に売主と買主との間で交わす不動産売買契約書に対し、その売却価格に応じた印紙を貼ることで収める税金のことです。

2022年3月31日までの間に作成された不動産売買契約書に貼り付ける印紙は軽減税率の適用を受けることができます。

記載された契約金額
税額
10万円を超え 50万円以下
200円
50万円を超え 100万円以下
500円
100万円を超え 500万円以下
1千円
500万円を超え 1,000万円以下
5千円
1,000万円を超え 5,000万円以下
1万円
5,000万円を超え 1億円以下
3万円
1億円を超え 5億円以下
6万円
5億円を超え 10億円以下
16万円
10億円を超え 50億円以下
32万円
50億円を超えるもの
48万円

譲渡所得税

家を売った際に売却益が発生した場合は所得税と住民税と支払う必要があります。これらの税金はまとめて譲渡所得税と呼ばれることがあります。

譲渡所得税は家を所有していた期間により税率が異なるため計算する際は注意が必要です。

短期譲渡所得 長期譲渡所得
所得税 30.63% 15.315%
住民税 9% 5%
合計 39.63% 20.315%

なお所得税率には復興特別所得税も含まれています。

所有期間の判断基準は売却した日ではなく、売却した年の1月1日時点で5年を超えているかいないかで判断されるため間違えないようにしましょう。

不動産売却時の税金について詳しく知りたい方は「不動産売却で税金はいくらかかる?税金の種類や譲渡所得税の計算方法を解説」という記事もご覧ください。

抵当権抹消費用

もし住宅ローン中の家を売る場合はローンを完済して抵当権を抹消する必要があります。抵当権を抹消するためにかかる費用が抵当権抹消費用です。

抵当権抹消費用は司法書士の方へ依頼する手数料も含めて5,000円~2万円程度と考えておきましょう。司法書士の方に依頼せず自分で抵当権の抹消を行う場合は1不動産あたり1,000円で済ませることができます。

しかし抵当権抹消の手続きは重要で難しいため余裕があるのなら司法書士の方へ依頼することをおすすめします。

その他の費用

そのほかにも家を売る際には多くの費用がかかります。

今住んでいる家を売る場合は家の引き渡しまでに新居に引っ越す必要があるため引っ越し費用が必要になります。引っ越し費用は荷物の量や引っ越しの距離によって異なりますが、4~5人家族であれば約20万円程度かかると考えておきましょう。

また、住宅ローン中の家を売る場合は住宅ローンを一括繰り上げ返済する必要があり、それには手数料がかかります。繰り上げ返済の手数料は金融機関ごとに異なるため自分が借入している金融機関の手数料を調べておきましょう。

不動産売却時にかかる費用について詳しく知りたい方は「不動産売却の費用っていくらかかる?不動産の種類別に解説!」という記事もご覧ください。

 

 

ここまで家を早く・高く売る方法を解説してきました。

今すぐお金が必要な場合は買取という売却方法を使うことですぐに家を現金化することができますが、リフォーム費用や不動産会社の利益を考慮した価格での買取となるため売却相場の約7割の価格での売却になりそうです。

時間がかかっても高いお金が必要な方は仲介という売却方法を使い売却をしましょう。買主が現れるまで現金を手にすることはできませんが、自分で売り出し価格を決めるため買取よりも高く家を売ることができるでしょう。
他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?