転勤時のマンション売却を時間がなくても成功させるコツを解説!

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

家族のために念願のマイホームを手に入れたにも関わらず、急な転勤の内示で住んでいるマンションを手放さなければならなくなった…。

マンションを手放す手段の一つとして、「売却」という方法があります。ただ、転勤は内示を受けてから引っ越すまでの期間が非常に短いというケースも少なくありません。

この記事では、転勤者向けにマンション売却を成功させるコツを紹介しています。

最後まで読めば、時間のない中でもマンションを高く売る知識が身に付き、安心して赴任先に向かうことができるはずです。

こんな悩みの人にピッタリ
  • 転勤まで期間がないので、早くマンションを売却したい人
  • せっかくなら高く売りたい人

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

マンションを売却するまでの流れをざっくり解説

まずは一般的な不動産売却の流れを把握しましょう。(既に知っている人は読み飛ばしてもらって構いませんので「転勤者がマンション売却を成功させる2つのコツ」の章まで進んでください)

 class=
通常、不動産は売りに出してから売却するまで3~6か月かかるのが一般的です。以下で各STEPについてざっくり解説していきます。

不動産会社を選ぶ

まず売り出す前に売り手と買い手を仲介してくれる不動産会社を選ばなければなりません。

不動産会社選びはマンション売却においてかなり重要なので、失敗しないよう慎重に選ぶようにしましょう。ポイントとしては以下になります。

  • 大手だけでなく地域密着の業者を複数社見積もりする
  • 会社だけではなく営業マンが優秀かどうかを見極める

「不動産売却業者選びの成功法は?|正しい選び方や注意点を紹介!」の記事で不動産会社選びのコツを紹介していますので、さらに詳しく知りたい人は是非ご覧ください。

買い手集めと内覧対応

不動産会社を選び販売価格を決めたら、いよいよマンションを売りに出します。

委託した不動産会社がチラシを作成するなどして買主を集め、購入を検討している買主には内覧対応をしていき、条件が整えば売買契約を締結することになります。

新築物件と違い中古物件は内覧が出来る点が買主にとっての最大のメリットでもあるため、玄関を徹底的に綺麗にしておくなど、買主に良いイメージを持ってもらうよう内覧前にメンテナンスは必ずしておくようにしましょう。

「マンションを少しでも高く売るためにやっておくべき工夫」の記事では内覧対応のポイントも解説していますので、詳しく知りたい人は是非ご覧ください。

マンションの引き渡し

無事に売買契約を結ぶことが出来たら、マンションを引き渡して確定申告を済ませた時点で売却が完了します。

引き渡し後の確定申告については「徹底解説!不動産売却時の確定申告の必要書類について」の記事で詳しく解説していますので是非ご覧ください。

転勤者がマンション売却を成功させるための2つのコツ

「早く売却したいけど、どうせなら出来るだけ高く売却したい….」

この章ではそんな時間のない転勤者がマンション売却を成功させるためのコツについて解説します。結論から言うと、より早く・高く売るためのコツとしては以下の2つです。

  1. そのマンションを売却した実績のある不動産会社に依頼する
  2. 不動産会社に頼らず自分でもアピールする

以下で2つのコツについて詳しく解説します

そのマンションを売却した実績のある不動産会社に依頼する

自分の住んでいるマンションの別部屋を売却した実績のある不動産会社に仲介を依頼すれば、スムーズに売却できるケースが多いです。

売却経験のある物件であれば、その物件を購入しやすい買主の特性も不動産会社側が理解しているので、比較的早いスピードかつ売主が納得のできる価格で売却できる可能性が高い、ということです。

販売実績を聞くには実際に不動産会社に会った際に聞くしかないのですが、インターネットでの一括査定サービスを利用すれば複数社に同時に査定を依頼できるので、実績を聞ける機会も増えるので効果的です。

不動産会社に任せきりにせず、自分でアピールしてみる

 class=
不動産会社選びの重要性は前章で解説しましたが、買主集めのためのアピールにおいては全て不動産会社任せにする必要はなく、自分で実施した方が良い場合もあります。

例えば、不動産会社は販売の際にマイソクと呼ばれるチラシを作成しますが、デザインが古い・載っている情報の粒度や伝え方が悪いなどの理由で、買主がなかなか集まらないケースがあります。そういったときは思い切って自分で作成した方が良いでしょう。

た、マイソクと同様、SUUMOなどのポータルサイトに掲載してある情報が魅力的ではない場合があります。そういった場合は不動産会社に変更して欲しい旨を連絡し、具体的な変更内容を伝えましょう。

ポータルサイトなどのWEB上の情報は買主との接点も高いので、出来るだけ魅力的な情報を掲載することをおすすめします。

もう時間がない!とにかく早く売りたい転勤者におすすめの売却方法

「転勤先に赴任するまでもう3か月もない!」

そんな本当に時間のない転勤者のために、以下3つ方法を紹介します。

  1. 「一般媒介契約」を結ぶ
  2. 思い切って売買価格を下げる
  3. 売却方法を仲介ではなく「買取」にする

3つともデメリットとしては共通で販売時の価格が下がることですが、それぞれの方法について解説します。

「一般媒介契約」を結ぶ

「一般媒介契約」とは、売主・買主を仲介する際に不動産会社と結ぶ「媒介契約」の一つです。

媒介契約とは、簡単に言うと不動産会社に売主・買主の間に立って売買の成立に向けた仲介をしてもらうための契約のことを指します。(媒介契約について更に詳しく知りたい人は「専任媒介契約」と「一般媒介契約」どちらの媒介契約を選ぶべき?」の記事をご覧ください)

一般媒介契約の最大の特徴は、複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができるという点です。

不動産売却は買い手集めにかなりの時間と労力を要するので、単純に仲介してくれる不動産会社が増えれば増えるほど広く買い手を集めることができます。

デメリットとしては、仲介を依頼した会社同士で悪い方向に競争原理が働きやすいということです。売却を急ぐあまり、買主との値段交渉に負けやすくなり、相場より低い値段であっても販売をしてしまう可能性があります。

思い切って販売価格を下げる

売りに出すマンションの販売価格を思い切って下げれば、買い手が見つかる機会が増える可能性があります。

値下げのテクニックとしてよく使われるのが、端数を使うテクニックです。例えば3000万円の物件があったとしたら、2980万円まで値下げする、ということです。

よく知られた手法ではありますがやはり効果のあるものなのでおすすめです。

また、物件のポータルサイト上の検索条件を意識した値下げも効果的です。

例えば3200万円の物件があったとして、3020万円まで値下げするということであれば、思い切って3000万円以下まで値下げしましょう。

ポータルサイトの検索条件は通常500万円なので、3020万円だと「2500万円~3000万円」という検索条件に引っかからず、販売機会を逃してしまうということです。

売却方法を仲介ではなく「買取」にする

「買取」とは、不動産買取を専門とした企業や不動産会社に、不動産を直接買い取ってもらう方法です。

最大のメリットとして、仲介と違い買主を探す手間が省けるため、金額に合意さえ取れれば早期に売却をすることができます。

ただ、仲介よりも売却価格が3割~5割下がるケースもあるので、色々試してみたが買主が全く見つからない場合の最終手段と捉えた方が良いでしょう。

仲介と買取の違いについて詳しく知りたい人は、「不動産買取と仲介の違いは?高く売るために必要な知識」をご覧ください。

赴任期間が短い場合は「賃貸」や「空き家」の選択肢もアリ

現在のマンションが気に入っており、転勤先から戻れる時期が明確に分かっている場合は売却ではなく「賃貸」や「空き家」にする選択肢もあります。

賃貸が良いケース

赴任の期間が3年などの中期の場合、都内など賃貸需要が多いエリアに限られますがマンションを賃貸に出して家賃収入を得ることも可能です。

ただ、期間限定で賃貸に出す場合は借りる人が見つかりにくく、相場より家賃が安くなってしまう可能性があります。

分譲マンションの賃貸について更に詳しく知りたい人は「分譲マンションを貸す初心者向けガイド。手順と節税のコツを伝授」
の記事をご覧ください。

空き家が良いケース

赴任の期間が1年以内などの短い場合はそのまま空き家にしておいた方がよいでしょう。

さすがに1年未満の転勤で売却を考える人はいないと思いますが、そこまで短い期間で賃貸に出しても借りる人が見つかる可能性はかなり低く、仮に見つかったとしてもクリーニングやリフォームの費用で結果的に損をしてしまう可能性があります。

1年以内に戻るのであればそのまま空き家にしておきましょう。

まとめ

転勤は突然訪れるものなのでつい慌てがちになってしまいますが、正しい知識を身に着けて、時間のない中でも納得のいく金額でマンションを売却できるようにしましょう。
  1. あわせて、こちらの記事もお読みください!
  2. 家や土地・マンション売却に必要な知識とコツを、かんたんに学べるぞ!

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?